◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【雑感】兆候・結果から伺える危機の実態


ここ1周間程度、毎日のようにウィルスメールが送られて来ています。

多い時は、1日10件以上ですが、【脅威が検出されました】の表示が出ますが、問題はないようです。

以前は、こうした事は全く無かったのですが、念のために専門家に来てもらいます。


■ついでに、[埼玉県草加市]からも、本年度初めから異常な閲覧数と履歴がありまして調べてもらいます。

2ヶ月程度前の訪問者さんが、通常の10倍になっていましたので、私なりに調査はしています。

当時の集中コメント者が、全部同じ発信地[埼玉県草加市]でした。

発信地は市役所でしたので、市役所に電話して問い合わせもしました。

それらの資料と共に、なぜ?埼玉草加市から通常の10倍の大量閲覧があったのかを、専門家と調べてみます。


■また、壹岐愛子様という幸福実現党の候補者様を騙る(かたる)偽者が居まして、やはり[埼玉県草加市]から発信されておりました。

壹岐愛子様の選挙区が横須賀で、草加市から発信は、あり得ないことです。

この【騙り(かたり)】の正体を明らかにしようとしたら、寝込まなければならない状態になり(笑)、約1ヶ月間のロスが出てしまいました。




【削減核は、全部解体されているのだろうか?】

少しずつ、私の疑問と、現実に起きた事象が関係しているかも知れない、と思えることを述べてみたいと思います。

アメリカ・オバマ大統領は『核削減』を唱えて、ノーベル平和賞を頂かれましたよね。


■それよりも、アメリカは長い間、核実験をしていません。

削減した残りの核爆弾が、正常に起爆するかの実験はしないのでしょうか?


■そして、いくら地球が海に囲まれていると言っても、地震の震源地の大半は海の底です。

そして、なぜか?海底震源地は、陸地からそう遠くない沿岸部です。


■私は、ずっとこれが不思議でなりません。

もしかしたらですが、どこの国かは解かりませんが、削減核の実験をしているかも知れませんね。

HAAPという地震兵器より、こちらの方が現実的です。

殆どが海の底が震源地ですからね。




【北朝鮮行方は?】

■北の将軍:金正恩は、父親を毒殺した男です。

普通の思考力ではありません。


■だが、この将軍様、ほんとうに自らの身の危険はないのでしょうかね。

彼を狙っている相手は、日本は除いても、4ヶ国程度はあるのでは?

どこどこと書いたら語弊があるので書きませんが、一番危ないのが自らの国民では?

国民に武器を与えたトタン、将軍様に向かって来るのでは?


今のうちに、北の将軍様は亡命先を確保していた方が良いのかと。


それが無理なら、もしかしたら大変なことになるかも。

そんな嫌な予感は外れて欲しいですね。




【安部総理は消費税増税をしない】

あ、そうそう。

どうやら安部総理は、消費税増税をやめる予定でしょうよ。

財務省から、安倍潰しが起きていますからね。

勝栄二郎さんも、相変わらず強い権力をお持ちのようだし。

ひとりでそんなに強大権力を持てるはずもなく、大きな後ろ盾があるのでしよう。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [7] | Category [社会問題への提言] | 2016.03.20(Sun) PageTop

◆【紹介映像:新・霊界物語】第三話:人類家畜化計画、第四話:もう一つの人類家畜化。


私は[与国秀行]氏の[素戔鳴(スサノオ)チャンネル]の応援者です。
https://www.youtube.com/user/Hyokuni/playlists

幸福の科学の信者さんであっても、いきなりは信じられないような話が続きますが、【すべて真実だ】と申し上げて置きます。

理由は、私が単に共感するだけでは無く、海外の人や、海外に住んでいた人達からも、同じ話を直接耳にして来たからです。


『[幸福の科学]の教えと違うのでは?』と、思われる人もいらっしゃるでしょう。

私がそうでしたからね(笑)

ですから1年掛けて、私なりの検証をして参りました。

全部の動画を何度も観て、【嘘や偽りがないか?】の確認をしました。

そうした上で、紹介しています。


■私は、[ながら族]が染み込んでいまして(汗)、PCから離れた場所での作業時には、[You Tube]を利用しています。

◆環丸チャンネル
https://www.youtube.com/user/Seiya1948/playlists?sort=dd&view=1

何等の発信も出来ない私ですが、このように[You Tube]を利用して、いろんな情報に接しています。

[与国秀行]氏の[素戔鳴(スサノオ)チャンネル]も、そのひとつです。


■ところが困ったことに、[素戔鳴(スサノオ)チャンネル]を聴くと、著名なコメンテーターさん達の話が、軽く聴こえて来るのですよ。

彼等もまた、メジャーな放送媒体から嫌われ・避けられて、発信・コメントされているのですけどね。。

それほど重厚な内容ですので、スンナリとは受け入れられず、信じ難いかと思います。


■ただ私には、[与国秀行]氏の言葉の力が、入信時に驚愕した総裁先生の光の言葉と、似通っているように聴こえて来るのです。

内容は全然異なりますが、あちこちに散りばめられている【真理の力(エネルギー)】を感じ取っています。

[与国秀行]氏の話が、嘘・偽りでしたら、何も感じないはずですのでね。

以下のタイトルは、見たトタンに拒絶してしまいそうですが(笑)




■前回に続いて、入門編です。(これでも(笑))


◆人類家畜化計画【新・霊界物語 第三話】
https://www.youtube.com/watch?v=qlv-rQ09ai0



◆もう一つの人類家畜化【新・霊界物語 第四話】
https://youtu.be/4CYGmUtTvhw





1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題への提言] | 2015.12.22(Tue) PageTop

◆【紹介映像:新・霊界物語】第一話:新たな岩戸開き、第二話:天使VS悪魔。


私は[与国秀行]氏の[素戔鳴(スサノオ)チャンネル]の応援者です。

幸福の科学の信者さんであっても、いきなりは信じられないような話が続きますが、すべて真実だと申し上げて置きます。

理由は、私が単に共感するだけでは無く、海外の人や、海外に住んでいた人達からも、同じ話を直接耳にして来たからです。


■第5話以降の話を聞けば、自分が正しいと思っていたことが、真逆になることもあるでしょう。

何が何だか解らなくなるやも知れません。

それは、別の視点から見た場合、同じものでも異なって見えるからです。


■そのことを、私は円筒形の茶筒の例えを用いています。

真上から見た人は『丸い』と言います。

真横から見た人は『四角だ』と言います。

どちらも間違ってはいませんが、どちらも正解でもありませんよね。

正解は、少し角度を変えた処から見た円筒形です。


じつは私達は、『丸だ』、『四角だ』と、自分の視点から見て、争っている事が多いのですね。

世の中の争いの殆どは、こうしたことによります。


もうひとつ、【仕掛られた争い】がある事を、知る必要があります。

だけどもそれは巧妙であり、なかなか気付くことは難しいです。

意図的に価値観の違うものをブツけて、争わせているので、当人達には解かりません。

だけども確実に、そうした仕掛人(悪魔軍団)が存在します。


この悪魔軍団が狡猾で得意なものが、【内紛】です。

最初は、『丸だ』、『四角だ』と、やらせています。

そして両者が共倒れするのを喜んでいます。

いつの世も、内紛を喜ぶのは、仕掛人(悪魔軍団)であり、傍観者です。

そしてまた、仕掛人(悪魔軍団)が獲物として狙っているのも、傍観者です。

傍観者こそが、この世を天国・地獄に分けるキーホルダーなのですよ。




■[与国秀行]氏の[素戔鳴(スサノオ)チャンネル]では、その仕掛人の正体とは?を、疑問を投げ掛けられながらも語られています。

『丸だ』、『四角だ』とは違った角度から語られています。

そうして違った角度から見ることが【義】であり、正しく見ることが【正義】の一面でもあるかと思います。


■まずは、基礎編です。

◆新たな岩戸開き【新・霊界物語 第一話】
https://youtu.be/XN1JfPFRtBA



◆天使VS悪魔【新・霊界物語 第二話】
https://youtu.be/Ct5fxSzfHV0





1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


Trackback [0] | Comment [3] | Category [社会問題への提言] | 2015.12.21(Mon) PageTop

◆【雑感あれこれ】日本型年功序列と終身雇用vs欧米型男女共同(平等)参画社会&男女の本質の違いを知る。


【今の若者達は】の言葉は、どの時代にでも言われて、聞かされて来た言葉です。

私達の時は、『エレキギター = 不良』、『大学生 = 学生運動』と見られましたね(笑)

