◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【トランプ革命】グローバリズムからナショナリズムへ


当ブログは、幸福実現党応援ブログではありますが、個人的発言を主体にしています。

幸福実現党の政策に添いつつも、個人的な意見を発しています。

なので、幸福実現党から出て居ない話も有ります。




【人口増加と戦争危機】

私が小学4年の10歳の時の、市人口は8万人でした。今は13万人です。

20代の頃の高度成長期の人口は、日本1億人、世界40億人でした。今は、日本1億3千万人、世界65億人です。

人口減少が言われていますが、私から見ると増えてるのですけどね。


■人口増減に伴うものに、経済動向があります。

1989年の[バブル叩き]が無かったら、日本は世界一の金持ち国になっていたでしょう。

デフレ20年下でも、世界トップクラスですからね。


いつのまにか浸透したグローバリズムで、後進国は栄えつつ、先進国は停滞しています。

今年から、この流れがナショナリズムに変わるやも知れません。


1月20日に米大統領に就任するトランプ氏は、高々にナショナリズムを訴えています。

これは、後戻りでは無く、もう一度足元を固めようとするものです。



■では、日本はどうすれば良いのでしょうか?

先の米大統領選挙は、日本にとっては、トランプ氏のイバラの道か、ヒラリー氏の地獄への道か、ふたつにひとつの選挙でもありました。

日本の人々は、イバラの道と地獄への道とでは、どちらが好みなのでしょうか(笑)

言うまでも有りませんよね。


では、トランプ氏の「イバラの道を歩む」と、心に決めなければならない時です。

ぶっちゃけて言うと、「いつまでも甘えてるんじゃない!」って、ことでもありますね。

甘えたくて甘えてるのでは無くても、甘えん坊に躾けられた日本であっても、
トランプ氏は、その言葉を政策に変換して、日本人に求めて来るでしょう。

日本に対して、強制的に一人立ち・親離れが求められることでしょう。


かつての日本は、そうでした。

強いアメリカの背中を追い駆けても、アメリカ追従社会であっても、
心は日本人としての誇りで満たされていました。

そうした日本の誇りを取り戻す時が、来ました。



今の日本、いや世界中に蔓延しているのが格差社会です。

私は、格差社会が悪いとは思っていません。

ただし!貧困社会は何とかしなければなりません。


過剰な人口増加と格差貧困社会がもたらすものは、放って置くと、戦争危機をももたらせます。

戦争で人口減少へと向かわせます。



■また、わざと貧困社会にして、半強制的に戦場へ送り出そうとする輩も居ます。

ひとつは、戦争で儲ける者達です。

もうひとつ、あの世の闇勢力が、仲間を増やす目的で、貧困社会や戦争を作り出しています。


戦争で儲ける闇勢力は、トランプ&プーチン大統領のタッグで崩れ行くでしょう。

また、直接的な闇勢力では無くても、支配下に有った政治家・官僚・経営者達は、足元が揺らぎ始めます。

今年からは、そうした闇勢力に支配され続けて来た世界からの脱却が始まるでしょう。



■日本もそうなる為には、精神的大人になる必要があります。

個人も国家も、いつまでもアダルト・チルドレンでは、居られなくなります。


精神的大人になるとは、善悪・正邪・真偽を見極めて、決断・実行する勇気を持つことです。

世相に流される事なく、自らの意志で歩を進めることです。

今、生きている、生かされている社会に対して責任を持つことです。

「赤信号は皆んなで渡っても怖い」と、知ることです。


トランプ&プーチン大統領の登場で、間違った民主主義(大衆迎合)に、修正が入ります。

幸福実現党は、両者の応援団であり、天上界の仲間です。



◆対談「トランプ大統領で、どうなる日米!?」 及川×テキサス親父対談 【幸福実現党
https://youtu.be/tnCXjaAzNQY






1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


関連記事
スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [2] | Category [政治・経済] | 2017.01.16(Mon) PageTop


 最近の記事
 全記事表示リンク
 検索フォーム
 QRコード
QR
 カテゴリ
 最新トラックバック
 メールフォーム
返事は遅くなるかも知れませんが、管理人に用件がある場合のみ、こちらをお使い下さい。

名前:
メール:
件名:
本文: