◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆日本の国防は、天上界と宇宙界の力を借りよう



今朝の[朝まで生TV]を見ていた

今回は[領土問題]と【国防】だった

さまざまな意見が出るのは良いことだ
共産党は論外だが、意外に民主党議員がまともな事を言っていた


■いろんな視点から述べるのは良いのだが・・私の考え方とは何かが違う
何が違うのかな?
先程まで、ずっと考えていた


そして、ふと思ったのが、あの人達は3次元世界に限定した視点のみでの判断をしている
・・そう思った



人には五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)というものが備わっている

私は感性的な人間では無いが、五感に関しては良い方だと思う
味覚だけは全く自信が無いが(笑)


今は聴覚も随分と落ちて来たが、20代までは2万ヘルツの音を聞き取っていた
モスキート音が1万5千ヘルツあたりと言われているので、かなりの音域を聞き取っていた


視覚にしても、今でも、新聞文字~10キロ先の700メートルの山の頂にある鉄塔が見える
若い頃から、視力2.0で見え過ぎの遠視を疑われていたが?


これらの五感の他に、第六感を加えなければ説明が付かない場合もある

私の幼少時は、おそらく、他の人には見えないものが見えていた
大人になるに連れ、殆ど解らなくなったが・・

今でも、30分~1時間平静にしていると、人のオーラ?が見える時がある(オーラの出ている人は少ない)

良書なら手に触れただけで熱く感じ、悪書は氷のように冷たく感じる


■以前、大村益次郎神社の上空で、UFOを見たことがある

大きさは、満月程度の球体で透き通って、人影?さえ見える感じだった


だが、最近になって
あの時の、夕刻の明るい時に出たUFOは、他の人にも見えているのだろうか?と思い始めた

UFOは4次元空間を移動する
同じ4次元には、あの世と呼ばれる天国界の入り口も、地獄界もある


この4次元空間に居る存在が、時折、私自身に見えて感じているのだろうか?
もしかして他の人には解らないのでは?と思って以来、安易に口に出して言えなくなったものだ



■UFOだけではない、天使や悪魔を見たことのある人は、おそらく少ないと思う
もちろん今の私にも、天使や悪魔は見えないが、肌で感じる、臭いで感じる時がある


天使は見えないが、熱感として感じるし、汗が吹き出して来る

悪霊には、独特のヘドロ嗅がある
し、取り憑かれると(笑)体が鉛のように重くなる


このように私達人間は、心境に応じて、天使や悪魔のどちらかと対峙していると思ったらいい


■私は、いろんな病気もしたが、よくよく振り返って見ると、内因性の病気ばかりだ
外因性の風邪などは、60年間で10回程度だろうか

インフルエンザは、昨年、この歳になって始めて患った
あまりにも長引くので医者に行ったら、「治って来るな」と叱られた(笑)


問題は、インフルエンザそのものより、治った後だった
経験したことも無い、ウツウツとした状態が数日間続いた

医者が言うには、それがインフルエンザの後遺症だと言う
(なるほど、ウツ症状とは、こういう状態か・・)と思ったものだ



医者とは別の視点から言うと、風邪やインフルエンザは、憑依現象だ

秋から冬の初めに掛けて大量の虫が死ぬ

もちろん虫達にも魂があり、魂は死なないまま集合体となる

そして、人間達の発する悪想念の影響を受けて、悪霊体となり、細菌に憑依する
その細菌そのものは、普段はおとなしいものだ

細菌に憑依した場合が風邪であり、ウィルスに憑依した場合がインフルエンザになる
憑依する細菌やウィルスの違いで、病気が違って来る


つまり、外因性の病気は、人間の悪想念が虫の霊集合体と細菌に憑依して、病原体となったものだ

その病原体と同じ暗い想念の時、気力・体力が低下した時、気の緩みで油断した時に、病気にかかる

病原体に憑依されてしまうのだ

風邪は細菌の憑依だが、多くの人は、そういう病気が、じつは憑依現象であることを知らない


そして人間には、悪霊そのものも憑依する

取り憑かれると、人格変化や性格変化が起きて来る

酒を飲む人は取り憑かれ易い状態になっているので、気を付けられるように


■話がどんどん横道に・・いつものことか(笑)
3次元のみで見ている人達と、4次元を加えて見ている視点の違いを言いたかった

見ている視点が違うと、論争の場とのズレが、かなり生じて来る

尖閣諸島、竹島、北方領土・・そして、迫り来る日本の防衛危機

現実問題としては困難極まりない

3次元法則だけでは、余程の事が無い限り難しい


例えば、「中国の軍拡に日本の軍備を平行させる事は出来ない」、と言う人が居た
その通りだと思う


だが、今すぐなら間に合うかも知れない

中国の軍事技術には、日本の技術も用いられている
日本製の部品も使われている(米スペースシャトル部品のかなりの部分は日本製だ)

それを完全に止める事が出来れば、中国は国産空母すら作れないだろう

だけども、今のままでは無理だ
日本の細かな技術は、形を変えてどんどん輸出されている
完全に押さえ込むには無理がある



はっきり言って、3次元現実世界のみでは、すでに日本は危険水域を通り越して居る

それならば、もう、お手上げなのか?

その答えを持っているのは、[幸福の科学]と[幸福実現党]しか無いと断言する


なぜならば、3次元世界観だけでは、4次元地獄界の動きが解らないからだ

地獄界の悪魔達が、どのような考えを持ち、どんな動きをして、誰を動かして、何をしているか

それが解っているのは、世界中で[幸福の科学]しか無い


■今、その悪魔のボスが[幸福の科学]を狙って来ている

無神論者・唯物論者達を動かして、揺さぶりを掛けている

人の心の【疑】に入り込み、悪しき想念を拡散しようとしている



■ところで、悪魔や地獄霊には、おもしろい特徴がある

例え話をしよう

穴の底に大勢の人が居る

我先にと崖を這い上がるが、後の者が足を引っ張り落としている

そうして先に進んだ者は、さらに後の者に足を引っ張られて落ちている

我先に、我先にと、先を争い、蹴落とし、足を引っ張り合っている

結局、誰も登れない


それが、地獄界の住人の特徴だ

この時、「俺の肩に乗れ」と誰かが下になり、その肩に乗った者も「俺の肩に乗れ」と協力し合えばいいことだ

最後に登った者が穴から出て、ロープを探して来て降ろせば、全員が穴から上がる事が出来る


地獄界の住人は、そういう協調性に欠けている 

常に、お互いの足を引っ張り合って、相手を落としている


毎日のTVニュースで、似たように光景を見られている事と思う

そこには、天国とはほど遠い・・地獄界が現われている



そういう人達が、どんなに頑張っても、やればやるほど事態は悪化するだけだ

その意味では、TVで【防衛】が論議されたことには意義がある


個々の認識の違いが大きく現われては居たが、まずは、こういう【国防論議】からだ

そういう意味では、よかったと思う


今、【国防論議】を、本気でしなくてはならない時に来ている

だけども、あの場の結論でもあったように、3次元的結論からだけだと、打つ手が無い

だからと言って、座して死を待つわけにはいかない

高次元天上界の助けが必要だし、今は姿を隠して見せない友好宇宙人達の助けが必要だ


彼等の助けを借りるには、地上から悪想念を無くして、彼等を降りやすいようにしなければならない


↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ 人気ブログランキングへ ブログランキング
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [未別] | 2011.02.26(Sat) PageTop

◆地震、核兵器、民主化運動・・人類の未来を明るく灯そう!

ニュージーランド、クライストチャーチの地震被災者の方々に、心より御見舞い申上げます

ここのところ毎日のようにニュースで報じられているのが
・ニュージーランド、クライストチャーチの地震
・中東の民主化運動(特にリビア)
・国会のゴタゴタ


ニュージーランド、クライストチャーチの地震は、15年前の[阪神淡路大震災]を思い起こす
いろんな面で日本と似ている国なので、一刻も早い復興を願う

ところで私は、地震には3つのタイプがあると思っている
①いわゆる自然災害だ
②天上界の何等かの意志だ
③核爆弾の影に隠れて表舞台に出ていない[地震爆弾:プラズマ兵器]だ

一般には、なかなか②③は信じられないと思うが、そろそろ信じられて置かれた方がいいと思う

特に、[核爆弾]を有している地と地震が比例していることは、研究テーマにもなるだろう



例えば②と思えるものが、中国四川省地震では、地下に核ミサイル基地があった

報道陣、海外救援隊を1週間も拒んだのは、この地下核ミサイル基地をコンクリートで埋めて隠す為だった
(親中国の日本のマスコミは、不自然な陥没箇所を知っていても一切の報道はされていない)

③と思えるものが、スマトラ沖地震では、数日前にカミナリ現象が起き、黒焦げの遺体が見付かっている

同じく、ハイチ地震では、ボリビア大統領が「米国は地震爆弾を使った」と批判する場面もあった

そして②のような因果関係は無いとは思いたいのだが、NZには、[シーシェパード]を匿うマカリー外相が居る 

つい先日も、日本の調査捕鯨を邪魔され断念したばかりだ
何事にも偶然は無い

[シーシェパード]との因果関係も解らないが、消しても消しても、私の脳裏に浮かんで来る

とにかく、ここ数年の大地震の原因は、①の自然災害では無い・・気がしてならない
天上界の荒神達の意志もあるかも知れない

人類最終兵器と呼ばれる「地震爆弾」の存在も否定出来ない


■ここ数年、米露で[核削減]が為されている
何万個もあった核爆弾を、数千個単位にしようとしている
いいことだ

だが、これを額面通りに受け取る人は、余程の平和主義者か楽観主義者かも知れない
中国や北朝鮮と違って、米露の核爆弾は、もう長い間、実験していない
実戦に使えるかどうかも不明だ

真偽は不明だが、麻生首相の時、度重なる北朝鮮の核・ミサイル実験に対して
「日本も核武装したいと思うが、よろしいか」と、米国に打診したとの話もある
米国は、「日本は米国が護るから核武装はやめてくれ」と、返って来たとの事だ

米国にとっても、新たな、それも技術大国の日本には核を持たせられないだろう
米国が保有している古い核爆弾よりも、日本に最新型のものを作られたら脅威でもあるだろう

さらには、米国は核爆弾を遙かに上回る「地震爆弾」の開発に成功している可能性も否定できない


地球の歴史の中では、現文明しか記録に残っていないが、それより以前にも文明があった
 
その中のアトランティス文明末期では、「地震爆弾」で、今のカナダの地の赤色民族を全滅させている

科学に溺れたアトランティス大陸文明(現バミューダ・トライアングル海域)は、一夜にして海の底に沈んでいる

人類は、同じ過ちを犯さないことだ

今の地球は、科学、科学と言っても、かつてのアトランティス文明にも遙かに及ばない
宇宙人から見た今の地球科学など、[井の中の蛙]もいいところ

地震の仕組みさえ解らず、プレート移動が、活断層がどうのこうの言っている状態だ

あらためて地震には、②③があるとだけ述べて置きたい


■中東の民主化運動については、前回述べた 
 
その流れは、中国や北朝鮮にも及んでいる(このことは、日本のマスコミは触れない)

中国のネット、38都市で6日の集会呼びかけ 

とくに、中国には[学生外出規制]が掛かっている地域もある
 
学生達による民主化運動、共産党一党独裁体制批判を押さえ込んでいる

だが、この流れを止めることは難しいだろう

今は膨大な人数と費用を掛けて[呼び掛け]を削除しているようだが、天安門のように押さえ込む事は無理だろう

それは、やがて、中東での民主化運動が、中国国内に経済的影響を与えて来ると思えるからだ

急成長して来た中国は、中身が伴っていない

世界各地に送り込んだ人材は、その地に共産思想を植える人達にも成ったが、一方では民主化の自由を知った

世界でただひとつ残った共産大国の中国にも、民主化の自由は押さえられないものとなるだろう


■あとは時間との勝負だ

来年、中国国家主席となる習近平は、江沢民派の軍閥を掌握している

習近平によって強力な[軍事独裁国家]となるのが早いか、[民主化]が早いかだ
 
[軍事独裁国家]なら、中国国内も徹底した弾圧社会になり、アジアに戦争の危機が訪れる
 
[民主化]が早かったら、共産党独裁から、自由世界の仲間となるだろう

今の段階では、どちらとも言えない


■そして、日本だ

[幸福実現党]は、2年前の最初から【民主党政権になれば、国難がやって来る】と、言い続けて来た

民主党には、親中・親北の社会主義者が多い

それは日本にとっては、不幸をもたらす事に繋がると、口酸っぱくなるほど言って来た

1月23日の産経新聞より

2011-02-23-1.jpg

ネットを利用している人達は、情報を取りに行く人達だ

だが、一般的には、情報を与えられる人達だ、だから、知るべき事を知らない人達が多い

これだけ世界は[情報社会]に変遷しているのに、中国では情報統制、日本では情報規制

中国の人達は、それに気付き始めた 

日本人は、平和を愛する人達なので、世界の現実から逃げている面も伺える

すでに、戦後60年間の平和な時代は終わっていることすら気付いていない

それはそれで、良い面もあるので否定はしない
本来は、そうであって欲しいものだ、永遠に平和が続いて欲しいものだ
だが、過去の世界史・日本史を振り返って見れば解ると思うが、平和な時代が60年続くことなど珍しいことだ

世界は再び、戦争の時代へと向かい始めている


私達は、それを阻止したい

その為に、立ち上がっている

その方法は、過去、いろんな形で述べている

戦争が嫌なら、他国の支配を受けて悲惨な近未来を持ちたくないなら、私達を信じて任せて頂きたい

私達は、この世の闇とも、あの世の闇とも戦い続けている
 
あの世の闇の勢力からの妨害も多い

闇の虜になって、[光の拡散]の邪魔をする者達も居るが、やがて必ず、己がした事と向き合う事になるだろう
 

■儒教の教えに【義】があるが、[分別の力]の意味でもある 
 
[善悪、正邪、真偽、優劣、可否]等を【瞬時に判断し、見分ける力】

[善悪、正邪、真偽]が解らない場合、[損得、勝負]で判断することが多い人達も居る
[風評・流行に流される]場合も少なくない

すべては、知恵という[知識と経験を積み重ねたもの]が、基本となる

そして、人間は、[知恵の獲得]の為に、転生輪廻を繰り返して、この世の世界に生まれている存在だ

もっと言えば、【知恵】に[洞察力]を加えたものが【智慧】と呼ばれる

その【智慧】こそが、人生の宝だ

やがて誰しもが、この世を去り、あの世に還るが、持って帰れるものは【智慧】しか無い

それ以外のものは、すべて捨てて還ることになる

【智慧】の優れた人は、[先見性]があり、他の人に見えない先が見える

それが、本物のリーダーだ


世界が混迷の今、人類の救世主・リーダーが、人類の危機を受け止めながらも

その危機を回避する為に、【智慧】を駆使していらっしゃる

1400回に及ぶ、内容が全部異なる講演・説法は、人間技を超えている[人類の希望の光]だ

そのように、3億年にも及ぶ、この世の地獄模様が、人類危機となって現われている
今、それを打ち消そうとしているのが、[幸福の科学]だ
 
その[人類の希望の光]の拡散を怖れる者達が、これまで邪魔をして来た
 
光と闇との戦いは、今も続いている

だが、光が闇に負けることは無い

光は放射して闇は消せるが、闇を放射して光は消せない

せいぜい、邪魔や攪乱をするだけだが、その罪は計り知れないものがある
地獄の住人の手先になった者は、残念ながら、やがては自ら地獄に赴くことになる
いくら[損得勘定]しても割に合わない

[善悪、正邪、真偽]から見ないと、判断を誤ることに繋がる


↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ 人気ブログランキングへ ブログランキング
にほんブログ村

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [未別] | 2011.02.25(Fri) PageTop

◆中東の民主化運動は手放しでは喜べない、一刻も早く【日本国防衛手段】を

世界が騒がしくなった

日本では、菅氏の悪あがきで、政権がゴタ付いている

うんざりだ
 
ここしばらくは、このブログさえ書く気も失せるほど、うんざりだった

今、ヘタレ込んでいてはと思い直すことにした


中東の民主化運動について
 
連日のようにニュースで流れている

[王]から[民]への流れは、過去、自由主義社会の中では当たり前の事だった

過去の歴史の中での[民主化運動]は、肯定されるべきものだった

だが・・
今回のイスラム圏での民主化運動は、[ハルマゲドン:人類最終戦争]の危険性を含んでいる

[同様な事は[ザ・リバティ]からも発信されている



■ちょっと話が逸れるが、あれは私が中1の子供の頃だった

アメリカ大統領にケネディ氏がなり、アメリカ国民が狂気乱舞の映像がTVから流れた

その頃の大人達は、ケネディ大統領に期待をしている感じだったが、私は恐怖感に襲われた

中1なので、当時の国際政治状況も知らないし、全く興味もなかったが、理由無き恐怖感は消え無かった

私の脳裏に[核戦争]が浮かんだのだ

大人達に聞いたら、「馬鹿馬鹿しい」と笑われただけだったが・・

やがて、[キューバ危機]が起きた

米国ケネディ大統領と、ソ連フルシチョフ首相は、それこそ核ボタンを押す寸前だった
 
両者が、最後の最後に、電話で話し合い大事に至らなかったが、あと一歩間違えれば世界は[核戦争]に突入していた

僅かでも電話会談のタイミングがズレていたら、地球は終わっていた
 
この時は、両者とも本格的戦意は無かった

それが、[核戦争]一歩手前、いや、核ボタンの上に手があった状態で危機は回避された



私は、なぜだか解らないが、ケネディ大統領就任時に[核戦争]の危機を覚え、周囲に語っていた

断じて作り話でも無いし、隣の幼馴染みも覚えている

子供の妄想として大人達は笑い飛ばしていたが、キューバ危機が起きた時、どのように思ったのだろう・・

なにせ、キューバ危機が何であったのかを知ったのは、それから数十年も経ってからだった

世界の現実がどう動いているのかは知らなかったが、ケネディ大統領の就任式を見た時の恐怖は、今なお覚えている


あの時は、子供の直感というのか何かは解らないが、今は違う

世界情勢を見て、情報を集めて分析して、思うところを発信している


■3年前、米国にオバマ大統領が出現した
 
予備選から見ていた私は、ケネディ大統領と通じる得も知れないものを感じた
 
オバマ氏の国民的熱狂振りを見ていて、どことなくケネディ大統領の時に似ている感じもしていた

(危険な人物が大統領になる・・)と、何等の理由も無く不快感を覚えた


そしてそれは、オバマ氏が大統領となった時、「ザ・リバティ」での特集を見て、解った

「ザ・リバティ」は、明確にオバマ大統領の危険性を指摘していた

・米国は、世界警察を止める方向、一国平和主義に向かう

・世界の軍事・経済同盟国とは、同盟関係が形だけのものに向かう

その他、いろいろ詳しく書かれてあったが、
今、まさに、当時の「ザ・リバティ」が指摘していた方向に向かっている

イスラエル建国に力を貸したアメリカは、今、このイスラエルを中東の地で孤立化させてしまう状態にしている

かつてのアメリカは、エジプト等の王制国家には否定的な意思を持ちながらも、
中東地域での紛争解決・抑止の為、王制国家を容認・支援をして来た

各地で民主化運動が起き、オバマ大統領は、これらの王朝への支援を止める方向に向いている

中東地域での民主化運動が、これまでの世界史のような流れなら良い

【平和を愛する国民】なら良い

だが、今の中東民主化運動は、国民主権国家を目差すものであり、

イスラム教徒、それもイスラム原理主義者が権力を増せば、やがてはイスラエル包囲網が出来上がってしまう

イスラム原理主義者は異教徒を許さない

このままでは、中東地域で、核ミサイルが飛び交う事態が予測される


それは、第3次世界大戦への引き金になり、必ず、中国が出て来る
 
中国は今、北朝鮮を支配下に置き、イラク、パキスタンと軍事同盟を結んでいる

今は、イラクの核開発者達がパキスタン、北朝鮮へと出向いて核爆弾製造技術を与えている

それほど中東の民主化運動は、ハルマゲドンを予測させるものを含んでいる
 
仮に、中東で核戦争が起きたら、おそらくイスラエルは消滅するだろう

今のアメリカには、イスラエルを助けることは無理だ

そして、その戦火は、アジア全体に及ぶだろう

日本に、核ミサイルが撃ち込まれる危険性は排除出来ない


その為に、[幸福実現党]は、【憲法解釈を見直して積極的防衛】を提言している  
 
今、他党で、ここまで国家危機管理意識を持っている党はあるだろうか

[幸福実現党]は、現憲法が【他国が平和主義】である事を前提に作られているので、   
 
その前提が崩れている現在、軍事侵略意図のある国に対しては【憲法の適応外】とする事を提言している

それは、違憲でも違法でも無い


意見広告に対する“感激・激励の声”が続々!


事態は急を要する
日米安保を盤石のものとしなければならない

それは、日本人の為に、アメリカ人が犠牲になり、アメリカの戦費を使うことでは無いはずだ

共に護り・戦うのが、当たり前だ

日本人には、アメリカに向かって飛ぶ核ミサイルは、日本が撃ち落とすだけの技術と覚悟が求められる


日本が、自国防衛万全まで持って行くだけで、世界の軍事バランスは大きく変わる

ところが、今の日本は予算案通過の駆け引きで、【国防】など、そっちのけの状態だ

民主党政権では、この国は、まもなく沈没に向かう

前原氏は、まともな人と思っていたら、これまたお粗末な外交をやっている

ロシアやオーストラリアは、対中国の為に味方にすべき国なのに、わざわざ敵対している

他方では、本当に侵略意図のある国に対しては弱腰外交を続けている

そんな、国民の命を護れないような人達は、退いて頂きたい


日本以外の国は、防衛費を無理しても調達している状態なのに、民主党は【防衛費削減】だ

削るべき対象を間違っている

自民党時代から、日本製原子力潜水艦を予定していたが、これも取りやめた

中国は、毎年3隻平均作っている

日本が本気で作れば、中国の原潜より高性能のものが出来る

予算が無いと理由付けして、それをしない


民主党はもちろん、自民党も【防衛産業】には及び腰だ
 
だが、今、日本にとっては最も必要な産業だ

それも、一から始めるのでは無い、その下地は出来ている
 
日本製原子力潜水艦、日本製原子力空母、日本製宇宙ステーション、日本製シャトル

出来ないことは無い、やる気が無いだけだ

GHQが作った【憲法9条】の亡霊に取り憑かれて動けないのなら、[幸福実現党]の提言を受け入れて頂きたい

自党の為にと、国会紛争やっている場合では無い


それにしても、あまりにも情けないぞ、自民党

何十年と応援して来たが、同じ党とは思えない

以前は、故中川氏始め、諸氏と有意義な場を持ったこともあった

だから私達が、私利私欲や党利党略で動かないことくらい、解って頂いているはず

安倍氏や石破氏のように、本物の危機感を持って頂きたい


軍拡では無く、日本を護るに適した【軍備】を持つのは、国家として当然のことだ

今年の6月には、中国は尖閣諸島占有を宣言している

1000隻の漁船が来た時、どうやって対処する?
 
漁船の中には、おそらく軍艦も紛れ込ませて来るだろう

今、石垣島諸島の住民が、我が身を切り裂く思いで、島を捨てて逃げ出している
 
すでに民主党政府は、国土に住む国民の安全すら護れなくなっている


おそらく菅氏は、鳩山氏よりも短命首相の汚名を着たく無いだけで、己の延命を図っているだけだ

それが、どれだけ国益を損なっても、どうでもいいのだろう

最近の菅氏の表情を見る限り、殆ど心の病だ

ピクピク動く瞼の動きなど、パニック症候群の症状すら現われている

・・安倍氏の時と似ている

菅氏は、すでに、キャパオーバーで、心が崩壊を始めている

国民の為にも、己が為にも政権返上された方が良い



↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ 人気ブログランキングへ ブログランキング
にほんブログ村

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [未別] | 2011.02.20(Sun) PageTop

◆雑感:日本人は良くも悪くもGHQの影響を受けているし、今も取り除けない

あなたは、学校で、【日本現代史】を習っただろうか

明治になっての【近代史概略】は習ったとは思うが、その詳細までは習っていないと思う

特に、太平洋戦争以降に関しては、正確な情報を知らない日本人が多くなっているのではないだろうか


■太平洋戦争で日本は負けた

日本中の物資は使い果たして、極貧国に転落した

日々の食料も無い、米は配給制

農家に食料買い出しに行く親、それを捕まえる警察

まるで犯罪が如く、【闇米】や【闇市場】が跋扈する

60年前は、そんな日本だった

環境的には、今のインドに似ているかも知れない


■そんな日本は、世界からODA資金援助を受けながら、少しずつ成長した
 
私の小学時の給食は、コッペパン、脱脂粉乳+何か1品

水道は無い、ポンプで汲み上げる、出ない時は真っ黒な雑巾水を【呼び水】にしていた

学級は狭い教室に50人、背の高い私はいつも最後尾で、後ろの壁との距離はせいぜい1メートル

狭いし危険なので冬は暖房無し、もちろん夏もクーラーなんてありやしない

戸や硝子の隙間からは、冷たい寒気が吹き付ける

それでも私達は、背も高く体格も良かった

勉強は、もちろん世界一

そして何よりも、多くの者達が【先生を尊敬していた】


■私のような勉強嫌いな人間の、中2の時代のノート・メモが残っていた
 
2011-02-14.jpg

これなんぞ、まとめのようなもので、あらゆるノートや白紙に書きまくっていた

白紙というと、今ではコピー紙のようなものが浮かぶかと思うが、当時は、広告の裏だ


私は、ほんとうに勉強しない人間だったが、必須5科目の平均点は常に90点台だった
ただし、特殊4科目が目も当てられない(笑)

総合点は、9科目で780点前後だったが、(800点目前で成し遂げられなかった(笑))
総合点たった1点の中に、3人前後居る

総合点で10点違いで、30~50番も成績が違う、今から思うと、凄い競争の中に居たと思う

ただ・・私の場合、必須5科目の平均点90点台は、中間・期末、そして抜き打ちの実力テストでも変わらなかった

だから、実力テストになると、ほぼトップクラスに居ることが多かった

その頃から不思議に思ったのが、実力テストになると上位から女性が消えることだった?

随分後になって、女性は応用力が苦手だと知った


この頃の私の精神状態は、今で言えばノイローゼ状態

勉強しなかったのでは無く、殆ど、勉強に集中出来る状態では無かった

普通の精神状態だったら、東大に入れたかも(笑)


■妙な自慢している場合じゃ無い(笑)

私は、事情あって大学は夜間に行き、昼間はアルバイト職員をしていた

だが、高校時代の同級生達の多くは、大学に進んでいる
 
最近知ったのだが、この頃の大学の教授の多くは、【左翼思想】の持ち主だったようだ
 
当然、一流大学と言えども、卒業時までには【左翼思想】の洗礼を受けていると思える

私の弟は、私が大学へ通わせたのだが、典型的な左翼思想者に変化してしまっていた

その事を知ったのは2年前だ、私は何十年も騙されていた


■思えば、私の半生は、左翼との戦いだったのかも知れない
 
私は、代々商売家に育った、自由・資本主義者だ

だから、「70年安保反対」を叫ぶ同級生達の、やっている事の意味が解らなかった
 
3ヶ所の「学生集会」に呼ばれても、何を言っているのか、サッパリ解らない

ゲバ棒、ヘルメットの学生には出逢わなかったが、火焔瓶を投げる場面には遭遇した
 
「アイツ等、何やってるんだ」程度にしか思わなかったが・・


■アルバイト職員として働いていた病院が、ストライキを起こしたことがあった

目の前には、腕を組んでピケを張って、通せんぼしている知り合いの看護婦達がいる

「今日は仕事は無理よ」と言われて、ムッとした

(俺は日給だぞ、アンタ等とは違うんだぞ)

押し倒してでも入ろうとして、男共が固まっているところに向かっていると

組合長が「通してやれ」との声で、ピケを開けてもらって入ったことがある


その後、「病院がストライキするとは許されない」と、稚拙な抗議文を匿名で出した
 
組合長には解っていたのか、すれ違うとニヤりと含み笑いをされていたが(笑)


正しさがどちらにあるのかは解らない

だけども、患者無視の姿勢に憤りを感じたものだ

この頃はともかく、鉄道などストライキが全盛の頃だった

それが、組合員としての、実力行使手段でもあったのだろうが、迷惑極まり無かった


■話が、ドンドン横道にそれてしまう(汗)

何が言いたかったのかと言うと、戦後GHQの日本支配化から抜け切れていないという事だ

だいたい【日本国憲法】を作ったGHQメンバーが、「まだ!あんなもの守っていたのか!」と驚いたシロモノだ

それも20年も前にだ


■GHQがやったことは、良い面ではODA資金援助


悪い面では、【(臨時)日本国憲法】と、

再び強い日本にしない為に、国民から信仰心を抜いて、マルクス主義の考え方を入れた事だ


読売新聞などは、良い例だ

朝日新聞のような極差では無く、国民に解らないように、巧妙にマルクス平等主義を植え付けた


例えば、すでに【有名無実】と化した、【再販制度:定価販売】だ

国民に真実を伝えない新聞など、文化的価値などは無い

残っているのは、平等思想の中での談合体質だけだ

良い新聞・雑誌は高く売れ、悪いものは消え去るのが、自由・資本主義だ

今の新聞は、文化的価値を謳った、マルクス平等主義に過ぎない


■教育面でも、大学教授達にマルクス平等主義者が登用された事は、大きかった
 
その時代に学んだ者達が、後の世を動かし、次の世代に引き継ごうとしている
 
もちろん、一部の者達を除いては、自分達がマルクス平等主義に染まっているとは思っていないだろう

だが、個々に点検したら、そのような考え方が入っていることに気付くだろう

一例を考え出してみると、マルクス主義に含まれる【嫉妬心と優越心】

・金持ちに対して、嫉妬心、羨ましいと思うことはないか

・同級生、同期生達の出世を妬ましく思うことはないか

・病気をしていて、病気の人達が治って行く姿を見て、素直に喜べるか

・他人の批判は得意だが、他人の称賛は苦手なところはないか

・成功した人を見て、その人の過去のアラが湧き出してこないか

・貧乏人、不虞者達を、どことなく見下す気持ちはないか


【平等心】

・間違った平等心を持っていないか、競争社会を素直に認められるか

・自分だけが、なぜ、こんな目に・・と思ったりする心はないか
 

【愛】

・宗教者が唱える「愛」を、馬鹿にしたり、見下したりする心はないか

・「してもらう」ことは好きでも、「してあげたい」思には抵抗はないか

・ボランティアの人達を見て、「ダサ~」とか思う心はないか

・【見て見ぬ振り】をする習性はないか


すべて、クリア出来る人は聖人君子だ(笑)

ただ、そういう一面が自分の中にあると発見した時こそ、

人生のどこかで「マルクス平等主義:左翼思想」が入って居ると思われたらいいかも知れない


■本日、書くつもりだったテーマの
「あなたは、学校で、【日本現代史】を習っただろうか」の話と大きくズレた(笑)

その話は、後日に譲る


↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ 人気ブログランキングへ ブログランキング
にほんブログ村

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [未別] | 2011.02.14(Mon) PageTop

◆戦後60年間の平和な時代は終わった、これからしばらくは危機の時代:まずは迫り来る尖閣諸島危機を打破しよう

昨日2/11は建国記念日

日本全国で「幸福実現党」が声を発した
 

2011021120sankei2.jpg 

■「日本国平和憲法」の前提条件であるところの、
 
【他国から侵略等を受けない】、【他国が平和国家であること】前提条件が、今は崩壊している

近隣には、日本侵略を企てている国、日本に核ミサイルを向けている国がある

【その国は、憲法の適用除外国とする】ことを提言する

事態は切迫している、時間が無い

その主旨に賛同頂ける方は、応援して頂きたい



今、中国では、本年6月17日、【尖閣諸島占領支配】の呼び掛けが為されている

呼応が確認されているだけでも、800隻以上の漁船が集結する

漁船とは名ばかりの、中身は銃火器・魚雷を積んだ軍艦も居るだろう

このことは、昨年から今年に掛けて、次第に現実的になっているのだが、
 
相変わらず政府やマスコミは、こんな深刻な問題には触れようともしない

尖閣諸島など、中国にくれてやるとでも云うのだろうか?


占領支配受けた後、国際司法裁判所にでも訴えて、取り戻せるとでも思っているのだろうか

日米安保があるから、米軍がなんとかしてくれるとでも思っているのだろうか


政府やマスコミは思っては居ないだろうが、間違った情報を与えられ続けている国民は思っている

日本人は、尖閣諸島が軍事的に乗っ取られないと、目が醒めないのか?


昨年夏、尖閣諸島衝突事件直後に、中国内陸部で起きた「反日デモ」は、
今回と同じように、3ヶ月前から呼び掛けが為されていた

そのことは、一早く、このブログでも紹介し、危機警告を発している

・・だが、多くの人の反応は、「まさかそんなことあるものか」だった

実際に起きて、中国への不安・不信感が高まったようだが、それもまた表面しか見ていない


■NHKは、連日「反日デモ」報道をしていたが、尖閣諸島衝突事件に対してデモであるか如く報道していた

実際は違う

あれは、中国国内の【権力争い】に過ぎない

仕掛けた人物は、来年から中国のトップになる【習金平】だ


日本では、中国での「反日デモ」の数倍~数十倍の規模で、「尖閣抗議デモ」が為されていたのだが
NHKは、そちらは無視して報道しなかった

「なぜか?」と問い合せると
「多くの人達から同様の苦言を頂いていますので、明日からは平等に報道します」だった


この時、「NHKは国営放送ではありません、公共放送です」と、聞きもしないのに語気荒く言われた

国営放送同様なのに、なぜに?そこまで強く否定しなければならないのか?

まるで「放送するしないは、自分達の勝手だ」とでも言いたいようだった

その翌日は、どちらも報道されたが、
中国での「反日デモ」が5分とすると、日本での「尖閣抗議デモ」は10秒程度だ


お義理に付け足したような報道だった


政府もマスコミも信用出来ない今、世論・国論を変えて行くしかない

それには時間が掛かる

尖閣は・・間に合わないかも知れない



■ところで私は、子供の頃から不思議な経験を持っている

願ったら、天候が変わっていた事があった

それは歳を取るに連れて、ますます顕著になって来ている

山口県の人は解ると思うが、この5年間、直撃台風が来ていない
(それまでは、1~3個は来ていた)

5年前、病に倒れて入院以来、山口県直撃の台風が来ては困るので
「右に曲がれ」、「真っ直ぐ行け」と、天気図に台風進路を赤マジックで書いている(笑)

ほんとうに不思議なのだが、自分でも不気味なほど、その通りになっている

1つや2つでは偶然もあるだろうが、この5年間の台風は全てだ・・

最近では家族が、台風が直撃進路に当たると天気図と赤マジックを持って来る(笑)


私としては、すべて偶然と思いたいのだが、まだまだ不可思議なことがある


■3年前の2月、知人達と3人で、小雪が舞う中、山口県庁へ行き、お願い事を申し込んだ


帰り際、ほんの5分間程度だが、暗雲の空が円形に拡がり、雲一つ無い青空になり、
陽が差して、5月の陽気になった

「なんだ?、なんだ?」、「何か良い事の知らせか?」と言っていたが、
数日後、お願いした事は全て了承された


■2年前、小雨の中で、「幸福実現党」の応援をしていた

辻立ち予定前に雨が降っている時、雨がうっとうしいので(笑)、
「邪魔するな!」と空に向かって叫ぶと、雨がピタリと止む?

それも、1度や2度では無い、あえて言えば全部だったと思う

終わってトタンとか、家に帰ったトタンとかで、どしゃ降りになっていた

とうとう、応援の人達からも「雨をやめさせてね」と言われていた(笑)

べつに私に妙な能力があるのでは無く、
「天上界が応援してくださっている」と信じていたので、素直にお願いしただけだった



■山口駅前の時は、雨がやむだけでは無く、真上の空に円形リング状の虹が出た(応援の人が数人見ている)

あり得ないことだ?

虹というのは、太陽の反対方向に出るし、半円形が当たり前だ

飛行機からそういう現象を見る事はあるが、地上からは無理だ

それが、真昼の地上で、真上で円形の虹・・

その場合、太陽が地球の真裏に位置していなければならない、つまり、真夜中だ(笑)

それが真昼の空というのは・・考えられない
 

どういう現象なのか、今持って解らない


多くの人達の【愛の念い】が結集すれば、中国からの侵略も防ぐことが出来る

【愛の念い】とは、相手を潰すという責め心では無い

侵略しようとする責め心に対して、相手を潰すという責め心では、心の戦闘状態になる

それでは数の多い方が勝つことになる

侵略しようとする責め心に対して、人類愛の心で祈れば、相手の侵略心をそぐ事が可能だ

鏡に跳ね返されるように、その念いは戻って行くことになる

それを、元寇時に、当時の僧侶達はしていた

だから、現代とて、出来ないことは無い


個人的には、6月の尖閣諸島上陸しようとする漁船が出航しようとする度に、
嵐や雷で出航を思い留まらせたいものだ

出航しようとする度に、雨嵐になれば、気力も萎えるだろう

戦い前に、戦いをさせずに終わる

それこそが、本物の宗教の真髄だと思う

ただし、相手は10倍

それに匹敵するパワーが必要だ


■だから、「幸福の科学」、「幸福実現党」が信頼頂けないならば、せめて邪魔だけはされない
ように、お願いしたい

可能ならば集って頂きたい

「幸福の科学」、「幸福実現党」が、本来の力が発揮出来ない現状のままでは・・

何にせよ、私達は、死に者狂いで日本を護る



↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ 人気ブログランキングへ ブログランキング
にほんブログ村

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [未別] | 2011.02.12(Sat) PageTop

◆流行を追い掛けるより創り出そう・・そこに日本人が忘れて久しい「サムライ魂」がある

あなたは大手マスコミを支持しますか?<第4弾>



■ 【情報難民】と呼ばれている人達が居る

もちろん、巷に溢れている情報をすべて知っている人は皆無だろう

だから、【情報難民】とは、【正確な情報を知らない人達】を言う

その人達の殆どは、マスコミ信奉者だ

「TV・ラジオで言っていた」、「新聞に載っていた」、「週刊誌が騒いでいた」・・

そういう言葉が出る人達だ

その人達は、大手マスコミが談合して、情報操作をしていることすら信じないだろう

今の大手マスコミは、国民に伝えなければならないことを、伝えない

どうでもよいことを伝える

中国の言論統制までには行かないが、まるで、その前段階のようだ


現、民主党政権は、そういう情報難民の人達に寄って樹立された

だから、今頃になって、「まさか、あんな党とは思ってもいなかった」となる

いくら幸福実現党が、「民主党政権になったら、こうなりますよ」と、先回りしても、その声は届かなかった

大手マスコミに寄って、完璧に存在無視された

それは、大手マスコミが「政権交代」を企てて居たからだ

一度、「政権交代」させて、2年経った頃から批判を始めるというシナリオ通りに進んでいる


■そのマスコミも、忍び寄る中国の触手を怖れ、中国に媚びている

今、日本国民にとって、唯一、まともな大手新聞が、産経新聞だ

地方新聞も、まともなところが多い

産経新聞が右傾と言う人は、これだけ日本に左傾化が進んでいる中では、右傾に見えるかも知れない

仏教の八正道中の【正見:正しい見識でものごとを見ているか】を、振り返り、心眼で見ることだ


自分が、【情報難民】であるかどうかは、流行に流されるタイプかどうかでも解る

私達の若い頃は、ロングヘア(長髪族)、ミニスカート、裾拡がりのズボンに代表される

私は、流されるのは大嫌いなタイプなので、シラケた目で見ていた

一度だけ、丸坊主にしていたら「どうしたのか」と聞かれる、長髪族全盛の中では流石に目立ったものだ(笑)

とにかく、流行に流されることは嫌いなので、逆に流行を創り上げたこともある

詳しくは書かないが、その多くは今では普通になっている

レンタルレコード(後にCD、ビデオ、DVDと変化する)は、東京の大学生が最初に始めた

その3年前に私も計画していたのだが・・、事情が許さず断念せざるを得なかった


■世の中に無いものを産み出し、普及させ、生活の中で当たり前のものにしてしまう
創造力というものを、私達の世代は持っていた

だから、ある若者が言った「何も無いところからは、何も産まれませんから」には、驚いた
 「それが、今から経営指導者になろうとする言葉か」と、したためた事がある


少なくとも私は、何も無いところから創り上げる喜びを知っているし、味わって来た

流行に流されない「変わり者」と思われているかも知れないが・・(笑)

マリオネットのように、操られて動くのが嫌いなだけだ

自分の意思で動きたい


■ 【情報難民】の人達の多くは、自分の意思で動いていると思っていても、情報操作で動かされている

そしてそれに気付かない・・
マリオネットやロボットのように、情報に操られている

経済マーケットも、そういう流されやすいタイプの人達をターゲットにして来た
それは、今も同じで変わらない

芸能・音楽マーケットでも同じこと
膨大な宣伝費を使って、時代の寵児達を創って来た


■それを熟知しているマスコミは、自分達の意思通りに動いてくれる人をターゲットにして来た
自分達で流行を創り上げて来た

例えば、毎週のように出る【国民世論アンケート】の場合、調査対象は、たった500人程度だ
調査時間帯は明かされていない

もしも、平日の9時~17時だったら、その時の電話の相手は誰だろう?
失礼だとは思うが、【情報難民】の人達が多いのではと思える

そして、それが、【国民(全体)の声】のように思わされる

日本人の流行、風潮、流されやすい性質を利用されている


今、マスコミが騒いで、相撲八百長問題が大騒ぎになっている

その分、国民の目線が政治の混迷から、そらす事が出来る

この相撲八百長の話は、過去、何度も出ている
 
政治の混迷など、大きな問題から国民目線をそらしたい場合に用いられて来た手法だ


■海外からの場合もある
 
田中角栄総理が、中国に歩み寄った時、ロッキード事件が起きた
 
日本がGDPで世界一になる寸前で、国民世論が一斉にバブル叩きを言い始めた


自然に起きたものでは無い、作為的に起こされたものだった


■今、NHKは、やけに【中国へ行って大儲け】、【中国へ行かないと儲けそこねる】ような番組が多くなっている

まるで、中国のプロパガンダのように思えてしまう時もある
 
実態は、中国から逃げている企業は、多くなっているのだが・・


企業が中国進出する時、合弁会社を持ち掛けられる 
それをしたら殆どの場合、アウトだ

産み出した利益は、中国のものになる

撤退は許されない、強行すれば企業没収される

そうして、他人の金でメシを喰っている中国には、本物の【バブル崩壊】が待ち受けている
 
(日本の場合は、バブルでは無く、それが日本の実力だったのに・・風潮という名の罠に嵌ってしまった)

立派な建物が並んでいても、中はガラガラで借り手も無いゴーストタウン

間違った先行投資は、やがて必ず、限界を超えて支えきれなくなって行くものだ


ここまで大きくなった中国経済が破綻すれば、日本への影響は図り知れない
 
経済的損失はもちろん、政治的に日本バッシングが起こされるだろう

その時の備えは、現政権には欠片も見えない

目先のことに囚われ過ぎて、危機管理意識が欠落している

政府の中にも、官僚からの 【情報難民】が居るようでは困るのだが・・


■民主党も、自分達への危機意識はあるらしい

最近、ポスターが、菅氏から人気者とされている蓮舫議員に代わっている

そんな小手先のことをするより、本当に国民目線に立って頂きたいものだ



↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ 人気ブログランキングへ ブログランキング
にほんブログ村

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [未別] | 2011.02.10(Thu) PageTop

◆日本人はムー大陸の子孫、そして、天皇はその最高位である神官/幸福の科学:大川隆法総裁、ギネスブック世界記録認定

↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ 人気ブログランキングへ ブログランキング
にほんブログ村


■ホリエもんの「朝まで生テレビ」での発言には、驚いた

数年前の「金さえあれば買えないものは無い」ような発言以来、更正したかと思っていた

だが、性根は変わっていなかったようだ・・どうしようもない



■いつも、「そこまで・・」を取り上げて申し訳ないと思うが、今日はまた見過ごせない事があった

またまた勝谷氏だが、税収不足を補うには「宗教税」を言われていた

それも、わざわざ週刊誌を取り出して、「幸福の科学」を名指しだ

建前では宗教界全体と言っているが、あからさまに意図的なものだ


2年前、民主党県連の者が「政権取ったら、お前達から宗教税取ってやるからな」と言っていた

私は、 「それなら、献金税、パーティー税、組合税も取ろうぜ」

「私達は神仏を通して、後世の為に教えや建物を残している、どれもこれも私物化したものは無い」

「あなた達は、献金を何に使うのか?」

「あなた達の言うことは、天皇家、皇室からも、皇族税を取るって意味と同じだぞ」

・・黙ってしまった

それが、民主党の本音だろうし、小沢氏の中にもその意識があったことは確認済みだ


■勝谷氏へ

あなたは、お近くの「幸福の科学」に行かれて、
施設なり、教えなり、しっかりと見聞きされて発言される事を、お勧めします


一部の週刊誌記事に書かれている事は、やがて一方的な完全な嘘である事が解りますよ
 
そんな時、コラムニストのあなたは一体、どう為されるのでしょうね

ちなみに、あの人の事は、昨年、マスコミ発表をして、全部公開しています

そして、私的生活は自由です、何等も束縛していません

おかしな宗教だったら、閉じ込めて、外に出さないとは思われませんか?

昔の武家では、家から謀反者が出たら、良くて幽門・座敷牢ですよね

そんなこともせず、自由にさせています

その謀反者の話を一方的に信じるとは・・

長州の件にしても、無責任な言葉には、こちらで勝手に捕捉させて頂きました

コラムニストのあなたなら、もっと裏付けを取って発言されるべきだと思いますよ


ちなみに、あなたに対して、こういうブログもあります
これが嘘なら抗議されないと、あなたは誤解されたままになってしまいますよ



■「宗教」というものは、今すぐには解らなくても、中世のキリスト教会のように後世の為に、教えを残すための建物を建てたり、

「幸福実現党」のように世の中への政治への指針として出たりもする

それは、決して、一宗一派のものでは無く、本当に危機の時代に差し掛かったらだ

その危機を受け止めながらも、回避させようと懸命なのだ


■確かに、一部の国では「宗教税」を取っている国もある

だけども、その国々は、すでに唯物論国家と変わらなくなって来ている

さらには、イスラム教圏があれだけ伸びた理由のひとつに、宗教差別があったからだ

信教の自由をうたいながら、イスラム教徒は税金はタダ、他宗教は重税・・当然、イスラム教徒が増える

そのように、信じる宗教によって、税金を変えている国もあったが、そういう国は滅びに向かっている


■そんな中で、「幸福の科学」の大川隆法総裁の年間著作数が、【ギネスブック】に乗ることになった

年間において最も多く書籍(52冊)を出版した著者として、ギネス・ワールド・レコード社より世界記録認定を受けた

もっと、60冊以上の新刊が出ているはずなのだが??

調査期間が違うのだろうか

そんなに一人が出せるはずが無いと思われる方は、おそらく「幸福の科学」をご存知無い方だろう

ゴーストライターが浮かぶような人は、是非とも支部に来て頂きたい

「幸福の科学」の大川隆法総裁という方は、これまで1400回近い説法をされている

同じ中身の説法は無い

だから、その説法が、そのまま教典になっている


■『世界宗教入門』の中で、言われているが・・

【過去、1400回近い説法をして参りましたけれども、説法がすべて経典となって出され続けています】

【この20数年間、こういう事が出来るのは、仏陀以外に、居ないという事を知って頂きたいのです】

【教えがすべて、『経典』となって遺って行く。そういう事が出来た人は、かつて、仏陀しかいないのです】


ギネスブック認定も、まさしく仏陀の証明のひとつと言えると思う


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

その書籍中の、【天照大神の霊言より】

私もそうですが、日本神道の神々は、現政権に対して肯定的ではありません。

それは、明治天皇も、現在の天皇も、心は同じです。



神を敬う心というものが無く、金銭と物質にまみれた、

この世の生きやすさのみを考えて来た人達が、この国の政治の頂点に立ったという事を

 
非常に災いを呼ぶ現象であると考えております。


現天皇家も、菅内閣については、非常な嫌悪感を持っています。

その前の鳩山内閣、小沢幹事長に対しても、非常な悔しさで、

本当に血を吐くような怒りを覚えながら、彼らの内閣を任命しております。


私は菅内閣など、一日も早く、この地上から姿を消してもらいたいと思っております。


我が国民(くにたみ)が「神の国」に住みたいのか、「悪魔の国」に住みたいのか、私はそれを問います。

この国民が「マルクスの仲間であるような人の国に住みたい」という選択をするのか。


それとも、昔からの伝統的な神々を大切にし、祖先を大切にし、家族を大切にしていくような、
そういう麗しい日本というものを引き継ごうとしているのか。


この選択は単に技術的な政治の選択というようなことではなく、もっと大きなな意味を持っています。

ですから、「われらも、”最終手段”は持っている」という事を、知ってもらわねばなりません。


このままでは、この国に災いが起きます。

われらは、われらを認めない者たちを許しません。



■最近の宮崎県は何かおかしい・・

火山爆発した霧島周辺を含む高千穂の国は、日本神道の神々発祥の地だ

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


ハッピー・ナッツさんの2010年3月の記事より、無断拝借御免

■日本列島の歴史自体は結構古く、現在の形がほぼ出来上がったのは、今からおよそ3万年ぐらい前の事でした。

日本の文化程度が急速に高まって来たのは、約15000年ほど前にムー大陸が沈下し、
ムーの住民の中の約数百人が、海路現在の九州地方に上陸した時以来です。

日本の先住民族の人達から見ると、
近代的な科学の原理に通じていたムーの人々は、まさしく神の降臨に近かったと言えます。

そして、この頃の伝承が、後の日本の神話の土台となったのです。


■さて、現在に至る日本文化の最初の土台を創ったのは、今からほぼ2800年ほど前に地上に降りた高級霊達でした。

紀元前830年頃、まず、天御中主命(あめのみなかぬしのみこと)が、現在の九州は高千穂峰に出生。

8次元最上段階の如来が、日本の国創りのために肉体を持ったのです。

これは、釈迦出誕の200年前、孔子生誕の300年前、ソクラテス降下の300数十年前の事でした。


■天御中主命は、現在の宮崎県を中心とした南九州に、一大勢力圏を築いた政治家であり、しかも、宗教家でもありました。

もちろん、彼以前にも、国王的な方達は居りましたし、それは、連綿と続いては居たのですが、

神の言葉を伝える者が国を治めるという姿勢を、はっきりと打ち出したのは、天御中主命からなのです。

その意味において、天御中主命は、
日本の宗教的中心であり、政治的にも中心である事が多かった、天皇の草分け的存在だったと言えるでしょう。


■天御中主命は、巨大な霊能者でもあり、とくに、ひとたび彼が口を開いて発した言葉は、必ず成就することで有名でした。

ですから、誰もが、その神秘力に打たれたのです。

御中主の考えは、いわゆる光一元の思想であり、「善のみ真理、光のみ真理」と常々断言し、

その言葉の創化力によって、実際にそのとおりの光明の世界が周りに出現しました。


■御中主がつくった南九州政府は、高千穂国と呼ばれていました。

ここの第2代の国王に選ばれたのが、高御産巣日神(たかみむすひのかみ)です。

このときの権限委譲は、父子相続ではありませんでした。いわゆる禅譲に近かったと言えます。

すなわち、御中主の臣下のなかで、最も霊能力に優れ、徳の高かった高御産巣日命に位が譲られたのです。


■そして、次に出て来た3代目の国王が、神産巣日神(かむむすひのかみ)です。

この方も、霊言能力に優れており、
すでに、ひと足早く霊天上界に還った天御中主命から直接通信を受けて、国政の指針として居りました。


■紀元前765年、現在の大分県のあたりに伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が生まれました。

彼は、24歳の時に、伊邪那美命(いざなみのみこと)と知り合い、結婚をします。

そして、このふたりの正常な夫婦の営みの結果生まれたのが、後に天照大神と呼ばれる女性です。

その2歳下の弟として生まれたのが、須佐之男命です。


■天照大神は、母の伊邪那美によく似て、とても穏やかで、おとなしい性格でしたが、

それに反して、須佐之男命は、たいへん荒々しい性格を持って居りました。

天照大神は、日本神道系では、最高神、あるいは、主宰神のように言われて居ります。

というのは、
天照大神は、女性でありながらも、初めての女帝の地位、すなわち、高千穂国の女王となったことに起因しているのです。

天御中主命から数えて5代目ぐらいの国王にあたります。


■天照大神が初めて女王となったのは、高天原の8次元如来界から、天御中主命の神示が下ったからです。

「我が国を、美しく、麗しき国となすために、女性に統治させるときが来た。

伊邪那岐命という高徳の人がおられるから捜し出せ。

その娘が、我が国を取り仕切る方である」と命令されました。

このように、神代の時代は、天上界からの神示を受けて、次期政権担当者が選ばれたのです。

しかも、国王の地位も終身制ではなく、
その人の心に邪神や欲心が出てきた場合には、天上界から神示が下って交代させられました。

祭政一致とよく言いますが、当時は、霊能者の数も多く、また、人々から大変な尊敬を受けていたのです。

普通は、最高の霊能者が統治者となり、神示を仰ぎつつ、国政を取り仕切っておりました。


■天照大神は、決して王族ではなく、一豪族、伊邪那岐命の娘だったにすぎませんが、神示によって女王に迎え入れられます。

彼女は、非常に気品のあるおおらかな女性で、物腰もやわらかで、それでいて人々を畏怖させるような神々しい威厳がありました。

在位は20年ぐらいでしたが、その間、国威は上がり、朝貢して来る人が跡を絶たなかったようです。

その弟の須佐之男命は、先述したように、姉と対照的で、たいへん荒々しい武人でした。

政治的には姉と意見が合わず、彼女をよく困らせたりもしました。


■この頃、天照大神は、須佐之男命の乱行の鎮まりを祈願して、天之岩戸に隠れていたのですが、

この時、80日ぶりに岩戸から出て、弟といったんは和解しております。

しかし、やがて、須佐之男命は新羅(朝鮮)まで遠征し、これを機に、高千穂国から追放されるのです。


■初めての女王として、天照大神のように霊格の高い女性が出て来た事は、我が国の国民性に少なからず影響を与えたようです。

特に、天照大神の女性らしいおおらかさ、繊細さ、穏やかさ、優雅さ、美しさなどの特質は、後々まで、大和心として伝わって行きます。


■卑弥呼が九州に生まれた頃は、
西洋では、イエスが亡くなり、弟子たちも亡くなり、その後、原始キリスト教会がようやく盛んになってきた時代です。

すなわち、紀元200年を少し過ぎた頃です。

卑弥呼の時代には、天照大神の高千穂国は弱小国になっておりました。

そして、九州の阿蘇が見える有明海に臨む地域に、中国の歴史では邪馬台国と呼ばれている国、

当時、我が国では大和国(やまとのくに)と言われていた一大勢力があって、九州30余国を制圧していたのです。

この大和国は、後に、大和朝廷へと発展して行きます。


■卑弥呼は当て字で、本当は、日向(ひむか)と呼ばれていました。

卑弥呼は、やはり優れた霊能者であり、天上界の天照大神から神示を受けて政(祭)を執り行っておりました。

ですから、当時の大和国の主宰神だったのは、実際には、7~8年前に出ていた天照大神なのです。


■卑弥呼の政治の特徴は3点ありました。(卑弥呼は、生まれ変わって現天皇家にいらっしゃる)

1番目は、毎週1回、神降ろしをして、国政の判断をしたこと、

2番目は、女性を数多く政治にも登用したこと、

3番目には、春と秋には祭をやり始めたことです。

当時は、血統ということが重んじられていたので、血族結婚も多く、卑弥呼の事実上の夫は、彼女の弟でした。


■やがて、この系統から、大帯日子淤斯呂和気命(おほたらしひこおしろわけのみこと:景行天皇)が出、

その皇子が日本武尊(やまとたけるのみこと)であり、妻が弟橘媛(おとたちばなひめ)です。

だいたい、3世紀の終わり頃から4世紀の初めに掛けての事で、

この頃、九州の朝廷が東征して、現在の奈良地域を中心として、大和朝廷を築きました。

初代の天皇とされる神武天皇:神日本磐余彦命(かむやまといわれひこのみこと)は、

東征の英雄モデルがあったにせよ、現在、学問的には実在が疑われています。(注)

須佐之男命と日本武尊の英雄伝説が神武伝説形成にかなり影響していると思われます。

日本武尊は、如来界の方で、国づくりの高級霊の一柱でした。

過去世には、中国で漢王朝成立の立役者、韓信(紀元前3世紀~同2世紀)、

明治期の日本には、陸軍大将元帥、山県有朋(1838年~1922年)として生まれました。
 
(大川隆法『黄金の法』「太陽の昇る国」より)


(注)九州から畿内へと東征した神日本磐余彦命(かむやまといわれひこのみこと)は実在の人物であるが、
神武天皇としては即位していない。西郷隆盛の過去世でもある(西郷隆盛の霊言より)



↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ 人気ブログランキングへ ブログランキング
にほんブログ村

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [未別] | 2011.02.06(Sun) PageTop

◆米タイム誌の56カ国に住む12万人を対象にアンケートで、日本は4年連続で第1位

私の立てたものではないが、お好きな党に、ご投票を


◇ニュース記事より

米タイム誌の56カ国に住む12万人を対象にアンケートで、日本は4年連続で第1位


◆中国の軍事情報メディア「鼎盛軍事網」は、

1月27日付で、「なぜ日本の国際イメージは世界トップなのか?」とする記事を掲載した。

米タイム誌が実施した「国家イメージ」の結果を受け、日本が世界的に評価されている理由を分析した。

タイム誌は56カ国に住む12万人を対象にアンケートを実施し、世界の主要20カ国の国際イメージをランク付けした。

トップは日本で77点を獲得。

以下、ドイツ(72点)、

シンガポール(71点)、

米国(64点)の順で、

中国は62点を獲得して第5位だった。

日本は2007年から4年連続で第1位だった。


◆「鼎盛軍事網」は、

「中国のイメージの方が日本よりも良いとしたのは、中国とパキスタン人だけ」
という、米国における研究調査を紹介。

同調査によると、
その他に調べた14カ国すべてで、日本のイメージの方が中国よりも良かったという。


◆記事は、「歴史問題や領土問題などから、中国人の日本人に対する評価は常に揺れている。

中国側は、過去の日本軍国主義が中国に与えた傷を非難しているが、
他の国には影響を与えていないようだ」と分析した。

現在の日本がイメージを高めている理由のひとつとして、

中国および東南アジア諸国連合(ASEAN)の大部分の国などに多額の援助を続けており、

そのほとんどが無償援助であることを挙げた。


◆日本が世界から評価されるもう1つの理由として、日本の経済力や科学研究への積極的な姿勢を挙げた。

その土台にある教育レベルについて「初等教育の入学率は100%、中等教育の入学率は99.5%と世界トップ。

1911年の時点で、6年間義務教育の就学率は98%を達成。

基礎教育の着実な浸透が民度の高い日本国民を作りだし、経済発展へとつながったのだろう」と分析した。

(編集担当:畠山栄)



当然といえば、当然なのだが・・

本来はダントツ、ブッちぎりでなければおかしいくらいだ

むしろ、中国が5位にいるのが不思議だ

いろいろと分析してあるが、ほぼ、その通りだと思う

科学力の強い国が並んでいるのが、気に掛かるが・・


中国のここ↓が問題なのだが・・言論思想統制下にある中国人は、気が付いていないと思う

「歴史問題や領土問題などから、中国人の日本人に対する評価は常に揺れている」

「中国側は過去の日本軍国主義が中国に与えた傷を非難しているが、他の国には影響を与えていないようだ」


歴史問題にしても、中国軍部の戦略で、日本を侵略者扱いにしている

中国を英国から開放したのは、日本なのだが・・

太平洋戦争にしても、日本が欧州勢を追い出したので、東南アジア諸国は独立出来た

そういうことすら知らない日本人が増えたのだろう・・時代は変わってしまった

イギリス植民地or支配国は、インド、香港、ビルマ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、シンガポール

フランス植民地or支配国は、ベトナム、ラオス、カンボジア、ニューカレドニア、ポリネシア、タヒチ

タイを除く、殆どの東南アジアの国は、属領化されていた

日本がその占領国を追い払い、日本の統治国になったことで、戦後、相次いで独立国家となった


中国とて、確かに日本軍が統治していた

戦後になって、プライドが高い漢民族は、日本を侵略国家に仕立て上げている

だが、日本軍が居たからこそ、イギリスは中国支配を諦めたのだ

中国にとって、イギリス支配を受けるのと、日本統治下となるのと、どちらが良かったのか

東南アジアの国々を見る限り、言うまでも無いと思うのだが・・


日清戦争にしても、朝鮮王朝が日本に助けを求めて来たので、出兵したのだ

国力の整っていなかった日本にとっては、非常に危険な賭けだった

もし、この時、日本が出て行かなかったら、朝鮮は清国に占領されていた  
 
中国という国は【国盗り合戦国】だ、占領された国は民族ごと壊滅状態になっている

例え生き残っていても、その後、ロシアとの間で戦場になっていただろう

そこまで行けば、おそらく朝鮮民族は滅亡していたと思える


この頃の、ロシアのアジア征服意識と力は、凄まじいものがあった

必然的に日露戦争が起きてしまったが、軍事力の差は圧倒的にロシアのものだった

世界一と言われていたバルチック艦隊を沈めた時点で、欧米によって判定勝ちになった

日本はそこまでが精一杯だったのだ

もしも、継戦となっていれば、日本は負けていた

そうすると、朝鮮も清国(中国)も、ロシアのものとなっていただろう

おそらく朝鮮民族は滅亡、清国(中国)もロシアの奴隷国家になっていただろう


だが、歴史は日本に勝利をもたらした

朝鮮民族は滅亡を免れた

清国(中国)も、日本の技術が入って、少しずつ近代化に向かった


今、その国々は、日本に対して恨み心を持っているが、少しだけでも振り返って欲しい

日本が統治していなかったら、確実に日本以外の国に占領されていた

例えそれが、イギリスかロシアかどちらであっても、属領化となっていた

確かに一部には、心無い日本兵も居たかと思う

それが戦争の悲劇でもあるのだが・・

サムライ魂の日本で無かったら、もっと残酷な事態になっていただろう


それを、長い間、欧州に占領支配を受けていた東南アジアの国々は知っている

そのように今の中国、朝鮮があるのは、日本が居たからこそなのだが・・

両国はプライド高き国なので、プライドが許さないのだろう

とっくに日本は戦後補償を済ませているのだが、未だに日本に対して攻撃的だ

日本にとっては、おかしな話だ・・日本人の「お人好し」さは図抜けている


↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ 人気ブログランキングへ ブログランキング
にほんブログ村

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [未別] | 2011.02.04(Fri) PageTop

◆日本人は、母国を奪われた人々の教訓を学び、同じ過ちを繰り返さないように・・

やっと今頃知ったのかという感じだが・・ このブログで、私が言って居た事が本当の事だと、お解り頂けるかと思う


ちなみに、【日米安保発動】には、前提条件がある

日本人が住み、日本人が【自分の国を】守って居ることが、前提だ

今、尖閣に上陸されたら、【日米安保】の発動は無い

自国防衛の義務も果たさない国や国民に、米国は介入はしない

勘違いされないように


借用記事より

【国が滅ぶ理由】

サ・リバテイ 2011年3月号記事より
1130_l.jpg 



① 政治的、軍事的な「力」が足りなかった (モンゴル自由連盟党 幹事長 オルホノド・ダイチン)

・恐怖で声も上げられない

・2人の漢族が5万人に

・「次は、日本だ」


48-内~1 



② 国際情勢の知識が不足していた (世界ウイグル会議日本全権代表 イリハム・マハムティ)

・国の指導者7人が一度に消された

・中国の嘘を信じオオカミを招き入れた

・外国と対等に渡り合える人材を育てるべき

50-新~1 



③ 一国平和主義の立場をとっていた
(桐蔭横浜大学大学院教授 ペマ・ギャルポ)

・宗教を貶め、社会を壊す

・平和を望むだけでは平和にならない

・ヤクザにはそれなりの対応が必要

52-チ~1 


④ 目先の利益のために中国を招き入れた (中国民族問題研究会代表 殿岡昭郎)

・難民キャンプでは強奪や人身売買が横行

・国家は主張し、議論し、ときには対立する

・日本は悪に屈しない「サムライ精神」を取り戻せ

・「経済一辺倒」で国が滅ぶ

・「根本は人間としての胆力」



今こそ日本は、正論を譲らず、悪には屈しない「サムライ精神」を取り戻すべきだ

・悪には決して屈しないこと

・侵略に対しては事前に準備をすること

・サムライ精神を取り戻すこと

・正論は譲らないこと

等々、大切な外交の鉄則は数々ある。しかし、根本は人間としての胆力である。
 
『日本外交の鉄則』幸福の科学出版

日本外~1 




7.5ウイグル虐殺の真実―ウルムチで起こったことは、日本でも起きる (宝島社新書)  より抜粋
410qLtD+9eL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_ 


「日中記者交換協定」は、今や誰もが知っていますね (私的には知らない人が多いと思うが・・)

・日本人記者は中国政府に不利な言動を言わない

・日中関係の妨げになる言動を行わない

・台湾独立を肯定しない


という取り決めが、この中に含まれています

ウルムチ(ウィグル自治区)やチベットで起きた事件を、正確に記事に書いて日本で発表すれば、

中国は報復として「日中記者交換協定」違反を口実に、その記者を国外追放処分にする事ができます

実際にそうやって国外に追放された記者が何人もいます


ですから、大手新聞社やテレビの報道を見ている限りは、中国の真実の姿は判りません

中でも特に醜いのはNHKでしょう

NHKは「新シルクロード」などの大型番組を中国で制作していますが、
 
その殆どが、共産党政府の宣伝そのままに”発展を続ける中国”を手放しで礼賛する内容になっています

皆さんは、北京市の西郊に梅地亜(メディア)飯店というホテルがあるのをご存知でしょうか

ここは、NHKが中国政府直営のテレビ局である中央電視台との合併事業で作ったホテルなのです

しかし、相手国政府の機関と合併でビジネスをやっていて、果たしてその国の実情を公平・性格に報道できるでしょうか?


さすがにこのことは、日本国内でも批判が強かったらしく、

しばらく前からNHKは、梅地亜飯店からの経営からは手を引いているようですが、

今でもこのホテルは中国中央電視台のメディアセンターとして使われており、

NHKの中国取材は、全てこのメディアセンターを通して現地の手配がなされています


つまりNHKの中国番組は、共産党政府の組織がその取材を取り仕切っているわけで、

これでは中国に都合の悪い報道など、最初からできるわけがありません


日本の大手マスメディアに勤めている皆さんは、
ぜひ社内で、この『日中記者交換協定』を問題にしてください




■・・と、まあ、『日中記者交換協定』がある限り、そんなことだろうとは思っていたが、

ちょっと前のこのブログにも書いているが、最近のNHKの報道姿勢には、凄く疑問を持っている

日本の放送局では無く、中国放送局のように感じる番組もある


そして、一昨年までは、NHKに対して【国営放送】と言っても、そのまま受け入れていたが、

最近では、「【国営放送】ではありません、【公共放送】です」と、念を押される?


別に【公共放送】でも構わないが、それなら、【公共施設】とどこが違うのだろう?

【公共施設】の場合、使用する時に使用料金を払ったり、無料だったりなのだが・・

法律で定められているから、【見なくても】税金の如く、使用料金を支払わなければならないのだろうか?

そろそろ、民放を含めて、放送権を見直す時期に来ているのではないだろうか



↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ 人気ブログランキングへ ブログランキング
にほんブログ村

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [未別] | 2011.02.02(Wed) PageTop
 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【白龍?】空の雲を見ていると、いろんな形に変わるのが面白くて好きだ。だが、天候との関係は如何に? Aug 07, 2017
迷走台風15号は、日本国民への神々からの警告か? Aug 06, 2017
大川隆法総裁 講演「人類の選択」 Aug 03, 2017
◆【いじめを無くそう】人は感性(勝負)→知性(損得)→理性(善悪)→悟性(神仏への愛)と成長する Jul 29, 2017
音楽等の整理 Jul 24, 2017
◆吹田晃氏が亡くなった。。お世話になりました。ご冥福を祈ります。 Jun 21, 2017
【冗談話】安倍総理の70年談話前に各国に謝罪する。(2015年8月の下書き) Jun 21, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト全編】 1963年~1967年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト①】 1963年~1964年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト②】 1965年~1967年(画像による順位表) Jun 07, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう May 31, 2017
◆【他人が作れないレシピを考える】まずは一から出発・再出発できる有り難さ、白紙に描く喜びを知ろう。 May 13, 2017
◆【超音波と衝撃波】NHKは地上の原発の安全性を立証したことになる(再掲載) May 12, 2017
◆【草と忍者(続き)】現代の草と忍者は暗闇世界の使者。光の世界の拡散を妨げることで己の居場所の確保をしている。 May 11, 2017
◆【異常気象は天意の証】無神論者・唯物論者が、日本と世界を滅ぼす(再掲載) May 10, 2017
◆【素晴らしい国:日本】欧米やアメリカ大使館の御方へ。安倍総理の靖国神社参拝は、どこの国でも、ごく、当り前の事ですよ。 May 09, 2017
◆【善い話・怖い話(笑):悪霊退散!台風迂回!】ここ数日の奇妙な出来事(再掲載) May 08, 2017
◆インド、ネパールで、日本に産まれた〔再誕の仏陀〕が説法。インドでは5万人集会で大騒ぎ!(再掲載) May 07, 2017
◆【危機を防ごう】マヤの予言危機を回避しよう(再掲載) May 06, 2017
◆この世の救済も大事だが、【魂の鎮魂】も、とても大切なことだ May 05, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m