僅か1割にも満たない者達のおかげで、全員がそういう者達かの如く見られました。

一方では、『金の卵』ともてはやされて、就職列車乗って上野駅に♪(笑)


■ま、その言葉自体は代々受け継がれて来たものです。

私達も言われて来たし、そうして言っている大人達もまた言われて来たのです。

いわゆる[ジェネレーション・ギャップ]でもありますが、近年になるほどギャップが開いて埋まらない・・感じです。

そうして大人達は、悪さをしている子供達を見ても何も言わなく成り始め、次第に見て見ぬ振りする人達が増え始めました。



 
【見て見ぬ振りして、叱る大人達が居なくなった】

私は、これを深刻に受け止めています。

特に、長年[いじめ]問題に関わる中では、痛切に感じます。

[いじめ]問題に関しては、過去にも書いて来たので、ここでは書きません。


ただ、最近頻繁に目にする[児童虐待や育児放棄]の殆どは、【(平均)15年前に受けた、やった、いじめが原因】とだけ述べて置きます。

統計に表れています。

[いじめ]の右肩上がりの増加線と、[児童虐待や育児放棄]の増加線が、15年置いて【右肩上がりの平行線】になっています。

これは、(平均)15年前に[いじめ]に遭った・やった子供達が、大人になって結婚しているからです。

それほど[いじめ]は根深いものですが、今まで何度も書いた話なので、またの機会に致します。




【年功序列と終身雇用、そして欧米型男女共同(平等)参画社会】

■良くも悪くも私達は、欧米社会の影響下にあります。

それはまた、日本の形を変えることになり、日本人の【心】をも変えてしまったかの如くです。

(私自身は、まだ日本人には【大和魂とサムライ精神】が残っていると信じています)


■かつての日本型社会の基本は、[社会や家庭に於いては、年功序列]であり、[企業精神に於いては、終身雇用制]がありました。

また、男女の平等に於いても、[日本型は、男尊女卑]と言われて来ました。

ほんとうに、そうだったのでしょうか?


■1970年初頭には、こういう歌が唄われていました。

(レコードは持っていますが、動画UPして著作権法に触れるのが嫌なので、歌詞だけ紹介します)

◆朝の四時頃/私の子供たちへ:高石ともやとザ・ナターシャ・セブン

【朝の四時頃】
朝の四時頃、空弁当さげて、家を出て行く、親父の姿
ズボンはボロボロ、ももひきはいて!~
ああ、あわれな、親父の姿

朝の四時頃、空弁当さげて、家を出て行く、親父の姿
パンツはビロビロ、中身が見える!~
ああ、あわれな、親父の姿

朝の四時頃、空弁当さげて、家を出て行く、親父の姿
靴はボロボロ、ボロたびはいて!~
ああ、あわれな、親父の姿


[スキー唱歌]の替え歌です。・・唄ってみて下さい(笑)

山は白銀、朝日を浴びて、すべるスキーの、風切る速さ
飛ぶは粉雪か、舞立つ霧か!~
おお、この身も、駆けるよ駆ける

想像して頂きたいのが、朝の四時頃に何も入っていない空の弁当箱を下げて仕事に出る父親の姿です。


【私の子供たちへ】
生きている鳥たちが、生きて飛び回る空を
あなたに残しておいてやれるだろうか・・父さんは

目をとじてごらんなさい、山が見えるでしょう
近づいてごらんなさい、こぶしの花があるでしょう

生きている魚たちが、生きて泳ぎ回る川を
あなたに残しておいてやれるだろうか・・父さんは

目をとじてごらんなさい、野原が見えるでしょう
近づいてごらんなさい、りんどうの花があるでしょう

生きている君たちが、生きて走り回る土(国)を
あなたに残しておいてやれるだろうか・・父さんは


『この美しい日本の姿を、我が子に残してやれるのだろうか、父さんは』と、変わりつつある日本を憂いた素晴らしい曲です。


そこには[男尊女卑]的な考えは無く、身命を賭して家族・家庭を護る、父親像が表現されています。

父親は全力で家族を護り、母親も必死で家庭を護る。

それこそが、つい最近までの日本人の姿だったのです。




そうした日本に、欧米型男女平等の考えが入って来ました。

ぶっちゃけて言うと、【男も女も全部平等。仕事も待遇も平等であるべき】と云う考え方です。

もちろん、この考え方の全部が悪いと言うのではありません。

だけども日本に於いては、この【男女共同参画社会】が産みだした功績より、弊害の方が際立ちます。

何よりも、この【男女共同参画社会】運動は、【日本の家庭を壊し始めた】のです。


■元経営者だった私から見れば、【一家丸ごと面倒見る責任】を持たなくて済みます。

かつての経営者は、【従業員の家族丸ごと面倒をみる】気構えを持って居ました。

ですから私も、【自分達の給料より、社員の給料の方が多い】零細企業者は、随分と見て来ました。


■だけども、女性が職場に出て来れば、そうした【一家丸ごと面倒見る責任感】が薄れます。

実際に薄れ始めました。

気持ちの上でも、【従業員の家族ごと面倒】みなくて、済みます。

楽ですね(笑)

そうして日本の企業から【従業員は家族であり、従業員の家族も家族】という意識が薄れて・・、無くなりました。

今では、【雇用者と、単なる従業員】です。


■1990年代からのデフレ不景気もありますが、このように【男女共同参画社会】運動は、日本の企業家精神を根底から破壊してしまいました。

もともと日本の企業体質には、合わなかったのです。

合わなかったものを、無理やり合わせた為に、日本特有の企業家精神が、ガラリと変わってしまいました。

今では、大企業から中小・零細・家内企業まで、【従業員は家族であり、従業員の家族も家族】という考え方を持つ企業家は、珍しいでしょうね。




【丸い円形から、いびつな楕円形に】

■また、雇用側の精神変化だけでは無く、雇用される側にも精神変化が起きました。

日本独自の[終身雇用制]は、
企業が【従業員の家族丸ごと面倒をみる責任】を持ち、働く者達も『毎年給料UPが保証されているので、会社に骨を埋める』覚悟の人達が数多くいました。

そうした一体感・責任感が、日本の高度成長の基盤になっていました。

解かりやすく言えば、【安心して働けた】のです。


■デフレと合い重なって、【男女共同参画社会】は契約型社会へと変化し、従業員は【家族から契約労働者】となりました。

正規・非正規が、いろいろ言われていますが、もっと大切な視点での日本型企業精神が、スッポリ抜け落ちています。


女性が活躍する社会、大賛成です。

その言葉だけ見たら、異論はありません。


■ただし!です。

【男女の持つ特性・本質を理解】した上で、です。

男性の特性は、タテ軸に伸びる推進力です。

女性の特性は、ヨコ軸に伸びる安定力です。

このタテ軸とヨコ軸の伸び方が均等な場合、安定した【丸い円形】になります。


不均等な場合は、【いびつな楕円形】です(笑)

そして現在の日本社会は、後者です。

なぜ、【いびつな楕円形】なのかは、男女の特性・本質を知らないままの社会になっているからです。




【男女の特性・本質】

■家庭・家族を樹木に例えれば。

ガッシリとした太い幹は、父親。

地中に広く深く拡げている根は、母親です。

幹と根は本来同じものでありながらも、違った役割が与えられています。

そうして木は樹となり、安定成長します。

やがて、花が咲き、実が成ります。

人間で言えば、我が子の誕生です。


ところがここで、『目立たない根は嫌だ!目立つ幹がいい!』と、根っこの役目を放棄したら・・、樹木は枯れてしまいます。

家庭崩壊です。


■私は同じように、野球の例えも用いています。

投手は豪速球の、父親。・・主役です、一応(笑)

捕手は、母親。・・観客に背を向けてマスクを被り目立ちません(笑)。だけどもチーム全員を見ています。

子供達は野手で、家族でチームを成しているとします。

それぞれの持ち場で仕事をしているから、チームとしての力が発揮できます。


もし、捕手である母親が、『目立たない捕手は嫌だ!投手がいい!』と言い出したら、チームはどうなるでしょう。

コテンパンのメッタ打ちされますよ(笑) ※1

極く極く稀に、通用する人がいても、長続きはしません。

チームは連戦連敗。

消滅(笑)


※1 中3のクラス対抗でのソフトボールの時、『投手は女子』との約束で試合が始まり、初回だけで20点取られました(笑)

どんなに守っても、ポンポン球が飛んで来るし、ベース上は走者で大賑わい(笑)

いつまで経っても終わらないので、とうとう『投手は女子』の約束は反故にして、男と交代。

そのまま試合は進みました。

だが、初回の20点は取り戻せません(笑)

ボロ負けでしたね(汗)

だけどなぁ・・、あの初回のボロ失点はナシにしないと、不公平じゃなかったのかなぁ(笑)

・・という、もの凄く楽しい悔しい(笑)経験もしました。




ほんとうは、まったく別の話を書く予定でした(汗)

その前提にあるものは何かな・・って、考えながら書き始めたら、終わりそうも無いので(汗)、ここいら辺にします。


もし、明日以降も時間が取れたら、書くつもりです。

・・【たら、れば、つもり】は、アテになりませんけどね(笑)




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題への提言] | 2015.12.08(Tue) PageTop

◆【光と闇】宇宙と地球。


ほぼ1年前から、[与国秀行氏のYou Tube]を知っていたが、真の真実ばかりなので、頃合いを見はからっていた。

真の真実なので、いささか(かなり)過激なのだ(笑)

どなたかが[与国氏]のブログ紹介されていたので、「そろそろいいかな」と思い、当ブログでも紹介することにした。

◆梁山泊 (与国秀行)
https://www.youtube.com/user/Hyokuni/videos


◆我々を奴隷状態におく者たち
https://youtu.be/eaPkuIvD-JE


◆『新・霊界物語』第一話 新たな岩戸開き
https://youtu.be/XN1JfPFRtBA


この続きもあるので、興味ある人は[You Tube]の表示を見て下さいね。


誤解して頂きたくないのが、かなりアメリカの闇を暴露されているが、これは決してアメリカ批判しているわけでは無い、って事だ。

言われているのは、アメリカの一部の人達だ。

私も何年か前に当ブログに書いているが、アメリカの闇と言われる【暗黒思想&人達】が存在する。

こうした闇社会を語れば、マフィア組織や石油メジャーが出て来るが、それは的を得ていない。

[与国氏]も語られいている[闇信仰者達]が、実際に存在するのだ。

もちろんユダヤでは無い。(ユダヤ教徒が多いのは、ある)

その者達によって、世界の現実は動いている。


■そして、彼等と別派の[闇]が旧ソ連・中国に入り、世界の緊張を創り続けている。

戦争・紛争を好み、武器を与えて、まるでゲームを見るかの如く楽しんでいる。

その為の武器開発には余念がない。


代表的なものが[核兵器]だ。

そして今では[核兵器以上の武器]が造られている。


この[闇]とは、先日の[UFO学園の秘密]に出て来たレプタリアンだ。

生身のレプタリアンが変身している者と、魂がレプタリアンの者達が居る。

それぞれの国での覇権争いをしながらも、情報面では繋がっている。

彼等の目的は、この美しい地球と地球人の支配だ。


■そしてこれは、今に始まったことではない。

地球が誕生して、恐竜時代の頃から始まっている。

レプタリアンによって最悪の事態に陥った文明は、地球の自浄作用によって海の底に沈んで来た。

そして今の地球文明も、その危機にある。


■直接の原因は彼等レプタリアンかも知れないが、彼等を怖れ、彼等を信仰して来た者達が居たからだ。

現在のアメリカ・中国の中には、強力で悪質なレプタリアンが居る。

そうした悪質レプタリアンと、従う者達を[闇の勢力]と言う。


何十億年もの地球の歴史は、この[闇の勢力]と[天上界の意思を受けた者達]との戦いだった。

それを終わらせる時期に来ている。

だが一歩間違えば、終わらせるのでは無く、地球の自浄作用によって現文明が終わってしまう。

今は、そういう時代だ。


要するに、人々の心の問題が、すべてだ。

天国側に付くか、闇側に付くかだ。

レプタリアンは、『もともと天国から生まれた人間(魂)でも、この3次元世界では【悪に染まりやすい】』と、知っている。

それを最大限に利用して、この世にいろんな【悪】を撒いている。

戦争よりも怖い方法で、現人類を貶めている。


今の世界のアンバランスは、こうした理由によっている。

異常気象や天変地異は、そうした人類への警告であり、いつ【最終警告、決断】が為されてもおかしくない処まで来ている。


要するに、中国が悪いだの、アメリカだのでは無く、世界全体がおかしくなっているのだ。

このままでは、いけない。

当然だ。

そしたら、【何をする?】

『レプタリアンが世界を狙っています!』と、伝え回るのか?

それは、知識として知って置くだけで良い。

やらなければいけないのは、【調和の心を持つ】事と、【屈しない勇気】だ。

その上で、「地球はもちろん、宇宙平和とは何か?」という【智慧】だ。


悪質・凶暴なレプタリアンにも弱点がある。

【善悪の判断が出来ず、損得勘定で考えている】ってことだ。

だから、【究極の善悪観】を教えている宗教を嫌う。

レプタリアンに毒されている中国共産党を見れば分かるだろう。

徹底的に宗教を排斥し、【善悪観】では無く、【勝負・損得】の世界にしようとしている。


■レプタリアンは、もちろん日本にも居る。

見破るには、考え方が【善悪観】か、【勝負・損得観】かを見れば良い。

そして、【波動は荒く、言葉遣いも汚い】。

ネット上でも、『あいつはレプタリアンだ』と叫んでいる者が、じつはレプタリアンだったりする(笑)

【善悪観】が麻痺しているので、正反対に見えるのだ。


■この【善悪観】は、天国の入り口にあたるもので、その上がある。

いわゆる悟りの世界だが、まずは道徳を超えた【善悪観】を持つことだ。

それが、やがては世界平和に繋がり、宇宙平和の見本となる。

そう。

この地球は、全宇宙から見て、【どうしたら好戦的な宇宙人と調和を取れるのか?】の、注目星なのだ。

私達地球人は、それだけの責任を負って生まれている。


スケールの大きな話だが、これが真実だ。

私達が、全宇宙の善き手本になるのか?、悪しき実例になるのか?は、今から数年で決まるだろう。

善き手本になりそうだったら、宇宙からの善良な応援も入るだろう。

すべてが、【人心次第】だ。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題への提言] | 2015.11.13(Fri) PageTop

◆宇宙からの脅威と地球平和 [過去記事移動]


 
 【過去記事移動】 過去、このブログに書いている中で、今でも使えそうな話を移動します。 - 2010年3月3日のブログより。



■じつはみなさん、この地球には宇宙人が来ています。

インカ以前の文明の時代からです。

人間の皮を被り、ひょっとしたら、みなさんの近くに居るかも知れません。

・・ってこと書いたら、「何を馬鹿な!気が狂ったか!」と思われるのが普通の日本人でしょう。

だけども、そう思われるのは日本人だけです。

欧米では、UFO当り前、宇宙人当り前です。

日本だけが、宇宙人情報が、異常に遅れているのも知らされていない現状にメスを入れます。


■日本は、宇宙科学技術だけは、世界の一等国の中では、最も遅れています。

それは、後述の宇宙人とのコンタクトが無いからでもありますが・・。

space1.jpg


「何万年光年もある星から、どうやって来るのか!」と、聞かれることが多いですが、それこそが、根拠のない科学万能説に陥っている証拠です。

宇宙空間には次元構造の違いがあります。

異次元空間をワープして来れば、ほんの一瞬です。

決して、SFの話ではありません。


■昔、「V」という気味の悪い番組がありました。

あれに出ていた宇宙人は、爬虫類型レプタリアンです。

現在、アメリカのエリア21という地区の地下に、1200数体来ています。

そこで、アメリカと協定を結んでいます。

宇宙技術を教える代わりに、各種実験を許しています。

その中には、人体実験も含まれています。

圧倒的に技術が違うので、宇宙人の言いなりです。

それを、アメリカ政府は隠しています。

発表しようとした大統領も居ましたが・・、残念なことになりました。


アメリカ発の多くのSF(サイエンス・フィクション)映画は、じつはフィクションではありません。

多くの場合、宇宙人による知覚操作です。

前述の「V」もそうですし、「2001年宇宙の旅」もそうです、モノリスは実際にあります。

「未知との遭遇」、「ET」は、グレイと呼ばれる宇宙人です。

正確には、グレイは、レプタリアンが創ったアンドロイドです。


■ロシアにも、異種のレプタリアンが住み着いています。

だからこそ、両国で宇宙競争が行われました。

人類にどこまで可能かの実験でした。


■他にも、多くの宇宙人が、人間になって住み着いています。

善良な宇宙人が多いのですが、それは【宇宙協定】という、約束のようなものがあるからです。

人間が協定違反をするように、一部の宇宙人も、この協定破りの者達で、地球人実験をしています。

このくらいいいだろう・・です。


■「宇宙人って悪い奴等だな」と思われるかも知れませんが、じつは、レプタリアン系のエンリルが地球に創った文明があります。

古代シュメール文明です。

後のエジプト文明に繋がって来ました。

エンリルは、大気を操り、嵐を起こし、天変地異を起こすことが得意な神霊です。

神霊と言っても、ヨガや、天狗や、仙人系の最高位にある、気性の激しい霊人です。

天上界には居ますが、他の神々に忌み嫌われて、島流しのような場所にいます。


■確かにエンリルは、古代シュメール文明を築くなど、地上に貢献はして来たのですが、
その考え方が、いわゆる【ワガママ】な性格であり、調和を乱す原因となっています。

(このエンリルの弟子が、悪魔の元祖となって地獄界に君臨しています。6月は悪魔となった彼の誕生月ですので、闇が濃くなります)


■エンリルはレプタリアン系宇宙人ですので、【裁き神】と呼んでもいいかも知れません。

地球の地震を除く、天変地異の殆どは、このエンリルがやっています。

彼にとっては、「悪い事、悪い思いが蔓延している場所は、一からやり直せ」が、基本です。

彼なりの警告でもあります。


■今、彼、エンリルは大変な計画を練っています。

まずは、この地球にUFOを実際に現わして、地球人の発達度を見ようとしています。

冷静になって対処するか、パニックになるか・・です。

その次には、惑星衝突です、数年後です。(注:この惑星衝突の話は隠されています)

その小惑星は、太陽方向から来るので、見えなくていきなり現われます。

実際には衝突させるつもりは無いようですが、いかにも彼らしい荒々しく、人類への警告を行うつもりです。

この時の人類の慌てる姿を見て、次の判断をしようとしています。


人類が協力して対処するのであれば、【可】。

もしも、慌てふためいて、パニックになって、我先に逃げようとしたり、暴動起こすのでは【不可】。

不可ならば、現代文明を一から始めることを目論んでいます。

私達は、彼の怖ろしいまでの力と考え方を知って居ます。

暴力団やマフィアの比ではありません。


■だからこそ、彼、エンリル達に、余計な真似をさせたくないのです。

現人類を守りたいのです。

新しい人類を創ろうとするエンリル達と、戦わなければならなくなりました。


その為には、この地球上から【いろんな戦争】、【負の思い】を無くさなければなりません。

【未来は絶対に明るいのだ!】と、信じる人達を増やさなければなりません。

不幸の未来を描く人達には、希望を持って頂ける世の中にしなければなりません。


今は、地球の危機の時期なので、多くの宇宙人が様子を伺いに来ています。

地球人が平和になれば、宇宙人達は帰って行きます。

地球の危機とは、【不調和】そのものです。

それが形になったものが、戦争であり、紛争であり、家庭内暴力であったりする、あらゆる【堕落】です。

だからこそ、【自助努力】、【思いやり精神】が主流になった時、地球に平和が訪れます。

そうした時に、宇宙からの危機、天上界の天変地異を起こす霊人からの危機は去ります。


この宇宙の話は、絶対にウソではありません。

今、まさに、神と悪魔の戦いが始まっています。

心して置いて頂けたら幸せます。

そして、お力添えをお願いします。

地球の10年以内の近未来が掛かっています。(この時点では2020年ですが、2012年までに最大の危機が訪れそうです)


■もしも私達が負けたならば、エンリルは「ご和讃願いましては」の世界にするつもりです。

ですから絶対に負けられません。

未来を明るくしなければなりません。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ

Trackback [0] | Comment [3] | Category [社会問題への提言] | 2015.06.04(Thu) PageTop

◆【言霊(ことだま)】無き言論自由の国、その名は日本。


1週間以上前に書いていたものですが、UPするかどうかを考えながら見送っていました。

やはり、私個人として見過ごせないので、UP致します。




【時事ニュース】

■私は、いろんな[Web動画ニュース]を耳で聴きながら仕事をしている。

手(眼)が空いた時は、[Webニュース]の文字を見ている。


新聞でも同じだが、【大見出し⇒中見出し⇒小見出し】の順で見て居る。

TVニュースも録画しては居るが、【超早送り】だ(笑)

「これは」と思うものだけ、見聞きしている。

そして殆どは残らない。


■[Webの動画と文字ニュース]だけでも40社以上ある(笑)ので、余程のものでないと引っ掛からない。

解釈や是非の違いはあるが、【殆どが同じニュース】なので憶える必要のないものばかりだ。

せいぜい【大見出し】だけを憶えて置くだけで良い。


■もちろん私は[幸福の科学]の信者であるので、[幸福の科学/幸福実現党]関係のものは時間を掛けて読んでいる。

殆どの場合は、これだけで良い。

普通は、個人的にはそれだけで充分なのだが、こうしたブログを書くからには、他のニュースや言論記事にも目を通している。




【田原総一朗氏】

■数日前、[You Tube]を見ていたら、青山繁晴氏と田原総一朗氏が言い合っていた。

だが、中身までは憶えていない。

青山繁晴氏が『朝生(あさなま)になって来た』と数回言っていたのだけ憶えている(笑)


■その中で、田原総一朗氏だったと思うが『【原発廃棄物はどうするのか?】と聴いたら、どこの党の誰も答えられなかった』と言われていた。

[幸福実現党]は呼んだのかな?訊いたのかな?

政党要件を満たしていない政党で無いから、無視なのかな?


■そもそも、この【政党要件】は、何を基準に言われているのかな?

[政党助成金]をもらう時の要件だけだろう。

法律的には、ゼロ議席であろうが政党のはずだ。


田原総一朗氏は、それを解かっていながら、『時間の都合』でマスコミに歩調を合せる人のようだ。

なんでも、少数政党は『呼んでも、話す時間を与えなければ良い』そうだから。

本気で言われていた。

かつてのような切れ味も無くなったので、そろそろ引退されては如何だろうか。




【青山繁晴氏】

■また、青山繁晴氏に関しては、氏を誹謗するような発言を耳にした。

◆青山繁晴が番組中に暴言した香山リカに大激怒!(You Tube より)
https://youtu.be/Ydy5_IeuiSY



■私個人は、青山繁晴氏の語る情報には興味があるし、考え方もそんなに違わない。

だが、青山氏の信者でも信奉者でも無いし、(全面的な)共感者でもない。

【是々非々】の内の、是の部分が幾分多いだけだ。


◆青山繁晴さんが暴露するマスコミが報道しない翁長知事の正体(You Tube より)
https://youtu.be/MI_Cq7XkHwg

私達は知ってはいるが、世間の人達の殆どは知らないだろう。

なので、青山繁晴氏には頑張って頂きたい。




【[DHCシアター]の担当者は、宗教そのものへの侮蔑と偏見があるのでは?】

■[DHCシアター]の担当者は、『不適切な発言だった』を繰り返されてはいるが、宗教そのものに対しても誹謗中傷してはいるではないか!


番組制作側は青山繁晴氏に対して謝罪をしていたが、会話の内容には【宗教への侮蔑と偏見】が含まれている。



■青山繁晴氏の熱心なファンだったら【宗教者】なのか!


言論人の青山繁晴氏が【宗教家】であるはずも無いこと。


■たとえ青山繁晴氏に対してのジョークとしても、
そこには【宗教への偏見】があるではないかな?

そのことに関しては何も触れていない。

真面目に宗教を学ぶ者として、こうした不快な発言はやめて頂きたい。

【宗教への侮蔑と偏見があった】事をも謝罪すべきだろう。



そもそも、[DHCシアター]の方々は、【宗教】を何と見ておられるのだろうか?

世界中にある【宗教】を、ああして簡単に用いても善いことなのだろうか?

確かに一部には、おかしな間違った宗教もある。

だけども、それよりも、人類史と共に歩んで来た宗教の方が圧倒的だ。


■あなた方は、[イエス]を超えた愛ある存在なのか?

[釈尊]を超えた智慧者なのか?

あなた方は、そうした聖者を見下してはいないか?

それとも、そんなに凄い人達なのか?


■あなた方は、そうした偉人を超えた偉人である人達が、人類を導くための方法としての【宗教】を小馬鹿にしていた。

その事に対しては、【一言の謝罪も説明も為されていない】と見るが、如何なものか?




【言論人の本音?】

■下記は、ネットで見かけたものだが、シルバー層としては黙って置くわけにはいかないので、転用・引用させて頂く。

◆都構想の否決を「シルバーデモクラシー」と批判する人の正体。
「情弱の高齢者が都構想をツブした」というデマをふりまく知識人達よ、情弱はお前らだ!(LITERA:2015.05.20.)
http://lite-ra.com/2015/05/post-1118.html

反対が賛成を上回った「大阪都構想」の住民投票の結果について「これはシルバーデモクラシーだ!」という批判の声が広がっている。

またの呼び名を「老害投票」とか言うらしい。


[シルバーデモクラシー]とか[老害投票]とか、聞き捨てならんな。

・辛坊治郎氏=「将来の大阪を決めるという意味においては、今後何十年も住んでいく賛成の人達は圧勝しているんだけども」などと主張。
他にも、生活保護者や老人を貶める下劣な負け惜しみを口にしていた。

・都構想賛成派や評論家が一斉に「結果は少子高齢化による世代間格差のあらわれ」なる論をもっともらしくぶち上げている。

・池田信夫氏=「これが日本の諸悪の根源。老人の老人による老人のための政治」


■どこからどう見ても、単なる負け惜しみだ。

言い訳から【論理のすり替え】をしている。

もしくは、本当に、情報を知らない人達なのかも知れない。


■そうした宗教心の見えない言論人の言葉には、【言霊】が無い。

それが解っていない人が多い。

不幸なことだ。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ

Trackback [0] | Comment [3] | Category [社会問題への提言] | 2015.06.01(Mon) PageTop

◆【智慧と信仰心】日本人の信仰心で10倍の智慧を持とう。日本を守るには智慧と信仰心は不可欠。


【沖縄の現状&惨状】

[幸福実現党]は2009年5月の立党以来、【中国による沖縄危機】を訴えて来た。

私も、「親中国系左翼の者達が沖縄に入り込み、【沖縄独立を掲げる】」と伝えて来たし、当ブログでも何度も書いて来た。

殆どの者達は『そんな馬鹿げたことが出来るわけが無い!』と言っていたが、今の沖縄の現状はどうだろう?

現実は、6年前から[幸福実現党]が言っていた通りに向かっている!


あの沖縄で騒いでいる連中の大半は、沖縄県人では無い!

本土の左翼運動家達だ!


そしてTVマスコミは、日本本土に、この沖縄の現状・惨状を殆んど伝えていない。

だから、これだけ大変な事になっている事を、【全く知らない人達】がいる。

知っていても、『政府がなんとかするさ』と、ひとごとだ。


だが、これが今の沖縄の現実だ!

◆【潜入】県民以外のプロ市民が多数参加!!辺野古移設反対の沖縄県民大会レポート(THE FACT より)
https://youtu.be/ZdYLMyqEzRQ



次に、この中のコメントを見て頂きたい。

◆【海外の反応】「日本は自国を守れるのか?」 辺野古移設 大規模反対集会に様々な声(You Tube より)
https://youtu.be/if-9CwWIc2U


『ならば、米軍を引き上げよう』のコメントもある。

もちろん、作為的なコメントが有る事も考慮しながら見なければならないが、【日米関係をブッ壊そうとする勢力が居る】のは確かだ。


そうした中[幸福実現党]の矢内筆勝氏が、県民を装った左翼活動家達と対峙した。

◆「オール左翼」の5.17沖縄県民大会【沖縄最前線!】(You Tube より)
https://youtu.be/tC5z3G_kFWY



◆キャンプシュワブ ゲート前での幸福実現党街宣【矢内筆勝】(You Tube より)
https://youtu.be/SkDaD8kPyEc



『なにが左翼だ!』と言う声が聴こえるが、極左(極左暴力集団)だ(笑)

それも、前世紀の遺物と思っていた【革マル派(日本マルクス主義学生同盟・革命的マルクス主義派)を、堂々と掲げているではないか!

kakumaruha-1.jpg 

【革マル派】を名乗って居て、『沖縄県民のため』など、大嘘だ!

もちろん日本国家のためでも無い。

【マルクスを信奉する国】のためだ!




【革マル派達は、日本国を[マルクス主義国家]にしようとしていた】

■私達(団塊世代)が若い頃、こうした【革マル派】と否応なく向き合った。

割合にしたら、同世代の1%にも満たない彼等が(荒れた)時代を創った。

公安警察や警察機動隊が【反国家主義】の彼等と対峙し、次第に地下に潜り、姿が見えなくなっていた。


なんと!半世紀後の今になって、再び日本国を【マルクスを信奉する国】に捧げようとしている!

日本人よ、本気になれ!

彼等は常に【日米を切り裂こう】とするので、彼等から日本国を守ろう!


団塊世代も隠居している時ではない、・・なくなった。

もう一度、彼等から国家を守らなければならない時が来た。




【団塊世代と徴兵制度】

[徴兵制度]と聞くと、今の若い人達は『絶対に嫌だ』と言うだろう。

私達だって嫌だった(笑)

つい先日、どこぞの放送で『70歳以上を徴兵に』と言われていた。

そもそも、[徴兵試験]で落ちてしまうだろうに(笑)

自衛隊が老人病院になってしまう(笑)


■それは冗談。

私達の世代(まで?)は米ソ対立の真っ只中であり、[徴兵]をも覚悟していた。

(徴兵で駆り出されるかも知れない)という思いは、多くの者達が持っていた。

そして、(その時が来たら仕方ない)と、思っていた。

日本国のために、戦うつもりだった。


一部に、それ(徴兵)が怖くて受け入れられない者達の中に、『戦争反対!』を叫んで、さも、【平和主義者の如く振舞っていた者達】がいた。

中には、当時の【仮想敵国(ソ連)と同じ思想を持つことで、我が身の安全を守ろうとしていた者達もいた。


今で言えば、【我が身可愛さに中国化する人達】と同じだ。

そうした人達が、平和主義者であるはずが無い!


■そうした中でも、[極左]と呼ばれた者達は、少し違う。

日本を共産国家にしたい確信犯だ!




【なぜ?今なのか?】

■私の高校時代の身長は176cm(体重72kg)で、50人クラスで後から5番目くらいだった。

だが、皆んなそんなに違わない。かなりの者達は170cm台だった。

平均身長で言えば、今の高校生より大きかったのでは?

・・と思ったが、調べて見たら今の高校生の方が5cm高い(笑)

◆日本人の平均身長・体重
http://paro2day.blog122.fc2.com/blog-entry-9.html

ま、私個人は、今の高校生平均より身長で6cm・体重で14kg多いことなるが、【体力と総合力】だったらどうだろう?

私のような体格の者達はゴロゴロ居たのだ。・・現在も居るが(笑)

なぜか?私の身辺の者達は背が高い?175~180の者達は結構いる。


■それを思うと、(どうして今なのか?)を考えてしまう。

猛者達が多かった私達団塊世代ではなく、「なぜ?今なのか?」・・だ。

ずっと、気になって仕方ない。

今のような戦争の危機があるならば、私達の方が人数的にも総合力でも、戦いに向いていただろうに。・・と思ってしまう。


天上界の計画が「戦争の危機を見越した出生」ならば、それに応じた人達を出すはずだ。

だからこそ、明治維新期の偉人達がこぞって産まれているのだろうが、どうやら【体力勝負ではなさそうだ】。




【智慧ある時代に、智慧で勝て】

江戸末期に活躍した人達の中には、かなりな割合で【知的な人、智慧者】が居た。

思想家として[吉田松蔭]、[橋本左内]、[勝海舟]・・等々。

学者として[福澤諭吉]、[佐久間象山]・・等々、多くの人達。


一例として[大村益次郎]を挙げる。

田舎医者の子供として育ち、オランダ医学を学んだ。

趣味として、【洋式兵学書】を読んでいた。

幕末になり、蘭学者は数多かったが、【洋式兵学書の専門書】を読める者が居なかった。

ゆえに、幕府に三顧の礼を持って、【洋式兵学書の解読者】として迎えられる。

[大村益次郎]の頭脳が、幕府を救ったのだ。


また彼は、地元の長州征伐では【数学・物理学】を用いて、敵の鉄砲玉が届かない位置から、身軽な軽装と新式銃で全滅させた。

どれもこれも、かつて無い戦法だったので、大群の幕府軍とて負け戦さ。

ほんの百数十年前、そうしたことがあった。


■現在と重なって見えてしまう。

もはや、【かつての(核を含めた)武器・戦力の時代では無い】のかも知れない。

力で力を封じ込める時代では無いのかも知れない。


だけども、【圧倒的な戦力差】が無いと、抑止効果は働かない。

考えられるのは、ただひとつ。

日本の持つ技術力で、(核を含めた)武器を封じ込める物を造ることだ。

不可能では無い。

充分に可能だ。

それなら、私達のような馬鹿力人間は要らないし(笑)、納得も出来る。


■そうした事態が来ない事を願うばかりだが、相手の自滅や自粛を待つのは危険な考え方だ。

仮想敵国の10倍の力があれば、戦争は無い。

その力を産み出すには、日本人の智慧と技術力が不可欠だ。

[知恵]では無く、敢えて[智慧]と書いたのは、[智慧]に含まれる【信仰心】が不可欠だからだ。


宇宙からの客も(笑)、[智慧]ある人達の所へは善き客が来るだろう。

そうした善き客に、[10倍の力]を教えてもらうのも良いだろう。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ

Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題への提言] | 2015.05.22(Fri) PageTop

◆【教育は人生を変える】今こそ!子供達に善悪を教える真の教育を!


TVも無い環境で12時間労働(笑)

帰りは22~24時になる。


■昼間は誰も居ないらしいと思ったのか?、中学生がワザと外付け水道コックを全開にして居て、道路まで水浸しだ。

見ていた人も居るが、直接注意までは出来なかったようだ。

ま、これは私の方も悪い。

イタズラ出来る環境にしなければ良い事だ。


■だが、泥棒となると、そうは行かない。

昨晩、私の古い取引先に泥棒が入った。

ガラス窓をくり抜く本格派だ。

それも24時間交代の警察派出所のナナメ前だ。

こうした本格派は、正直、防ぎようが無いが、せめて防犯カメラと防犯ブザーは取り付ける事が必要になりそうだ。

以下の話と関連するが、嫌な世の中になったものだ。




【あの少年犯罪は、報道を真似たものでは?】

■昨日(2/26)、「そろそろ今日あたり、(中1殺害の)犯人が捕まる頃だな」と言って居たが、録画TVニュースでは未だに捜査中。

警察も、相手が学生だけに相当に慎重らしい。

「もう1週間経ったぞ。とっくに犯人の目処は付いているだろうに

「ドラマを見ろ、1時間で捕まるぞ(笑)」・・と、笑えない冗談を言っていた。

そしたら、真夜中のニュースで『犯人逮捕』の臨時速報が流れて来た。


あれだけの物証を残しているのだから、逮捕は確実だ。

日本の警察は、そんなに甘くは無い。


■私は、この類の事件は、あまりブログ記事にする事は無いのだが、【ある事が気に掛かる】ので書いている。

ある事とは、【イスラム国を真似た行為】だ。

・少年達がナイフを使った事だ。

・結束バンドで身動き出来ないようにして居た事だ。


これは、どう見ても、真似をしていたとしか思えない。

こうした事を見るに度に、【報道の責任、大人の責任】を痛感する。


あの[イスラム国]のヒートアップ報道からは、こうした事態も予測出来た。

だから私は、1度は書いたが、以後は書きたい事があっても書かなかった。

全国民が、1億目線が、一方向へと定まるのが怖いからだ。


その意味でも、[幸福の科学]の霊言は貴重なものだ。

本人達の霊言は、断じて死者への冒涜では無く、【何が善くて、何が悪かったのか】が解かる。

【死んでも、(魂は)死なない】事が解かる。

少年達が、そうした事を知って居れば・・と思うと、残念で仕方ない。


■今後、推測出来る事は、殺された上村君の霊が加害者達の周辺を彷徨うこと。

すでに彷徨っていると思える。

それは決して、上村君の霊にとっても、加害者達にとっても善い事では無い。

両者共倒れになってしまう。


■こうした、【ことの善悪】を教えるのが【教育】のはずだ。

それも【健全な宗教教育】無くしては、教える事が出来ない。

【あの世の存在】を説かないと、教えないと、本当の善悪が解からない。




【下村文科大臣の責任は?】

■そうした【健全な宗教教育】を目指そうとしている[幸福の科学大学]は、下村文科大臣の個人的な思惑で、【不認可】になった。

これは、【神仏の善悪観】の否定だ。

言葉を替えれば、善悪を教えず、勝負・損得で判断させる教育を、これからも続けると言う事だ。

そうした中に置かれている経験の薄い子供達は、なにで善悪の判断をすれば良いのだろうか?


■だが、国の教育のトップに居る下村文科大臣は、自らの【善悪観】が欠落している。

国会追求を受けている【政治とカネ】もそうだが、【善悪よりも、勝負・損得の方が優先している状態】では、今の現状も当然の事だ。

ご本人より、そうした人の下で教育を受ける国民の方が不幸だ。


■とって付けたようだが、[幸福の科学大学]が不認可にされた頃から、私は「いずれ、下村氏の正体は国民に知れる」と言って来た。

すべての事をカネに置き換える下村氏だ。

いつまでも続くはずも無い。


■だがそれは、安倍政権にとっても致命的になりかねない。

安倍首相の意向を突っぱねて、大臣に固執して来た下村氏だ。

正直、安倍政権にダメージを与えない内に、退いて欲しかった。

さすがに4人目の閣僚辞任となると、前回の政権末期の様相すら見え隠れし始める。

だから、あれほど言ったのに。




【70年談話】

■【過去の反省】は、村山談話と河野談話を創ってしまった事に対しての反省にするべきだ。

中韓・アメリカ等からの要望(圧力)は大きいが、屈する事無く、【日本の誇りを取り戻す談話】にして頂きたい。

おそらく、オバマ大統領は今季限り。

[共和党]の大統領になれば、ガラリと変わる。


■今こそ、未来志向型の【真の過去の過ちとは何か?】を問い掛けて頂きたい。

【間違った自虐史観】こそが、自虐史観教育こそが、今の日本と日本人を苦しめている。

そうした教育をし続けて来たから、日本に失望・絶望する子供達も出て来る。

今回の少年達も、そうした教育の被害者かも知れない。


戦後の節目はとっくに過ぎては居るが、70年節目で、真の日本を蘇らせて頂きたい。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ

Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題への提言] | 2015.02.27(Fri) PageTop

◆【連絡遮断の怖さ】情報伝達・連絡の大切さを、過去の経験話より。


[いつまでも有ると思うな親と金、いつまでも無いと思うな不運と災難]

・・のような、普通・当然と思っていた事が、そうでは無くなった。




■今日は10/3で、【Yahoo!メール】を使っている私は、もう4日もメールが届かない。

【Yahoo!メール】は無料なので、苦情も言いにくい(笑)

◆Yahoo!メールで発生中のアクセス障害について
http://docs.yahoo.co.jp/info/notice/140930.html

この障害で、ここ4日分の、いろんな有料・無料情報サイトからのメールが一切届かない。

仕事は別の会社を使用しているので問題ないが、個人としては甚だ迷惑だ。

どこぞの国民の気持が、非常に良く解かる。


政府や国民は、こうした事態を、軽々しくみないで頂きたい。

今回の件は、おそらくサーバーダウンだと思えるが、4日目となるとダウンでなくノックアウトだ。

私的には、メールが届かなくても閲覧に行っているので、とりあえずの大きな問題は無いが、公的には大きな問題だ。


もし、こうした事態が、一斉に起きるサイバー・テロだったら、どうする?

もし、マミコミ各局の電波が、一斉に使用不能になったら、どうする?

もし、一切の情報が入らない状況下に置かれたら、どうする?


真剣に考えて頂きたい。




■20年前、最初の8クラス合同同窓会を立ち上げた時、幹事が40人近く居たので、いろんな事があった。

同窓会そのものは、結果的には4割程度の者達が集い、大成功に終わり、今なお続いている。

だが、その立ち上げ時は、生易しいものでは無く、困難なものだった。


一番困ったのが、40人近い幹事の【意思統一】だった。

友人達の言葉を借りれば、

・話せば、聞かない(聞いていない)

・書面にすれば、見ない(見ていない)

・連絡すれば、応じない(返事が来ない)

・行けば、居ない(留守)

・伝言すれば、伝わっていない。

・約束した事は、忘れていている。


【これで、どうすれば良いのか】とまぁ、私の家で、私の部屋で、大談義だ(笑)

・・と言うより、愚痴の言い合いだった(笑)


■[大]・[中]・[小]の3つの小学校が、1つの中学校になっているので、[大]小学校の者が60%を占めていた。

だが、この同窓会の提案者や中核に居た者は、25%程度の[中]小学校出身者達だ。

3校それぞれに個性が強く、言い分も、見解も異なる。

もっとはっきり言えば、(あいつらの言いなりになってたまるか)の雰囲気すら見え隠れしていた。


■そうした場に私が加わり、私が3校の仲立ち役になった。(・・なってしまった(汗))

私の家と店は、彼等が気軽に寄れる位置関係にあり、私の車が有ると『おい、いるか』と、寄ってくれていたのが幸いした。

「俺の名はイルカじゃないぞ」と言いながら(笑)


■要するに、3校それぞれに強力なリーダーが居たが、リーダー・シップを取れる者が居なかったのだ。

私自身も、そうしたタイプでは無いので、参謀役に徹して、3校のリーダー達をまとめた事がある。

トップに、[大]小学校のリーダーを据えて、私達[中・小]小学校出身者達は実践・作業部隊として、組織図を作ることから始めた。

具体的には、個々の役割を明確にして、常時連絡が付く【連絡場所】を作った。

そうしてやっと、幹事会が機能し始めた事がある。


■こうした事は、どの組織、どの団体でも出て来る事だが、優れた【調整役】が必要になる。

それでなくても個性派集団の私達世代なのだから(笑)、こうしたボランティアに出て来る者達は、金や権力では動かない。

しかも、30年振りの合同同窓会となれば、その30年間の生き筋が違うし、歯車が噛み合わなくなるのは、当然と言えば当然だ。


■最初の私は、代理のオブザーバーに過ぎなかったが、まとまらない話ばかりしている彼等を見て、少しずつ口出しを始めるようになった。

その時思ったのが、前述の(リーダー達は居るが、リーダー・シップを取れる者がいないな・・)だった。

(これはなんとかして、組織体系から作り上げないといけない)と思い、個々のプライドに配慮しながら、前述の組織体制を作った。


■私の役目は、そこで終えるはずだったのだが、『同窓会誌を作るか、やめるか』の話になって、賛成多数の民主主義で(笑)、やめる事になった。

私一人が「お前等が作らないのなら、俺一人でも作るからな」と言い張って(汗)、『俺も手伝うぞ』と言う者達と4人で手作りの同窓会誌を作った。

だが、手作りとは言え、4人の中には商業デザイナーが居たし、同窓生に印刷会社社長も居たので、驚くほど立派なものになった。

それを全国の同窓生に配付したら、思い掛けない寄付金が集まった。

何が功を奏すか解からないもので、その時の寄付金をベースにして、未だに定期的に続いている。


■この時、彼等が口々に言っていたのが、【連絡不足】だった。(当時はまだ、携帯電話は無かった)

だから私は、自営業の友人の家を連絡所にして、いつでも連絡出来るようにした。

私達実働部隊(笑)は、そこから各人の話を吸い上げ、また、報告・連絡出来る体制を作った事で、本格的に動き始めた。


こうした【連絡不足】、【連絡不徹底】は、組織の致命傷にも繋がりかねない。

友人達が言っていたような、

・話せば、聞かない(聞いていない)
・書面にすれば、見ない(見ていない)
・連絡すれば、応じない(返事が来ない)
・行けば、居ない(留守)
・伝言すれば、伝わっていない。
・約束した事は、忘れている。

これでは組織としては機能しないので、最重視して、連絡網の徹底を図った。

そして、40人の者達個々に責任感を持ってもらう為に、明確な組織図を作った。

たった、この2点をしただけで、前に進まなかった組織が大きく動き始めて大成功となり、そのままで終わらず未だに続いている。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ

Trackback [0] | Comment [2] | Category [社会問題への提言] | 2014.10.03(Fri) PageTop

◆【王道と覇道】ライブドア事件?事件が聞いて呆れる。


嗅ぎ回るように情報を集めている訳では無い。

TVは殆ど見ることも無い、新聞やラジオからの情報程度のお粗末なものである。

だけども、その僅かな情報の中から感じ取るものがある。




昨年のライブドアの日本放送買収時には、違法性、検察、逮捕を予測している。

掲示板や身近な者に語っても、殆ど無視され、嘲笑さえ受けていた。


■夏場に堀江氏が選挙出馬になって以来、私は何も語らなくなった。

呆れてものが言えなかったのだ。

時代の寵児、旧態依然とした風潮に風穴を開けた英雄 、叩かれて失敗し反省しながら伸びるタイプ。

確かに一面としてはそのようなものもあるが、お手本とすべきタイプでは無い。

私は、そう言い続けて来たが、考え方が古いと言われて来た。




それが今になってどうだろう。

逮捕されるや否や株価は当然の如く下がり、連日の事件報道である。

まさに、ライブドア事件とまで新聞の見出しに踊って居る。事件が聞いて呆れる(笑)


■ライブドアをあそこまで押し上げた背後に、米国のリーマンブラザースという会社がある。

ユダヤ資本の大手証券会社だ。

この会社は、資金運用に甘いのではないだろうか。

単なる金儲け主義の者に手を貸していると、この会社の信用にも関わりはしないだろうか。

そんな危惧さえ覚えてしまう、余計なことか(笑)


堀江氏のやり方は、法の隙間を突いて、違法では無いが合法とも言えないことを繰り返す。

それは日本型の戦略的急襲攻撃ではあるが、彼の場合は決して王道では無い、覇道だ。

私は、世の人が、覇道者の生き様を神格視することに危惧を覚えて居たのだ。

特に、働かずにマネーライフを営む人が増える事に危機感を覚えた。


■そしてそれは現実のものとなり、本屋さんに聞くと、マネービルディングのような本が飛ぶように売れて居ると云う。

光明思想系の人間に云わせると、それすらも、株式証券に興味を持たせ投資に関心を持たせることに意義があると云う。

一理はあるが、全体的指導としては堕落への危険性を含んで居る。

株式市場に参加する者は、ヒステリックなタイプは危険だ。


■そこにマスコミが加わると、収集が付かなくなるだろう。

株価の急上昇、急下落に陥ってしまう。

精神論としての光明思想は大切と思うが、経営的指導者としては問題である。

為せば成る、行け行けドンドン・・

私から見ると、光明思想系の人間は経営的観点から見ると怖いものがあるのだ。










【ML会話:2005.03.29】

phoenixです。

■私が話題の「ライブドアvsフジ・サンケイグループ」の事を語らなかなかったのはね。

静観するというより、フジ・サンケイグループの対応を見たかったからなのです。

現時点では、ああいう形になってライブドアが身動き出来ない形になりました。

堀江氏にとっては「想定の範囲外」のことだったようですが、ここら辺が彼らしいと言ったら彼らしいのですけどね。^ ^


■【幸福の科学的には、この一連の騒動をどう見るか】という意見がありました。

私達の教えの中の【立志】の部分での彼はどうだったでしょうか?

【プロセスこそが大切】と教えられていなかったでしょうか?

私が見る限り、堀江氏の立志とプロセスは誉められたものではありません。

「あの会社を乗っ取りたい」と、【乗っ取り先の会社を担保にして借金】をしています。

当然日本では無理なので外資を利用しました。(実際には利用されていますけどね)

リーマンブラザーズは転換社債(株に変える権利を持つ社債)を受取り、どんなに株価が下がっても1割の利潤を確保出来る契約になっています。

堀江氏には獲得欲が先行し、新しいものを築くとかの中身はありません。

結果的には、企業防衛を見直すキッカケになったり、世の中の古い体質に矢を射た形になりましたが、決してヒーロー的なものではありません。


■極論になりますが、それは、あのサリンを撒いたO教とどこが違うのでしょうか。(言い過ぎかな ^ ^ )

私は今回のライブドアを見る限り、どうしてもO教との類似性を感じてしまいます。

見ていても、あまりにも妄信的で幼稚です。

大きく報道されていませんが(マスコミ自体が本気で取り上げられないのです)
あの騒動の最中にも、堀江氏はアダルトゲーム会社を20億円で買い取っています。

昨年のプロ野球参入の大きな障害になり、『もう致しません』と誓ったにも関わらずです。

そして彼は、放送メディアを『娯楽と株』にすると言っていた時期もあったようですが、それこそが彼の本音であり、真骨頂です。


------------------------------------------------------------

余談ながら、人間の本能欲望をくすぐるものはお金になりやすいのは確かです。

たとえば私の店にもアダルトビデオを売りに来たり、売買の問い合せは多いです。

私は、子供達が1日居ても安心出来る店を開店時より描いていますので、はっきりと断っています。

(売買すれば簡単に儲かるのですけどね)


■友人の紹介で、店内の空いている50坪を貸してくれと言って来た人が居ます。

何をするのか?と聞くと、ゲームとレンタルビデオだと言います。

(ふむ、それなら話に乗ってもいいかな)と思いましたが・・

「その中にアダルトはありませんか?」と聞くと、【そちらが主体だ】と言います。

「とんでもない!いくら友人の紹介と言っても、この話は終りだ!どうぞお帰りください」

と言うと、「なぜだろう?」のような不思議そうな顔をしていましたね。^ ^

その直後に友人に電話をして、「俺があんな話に乗るわけないの知っていて、なんで、あんなの寄こすんだ!」

「わかってるって、すまんすまん。どうしても彼が、【そんな人間居るはずない】と聞かないので、じゃあ自分で頼めよ」と言ったのらしいです(笑)

そういう感覚が普通になっていること自体が怖いです。

今、全国のブックマート系、レンタルビデオ店からアダルトコーナーを取り除いたら、多くの店が閉鎖してしまうでしょうね。

(残念ながら、一般コーナーが店を支えているのではありません)


■話を戻しますが、今回、フジ側は多くの失敗をしました。

過剰防衛が、あまりにも前面に出てしまいました。

その中でも私がマズイなあと思ったのが、ライブドアが最初に『話し合いましょう』と言った時に、話し合うべきでした。

たとえ決裂が目に見えていても、そうすべきでした。

頑なに否定するものですから、世論は真っ二つに割れてしまいました。

最初に話し合いの場を持てば、世論が変わり裁判の結果も違ったかも知れません。

話し合いを拒否した時点で、裁判の負けは当然です。


■楽天の三木谷氏は政財界との繋がりがあり、要請されてプロ野球に参入しました。

だから、『最初から自分の意思で動いたのでは無い』という処に逃げ道があります。

良い処の坊ちゃん感は拭えませんが、交友関係が広いという点では、堀江氏よりは紳士的な分だけ良いかなと思っています。

だけど私は、はっきり言って、堀江氏も三木谷氏も興味ないのですよ。^ ^

今回は、やたら堀江氏が目立つので注目はしていましたけどね。


■最後に出て来たSBI (ソフトバンクインディストメント)の北尾氏は、どうかなぁ?

堀江氏は、自分の先生のような人間が出た来たので対応に困っているでしょうよ。

当面は、『ニッポン放送をどうするか』に終始することになるかと思いますね。


■さらには、堀江氏には、村上ファンドとのインサイダー取引(事前交渉)の疑念が残ったままになっています。

たぶん、このあたりのことで弁護士が三人も辞任したのかなと思います。

やがてインサイダー取引が証明されれば、すべてが水泡に帰しますよ。

堀江氏は証券取引法違反で逮捕ですよ。


■私は、フジ側がどんな攻防に出るのかばかり見ていましたが、おそらく、隠れた処でインサイダー取引の実態を調べていると思っています。

どう見ても、間違いないのですけどね。^ ^

これだけは確証が必要ですからね。


■結果論からだけを言えば、タンス預金をしていた人達に、【株式投資とはなんぞや?】の興味を湧かせたことには意義があります。

そうして株式市場が活性化すれば、企業の資金調達も楽になります。

企業が潤えば、景気の回復速度も速まるでしょう。


■だけどもこれは結果として現れた事であり、スンナリと買収が進んでいれば、世間は『あ~あ、乗っ取られちゃった』でお終いのはずです。

弥生会計を買収したり、西京銀行と提携した事は小さく報道されています。

これだけを見ても、堀江氏は「お金」に興味があることを示しています。


宇部で語った安部幹事長の「ホリエモンは現代の高杉晋作」の言葉と、
ある支部の人の「堀江氏は、古い体質の経済界に一石を投じる役目」には、反論したい私です(笑)

結果を見てからは好きな事が言えます。評論家はみんなそうです(笑)

だけども現場に居る者は、そんなに甘いものではありませんからね。^ ^



■先日の「何も無いところからは何も産み出せませんから」 と言った子は、
このライブドア信奉者だった。

私の「堀江氏は覇道者、君が決して真似をしてはならないタイプ」の言葉には反発して居たが今時点での意見を聞いて見たいものである。

だからと言って、私は予知能力があるわけでも無いし(笑)、先見の明があるわけでも無い。

何を見て居るかと言うと、王道と覇道だ。

覇道者の堀江氏が持ち上げられ、もて囃されて居た。

それがどんなに危ういものかを語っても、彼の成功に嫉妬していると思われて居た。

何が悲しゅうて覇道者に嫉妬をするものか(笑)

間違っても、羨ましいなど欠片も思ったことは無い!


覇道者の行く末は、堀江氏が身を持って見せてくれた。

堀江氏だけでは無い。

天下のダイエーの中内氏、西部王国の堤氏・・etc。


もうこのくらいでいいだろう。

日本よ。日本の国民よ。

そろそろ、王道を歩む時だ。

と、今日も願っている。




■以下、掲載はされなかったが、当時、新聞投稿した原稿。

「ライブドアは王道を見つめよ」

今回のライブドアのやり方には賛成できない。

合法を盾にしたクーデターと同じだ。覇道者そのものである。

戦国時代の下克上を彷彿させるものを感じるのは私だけだろうか。

どの会社にも歴史がある。それは一朝一夕に成し得たものではない。

それらは多くの人の思いと努力に寄って栄華盛衰がもたらされる。

ましてや今回は公共メディアである。

公共メディアに属する会社がマネーゲームの対象になってはならない。

電波周波数が割り当てられていることによる新規参入の困難さは理解できるが、方法を間違ってはならない。

参入するならば、社会に認められることが最優先だ。

ライブドアと言えば昨年のプロ野球参入時にもアダルトサイトに対する問題もあった。

失礼ながら、決して手放しで公人格を与えられる位置に居るとは思えない。

知らないところで株式を買い集め、経営権まで主張することには否を言いたい。

フジ側は対抗策として新株発行予約という形を取ったが、今回だけの特例であって欲しい。

いろいろな問題が噴出している昨今である。

襟を正し、姿勢を明確にして世の中の役に立って頂きたいものである。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ

Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題への提言] | 2006.01.30(Mon) PageTop


 最近の記事
 全記事表示リンク
 検索フォーム
 QRコード
QR
 カテゴリ
 最新トラックバック
 メールフォーム
返事は遅くなるかも知れませんが、管理人に用件がある場合のみ、こちらをお使い下さい。

名前:
メール:
件名:
本文: