◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【草と忍者】スパイには草と忍者が居る。草の静かな活動で滅びた国、滅び行く国は多い。韓国・台湾・日本は草が蔓延っている。[再掲載]


 
 【過去記事移動】 過去、このブログに書いている中で、今でも使えそうな話を移動します。 - 2014年3月2日のブログより。



【戦争前は、静かなスパイ活動から始まる】

■前回は、大国間同士では、些細な事からでは戦争にはならないと書きました。

①スパイによる情報収集 ⇒ ②侵略先国民の洗脳 ⇒ ③挑発行為 ⇒ ④威嚇行為 ⇒ ⑤軍事行為 ⇒ ⑥本格的戦争と進んで来ます。

今の日本と中国は、どの位置に居るのでしょうね。

おそらく③④と思います。まもなく⑤軍事行為の段階がやって来るやも知れません。




【スパイによる情報収集、草と忍者の役割】

■江戸時代の【草】と呼ばれた人達や【忍者】の仕事が、まさにスパイ活動です。

【忍者】は解かると思いますが、【草】は意外と知られていません。

【草】とはスパイ活動をする為に、敵地に住込み、敵地の住民と同化して、2代、3代に渡ってスパイ活動をする者達です。

地域の住民に溶け込み、地域のお世話をしながら、
静かに静かに、情報収集や思想洗脳をします。

1代限りでは無く、2代、3代にも及ぶので、住民達は、よもやスパイとは思ってもいないでしょうね。

【忍者】は本格的スパイであり、職業スパイです。



■また、現代では気を付けなければいけないのが、右翼に化けている左翼です。

見掛けは愛国者で中身は売国者という人達、意外と沢山います。

この人達もまた、【草】と呼んでもいいでしょう。




【現代でも、草と忍者は、活動している】

■現代の【忍者】はスパイそのものであり、いろんな事をしています。

・情報収集に限らず、情報操作、情報の書き換え。・・のような、いわゆる【サイバー・テロ】が、それにあたります。

・各地に潜んでいる【草】からの情報収集と分析処理もしています。

・密かに【草】に資金・武器を与えて、活動命令を出しています。


じつは、【忍者】よりやっかいなものが【草】です。

現代に於いては、戦後から2代、3代に渡って地域に溶け込んで居る為に、地域の世話人だったりするので、誰もが気付かないし疑わないのです。

他にも、政財界、芸能界、教育界、マスコミ界という、あらゆる仕事に付きながら【思想の洗脳】を仕掛けている人達もいます。




【草によって、浸蝕・洗脳された国民の行く末は、悲惨な未来が待ち受けている】

■今の日本人の多くは、見事に洗脳されて、あたかもそれこそが正しいかの如く思い込まされています。


・【唯物論(教育)】で、日本人から宗教心を取り上げ、金こそすべて、地位こそ大事、我が身が大切。・・と思い込まされています。


・【マスコミ信奉者】も多いです。大手マスコミ以外の情報は知らず、知ろうともせず、マスコミ信仰に陥っているとしか思えない人達があまりにも多いです。


・【ゆとり教育】という、
さも優しい言葉で、飴玉を与えて虫歯だらけにさせてしまい、自助努力の精神を失わてしまいました。

特に、日教組先生達による教育で、日本の子供達に自信を失わせ、心は不要、強ければ良いという、歴史ある日本文化の否定に持って行ってます。

そうした教育環境の中から[いじめ]が発生しています。


・【男女平等思想】は、男女の特性を失わせ、間違った平等論に持って行ってしまい、離婚・DV・いじめ・幼児虐待の原因にもなっています。


・【多数決の原理】
が間違った方向に向き、多数=正・善・真・優・勝、と捉えられています。


・【民主主義】も間違った捉え方をされて、【民意こそすべて(正・善・真・優・勝)】のような価値観が支配しています。

民主主義での民意は大事ですが、民意が間違った選択をする場合もあるのです。


・【刺激的(動態)視覚文化】静なる絵画等ではありません。刺激的なTV・映画・マンガ・ゲーム等です。




【草は、感性を強くし、考える力を失わせ、理性を蝕む方法を取る】

■この[刺激的(動態)視覚文化]に影響され続けて居ると、感性が鍛えられる代りに、理性が育ちません。

感性(車に例えればアクセル)が強くなると、【感情に支配されやすくなる】という特長が出て来ます。感情の赴くままに突っ走ってしまいます。

その感情を抑えるのが理性(車に例えればブレーキ)ですが、刺激的なTV・映画・ゲーム等では、理性は育ちません。

その結果、どうなるかは、どうなっているかは、言うまでも無いでしょう。


ここ(刺激的(動態)視覚文化)にも、100年以上前のユダヤの[シオンの議定書]の一節が当てはまります

------------------------------

その国を、我がものにするならば、視覚文化を植え付けよ。

目から入る(刺激的な)情報で、考える事が出来ない国民にするのだ。

そうすれば、その国は、自ずと我がものとなるであろう。


------------------------------



【草】は、昔も今も、こうした様々な手法を使っているのです。

地域に溶け込み、マスコミ情報操作をし、多数の人達を惑わせて洗脳して、判断力・思考力を落し、【人々を一定の方向を向かせる】事をしているのです。

それも、静かに静かに外堀から埋められて居るので、多くの人達は気付きません。

気付いた時には、手遅れ・・では困ります。


だけども、そんな【草】の意図を知り、【真実を述べ伝えている人達が居る】事も、事実です。

民主主義:多数決原理主義の今は、どちらが多いかで、国の行く末が決まります。

今は、圧倒的に前者が多く、圧倒的に後者が少ないです。

これをひっくり返さないと、人々の目を醒まさせないと、【その国は、自ずと我がものとなるであろう】に、なってしまいかねません。




【今、戦争前夜に近い沖縄。沖縄独立化が始まっている】

◆第一回 平和のための琉球自立独立パレード 共同記者会見 1/3

◆第一回 平和のための琉球自立独立パレード 共同記者会見 2/3

◆第一回 平和のための琉球自立独立パレード 共同記者会見 3/3


■この中に、【琉球独立】と言う旗が、見られます。

2014-03-02-1.jpg 


2014-03-02-2.jpg 


そもそも、沖縄は元琉球であっても、今は日本国沖縄県です。

公の場で勝手な呼称は認められません。

それぞれの県が、勝手に【独立】と言い出したら、どうでしょう?

沖縄に集まっている左翼の大半は、かつて日米安保反対をしていた者達です。

彼等に、勝手に国益を害されるのは、迷惑極まりないですよ。




【沖縄県民の方々。中国は安全な国ではありません。あなた方は左翼運動家と逆の事をして下さいね】

このように、沖縄の現状は、非常に危険な状態にあります。

それも、【草】による[草の根運動]で、純粋な沖縄県民を惑わして、正義と真実が、どこにあるのか解からなくさせて来たのです。

【草】だけではありません。

本土からの【忍者】が、
マスコミを操り、教育界を支配し、日米安保の破壊を仕掛けているのです。



■【忍者】であるところの中国系左翼達の言動には、【嘘】が多いです。

沖縄財政の8割は、本土からの[沖縄振興資金]名目の援助金でもあります。

その援助金無くして、沖縄が成り立つはずも無いこと。

独立したトタンに、赤字の最貧国・デフォルト国になってしまいますよ。

その超貧乏国を助けるのは、どこでしょうね?

アメリカを追い出し、日本を捨てて、入って来るのは中国です!




【沖縄(尖閣)、韓国、台湾は別々では無い。中国からの脅威には集合体でなければならない】

■もしも、沖縄がそうなれば、沖縄は壊滅です。

殆どの沖縄人達は殺戮・虐殺に逢い、一部の健康で従順な人達のみが隷として生かされるでしょうよ。

そこには、現在までの沖縄はありません。

変わり果てた姿の沖縄です。


■そして、事態は沖縄に留まらず、【台湾の中国帰属】へと向かいます。

もちろんその頃には、日本の各地に潜んでいた中国の【草】達が、日本国内で銃火器を持ちながら、日本占領行動に移るやも知れません。


それは、今、必死で日本攻撃している【韓国】も同じことです。

韓国国内の【草】達は割合では日本より多いので、日本より先に、中国・北朝鮮の支配化に置かれることでしょうね。


■こうした事態でありながらも、アメリカが乗り出して助けてくれるさ』思える人は、ある意味、幸せな人かも知れません。

だが、その幸せな人達も、現実の厳しさを目の当たりにする事になりかねませんよ。

今のアメリカ・オバマ政権では、『期待は出来ない』と思っていた方がいいでしょう。



だからこその、【自主防衛】なのですよ。

韓国に対しても、【何を間違っているのか】を明らかにして韓国を中国・北朝鮮に占領させてはいけません。

今の韓国は、そうした方向(中国・北朝鮮の支配下)に一直線に向かっています。




【中国野望の要の沖縄。中国野望は沖縄から始まる】

■要するに、沖縄が陥落すれば、米軍は撤退し、中国が入って来て、日本本土、韓国、台湾は、一挙に中国の支配化になってしまうと言うことです。

その間、半年も掛からないでしょうね。

『そんな短期間で』と思われるかも知れませんが、何度も述べた【草】の存在がある事を忘れてはいけません。



■ここで間違ってもらっていけないのが、日本に住んでいる中国籍の中国人200万人は、【草】ではありません。【草】に指示を受ける人達です。

本物の【草】は、日本人に同化しているので、殆ど、気付かれていません。

私達の近所に住んで、日頃の挨拶を交わしている人達かも知れません。

そんな人達が、ある日を境に豹変するのです。

それが【草】の役目であり、戦後70年近く日本・台湾・韓国に根付いて、【静かな思想革命・洗脳】をして来たのが、現実です。



すでに、韓国は、彼等に取り込まれています。

台湾も危ないです。


アメリカも、左翼思想・社会主義思想が蔓延し、次第に【親中国寄り】になり始めています。



日本だけは、まだまだ、大丈夫とまでは行かないまでも、【草】達が動きにくい国になり始めているのです。

だからこそ、【日本は右翼思想が強くなった】と、極左の人達から言われているのですよ。

もっとも、極左から見れば、真ん中に居ても、右翼に見えるのでしょうが(笑)




【今こそ日本人は、[幸福の科学/幸福実現党]のある事の意義を、本気で考え、気付いて頂きたい】

■なぜ?日本だけが?と思われるには、絶対に[幸福の科学/幸福実現党]の存在を外してはなりません。

神仏から選ばれし、神仏から託されし[幸福の科学/幸福実現党]があるからこそ、日本は左に傾き掛けながらも、修正が入って来たのです。

幾度となく神風も起きたのです。

【追記:2015.12.18.】

ちなみに、山口県には10年間台風上陸がありませんでした。

毎年数個の直撃コースにありながらも、不思議に全部逸れました。

2015年夏、【もう、ええじゃろう?】と、どこからとなく、気のせいのような声なき声が聴こえて来ました。

私自身、必死で山口県を護って来たつもりですが、「それも仕方ないか、天命に任せよう」と思い、祈りも何もしませんでした。

そしたら10年振りの山口県下関市への台風被災。市民のほぼ全員に避難勧告。

とても偶然とは思えません。



日本を護っている神々は、唯物論に染まった日本人への警告として、天上界から天変地異・異常気象として、眠れる日本人に、神仏への目を醒まさせようと必死です。

これ以上、犠牲者を出さない為にも、そろそろ気付いてください。

それゆえに、[幸福の科学の総裁]は、【天上界がある事の証明として、いろんな人達の霊言を、必死で、降ろされ続けて居る】のです。

私達信者から見たら、もの凄い体力消耗になり、命すら削られて居る状態なので、やめて頂きたいのですが、やめられないのですよ。


それが、【救世主としての使命の一環】だからです。



日本国民には、未だに[幸福の科学/幸福実現党]への偏見もあるかと思いますが、そう思われる人達こそ、真に目覚めて頂きたいです。

なにも「入信しろ」と言うのではありません。

全世界100ヶ国以上の国民に信者を持ち、世界中に堂々と【救世主】を名乗る事が出来る人を疑うのなら、発信された言葉や書籍を見て頂きたくあります。




【信者を含めた日本人は、本物の世界救世主を、応援するのか、放置するのか、落し込めるのか】

そして、世界中の人達に【我は救世主】を名乗る事が出来る人は、2種類の人しか居ません。

本物か、偽物か、どちらかです。

本物の救世主か、偽物の悪魔か、どちらかです。



■偽物と思って居る人達は、それも個々の自由ですが、その自由にも責任が伴っている事も忘れてはなりませんよ。

もしも本物だった場合、その人達は【救世主を否定し、救世主の活動のジャマをしている】ことにも成りかねないからです。

もしも本物だった場合、[幸福の科学/幸福実現党]の否定は、悪魔の味方をしている事に成りかねないからです。

それだけは、肝に命じて置いてくださいね。




【僅か数分で解かった、[幸福の科学の総裁]の本物の教えと、未来のあり方】

■私は、入信以前から、【救世主の降臨】を信じて来た者であり、それが[幸福の科学の総裁]だと解かるまで、ほんの数分。

その理由には、
【この愛の星、地球を、お護りください】という一文に接しただけで、涙と決別したはずの私が【涙ボロボロ】に為った事もあります。

ビデオの総裁の姿が、眩しく、きらびやかなオーラに包まれていた事もあります。

だが、それ以上に、[幸福の科学の総裁]の語られる言葉こそが【本物だ】と、知ったからです。



■かつての私は、家に来る他宗教の人達には逆に説教して(汗)、【何が間違っているかを考えさせて来た】人間です。

【世間解】も私なりにですが、入信前から充分理解していたので、そうした人達へ【世間解】から話していました。

だけども、既存仏教を含めて、私を納得させる宗教勧誘者はひとりも居ませんでした。。

逆に【宿題】を持たせて帰していましたね(汗)



そんな私が、僅か数分で、【幸福の科学の総裁は本物だ】と、知ったのです。

知ったトタン、なぜか・・、涙が流れました。

その後は、奇跡に継ぐ奇跡現象が身辺に起こり、私の周囲の者達(家族・親戚・友人・知人)さえ畏怖を憶えたものです。

恐怖ではありません。畏怖(おそれ多い事と、おののく意味)です。


■私自身は霊能力はありませんが、ぜか【幸福の科学の総裁は本物だ】と知った瞬間から、私や周辺の環境に(良い意味での)大きな異変が起きたのです。

その奇跡の数や影響力は、半端なものではありません。

想い出したものは、(個人情報等で)差し障りのないものは、このブログで紹介もして来ました。

【幸福の科学の総裁は本物だ】と信じて頂きたい為でもありますが、それにも増して、日本を世界から、地球上から消し去りたく無いからです。




【お前は、いつになったら、本気になるのか!・・と、一喝された松蔭先生の言葉】

■それゆえに【世界救世主の降臨】を、ひとりでも多くの人へと伝える為に、6年間で1000回以上のブログを書いて来ました。

その過程では、何度も、何度も、(もうやめよう、もうやめよう)と湧き出す私自身の思いとの葛藤もありましたし、今もあります。

だが、黙して居れないのです。

このブログの意味は、たったそれだけの事です。



■ほんの僅かながらでも、松蔭先生や乃木将軍と血筋を同じくする者として、日本が滅亡して行く姿は見るに耐えられません。

7年前から、研修や夢の中で松蔭先生からの言葉や意志が伝わって来ています。

お前は、いつになったら、本気になるのか!

私の至誠の教えを受けた者なら、命を惜しむで無い!

眠っている者達を叩き起こせ!


私なりに本気で頑張っているつもりですが、それでもまだ【本気を出せ!】と、叱咤を受けます。

とっても厳しい人ですが、それ以上に、日本と世界を案じて居られるようです。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題] | 2017.03.01(Wed) PageTop

◆【法律と契約】芸能界の闇は国民の心に巣くう。真の宗教は人々の心を救う。


レプロや芸能界では、清水富美加さんの立場は個人事業主であり、レプロとは専属契約を結んだ親会社関係だそうです。

ならば、私も企業人としての意見を書いてみます。




【契約は、法律の下にある】

確かに大手企業とは、販売契約等を交わすところもあります。

その前提で書きます。

販売単価は契約で決めています。

・・が、契約外要求が、押し付けられるように来ます。


例えば、『単価〇%下げのお願い』が来ますと、「いや」とは言えません。

ある大手企業は、『消費増税分〇%下げのお願い』が、常でした。

消費増税分を納入価格を下げさせることで収益確保です。

いつも消費増税の被害を受けるのは、納入業者でした。



また、お中元・お歳暮の斡旋としながら、『買え』です。

こうした契約外要求は、強い者勝ちですので、従わざるを得ません。

従わない時には、契約打ち切りが待っています。


今は公正取引委員会が厳しくなったので、見られなくなりましたが、陰では残っています。



【甘い誘惑と脅し】

また、ある大手企業の係長から、『機器納入の打診』を受けた時の話です。

その機器は、そこの会社には関係ない機器ですので、用途を訊きました。

『従業員に使わせる』とのことで納得し、見積書を出しました。

ところが?

『これの3倍の見積もりで出してくれ』と言います?

『その中の半分を自分に、残りの半分は私の機器保守料金』と言います。

即座に断り、その会社の総務課にいた同級生に危機感持って伝えると、『ああ、よくあることさ』と笑っていました。

彼や他の者達が言うには、『そういうことが普通で、私のような業者は異端』のようでした。

異端児、結構(笑)


■で、この話には続きがあります。

私が断った代わりに納入した社長の処で話していると、外を見ながら『また来やがった!』と。

振り返って見ると、車の中に4人の人影が。

その一人が下りて玄関に入ろうとするなり、『おお来たか。よし!行こう!』と、愛想よく言ってます。

私には『すまん、タカりだ』と、置いてけぼりに(笑)


言うまでも無く、不必要な機器や他の物を不当価格で納入させて置いて、それをネタにして接待させ続けるという、脅し商法です。

それも一流企業です。


これを清水富美加さんとレプロに置き換えると、よく分かります。

個人企業主である清水富美加さんと、親企業であるレプロとの、力の差は歴然たるものです。

その中で生きて行くには【逆らえない】のです。

契約外の無理難題を押し付けられても、従わざるを得ません。



【一企業への依存度が高いと致命傷にも】

また、企業には、[納品先への依存度]があります。

「単一企業依存度が30%を超えると危険だ」と言われていました。(難しいことは省きますが、平均利益率が30%前後だからです)

私も、単一企業依存度30%の会社を1件持ってましたが、他の取引先を増やすことで年々数値を下げていました。

たとえ、その会社と取引が切れても続けて行ける体制にしていました。


■さて、清水富美加さんは、どうでしょう?

私のような企業人から見ると、依存度100%であり、逃げられない奴隷状態です。

芸能人が個人企業と見なすなら、依存度100%なんてあり得ません!

個人企業なら、依存度を減らして分散すべきです。


会社員なら、依存度100%は普通かも知れませんが、その依存度分は会社と分担しています。

給料、各種保険、住宅費、交通費、他で、生活保障しています。




【闇社会の言うなりのマスコミや芸能プロ】

◆【清水富美加】出家の真相、『新・霊界物語 第百六十二話』
https://youtu.be/mPaVqjzmrpY




【民放90条:公序良俗に反する契約は無効】

◆清水富美加泥沼出家騒動とNHK
https://youtu.be/2UISRgvGBEY




【基本的人権は保障されていたのか?】


雇用形態が個人事業であり、依存率(占有率)100%とは、絶対に変です。


それだけでも、各種法律にも抵触すると、考えます。

日本国憲法で保障されている、職業選択の自由が奪われている可能性も、あります。

さらには、言論の自由も、生存権も、いろんな基本的人権が、ないがしろにされているように思えます。

厚生労働省はもちろん、人権機関、等を通して、業界改革が必須と考えます。





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


Theme [心と身体] Genre [心と身体]
Trackback [0] | Comment [2] | Category [社会問題] | 2017.02.19(Sun) PageTop

【無関心社会】友人失踪半年。公的機関も、仲間達も、誰一人関心持たず!この国はどうなってるんだ!


山下よ、山下朝久よ。

生きているなら電話くれ。


知っている人が居られたら、コメント欄でも良いですから連絡お願いします。





我、関せず!

ほんとうに無関心社会だ!



・・家は夏座敷で、玄関から奥まで開きっぱなしのまま。

庭には、日向ぼっこ用の揺りイスが、さも「さっきまで座っていた」かの如く揺れている。



「探してくれ」とは言って無い!

ただ、開きっぱなしの戸を締めたいだけ、だ!

たったそれだけのことでも、誰も、何もできない。




市役所で、彼の身内の所在を訊こうとしても、『個人情報』を理由に教えてもらえない。

警察は、「家の中で倒れていないか」は調べて頂いた。だけども、「失踪届け」を出そうにも、身内でないから出せない。


なんだ!このスパイラル・システムは!



民生委員は、『来るな』と言われた理由で、放ったらかし。

自治会長は、警察に連絡してもらえたが、それだけ。何もしない。



隣近所の人達は、『付き合いが無いから、知らん』そうな。

最後の綱の同級生・友人達も、及び腰。逃げまくる。




警察からは、『これ以上は、何もできません』と言われたが、それは当然のことだ。

『あなたも、勝手に家の中に入らないように』とのことで、私も何もできなくなった。

警察にとっても、さぞ、やりにくい社会構造なのだろうな。。




誰にも「彼を探すのを手伝ってくれ」とは言って無い。

探すのは自分でやる。

ただ、近所迷惑にならないようにと、開きっぱなしの戸を締めたいだけだ。

たったそれだけの事すら叶わない!

ほんとうに、なさけない時代になったものだ。





1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


Theme [その他] Genre [その他]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題] | 2017.01.25(Wed) PageTop

◆【鳥取で地震!】今も昔も政権の不安定は天変地異となって現れます。断層型地震雲とやらは10月10日の下関市でハッキリした形で見ています。


今日(2016年10月21日)、午後2時7分。

ユサユサと地震が来ました。

山口県の私の地では震度2でしたが、TVをつけると鳥取県内陸部で震度6弱。

思ったより大きな規模でした。



■10月10日の鳥取では「断層型地震雲」とやらが、発生していたようです。
http://kando1.net/14808

CuYVyawUkAAqepX.jpg


同じ日の10月10日に私と家族達は、全く同じ雲を下関市上空で見ています。

まるで、空いっぱいに広がる白い座布団のようでした。

「低い」し、「白い煎餅」のようで、「厚み」がハッキリ見えました。

【見たこと無い雲 & 異様な雲】でした。



■ですから家族達に、「あの雲の中にデッカイUFOが隠れてるのかもな(笑)」と、冗談言ってたくらいです。

よもや地震雲だったとは・・

私が知っている地震雲は「夕暮れ時のような不気味な赤い雲」でしたので、初めて見た雲が「断層型地震雲」とは、知りませんでした。



■車内から「あの雲、珍しいから撮っておけ」と指示はしたのですが、まったく別のウロコ雲を写真に残しています(笑)


下関に向かう前の写真に、少しだけ見えています。

2016-10-10-01_20161021235150594.jpg



■この妙な雲は、ゆっくり流れて遠ざかりました。

ほんとうにデッカイUFOが、隠れて移動している感じでしたね。


遠ざかって行った方角が、島根県方向です。

鳥取・関西でも同じ雲が見えたようです。

関西で撮られた雲は、かなり薄くなっていますが、下関上空ではもっと厚い雲でした。


時間は、前頁に書いた「老僧神参拝」の前後です。





なにやらとっても不気味です。

今年初旬の山口県は、日本を護っておられる神々のお怒りに触れるかも知れない状況でした。


■以下は、格闘日記(笑)


◆天意を感じる毎日。(当ブログ:2016.04.23.)



◆【おもいの力】同じ力を持っていても、使い方次第。(当ブログ:2016.04.25.)




◆メモ(当ブログ:2016.04.27.)




◆【?】疑問だらけの昨今。真実は?正義はあるのかな?(当ブログ:2016.04.30.)

文中には、現政権による宗教弾圧の可能性をも書いていました。



◆【勇気と清潔感ある露出力】幸福実現党支持者は、もっと世間の目に見える処に出て行こう!(当ブログ:2016.05.07)




■文中に書いていますが、山口県に起きるかも知れない災害と【本気】で戦っていました。

幸いなことに、被災は逃れました。

そうしたバカバカしいこと、やっている人間もいるってことです。

なにひとつ自分のためにはならないのに(笑)


そうした人達が集っている団体が幸福の科学/幸福実現党です。


だけども、現在、安倍政権には目障りなのでしょうか。

弾圧や嫌がらせを受けています。


すっかり安倍さんは、変わってしまいました!



■(天変地異が多いのは)地元の安倍さんが、この1年で、すっかり変わってしまわれたからかも知れません。

政権復帰時の安倍さんと同じ人とは思えないくらい、変わられましたからね。

今も昔も、政権の不安定は、そのまま天変地異となって現れますから。。




その日の私は、前頁に書いている老僧神社へ家族で参拝しました。

一昨年秋頃から、「早く来い!」と、毎日せかされるように。。


もしかしたら・・

もしかしたらですが、今回の鳥取地震と関係があったのかも知れません。

いつ、下関市で起きても不思議では無い状況です。(少なくとも半年前までは、そうでした)


ですから私が、下関市の老僧神に呼ばれたのかも知れませんね。。




神意は間違いなく、あります!

神意は、人間こころでは図れません!


■ちなみに、この神意は、幸福の科学の支援霊団の一部であり、幸福の科学全部ではありません。

そうした支援霊団の一部が、熊本地震後に【山口県にお仕置き】を言われたました。


そして、ほんとうに、目の前に【お仕置き】が来ていました(詳細は「◆天意を感じる毎日」に書いています)

その時の私は、毎日毎日、「お仕置きはやめてください!」の思いで一杯でした。


その後、なんとか、お仕置きは許して頂けたようですが、許されたのか先延ばしされたのかまでは、わかりません。


ですから私は、思い切って下関まで行ったのです。

これも【私の信仰心】のひとつです。





『そう言われれば、俺・私の信仰心って?』と思われる人は、心の点検の前に、以下の点検をしてくださいますか。


【家に、仏壇、神棚があるか】

・あっても粗末にしていないか。(毎日、拝んでいるか、です)

・拝んでいる内容は、自分のためか、他人のためか。


【仏壇、神棚は無いけど、信仰心はある】

狭い日本住宅ではわからなくも無いですが、清楚な空間と時間の中で天国的な精妙な思いを持続するには、自分が何に向けて祈っているのかの明確さが必要です。

・祈りの中身も、そうです。

そうした時には、【今の自分と全く同じ考えの人間が千人いたら、その場所は、どういう場所か】を、考えてみてください。



■同じように、例えば、今の安倍総理と全く同じ考えの人間が千人いたら・・、と考えてみてください。

今の日本の姿がわかるかと思います。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題] | 2016.10.22(Sat) PageTop

◆政界の中にもある「いじめ構図」


なぜか?8/19の投稿が、8/13に為っていましたので、再投稿します。ごめんなさい。


【いじめ】

個人的に、2000年前頃から[いじめ問題]と向きあって来ました。

「いじめとは何ぞや」を、肌で知りました。

当時は、まだ、『いじめられる側にも責任がある』、『弱いからいじめられる』の風潮が支配していました。

それがまた、いじめ自殺者が増えた一因にも成っていました。


■まだ、当時の世間は知らなかったと思います。

いじめている側のボス格は、生徒会長・学級委員長・親が権力者、などで有ることを。

誰もが、『よもや』、『まさか』と思える子供達が、いじめの主犯でした。

通常、ボス格は表に出ず、知られることも無く、子分達にいじめをさせていました。

たとえ、いじめが発覚しても、ボス格は学校に護られます。

いじめられている子供にとっては、学校すらも恐怖の対象になっていました。

そうした現場を20年近く見て来ました。


当時のいじめ側に居た人達も、今では40代前後。

かつての自分を反省し、人生の再建を為されて居れば良いのですが・・。

当時の意識のままの人達が権力の座に付くと、同じことが繰り返される危険性もあります。




【権力・支配欲が、闇を引き込む現場の実態】

[いじめ]側の深層心理の奥には、権力欲があります。

その権力欲に同調して、あの世の闇勢力が貼り付いて来ます。

本人は気付きません、自分の意志だと思っています。


■これを【波長は同通する:波長同通の法則】と言いますが、誰にでも有ることです。

発信する波長と、受信する波長が同じなので、チャンネルが合ってしまうのです。


■例えば、映画館で感動した映画を観た後、外に出ると違った景色に見えることがあります。

これは、映画の波長と、外の波長が異なっているために起きる現象です。

[フーテンの寅さん]の映画を観た人達が、しばらくは[寅さん歩き]をしている事がありました。

いつのまにか同調してしまい、成り切ってしまっている姿です。

ここにも波長同通の法則は働いています。


■[いじめ]側の権力欲に同調して来る、見えない世界の闇勢力の目的は、『大人になってしまう前に、潰してしまえ!』です。

実際に、いじめられる側の子には、天使的な子供達が多いです。

まず、善悪観がしっかりしているのが特徴です。

そうした子供達が、勝負・損得観(弱肉強食)の価値観で動く者達に寄って、いじめられ続けて来ました。




【感性 ⇒ 知性 ⇒ 理性 ⇒ 悟性】


人間が産まれた時に持って出てくるのが【感性】です。

赤ちゃんにとって、『目の前の人は、味方か敵か』を見分ける力でもあります。


3歳頃から【知性】が芽生えます。

言葉は悪いですが、人間とチンパンジーの分かれ目に現れるのが知性です。

知性の特徴の中に、勝負・損得が含まれています。

もちろん競争社会の中で勝ち抜くためには、知識が求められますので良いことです。


10歳頃から【理性】が芽生えます。・・芽生えるはずなのです。

この理性とは、善悪の判断力でもあります。

[いじめ]は、勝負・損得(弱肉強食)観を持つ者達が、この理性(善悪観)を持つ子供を叩き潰しているのが、本当の実態です。


■また、理性の上には【悟性】がありますが、この発現は人それぞれであり、幼い頃から芽生える者も居れば、生涯芽生えないままの人達も居ます。

人は、[感性 ⇒ 知性 ⇒ 理性 ⇒ 悟性]と段階を経るように芽生えて行きますが、どこかの時点で止まったままで育ちますと、その人の限界になります。


止まりやすいのが、知性(勝負・損得) ⇒ 理性(善悪・正邪の分別)に行く前です。

教育段階で、間違った知識を教えられれば、善悪・正邪が分からないまま育ってしまいがちです。

理性(善悪・正邪の分別)が育たないのです。


また、育っていても、善悪・正邪の価値観が逆転している人達も居ます。

ましてや、悟性は発現するはずも無く、得てしてこの世的な価値観に支配されがちになってしまいます。


■こうしたことで、教育が如何に大事かが、お分かりだと思います。

学校教育はもちろん、家庭教育、人と人が触れ合う人間教育などで培われるものが、【理性と悟性】です。

正しい信仰教育は、人間の悟性をも発現させます。

天国的な生き方を学んでいるからです。


逆に、学校・家庭・地域での正しい信仰教育が無ければ、悟性どころか理性すらも芽生えないことすら、あります。

地獄的な生き方をしている人達の中には、教育段階で理性の発現を阻止され、まるでヘルメットを被るが如くの人達も居られます。


言葉で言うと簡単なようですが、同じ努力でも、光に向かって進む努力をしているかどうかです。


■昔、知人とドライブしていた時の話です。

運転している知人がトンネルに入るなり、『真っ暗で何も見えん!』と、大騒ぎを始めました。

彼を見て、すぐに原因は解かったのですが、私の声も届かないほど大慌てしています。

『どうしたら良い、どうしたら』を、大声で繰り返しています。

「こうすれば良いんだよ」と、私は彼のサングラスを取りました。

『何だ!サングラスのせいか!早く言えよ!』と怒鳴っていましたが、パニック状態の彼には、「サングラスを外せよ」の私の声は届いていなかったようです。

パニック状態に陥った知人には、おそらく真っ暗な中でブレーキ踏みながら運転するのが精一杯だったのかも知れません。


その彼を傍で見た私は、サングラスが原因だと解かるのですが、言葉では伝わりません。

自分が大声出している時は、相手の声も届かないのです。

冷静に訊く耳を持っていれば、私が「サングラス外せ」と言っている声が聴こえるはずです。

で、運転中危ないと思いながら、彼からサングラスを外しましたら、視界絶好調だったようです。


こうした事は、日常でも、いろんなことに言えます。

前述の理性の話には、こうしたサングラスを掛けて運転している事も含まれます。

スマホで音楽聴きながら歩いていたら、周囲の様子が解からないのと一緒です。

そうした人達には『危ないよ』と、声掛ける人も居られるでしょう。

その行為こそが、理性(善悪・正邪)から来ているものです。


私達人間は、天上界からの発信をインスピレーションとして受け取っています。

天上界からの発信を受け取れるって事は、悪しき心境だった場合は、地獄界からのメッセージを受け取る可能性もあるってことです。

それを判断・峻別する力が、【理性】であり【悟性】です。




【いじめ現場と極似している家宅捜査】

長年そうした観点から[いじめ現場]を見て来た私には、また40年もの自民党支持者としていた者として、今件の幸福実現党家宅捜査は納得です。

捜査に納得では無く、今なお続く自民党体質に納得です。

[いじめ]と同じく、『大人になってしまう前に、潰してしまおう』体質です。

それはまた、あの世の闇の勢力の意志でもあります。

こうした自民党の権力欲にドッキングするように、あの世の闇の勢力と、現実世界の実行者達が融合した結果かも知れませんね。


もちろん私は、幸福実現党に一点も非が無いとは言いません。

なにがしかの落度はあったのでしょう。

ただそれを[いじめ現場]に当てはめてみたら、学校教師や大人達が言っていた『お前にも落度があった』と、いじめの正当化にさえ繋がりかねません。

その落度を持って、真面目な生徒を不登校にさせて、人生を台無しにしていまうことは、絶対にあってはならないものです。


◆テレンス・リー再逮捕の裏に安倍政権の“幸福実現党潰し”(日刊ゲンダイより)
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/187990/1


幸福実現党は、教育政策の中で[いじめの無い学校]、[塾に頼らない公教育の向上]を訴えています。

他政党が、こういう政策を訴えているでしょうか?

訴えていても、教育利権絡みになるので本気には思えません。

それはまた、中国系の孔子学園はスルスルと通して、天上界の意志で創られた幸福の科学大学は認可せず、にも現れています。




【幸福実現党とは】

幸福実現党が完璧だとは言いませんが、国民の利益の為に頑張り続けているのは、絶対に間違いありません。

長年、自民党派であった私が言ってるのですからね。

親族にも、自民党政府の元大臣、元県議、元市議を合わせたら10人は居ますのでね。

否が応でも自民党体質は解かります。


■以下、幸福実現党がやって来たことの一部です。

突然の2009年立党は、北朝鮮の金正日が皇居に核爆弾を落とそうとしていたからです。

ですから幸福実現党は、「北の核ミサイルは許さない!国際法を順守して敵地先制攻撃も辞さない!」と、日本全国で声を張り上げました。


◆同時に、マスコミが結託して日本を落とし込める民主党政権を創ろうとしていたからです。

結果的には民主党政権は出来て、3年で終わりましたが、その3年間の負の遺産は今なお国民に苦しみを負わせ続けています。


この時、幸福実現党は消費税ゼロ政策を訴えました。

当時の与謝野氏は財務省と結託して、消費税25%を目論んでいました。

もちろん民主党も同じです。

だけども、消費税ゼロ政策から好景気に転換する政党が現れたので、大幅増税が難しくなり、現在に至っています。


この時、議席は取れなかったものの、幸福実現党の目的は果たしています。


■他にも、自民党や民主党がやらなかったことまで、やっています。

◆岩国市「9.16 尖閣・沖縄を守れ!オスプレイ駐機配備賛成集会&デモ」
https://www.youtube.com/watch?v=dCF4VJEOLdE


◆国連委での政府発言は本当に快挙なのか!?~現地で見た真実
https://www.youtube.com/watch?v=Sis-vhlpIE8

この国連欧州本部女子差別撤廃委員会では、幸福実現党の釈量子党首が出席し、反論をしています。

また私達も、一般の人達から30万人署名を集めて提出しています。

こうした努力があったからこそ、杉山氏が国連に呼ばれたのです。


◆幸福実現党が尖閣対応で知事に要請

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160818-00057924-okinawat-oki


他にも、国民のための国益になることだけを考えて、いろんな場面で活動して来ましたが、殆どは知られないままです。




【世界の幸福の科学】

幸福の科学の大川総裁は、アメリカで毎週日曜日の現地時間8:30~9:00に、全米4大ネットワークの一つFOXテレビ系列の「FOX5」NY局で、
幸福の科学番組「Invitation to Happiness」(全八回)が放映されています。
https://ryuho-okawa.com/news/fox-tv-programs/

このFOXテレビは、審査基準の厳しさで知られます。

そこの審査を通過したと言うことは、信用に値するからだと考えても良いでしょう。


また、5年前には、5大陸説法の締めくくりとして、インドでの大説法にもなりました。

この時も、説法はインド国営放送でも生中継され、その後も繰り返し放送されました。

もちろんインドの国営放送の基準は厳しく、国連大使ですら事前に話す内容をチェックされるくらいです。

大川総裁には一切なく、テントを継ぎ足しても継ぎ足しても、人が集まる状態だったようです。

私が驚いたのは、「話を聞いてから入信を考える」のでは無く、『話を聞く前に入信する人達』が大半だったことです。

◆Master Okawa India Bodh Gaya (भारत गणराज्य बोधगया) Missionary Tour





【日米露印】

ロシアのプーチン氏が、秋に来日されるかも知れない状況で、[幸福の科学/幸福実現党]を貶めるならば、必ず日本の信頼は崩れます。

安倍総理は『地元の山口県に招待したい』ようですが、プーチン・ロシアとの信頼関係があるのは安倍総理だけでは、ありません。


ロシアの友人達へ。

[幸福の科学/幸福実現党]のことは耳に入っているかと思いますが、安倍自民党は、あなた方の思われている政党では無いかも知れません。

私達は、ロシア・日本・アメリカ・インド・他の平和友好を望むものです。

まずは、ロシアとの平和条約は絶対条件ですので、安倍自民党と平和条約の締結をされてくださいね。


今、[幸福の科学/幸福実現党]は、不本意な扱いを受けています。

だけども、あなた方が信頼されている[幸福の科学/幸福実現党]は、あなた方の期待は裏切りません。

また、遊びに来てくださいね。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Trackback [0] | Comment [3] | Category [社会問題] | 2016.08.20(Sat) PageTop

◆【THE FACT】3周年企画:人気番組一挙12時間生放送!

 
【THE FACT 3周年企画:人気番組一挙12時間生放送!】 https://youtu.be/ZyXBEiXUshs


8月11日(木・祝)昼12時
から「THE FACT」は番組開始3周年を記念して、12時間生放送を行います!(終了しました)






■番組が度々落ちていますね。新規です。https://youtu.be/pI0tB0P-gSM


【FACT運営者より】ご迷惑おかけします。最善は尽くしておりますが、youtubeさんにお任せするしかない状態でございます。何とぞご勘弁ください。





★☆タイムテーブル☆★


12:00 スペシャルオープニングトーク+渋谷中継

12:10 超・厳選VTR①アメリカとイスラム 

13:17 ゲストトーク「米大統領選最新事情 トランプはどうなる?」:ゲスト:及川幸久氏(幸福実現党外務局長兼国際政治コメンテーター)

13:37 超・厳選VTR②これはひどい!北朝鮮の実態

14:24 超・厳選VTR③中国が香港・台湾を占領する日

16:06 ゲストトーク「都知事選におけるマスコミの偏向報道」:ゲスト:七海ひろこ氏(幸福実現党広報本部長(兼)財務局長)

16:26 超・厳選VTR④沖縄プロ市民の暗躍

18:01 靖国神社前より生中継

18:16 超・厳選VTR⑤南京大虐殺はなかった

19:48 ゲストトーク「自虐史観を払拭するための戦い」:ゲスト:釈量子氏(幸福実現党党首)

20:08 超・厳選VTR⑥慰安婦の強制連行はなかった

21:16 超・厳選VTR⑦あの戦争は何だったのか? 大東亜戦争の真実

23:45 エンディングトーク: 番組メインキャスター【里村英一】が今年後半を大予測?!




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


Theme [その他] Genre [その他]
Trackback [0] | Comment [6] | Category [社会問題] | 2016.08.10(Wed) PageTop

◆【雑感:危機感】すぐそこにある危機と、個々が必ず迎えるほんとうの危機。


【余談:何年も続く異常気象の危機】

台風5号が関東沿岸に接近しています。

気象庁の予報では、右カーブしてかすめるようです。

台風5号2016-08-06-1

ところがどっこい!(笑)

ワタシャ、今件で怒り心頭ですので、右カーブであって欲しいけど、ちょいと西向けに曲げることが出来たらな~って(汗)

冗談ですよ。


ですが、「なぜ?この時期、このような異常進路の台風が?」とは思っています。

夏真っ盛りの今は、普通でしたら西方向に進みます。

ところが(どっこい!・・妙なクセついちゃったなぁ(笑))、この台風5号進路は、秋台風進路です。

夏台風としては、珍しい台風です。

何等かの天意があるのかも知れませんが、珍しいことだけは確かです。

・・なにか、今まで少なかった分だけ、大量発生しそうな予感。


■もうひとつ。

先日の関東での、震度7の誤報・・、誤報で良かったです。

『心臓バクバクした』人達もおられるでしょう。

だけども・・、もしもです。

この震度7のエネルギーを、【一瞬で消してしまう超科学の存在】が、あるやも知れませんよ。

また、その逆も、です。


2013年には、ロシアに落ちる隕石を、謎のUFOが粉々に破壊しました。

◆UFOは地球を救う(ロシア隕石)
https://www.youtube.com/watch?v=OHwUa4I0ABE


2013年2月15日。
直系17mの小惑星が大気圏に突入。
ロシアのチェリャビンスク州上空で爆発。複数の破片に分裂落下。
直径約6mのクレーターが発見。


これらをすべて、単なるミステリーで終わらせたり、偶然・自然現象とは、思われないことです。

この世は、不思議で満ちています。




【天意に叛くことへの無神論危機】

今回の幸福実現党家宅捜索は、こうした超科学をも超える【神域の侵害行為】です。

◆幸福実現党への家宅捜索 宗教の聖域に世俗権力がみだりに立ち入ってはならない(Liberty Web :2015.08.05.)
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11748


■例え、この世の力や法律で勝ったとしても、やがて必ず全員が、この神域世界に還ります。

その時、後悔、為されぬように。

その時初めて、『この世の法律が、神域の下に有ったのだ・・』と、後悔為されぬように。

神域からのメッセージを、封印なされぬように。

間違っても、【天意に弓引く行為】は、なされぬように!


------------------------------------------------------------

「幸福実現党本部 家宅捜索の真相を探る」 エドガー・ケイシーによるスピリチュアルリーディング

【まえがき】

安倍政権の国家社会主義的体制は着々と進みつつある。

マスコミ各社の国家総動員化を進めつつ、警察の特高化も押し進めている。

以前、政治哲学者ハンナ・アーレントは、
多数の罪なきユダヤ人たちをガス室へと送る指揮をとった、アイヒマンの裁判を傍聴して、「悪の平凡さ」を指摘し、
ユダヤ人社会から孤立し、大学の教職からも追い出されそうになった。

アーレント女史が、今回の事件を見たら、
「日本の警視庁捜査二課もヒトラーに忠実につかえるアイヒマンそっくりの表情ね。」とおっしゃるだろう。

北朝鮮のミサイル危機を2009年の立党時から7年訴え続けていた「国防」を明確に主張した唯一の政党、
幸福実現党本部に8月2日午前10時10分に家宅捜索が入り、NHKの12時のニュースにタイムリーな映像が流れた。

翌8月3日午前には、祝砲のように、北朝鮮から秋田県近辺にノドンミサイルが2発発射された。

あまりの共時性と、悪の平凡さに驚きを禁じ得ない。

国難も、国益も理解せず、神仏への尊崇の気持ちで聖務を遂行している人たちと、
その聖域を、現代のゲッベルスやアイヒマンたちは、土足で汚したのである。

公職選挙法は、フェアな選挙を行うために与党が作成したものだが、
その実、細かい法解釈にうとい新人やミニ政党を潰すために悪用されている。

安倍首相が選挙前に大型景気対策や低所得層に1万5千円バラまきを公表して、
実質上の国民の公然買収をしても何の問題もなく、マスコミの社長を宴会接待しても、買収にはあたらず、
タレントかどうかも判らないぐらいの人が選挙応援したとかで、交通費程度の金が動いたかどで何人もが逮捕でき、
政党潰し、教団弾圧ができるのである。

本書は、エドガー・ケイシー霊による「リーディング」(霊査)である。

日本国憲法にいう「信教の自由」や「言論・出版の自由」が本物かどうかを世に問う書でもある。



【あとがき抜粋】

正義とは何の関係もない、悪法「公職選挙法」の即時破棄を提案したい。

また警察も全体の奉仕者として、憲法に恥じることがないかどうか、常々謙虚に神前で己れを反省すべきだろう。

とにかくこの国は病んでいる。

正義・正論が通らず、唯物論的科学が横行する社会主義国家になりかけている。

神を信じない民主主義もまた、亡国への道である。

民主主義は常に暴走をチェック、神の子、仏の子としての良心を信じるところから始まる。

とにかく、神仏への冒涜、神々への人間の反乱は、歴史の一時的逆流現象だとしても、そう簡単に許してはならない。

2016年8月4日

          あなたがたの主 エル・カンターレ





【何もかも天上界に記録されている事すら知らない人類への危機】

エドガー・ケイシー霊のリーディングでは、大まかな粗筋(あらすじ)が伝えられました。

名前が出たのは、天上界から見て重要であろう人物と、その理由です。

実行者や、その他大勢の名は出ていませんので、ご安心を。


悪事を働いた者が居るなら、捕まって当然です。

そうした一部の不心得者は、捕まえてください。

もちろん、幸福実現党のみならず、他政党含めた全部です。


■警察とて、20人部隊で家宅捜索に入ったのですから、「確証」が有ってのことでしょう。

『家宅捜索に入ったけど、何も無かった』とは、行かないでしょう。

警察に何かを「仕込んだ」人もいるようですしね。

それだけ自信と勇気を、お持ちゆえでしょう。


■どなたか知らない人が、テレンス・リー氏に(現金入り?)封筒渡した場に、偶然、現場証拠写真を撮った人も居るようです。

そんな偶然って、あるのですねぇ。

今度、天上界に聞いてみます。・・って、私には出来やしませんけどね。

天上界の記録(アカシックレコード)には残されています。

それを、覗き見(笑)出来る人達が居るのですよ、実際に存在するのですよ。




【真の平等を知らないことの危機】

だけどもこれが、最初から目的違い(別件捜査)だとすれば、事は重大ですよ。

エドガー・ケイシー霊の言葉に有ったように、目的が異なる「幸福実現党つぶし」だったとしたら、捜査自体の適法・違法が問われますよ。

たとえこの世で問われなくても、必ず、あの世で問われます。

それが本当の「平等」の意味ですからね。


例えば、小池百合子氏と同党の関係調べが真の目的ならば、これが↓引き金でしょうか。

◆小池百合子(自民党)・泉としひこ(幸福実現党) 共同演説会(Dailymotionより)
http://www.dailymotion.com/video/xvumw6_%E5%B0%8F%E6%B1%A0%E7%99%BE%E5%90%88%E5%AD%90-%E8%87%AA%E6%B0%91%E5%85%9A-%E6%B3%89%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%B2%E3%81%93-%E5%B9%B8%E7%A6%8F%E5%AE%9F%E7%8F%BE%E5%85%9A-%E5%85%B1%E5%90%8C%E6%BC%94%E8%AA%AC%E4%BC%9A_news

私も、泉としひこ氏と小池百合子氏が、選挙協力されたことは、知って居ました。

また、小池百合子氏が幸福実現党の前身であるLiberty編集者達との交流会を持っていたのも、公然の事実です。

だけども、それ以外は何も無いかと思いますよ。

なんたって、この事すら知らない幸福の科学の信者さんばかりですから(笑)

知っているのは、その場にいた人達くらいでしょうよ。

ですから、
応援とか、繋がりとか、有りませんよ。

私も、小池氏の変わり身の速さに驚いているのですからね。


■また、今件は警視庁(東京都の警察組織)捜査二課が担当とのこと。

埼玉、千葉、神奈川にまたがるとなると、警察庁の管轄。

これだけの規模を動かせるのは、警察組織だけでは難しい。

それだけの組織を動かせるとなると、おのずと・・ですね。


今後の警察の捜査を見届けたいと思います。


■ちなみに、偶然?、ご自身が「仕込んだ」と言う人を見掛けました。

「何だ?」と読んでいたら、2時間使ってしまった(笑)

ま、言われているのは、どれも、ごもっともです。

・・ちょっと、取り巻き連の言葉が汚いかなって、感じですけどね。




【北朝鮮のミサイル、中国の沖縄・尖閣奪取の、危機】

さきほど、以下のニュースを知りました。

先の北朝鮮ミサイルといい、ほんとうに、【抗議声明】だけで平和が保てるのでしょうか?

北朝鮮ミサイル危機、沖縄・尖閣危機を訴え続けて来ている幸福実現党家宅捜査、ほんとうに、している場合でしょうか?


◆【沖縄】尖閣周辺に中国漁船230隻、異例の多さ、外務省が抗議~ネットの反応「沖縄県知事は華麗にスルー」「沖縄ではニュースにすらなってないから」
http://anonymous-post.com/archives/9309

◆尖閣諸島周辺で中国漁船と公船が領海侵入(You Tube より:2016.08.06.)





1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


Trackback [0] | Comment [2] | Category [社会問題] | 2016.08.06(Sat) PageTop

◆自殺しないでください (2012年4月記事移動)


 
  【過去記事移動】 過去、このブログに書いている中で、今でも使えそうな話を移動します。 - 2012年4月9日編集(書いたのは2000年8月)


自殺しないでください

(この話は、ネット相談場で語ったもので、15年以上前のものです)


インターネットを通じた集団自殺がありました

ネットに関り、微力ながらも心の医者でありたいと願う私には、ショックを拭いきれません

「人はなぜ生きるのか」、という質問を数多く見ました

私の知る限りの知識と経験をふまえて、お話し致します

倫理・道徳・哲学を超えた宗教上の話になりますので、違和感のある方はご遠慮ください



【人は、なぜ生きるのか、生きなければならないのか】


転生輪廻という言葉があります


仏教に限られているように思われていますが・・

「生まれ変わり」の思想は古代エジプトのピラミッドに代表されるように、太古から連綿と語り継がれて来ています


今や世界宗教になったキリスト教には、転生輪廻の思想が無いと言われていますが、イエスが説いた中には転生輪廻の教えが入っていたのです

残念ながら古代ローマの国教になった時に、身分制度を覆すものだとして、削除された部分です

聖書をよく読めば矛盾点がある事が解かります


今、奴隷の身分で現れているが、前世は王族に生まれていたかも知れない

今、王族で生まれている者も、来世は奴隷として生まれるかも知れない

そのような教えがあっては、階級制度は崩壊してしまいますのでね



現在、欧米では霊界研究が盛んだと聞き及んでいます

退行催眠を利用した「前世療法」も脚光を浴びています

ここでは詳しくは触れませんが

アメリカの有名な医者が催眠術によって患者の心の原因を探ろうとして、少しずつ前のことを思い出させていました

やがて、患者は

母の胎内にいた時の話

生まれる前に天上界にいた話

さらには

前世では、こんな場所でこんな生き方をしたと話し始めたのです


医者は驚きましたがすぐには信じません

だけども、多くの患者が同じように前世の話をするのです

医者は、確認のために現地に飛んで、驚きました

そこには、患者の話した通りの状況があったのです

もちろん、患者は行ったことの無い場所でした


**********************************************************************


 私たちは、産まれる前は、天国と呼ばれるところに住んでいました

全員がです

今、善人も、悪人と思える人も、ひとり残らず全員です

性善説は、その意味では正しいのです


この世は、縦、横、高さの三次元世界です

あの世とは、四次元(縦、横、高さ、時間)以降の世界です

決して、おどろおどろしい世界ではありません


空に架かる雨雲を見て、おどろおどろしい世界と思うのは当然でもありますが

雨雲を突き抜けた世界があります

光輝く善人の世界です


四次元以降の世界こそが、本来の私たちが魂エネルギー体として存在する世界です

この世は、仮の世界なのです

天国は調和された平和な世界です

おもい(思い、想い、念い)の世界です

同じ意識を持つもの同士が寄り集まっている世界です


霊存在としての私達がいた場所であり、この世を去って還るべき場所でもあります


**********************************************************************


そんな世界から、私たちは一定周期でこの地上世界に降りて来ます

目的は

新たな三次元的な知識を得るためです

新たな三次元的な経験を得るためです


また

使命を持って降りる人達もいます



この世は物質世界です

さらには

天国に居た時には絶対に会えない人達とも、会える、玉石混交の場所なのです


天上界の いろんな段階の方々も 同時期に降りています

菩薩 (天使)

如来 (大天使)

さらには

仏陀 (光の大霊)


仏陀とは お釈迦さまだけを示すのではありません

イエス

モーセ

孔子

・・・・・

宗教家としての 大指導霊の意味です


古き教えが形骸化し、魂修行に降りている人々が

何を信じて

何が正しくて

何をしたらいいのか

解らなくなって、混沌とした時代に

数千年に一度の割合で、道を示しに降りて来られます


物質世界の中にあって

心を 磨きなさい

心を 大切にしなさい


だからと言って

物質を無視するのではなく

それを使って 進歩を目差しなさい

人々の役に立つことに使えるように 工夫しなさい

そのための 三次元での人生修行があるのです




 大指導霊の個性によって 導き方法は違いますが、基本は同じです

物と心が乱立する中で、物質に惑わされずに 上手に使いなさい

多くの価値観の中から

真実を掴み取りなさい


真実とは




**********************************************************************


この三次元世界も便利になりました

ある意味では、天国の世界をこの世に現わしている部分もあります


携帯電話のように離れた場所で会話も可能になっています

パソコン画面を通して、意思の疎通も可能になっています


これらは、天国では当たり前のことなのです

会いたいと強く念じれば、一瞬にして通じてしまう世界です


そして、心の中はガラス貼りです

ウソや隠し事の出来ない世界です


ここが、この世と明らかに違う点です


天国という世界は、心の念いの世界です

心で念じたものがそのまま現象として現れる世界です


神隠しという言葉がありますが、あれは、天国の世界の話です

光の世界の中で、悪しき思いが継続したままで居ると、魂の比重が重くなります

そうすると

地盤が抜けたように、いきなり下の世界に落ちてしまいます


このように

あの世の話が、この三次元世界で語られている話は多くあります

ユニコーンやカッパは天国に住む生き物です

天狗もそうですが・・

少しばかり変わった世界に住んでいます


**********************************************************************


また、広大な天国の一隅に、心の病院があります

地獄と呼ばれています

そこでは、天国の門をくぐれない魂が、もだえ苦しみ続けています



長い長い間、抜け出せない魂も居るようです

一年や二年とかいう、この世の単位ではありません

阿修羅地獄と呼ばれているところでは、戦国時代から争い続けている魂達もいるようです


そこに居る魂(元人間)は、魂の比重が重いのです

この世の何グラムというような重さではありません

念いの重さです


どんな思い

どんな想い

どんな念い

それらが光の思いになるまでは、天国には還れません

残念ながら還れません


そしてそれは、決して、他人ごとではありません


私達も、もしかしたら、予備軍かも知れないのです


**********************************************************************


なぜに?平和な天国から、この世に降りて来て、そんな場所に行かなければならないのでしょう?

それならば、天国にずっと居ればいいじゃないか

そう思われる人は多いと思います


TVや映画を思い浮かべてください

毎日毎日、平和で、豊かで、文句のない教育番組ばかりでしたら

みなさんは観賞されるでしょうか?


山登りにしても

ヘリコプターで一瞬にして頂上に登ったとして

喜びは得られるでしょうか?


喜びとは

努力した中から培うからこそ喜びとなります


 だから私達は、この三次元の物質世界に降りて、不自由な生活をするのは

その中に掴みとるものがあるからなのです


その経験は知恵となり

魂の記憶として刻印されるのです


登山家が山を登るのにも似ています

平地に居れば苦しい思いもせずとも良いものを、何かを求めて登ります

平地にいたのでは得られない経験を求めて登ります


**********************************************************************


人によっては、生まれた環境が違うのは不公平だと思われるでしょう

それでも、じつは

生まれる前に、自らが選んだ環境なのです

「あの父母のもとで、自分はこんな人間として生きる!」

と誓っているのです



 転生輪廻の過程で

王子として生まれた時もあれば

奴隷として生まれたこともあるのです



今世だけを見れば 不公平かも知れませんが

多くの転生輪廻を繰り返している私たちです


ひょっとしたら、前世では北朝鮮に生まれていたかも知れないのです

イラクに生まれていたかもしれないのです

かっての自分の母国と戦争をしようとしているかも知れないのです

**********************************************************************


天国は心の世界です

エネルギー体のままでは、この世の活動が出来ません

この世に生存するためには、乗り物が必要となります

それが私たちの肉体です


母体が妊娠して3ヶ月の頃

私達人間は天上界から魂として宿って降りて来ます


この時に起きる現象がつわりであり

自分の中に別の霊体が入って来る、母体の拒絶反応でもあるのです

子宮の中の母体の霊体に、別の霊体が入って来るのですから

一種の霊的憑依現象です


母になられた方はお解かりと思いますが、この頃に、急に嗜好が変わることがあります

たとえば、リンゴが好きでもないのに急にリンゴが大好きになって

生まれて来た子がリンゴが好きな子だった、と言う事はよくあることです


 こうして私達は、天上界から自らの魂の向上を目差して

母体に宿り

赤ん坊としてこの世に生を受けます


金持ちの家であったり

貧乏人であったり

片親であったり

自らが不具者であったり

いろいろとあるでしょう


その環境の差を嘆き

自暴自棄になる人の、なんと多いことでしょうか


繰り返して言いますが

その環境すらも、自らが計画して選んで居るのです

それぞれに、産まれる前に、天国で人生計画書を立てて居るのです


**********************************************************************


【睡眠】

私達は睡眠を取ります

人生の1/3は寝ています

なぜでしょう?

無駄な時間に思えます


じつは

睡眠時の深い時に、私達の魂は肉体を抜け出して

霊界に帰っているのです

霊界エネルギーを受けているのです


この時に見るものが夢です

夢にも

霊夢と想像夢があります

リアルな夢、カラフルな夢などは、霊界に帰っている時の記憶が夢になっています


ただし

そのままでは混乱のもとになりますので、多くの場合、変換された形になっています


霊界で空を飛んでいても

どこまでもジャンプが続いたりするような夢に変換されています


これらは天上界に帰っている場合ですが

悪夢を見ているような場合は、別の場所へ行っています

「今のままだと この場所に来ることになるぞ」 と、守護霊の警告でもあります


睡眠にも 大切な意味があり

夢にも そのような意味が隠されています


睡眠時間を取れなくなると、肉体の中の霊存在である私達は

霊界エネルギーの補給が出来なくなってしまいます

やがて

マイナスのエネルギーで動くようになってしまいます


**********************************************************************


【守護霊】

そんな地上に降りた私たちを、見守る存在があります

守護霊と呼ばれています

各人に必ずひとり付き添っています

普段は、修行の妨げをしないように、インスピレーション(閃き)として伝えて来ます


守護霊の役目は、見守るだけではありません

その局面局面に応じて、あらかじめ予定していた問題集を降ろして来ます

初めは基本問題的なものから、次第に、応用問題へと移行します


この問題と思えるものが

私たちの苦しみの原因になりやすいものでもあります


それは

その時こそ

まさに

自分が計画した問題集との出会いなのです

みごと解きなさいと言われているのです


だけども

その大きさに圧倒されて

尻込みをして

諦める人たちがいます


その人達は、気が付いていないのです

自分の周りにヒントがあることを

道具があることを


 さらに、この世に生まれて来た時から

いつも守護をしている天使が、傍らに居ることすらも知らないのです

ひとりぼっちだと思っているのです

何も出来ないと思っているのです

ヒントも道具も用意されているのに


どんな人にも、その人に合わせた問題が降りかかって来ます

見た目は大きい壁に見えるでしょう

だけども

惑わされてはいけません

その大きさに


決して

解けない問題は与えられません


いつもいつも見守っている天使が

約束通り用意してくれた問題集なのです


**********************************************************************


【自殺してはいけないほんとうの理由】

ここで 逃げたら

いいえ、自らを滅したら

どんなになると思われるでしょうか


予定した地上生命の期間は

天国はもちろん地獄にも還れません


ましてや

何も無くなって「無」になることは、絶対に、100%ありません

魂は生きています



さらに怖いのが

自殺をする人は

死んだらお終いとか

天国地獄を空想の世界

科学未発達時代の過去の遺物と思って居ます

これが怖いのです


さらには

自分の肉体は、自分のものと勘違いをしています

確かに食物を口に入れて肉体を大きくすることはしていますが

肉体は天からの預りものだと知らないのです


食物さえも、多くの人の手と時間を得ています

自分ひとりで作ったものは、何ひとつ無いはずです



たとえ畑に種を蒔いて収穫しても、太陽の光無くしては育ちません

だけども

太陽から請求書が届いた人は居ないでしょう


自分の肉体だから、どのように扱おうが自分の勝手だ

これが怖いのです

自分の肉体では無いのです


レンタカーに乗っているのです


自殺をするということは

この天より預った、仮の宿を、破壊するということなのです


そしてそれは

他人の仮の宿を破壊するのと、なんら変わりません

天上界から見たら

自殺も他殺も同じです


他人を殺傷した人には犯罪者の汚名と責任が負わされますが

自殺をした人には、時には憐れみさえももたらされるのが実情です

それは、この世の価値観で見た場合です



天上界から見たら

自分を殺傷することも、他人を殺傷することも

同じです


すべて

自分の肉体は自分のものだと、勘違いしているところから始まります

借りているのです

どうか

間違われないでください


**********************************************************************


さらには、自殺をした人たちの多くは

この世に生きているうちから

天国地獄など無いと思っています


ですから

天国から迎えが降りて来ても解かりません

全く気付きません


そして

予定された地上生命の期間、この世に留まります

世に言う自縛霊です


あたかも肉体があるように

残された親族や友人の回りを彷徨い続けます

本人は、死んだと思っていないのです

自殺に失敗したと思っています

ここが問題なのです

この世の科学万能論、唯物論は、こうした大きな弊害を持たらせています


そして

夢遊病者のように

どうして自分が居るかさえも分からない霊となったエネルギー体は

自殺願望者の思いにに吸い寄せられるようにドッキングしてしまいます

憑依と呼ばれています


ひとつの体にひとつの霊体のはずが

ふたつも、みっつも、多い時は10体以上も、同居してしまいます

これが、医学的には多重人格構造者と言われています


犯罪者が冷静さを取り戻した時に

もう一人の自分、を言うことがあります

だから、精神鑑定にかけられます

彼らの言っていることは本当のことなのです

もうひとりの自分が居たのです


自殺者の場合は

自分が死んだとは思っていません

失敗した

それとも夢を見ているのか

そんな自殺者の魂は

自殺の思いを発している人にチャンネルが合ってしまいます


動ける肉体を自分と思ってしまいます

そして、もう一度、自殺をします

他人の肉体とは知らずに


これが、自殺の名所の所以です

そうして、悪の循環が拡がります



私は、これを断ち切りたいのです

なぜ、自殺がいけないのかを知って頂きたいのです


親が悲しむ

身内がつらい

そんなものじゃありません


自ら計画した修行を放棄した者は、天国には還れないのです

絶対に


長い長い間

時間の無い世界で

気が遠くなるような長い間

苦し見続けるのです

嫌というほど


誰も救ってくれません

いいえ

夢遊病者のようになっていて、助けが来ていても解からないのです


それは

幽霊になっていても、自分が、まだ人間だと思っているからです


**********************************************************************


霊の存在を否定するのは自由です

自殺も自由と言えば自由でしょう


だけども

自由に対しての責任が取らされます

その責任として

こんなに恐ろしい未来が待ち受けているのです


デタラメ、まやかし、つくり話と思われるでしょうか

そんな人達ほど

この恐ろしい世界への予備軍かも知れません



繰り返しますが

私達は

天国から地上に修行に降りて来ている魂存在です

肉体の中に幽体があり

幽体の中に霊体があります

霊体の中央部に魂があります


魂は心臓近くありますので、心が衝撃を受けた時

心臓がドキドキするとか言うのは、そういった理由によります


**********************************************************************


では脳は?という事になります

脳は車で言えばエンジン部分です

車を運転するのが魂です


車がポンコツになって廃棄されても 、運転している人(魂)は健康です

そして、車を買い換えて乗ります


同じタイプの車より、車を変えて乗るのが普通です

ある時はベンツに乗り、ある時はトラックに乗り、ある時は軽四に乗る

これが転生輪廻です


どんなになっても、魂は不滅なのです

たとえ、つらいつらい場所へ落ちても消滅はしません


なぜかと問われたら解かるはずです

自分がその立場にいた時に、消滅されたいかと思いますか?

そうではないでしょう

消滅したいと思っている魂もいるかも知れませんが、残念ながら消滅はしません


なぜならば

私たち、一人一人は

仏の子だからなのです


魂の親である仏は

たとえ不合格の成績であっても、愛していらっしゃいます

失敗しても

立ち直れよと

再び立ち上がれよと

涙を流しながら、成長を望まれています


そんな永遠の輪廻の中に私たちはいるわけです


**********************************************************************


【この世は仮の世界】

この世は、ある意味では芝居です

いろんな配役をして劇を演じているのです

そして、劇が終わったら舞台裏に帰って本来の姿に戻ります


出来の悪い役者は勉強のし直しです

そして 、また配役を変えて芝居をするのです

配役が悪いと嘆くよりは、与えられた役をこなすことが大切なことのです


**********************************************************************


 誰もが80年前後の人生を終えて天国に還ります

いえ

現在、天国へ還っている人はどれだけいるでしょうか


この世で

地獄的に生きた人

あの世を積極的に否定した人

心と物を比較して物が大切として生きた人

唯物論者、無心論者が天国に還るのは困難です



迎えが来ても解からないのです

心の波長が違っているので、すれ違っても解からないのです


なぜならば

その人達には粗い波長の霊人との縁が付いていて、そちらに引き寄せられているからです

その後は

粗い波長の人たちの住む世界に連れられて行く事になります



閻魔大王が裁くのではないのです

自らが赴くのです

もしくは、連れられて

つらいつらい世界に・・


そんな状況にならないように、真実の人生観を知ってください

自殺は絶対にしないでください



魂の親である仏が創られたあなたです

どうか

愛されていることに気付いてください


あなたの守護霊も

あなたがつらい時

あなたの傍で、一緒に涙を流しています



決して、ひとりぽっちじゃありません

気付いてください

あなたのために

地球の未来のために



以上は、あるサイトにスレ立てしたものを編集したものです 

その時に、頂いた質問です (この方の了解を得た上で載せています)

Q&A

【Q】

私は少し前に死ぬのを思いとどまったことがあります。

家族への遺書を書いていたら、涙が止まらなくて・・

あんなに嫌だった家族なのに

それでもきっと私が死んだら泣くだろうと思うと、そこまでして死んでいいのかと思いました。

でも、また、いつ死にたいと思うかわかりません。

なにげなくここに来て、この文を読んでいました。


難しくてよくわかりませんでしたが、

自殺をしてもラクになるわけではないのかもしれないと思いました。


・・・・そういうことなんですよね??

すいません。読解力がなくて・・(^^ゞ



少し聞きたいことがあるのですが、いいですか?

今度、死にたくなった時に考えなおせるように、ちょっと気持ちが浮上している内に、教えてください。


さっそく、質問なんですけど

転生輪廻があるとして

王子になったり奴隷になったりするのはいいとして

だったら、どうして子供は親を選べないんですか?

親がどうかで、子供の運命とか、幸せとか、ずいぶん変わるような気がします。

不公平だと思います。


大人ならひとり暮らしをして、仕事をバリバリやって、

親の影響をうけないようにもできるでしょうけど、私は中学生なので家から出ることもできません。

でも、今のまま、独立できる年まで、ずっとガマンするのはキツイです。


-----------------------------------------------------------------------------

【A】

こんにちは

難しいところはごめんなさいね

転生輪廻はあるのです ^ ^


水が水蒸気になって空に上がるでしょう

そして地上に雨や雪になって降ってきますよね


落ちた所から長い距離を流れながら海に行きます

そして、また水蒸気になります

これは、神様が転生輪廻を教えてくれているのです

こんな存在なのだよと



そして、あなた言われている親子の問題ですが

じつは

あなたが、親を選んで降りて来ているのですよ


親は、子供を産みますが

子供は、親を選んで産まれているのです

もしくは

天上界にいた時に

「あなたの子供になりますから産んでくださいね」と約束しているのです


普通は、親が結婚して勝手に子供を産んで、好きなように育てていると思いますよね

そうではないのです


妊娠3ヶ月位までは、ただの生命体です

この頃に、約束して降りてくるか

あの親の元で修行しますと降りてくるかどちらかです


そしてね

生まれた環境が違うのは不公平だと思うでしょう

当然ですよね

もっと良い環境に生まれて入ればと思うのは当り前のことです


だけど

長い目で見てくださいね

人間は1回や2回の転生輪廻ではないのです

何万回と言われています


今回の環境は厳しいところだったかも知れないけど

前回は、いえ次回は

大金持ちの子かも知れませんし、王女かも知れませんよね


ですから、環境の違いの生まれは

良かったり悪かったりで、みんな同じです

今回だけを見たら不満が出るでしょうね


でもね

前回は、苦労知らずのお姫さまだったかも知れないのですよ



ついでに、私の人生を述べますね

幼い頃から、母は激情家で怒るのなんの ^ ^

具合が悪いと言ったら怒鳴られていました

ですからお腹が痛くても、病気になっても我慢をしていました


そして16歳の時、町工場をしていた父が亡くなりました

もの凄い額の借金を残してね

こんな環境に私は産まれたのですよ


正直、恨み・嘆きましたよ

当然ですよね

その後、病気はするわ、体重は30kg 落ちるわで

「神様は、目の届く人と、届かない人がいるんだ」と、本気で思っていました


でもね

そうではなかったのですよ

苦しみを乗り越えた経験は、いつのまにか私の財産になっていました


心の病、父の死、貧困、多くの難病、そして母との葛藤

ものすごい人生ですけどね ^ ^

今となっては想い出に変化しているだけなのですよ


そして、その間に

人の心が手に取るように分かるという、知識と経験が身に付いていました

平々凡々とした人生でしたら、こうはいかなかったでしょうね


そしてね

自殺だけはいけません

楽になると思ったら大間違いです


学校の宿題をしないで罰を受けるとしますよね

あれに似ていますが

あんなものではないです

厳しい世界へ放り込まれます

光の刺さない、まっ暗な世界です


そこで1ヶ月や2ヶ月ではありませんよ

100年以上の単位です


今の苦しさと、自殺後の苦しさとでは比較になりません

地獄の責め苦とはこのことを言います


それから比べたら、今のつらいのはほんの一時です

負けないでくださいね


**********************************************************************

メッセージ

答える側に居た私が発した、こん身の思いで書き込んだメッセージであり、お願いです

決して、思い付きで書いたのではありません


見えない世界のことですから、脅しだと思われた方々もいらっしゃると思います

そんなことで、自殺する者が救えるかと思われた方もいらっしゃるでしょう


だけど、たった一度だけど、そんなことでも自殺者を救った事もありました

※その後解った事ですが、私のこの話で自殺を思い留まった人達が居られました。


あえて身内の恥を曝け出します(これも身内の承諾を得ています)


私には3歳下の弟がいます

10年以上前から事業の不調で経営不振に陥りました


私が出資者でしたので、経営改善を求め、アドバイスをします

口では承諾しますが、絶対に自論を通す弟がいました


ある時、弟に聞いたことがあります

「おまえは困難という壁が立ち塞がったら、どうやって切り抜けるか?」



弟は答えました

「誰かが壊してくれるまで待つさ。待てば海路の日和ありと言うじゃないか」


冗談ではないようです

この時に

私と弟は考え方がまるで逆だと知りました


やがて、その依存心と頑固さが弟の人生を転落の方向へ導き始めました

何とかなるさが、ならなくなって来たのです


そして

どうにもならない窮地に陥りました


その頃

弟が私に「死んでやるぞ」と泣きながら言ったことがありました

私は叱り飛ばしました!

兄弟仲は良かったのですが、この時は本気で怒りました


死んでやるとは何だ!

その言葉の前に何が付く!

兄貴が協力しないから、死んでやるか!

甘えるな!


お前の死んでやるの言葉は、俺には殺してやると聴こえるぞ!

つらい現実から逃れたくて自殺する人が居る

お前もそうか!


俺にとっては 自殺も他殺も同じだぞ

殺意が自分に向くか他人に向くかの違いだけだ

お前は人殺しをするのか!

( 弟はそんなことを言っていないと言います)



人殺しはいけないと誰もが知っている

習ってるからな

法律で罰せられるからな


だけど

自殺が悪だと習ったか?

法律で罰せられるか?


だけど言っておくぞ

自殺は罪だぞ

死んでも死なないんだぞ



弟は鼻でせせら笑っています

何を馬鹿なことを言うかとの態度で聞いていました


その後の弟の人生は、転落につぐ転落でした

人の信用を失い、親族から嫌われ、家族には無能者扱いされ、どこにも居場所がなくなりました


目はうつろになり、口は半開きで、呆けた状態です

「おいっ、しっかりしろ!」

「うん・・・」

力のない返事を繰り返していました


そしてある夜、とうとう弟は、妻が運転する車から飛び降りました

夜の闇に消えてどこへ行ったか解からないと電話が入りました

弟は放心状態で海に向かっていたようです

( その間の記憶が抜けていると言います)


1時間以上もかけて海岸まで来た時に

私の放った厳しい言葉が胸に響いて来て、我に戻ったと言っています

「死んでも楽にはならないぞ」

私が弟に言い続けていた言葉だったようです


その後、弟は何もかも捨てる覚悟をしましたので会社を倒産させました

今は、一労働者となって見違えるように元気に頑張っています



進むべき道がひとつだと思うから

名声が捨てられないから自殺する人がいます


他殺は犯罪者になりますが

自殺は憐れみさえも、もたらされます

「そんなに苦しんでいたのか可哀相に」 の言葉を期待して自殺する人もいます



死んだら楽になれると思って自殺する人も後を断ちません

悲劇の主人公のような 自殺の美学のようなものを持っている人もいます



だけど、死なないでください

自ら命を断っても、魂は消滅しません


自分の魂を、守るためにも

絶対に、死なないでください


お願いです




.inserted by FC2 system

Theme [心と身体] Genre [心と身体]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題] | 2016.07.28(Thu) PageTop

◆【天上界は大災害?】地球とて生きものですからね。地表で異変(無神論・唯物論者の跋扈)が続けば、地球マグマ(地球の血液)の流れが変わるかも知れません。


選挙公示まで、残すところ10日。

一部のメディアは、相変わらず幸福実現党の存在隠しているようですね。

◆参議院議員選挙 事前審査はじまる(埼玉県)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160609-00010003-teletamav-soci

(文中より抜粋)
改選数3の埼玉選挙区には、これまでに自民、民進、公明の現職3人と、共産、おおさか維新、日本のこころ、
それに諸派の新人4人のあわせて7人が立候補の意思を示しています。


■この諸派って、もしかしたら幸福実現党では?と思い、調べてみたら、なんと!幹事長代理の小島一郎さんでした
http://candidates.hr-party.jp/24th-mhc/2016/650/

まだ、こんなことやってる処があるのですね。

かつての私は、こうしたマスコミには電話抗議もして居ましたが、今では、かなりのメディアが公平に報道されているので、今はしていません。


■かつての殆どのマスコミは、名前を出さない理由として『公職選挙法と政党助成法』を言ってましたが、「それは違う」と理由を言えば沈黙。

『お話は分かりました。検討して置きます』の連続でしたね。


■例えば上記の場合、『政党要件としての公職選挙法と政党助成法』を無理やり当てはめるのであれば、日本のこころ]は政党要件を満たしていません

ところが、[日本のこころ]は名前を出して、[幸福実現党]は名前を隠す。

どういう理屈か訊いてみたいのですが、やめました。

ただし、今なお為されている不平等報道として、ブログに書きました。


■私個人は、こうした幸福実現党を諸派扱いをして、国民目線から隠すことに「法的合理性は無い」ことを、全国のマスコミに伝えて来ました。

殆どは、上記のような『検討して置きます』でしたが、かつての愛知県のあるTV局の言葉は酷かったですね。

『どこを報道しようが、しまいが、ワシ等の勝手だ!』と。

この言葉だけで、『政党要件としての公職選挙法と政党助成法』は無意味な理屈だと解かります。


「正直な人だ」とは思いますけどね(笑)




幸福実現党の初代党首の、あえば直道氏は、その後アメリカに渡り[米国共和党全米委員会アジア顧問]になって居られます。

◆あえば直道 Jikido "Jay" Aeba (JCU Chairman) Speech in CPAC 2016



◆「トランプ大統領誕生」で日本はどうなる!?~米国共和党全米委員会アジア顧問が予見!! あえば直道さんインタビュー① (You Tube より)



◆「トランプ大統領誕生」で日本はどうなる!?~米国共和党全米委員会アジア顧問が予見!! あえば直道さんインタビュー② (You Tube より)



◆「トランプ大統領誕生」で日本はどうなる!?~米国共和党全米委員会アジア顧問が予見!! あえば直道さんインタビュー③ (You Tube より)




■私は仕事しながら、手作業時の目と耳が空いている時は、保守系の人達のYou Tube動画を見聴きしています。

DHCTHEATERのような、日替りコメンテーターが語られる話は面白く、勉強になります。
https://www.youtube.com/user/theatertelevision/videos


だけども、DHCTHEATERコメンテーター諸氏から、あえば直道氏の【あ】のひとことも訊いたことは有りません。

青山氏の『トランプは大統領失格者』の自説は結構ですが、この青山氏ですら「幸福実現党を語る事は無理なのかな?」と、残念でもありますね。


◆6/10(金)〜有本香・杉田水脈・居島一平〜【真相深入り!虎ノ門ニュース】【Toranomon NEWS】(You Tube より) でも、そうでした。
https://youtu.be/P8r904eKdHU

ここに出演されている杉田水脈さんは、幸福実現党:釈党首と共に、ユネスコ反論をされた方です。

もちろん杉田水脈さんは頑張られましたよ。


だけども、共に反論した釈党首の背後には、私達が必死で集めた十数万~何十万もの【署名】が、共に出されていた筈です。

まるで私達が、何もしていないかの如く、無視されていますね。


■ご自分達は、『大手マスコミから差別待遇を受けている』ことを強調されていますが、そうだとは思いますが、
ご自分達も、同じような事をされているのを、お気付きでしょうかね。

残念です。


◆国連委での政府発言は本当に快挙なのか!?~現地で見た真実(THE FACT より)






話はガラリと変わります。


昔、地区(市内)の責任者として共に活動をしていた女性から、電話がありました。

『怖い、リアルな夢を見たので、どう判断すれば良いの?』という内容でした。

熱心な活動信者さんであり、基本スタイルは変わっていませんが、ここしばらくは事情があって、見た目は休眠されています。

先日も、『幸福実現党の街宣カーが回ってたぞ、と主人が言ってたよ。主人の会社の傍を通ったのは、あなたでしょう』とか(笑)

そうした情報交換は常にしています。


で、その女性の夢とか直感は、怖いんですよね。・・ワタシ的には。

結構、ビシバシ当たるので(笑)


■彼女が見た夢は、『地上全部の地面が液状化して、その上に私や家が立ってるけど、逃げる事も出来ず、怖くて怖くて』と云うようなものでした。

「あっ、それって、今現在、天上界で起きている話かもね」

「地上より先に、天上界の方が大災害らしいよ」と・・、軽く話したら。

『ほんと!マジ、怖かったよ!』と、夢の内容をリアル再現話して頂きました。


もちろん私のことですから、冗談交えて言うのは彼女も知っています。

今回は冗談抜きで語りましたので、『そんなに真面目に言われると、もっと怖くなったよ!』だそうです(笑)

彼女が夢に見た話の方が、よっぽど怖いんだけど(笑)


■彼女は、「今現在、地上界より先に、天上界が大災害」の話は知らないはずです。

その場面を『リアルな夢』で見たようで、私は納得。← 妙な処で納得するな!☆ ̄(>。☆)イテェ


■やがて、地上に生きている人達が今のままだと、地面の液状化現象が起きます。・・なんてことは有りません。

もっと酷いかも。

脅しではありませんよ。


じつは、1999年に起きるはずだった[ポールシフト]は、終わったわけではありません。

幸福の科学信者さん達が危機に目覚めて、地上の悪想念と戦われた結果として、回避は出来ました。

だけども回避は回避です。

終わったわけではありません。



予兆として、以下のようなものも出ているのも、あるやも知れません。

◆【驚愕】NASAの科学者が暴露した2016年の極秘情報 人類は生き残れるか?(You Tube より)



ポールシフト自体は、地球創生以来、何万回も起きています。

地球内部のマグマから出ている地磁気が、地球の地軸(回転軸)となっています。

マグマ磁石の移動で、地軸移動、極移動が起きます。


要するに地震と同じです。規模が地球規模になるだけです。

地球上に何が起きるか解からないだけです。

大陸が陥没したり、逆に海底大陸が隆起したり、するだけです。

地球の60億人口が、1~2億になるかも知れないってことだけです。

ですから、別に驚くことではありません。

・・って、大変なことですよね!


■だけども、そうした異変の可能性を唱えて居る人達の言葉を遮り、一切合切、受け入れようとしないのですからね。

すでに天上界(の下層部)は、大災害のようですよ。

天上界で起きていることは、さらに下層部のこの3次元世界にも、起きるかもしれませんね。


私の知人の女性が夢に見た『地上の液状化』は、すでに地球内部では起きているようですのでね。。


地球内部の地磁気変化による地上への影響を防ぐ方法、また天上界の修復は、地上に生きている人達次第です。

原因は、地上に蔓延している【無神論・唯物論、共産社会主義的思想】です。


【天上界に無い思考・思想】を、地上の人達が信奉しているので、その影響が天上界に出ているようです。


これだけ大量の【無神論・唯物論、共産社会主義的思想】の時代は、人類の歴史では、たったの1%だとも言われています。

かつて、そうした時代もあったようですが、いずれも[ポールシフト]によって海の底に沈みました。

【無神論・唯物論】は、アトランティス文明の末期、ムー文明末期に蔓延り、やがて終焉を迎えました。

今の世界は、まさに、その時期に極似しているようです。


■身近な信者さんが夢に見た、(地上に近い)天上界で起きている大災害は、近未来のこの地上図です。

すでに、とっくに、神々からの[最終警告]は降りています。

幸福の科学信者だけが頑張っても、限界があります。

だけども、最後の最後まで、絶対に諦めません。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Trackback [0] | Comment [2] | Category [社会問題] | 2016.06.12(Sun) PageTop

◆【持ちつ持たれつ】市民としての相互協力は必須


【幸福実現党ポスターを、切りつけ破損】

これで4枚目なので、先ほど(5/20)管轄警察署に届け出ました。

2016-05-20-1.jpg 


■3年前も、30枚以上が剥がされ捨てられたことがあります。

剥がしたら犯罪になる【証紙ポスター】すらも、ポイ捨て。

とうとう選管に訴えたら、『警察に行ってください』

警察に電話したら、「選管に言ってください」

・・どちらに言えば良いのでしょうね(笑)


■その時の証拠映像は監視カメラに残っているので、誰なのかは特定出来ています。

ただ、近所の人なので、みなさん波風立てることを嫌われます。


私(だけ?)は違いますのでね。

「カメラ映像を持って警察に行く」と言えば、映像を渡してもらえません(笑)


しかたなく、3回、待ち伏せしていたのですが、全部空振り(笑)

現場を押さえて、捕まえるつもりでしたのですがね。



【そうした真似は絶対にしないように】と、今回、警察官に強く強く言われました(汗)

応対の警察官は、立派です。

そうした3年前からの経緯も伝えると、苦笑いされながらも、『そうした連絡があった場所は、必ずパトロールしています』と、言われます。


そうだと思います。

私も、深夜の泥棒未遂の時も、「今、泥棒が入りかけたが、逃げたので、来なくて良いです。報告だけして置きます」と伝えたら、

『念の為にパトロールします』と、深夜の2時頃、本当にパトカー巡回に来られました。

有り難いものですね。


今回は、破損ポスターを写真に撮られ、詳細を、こと細かに聞いて頂けました。

そして、『今後、この場所は、パトカーが通る時には目配りをする事になります』と、教えて頂きました。

その言葉だけでも有り難いです。



よく考えたら、思い出したら、3年前は電話で伝えただけでした(汗)

今回のように、直接、警察や選管に行けば良かったのでしょう。

当時の警察や選管は、『電話で済む程度の問題』と、思われたのでしょう。

そう思わせても仕方ない私の判断ミスでした。




【イタズラ対処も、警察に(笑)】

駐車場に、【当たり馬券(車券?)】が落ちていました(笑)

3度も(笑)

2016-05-20-2.jpg 

(これは偽物だよな、イタズラだよな)とは思いつつ、最初は警察に電話をしてみました。

「今、当たり馬券を拾いましたが、どうしましょうか?」と(笑)

案の定、『イタズラとは思いますが、持って来て頂けますか』と。


最寄りの警察署までは近距離なので、持って行きました。

・・で、警察が確認すると、『やはり、ハズレでした』と、双方苦笑いです(笑)

最初から(イタズラだろうな)と思っていたのですが、私には【落し物は届ける癖】が有るのですよ(笑)


■昔、4万円の現金と、カードがギッシリの財布も拾いました。

もちろん、すぐさまポケツトの中に。

な~んて真似、私には出来ないのですよ(笑)

そのまま警察に届けて、権利放棄しました。


・・が、数日後、隣市の人から現金書留で5千円送られて来ました。

見ると、弟が納品していた会社の会長さんでした。

後日、お礼に行くと、会長さんも出て来られて恐縮されていましたね。


私は、こういう些細なことからでも、人の縁を大切にして来ました。




【市民としての協力】

警察に対しても、市民としての務めとして、協力出来るものはして来ました。

犯罪に使われたと思える、チに染まった物を見せられる度に驚くのですが、それでも伝えられる知識は全部伝えていました。

その度に、刑事が生半可な仕事ではないと、解かりますね。


■昔、ある元刑事が言われました。

『わし等は、お前らのような綺麗事の世界じゃない』と。

『現場を知らんくせに』と。

・・よく解かりますので、無言のまま、元刑事さんの目を見ていました。

『いや、悪かった。言い過ぎた』

『あんたにゃ、そんなことは言えんな、すまん』


■だけども、その通りです。

私には、事件現場に赴くなど出来そうもありません。

若い頃、焼身Gisatuした人を見たことがありますが、人だかりの中に見える黒こげ体に、怖れを為しました。

そうした現場に駆け付ける警察官って、素晴らしい人逹だと思っています。


ですから、そうした現場は無理ですが、市民として出来る義務は果たしているつもりです。



もうすぐ伊勢志摩サミットです。

全国から警察が集められるでしょう。

だけども、警察がすべてを護り切れるものではありません。

【市民の協力】は欠かせません。


伊勢志摩近辺の市民だけでは無く、【全国民】の協力が必要です。

こうした時こそ、自らの近辺警固の強化です。


私がテロ犯でしたら(違いますよ!・・断っとかないと(笑))、警戒態勢の強い所は避けますからね。

そうした素人の私が考えるようなシュミレーションは、とっくに出来ていると思います。

それでもやはり、【市民の協力】は欠かせないと思いますよ。



その為には、常日頃から警察と持ちつ持たれつの関係にあるべきだと、考えます。

・・長い言い訳(ポスター破りの件を訴えたこと)でした(笑)




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題] | 2016.05.21(Sat) PageTop

◆日米が率先して王道を歩もう!


【謝罪無き和平は、見掛け倒し】

5月27日は、日本海開戦日です。

その日の広島にオバマ氏が来られます。


オバマ氏に、きちんとした謝罪が無いのなら、逆効果になります。

【日本に核武装させない効果】を、生み出しますのでね。


・・とっても喜ぶ国がいるでしょうね。




【安倍総理もオバマ大統領も、王道を歩んでください】

13回目のロシア訪問をした安部総理。

何しに行かれたのでしょうね?


プーチン氏も、『アベはソチに何しに来たんだ?』と。。

困惑されているようですが。。


それ(ロシア訪問)を、さも、大成功の如く語る人達の非見識さ。

なさけない限りです。

彼等の言論は正統派ですし立派です。

ただ、少しだけ、見ている立ち位置が異なるようです。

この【見ている立ち位置】で、見えているものが違います。異なります。



■安部総理は私の地元総理ですし、また子供の頃から見ているので、頑張っておられる事には素晴らしく思います。

ただ、昨年の米国議会演説頃から、【何か変】です。

想像は付きますが、想像・憶測では書けませんのでね。

どうしても批判記事のようになってしまいますが、本音は【王道】を歩んで頂きたいのですね。


安部総理には、【日本国総理としての王道】です。

オバマ大統領には、【米国大統領としての王道】です。


どちらも一見、王道の人に見えるかも知れませんが、違います。

私から見て、世界の大国で、現在、王道を歩んでいる人はロシアのプーチン大統領ひとりのみです。

言い方を変えれば、闇なる悪魔勢力と唯一闘っている人です。



王道とは、孔子の十徳の教え(仁・義・礼・智・信・勇・忠・孝・悌・和)の中にあります。

幸福の科学では、【礼・智・信・義・勇・仁・徳】として、解かりやすく説かれています。


もしも、神々も尊ばない徳無き人が政治をすれば、人心は荒廃します。

それは、見ている、考えている立ち位置(義の部分)が違うからです。

【徳】が、見掛け上のメッキ塗装だからです。



国家もまた【徳ある国家】でないと、一時期栄えても、やがては滅びの道へと向かいます。

今の日本も米国も、【本物の徳ある国家】から、少しずつ離れて行っています。

それを、それぞれの国家を守っている神々が「その道は間違っている!」と警告されて来ました。

何度も何度も警告されたのですが、方向は変わらず、むしろ間違った方向へ歩みを速めています。


その姿を神々から見たら、【後退】に見えています。(現象としては、衰退として現れます)

すでにもう、【後は無い】処まで来ました。

後ろは崖っ淵なのです。

これ以上【後退】すれば・・。。




さらっと書いた中にも、じつは大切なものがあります。


ひとつは【見ている立ち位置】です。

同じ景色を、[座って見ている人]、[立ち上がって見ている人]、[2階から見ている人]、[屋上から見ている人]とでは、【見える景色が違います】。

また、肉眼で見ている人と、双眼鏡・望遠鏡で見ている人とでは、明らかに異なります。


同じ「その先は危ないぞ~!」と言っても、地上に立っている人が言うのと、ヘリコプターから言うのでは、どちらが信頼性が高いでしょうね。

言うまでもないことですよね。


だけども現実は、そうではありません。

多くの人は、ヘリコプターから伝えられている声は無視して、地上に立っている人の声を頼りにしています。

右往左往しながらも、『どちらに行けば良いの?』と、声掛け合っています。

それ自体は大切なことでもありますが、ヘリコプターから緊急警報が発せられているのですから、優先順位を間違えないことです。




もうひとつは【謝罪の強さ】です。

『謝罪したら負け』と考えている人は、申し訳ないけど凡人です。

ものごとを【勝負・損得】で考えている方々です。

覇道を歩んでいる人です。


ところが、天上界からの物差しは、【善悪】です。

今やっている事の善悪はもちろん、これからやろうとしている事の善悪をも見極める事が出来る人が、王道を歩む人です。



私は、[いじめ問題]を通して、【真なる謝罪なき解決は有り得ない】ことを実感しました。

どんなにイジメた側が反省した振りをしても、心のこもっていない形だけの挨拶では、【本当の解決ではない】と知りました。

心に届かないのです。


ですから、たったひと言、『間違ってました、ごめんなさい』で、良いのです。

誠意を受け取る側は、それだけで充分なのです。




■稀に、謝罪に、さらに謝罪、もっと謝罪を求める[Monster Parents]も居られますが(笑)

被害者意識が強いと、そうなります。

励ましの声を掛けられただけでも、『イジメを受けた』と言う人も居られます。

また、そういう国家もあります。



だけども日本・日本人は、そうした[Monster Parents]ではありません。

多くの日本人が失って久しい【善悪観】ですが・・、日本人の心の中には、まだまだ残っています。


日本の武士道精神、西欧の騎士道精神は、神々の心に近いものでもありますのでね。

日本人の武士道精神は、本格的には失っていないのですよ。

日本人の【愛国心】を否定されて70年経っているので、心の奥底に追いやられていますけどね、失ってはいないのですよ。


■戦争終了後~戦後の日本は、【イジメられっ子】でした。

本当は正義感の強い学級委員長でしたが、他の学級委員長逹にイジメを受けましてね。

無いことを、有ったことにされて、逆に謝らされて来たのですよ。

それでも日本が成長し続けて来たのは、日本の神々が強いこともあります。

イジメられた子供が立派な親に支えられて、成長している姿と似ています。


■ところが、20年前あたりから財布の中身が減ったので、半グレ状態(笑)になりましてね。

家出したまま帰らないのですよ(笑)

親が、捜索願いを出しているのですよ(笑)


■例え話で書いていますが、構図はそのままです。

やはり、【イジメた側は、きちんと謝罪】から、再出発です。


殴り合いの喧嘩の後、大切な友人になるってこと、有りますからね。

・・身に憶えがあるもので(汗)


だけども、イジメたままでは、いけませんよね。

イジメられた側も、本音で握手は出来ないでしょうよ。

だからこそ、【真摯な謝罪】なのですよ。


・・ちなみに、今の安部総理を見ていると、まさに【イジメられっ子】そのものに見えますが、なぜでしょう?




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Trackback [0] | Comment [4] | Category [社会問題] | 2016.05.16(Mon) PageTop

◆【平成28年熊本地震】この震災から我々は何を学び、何をすべきか。


2016年4月14日(木)午後9時26分頃、熊本県益城町で震度7の激しい地震がありました。

被災者様には、心よりお見舞い申し上げます。

残念ながらも、お亡くなりに成られた方々に対しては、1日も早い御帰天をお祈り致します。

ケガや病気をされた方々、家族や家屋が被災された方々の、早期の回復・復帰をお祈り致します。




この日この時、私は珍しく疲れ切って、職場の地ベタで寝ていました。

ウトウトとした頃でした。

ユサユサユサユサ船を漕ぐように、前後に揺れを感じて目が醒めました。

「こりゃ、かなり大きいぞ」とネットを見たら、震度7の数字が飛び込んで来て、ビックリです。

しかも、5分刻み間隔で揺れが発生していました。

すぐに自宅に戻りましたが、揺れが止まりません。

私の地は、最初に震度4を記録した後は、揺れに気付いても震度3まででしたが、夜中の3時まで地震情報と向き合っていました。


■翌日15日は、少しは落ち着いたかと思えば、日変わりの16日2時15分に、またグラグラユサユサが始まりました。

この日は、熊本-阿蘇-大分と並んで地震が起きていたので眠られず、2日続けてほぼ徹夜です。

震源地から離れた場所に居る私達でも、そうした状態でした。


◆九州で強い地震相次ぐ:NHKライブレポート

http://www3.nhk.or.jp/news/liveblog/kumamoto/


昨日は、山口県では珍しい暴風雨です。

家の中がユサユサ揺れて、地震かどうかも解かりません。

天井付近にブラ下げてある目安になる物が動いていないので、台風並の暴風に寄る揺れでしたが、地震も一緒でしたね。

3日続けて、夜半はグラグラ・ユサユサでしたので、睡眠不足もいい処です。

ま、そんな贅沢なことは言っては居れませんね。




15日、幸福の科学の大川総裁は、急遽の霊言を、この[平成28年熊本地震]の真相解明の為に行われました。

私も夜、拝聴させて頂きました。

すでに内容は、あちこちで語られて居ますので詳しくは語りませんが、簡単に言えば以下の内容でした。

以下、順不同。


・麻生(太郎)が、『東北震災並の地震でも起きない限り、消費税は10%だ』と言ったので、実際に起こしてやったのだ。

・大きな地震を起こしても、出来る限り人的被害は最小限に留めるようにした。

・(気象庁発表)阿蘇山と連動していない?、さあどうかな(含み笑い)。


・天上界の日本神道系の神々は、今の政権を許し難し!

・1000兆円は、自民党の借金だ!


安倍70年談話や日韓合意は、腹立たしい!

・日米ともムスダン発射に対して何も準備しない!アメリカはムスダン発射に対して敵地を破壊せよ!


この地震は、【ムスダンが飛んで来たら、こうなりますよ】と知らしめる意味もある。

・日本防衛に長けている人間(田母神氏)を捕まえている場合か!

・(マスコミや有識者は)活断層より、そこにある危機を訴えろ!


・原発はウランが原料だが、太陽そのものが核爆発だ。

・もっと大きな視点でも、宇宙では核爆発のエネルギーで満ちている。

・そもそも我々神々が、ウラン、石油・石炭を造ったのだ。木や草が勝手に石油・石炭に成ったとでも思ってるのか?

・物が悪いのでは無く【使い方次第】だ。ノーベルのダイナマイトがそうだ。


・(地震は)このまま終わらせない、まだまだ続ける。

安倍(総理)は、神を信じていない!

まるで自分が神に成ったか如く、うぬぼれが強い。


山口県もやるか。安倍(総理)のお膝元だからな。

・無神論者の安倍(総理)に、このまま伊勢志摩サミットはさせない!安倍(総理)が心を入れ替えない限り、伊勢志摩は使わせない!


我は、【日本の意思の神】。

・我は、日本の神々の総意であり、意思である。

・それだけの力と権限を持つ意思だ。

・今回は、その力の中の地球意識を使った。


・我等は、自民党政府に対しては、完全に見放した。


・これでも(この地震でも)、神の存在を認めないのなら、人類消去。

・肉体は滅びても、魂は残るから心配しなくていい。


※ちなみに、この話の中では語られていませんが、原水爆での肉体損傷は、魂にも傷が付くようですよ。

そうした原水爆を持つ国を、殆ど放ったらかしのままで、日本国を自虐史観の底に沈める政権を、許さないそうです。




この地震の日の私は、一人で北朝鮮のムスダンと戦っていました。

北朝鮮がムスダンを発射しそうなので、お祈りと、ムスダン発射装置の破壊を念じて(心に描いて)居ました。

そして疲れ切って寝た処に、この地震です。


幸いなことに、ムスダンは発射失敗したようですが、まだまだ続けるでしょうね。

【我は、日本の意思の神】と名乗る神も、ムスダン発射失敗に一役買っているのかも知れませんね。

そして、『ムスダンが落ちれば、こうなる、と示した』と、今回の地震の意味を強く強く言われていました。


『自民党は見放した』そうです。

安部総理が、このままなら、【許さない】そうです。

大川総裁を通して、いろんな霊神達の言葉を聞いて来ましたが、ここまで具体的で断言される霊神は珍しいです。


山口県にも一撃!

それは、ご勘弁ください。

・・と言いつつも、私自身も山口県の無防備・不備を知っているので、「とうとう来るか!」の思いはあります。

私なりに出来る限り頑張りますが、すべてが県民意識と安部総理に掛かって居ます。

悪魔ならともかく、神々が本気なら、太刀打ちすることは出来ません。


山口県の海向かいは、核兵器を持っている国なのですよ。

それに対して、何とも無防備な県民・国民です。

今回の[平成28年熊本地震]が、神々からの最後の警告だと思って、ほんとうに政権意識と国民意識が変わることを願うしか、ありません。

他力(国民、政権)的な要素が強く、怖い年です。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Trackback [0] | Comment [2] | Category [社会問題] | 2016.04.18(Mon) PageTop

◆【マルチ商法】老人弱者狙いの悪徳商法「スーパー・ルテイン」【過去記事移動】


 
 【過去記事移動】 過去、このブログに書いている中で、今でも使えそうな話を移動します。 - 2007年1月29日のブログより。



お世話になっている女性に、
「スーパー・ルテイン:(株)ナチュラリープラス」の説明会場に誘われた。

誘い口調から、??と感じたので、その場は取り繕って、実態を調べた。

ポンポン出る言葉を記録して置けば、その女性は大変なことになるだろう。

健康食品なのに、やたら効能を謳うのだ。

しかも1年前には、「一般には見せられない」としながらも、効能書きがギッシリ書かれた印刷物のパンフレットを見せられている。

そのパンフレットひとつで、その女性は薬事法違反という犯罪者になってしまう。

それを指摘すると、すぐに隠すように引っ込めてしまったが・・。


その時は、お付き合いで1個100粒を1万で買ったが、使用して居ない。

それで終わったと思っていた。

サプリメント好きな、彼女特有の癖だと思っていた。

そこへ、昨年末の会場への勧誘だ。

のぼせあがっている彼女が目の前に居る。


■彼女が、「私の知人には絶対勧誘していません」と言った言葉。

不信感を抱きながらも、信用することにした。

・・見事に裏切られた。

は、少し大げさ過ぎる(笑)

マルチ大嫌い人間の私に勧誘に来るくらいだから、かなり勧誘していると思っていたが、実態が掴めなかった


■先日、私の知人が白内障の手術で入院した。

見舞いに行くと、「スーパー・ルテイン」を家族に隠れて飲んでいた。

自分の意志で飲んでいるのなら、私は問題にしない。

だけども、『毎月1万以上の負担はキツイので、本当は止めたいのだけど・・』という言葉を聞いた。

「毎月?ひょっとして会員になってるのですか?」

『書類のようなものを書かされて、お金を払った』と言われた。

ここには、年配者に対しての【説明義務】が為されていない。

これは、特定商取引法違反にあたる。

完全に、老年弱者の無知に付け込む、悪徳商法である。


これを、彼女本人が、そう思っていないところが怖いのだ。

私は、彼女に電話で質問した。

『そうですよ、1年前に会員になられていますよ』

『そうしないと毎月飲むことが出来ないでしょう』

『だけども、あのおばあちゃんは毎月キチンと飲んで居ないのよ』

『残っているからと買われない月は、私が買い取ってるのよ』

・・まるで、自分が被害者のような口ぶりだ。


■そして『キチンと飲まないから白内障になるのよ!』

驚いた。

「○○さん、それって、違うでしょうが?」

『・・・・・・・』

すでに、この会話の時点で、薬事法違反は明確である。

薬事法違反の罪は軽くない。

逮捕にまで至ってしまう。

この時点まで、彼女は多くの法律違反を犯している。

だが、聞く耳をまったく持たない。

いっそ、タイホしてもらおうかしらん(笑)、は冗談である。


■信じて頂きたいのが・・。

私は、人間が好きだ。

人嫌いなら、こんなややこしいことは、無視している。

時には、口論しても、殴り合いの喧嘩をしても、相手の立場がどんなであれ・・

やはり、人間が好きだ。



■その後、心当たりの知人に問い合せたら、その殆どが勧誘を受けて居た。

私の名を出して!

『私も利用している』と、言って歩いて居たようだ。


私は、お付き合いで最初の1箱だけを頂いたが、まったく飲んでいない。

名前を利用されるとは、不覚だった。


■実際に、会員になって利用している人も数人居た。

喜んで納得して飲んでいるのなら問題にはしない。

断り切れない状況を作って、半強制的に会員にしている人も居た。

それを指摘すると、

『あなたには関係ないでしょう!』

・・よく言えるものだ。

私が恩義を無視して法律を遵守すれば、彼女は大手を振って道を歩けなくなるのに、狂気という他ない。

仕方なく彼女の上司に伝えた。



■マルチ商法の特徴は、


閉鎖的・囲い込み。さらには洗脳。

じつは、会場そのものが洗脳の場でもあるのだ。


■何かに似ている。

そう、カルト宗教だ。

彼女を犯罪者にはしたくない。

早く気付いて欲しい。




【追記:2014年5月】

■当時、いろんな人達に相談しましたが、『そのうち行き詰まるさ。放って置け』と言う意見が大半でした。

行き詰まったのかどうかは知りませんが、
今は、彼女は、このマルチ商法から抜けています。



■私は、この人を含めて3度、マルチ商法の勧誘を受けています。

これでも私は商売人なので(汗)、そんな話には絶対に乗りません。

◆【知は力】失敗を反省し、繰り返さないことの大切さ。
http://sunshine7.blog9.fc2.com/blog-entry-11.html


じつは、彼女に会場に誘われた時も、「行ってもいいけど、その場で質問して、ブチ壊すよ」と言いました(笑)

『そんな事、出来るものですか』と笑っていましたが、実際に私は別のマルチ会場に誘われて、質問攻めをして、会場をブッ壊した事があります。

知人の勧誘者から、『あんた、頭が変だぞ』って言われましたけどね(汗)


■彼女の場合も、そうするつもりでした。

会場で質問と称して、【効能をうたう勧誘の実態】を披露するつもりでした。

「そしたらあなたは警察行きだよ」と話すと、断られてしまいましたね(笑)




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Trackback [0] | Comment [5] | Category [社会問題] | 2016.03.11(Fri) PageTop

◆【電話】苦情と相談。


4日前(2/25)、朝っぱらから電話が鳴りました。

『◯◯土木建築事務所の者です』

「は??」(笑)

『◎◎さんですか?』

「そうですが・・」

『幸福実現党候補の後援会事務所をされてますよね?』

「あの・・後援会事務所って?何のことですか?」

『選挙管理委員会に聞きましたら、◎◎さんが幸福実現党候補の後援会事務所代表とのことで、お電話していますが、違いますか?

・・寝ぼけ頭がますます混乱して、話を訊きながら必死で整理しています(笑)


「確かに私は7年前、後援会事務所登録しましたが、代表じゃないですよ」

「とにかく何の御用事でしょう?」


用件は、『ポスターが市有地に貼ってある』とのことでした。

(地域の人の了解は得ていたようですが、その場が市有地だった事は分からなかったようです)

私の市内でしたら把握出来るのですが、隣市の山奥で、かろうじて地域の名前を知っている程度の場所です。

「お話は解かりました。申し訳ございません。すぐに撤去させますので、詳細な地図とかを送って頂けますでしょうか?」

『それではFAXで送らせて頂きますね』

2016-02-29-1.jpg 


■「ちょっとお聞きしますが、隣市の私に、なぜ?ご連絡頂いたのでしょう?。なぜ?私が代表ってことになってるのですか?」

『選挙管理委員会に聞きましたら、◎◎さんが代表だとお聞きして、電話番号を教えて頂きました』

「それ、何かの間違いでしょうよ(笑)」


「とにかく、ご用件は解かりましたので、該当地区の者に連絡して撤去させます。ごめんなさいね」

「あ、それから、今後も同様なことがありましたら、あなた方で撤去して頂けないでしょうか」

『よろしいのですか』

「お願い出来るのなら、そうして下さい」

『じつは今回も撤去しようと思ったのですが、ご連絡を先にと思いまして、お電話した次第です』

「ありがとうございます。ポスター貼りは必ず誰かの許可を得ているはずですが、何かの間違いもあるかと思います」

「そうした時は、見付け次第、撤去してください」

「そして私に連絡頂ければ、撤去物を取りに行かせます」

『そのように言って頂ければ有難いです』

『じつは、他政党の方から苦情を受けましてね・・』と、ちらっと本音も話して頂きました。


■ちなみに、この他政党。

かつては所構わず、無断でポスター貼りまくっていた党です。

どことは言いませんが(笑)




そして先程、選挙管理委員会に電話で問い合わせました。

「なぜ?私が県代表なのか?」と(笑)


■調べて頂きましたが、市代表として登録されてはいるようです。

それは7年前に了解の元ですから、それで構わないのですけどね。

正直、7年前の登録が、今でも生きているとは思ってもいなかったです(汗)


「では、隣市の代表者は□□さんになってますか?」

『そのようになってますね』とのことで、理解しました。


■「隣市の土木建築事務所さんには、私が県代表と答えられたようですが、間違いですよね?」

『ちょっと待ってください』と、ペラペラ紙をめくる音が聞こえて来ます。

『◎◎さんは、市の代表となってますが・・』

「もしかして、私の市が一番上にあるとか?」

『そんなことはないですが・・』

「解かりました。何かの間違いでしょうね」

「あ、そうそう。これ苦情ではありませんからね(笑)、確認の電話ですので、時間を取らせてごめんなさいね」

『解かっています(笑)』

と、どこにでも電話する私です(汗)




【電話で、いじめ相談】

電話と言えば、もうひとつ。

◆いじめ解決率9割!「いじめから子供を守ろうネットワーク」とは!?
https://youtu.be/q_YHWmunx8w



■私は[いじ守]初期から関わって来まして、初期から5年間掲示板に居ました。

掲示板で、いろんな人達の相談に乗っていました。

「この人には、掲示板だけではなく、電話相談に乗ってあげないと」と思える人には、そっとメルアドを付けていました。

メルアドに気付いた人達から相談が入っていました。

仙台から熊本まで17都道府県の55件までは憶えています。

その中で、いざわ代表が言われている通り、9割の50件は解決して来ました。

残りの5件程度は、親御さんが『様子見』で動かれませんでした。


■で、[いじ守掲示板]のAさんにアドバイスを書き込んだ処、『お待ちしていました』と書かれてビックリ。

HN[おさやん]という人ですが、・・なんと言うか(笑)

ま、それは置いといて。

掲示板からは解からないものですね。

Aさんと、おさやんさんは、すでに学校と向き合われていました。

で、私が加わり、3者がタッグを組んで解決に導いたことがあります。


■初期の初期でしたからね。動画のような解決方法はありませんでした。

私達なりに模索して、解決への方法を取って来ました。

そうして集まった5000件にのぼる解決事例が、道筋となったのでしょうね。

動画で説明されている通りにやれば、いじめ解決への道は早いです。

ほんとうに、1日で解決したものもあります。




話を戻しますが、3者タッグを組んだ私達でしたが、私は電話専門です。

遠過ぎます(笑)

ですから私は、学校へ電話を掛けまくりました。

Aさんと、おさやんさんは、学校と直接交渉です。

ですが、なかなかラチが開かず、学校側に「ひとまず掲示板を見てくれ」と伝えました。

掲示板には、学校が隠し通したい話が書かれてありましたのでね。(私が書きました:笑)

その直後から急展開です。

学校の態度が変わり、解決となりました。


■[いじ守掲示板]に関わった私の最初の解決事例となりましたが、いじめ解決は単独では難しいです。

個人では、まず無理です。

この時は、[直接交渉するAさんと、おさやん]、[電話交渉する私]と、3者が共同していましたので、[いじ守掲示板の書き込み]が効きました。

『証拠が揃って逃げられない』と思ったのか、学校側は態度を180度変えて来ました。

3者の連携があったからこそ、そういうことも出来ました。


私の他の件も、すべてそうです。

私ひとりで解決に導いたものは、1件もありません。

最低でも、お母さんやお父さんと連携取りながらです。

私が、その地にいなくても電話がありますからね。

親御さんには頑張ってもらって、[学校と直接交渉]して頂きながら、私は[電話交渉]でバックアップしていました。

それだけでも解決への道は開けたのですよ。


■今は、相談専用にしていた電話が使用出来なくなり、殆ど相談は来なくなりましたけどね。

今の私に出来る範囲内で、細々とながら続けています。


それにしても、おさやん!相変わらず頑張ってるね!

・・誰のことやら(笑)




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題] | 2016.02.29(Mon) PageTop

◆【雑感:雑記】TVニュース・メモ


以下は、10日前の発熱時にTVニュースで見た時のメモです。

本来は、これに私なりの感想を書いてブログアップするのですが、時間も経っていますので当時のメモだけにします。

手抜きでごめんなさい。 m(._.)m





【悟りと気付きの違い】

・悟りは、生涯追求し続けるもの

・殆どの場合は[気付き]であり、[気付き]の積み重ねが[小さな悟り]となるが、それすらも悟りの土台・基礎に過ぎない。



【宗教対立よりも、宗派対立の方が酷くて醜い】



【北朝鮮の脅威】

・原爆と水爆、さらに中性子爆弾

・将軍様の力は本物か

・今後予想される将軍暗殺とその後



【安倍降ろしに、財務省と勝栄二郎の影。さらに】

・甘利大臣は財務省に貶められた。(もちろん贈収賄はいけない)

・勝栄二郎氏は、未だに財務省を影で操る人物

・財務省を動かせるほどの権力の背後には、サタニスト達の存在がある

・サタニストは、金資源、石油資源、水資源を掌握して来たが、今は情報資源で世界を操っている



【通過スワップ】

・円の信用力高騰

・人民元の信用力低下

・ウォンの信用力は?



【北朝鮮のミサイル部品の7割は日本製か?】

・万景峰号経由

・ミャンマー経由

・中国経由

・イラン経由



【中国・北朝鮮・イラン・パキスタンの軍事同盟が現実化?】

・この4カ国軍事同盟が、世界の脅威の根源




【アメリカの悲劇はオバマ大統領を選び、大統領がノーベル平和賞を戴いたことから始まった】

・政治家はノーベル平和賞を辞退すべき

・ノーベル平和賞は、オバマ大統領を縛り付ける役目を果たした



【トランプ候補はアメリカの救世主になり得る人!ひいては世界の安定化へ】

・トランプ候補の日本批判は、『日本よ、そろそろ自立しろ』とのメッセージ

・過激な発言の中に含まれる人類愛



【日本は、そろそろ核や米核兵器部隊を部隊ごとレンタルすべき時。米が拒むなら日本独自の核保有を】

・日本の海軍力は、米海兵隊にも劣らない

・戦略核や戦術核を積める潜水艦の強化と充実

・米国が、核保有国として最も恐れている国は、日本

・ゆえに日本は絶対抑止力としての、核レンタルや米核兵器部隊のレンタルを





【追記:2016.02.19.】

↑上の話は、1月15日の大川総裁先生の御法話未拝聴のまま書いています。

ネット上に、【?】と思える書き込みが見られたので、確認の為、今から拝聴に行きます。





1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題] | 2016.02.18(Thu) PageTop

◆【過去記事移動:天国と地獄は、この世の中にも存在する】世界は天国と地獄のせめぎ合い。天上界は人類幸福思想で。地獄界は泥棒略奪戦争で。


 
 【過去記事移動】 過去、このブログに書いている中で、今でも使えそうな話を移動します。 - 2013年3月16日のブログより。


近所に、デイ・ケア・サービスに行っている人が居る。

土日だけ自宅に帰って来るようなので、月~金は留守のようだ。

昔は将棋などをして交友もあった人だが、今は顔を合わせた時話をする程度なので、家庭の詳しい事情は知らなかった。


■先週の土曜日(2013.03.09.)、その人が自宅に帰ってみると、家の中に4人の若者が侵入していたらしい。

男3人は電気ストーブに当たり、女1人は風呂に入ってた居たらしい(笑)

警察に連絡している間に、現金と預金通帳を持って逃げたようだ。

その盗人達は、留守宅の下見をしながらの窃盗常習犯と思える。

その事を昨日知った私は、近所にふれ歩いたが、なんと!近所のあちこちで同様の事があると聞かされた。


近所の人達の話では、その盗人達は中国人だと言う。

このブログにも何度も書いたが、私の家も4度の家宅侵入を受けている。その者達も中国人だと突き止めている。


■今は、私の友人・知人達は定年退職をしているので、警察や市役所に行っても、見知らぬ人達ばかりなので報告するだけだ。

その点では、やりにくくなったと言うべきか、気楽になったと言うべきか(笑)



3月12日の【竹島の日】には、最寄りの警察署に行き、「個人街宣をする」事を伝えて、市内の数ヶ所で、独り街宣を行なった(笑)

その日は、なぜか?あちこちでパトカーが走って居たので、嫌~な感じを受けたが(笑)、私をチラッと見るだけで通り過ぎて居た。

おそらく【竹島の日】と言う事で、何かあってはいけないので、全パトカーが市内巡回をしていたのだろう。

それほど、普段と違って、パトカーが沢山走って居た。

むろん私は指導も何も受けはしない。

至極、まっとうな話をしているに過ぎないし、何等の違反もしていない。


■そして、私は知らなくても、相手の警察官は私を知って居る可能性もある(汗)

【いじめ問題】や何やかやで、市民として出来ることは警察に協力して来たし、友人・知人達が居る時には協力もして頂いて来た。

友人・知人達が退職しても、私を知っている人達も居られると思うし、今でも市民として出来る事は協力しているので警察署に行く事も少なくない。



20数年前までの山口県は【日本一住みやすい県】だった。(ちなみに昨年は、全国3位)

人口に対しての、医療環境、住宅環境、教育環境、犯罪率、自然災害率・・等々を割り出して、【日本一住みやすい県】だった。

今でも全国3位と上位に位置しているが、私の子供の頃とは比較にならないほど、犯罪は多くなって居る。

決して差別をする訳では無いが、その犯罪の内のかなりなものが、外国籍の人達に寄って為されている。

私の地域で起きている窃盗事件の殆どが、中国人だと解っている。

今はまだ、窃盗だが、強盗になり出したら怖いものがある。


そうした日本に潜伏している中国人が、やがて北京の号令の元、【一斉蜂起】するかも知れない。

以前にも書いたが、すでに、どこから狙うかは決めていると思っている。 警察・役所が手薄な土・日・祝祭日を狙うだろう。

そうして私は、いろんなシュミレーションをしている。

散弾銃には適わないが、ナイフや棒切れだったら負けやしない。




■最近は近所でも、あまりにもそうした被害が多いので、先程まで【自警団を作ろうか】と話し合っていた。

学校帰りの子供を守るお年寄り達よりは、私達は若いし力もある。

昔の青年団がやっていたような【火の用心、カチカチ】のように、せめて自分達の町内くらい安全なものにしたいのは、みんなが同感だ。


■私達団塊の世代には、柔道、空手、剣道、相撲をしていた者達は結構居る。

今の私でも、木刀があれば一撃で相手を倒して捕まえるだろう。

さすがに【飛び道具】には適わないが(笑)


■日本侵略を狙っている者達は、そうした【飛び道具】の銃器類も、何十年も掛けて、密かに準備していると思っていた方がいい。

ミサイルだなんだのと言っても、最後は結局は、地上戦になる。




■100年以上前に、上海(多国領)・香港(英領)・マカオ(ポルトガル領)になった大きな理由は、地上戦に弱かったからだ。

一方では、日本に来たアメリカのペリーやハリス、ロシア皇帝の命令で来たプチーチャン達は、【日本のサムライ】を怖れた。

地上戦となった場合、そうとうな犠牲を覚悟しなければならないと悟った。

だからこそ日本に対しては、【通商条約】を求めて来ただけだった。




この時の【日本のサムライ】は、今だったら【核武装】だろう。

1970年代の米ソ緊張時の北海道自衛隊には、私の幼馴染みが居た。

彼曰く、『◎ちゃん、日本には核爆弾があるんだぞ』と、具体的な話まで聞いている。

当時から非核三原則は名ばかりのもので、「米軍の核の持ち込み」もあったし、日本も戦術核(弾頭)は持っていた(・・と、聞かされている)

だから、それをロケット弾に装着するだけで、簡単な核ミサイルだ。

日本は、今でも、その程度の技術は持っているし、すぐにでも出来る。




中国は、ロシアから航空母艦(ワイヤリグ)を購入・修理して運航しているし、それをベースにして中国製航空母艦を建造中だ。

完成すれば脅威にはなるが航空母艦だけでは何もならない。

【艦隊】になるほど、航空母艦を囲む戦艦や潜水艦が要る。


日本のシークレット・サブマリンが、海底から狙うだけで、簡単に航空母艦は撃沈してしまう。

だから日本は、この世界一のシークレット・サブマリンを、もっと高性能にして、数を増やせばいい。

北京の地下まで壊滅出来るほどの潜水艦隊を整備する事だ。

それもまた、【抑止力】だ。




また日本には、小型の航空母艦があるし、メガ・フロート(浮ぶ大地)の技術も持っている。


◆日本の「メガフロート」開発計画、中国メディアが軍事利用の可能性を警戒

0403b.jpg      image001.jpg


動かす事は出来るが、割れやすいので、品質の向上化を待っていた。

今では実用化に至り、中国が軍事利用を怖れる程になった。

これもまた、【抑止力】だ。


こうした日本の【隠された抑止力】は、ドンドン公開した方がいい。

戦争になっても大丈夫」では無く、戦争にならないように【日本の本当の力】を示すべき時だ。




そして、そろそろ日本製UFOも作る時だろう。

アメリカや各国は、それぞれに宇宙人UFOを隠し続けて来たが、ポツポツと宇宙人情報を公開し始めた国もある。

もちろん中国にも、人間にとって非常に危険な宇宙人が入って、宇宙技術供与をしている。

それに対抗する為にも、世界の国々は、宇宙人やUFOを【秘密にせずに】、情報公開するべき時が来ている。


■日本には、そうしたものが無いので、アメリカ・英国・ロシア等と連携して、反重力制御や時空間移動を地球製のものにすればいい。

これらを平和利用すれば、飛んで来るミサイルも瞬時に別空間にワープする事も理論的には可能だし、実際に出来ると思っている。

軍事大国を目差す国が、いくら核ミサイルを発射しても、上空で消えてしまえば、何等の意味も無い物となる。

そしてそれは、決して夢物語では無い。ただし、今の地球人には無理だ。

どうしても宇宙人の知恵が必要となる。




その点、〔幸福の科学/幸福実現党〕には、数多くの宇宙人達の味方が居るし、米・中・英・露に隠れて居る宇宙人を遥かに凌駕する。

それは、幸福の科学が天上界や宇宙界と繋がっているからであり、

幸福の科学/幸福実現党の行事には味方のUFOが、「私達も応援していますよ」と、わざわざ姿を現わして、お披露目する事も少なくない。


世間では〔宇宙人、UFO〕は奇異な事でも、〔幸福の科学/幸福実現党〕にとっては普通の事だ。




また、中国・習近平の魂の出身地は、この地球では無く、地球を侵略に来た凶悪な宇宙人のレプタリアン星人だ。

本来の姿形は爬虫類であり、10年以上前のアメリカ映画の【V】に出て来る宇宙人がレプタリアン星人だ。

肉食で人間さえも食物に過ぎない。

このレプタリアン星人以外の宇宙人は、危険な存在では無いが、だからと言って人間の味方とは限らない。

だが、幸福の科学とは、地球創世記から縁があるので、味方は多い。・・このあたりを説明すると、わけが解らなくなると思う)


宇宙人達は【信仰心が厚い】ので、幸福の科学/幸福実現党とは、他のどんな宗教よりも強い縁がある。

つまり、幸福の科学の本当の姿は、宇宙と深い関係にある宗教だ。

今は、幸福の科学本来が持ち得る力の、1%にも満たない中で、世の中を変えて行こうとしているので、厳しさや時間差がある。


本来ならば、中国レプタリアンなど、比較に値するものでは無いが、

世界中が、【唯物・無神論。中身空洞の形骸化した形だけのもの】になっているので、人類史上、極めて危険な状態にある。


もしも、【幸福の科学の教え】がこの世から消えたならば、やがて【地球意識】が浄化を始め、現代文明は跡形も無くなる。


■私達が諦めれば・・、この世の何もかもが終ってしまう。

絶対にそうさせない為に、中国レプタリアンに攻められないようにと、地球的正義の真に正しき教えを私達は奉じて行動して居る。




■幸福実現党にしても日本中のマスコミが、日本を危機に落とし込む民主党政権を作ろうとしていたので、立党した政党だ。

マスコミにとっては、正反対の政党が出て来たので、【幸福実現党を完全無視して、国民に一切知らせない】方法を取った。

それは今なお続いている。

自分で自分の首を絞めているとは知らずに、【未だに、民主党の返り咲きを夢見て居る】ようだ。


だから、国民の皆様の目に幸福実現党の人達が、マスコミを通して見られるようになった時、日本は変わる。

国民に希望の火が灯る。

中国・北朝鮮の問題も、心配無くなる。

もしそれが、10年先では遅い。


中国・習近平の動きは素早い。 尖閣諸島に目を奪わせて置いて南沙諸島制圧を狙っている。

その動きを正確に察知出来るのは、〔幸福の科学/幸福実現党〕しか無い。

これからはスピード&時間の勝負になる。


人類は、天国を取るか、地獄を取るかの【二者択一】しか無い。

今は、地獄を希望している人が非常に多い。そんなに地獄が、好きなのだろうか?




仕事とて、やはり、選ばなくてはならない。

【人の為になる仕事、人を向上させる仕事】なら天国的だが、人を堕落させる仕事】は地獄へと通じている。


■昔、私の同級生の本屋へ行った時、ドアを開けるなり、みだらな雑誌が並べてあった。

「この類の本は、奥に持って行くか、棚の上に何べたら?」と言うと、機嫌が悪くなって『置くのは私達の勝手。買う買わないはお客次第』と言う。

『買った方に責任があり、売る者には責任は無い』と言う。

「それは違う」と、いくら言っても聞く耳持たず。

『こういう類の本があるから本屋として残れる。文句があるのなら来るな!』と言うので、その後は行かなくなった。

その直後から、その店は不幸続きの連続で、倒産してしまった。

私にとっては、こういう事は珍しく無いが、そのあたりの事は別の機会があれば語る事にする。


要は【人を堕落させる仕事には、悪魔が応援している】と言いたい為だ。

泥棒とて同じこと。正常な人間のする事では無い。

また、国民減らしの目的で軍事拡張する国には、そうした考えに同調する凶悪宇宙人が、姿を人間に変えて入っている。

人殺しをしては、その人肉を食している。

そうした凶悪宇宙人を日本はもちろん他国に入らせるわけには行かない。

地球から追い出さなくてはならない。


だけどもそれは、今の日本政府はもちろん、アメリカ・オバマ大統領でも無理だ。

世界がひとつにならなければ実現しない。

その為に、〔幸福の科学/幸福実現党〕の存在がある。


残された時間は4年。どんなに長くても10年。

その間に、地上の人達は、天国を選ぶ事が出来るのだろうか。




↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ          人気ブログランキングへ          


Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題] | 2016.02.15(Mon) PageTop

◆【雑感】法人番号で、わかる。つながる。ひろがる?マイナンバー +α


【法人番号で、わかる。つながる。ひろがる。マイナンバー】

■マイナンバー通知が届きました。

10年以上、休業届けを出したままの営業実績の無い、会社まで(笑)

こうしたものが届きます。

20151127-1.jpg     20151127-2.jpg    20151127-3.jpg 


これを見たら、個人番号は会社に管理され、つながれ、ひろがる目的のものと、解かります。

何をつなげて、ひろげるのでしょうね。


■これは、個人マイナンバー通知と違って、郵便ポストにポンと入れてありました。

その程度のものと解釈して、中身の一部を公開しました。




【思い出話】

■最近、1970年初頭のS会信者達の言葉を思い出しました。

政治で日本を変えて、皇室を折伏して入信させる・・です。

あり得ない話ですが、当時の彼等は本気でした。

ひとりふたりじゃありません。親族信者を含めた大勢の人達から聞いた言葉です。

今では爆弾発言かも知れませんが、当時のS会信者の人達が公言してはばからなかったものです。

世代は代わりましたが、かつて、そうした人達が居ました。

あの頃の彼等の目的は、目指すものは何だったのでしょうね。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Theme [独り言] Genre [ブログ]
Trackback [0] | Comment [2] | Category [社会問題] | 2015.11.28(Sat) PageTop

◆【雑感+α】健康福祉厚生という名目で、知らない内に?


[与国秀行]氏が語られている話のかなりの部分は、忘れる程昔から知っていました。

知識としては入っていたので、「ほほぅ、語り始めた人が出て来たか」と、再認識する形で聴き入っていました。


■だが、一昨日(11/17)のこと、よく考えてみると【そんな話をなぜ?知っていたのか?】と(汗)

間違いなくお客からなので、Aさん、Bさん、Cさん・・と辿りながら、振り返っていたら、「T君だ!」と思い出しました(汗)


■T君(当時30代)は20年前のお客で、私が[幸福の科学]に入信したことで、お客⇒議論相手に変わった男です(笑)

日本の大学を出てオーストラリアの大学に行き、日本に帰っても通信制大学に通う・・、勉強好きな変わった子でしたね(笑)

オーストラリアでキリスト教の洗礼を受けたようで、当初はかなりなものでしたね。

入信したばかりの私に、議論をして来るのですからね(笑)


■彼に言わせると、こういう議論(ディベート)は『オーストラリアでは当たり前のことで、日本がおかしい』とのことでした。

彼が来ると、徹夜は覚悟しなければならなかったです。

ジャッジメントがいないので、収まらないのですよ(笑)


だけどもそれは、【お互いにお互いの技量を尊重していた】から、出来たことでした。

私はT君の幅広い見識に敬意を評し、T君も『日本に帰って、こうした会話が出来るのは私だけ』とのことでした。

そして、学校の授業内容や簿記等を『教えてくれ』と来ていました。店内で並んで実践簿記の勉強しましたよ(笑)


■また、通信制大学の必須科目のビデオを持って来て、『意見を聞かせて欲しい』と言います。

東大教授のビデオ講義でしたが、見ながら不快な違和感を憶えました。

「これって中学生レベルの内容だよね。それをわざわざ自作の専門語を用いて難しくしている」

彼の期待通りだったようで、『この専門語を憶える必要ある?』

「ない」

「だいたいなんで?韓国の建築様式を学ばにゃならないのか、わからん」

「この間取りなんか日本様式だし(笑)。もともとは日本の建築技術じゃないの?」

二人の意見は一致し、その後彼は大学事務室と大喧嘩したそうです(汗)

結果は1年留年に(笑)

だが彼の目的は単純に学びなので、留任など関係ないことでした。


■この頃はまだ、この東大教授の思想が変だとは思っていませんでした。気付きませんでした。

「おかしな教授だな」とは思っていましたが(笑)

今になれば、よく分かります。


■このT君には、面白いエピソードがあります。(彼には不快かも(笑))

当時の主な会話は[幸福の科学 vs キリスト教]でしたが、彼は次第に[幸福の科学用語]を使っているのですよ(笑)

このあたり、【善いものは善いと認め合う】似た者同士でもありましたね。


■とにかく負けず嫌いな子でしてね、腕相撲をやりました。負けました(笑)

私は脳破裂してはいけないので(笑)、真っ赤な顔になるほど力を入れることはせずでしたが、T君は唸りながら顔真っ赤でフラフラです(笑)

「負けた。でも私が君と同じ年だったら負けやしないと思うよ」と、真っ赤な顔してる彼に負け惜しみを言うと(笑)、『僕もそう思う』と素直に認めます。

なんでもオーストラリアでも彼に勝つ者はいなかったそうで、『今までで一番手強かった』と(驚)

そうして2周りも歳が違う私に、いろいろ挑んで来るのが面白くて(笑)


当時、T君の口から出るのは日本批判と『オーストラリアではこうだよ』ばかりでした。

とうとう、「そんなにオーストラリアが良いのなら、オーストラリアに移住したらどうか」と、言ったことがあります。

そしたら、『僕は、日本に帰ったらオーストラリアが良く見えて、オーストラリアに言ったら日本自慢をして、こうした言い合いになる』と言います(笑)

「好きにせい(勝手にしろ)」(笑)


そうした議論の中で、彼の口から聴いたのが、世界の闇(イルミナティ、ロスチャイルド等々)でした。

内容は記憶していても、誰から聴いたのかをすっかり忘れていました(汗)

つまり、そうした闇は【今に始まったことではない】ってことです。

【外国では知る人は知っている存在だ】と言う事です。

日本が異常なのです。

・・20年前の彼が言ってた言葉です。


■私自身は無知な人間ですが、こうしていろんな角度から教えてくれる人達がいる事に、あらためて感謝しています。

でも、[与国秀行]氏の話が好きそうな者・・私の周りには結構いるんですよねぇ(笑)

ま、今まで(強制的に)見せられ聞かされて来たので、お返ししますかね(笑)



■この記事は一昨日書いたものですが、昨日仕事に取り掛かろうと思ったら、常連客のお出まし。

この時の人は、10歳歳上の人です。

最初は、「もう難しい話をしても理解できないだろう」と思っていましたし、実際に『あんたの話は難しくて』と言われていました。

ところが最近は、レベルが上がっている感じです。いや、確実に上がっています。



■昨日も結局[与国秀行氏のYouTube]を見ることになり、(無理だろな)と思っていたら、じっと目を凝らして集中して、頷きながら聴いておられます。

『そうじゃ!そうじゃ!この人の言うとおりじゃ!』と言われながら・・。

2時間ものでしたので、30分立った頃、私の方から「今日はこの位にしよう」と、止める有り様でした。

そして、『さて、今日の講義はここまでじゃ』と言われながら帰られました?

誰から誰への講義だったのでしょうね(笑)

私も、かなりな話もしていましたし、言われもしましたし(笑)

ただ一点、その人の口癖は、『こうした話が出来るのは、あんたしかおらん。歳下のあんたから得られるものがあるのが嬉しい』そうです。

・・ほとんど雑談しかしていないのに、なにか、だんだんと真理に近付いているような(笑)

ま、仕事のオジャマではありますが(笑)、私の縁有る人だと思って、お相手してます。

同級生達が少しずつ減っていますが、こういう方が増えて居られるので、私も頑張らなくては。




■以前、そうした私の周囲の人から借りた本に、ユダヤ、アシュケナジー、シオニスト等の話が書かれたものがありました。

ユダヤ人では無い、ユダヤ教徒の人が書いたと言われている[シオンの議定書(プロコトール)]の一節に、目が行きました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%AA%E3%83%B3%E8%B3%A2%E8%80%85%E3%81%AE%E8%AD%B0%E5%AE%9A%E6%9B%B8

それが当ブログで何度も書いて来た、【視覚文化戦略】です。

目に入る情報は、耳の数百倍と言われています。

それを最大限に利用する方法が、100年以上前に書かれていました。


その部分を要約すると、以下のようなものです。

------------------------------

その国を我がものにせんとするならば、視覚文化を植えつけよ。

考えられない国民にするのだ。

そうすればその国は、自ずと我がものになるであろう。

------------------------------

この場合の視覚文化を今に置き換えれば、TV、新聞、雑誌・週刊誌等のマスコミ分野。

漫画、DVD、スマホ等の若者分野にあたるでしょう。

(美術要素の高い絵画は違います)


そして今、この殆どが、ある秘密団体の管理下に置かれていたり、これから置かれる予定のものです。

特にスマホは狙い撃ちです。

スマホ内の情報が、全部抜き取られてしまいますし、すでにそうなっている事もあります。

IDやパスワード・・関係ありません。もともとの機器の中に組み込まれているのですからね。

『そんなバカな!』と思う人ほど、大切な情報が抜き取られているかもですよ。

例えば被写体を写しているつもりが、自分を写して送信しているってことが、当然のようになるでしょう。

スマホそのものが、監視カメラに代わりになるでしょう。

誰かを監視するのでは無く、知らない誰かに監視される目的で。


■さらには、昔は宇宙人が使っていた人間の体内に埋め込む監視チップが開発製品化・使用されています。

日本人は、意外とこの事実を知らないのでは?

以前は、米粒大のマイクロチップだったのですが、最近は注射で体内に埋め込めるメガチップが開発されました。

とりあえずは、「認知症(行方不明)対策」、「米軍兵士の安否確認」、等々の福祉目的だと言われています。


米国民全員に埋め込んで、国民の安全を守る・・オバマケアの本当の目的だとも言われています。

当然、問題視する人達も多いのですが、この流れは続いています。


■また、この流れに添ってある国の人が、[ある物質]を入れて自在に操つれるチップを特許申請をしました。

審査段階で「非人道的すぎる」と却下されましたが、闇市場に流れるやも知れません。

つまり、自分で知らない内に監視衛星で居場所を知られる時代になりつつあるのです。

[ある物質]で、心臓マヒにされてしまうかも知れないのです。

怖い話です。

でも世界は、そうした監視社会へと向かっています。


■すべては、最初は【無関心・自分勝手】から始まります。

その
【無関心・自分勝手】を作るのが、視覚社会です。

視覚社会の特徴は、【深く考えない】のです。

・・考えることが出来ない、しないのです。

正常な思考力を低下させるのです。

それが、今の時代でもあります。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Trackback [0] | Comment [3] | Category [社会問題] | 2015.11.19(Thu) PageTop

◆【コメント3つ】替え玉、イルミナティ、フリーメーソン、ロスチャイルド・・なんとまぁ。。


今のところ、ブログ記事を書けるのは、せいぜい1週間に1度の数時間です。

1日殆ど、手が空きません。

だから、目と耳で世間の情報を取っています。

そうした中、ここ2日に、コメントしたブログやYouTube動画を載せます。

手抜きです(汗)




以下のYouTube動画は、悪意に満ちているので見られる必要はありません。

気持ちが悪くなるだけです。

ただ、こうして【日本を貶める人達が存在する】ことだけは、知って置いて下さいね。

大切なことは、【真偽を見抜く力】ですよ。


◆日本の真相1 明治天皇すりかえ
https://www.youtube.com/watch?v=qZve5N-_doI

◆1孝明天皇を伊藤博文(長州)が殺すところから始まった
https://www.youtube.com/watch?v=wdt_vJI5Reo

[概要]
歴史観を変えなければいけない。
明治憲法に天皇不可侵を盛り込んだ伊藤博文の意図がわ­かる。
「韓日友好」を叫ぶ右翼の説明がつく。
あやつられた日本・明治維新から西洋の操り人形が権力の中枢に居るのだ。


[要約]
山口県田布施は、朝鮮部落のフリーメーソンの集まり。
そこから日本を動かす総理大臣達が出ている。
彼等(伊藤博文達)は、孝明天皇を殺して松下村塾生の男を明治天皇にした。


[私のコメント:上]
大内氏の直系子孫です。
400年前に滅んだと言われていますが、そうではありません。
奥方が京都公家でしたので、奥方共々逃げ延びています。(史実として残っています)

そして200年後に、萩に住む者達と三田尻干拓の者達とに分かれました。
萩に残った人達から明治維新期に出たのが、今の【花燃ゆ】の主人公達です。

杉寅次郎、乃木稀典、玉木文之進・・等々。
彼等は血縁的には、400年前の皇室の血を引いていた者達です。

玉木文之進の思想は、杉寅次郎(吉田松蔭)に受け継がれ、弟子の伊藤博文・高杉晋作等、松下村塾生達に受け継がれます。

彼等の考えの基軸となるものは【尊王】です!

私もまた、3歳の時から儒学を教え込まれました。
そして、【尊王と神国日本】であります。

ですから、明治天皇すり替えなど、する由もなく、【絶対に】あり得ません!

明治期まで生き延びた志士達が、【気づかぬはずも無いこと!】
笑止千万。

またついでに言うと、大内氏の先祖は百済の琳聖太子では無く、日本の皇室出身です。
だからこそ、400年前の戦乱期に京都公家を大量に迎えたのですよ。
京都公家を奥方に出来たのですよ。

・・結局、この大量の京都公家達の警護問題で、内紛から、滅亡に至ります。
でも、前述のように京都公家達は生き延びているのですよ。
当時、身籠っていた奥方から生まれた子供が、[環丸]です。
その[環丸]の[環]から、[玉木]の名を名乗ったのです。

大内の最盛期は北九州・中国5県・淡路島・紀伊半島を所轄していた強大武将です。
そうした武将が、天下国家統一に目を向けなかったのは、皇族関係者だったからです。


[結論]
よくもまあ、こんな大嘘話を創れること。

【皇室を貶める意図】が有るとしか思えません。



[私のコメント:下]
オオウソです。

根拠にされている写真は私も持ってますが、居るはずの無い人達が居るので、おそらく芝居の集合写真です。

普通に考えても、明治維新ヒーローの大集合って【有るはずも無い】こと。

こうして日本を貶める人達がいます。


■この写真は、明治維新期のヒーロー達の大集合です。
写真を探しましたが見付かりませんでしたので、おおまかな話をします。

坂本龍馬、勝海舟、西郷隆盛、伊藤博文・・もろもろの集合写真です。
30人以上いますが、【有り得ません】。

なんたって当時は、1枚の写真に30分掛かっていた時代です。
30人以上の人間が、【ピクリとも動かない状態でないと、撮れない】のです。

②西郷隆盛は【明らかに顔が違います(笑)】し、他の人達もそうです。
その中の一人を、明治天皇に仕立て上げたと。
理由は【顔が似ているから】だそうです(笑)

私の家には、明治期からの写真が残っていますが、こんなに鮮明で綺麗な写真は、ありません。
黄ばんでボロボロです。
父親の昭和10年代でも、集合写真は【顔すら、分かりません】。


【結論】
要するに、証拠写真とされたものは、【昭和近年に入って、芝居小屋で撮られたもの】だと思えます。

見れば分かります。

それを、明治維新期の写真に仕立て上げ、陰謀説を振り撒く人達こそ【現在の陰謀者】でしょうよ。



【追記:2015.11.17.】

これ等の替え玉説は大嘘ですが、ふと、ある事が思い浮かびました。

それは、ペリーやハリスと天皇を対座させるのは危険と思った人達が、替え玉を置いたことです。

そうしたことは、あるやも知れません。

ペリーやハリス達には、似ていれば分かりませんからね(笑)

・・そうしたことが閃きました。




■また以前から、『田布施フリーメーソン』だの、『悪の巣窟イエズス会』だの、『イルミナティ、ロスチャイルドがどのこうの』と、長編コメントを頂きました。

波動的に粗いものばかりで、世に出せる話では無い為、私信として受け取って来ましたが、敢えて表示は避けました。

【イルミナティ、フリーメーソン、ロスチャイルド】は、私も知ってはいますが、この世の闇の部分なので、人々の心境が上がるまでと書かずに来ました。

その極く一部を、前回書きました。それだけで、海外からのアクセスは・・(笑)


■私は、耳が空いている時は、[YouTube]の時事放談を聞きながら作業をしています。

世間的な一般ジャーナリスト達の話は、私の知らない情報を聞き取っているだけで、一度訊けば良いです。

ただの情報集めの手段です。


■ところが[与国秀行]さんの話は、【聴き入らねばならなくて】、さらには『こちらの映像をご覧ください』と、無言シーンが続きます。

耳だけでは見えません(笑)

なので、全体を見ようとすると、仕事の流れを止めなければ(笑)

そして、「これはすべて本当の話だけど、ここまで語って良いものだろうか」と、自問自答していました。

そうした1年でしたね。


◆我々は奴隷であった!? ~日本人よ、アメリカ人よ、彼らが行う誘導に気づき、詐欺から目覚めよ!~
https://youtu.be/OM5wMG6G8sk


2時間超えの話ですが、HSの人は平気かと(笑)

でも、理解出来る人達は、そう多く無いのでは?


■例えば、今、このブログを読んで頂いている方々には、以下のことがお分かりでしょうか? ご存知でしょうか?

①表予算:一般会計予算(100兆円)と、裏予算:特別会計予算(400兆円)のうち、裏予算:特別会計予算(400兆円)の【収入源と使い途】は?

②欧米で破綻したマイナンバー制度を、日本で進める理由は?

米国兵には【監視チップ】が体内に埋め込まれています。(入隊検査時に埋め込まれます)
米国は、この【監視チップ】を米国民全部に埋め込む予定です。
(現在の米国人の3割は監視チップが埋め込まれています。自発的な人も居れば、知らない内に埋め込まれた人も居ます)
日本も、その準備のためのマイナンバー制度では?

③アメリカ国債の買い支え(合計300兆円)、中国への政府貸付金(毎年300億円、合計6兆円)は、どうするのか?

こうした話は、国民には知らされません。


以下は、一般会計予算(100兆円)と、裏予算:特別会計予算(400兆円)を合わせた、純計表です。

一般会計予算と特別会計予算は複雑に絡んでいて、分かりにくくなっています。

それを分かりやすくしたのが、以下の純計表です。

本当の予算規模 


この純計表から見えるものが、【日本は米国国債を買い支える為に、日本国債を発行している】という構図です。

アメリカ国債(合計300兆円)、中国への貸付金(合計6兆円)は、【返してもらえそうもない、お金】です。

それも毎年ですよ。

この対策議論は、どこも、どなたも為されていません。

それこそが、大問題だと思いますよ。


【訂正:2015.11.17.】
アメリカ国債(合計3.000兆円)は、(300兆円)の間違いでした。




別項にしようと思いましたが、こちらにまとめます。

■ある方のブログに、統一教会被害を書かれていましたので、私の店の客が受けた被害をコメントしたものです。

[私のコメント]
金額の規模は違いますが、私も似たような経験をしています。

20年前は、日曜日に集まる常連客が10数人いました。
ワゴン車に乗って、県内の店々を物色したり(笑)、和気合い合いでした。

そんな中に大学教授が来られ、ふたりの者と仲良くなりました。
いつも3人で県内散歩をしていたようなので、私も喜んでいたのです。


半年経った頃、その教授と出会い、驚くべく言葉を聞きました。
『私は、この半年間、何をやってたのだろう』という、後悔の言葉でした。

一緒につるんで居た者達に、500万円の機材を買わされていました。
これは、自分達が買いたくても買えない物を、大学教授に買わせて、自分達が楽しむというものでした。

その2人は、統一教会でした。
(当時の私の知識は、詐欺商法と合同結婚式くらいです)
1人は、私の店の予約品を買い取らず、『もうちょっと、もうちょっと』と引き伸ばして、50万円相当の不履行です。


とにかく私は、2人を呼び付けて事情を聞きましたが、『あの人が自分の金で買ったのだから、文句言われる筋合いは無い』です。
開き直ってるというか、【悪いこととは全然思っていない】のですよ。

これには私も頭に来ましてね。
「お前等!二度と店に来るな!絶対に店の客に近付くな!」と、激怒したことがあります。

店をやっている人間が、曲がりなりにも店の客に「店に来るな!」と言うのは、あり得ないことです。
私が、その言葉を発したのは、統一教会の2人、創価学会の1人だけです。


ちなみに[幸福の科学]を知ったのは、その時です。
なにせ私は、TV見ない、新聞は大見出しを読むだけで広告欄には目が行かない。滅多に本屋も行かない人間でしたからね。
知る由がありません。

この時、『ボクは幸福の科学です』と言う常連客が居たのですよ。
私が心情的に、一番信頼していた若者でした。
私が、こうした統一教会や創価学会と激しく(汗)やりあっているのを見て・・のことだったようですけどね(笑)

20年後の今、その時の2人の統一教会の者達は、どうなっているかは、ご想像に難くありません。


・・と、まぁ。一応は、あちこちのブログやYouTubeを見聞きしながら、情報としては蓄えています。

要らぬ情報は、ポイ捨てですが(笑)

私は姿が見えている時より、姿が見えなくなった時の方が、友人達に言わせれば、コワイそうです(汗)

そうかも知れません。

私がいろいろ言っている時は、相手に関心がある時ですからね。


■この統一教会と創価学会も、『知らぬは信者ばかりなり』の面が多く、気の毒な面もあります。

それだけ【情報】とは、大切なものなのでしょうね。



【追記:2015.11.17.】
前記の話と、後記の統一教会の話は別々のものに見えるかと思いますが、関連しています。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Trackback [0] | Comment [2] | Category [社会問題] | 2015.11.15(Sun) PageTop

◆【政治利用曲?】[戦争を知らない子供たち]から半世紀経ったが、[真実・真理を知ろうとしない大人達]になってやしないかな?


【政治利用される半世紀前のヒット曲】

■最近TVCMで、杉田二郎が[戦争を知らない子供たち]を唄っている。

ジローズ時代のオリジナルヒットは、以下のもの。

◆戦争を知らない子供たち(You Tube より)
https://youtu.be/5v1-df1PPpA

①戦争が終わって僕らは生まれた、戦争を知らずに僕らは育った、大人になって歩き始める、平和の歌を口ずさみながら

②若過ぎるからと許されないなら、髪の毛が長いと許されないなら、今の私に残っているのは、涙をこらえて唄うことだけさ

③青空が好きで花びらが好きで、いつでも笑顔の素敵な人なら、誰でも一緒に歩いて行こうよ、綺麗な夕陽の輝く小道を

※歌詞一部を記載しています。不適切でしたら削除致しますので、ご連絡下さいますよう、お願い致します。


■作詞の北山修氏の歌詞は、当時は[ド素人歌詞]と言われていたが、私は北山修氏の歌詞は好きだった。

確かに「青臭かった」が、下手な恋愛歌や反戦歌より余程マシだった。

この歌は、北山修氏らしからぬ反戦歌めいたもので、勝手に一人歩きしたのだろう。

歌詞の③こそが、北山修の歌詞だ。

これを見ると、当時は、ありのままを伝えただけで深い意味は無かったと思う。


やがて、この歌が(ベトナム)反戦歌の仲間入りに。

他のドギツイ反戦歌と違い、青臭さのある歌詞を利用して【純粋に平和を願う歌】として利用する人達がいた。

日教組と、その類だ。




【かつての「戦争を知らない子供たち」は、今は「真実・真理を知ろうとしない大人たち」になった】

北山修氏はどう思っているのか知らないが、杉田二郎氏には言いたい事があり、ブログに書くことにした。

◆団塊のジジイが「戦争を知らない子供たち」を歌う「通販生活」のCMが気持ち悪い
http://otowota.com/archives/2015/%e6%88%a6%e4%ba%89%e3%82%92%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%81%9f%e3%81%a1-%e9%80%9a%e8%b2%a9%e7%94%9f%e6%b4%bb-cm/


杉田二郎氏。

同世代の私達を巻き込まないでもらいたい!

それが偽らざる気持ちだ。


■あなたのTVCMは、この若者達が言うように見るに耐えない、聴くに耐えない。

ドローンとした顔と伸びない声で、歌を細切れにして唄う姿は、プロとしての自覚があるのだろうか?

その調子で【反戦歌】を唄わないで頂きたい!

上記の若者達ばかりでなく、私も家族も気持ちが悪い。


■この歌は、半世紀前の私達世代の[記憶遺産]で充分だ。

とっくの昔に、歌としての役目は終わっている。

そうした半世紀前の遺産が、今なお使われるのには困惑する。

迷惑だ!




【平和を唱えただけで、平和な世界になるのか?】

①戦争が終わって僕らは生まれた、戦争を知らずに僕らは育った、大人になって歩き始める、平和の歌を口ずさみながら

この歌を、中東で唄えるかな?

中東で『僕達は戦争を知りません』って唄ってごらんよ。


■[平和の歌]が何なのか知らないが、大人になって歩き始めて【何を掴んだのかな?】

その掴んだものは光り輝くものかな?

夢や希望をもたらせるものかな?

間違っても、暗黒思想を掴まないこと。


私も戦争は嫌いだ。

嫌いでも、「僕達は戦争を知りません」とは言えない。言わない。

知らなかったら、知れば良い。

たったそれだけのことだ。



②若過ぎるからと許されないなら、髪の毛が長いと許されないなら、今の私に残っているのは、涙をこらえて唄うことだけさ


■言って置くが、私は若過ぎる内から世間の風雨に晒された。

人生のドン底を味わったよ。

だけども誰一人として、若過ぎるとは言わなかったし、聞かなかった。

そんな私には、この部分だけは世間に甘えた歌詞としか思えない。


当時の長髪族の殆どは大学生。そして芸能界。

社会に出たら通用しない。

[いちご白書をもう一度:就職が決まって髪を切ってきた時、もう若くないさと、君に言い訳したね]とあるように、一部の者達の流行に過ぎない。


私は流行に流されるのが嫌いで、ずっと[7:3分け]だ(笑)

20歳の時は、丸坊主にアゴヒゲだったし(笑)

さすがに外に出ると、いささか目線を感じるので、すぐに伸ばしたけど(笑)


そんな私から見たら、[髪の毛が長いと許されないなら]なんてのは、社会に甘えているとしか思えなかったよ。

私の身辺の長髪族の殆どは、次男・三男達だったし。

そんな甘えん坊が、【戦争を知らない】と息巻いていたのじゃないかな。


半世紀経っても【戦争を知らない】ってのは、恥ずかしいことだ!

表に【平和】を掲げて、裏から不幸を呼び込むな!




【経験話:ある日突然、みんなの土地が強欲な人に奪われた】

■30年位前、痛い経験をした。ご近所トラブルだ。

ある日突然、近所の人が『この土地は私のもの』と宣言した。

とんでもない!その土地は先祖代々からの共有地だった。

だが、いくら説得しても話にならない。勝手にブロック塀を築き始めた。

まったく対話にならないので、私は裁判に訴える準備を始めた。

法廷に出たら、その土地は公共地・共有地である事が立証できるし、沢山の証人もいる。


ところが、母親が『近所トラブルは恥ずかしい』と泣き騒ぎ、私は何も出来なかった。

結局、共有道路は、その人に取られてしまった。

その人は、なんと!共有道路を自分の土地として登記してしまった。

泣いた人達は沢山いたが、全員が泣き寝入りだ。

私は泣き寝入りするつもりは微塵もなかったのだが、母親が暴れるので、どうしようもなかった。


母親の言い分は、『ご近所だから、話したら解かってもらえる』だった。

おそらく他の人も、そう思っていたのだろう。

よもや、先祖代々からの誰のものでもない共有道路を、取り込んで奪われるとは、思ってもいなかったようだ。

みなさん甘かった。

ブロック塀で囲まれて、大型車や消防車が通らない幅になってしまった。


■それも、私の父親が築いた工場の入口だ。

ブロック塀で塞がれては、自分の工場にも入れなくなる(笑)

それでも、『ご近所だから、話したら解かってもらえる』だ。


■結局、話しても無駄で解かってもらえなかった。

工場の入口をブロック塀で塞がれないように頼むのが、精一杯だった。

それから20年程度、チクチク嫌味を言われながら(笑)、工場を維持した。


10年前、その人の家を買い取った。余分な土地まで(笑)

すでに私有地として登記されているので、どうしようもなかった。


■なんのことはない。

平和裏に話し合いをしようとしていた私達は、泣きをみただけだ。

ご近所とはいえ、非道な真似をする家なので、裁判沙汰にしておけば勝てたのだ。


■この構図は、日本と中国の関係に似ている。

書きながら気付いた(汗)


■【平和】を叫んでいるだけでは、本当の平和は来ない。

先日のユネスコ記憶遺産にしても、そうだ。

反論すべき時には、断固として反論すべきだが、『登録しないで欲しい』とお願いした程度では、結果はどうなった?

後世の日本にとっての大打撃だろうが!


■もちろん、私が相手の土地を買い取ったように、逆転もあるだろう。

その間の日本人は、泣いて待たなければならない。

後手後手対策は、国民を不幸にしてしまう。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Trackback [0] | Comment [4] | Category [社会問題] | 2015.10.21(Wed) PageTop

◆日本文化を知らないユネスコ記憶遺産のデタラメさ!


【余談】

当ブログは、私個人で書いていますが、堰を切ったように書いている場合は、結構書かされている(笑)時もありますね。

過去記事を見ながら、そう思います。

書く時は、(自分で考えたもの)と思っているのですけどね(笑)


■机の上を整理していたら、いろんなメモが出て来ます(笑)

殆どは、時間の経過と共に必要ないものなので、ゴミ箱行きですけどね。

思い浮かんだ言葉をメモしている中に、時折こんなメモがあります。

2015-10-15-2.jpg

書いた本人が、見て納得しています(笑)




【父親の写真アルバムより】

①昭和12年兵:甲種合格一同
昭和12年兵:甲種合格一同-2

②娯楽室前で
娯楽室前で-2

③父親アルバムより
父親アルバムより-2


この写真と、以下の[中国の証拠写真]と比較してみて下さい。

2015-10-15-1.jpg 

偽物と判ると思います。




【日本人にとっての斬首は神聖なものであり、見世物ではない!】


■江戸時代の日本人にとっての斬首は、【切腹介錯】と【打首処刑】がありました。

どちらも神聖なものとされ、介錯人も処刑人も【正装】で行われます。

この写真の説明にもあるように、【軽装】では行われません!


■また斬首は、【死に行く人を苦しめさせない為のもの】で、残忍に見えても実際は、死地に赴く人達への思いやりが含まれています。

切腹斬首は、武士としての誉れでもありました。

切腹と同時に、介錯人が『ごめん!』と切腹者を苦しめない為に斬首します。

そしてその場は、神聖なのですよ。


ですから、絶対に!このような【見世物】ではありません!

神聖さのカケラも無いですよ!


ちなみに、一部の超極悪人達が、市中引き回しや磔獄門の扱いを受けました。


■そうした江戸時代以前の武士道精神は、死は神聖なるものでありました。

その精神は、太平洋戦争に於いても生きています。


こうしたデタラメ写真をもって、ユネスコが公式なものとするならば、あまりにも日本文化を知らないと、断言せざるを得ません。


(もうすぐ電気工事で停電になりますので、今日はここまで m(._.)m)




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題] | 2015.10.15(Thu) PageTop

◆【狙われる沖縄と台湾】護る事が出来るのは日米関係次第であり、日本人の信仰心次第。未来はどちらに行くのか?


【余談】

一昨日、ドラマ録画にしているはずのものが、トランプ手品番組になっていました(笑)

どうやら、ドラマが終了しても、同じ時間帯の番組を録画するようです。

・・で、面白そうなので、そのトランプ手品を観ました。


■隠したトランプが、どこにあるのかの3択(右、左、どちらにも無い)でした。

20問程度ありましたが、最後の1問を除いたら、全問当たりました。

別に目で追っている訳ではありませんし、追えません(笑)

ただの勘ですが、全部当たりました。

趣旨が違う最後の「どれが素晴らしかったか」だけが、当たりませんでしたけどね(笑)

傍で一緒に見ていた妻は・・(笑)

だけども最近は、そうしたただの勘が当たり過ぎるので、自分自身で薄気味わるいですね(汗)




【戦争初期は、静かな戦争(思想・諜報合戦)から始まる】

私が「中国は沖縄と台湾を狙っている」と気付いたのは、忘れるほど遠い昔のことです。

20年前には、そうした事を知人と激論していました。

知人と「あの人口と、あの性格の国家が、経済力と軍事力を持った時が危険だ」と話は一致していました。


話の焦点は、時間と場所、そして方法でした。

私は、「静かに静かに解からないように攻めて来る」で、知人は『ミサイル攻撃』でした。

場所は、「まずは台湾と沖縄を攻める」で一致していました。

だが、「いつ頃になるか」は、予想は出来ませんでした。

それは、「いつ」が何を示しているのかで、大きく違うからです。


■知人は『軍事力』でしたが、私の持論は「いきなりドンパチはしない。スパイ合戦から始まる」でした。

「スパイ活動が活発になる」

「それ以前に、中国本土人を送り込み、世代を超えて根付かせる」

「送り込まれた本土人は、静かに静かに気付かれない内から、思想を変えることから始める」

「台湾や沖縄には中国復帰思想を拡める。その為には教育や文化から入り込むだろう。いや、すでに入り込まれている」

それが、私が用いる【草と忍者】の話です。




【スパイには、草と忍者が居る】

【忍者】は、いわゆるスパイです。

【草】こそが、地域に根付いて諜報・思想活動をする危険な人達です。

日本にも、かなりな数が根付いて居り、終戦直後から始まっていたと考えた方が良いでしょう。

戦後のドタバタ時に、日本・沖縄・台湾に住み付いて、【普通の人】の顔をして彼等の仕事をしています。


そうした人達が何を為して来たのかは、今の日本に顕著に現れています。




【教育・文化を変えながら、唯物思想を定着させる】

■彼等は最初に、日本人や台湾人の思想を変えることから始めます。

教育に入り込み、日本人を科学万能信仰者にして、無神論・唯物論者にさせることから始めました。

つまり、彼等は現在の日本人の基礎を創ったのです。


また、台湾には、[本土復帰思想]を根付かせました。

沖縄には、[海兵隊不要論]を訴えながら、[沖縄の悲劇]を大きく大きく肥大化して、純粋な沖縄県人を【脅す】ようになりました。


■ちなみに、私と激論していた彼は、オーストラリア留学での外国の信仰心に触れて、『日本人の信仰心がゼロに成っている』と嘆いていました。

彼もまた、現在の無神論・唯物論教育の中で育ったのですが、オーストラリア留学で大きく見方が変わったようです。

彼曰く、『日本人も中国人も朝鮮半島人も、すべて無神論・唯物論者だ。オーストラリアで赤っ恥を掻いた』とのこと。

彼はオーストラリア留学でキリスト教の洗礼を受けたようでした。

ですから私が、仏教徒でありながら[幸福の科学]に入信した事に興味深々だったようです。

そんな彼が、次第に[幸福の科学用語]を使うのが、面白くて(笑)

それが今から20年前の話ですが、彼と話していたことが、まさに今、現実化しようとしています。




【マスコミを支配して、一億総白痴化】

■やはり20年前の頃、日本●●新聞の派遣記者が客としていました。

いつも、『社長!あそこの会社の話はこうこう聞くが、本当か?』と聞いて来るので、知っていても「知らないね」と答えていました。

宇部●産の現状まで知ろうとしていました。

ですから私は、「何も知らない」振りを通していました(笑)


■そんな彼に、私が受けた取材を切り貼りされて「言いたい事とは違った話にされた」話をしました。

そしたら彼は、『社長!知らなかったの?新聞記事ってのは【作文】なんだよ』と、勢いよく語り始めました。

『ワシが社長に話を聞いても、話してくれないように、他の人達も同じなんだよ』

『だから、顔色見ながら取材なんだよ』

『考えてみてよ。ワシ等は昼間は情報収集で、疲れて帰って、締め切り間際に原稿書くんだよ』

『だから書く原稿は、ワシ等の頭の中で描いた作文だよ』

『社長がされたのも、それさ。社長が何を言いたかったのか関係ない。適当に切り貼りして作文にしてるんだよ』

『ただし、文句言われないようには気を付けないとね』

「私は文句言いたいぞ」

『ダメダメ、全部社長の言葉でしょう?全部載せるスペースが無かったで、おしまいだよ』

「新聞社って、そんなデタラメなの?」

『デタラメじゃない。それが普通(笑)』

「じゃあ、私達は何を読んでるの?記者の作文を読んでるの?」

『まあ、そう思っていたら、間違いない(笑)』

・・これには正直、ビックリしました。

以来、新聞記事は[大見出し・中見出し]を見る程度です。よく読んで[小見出し](笑)

それで充分です。中身は作文のようですからね(笑)

ただし、[社説]だけは見て来ました。[社説]だけで充分です。


こうした背景には、【一億総白痴化】という狙いが隠されています。

つまり、国民に【本当のことを伝えない】ことで、目隠し状態にしてしまい、【考える事が出来ない(しない)国民】にしてしまおうと言うわけです。

今の日本国民は、そのままです。

限られた・作られた情報のみでは、何も判断できません。


マスメディアという隠れた権力は、日本国民から【考える力を奪ってしまいました】。


■今は、インターネットの普及で、マスメディアの力が落ちてはいますが、まだまだ根深いものがあります。

ほんの10年前までは、「あなたの考えは、何から得たものか?」を聞いたところ、【TV】がダントツで、次が新聞、その次が週刊誌でした。

つまり、まともな情報を得られないままの国民になっていたのです。

この頃から私は、『TVや新聞が嘘を言うはずない!』と言い張る人達を[マスコミ信奉者]と揶揄して来ました。

中には『週刊誌に書いてあった!』と、本気で信じている人達もいて驚かされます。

まさに、情報統制による仕業です。


マスコミは情報統制や情報操作を、なぜ?するのでしょうかね?

戦時中でもないのに。

・・と思うところが、大間違いです。

すでに、【とっくに戦時下】だから、こうした事が行われるのですよ。

日本の情報機関は、戦争に巻き込まれているのです


だから私は、【静かな戦争から始まる】と、言い続けて来たのです。

1972年の日中国交回復時から、今の事態になる事は予想出来たことです。




【日中国交回復は、日本の国力を落とし、中国の台頭をもたらした】

日本側は、中国を西欧型経済圏に入れようとしていました。

ところがどっこい中国側は、日本の資金を使って中国共産党権益と経済規模の拡大を目論んでいました。

中国切手を集めていて、繊維加工販売をしていた私には、中国の動きが手に取るように解かるほどでした。


■当時の日本の経済界は、人件費の安い場所を求めていました。

最初は[台湾]でした。台湾の人件費が高騰すると[韓国]に移動しました。

この[台湾・韓国]での日本企業の進出は、[台湾・韓国]経済を大きく成長させました。

台湾はそのことを解かっているのに、韓国では真逆です。

しかしながら、韓国がどんなに頑張って言い張っても、日本企業の進出があったからこそ韓国経済は成長した事は、事実です。


■韓国が日本の真似から始めたことは、切手にも残されています。

日本と同じサイズの普通切手で、日本と同じ赤外線感知枠を付けて、日本の[80]円と同じ[80]ウォンで発行されていました。

ですから韓国切手の80ウォンの値段は日本円で20円でしたので、韓国切手で届いていましたよ(笑)

ワザとだとは思いませんが(日本の郵便法の罪は重いです)、パッと見には解からないのですから、ウッカリ貼ったのかも知れません。

それも日本の[赤外線自動検知器]を通過するのですから、大したものです。

そこまで[ソックリさん切手]を作っていたのですよ。

このように、全部とまでは言いませんが、日本企業の真似をしながら成長した事は、韓国でも語られるべき話だと思いますよ。




【自民党と経済界が目論んだ日中国交回復】

■韓国が経済成長し、やはり賃金高騰して来た頃に、[日中国交回復]が為されました。

日本の経済界にとっては【待ってました】でした。

・・は正確ではありません。


日本の経済界が、中国進出を目論んでいたのです。

日本の経済界の意向に添っての、[日中国交回復]でした。

それはまた[中国の意向]と合致し、1978年に【日中平和友好条約】が結ばれました。

それ以降、日本の企業は、こぞって中国進出です。


■この有り様を見た私は、当時から「危険性」を指摘していましたが、誰も聞く耳を持ってはくれません(汗)

私の些細な意見を無視した軍手・タオル業界は、「あっ」と言う間に経営危機に陥りました。

慌てたタオル業界は、「タオルの保全」を求めましたが、時すでに遅し。

繊維産業の零細企業部門であったがゆえに、自力再建不能に陥りました。

おそらく国内の軍手工場のほぼ100%、タオル業界の90%が廃業に追い込まれました。


この時(1980年代)、日本人は気付くべきだったのです。

同じ製品同じ機械同じ技術者で作る場合、日本の零細企業(最多で300台)とはケタ外れのビッグ工場(5千台、1万台)の中国には、かなわないと。

私は製造現場の者ではありませんが、それ等を目の当たりにしているので、警戒感と危機感を憶えたものです。


今、中国の日本の大・中小企業の工場は25.000社との事。

数そのものにも驚きますが、意気揚々として中国進出した企業は、今、簡単には日本に戻られなくなっています。

日本に戻るには、高いハードル(許可)があります。

中国は、簡単に入らせても、簡単には出さないのです。

このままでは、日本の企業はゴッソリと中国に奪われてしまいかねません。

それこそを、私は危惧していました。




【中国と日本経済界】

■前述したように、[日中国交回復]⇒[日中平和友好条約]となりました。

この先陣を切ったのが[自民党]であり、自民党の後押しをしていたのが[日本の経済界]です。

ですから、[日中国交回復]⇒[日中平和友好条約]に関係していた[自民党]の中には、【親中国派】が驚くほど居ます。

隠してますけどね。

もちろん、民主党や社民党・共産党は言うに及びません。維新の党の東京派閥もそうです。

公明党がどこを向いているかは、言うに及ばないでしょう。

それほど中国は、日本の政治界にも侵食しているのです。


これに朝鮮半島派を入れれば、純粋な日本国政治家の姿が見えなくなりそうです。

・・は、少々大袈裟ですが、あながちデタラメでもありません。

日本の政治界には、そうした背景があります。




【まとめ】

■このように、中国(+韓国)は、[政治界]、[経済界]、[教育界]、[放送界]には、深く入り込んでいます。

[政治界]の中でも[自民党]には、親中派が多いです。

[経済界]は、すでに中国無くしては立ち行かない処まで来てしまいました。

[教育界]は、日本人の思想まで変えてしまいました。

[放送界]は、中国に逆らえない立場に置かれています。


■これだけを見ても、すでに【静かな戦争】の真っ只中だと、お解かりいただけるかと思います。

ですから、【日米関係】次第では、韓国のようになってしまいます。

韓国は、実質上は、すでに中国領です。

もし、【日米関係】が崩れたら、一気に日本も韓国も瓦解するでしょう。

また、【そうさせよう】とする勢力が、沖縄に集結したり、国会前デモをアピールしています。


この状態は、日清戦争前と似ています。

違うのは、マスコミが日本の味方側に居ないことです。

教育に左翼思想が染みこんでいて、唯物論者が蔓延っていることです。


■それゆえに、日本護持の神々の怒りが、各地の異常気象となって、日本人の反省を促しています。

日本護持の神々は、【無神論・唯物論を捨てろ!】と、言われています。

このまま続けるのなら、我らも決意すると言われています。

何の決意かは言いません。ご自分の心にお聞き下さい。


静かな戦争期での日本は、完敗です。

遅くとも10年以内に、早ければ5年以内に、目に見える形の戦争期が来るやも知れません。

これまた、今のままでは完敗です。




【世界の未来は、日本人の信仰心次第】

すべてが、今からの日本人次第です。

日本人に信仰心が灯れば、奇跡が起きます。

ロシア隕石を破壊したのはUFOでしたが、UFOは、唯物論者の処へは、恐ろしくて現れません!


UFOが【信仰心ある人達】の前に現れる日は、そう遠くないでしょう。

実際私は、デッカイUFOと鋳銭司で遭遇しました。

つまり、信仰心はUFOを味方にするか否かでもあるのです。

日本人が、正しい信仰心を持てば、UFOの援軍が加わります。

他国は手が出ません。


そして信仰心ある人間は、UFOの援軍を他国攻撃には向けません。

そうした為にも、今、天上界の神々が、日本人に正しき信仰心を甦らそうと懸命になっておられます。

現人類最後のチャンスです。

それを取るか捨てるかが、今、問われています。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Trackback [0] | Comment [3] | Category [社会問題] | 2015.09.28(Mon) PageTop

◆【判官贔屓と英雄卑下?】NHKの[花燃ゆ]には、疑問点が多い。


多過ぎる(笑)

こうした話は、なるべく書くまいと我慢していたのだが、あまりにも酷過ぎる。

◆大河『花燃ゆ』、出演者華やかだが「史実と違い過ぎ」の声も(NEWS ポストセブン)
http://www.news-postseven.com/archives/20150609_327614.html



【花燃ゆは、時代劇ではなくホームドラマか?】

・全体的には【ホームドラマ】に見える。

・松下村塾は、杉文によって学生食堂と化していた。・・これは、正直、腹立たしい。

現時点(38話)での大奥は、杉文によって【自家製農作物】を作る良い話にされているが、あり得ないことだ。



【判官贔屓や英雄卑下の側面多し】

あまりにも、判官贔屓(ほうがんびいき)が酷過ぎる。

また、英雄の陰になっていた人達にスポットを当てて、英雄を貶めている。


・吉田松蔭の功績より、一族の悲哀に重点が置かれていた。


初期準主役の久坂玄瑞は、彼の功績が殆ど語られず、妾話に重点が置かれていた。


私には、「英雄って色を好むんだよ」と訴えているようにも見えた。


・高杉晋作にしたってそうだ。彼は、あんな惨めで寂しく亡くなってはいない!

だいたい亡くなった地も山口では無く、下関だ。下関で多くの仲間達に見守れながら、亡くなっている。

高杉晋作は、防府天満宮の菅原道真を信仰(天神信仰)していた。だから三田尻には頻繁に来ていた。

そうした彼の【信仰心】には一切触れず、まるで線香花火か蝋燭の如くの表現だった。


・また、杉文あらため美和子が、【危険な】京都に【薬を届ける】などとは、あり得ない(笑)

あまりにも酷過ぎる話だ。ブラックジョークだ。

すでに当時の京都は、危険な京都では無かった。

さらには、出兵時には医師も同行しているので、わざわざ【薬を届ける】必要も無いことだ(笑)。

そんな初歩の初歩を無視しても、どうしても美和子を京都に行かせて、お妾さんと逢わせたかったようだ。



【時代考証がデタラメ】

・時代考証がおかしく、逢うはずも無い人達や、有りもしない話が描かれている。


・坂本龍馬が、文に逢いに、萩まで来たりはしない
(笑)

龍馬が来ていたのは、山陽海沿い地区(下関と三田尻)だ。


・殆ど長州の地と関係のない坂本龍馬を出すのなら、大村益次郎も出すべきだった。


・龍馬が武器調達したが、それを使いこなせるまでにした人が大村益次郎だ。

大村益次郎なくして、いくら多くの新式銃があっても役には立たなかったと思える。

その大村益次郎は、今、[38話:届かぬ言葉]で放映されている頃に暗殺されているが、【何等の話も出てこない】不思議さ。


・ちなみに私は、龍馬が運んで来たメニエー銃4.700丁とゲベール銃3000丁は、すべて下関に降ろさたとは聞いていない。

三田尻港に『2.000丁の新式銃が、1週間以上(稲米袋に隠されて)野ざらしにされていた』とは聞いているし、その名残りもある。


第2次長州征伐は、四辺(大島口(幕府海軍)、芸州口(広島)、石州口(島根)、小倉口(九州))からの攻撃で四境戦争とも呼ばれている。

これだけを見ても、四境のうちの三境が広島・島根・大島の東側なので、新式銃全部が下関に置かれたとは考えにくい。

また、野ざらしにされていた理由は、「薩摩からの施しは受けない!」、『受けろ!』と、竜馬と桂がやっていた頃だったからだ。

どうでも良い話だが、私が伝え聞いている『三田尻港にも降ろされた』が、本当だと思う。


・また、38話:届かぬ言葉(9/26再放送あり)で解説されている大道寺は【小郡(内陸)】では無い!【秋穂の名田島(海辺)】だ。

◆山口県曹洞宗青年会 - 県内の寺院紹介 - 大道寺
http://yamaguchi-sousei.org/temple/01/01033.html

長州奇兵隊と桂小五郎率いる鎮圧隊との激戦地が【小郡】であり、最激戦地が【三田尻(現防府市)】だ。

これもどうでも良い話だが、これ等はドラマ内では無く番組最後の解説として映しだされたものであり、正確を期さなければならないはずだ。



こうした話を書けば、きりがない。

だからこそ私は、2週間前に簡単な質問をメールしたし、その後も催促のメールをしても、返事は来ない。

電話で問い合わせけば『再度メールをして下さい』で、メールを送れば受付のみ。

質問には答えず、このまま放って置くつもりなのだろう。

視聴者無視の状態でも、【受信料】を払わなければならないのかな。



【追記:2015.09.26.】

11時56分に、返答メールが届いていました。

内容は書けませんが、極くまともなものでした。

返信内容には納得しますが、対応には納得していません。




■他の話を書くつもりで余談話を書いていたら、長くなり過ぎました(汗)

ですから今日は、余談話のみにします。 m(._.)m

これだけ貼り付けます。

【幸福実現党声明】沖縄県知事の国連人権理事会での演説を受けて
https://youtu.be/Wax6npOVxys



沖縄県知事の背後には、中国がどっぷりと入っています。


真偽は不明ですが、『知事の娘は中国人と結婚した』という話もあります。

どちらにせよ、県知事は中国を甘く見ていたのでしょう。


また、台湾も大変です。

私が書いていたブログ話の[草と忍者]の話は、台湾を想定してのものでして、それは沖縄にも、日本国本土にも存在する・・という意味でした。


※ 草と忍者の関連記事

◆【草と忍者】スパイには草と忍者が居る。草の静かな活動で滅びた国、滅び行く国は多い。韓国・台湾・日本は草が蔓延っている。
http://sunshine7.blog9.fc2.com/blog-entry-802.html

◆【草と忍者(続き)】現代の草と忍者は、光と闇の戦いの証であり、静かなる火種だ。
http://sunshine7.blog9.fc2.com/blog-entry-888.html

◆【今こそ新しき民主主義を】戦争は智慧ある努力で回避出来るし、平和もまた智慧ある努力なしでは得られない。
http://sunshine7.blog9.fc2.com/blog-entry-986.html




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題] | 2015.09.23(Wed) PageTop

◆【過去記事移動】中国の民主化を望む。


 
  【過去記事移動】 過去、このブログに書いている中で、今でも使えそうな話を移動します。 - 2009年8月12日編集(書いたのは5月)


【追加文:2015年8月23日】

6年前の選挙時に書いていたものですが、この時の日本はのんびりとしたもので、危機感のカケラもありませんでした。

当時の議員達は、「憲法改正」などと声を出しただけで更迭・辞任に追い込まれていたのです。


大衆は、亡国党の民主党を選ぶ有り様。

6年後の今、幸福実現党が如何に正しい道を示して来たかが、少しずつでもお解かり頂けたかと思います。




幸福実現党は日本を護るために立党した】

幸福実現党が、急遽、慌てて立党した理由は、日本に向けて北朝鮮の核ミサイル発射の可能性が、現実味を帯びて来たからでした。


下記の映像は、そのシュミレーションですが限りなく本物に近いものです。

私達には、世界でも希なる特殊な霊査能力を持たれる指導者がいらっしゃいます。

前世はお釈迦様でした。


ですから、このシュミレーションは絶対に阻止してみせます!

私達が議席を得るとか、お金がどうのだとか、関係ありません!

日本人の命が掛かっているのです!


その為に!日本全国で声を上げています。

必ず!北の暴挙阻止に繋がると信じて行動しています。


議席などは次回でも次次回でも挑戦し続けますが、もしも私達が、この世から消えたら、このシュミレーションは現実以上のものになるでしょう。


【注:下記の映像は、現実報道ではありません。模擬放送です】





 
  【過去記事移動】 過去、このブログに書いている中で、今でも使えそうな話を移動します。 - 2009年8月12日編集(書いたのは5月)



毎日政治の話で申し訳ないです。


■10年後か20年後の安定時期になったら、政党も創るのだろうと思っていたら、なんと!いきなり!政党を創ると聞かされた!

理由は、10年も待てない程、北朝鮮の状況が悪化しているとの事だ。

本当に、核ミサイルが飛んで来る!

だが、自民党も民主党も、北朝鮮問題を選挙の争点にはしていない!

逃げている!


■だけども、本当の敵というか危険な国は中国だ。

軍事費は、1位アメリカ、2位中国・・・7位が日本だ。

だが日本は、爆撃ミサイル、空母、核兵器などの攻撃する武器は持っていない。


■中国からは、東風21号、巨波1号が日本に向けられている。

発射されれば、3000万人は死ぬだろう。

日本が中国に対して交渉事に弱いのは、3000万人の命が担保にされているからだ。


中国も北朝鮮も、もはや単なる共産主義国家では無い。

独裁政権下の全体主義国家に変容しつつある。

北朝鮮は中国の子分に過ぎない。

親分が10数年後に世界を狙っているので、子分は手始めに半島の軍事統一だ。

絵空事では無い。ちょっと詳しい人は知っている。




■どうすればよいのだろう。

それは、中国を民主化することだ。

それしか他に手だては無い。

中国が民主化になれば、後ろ盾を失う北朝鮮は自然崩壊するだろう。

問題は時間だ。


■北京オリンピックに行った人で本屋に行った人は、知っているかもしれないが、幸福の科学の「常勝思考」が、中国でベストセラーになっている。

この中には、民主化への希望となる指針も入っている。

宗教の無い国の中国共産党が、日本でベストセラーを続けている宗教の本を求めて来たのだ。

それが、幸福の科学の本だった。

全部出したいとの意向だったようだが、正確に翻訳しないといけないので、まずは1冊からだった。

現在は、
「勇気の法」
「釈迦の本心」
「常勝思考」
「永遠の生命の世界」
「幸福になれない症候群」
「仕事と愛」、
他にマンガが数点と進んでいるようだ

イスラム圏民族はじめ、毎日のように起きる暴動を治めるための鎮静剤目的かも知れないが、中国共産党自らが出版したいと言って来た。

印税もらえるのかな(笑)

・・は、2の次、3の次。

読んだ人達には、必ず!心に灯が灯る。

それだけが、一縷の望みだ。


平和な民主主義国家になって欲しい。

世界は、あなた達を滅ぼそうとはしていない、必要としている。

同じ地球の仲間だ。

戦いで滅ぶよりは、共に繁栄を求めよう。




中国、北朝鮮の一党独裁制、日本の古い体質の政治形態。

よく似ている。

どちらが先に、新しい希望を見い出すのだろうか。



[追記:2015年8月23日]

これ等の出版本は、習近平体制になって、回収・撤収されました。


私は10年前(2005年頃)から、「北京五輪・上海万博以降の中国は危険だ!」と、訴え続けて来ました。

9割の人達は、信用してもらえませんでした。

『バカバカしい』だの、『今時、そんな事あるものか』だのと、鼻でせせら笑う人達が殆どでした。

それから10年後の今は、どうでしょう?

中国は安全な国になったでしょうか?




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Trackback [0] | Comment [2] | Category [社会問題] | 2015.08.23(Sun) PageTop

◆【雑感】集団的自衛権、東京五輪エンブレム、70年談話。


【安保法制:集団的自衛権】

安倍総理の[たとえ話]は難しいですね。

かえって混乱を招いている気がします。

もっと簡潔に、臆することなく、隣国と中国に対しての国防的予防策と言われた方が解かりやすいと思うのですけどね。


■確かに名指ししたらしたで、反響も反発も大きいでしょうよ。

だったら、【事実】を突きつければいいでしょう。


それも躊躇があるなら、国連憲章を出せば良いのでは?

国連には国際法としての国連憲章があります。

現在の国連加盟国は193ヶ国のようですが、国連に加盟しているからには、国連憲章を守らなければならないはずです。

特に日本のような先進国には、いくら戦勝国が作った組織でも、遂行義務があるでしょう。


この国連憲章には、集団的自衛権が存在します。

国連加盟国には、集団的自衛権が義務付けられています。

解かりやすく言えば、国連加盟国内で紛争が起きたら、「他の加盟国が集団で解決しよう」と言う事です。

・・正直、当然のことだと思っていたので、すっかり忘れていましたね。


■数日前、知人に、この話をしました。

「国連で、この国連憲章条約を守っていない国が、1ヶ国あるんだよね。どこだと思う?」

『当然、中国だろう』

・・あいやぁ(笑)

「日本」と言うつもりでしたが、中国もそうでした(汗)

中国は常任理事国でありながらも、国際法(国連憲章)の上に国内法を置いている国です。

だが、日本もまた、同じなのですよ。

日本もまた、何十年も、国連憲章条約の中の集団的自衛権を守って来なかったのです。

今やっと、先進国としての務めとしての集団的自衛権でもあると思います。


すっかり忘れていたのですが、青山繁晴氏が思い出させてくれました。

◆【青山繁晴】『安保法案』集団的自衛権を認めないと言うなら日米安保も国連も脱退しないといけなくなるぞ!
https://www.youtube.com/watch?v=HxSvNQ0aEZQ



■国連加盟国先進国としての当然の義務なのですが、『今まで見逃してもらったのだから、これからも』と言う人達も居るのでしょうね。

いつまでもそんな事言っていたら、日本の危機の時、国連加盟国から見放されてしまいかねませんよ。




【東京五輪エンブレム】

■最初に見た時、不気味に感じたのが第一印象でした。

例え盗作疑惑は逃れられても、デザインそのものが酷い!


一番に目立つのが、バーンと中央にある黒の壁

これって、[T]のタテ線と言うより、【壁】に見えるほど太いし目立ちます。

私には、【分断】に見えてしまいます。

日本は銀から越えられない、金には大きな壁がある・・と語っているような感じです。


黒色も縁起が悪いし。

腕に巻いている【喪章に見える】のは、私だけでしょうかね。


作者の本当の意志がどこにあるのか解かりませんが、盗作疑惑に加えて、不気味な配置・配色ですよ。

士気が下がるエンブレムです。

これを堂々と発表するとは、どうなってるんでしょうかね?


1964年の方が、よほどマシですよ。




【テレ東、報ステ、News23の、安保反対報道】

◆テレ東に出た“過激派”が、TBSでは一般人? 安保反対の謎(The New Standard :2015/07/28)
http://www.newstandard.jp.net/news/politics/extremists-in-tv-tokyo-is-described-as-an-ordinary-citizen-in-tbs/945


◆報ステ、News23による、粘り強い「安保反対」へのエールをご覧ください(The New Standard :2015/07/25 )
http://www.newstandard.jp.net/news/politics/citizens-are-acting-on-their-own-words-news-23-praises-antinational-security-legislation-demonstration/948


もう、こうした偏向報道にはウンザリですよ。

いつも、日の丸国旗を掲げているデモ隊は報道無視で、こうした
日の丸国旗すら掲げていない人達ばかりを写しだして報道しています。

日本のマスコミでは無くなったのでしょうかね?


まるで、どこかの国々の支配下にあるかの如くの報道姿勢です。




【70年談話】

安倍総理。

70年談話では、命がけで、日本国民の国益を守って下さいよ。

もう、【お詫びの談話】は必要ありません。

無かったものを、有ったような話にしないで下さいね。

未来を切り拓く、日本の誇りを取り戻す談話で、お願いしますね。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題] | 2015.08.03(Mon) PageTop

◆【文字(記事)と画(映像)①】マスコミのペンは誰の為のもの?


しばらく[いじめ相談]から離れていたので、約1年振りに復帰して、戸惑っています。

学校長は、『いろいろと相談したいので(当地まで)来て欲しい』と言われました。

旅費を出して頂ければ駆け付けつけますが、ボランティアの私は、この費用の出先に縛られてしまいます。

まず学校負担に出来ないでしょうが、何等かの形で学校が旅費を出せば、学校を攻めにくいでしょうしね(笑)

なので、いつも自己負担でしたが、やはり(時間と金にも)限界があります。

出来れば、相手の学校の方から来て欲しいですね。

いいや・・わざわざ来られた学校を、攻めることは出来ないかも(笑)


■こちらの話です。

◆(一財)いじめから子供を守ろうNW:保護者掲示板
http://otona.mamoro.org/?c=post&a=index&id=208

ま、こんなことやってます。

【いっそのこと】と、誰もが思いつかない視点からをも選択肢に入れてます。

『そんな事、(普通は)実行しないだろう』と思われることを、実行するのが私で(汗)


それにしても、たった1年ですが[いじめ現場]を離れて平穏に暮らしていましたので、現場に戻った時の圧迫感が(笑)

ずっと続けられて居られる人達、「凄いな」って思いますね。




【今の世の中、楽しいか?】

■昨日お客に言われました。

『アンタ、今の世の中、楽しいか』と。

もちろん「楽しいねぇ」と、即答しました(笑)

『どこが楽しいんじゃあ!』と怒鳴られました(汗)


この人の言いたいことは解かっています。

ですから、【なにゆえに楽しいか】を、じっくりと伝えました。


■「例えば、江戸時代の人が今を見たら【すごい時代だ】と腰抜かすよ(笑)」

それには否定されません(笑)

「だから・・」と、私が何を持って、生きている喜びを楽しみにしているかを話しました。

『アンタの考えには付いて行けん』と言われながら、しっかり定期的に来られます(笑)

私の話が嫌だったら来なかったら良いだけですがね(笑)。


■同様に、「世の中、ずいぶんと暮らしやすくなりましたね」・・って書くと、『何が!』って言われそうです(笑)

TVやYou Tubeを見る度に、そう思います。


私の青春時代は(有ったのですよ!これでも:笑)、今、東京や沖縄で反対デモをしている人達と対峙していました。

昨日の東京での反対デモには、積極的に若者が加わっている事を重視し報道が為されていました。

その傍には、共産党の志位委員長と、社民党の福島元党首。

世の中、変わりましたね。


■長らく共産党は反国家思想を持つので「アカ」と呼ばれ、[国家公安委員会]の監視下にありました。

それが今では、【法の下の平等】を盾に、ムチャクチャなことをしています。

ある公安の人から『ワシ等は民主党政権になって何もできん』、『アンタ等が代わりをやってくれている事に感謝している』と、お聴きしました。

・・アンタ等とは、幸福実現党のことです。自民党ではありません。


沖縄の現状・惨状は、1970年代でしたら、とっくに取り締まられています。

・・はずですが、あれだけの事をしても、無事に活動出来るのはなぜでしょう?

日本を破滅の道に誘っている人達が【護られています】。

いつのまに日本は、そうなってしまったのでしょうか?

おかしな国になってしまいました。




【不思議!?、沖縄は全国では珍しく人口が増えている】

■自然増ではありません。

移住者が増えているのです。

左翼運動家達が『危険だ』と騒いでいる地に、なぜか?移住者が増え、全体人口が増えています。

理由は言うまでもないでしょう。

本土からの左翼活動家達が引っ越しているのです。


現在沖縄の人達は、そうした過激な人達に、脅え続けながらの生活を強いられています。

見るとは見ずに見張られていますので、自由な発言も出来ません。

まるで中国のようです。







【私達は、安保闘争をして来た】

私達の時は、【1970年安保闘争】の真っ只中でした。

彼等と正反対の考えを持つ私は、彼等の集会に連れて行かれました。

10人程度いました。

「こいつら、好き勝手なこと言やがる」と、私には彼等の言葉が耳に入りません。


■そしてその場で私は、彼等に猛反発をしました(汗)

「俺は商売人の息子だぞ。お前等の言うマルクス主義など間違ってる!」

「お前等、平等平等を唱えるなら、俺のところへ明日のパンを持って来いや!」


■・・ガアガア言いますが(笑)、彼等は、私が空手部より破壊力を持っている事を知っていたので、手を出しては来ません。

私も、(もしもの場合)その場に居た連中くらい倒せると計算していたので、黙ってその場に居ました。

そうした、同年代同士でも、【緊迫した状態】に置かれる事がありました。


そうした連中が、火炎瓶を投げたり、角材を振り回して【暴力闘争】をしていました。

そして公安や機動警察隊と衝突して、殆どが逃げていました。

その生き残りが、政治家や大臣にもなりました。


そうした人達が今、自由・平等の名の下に、1960・1970年と同じことをしています。

だが、捕まりません?

何か法律が変わったのでしょうかね?

それこそ【法の支配下】に置かなければならない人達が、殆ど野放しになっています。


■彼等の殆どは、弱い弱い人間です。

公安や警察が本気になれば、必死で逃げて隠れていました。

そうした危険な人達をも、現行法下では、まるで彼等を護っているようにも見えてしまいます。




【言いたいこと言って、やりたいことやって、国民に迷惑を掛けている人達が、法に護られている?】

第4の権力と言われて久しいマスコミには、(ペンの)権力は存在しないのかな?

自民党若手議員達が、「マスコミへの圧力」を発したと大々的に報道されています。

マスコミに【報道しない自由】を駆使された私は(笑)、解からないでもありませんが、やはり言葉の責任は重いと考えます。

そうした中で、民主党政権時の恐怖を語られている人達もいます。

◆「書いた記者を外せ」と本紙に“圧力”…4年半前の民主党の「おごりっぷり」(Yahoo!ニュース、産経新聞より:2015-06-30)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150630-00000087-san-pol


言われたマスコミから、やれ暴走だの、何だのと騒がれていますが、言った人の気持は解かります。

それを公人になった人が発して良いかは、良くはありませんが、個人の責任です。

それを言うなら、元総理大臣達が集まって記者会見した内容に付いても、同じでしょう。

【影響力】を考えるのなら、後者の人達の方が大きいですよ。彼等にも発言の責任が発生します。


■現在は、言いたいこと言って、やりたいことやって、国民に迷惑を掛けている人達が、法に護られています。

まことに不思議です。


マスコミは【報道の自由】を強調していますが、【自由には責任が伴います】。

・かつてマスコミが絶賛し、持ち上げた[オウム教]は、何をしましたか?

・持ち上げ、祭り上げた人達が、その後犯罪者になった時、どうしましたか?
そうした人達、いっぱい居ますよね。

・マスコミ主導で・先導で創られた民主党政権は、日本をどうしましたか?


それ等の報道責任は、マスコミには一切無いのでしょうかね?

マスコミは、自らの【不見識】を問うべきではありませんかね。




【憲法前文解釈変更は、合憲か違憲か】

[幸福実現党]の初代党首に[饗庭直道]という人がいます。

私が尊敬している人物のひとりです。


■彼が、母校の大学に訪れて【憲法前文解釈変更】で、【集団的自衛権】を含めた自主防衛権の問題を恩師に提案しました。

恩師は、『これは面白い』と、『私の教え子が面白い話を持って来た』と、大学生達に【憲法前文解釈変更】の意見を聴いたようです。

結果は知りません(汗)

だが、憲法学者が【憲法前文解釈変更】には、興味を示されていた事は事実です。

それだけでも
【憲法前文解釈変更】が、巷で叫ばれている【違憲では無い】ことが解かるのではないでしょうかね。


◆日本国憲法前文(Wikipediaより)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E5%89%8D%E6%96%87

------------------------------------------------------------

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。

そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。

これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基づくものである。

われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。

われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。

われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

------------------------------------------------------------

この憲法前文は、非常に曖昧に作られていて、【解釈次第】では、日本国憲法そのものをも排除しかねないものです。

【日本国憲法そのものが違憲だ】と言われている理由のひとつがここにあります。


■例えば平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した】とあります。

だが、【平和を愛さない諸国民(他国)】だったら、どうするのか?・・に対しての、答えはありません!

現実の日本は、そうした【平和を愛さない他国】の脅威に晒されています。

だから、現状に合った前文解釈をすれば、
平和を愛さない諸国民(他国)の公正と信義は信頼できず、われらの安全と生存を保持しようと決意した】と読むことも出来ます。

これだけで、自衛隊の存在は合法となり得ます。


■もっと前には、

そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。

これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基づくものである。
われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

・・とあります。

【人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基づくもの】である・・これは議会制民主主義が前提になっているのです。

【われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する】とあるので、議会制民主主義が前提なっていない制度は排除する】とも読めます。


■【前文】は大切ものです、骨子です。

その前文が、あやふやに作られているのです。

なので、前文の解釈次第では、自衛隊の存在も、集団的自衛権も、違憲とはならないはずです。

先の憲法学者も、そのような解釈変更もあり得ることは承知されていますが、なぜか?黙しておられます。


■その教授に師事していたのが竹田恒泰氏ですが、彼はこれらのことも、[幸福実現党]に関しても、一切何も語られていません。

彼はほんとうに、保守派なのでしょうかね?

マスコミ迎合主義者になっては居られないでしょうか?

・・最近、言論人まで信用出来なくなりました(汗)




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ

Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題] | 2015.07.04(Sat) PageTop

◆消極悪から積極善へ変われる日本人。変わらなくてはいけない時が来た。


目(眼)は口ほどにものを言い。

善行なり、悪行なり、それぞれの思いと行為の過程は、必ず【眼】に現れます。


■世の中には、他人に迷惑を掛けている事を気付かない人達と、知りながらも積極的に迷惑を掛ける人達がおられます。

前者を消極悪とすれば、後者は積極悪でしょう。

積極悪は言うに及びませんが、意外と消極悪が「悪とは思っていない」人達が多いですね。

また逆の消極善と積極善に対しても、消極善が「善とは思っていない」人達が多いです。


■どんな形であれ、【善は善、悪は悪】なのですね。

悪とは、善なる光の差さない状態です。

ですから、善行を積むことは、仏の子・神の子である人としての道でもあるでしょう。




【積極悪の眼を持つ人】

■先週、家に帰るなり、「うわっ!なんだ!こいつ!」と、声が出てしまいました。

家族が[あるTV番組]を見ていました。

「お前達、何も気付かないのか?」と訊いても、『どこが?』と言います。

家族は気付かないようですが・・、番組に出ていたある男性の【眼】が異様な光り方をしていました。


■「こいつは何者だ?」と訊いたら、ある業界の有名人とのこと。

知りませんでした(汗)

その男性の経歴を知り、「やっぱりな」でした。


こうした話はブログに書いてはいけないと思いつつ、敢えて書くことにしました。


■その時私が見た、その男性の眼の光り方は、(普通の)人間の眼ではありません。

霊界の確信犯の眼でした。

見た目にも闇と親和性の強い人であり、実際にこの世の闇を築いていた人でもありました。

そうした人は、どんなに優秀な人であっても、心境は心の窓である【眼】に現れます。


■家族に、「この男には何を言っても無駄だぞ。もっともらしい言葉が返って来るだけだ」と言うと、ずっと番組内でもそうだったようです。

後で録画を見直しましたが、正直、正視に耐えません。


私は、そうした眼の光り方をしていた人達を、過去にも随分と見て来ました。

残念なことに、その殆どの人達は、家族崩壊、事件・事故、自他殺・自他殺未遂、精神病院入院・・等の、
(一時的な)転落の人生を送って来たのを目の当たりにしています。

立ち直った人は良いです。また、そうあって欲しいものです。


■あの眼に比べたら、別の方の眼なんて可愛いものです。

欲の皮が突っ張った[強欲の眼]ですのでね。

色欲、金銭欲、出世欲を持つ人達は、【それなりの眼】をしておられます。

色欲などは、眼どころか顔全体に出ていますしね。




【光が強くなればなるほど、闇は濃くなる】

私達は、今、そうした時代に生きています。

心掛けなくてはならないのは、濃い闇を見るのでは無く、光を見ることです。


光は放射することで、世の中を明るくする事が出来ます。

だが闇は、放射する事は出来ません。

ですから、闇は、光が差さない場所に出来ます。

この事だけを知って置くだけでも、光と闇の違いが分かるようになります。


■私は、家族の話を書くこともありますが、じつは家族の中に入っていたモノの正体を書いています。

単なる憎しみとか愚痴話でしたら、書きません。

家族の魂に入り、乗っ取り、占領支配したモノ達が【何をしたか】を書いて来ました。


家族単位で書いて来たものをマクロ化したら、【世界の現実】と重なります。




【悪には、為す悪と為さぬ悪がある】

どちらも悪です。


悪にも【消極悪と積極悪】があります。

積極悪は、言うに及びません。

だが、世の中の悪の殆どは、消極悪(為さぬ悪)です。

無知(無知識、無関心)なる悪も多いです。


消極悪(為さぬ悪)とは、【助けられたのに、助けなかった】です。

多くの場合、[見て見ぬ振りをする、知って知らぬ振りをする]ことです。

その殆どが、自分可愛さの自己保身から来ています。


■私はこれまで、道端にうずくまっている人、塀に寄り掛って弱っている人・・、何十人もの人達に「大丈夫ですか?」と声を掛けて来ました。

たった【ひとこと】で済むのです。

中には『大丈夫です』と言われながらも、大丈夫でない人達も居られました。

そういう場合は救急車です。

そうした時の救急車の存在は、ほんとうに有り難いと感じますね。



■私は、酔っ払って道端に倒れている人も、抱き起こします。

だけども殆どの人達は、[見て見ぬ振り、知って知らぬ振り]です。

酔っ払っていた人を車に乗せて、車内でゲロ吐かれて大変な目にも会いました(笑)

『お人好し』だと馬鹿にされます。

構いません。

自分の気の済むことをしているのですからね。

放って置く方が、気になってしかたないです。

私の、こうした道端・路端介抱は20代頃からの習性です。

治りません(笑)




【消極悪から、積極善に変われる人達】

■お祭りが終わり、酔っ払って道端に寝ている人がいました。

その傍を、子連れの親子がゾロゾロと通っていました。

歩行者全員が[見て見ぬ振り]をしていました。


■私も親子連れでしたが、妻と幼い子供達に「ちょっと待ってろ」と待たせて、【死んでいる】ように見える(笑)人を抱き起こしました。

顔は真っ青で、抱き起こしても動きません。

ほんとうに死んでいるのかと思いました。

だけども息はしていましたので、「起きろ!」と顔面を引っ叩きました(汗)

(これは、ほんとうにヤバイかな)と思っていたら、『うう~ん』と声を出し目が開きました。


■首根っこ掴まえて「名前は?家はどこだ?」と訊いていたので、【何事だ!】と、大勢の人達が寄って来られました。

集まった人達に事情を話すと、酔っ払ってフラフラしている大男の彼が倒れないようにと支えています。

名前と住所を言わせると、「ワシの地区だ。ワシが連れて帰ろう」と言われる親切な人が連れて帰ってくださいました。
(もちろん、その親切な人の名前等は訊いています)


その頃に集まって来た男性達、20~30人はいました。

(この状態だったら、助けが来るのか)と、知った瞬間でした。

本来は、そうした事が出来る人達です。

そうした人達でも、酔っ払いが倒れている時には、何もしません。


■場を見て、【消極悪から、積極善に変われる人達】です。

日本人には多いです。

日本が世界から【尊敬される面と不思議に思われる面】の両方を兼ね備えておられます。

私は、このギャップは何だろう?と、今なお正確な答えを導き出せません。


■この一騒動が終わって誰もいなくなった頃、警察パトカーが来て【このあたりに人が死んでいると通報があったが、どこか】と、訊かれます(笑)

「おそらくそれは・・」と、それまでの事情を話しました。

警察は、『たぶんそれで間違いないだろうが、念のため』と、あたり一面の捜索をされました。

その警察の姿勢にも感動しましたね。


■また、[見て見ぬ振り]をして通っていた人達の中にも、【放って置けない】と思った人達もおられたのでしょう。

警察に通報することが、その人にとっての善なる行為だったのでしょう。

警察に通報すれば名前等を訊かれますので、それなりに勇気も要ります。


勇気の大小ではなく、【消極悪を捨て、積極善に変わる事】が、素晴らしい事だと思っています。


(追記に、いじめが有る学校へ出した、私の思いと願いを書いた物を載せました)



1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ

» read more...
Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題] | 2015.06.28(Sun) PageTop

◆異常気象と天変地異は偶然の産物では無い。天意・宇宙・地球と多様な要素が絡み合う。


【電話で会話中に混線?】

■(6/1)、ネットで知り合った人と電話で話していたら、突然、[βΕζηΔΥΕελΛΜζφ・・]と、ワケワカラン音声が。

(・・何これ?・・会話みたいだな)と、興味深く聴いていた(笑)

電話機のエラー音のような電気的・人工的な音では無い。


■正直、音声は何だか分からない。

「限りなく、宇宙人の話し声に聴こえた」としか言いようが無い。

携帯電話は、宇宙空間の通信衛星から送られて来るものであり、【混信】してもおかしくは無いし(笑)

そう思った方が夢があるし、楽しい。


■幽霊・天使・大きなUFOも見たことがあるし、悪霊・悪魔には[ヘドロが腐ったような臭気]を感じる。

それは常日頃では無く(いつもだったら大変だ:笑)、何かに集中している時や、逆に弛緩している時(笑)に多い。

ただ、(予期せぬ)不意打ちなのは、いつものことだが。




【多感な子供の頃は、恐怖心と共に居た】

■普段の私は、すっトボケて気付かない振りをしているし、本当に気付かない時もあるだろう。

だが、子供の頃から過敏な性格なので、人一倍感受性が強く、それゆえかノイローゼ気味になった事がある。

・・気味と書いているように、本物のノイローゼとは違うと思う。


■仲間を引き連れて飛び跳ねて遊び回るし(汗)、笑うし、歌うし、ジョークは言うし、とにかくいろんな事を楽しむ子供だった。

真面目な人間だが、(ガキの)イタズラもしたし(汗)


■弟が言うに、中学校の国語の先生から『お前の兄貴もワルかったが、お前の方がもっとワルい』と言われたと(汗)

・・これに対しては反論したい(笑)。

最後尾の席から、国語の先生の話をしっかりと聴いていただけだ。

先生から『こらっ!○○!そんなにワシを睨むな!ノートを録れ!ノートを!』と叱られた。

別に睨んでいたわけでは無く、真面目に集中して聴いていただけなのだが。

傍らを見ると、みんな前屈みでノートに書いている。

私だけが背筋をピンとして、先生を睨んでいた(らしい:笑)

そりゃ目立つわな(汗)

でもねぇS先生、先生とは陸上で仲良く遊んでたよね。何でワルにされるのかな(笑)

先生をイジメてないよ(笑)


■イジメと言うと・・、身に憶えがあるのは1件1回のみ。

音楽の時間、わざと音を外して唄うと他の男子も真似て、音楽の先生を泣かせてしまい、担任から男子全員ピンタをもらった(汗)

それだけは、今でも全員が憶えている。


数年前までは、それぞれが『俺が最初だ』と言っていた。

だが昨年からは、『よく想い出してみると、○○(私)だったと思うぞ』に変化した(汗)

・・よく憶えていないが、そうかも知れない(汗)


■ほんの冗談だったが、結果的には授業妨害になったお詫びに、校内音楽会で男子総力を上げて、総合準優勝と最優秀曲賞を勝ち取った。

合唱曲の作詞は女生徒、作曲は私と友人。

[おたまじゃくし]も解からないのに(汗)、歌を唄いながら五線紙に書き並べて、先生に整理してもらった。

その時の先生は、作る頃から嬉しそうな表情だった。

そしてそれが、優勝曲と総合準優勝になった。

偶然では無い、かなりな練習をした。

もうその時には、(泣かせてしまった)音楽の先生と一体になっていた。

それはまた、悪気はまったく無かったが、男子全員からの[お詫びの気持ち]が込められていたものだった。

私は今でも、そういうクラス仲間達を誇らしく思っている。


こんな私だったから、「あの頃の俺はノイローゼだったんだぞ」と言っても、誰も信じてくれない(汗)




【子供の頃の恐怖が、今、現実味を・・】

(あの頃は、何を怖れていたんだろう?)と思い起こせば、【解からない事への、答えが無いこと】だったと思う。

この世の、ありとあらゆる事が恐怖だった。

だが今、あれから半世紀経つが、あの頃私が怖れていた事が、現実に起き始めている。。


■最近では、地震や火山噴火を怖れている人達も多いかと思う。

私は、それ以上の・・、ポール・シフトを怖れていた、・・ようだ。

もちろん、ポール・シフトの言葉も知らないガキの頃(小5~高2)だ。

だが、実際に、地球の異変を怖れていた。


核戦争(キューバ危機)の恐怖もあった。

中学生の私には、[キューバ危機]が騒がれても、何の事だか解からなかった。

だが、あちこちで『核戦争』の言葉が舞っていたので、想像するだけで恐怖だった。

だから、当時のケネディ大統領が悪人に思えていた(汗)

高校生になって「誤解だった」と解かったが、もしかしたら今の安部総理も、一部の国民にはそう写っているのかも知れない。


現在の天変地異は、決して偶然では無い。

戦後日本と日本人が忘れてしまった【神々への畏敬】【宗教心の無さ】が、日本を護る神々の衰退をも招いている。

天変地異は、その事への警告でもあったり、信仰心が弱った所への(見えない)侵略でもあるだろう。




■中国も信仰心が無いが、あの国には【強力・悪質な宇宙人】の応援が入っている。

かつてのアメリカ・ソ連にも、宇宙人が技術供与をして来た。

・・無理矢理とったところもあるが(笑)

それでも、その国を護っている。


昨年のロシアでの隕石落下は、本当は大規模なものだった。

地球と衝突する直前に、ロシア上空で【UFOが隕石破壊】をしていた。(この時の映像は残されている)


地球は、とっくの昔から【宇宙時代】に入っている。

私は、それをいち早く感じたのかも知れない。

それとも、【何か】を埋め込まれているのかな(笑)

・・どうでも良いが(笑)


■前述のように私は、子供の頃から[ポールシフト(地軸移動)]を怖れて来た。

ノストラダムスの予言は、創り話にはとても思えなかった。

だから、1999年を通り越した時、新世紀を迎えた時には、心底嬉しかった。

だがそれ(ポールシフト)は、一時的回避であって、今のような時代が続けば再燃するかも知れないし、その予兆(地磁気減少)は出ている。


40億年前の地球誕生以来、かつての地球には何万回も起きたことだ。

何万回と聞いて『馬鹿らしい』と思われないことだ。1万回としても40万年に一度だ。

現代の地球史以前だ。

ムー大陸も、アトランティス大陸も、ポールシフトで文明ごと海の底に沈んでしまった。




【沖縄のルーツは、日本国本土と同じムー大陸にある】

今、沖縄では【中国化・中国復帰運動】が行われている。

だが沖縄のルーツは、日本国本土と同じ【ムー大陸】だ。

アジア大陸の中国・韓国とは、ルーツからして異なる。(これは、先日のNHKでも放映していた。あのNHKが・・だ)

その証拠に、沖縄海底から海の底深くに石段が発見されたのは記憶に新しい。

あの石段を下れば、かつてのムー大陸へと向かう。

そうした事からでも、安直な沖縄中国化運動を行わないことだ。




【夢が、過去に本当にあった事だったり、数年後の未来に起きる話だったり・・】

■また、数年前の当ブログに書いているが、【日本中の火山が噴火している夢を見た】。

その年に起きる(予知)夢とばかり思っていた。怖れていた。

何も起きなくて良かったと喜んでいたが、もしかしたら、時間がズレているのかも知れない。


■私が夢で見たものの中には、【過去、実際にあった話】や、【天国へ還った人からの話】がある。

(ここでの夢は、眠っている時に見る夢だ)

最初は、「単なる夢だ」とばかり思っていた。

だが、単なる夢では無く、[過去、実際にあった話]だった事も、幾度かある。

[天国へ還った人からの話]も裏付けを取ると、本当の事だったこともある。

いつも【なぜ!知ってるのか?】と聞かれるが、「夢で見た」としか答えようがない(笑)

驚くのは、(夢で見たことが本当のことだった)と知った、私の方だ。

長年、その理屈が解からなかったし、訊いても誰も教えてくれない。

馬鹿にされるだけだ(笑)

だが[幸福の科学]だけには、その【答え】が有った。

それだけでは無い。

子供の頃からの数々の疑問の答えが、誰も教えてくれなかった答えが、用意されていた。

私が怖れていた恐怖の正体の答えも有った。


■夢で見た中で、【未来の夢】を見ていた事もある。

これまた「単なる夢」と思っていた事が、その後、数年・数十年先の夢だった事もある。

もしかしたら、日本中の火山爆発の夢も、そうなのかも知れない。

・・そうなって欲しくは無いが、そういう事態が迫っているのかも知れない。


■ちなみに私は、[幸福の科学]に入信した翌朝に夢を見ている。

[幸福の科学]と[創価学会]の、おそらく今から20年後だ。

どちらがどうかは、もう語らない。語りたくない。


■台風はじめ異常気象や天変地異にも、もう(必要以上な)余計な真似はしない。

自然に任せる。

と、5月初旬だったか、当ブログに書いたトタンに、ふたつの台風が発生して近付いて来た。。

・・偶然だろう。


■20年後に、日本があるかどうかもあやしくなり始めた。

だが、これだけは言える。

もし、日本が無くなれば、地球の未来が変わる・・と。



だからこそ、今、【日本中に天意が降りている】ことに、早く、早く、気付いて頂きたい。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ

Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題] | 2015.06.05(Fri) PageTop

◆【素朴な疑問】今の中国は安心・安全、信頼に足る国か?


なかなかブログを書く暇が無い。

凄く、面白く楽しいもの(趣味の分野)を見付けたし(笑)

ま、それは一時期のものだ。




【中国は安心・安全な国か?】

■『ワシは一緒に仕事をしているから分かる。中国人も日本人と同じだ』

『中国が極東支配を目論んでるだと?沖縄を占領支配しようとしてるだと?』

『絶対にそんなはずはない。お前の被害妄想だ』

・・と、言い切る友人。

「お前の職場の者に、俺は4回泥棒に入り掛けられたんだぞ」と言っても、『何かの間違いだ』と全く聞く耳を持たない。

だが、近所の者達も被害に遭っているので、当然知っている。


友人は20歳の頃、僅か1年程度の[マルクスかぶれ]になっただけだが、半世紀経った今でも、若い頃の思想は消えないのだろうか?

弟もそうだし。。




【翁長沖縄県知事は、どこを向いている?】

■言うまでも無いが、中国様だろう。

もっとハッキリ言えば、沖縄を中国にする為に頑張っている人だ。

その為に私は、【草と忍者】の話を書いた。

彼は、草だ。

沖縄を中国領にするために、根付いた草だ。

だから何が何でも、沖縄を中国に渡す努力をするだろう。




【かつて中国が占領支配した国で、最初に粛清されたのが、親中国の人達だった】

■だが万一、沖縄が中国領になった場合、一番最初に処分されるとは思ってもいないだろう。

それが、草の運命だ。

だからこそ、[抜け忍]達が出て、生涯追い掛けられた。


■会社に置き換えたら分かりやすいかと思う。

ヘッドハンターの引き抜きに合い、会社を裏切って、行った先で厚遇されると思いきや、仕事も与えられない飼い殺し。

多くの場合、引きぬいた会社は、【競争相手の情報が欲しいだけ】であり、情報を得たら不要な人になる。


■さらには、【欲得で会社を裏切るタイプ】なので、ハンティング先の会社にとっても『自分の会社も裏切るかも知れない』の思いがある。

結局、裏切り者は、どこに行っても、どこまでも裏切り者だ。


■もちろん、本人自身が重要なピースの場合は別だが、沖縄県知事と左翼運動家達は違う。

彼等には『中国傘下に入って地位を得る』の野心がある。

そういう野心家は、中国とて要らない(笑)

そんな事も知らずに、中国の[草や忍者]になっている。

・・我が身の未来すら見えない人達だ。


■TVで沖縄左翼を映し出す度に、(私の知人達はいないか?)と見ているが、今の処見当たらない。

見付けたら、即、公安に訴えてやるのだが(笑)

【革マル派】なんて1970年頃の産物かと思っていたら、未だに沖縄で頑張っていた。

そんなに、半世紀も頑張らなくてもいいのに(笑)




【中国旅行客の爆買い】

・中国政府の仕掛けで、日本国民を油断させるためのものでは無いか?




【中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)は、安全か?】

資本金は、中国が最大50%まで投資する。

・参加国は、GDP比率に応じて投資。(これは日米にとっては危険なこと)

・本部は北京。

・総裁は、元中国政府の高官。

・主要言語は中国語。


■ザッと、これだけを見ても、日本には参加する必要は無い。

【ノンバンク】のようなものだ。

一部に『バスに乗り遅れるな』と言う人達もいるが、【乗ったバスが安全とは限らない】し、今件に関しては【危険だ】。

それを象徴するかのように飛行機事故が起きている。




【中国が侵略先の国にして来たこと】

ボコハラムの少女誘拐と数で比較してはいけないが、中国が侵略国にして来た女性誘拐は、このまま見逃されたままで良いのだろうか?

新中国になって以来、【一人っ子政策】をとって来た中国は、圧倒的に男性が多い。

一人しか産めないので、女子が産まれた場合は・・。

お家断絶を防ぐ為には、そうするしか無かった。


■だが、そうした男子が成人しても【結婚相手】の女子がいない(少ない)。

だから、東トルキスタン(ウィグル)、チベット、内モンゴルから、若い女性を連れて来ていた。

かつてがそうだったし、これからもそうするだろう。


■もし、沖縄が中国の属国になれば、沖縄の若い女性は中国人と結婚させられる。

若い男性は、一生独身のまま飼い殺しだ。

病人やお年寄りは不要なので・・。

ほんとうに沖縄県民は、そうした未来を望んでいるのだろうか?




【沖縄県知事はサンゴ礁破砕を気にするなら、中国の赤サンゴ密猟に対しても中国に厳しく抗議せよ!】

■それを言うなら、大量に押し寄せた中国漁船による赤サンゴ密猟をも抗議するべきだ。

そちらの方が、もっと酷い。

出来ないだろう。

僅かなサンゴ礁破砕を、それこそ重箱の隅をつつくような真似をしている。

単なる言い掛かりに過ぎない。


■そもそも私的には、あの赤サンゴ密猟には疑問を持っている。

・中国の海洋戦略の一環では無かったのか?

・あの大量の中国漁船の中には、漁船に紛れた人民解放軍が居たのではないか?

・海中には、中国の潜水艦が居たのでは?

・先日の茨城県での[イルカの大群が砂浜に]も、どこかの潜水艦が発する信号・機械音に寄るものではないのか?

・・の懸念が払拭出来ない。




【山口県の至誠館大学って?】

定員240人に対して、それを上回った302人が合格・入学された。

「おめでとう!」と、素直に喜べないのが現状だ。


KRY山口放送ニュースでの内訳は、

・【萩本校】日本人39人、外国人2人の計41人。

・【東京サテライト】外国人261人(殆どが中国人)


KRY山口放送は『ベトナムやネパールなど6ヶ国から』と言っていたが、【中国人が9割近い】とは言わなかった(笑)

これで、【日本の学校】と言えるのだろうか?


■文科省は、そうした海外留学生にも私学助成金を出すのだろうか?

真面目に学んでくれるのなら良い。

だが、東京サテライト付近の住民から、『立ち退いて欲しい』、『山口県に帰って欲しい』との苦情が絶えない。

そう言われても・・。

もともと、萩本校とは関係ない生徒達ばかりだし・・。




■もっと、いろんな疑問を書きたかったのだが、中国だけで終わってしまった。

それだけ、問題が山積していると言う事だ。



■一点だけ報告して置くと、先の県議選では・・。

・[いじめ問題]に熱心な人が落選。

・無関心の人が当選。

・いじめで相手を殴り・怪我をさせた我が子をかばい、被害者に謝罪のひとつも無い人が、権力で当選。

・・まるで、今の日本の縮図を見ているようだ。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ

Trackback [0] | Comment [4] | Category [社会問題] | 2015.04.16(Thu) PageTop

◆【パラオと日本】ペリリュー島の出来事を知らない人達が多い。1万人の日本兵に1万人の米兵犠牲者を伴った戦いは隠されていた。


天皇陛下がパラオに向かわれました。

一国民として、ほんとうにありがたく感謝申し上げます。




【余談:切手収集】

■私が30代半ば頃(1985年頃)、切手趣味の会を立ち上げた。

10年程度関わったが、新規事業を創った為、日曜日の例会に出られなくなり休会した。

この20年間で1回しか顔を見せていないので(汗)、本来は退会処分だが(笑)、一応は籍を残して置いてくれているらしい。


■30年前の今頃、当時20代のT氏が収集会員名簿を持って『切手の会(支部)を創りたい』と、相談に来られた事がキッカケだった。

もう一人、度々、郵便局で出逢っていたU氏に声を掛け、3人から出発した。

発起時には、この3人の誰もが、よもや30年も続くとは思ってもいなかった(汗)


継続出来た理由は、人材だった。

県内の収集会員名簿全員に「支部創設のための準備会」の案内状を送り、15人が集まられた。

教員、公務員、会社経営者等々・・いろんな職業の人達に自由闊達な議論をして頂く中で、【この人なら】と言う人を探した。

そして見付けた。


■あとは、組織体制(役割分担)と会則作りだ。

言い出しっぺのT氏を支部長に、【この人なら】と思える人を副支部長に据えて、15人全員に何等かの役割を持って頂いた。

当然私は雑用係だ(笑)。私は、経理事務はじめ他の人には出来ない役を引き受けた。

会則は、私が予め作って居たものをたたき台にして、15人で協議しながら作った。

この時の人材の特性に応じた配置が、5年程度で70人台に至り、各地での切手展開催が続けられたと思っている。


■おもしろい事に、言い出しっぺのT氏が家庭の事情で抜け、U氏は関東へ帰り、そして私も出られなくなった。

発起人3人が、離脱してしまった(汗)

私自身は、そのような事も有り得るので要職には付かず、最初の段階で最適人者を探したのだ。


■今でもその人には「押し付けて申し訳ないと思っている」と伝えると、『そう思ってくれているのなら、ありがたい』と言ってもらえる。

いろんな立場の人をまとめて運営するのは簡単ではない事は、充分に承知している。

だからこそ彼を選んだのだ。そして正解だった。

その彼が30年にも渡って、趣味の会を支えてくれている。

(見えない処で)筆舌にし難い苦労と忍耐を伴うと思うが、彼だからこそ出来た事だ。

30年目の今年、陰ながらエールと感謝の思いを届けたい。




【切手から知った国際情勢】

■私は、東アジア中心に世界50ヶ国の切手を集めていた。

切手収集会本部の理事長が親中派だったので、当然、中国切手が優先されていた。

当時(1980年頃)は、日中両国から毎年[友好切手]が発行されていて、今のような緊迫感は無かった頃だ。

このような(これは最近のもの)
h200812_seet.gif 


■そんな私が、中国切手から中国に対して異変を感じ始めたのは20年前だった。

一人で「中国は危険だ」と言っていたが、当時の誰もが聞く耳持たず。

「中国製=安い」が主流となり、身近なものは繊維製品からドンドン中国製になり始めた。


■ちなみに、日本の企業は人件費の安さを求めて、台湾 ⇒ 韓国 ⇒ 中国と移って行った。

殆どの人や企業が、『台湾・韓国でも安全だったから、中国も安全だろう』と思っていた。

私も、1970年以降の新中国の切手は完集していたほど、中国切手の進化を楽しんでいた。

もともと、東洋絵画文化が好きで、台湾・韓国・中国・他の切手を集めながら、次第に綺麗で精巧になって行く過程を楽しんでいた。

だから決して、中国嫌い、韓国嫌いでは無い。


■このように私は、世界各地の切手を見ながら、早くから「これからの中国は危険だ。中国進出はやめるべきだ」と言って来た。

・・まだ私が[幸福の科学]も知らない頃からだ。

当時の客の一人だけが、『あの人数が、日本と同じレベルになったら怖い』と、中国の台頭を真剣に怖れていた。




【切手から知ったパラオ】

■切手趣味の会が順調な頃、太平洋に独立国が出来た。

当時は、ミクロネシア連邦と呼ばれていた中の[マーシャル諸島とパラオ]だ。

一番切手と言うことで、FDC(First Day Cover:初日カバー)を買い、次々と発行される新切手を集めていた。

img_0_m.jpg 

1983年3月10日発行のパラオ郵政一番切手のFDCです。(“のびぃ”のブログさんより:無断リンク・画像コピー御免)
http://blogs.yahoo.co.jp/coolnobby777/12539523.html


正式な独立は、さらに10年後の1994年10月1日のようだ。
---------------------------------------------------------

パラオ(Wikipedia より)】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%AA

・1981年:自治政府の「パラオ共和国」が発足、憲法を発布。

・1982年:内政・外交権はパラオ。安全保障はアメリカ合衆国が担うものとし、アメリカ軍が駐留。
パラオとアメリカの自由連合盟約(コンパクト)に、両政府が合意。

・1983年:住民投票でコンパクトは否決。
これ以降、1990年まで7回の住民投票が行われたが全て否決された。

・1992年:住民投票の可決条件を緩和(75%から50%へ)する憲法改正のための住民投票が行われ、コンパクトを可決。
同時に行われた大統領選挙でクニオ・ナカムラが当選した。

・1993年:緩和された可決条件の下、8回目の住民投票でアメリカ合衆国とのコンパクトが承認された。

・1994年10月1日:コンパクトによる自由連合盟約国として独立し、国連による信託統治が終了。

・同年:国際連合に加盟。
信託統治領としては最後の独立となる。


現在でもパラオ国会では日系の政治家が強い影響力を持つなど、日本と歴史的に密接な繋がりを持つ国である。

インドネシアなどと共に世界一の親日国ともいわれる。

------------------------------------------------------------

■てっきり私は、この1983年にパラオは独立したものとばかり思っていた(汗)

これほど日本に身近な国の存在が、日本国民には知られていなかった。

確かに[ミクロネシア連邦]は知っている。

だが、その中のパラオ諸島が、日本に密接な国だとは知らなかった。

殆どの日本人達は、そうだと思う。


■パラオの切手を集めていた私は、下記の事も知っていた。

昭和天皇在位六十年記念切手無断発行事件(Wikipedia より)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%AD%E5%92%8C%E5%A4%A9%E7%9A%87%E5%9C%A8%E4%BD%8D%E5%85%AD%E5%8D%81%E5%B9%B4%E8%A8%98%E5%BF%B5%E5%88%87%E6%89%8B%E7%84%A1%E6%96%AD%E7%99%BA%E8%A1%8C%E4%BA%8B%E4%BB%B6

親日ゆえの出来事だと思う。


この頃には、パラオやマーシャル諸島の毎月のように発行される新切手に付いて行けず、収集はやめていた。

よもや、不完全独立国の切手とは思いもしなかったが(汗)


■この頃の切手には、外貨獲得目的の不流通切手が出回っていた。

1970年初期のアラブ首長国の切手は、日本国内で制作され、主に日本国内の収集家向けに販売されていた。

なぜか?アラビア半島の国が、日本の美術等々を切手にしていた。

そして本国では使えない、収集家向けに作られた不流通切手だ。

簡単に言えば、切手の形をした【シール】だ。

だが、今では、それ等の切手は承認されて高額になっている。




【それでも、ペリリュー島の出来事は何も知らなかった】

■そうした処から、パラオを知った私だが、今から見れば、ただの偶然とも思えない。

日本パラオ友好橋建設10周年記念切手(2012年1月25日発行)
Palauhashi8.jpg 

この中に描かれている【日本国旗とパラオ国旗に極似性】がある。

一目瞭然と思うが、私には太陽と月を表しているように思えた。

さらには、パラオ国旗の月の位置が変だ?

私には、日本に敬意を表して、ワザとズラしているように思えた。


ただ、それでも、【ペリリュー島の出来事】は、何も知らなかった。

知ったのは、つい最近の事だ(汗)

◆パラオ・ペリリューの戦い、守備隊長の霊言 「憎しみでは戦えない」(The Liberty Web より)
http://the-liberty.com/article.php?item_id=9450

パラオ 

「知られざる激戦地ペリリュー島」~天皇陛下のパラオ慰霊に寄せて(You Tube より)
https://youtu.be/M4F_eGat5vA




驚いた。

こんな大事なことが、この歳になるまで【誰からも聞かされていなかった】。

そして、今なお、多くの人達は知らない。


1万人の日本兵に、1万人の米兵犠牲者を伴った戦いは、隠されていた。

知っていた人も、かなり居るとは思うが、なぜか?語ることはしなかった。

そして、ようやくNHKが取り上げたと思ったら、【悲惨さのみを強調している】。


■今回、【幸福の科学/大川総裁の中川州男大佐の霊言】に寄って、私が何十年と疑問に思っていた事の答えを頂いた。

ひとつは、まったく知らなかった(知らされなかった)[激戦地ペリリュー島]の出来事だ。

私とて戦後生まれであり、戦争当事者では無いが非常によく解かる。


こういう立派な人の存在を、日本政府はなぜ?教えないのか?

ま、ワザと言っている(書いている)のであって、友好国アメリカに配慮した裏事情は解らないでもない。

だが、この話はアメリカ側から出て来たと聞いている。

アメリカにとっても、日本は【善なる国】であり【正義の国家】だと、そろそろ認める頃かと思う。

アメリカがそれを認めると、原爆を落とした大義が無くなるが、そうした国家プライドは、【他国を蹴落として得るものでは無い】。

認めて謝った方が、よっぽど正義の大国だと言えるし、お互いの為だ。

日本は、いつまでもいつまでも謝罪要求はしない。

中川州男大佐の霊も言っている。

【憎しみでは戦えない】と。


今回、天皇・皇后陛下のパラオ訪問で、こうした事が明らかになった。

偉業を為した霊人はもちろんだが、両陛下もまた偉業を為された。


日本国民として、感謝と誇りに思います。

今日の日は忘れません。




【日本の戦争に大義は?】

■私は、明治維新以降の日本がした戦争の大義を見て来た。

[日清戦争]、[日露戦争]、[第1次世界大戦]、[大東亜戦争]のどれにも大義があった。

だが、【満州事変】だけは疑問が多く、いろんな人達に聞いたが明確な答えは頂けなかった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%80%E5%B7%9E%E4%BA%8B%E5%A4%89


■後の盧溝橋(ろこうきょう)事件も同じだが、関東軍の大義無き自作自演と言う人達もいる。

もちろん『それは違う』と言う人もいて、【正確な事が解らない】まま、今日まで来た。


■この【幸福の科学/大川総裁の中川州男大佐の霊言】の中には、元関東軍だった中川州男大佐の霊が、答えをくれている。

中川州男大佐霊の話では、[満州事変]にも大義があった。

もちろん、戦争は好き好んでやるものでは無いので、大義無き戦争は、侵略戦争だと見なされても仕方ない。

今まで中国がやって来た戦い(チベット、東トルキスタン、内モンゴル、ベトナム等)、今から中国がやろうとしている事には【大義は無い】。


だが、日本は違う。

戦いは、大義あってこそだ。

中川大佐霊の言葉のように、大義ある人は「憎しみでは戦えない」

「護るべき人達、護るべき国家を、侵略国から護る」という大義があってこそ、戦える。

命を捨てられる。

年齢や時代は関係ない。

それがサムライ魂だ。




【相手の目を見て、表情の変化を見ながら、仏性に訴える】

■昨日、『株やれ株やれ(笑)』の人が来られた。

丁度、手元に【幸福の科学/大川総裁の中川州男大佐の霊言】があったので、「読んでみないか?」と手渡した。

そして、殆んど本とは関係ない話で、言い合いになった(笑)


「」は私、『』は相手(70代後半)、《》は妻。

『何の本だ?』

「パラオのペリリュー島の話だよ」

『パラオ?そんな所は知らんぞ』・・これが70代後半の男性の言葉だ。

「元、ミクロネシア連邦の国で、明日(4/8)天皇陛下が行かれる所だよ」

『そんな話は知らん』

・・とまぁ、最初からこんな事に(笑)

で、『アンタは、パソコンもインターネットも出来るのだから、株を勉強しろ』と(笑)

「興味ない」

『株が経済だぞ』

「んっ?」

『経済ってのはなぁ、株なんだぞ』

・・そこから、話がもつれてしまう(笑)


傍にいる妻までもが、話に割り込んで来るので・・。

「黙っとれ!」(汗)

そこから永遠と続く・・約2時間(笑)


そして、『そろそろ帰ろう。ジャマしたな』と、玄関へ。

妻に、「本を持って行ってくれ」と頼む。

《あの調子では、受け取ってもらえないわよ》

「いいから、渡してみろ」

《・・しょうがないわねぇ》と、不服顔(笑)

《あの、本を・・》

『おおっ!忘れてた。読ませてもらおう。ありがとう。おじゃましたね』

《○○さん、受け取ったよ?》

「当たり前だろうが」

《どうして?》

(あんなに2時間も言い争って、喜んで受け取るなんて信じられない)ようだ(笑)


「お前の話を止めたのは、お前が俺の話に乗って言い負かそうとしていたからだ。背を向けたまま背後からモノを言ってたからだ」

「俺は相手の目や表情を見ながら、相手の仏性に語り掛けていたんだ」

「無意味な時間に見えても、相手の為の時間だったんだ」

「もう2度と来るな!って言う方が楽だけどな(笑)。それは自分の為であり、相手の為じゃない」

「○○さんは、それが解かるから受け取ったんだ。あれだけ言い争った後だから、一生懸命読んでもらえるだろうよ」

《・・そう??》


■このように、「相手の目を見て、表情の変化を見ながら激論を交わす」のは、女性には理解が難しいかも知れない。

「喧嘩相手が友人になる」とは思わないかも知れない。

要は【本気度】だ。

真剣で向かって来た者には、真剣で立ち向かう。

そうした戦いの後には、【あとくされ】が無い。


中川州男大佐の霊だって、そうだろう。

お互いに全力で死闘を尽くした後には、敵味方を超えた相手への畏敬の念すら生まれるものだ。

当時のアメリカ兵達は、『俺達は、凄い戦いをした』と、そう思ったに違いない。

軍部の方針によって、この事実は隠されたようだが、いつまでも封印できるものでは無い。


今の日本の繁栄は、こうした人知れず母国を支えた人達の愛国心によって、もたらされている。

いつまでも過去を引きずり、相手を恨み続けることが、どれだけ自分自身を落とし込めるか。

今回ことを機に、本当の日米関係が築かれる事を願う。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ

Trackback [0] | Comment [4] | Category [社会問題] | 2015.04.08(Wed) PageTop


 最近の記事
 全記事表示リンク
 検索フォーム
 QRコード
QR
 カテゴリ
 最新トラックバック
 メールフォーム
返事は遅くなるかも知れませんが、管理人に用件がある場合のみ、こちらをお使い下さい。

名前:
メール:
件名:
本文: