◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク    
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆大阪市教育委員会と学校は、公的文書の訂正を怠るな!時間を掛けるな!



■年末になってしまったが、大阪市の「コンパス刺傷事件」の学校と、大阪市教育委員会に申し上げる。




① 2011年4月25日付の公的文書である「生徒事故報告書」の間違った部分の記載を、即刻改められよ。




そもそも、これは事故では無く、事件そのものだと、本年2月20日には、関係者全員で確認済みのはずです。




大阪市教育委員会のM氏の「0対100です」の言葉は重いですよ。




男子加害生徒に100%の非があり、コンパスで刺された被害女子生徒には【何等の非は無い】と、全員で確認済みのはずです。




それを今なお、生徒事故報告書」のデタラメの記載を放置したままとは、何事ですか?何ゆえですか?


御両親が、どんなに訂正をお願いしても、今なお、一切の訂正をされないのはどんな理由があっての事ですか?




このままでは、【被害者がコンパスで刺そうとしていた】という、まったくデタラメの嘘が、そのまま公的文書になったまま、残る事になってしまいますよね。




被害者と加害者の立場が逆転したままの公的文書で、大阪市教育委員会と学校は、良いと思われているのですか?




そして、「【すぐに】、養護教諭に保健室で応急処置・・」も大嘘ですよ。


被害者が「刺された」と申告しても、担任は「終学活が終わるまで待ちなさい」と、10分程度も、そのまま放置されていたではないですか。


その事も、本年2月20日にも全員で確認済みですよね。




なぜに、こうした生徒の未来に関わる公的文書の訂正を【1年近く経っても】、まったく為されないのは、どういう事ですか?




校長先生は【間違った事実が広まっているので、事実訂正をします】と、確かに全員の前で言われましたね。




校長先生は、約束事を守るという、【人としての基本】を示して下さいよ。


嘘の、デタラメの記載のままで、終わらせないで下さいよ。




心からお願い致します。




② もうひとつあります。学校の【個人情報保護違反】に当りかねない問題です。




学校は、加害者の親に、被害者の【住所・電話】を教えましたよね。


その結果、どうなりました?


加害者の親が、謝罪する振りをして、被害者の親御さんに暴言吐いて帰りましたよね。



本年2月20日にも、その事に付いての話もしていますよ。


その事に付いても、加害者からの一切の謝罪もありませんよ。




それどころか、【話し合いにも出て来ません】よね。


どう言う事なのでしょう?




ほんとうに、【最初から今まで、おかしい!】ですよ。


大阪市教育委員会の管轄内の学校ですよ。


このまま、トコロテンで学校卒業して、何事も無かったでは、済まされない問題なのですよ。


もっと責任持って、仕事をして下さいね。




加害生徒は何事も無かったかの如く登校し、もうすぐ高校へ行きますよ。


コンパスで他人を刺しておきながら、無礼な態度で「ごめん」の一言だけで、済むのでしょうか?




一方の被害者は、2年と3年の2年間が、殆ど「不登校」ですよ。


なにせ、学校に行く度に、先生達に嫌みを言われていましたからね。行けるはずもないでしょう。




だからこそ、本年2月20日に先生達に謝罪を頂きましたよね。




学校も、教育委員会も、この被害・加害生徒の未来を考えて、もっともっと真剣になって下さいよ。



ほんとうに、お願い致しますね。 m(._.)m





先生のひとことで、救われたんだよ】プロボクサー内藤大助氏の心に響く言葉より。




ひどいイジメだった。胃潰瘍ができた。


毎日毎日、恐怖が続いた。


いまもそのトラウマが残っている。




僕がボクシングを始めた理由。それは、中学のときのイジメだ。


相手に仕返しするためじゃない。自分の身を守るため。


パンチを打つのではなく、相手のパンチをよけるため。


僕は強くなりたいと思った。




僕は北海道の豊浦町で生まれた。家は貧しかった。


サビだらけのトタン板で囲われた木造二階建て。窓は木枠でできていたけれど、きっちり閉まらない。


毎年、冬の寒さをしのぐため、ビニールを打ち付けて、窓をふさいでいた。


僕には父親の記憶がない。僕が生まれてすぐに離婚したらしい。


母親は、自宅の離れで食堂兼民宿を営み、朝から晩まで忙しく働いた。なにも買ってもらえなかった。




中学時代当時の僕は、身長が140センチくらい。


相手は170センチ以上あるやつもいて、喧嘩してもかなわないと思った。


僕は笑いのものされ、使いっぱしりをさせられ、それでもご機嫌をとり、媚を売りながら生きていた。


母親には隠していたけれど、ある日、お腹が痛くて病院に行くと、胃潰瘍ができていた。




中学三年になって、さらにイジメはエスカレートした。


モノを隠され、靴を捨てられ、服を脱がされた。


もう、限界だと思った。


カラスやスズメ、虫でもいい、人間以外のものになりたかった。


学校に行きたくなかった。




そのとき、佐々木先生が異変に気づいてくれた。


先生は、小さくて、運動神経がよくて、サッカー部の顧問。歳は25歳くらい。


生徒との距離が近くて、冗談が通じるやわらかい雰囲気を持った人。




その佐々木先生がホームルームで、こう切り出した。


「最近、誰かが、誰かをからかっている。特定の人に、ひどいことをしている。誰がやっているか、思い当たる人は手をあげろ!」



誰も答えない。


すると先生は、大声であいつの名を呼んだ。




「おまえのことを言ってんだよ!!」



シーンとなった。



僕は、ビックリした。


すごいと思った。


こんな大人もいるんだと思った。


先生が叫んでから、イジメはおさまった。




僕は、ボクシングを始めた。


不思議なことに、強くなると、やり返そうという気持がなくなった。


「先生のひとことで、救われたんだよ」


フライ級の日本一になって北海道に帰ったとき、先生にそう言った。


先生は、変わらぬ優しい笑顔で、小さくうなずいた。


『心がギュッと強くなる本 大切な人への手紙23通』PHP研究所





↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ          人気ブログランキングへ          

関連記事
スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [いじめ問題(学校・教育問題)] | 2012.12.30(Sun) PageTop

◆【道はひとつでは無い】人それぞれに多岐に渡る道があり、立ち塞がる壁を破って進む方法も多々あるので、真の意味での賢き人になろう。


以下は12/24に書いていたものだが、アップするタイミングが無かったもの。


■NHKの〔純と愛〕も予想通りの展開。

脚本家が何を考えているのか知らないが、【波瀾万丈】にしたいのだろうか。


一端、ドン底に落して、最後はハッピーエンドでは、単純過ぎるのだが。。




■主人公〔純〕の間違っている考え方に、【進む道はひとつしか無い】のようなものがある。


進むべく道がひとつなら、その道が閉ざされたら、お終いだ。


以前、「あなたの立っている場所を【人生の岐路】と言います」なんて、カッコ付けた言葉が、自分自身の中に入っていない証拠だ。


そもそも【人生の岐路】を、右か左かのように【2つに1つ】のような考えを持っていると、選んだ道が閉ざされた場合、【もうひとつの道が正しかったかも知れない】のような考えに陥りやすい。


タイプとしては、現実に負けるタイプ】であり、多様な考え方が出来ない人でもある。





■人を見る時、その人が、どんな性格か、どんな特長を持っているのか、簡単に解る方法がある。


絶好調時と、絶不調時を見ればいい。


絶好調時には、誰しもが張り切って頑張って居るだろう。


逆に、絶不調時に置かれた時でも、絶好調時と変わらず頑張り続ける事が出来る人には、再びチャンスが訪れる。


今の〔純〕のようなタイプは、ひとつの夢・目標が崩れた場合、【別の道が見えていない】ので、簡単に人生転落への道に陥ってしまうという典型例だ。




つまり、〔純〕は「社長になりたい」と言っているが(現時点では)社長の器では無い事を示している。

仮に、こういうタイプの人が会社の社長になった場合、多くは倒産に至るだろう。


ドラマなので、やがて立ち直り、大崎プラザに戻るなどして、成功を収めるような方向に進むのかも知れないが。。


一般には、アップダウンが激しいタイプは、人の上には立てないし、立つべき人では無い。


そうした人の下に居る部下達は不幸だ。





■そして、団塊世代の私には、まったく理解出来ないのが、NHKたるものが、ベッド上での不倫シーンや、夫婦離婚を当然のように映し出している事だ。


私の子供時代のNHKと同じ放送局とは思えない。まるで次元の違う世界を見ているように思う事も度々ある。


NHKは、本当の国民の為になる報道・放映をして頂きたい。


私が古い人間かも知れないが、【人の道】を外れる事が大嫌いな人間だ。


NHKは、その事(人の道)を持って、原点に戻って報道・放映して頂きたく思う。




■私は、ひょんな事から「インターネット相談」に出て、1年程度のつもりだったが、もう12年経った。

その間、人生問題、家庭問題、精神問題、いじめ問題・・いろんな人達と接して来た。


数万人の人に私なりのアドバイスをして来たが、殆どが、その場限りの人だが、極く一部の人達と「ネット縁」が出来、直接電話をもらう。


その人達からは、「いつ電話をしても、安定しているから、安心して話せる」と言われる。


だが、私だって人間だから喜怒哀楽はある。


長年の商売柄か、そういう性格なのかは解らないが、どんなに喜怒哀楽の最中にあっても、瞬時に切り替えられるので、そう思われるのだろう。


それが、私情と仕事を切り離す事が出来るプロだと思っている。仕事と言っても、金儲けの仕事だけでは無く、ポランティアとて同じこと。


常に「自分なりのペース」を崩さない事が出来る人が、人の上に立てる人だと思っている。




■逆を考えたら解りやすいと思う。


アップダウンが激しく、(今日のご機嫌は、良いのかな、ナナメなのかな)と思う人に、相談事を話せるだろうか?無理だろう。


このアップダウンの激しい人は、その幅を極力狭めるように自助努力をしなければ、人は付いて来ないものだ。




■私の知人の中には、孤独を好む者も居るが、実際はそうでは無い。「人嫌い」だと言いながらも、「人恋しさ」の中に居る。


彼等は喜怒哀楽のアップダウンが激しく、人が寄って来ないのだ。


そうした自分を変えられず、やがて孤独老人に至ってしまうだろう。




また、そうした人達に多いのが、前述した【道はひとつ】と思っている事だ。


【多様な道】を見据えながらも、ひとつの道を選んで進むのなら、それもいい。


その進む道が、壁で閉ざされた時、どうするか・・だ。


・岐路の所まで引き替えして、別の道を歩むのだろうか。


・閉ざされた道の壁を壊して進むのだろうか。




■私は間違いなく後者だ(笑)、目の前を塞ぐ壁をブッ壊すだろう。


ただし、壊し方にもいろいろある事を知って置いた方がいい。


私の若い頃は、体当たりで壊していた(汗)


倒れて血まみれになりながらも、体中を駆使して壊していた・・と思う。


だから、当然、反動として、自分自身も反作用の衝撃を受ける。


賢いやり方では無い(汗)




ここで、ちょっと頭を使って、【道具】を使う事をすればいい。


掘削機、ブルドーザー、ダイナマイト・・いろんな方法があるが、この【道具】こそが【仏法真理】と呼ばれるものだ。


【仏法真理】を学んだ者には、目の前に塞がる壁はもちろん、そのまま進めば道を塞いでいる1km先の壁も見える。


その1km先の壁を壊す為の準備や方策を述べても、一般の人には解らない。


これが〔幸福の科学/幸福実現党〕の長所であり、欠点でもあるだろう。





一般の人は、10m先にある障害物は解る。だが、1km先の障害物は見えない、解らない。


時間が経って、1km先の所まで来た時、障害物に気付くのが普通だ。


その時、その障害物を壊す方法を早くから言って居た者達の言葉を覚えて居れば、その障害物を取り除く事は可能だろう。


それが現在只今、安倍自民党政権が為している事でもある。


だから私自身は、安倍氏には敬服するが、問題は他の閣僚達や議員・党員が解っているか・・だ。 




まったく解っていないのが、マスコミだ。


彼等は、望遠鏡(仏法真理)の使い方も知らないので、目先のものしか見えていない。


だからこそ、こんなものを堂々と載せる事が出来る。


150942_315776018533623_1538201021_n.jpg 





■最初に戻るが、どんな人にも人生の節々で【岐路】が出て来る。


その別れ道になって、どの道を選ぶか迷うのでは、遅い。


人生経験豊富な人や、仏法真理を学んだ人には、1km先の岐路が見えている。


だから、そこに辿り着くまで、【準備】をしている。


岐路の先には何があるのかまで、見通している。


少なくとも社長になろうと志を持つ者は、一般の人より遥かな先が見えていなければならない。


見えているだけでは無く、様々な【想定】をして置かなければならない。




■昨年の東北震災以後、【想定外】という単語を頻繁に聞くが、その言葉を放つ人達こそ、自分は先の見えない人間だ」と言っているようなものだ。


人の上に立つ人は、すべてに置いて【想定内】でなければならないはずだ。


想定内であるからこそ、慌てず冷静にものごとに対処出来る。


ご親切にも〔幸福の科学/幸福実現党〕は、1km先の障害物を指摘し、それを取り除く方法も示してある。


だから、決して!【想定外】などでは無い!


そうした近未来の、1km先の障害物を指摘し、取り除く方法を示している〔幸福の科学/幸福実現党〕を、世間から隔離するようにマスコミはしている。


それは決して、日本の未来の為にはならない。


遠くまで見える、澄んだ景色にしようとしている人達の邪魔をするな!


自分達の眼鏡が曇っているからと言って、読者の人にまでサングラスを掛けさせる必要は無い!


あなた達マスコミは、その発した言葉に【責任】が取れるか!


責任を負わないマスコミは、単なる儲け主義の亡者と化している。やがて必ず、それぞれに発した言葉の責任を取らされる時が来る。


間違いなく、100%、言葉の責任を取らされる。


それが、今生きている世であるならば良いのだが、この世を去った後では、想像を絶する事になるだろう。


それこそ【想定外の想定外】の事態に陥るだろう。心して置かれた方が、よろしいかと思う。




↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ          人気ブログランキングへ          

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [人ありてこそ我あり(自分記)] | 2012.12.29(Sat) PageTop

◆【奇跡を起こす「祈りの力」2】幸運・不運も自分次第の面があり、自助努力と自己管理は欠かせない。


■つい先日、神戸市宝塚に住んでいる従弟が亡くなった。

夜中の2時頃、心臓発作を起こして、6ヶ所の病院をタライ回しにされた後、大阪の川西で受け入れてもらった時は、すでに手遅れだったようだ。


緊急患者受入拒否をする病院も、やむを得ないのだろうが、身内の者としては至極残念だ。

タライ回しと言う事は、救急車からの要請を受けて待機状態にありながら、患者の様態を見て断わったと言う事だろう。


運・不運をあまり言いたくない私だが、不運としか思えない。

それもまた、彼の運命・天命だと思うしかない。





■私自身も7年半前、上半身のどこだか解らないズキズキする痛みに3日間我慢していた。

とにかくどこが痛いのか、胸なのか背中なのか肩なのか、まったく場所が解らない。


そして普通の痛みは波があり、痛みが強かったり消えたりするものだが、まったく波が無い。24時間ずっと痛いままだ。


とうとう土曜日になり、(このままとても月曜日までは我慢出来ない)と思い、行き付けの医者に行ったが、所見は何とも無いと言う。


「もしかしたら心筋梗塞ではないか?」と言うと、医者も心臓専門では無いので、土曜日でも開いている専門医を紹介してくれた。


大病院出の心臓専門医に、エコー検査等調べてもらっても、何とも無いと言う。


ここで素直に帰っていたら、おそらく私はこの世には居ないだろう(笑)


医者に『何ともありませんよ』と言われても、私は「それでも絶対におかしい」と言って引き下がらなかった。


『そこまで言うのならば・・』と、大病院への紹介状を持たされて、病院の救急へ行き診察を受けた。


診察したのは婦人科医だったようだが、『ちょと待って下さい』と待たされて、しばらくしてもう一人の医者が来た。


『ここか・・』とか言って、さらに待たされて、もう一人の医者が来て、エコー画面を見ている。


そして点滴に小さな注射をしてもらったトタン、全身から痛みが無くなった。(あとで聞いたら、モルヒネだったとの事)


(ああ良かった、大した事無かったのか)と思う反面、目の前には医師が3人、看護師達がゾロゾロ・・計約10人(笑)


(何が始まるのか)と思っていたら、主治医になる医者が『○○さん、心筋梗塞です。緊急手術をします』と言う。





縁とはほんとうに不思議なもので、この時の主治医は私の高校時代の友人の息子だった。


その主治医が『○○さん、ほんとうに運が良かったですよ。専門の僕等でさえ見付けにくい場所が詰まっています』


『運良く、宿直医の婦人科の先生が見付けてくれたのですよ』と、何度も『運が良かったですよ』を繰り返す。


とにかく、とっても痛い経験をしたが(笑)、単に運が良かっただけだろうか?


私は、その病院出の開業医からは、『何とも無いから帰りなさい』と言われても、「絶対におかしい。普通では無い」と言い張ったのだ。

だからこそ緊急病院に行き、3人の医師が詰まっている箇所を見付けてくれた。


私は常々、運と言えども、偶然の産物では無く、自分で引き寄せるものだと思っている。


私の心筋梗塞の大きな原因は、心労はもちろん(苦笑)、外商をやめてデスクワークに終始した事で、体重が20㎏増えたせいだと思っている。


その僅か1年前には、私の血液検査結果を見た医者が「すべて真ん中。こんな人見た事ない。私より遥かにいい」と言われていた程だ。


その時、他人のドス黒い血液と違って、自分だけ鮮明な色をしていた事を聞くと、それだけ血液の循環が良い証拠だそうだ。


それが、たった1年で、命さえ失いかねない病気になってしまった。


原因は解っている。高カロリー食品と極端な運動不足・・つまり、不摂生(汗)

我、大いなる反省の余地あり。\(__ ) ハンセイ





■また一方では、私は、前回書いたように、医者が見捨てた人達の運命をも変えて来た。


医者が「もう助かりません」と言った人達が、憶えているだでも5人は奇跡的に回復している。


他にも、うつ病程度の人なら、普通に会話するだけで10人以上は回復している。




■私の友人・知人には、脱サラから会社を創って成功した者が、全国には多数居る。

その中の一人に、創業時から20年来の付き合いだった者が同じ市内いる。


その店には殆ど毎日のように顔を見せて居た程だったが、ある事情で行けなくなった。


ほぼ1年間顔を見せなかったが、1年振りに行って・・驚いた。

そのたった1年の間に、彼は離婚・癌・重い喘息になり、激ヤセしていた。


癌手術をして、1週間に1~2度酷い喘息の呼吸困難で救急搬送されている状態に陥っていた。
本当に驚いた。


以来私は、以前のように毎日顔を見せて、たあいもない日常会話をした。

・・だけなのだが、彼の具合はグングン良くなり、3ヶ月程度で喘息は完治、癌の再発も無い。
もちろん毎日、病気平癒の祈りは欠かさなかった)


半年後には、逆に私が圧倒されるくらい元気になった。今も元気だ。

(元気になった彼は、逆に今の私を支えてくれている)




■私は〔幸福の科学〕に入信して、医者とは違う視点での、喘息やうつ病等の霊的原因を学んで居たので、その霊的原因を取り除くべく事を為して来た。


ある時、知人の信者さんの咳が酷いので、どうしたのか?と聞くと、喘息で1年以上苦しんでいると言う。


私は、その人に喘息の霊的原因を伝え納得して頂き、一緒に〔お祈り〕をした。


1ヶ月後に出逢った時、その後調子は?と聞いたら、なんと、その日に治ったとの事。


これには、数々の奇跡を経験している私も、さすがに驚いた。


友人の酷い喘息が治ったので、この人も絶対に治ると思っては居たが、まさか速効とは思ってもいなかったので、良い意味で驚かされた。






2012-12-27-3-1.jpg 
2012-12-27-2-1_20121228002715.jpg 

  

2012-12-27-4-1.jpg 

月刊「The Liberty 1995年8月号より」



■ここに書いて善いものかどうか悩みながら思い切って書くが、拒食症・過食症の霊的原因は霊障だ。

上表の②(悪霊の憑依を受けて・・)にあたる。


だから、その霊障の原因(悪霊の憑依)をとり除けばいい。私は、そうした人達を何人と治している。


医者に行けば、対症療法として、吐き気には吐き気止め、食欲不振には食欲増進剤、睡眠障害には睡眠導入剤・精神安定剤、等々が処方されるだろう。


それで治る人は、それで良い。


だが、半年、1年と治らない人には、本格的な根治療法が必要だ。


拒食症・過食症等の霊障の場合は、当人の心がまっ暗闇の状態なので、外から、内から、と、灯りを点せば必ず治る。


【自灯明】と言って、出来るなら心の内から灯す事が出来れば、それが最も良いのだが、多くの場合は無理だ。


だから外から灯しながら、自家発電が出来る状態を待つ。


自家発電が出来るようになれば、心の闇に巣くうモノは逃げ出してしまう。




■うつ病もそうだ。

頑張って、頑張って、頑張って・・、もうこれ以上無理だと言うところまで頑張るので、心の中の光エネルギーがカラッポ状態になっている。


見た目には何とも無いので、他人から「頑張って」と励まされるが、当人にとっては『こんなに頑張っても、まだ頑張らなければいけないのか』と思う。


そして、光エネルギーがカラッポ状態でも無理矢理動かそうとするので、光と逆の闇のエネルギーで動くようになる。

そうすると、すべての事が逆転し、光が闇に、闇が光に見えて来る。


マイナスエネルギーで動くようになった心の中は【絶望感】で満たされる。

「死」という言葉を簡単に発するようになる。




■医者では、うつ病の人には「抗うつ剤」を処方されるが、この「抗うつ剤」を簡単に言うと「考え事をさせない薬」だ。

だから車の運転は危険だ。


ちなみに私も、30代の頃、子供が朝まで起きているので(笑)、精神的不安定状態になり、精神科で軽い精神安定剤をもらっていた事がある。


ある時、医者が変わり、処方薬も変わったが、何等の説明も無いので同じ薬だろうと疑いもしなかった。


病院食堂で食事後、その薬を飲んで帰り際、大変な事になった。


交差点に差し掛かり赤信号で停止したのは良いが、眠くて眠くて、目が開けられない。


あたり一面に響くラッパ音(笑)で目が醒めたら、大渋滞だ(汗) そこから家に帰るまでの5分程度の距離が、とっても長かった。


家に着くなり、玄関先で倒れて翌朝までグッスリ(笑)


あまりにも変なので、翌日もう一度精神科に行って様子を話したら、『ああ、それでは【うつ病では無かったのですね】、その薬は捨てて下さい』だ。


(俺はアンタの実験台じゃないぞ!)と、心の中では憤りつつも、相手は医者なのでおとなしく帰った(笑)


・・それほど、「抗うつ剤」という薬は、効き過ぎると危険な薬だ。


今は、かなり改善されているとは思うが、『必要ない事は考えさせない』という基本は変わらない。





今、【心とは何か】が解らなくなっている人達が多い。


そうした人達が、つまづいて、自力で立上がれる人なら良いのだが、立上がれない人達の中には【心の病】に陥っている人達も少なくない。


拒食症・過食症、うつ病しかり。喘息もそうだ。


その症状が医者で治るのなら良いのだが、医者が見放したらお終い。

・・のはずだが、私はそこから数人の人達の奇跡的な回復を目にしている。




■20年前の事だが、山口赤十字病院で拡張型心筋症という心臓移植をしなければ絶対に助からない、5年しか生きられない15歳の子供さんが居た。


その子供さんは18歳の時「これが人生最後」だと決心し、【青春に捧ぐ:講義】という大川総裁の話を聞きに東京へ行き、最前列で話を聞いた。


ところが、帰るなり、あり得ない事が起こり始めた。


拡張型心筋症が自然に縮小し始めて、自然治癒してしまった。


医者は何の薬が効いたのかと、検査に検査をするが解らない。


ついには誤診説まで出たようだが(笑)、どこからどう見ても拡張型心筋症である事は間違いなかった。


今、その女性も30代。私の元取引先で元気に働いている。





本物の宗教には【本物の愛】がある。


その愛が光となり、祈りによって相手の心に届く。


心に届けば灯りが差し始め、肉体の病変部にも光を送り、病気が治る事がある。私は、それを何度も何度も見て居る。


すでに私の中では、奇跡現象が必然の事のように思える事も少なくなくなっている。




無神論・唯物論者は、「たかが祈りで」と思うだろうが、それこそが自分達の無知・無明を示している。


本物の宗教の祈りは、「天国界との約束事」だ


病気の場合は、医療系霊団が、「祈り」の心を聞き届けている。


悪霊憑依の場合は、降魔系霊団が蹴散らしている。


それぞれの「祈りの分野の専門家霊団達」が、祈る人の心の純粋さや本気度を見ている。


その「祈り」の思いが天国に通じるほど純粋な場合、天国に居る霊人達が動き、この世に於いては奇跡的な事が起きる。


もちろん、いくら天国の専門家霊団と言えども、どうしようもない場合もあるが、その時の〔純粋な祈りの力〕は、天国の霊人達が預っている。


だから、いくら祈っても効かない場合は、その祈りの中に不純物が混じっていたり、【時】を見ている場合だってある。


天国の霊人達が【時】を見ている場合、最も適切な時に適えられる事もあるのだ。


だから、〔祈り〕が効かない場合、自分の信仰心の中にある〔純粋さ〕を確認しなければならない。

いつのまにか不純物が混じっている場合もあるからだ。


例えば、「これだけ祈ったのだから、適えてくれるはずだ」のような心には、【神様に仕事をさせる心】が潜んでいるので、棚上げになっている。


〔祈り〕とは、【神様との契約】であり、100%純粋なものでなければならない。


「こうこうこれだけの事をしたのだから、こうして下さい」のような不純物だらけの祈りでは、唯物論者と変わらない。


〔祈り〕とは、【ギブ&テイク】では無い。そうした心がある内は、絶対に天上界は動かない


◆祈願への疑問・・そして納得、すると奇跡が・・




■純粋な信仰者かどうかを見る時、こうした〔祈り〕で、どれだけ天上界が動いて頂けるかを見たら、よく解る。


もちろん金銭の多寡でも無い、すべてが〔純粋さ〕に尽きる。


私事で恐縮だが、私の母が3年間痴呆になり、家族中で付き添い世話をした。


ある時、隣市にある〔幸福の科学〕に行き(私は隣市に行った時は、拝礼だけでもして帰る事を習慣化していた)、支部長と雑談をしていた。


ふと、「そうそう、支部長、じつは・・」と、母の現状を話した。

支部長は、『それならボケ封じ祈願を受けられたら良いですよ』と言われ、「そんなものがあるのですか、それ受けます」と言った。

長くなるので、後はこちらで。


◆母の極度の痴呆が、瞬時に治った


「祈願受ます!」と願っただけで、即、適えてもらえるような場合は、特別な場合だと思う。


私はそれも、その前に3年間の家族の母へのいたわりの愛があったからだと思っている。


【他力を願う前に、必ず自助努力をしている】からこそだと思っている。




■私が関係して居る人達の中で、医者から「助かりません」と見放された人・・憶えているだけでも5人程度。


うつ病で「死にたい」を連発していた人達・・10人以上。


拒食・過食症で、家に閉じこもって外に出なかった人達・・10人以上。


喘息発作で困っていた人達・・5人程度。


さらには、「いじめ不登校」で学校へ行けなかった児童・生徒を復学・・30人以上。




■こうしてあらためて書き出して見ると、とてつもない数だが、殆どが重症で医者から見放された人達が、【全快】している。


見知らぬ人とのインターネット相談では、12年間で、数万件の相談も受けて来た。


その中で、うつ病、拒食・過食症の人達と出逢い、信じて付いて来てくれた方々全員が治癒している。


だが、私は、そうした人達の中には、今でも住所も名前も知らない人達もいる。殆どが、メールのやりとりで、治って頂けた。


今思えば・・凄まじいばかりのパワーだったと自分でも思う。

今はもう無理だ・・とは思いたくは無いが、やはり気力・体力が、かなり違うので、今は「いじめ問題」に特化している。


「いじめ問題」に関しては、現実に学校交渉もして来たので、その数になっているが、アドバイスだけだったら、おそらく12年間で1000人を超している。

そして、年々増えて、悪質化しているのが解る。





それは、人々の心の中に、大切な大切な【宗教心】が失われているからだ。


本物の現代の仏陀をあざ笑う人達は、見ていてほんとうに気の毒だ。書かれている内容が理解不能なのだろう。

または見ても居なくて、単なる嫉妬心からかも知れない。。


2000万部を越している【太陽の法】さえも妄想だと言う人もいるが、それがその人にとっての理解度の限界点なのかも知れない。


もしも、【太陽の法】が妄想であれば、2000万部を購入した人達は、騙されている事になる。


そうした事を言う人は、全世界100ヶ国の人達に、それが妄想である事を証明しなければならないと思うが、出来る筈もない。


それが真実だからだ。


〔幸福の科学〕を、カルト教団レベルと同じだと思っているのなら、勉強不足だ。





今、日本発世界宗教が、世界中の宗教の空洞化した教えを埋めようとしている。


当の日本人が一番気付かないというか、世界で最も否定しているという、愚かな現実があるのが残念だ。。


言葉は悪いが、ミソク○だ。

(味噌もク○も同色をしているので、同じ物だと言う意味で、両者の分別が付かない事を指している)




■〔幸福の科学〕の総裁は、仏教の発祥地で【再誕の仏陀】として、絶大なる信用がある方だ。

2年前の仏教の発祥地ブッダガヤでの〔大川総裁〕の説法日には10万人の人達が集まった。


インド、ネパールで、日本に産まれた〔再誕の仏陀〕が説法、インドでは5万人集会で大騒ぎ。


■本会場には4万人しか入れないので、離れた別会場に3万人、その間に会場に入れない人達を合わせて10万人集まった。

このブッダガヤでは、過去、ダライ・ラマ僧が2万5千人集めたのが最高だった。

だが、[幸福の科学:大川総裁]の、たった1回の説法の為に、インド各地から大勢の人が集まった。


その人達の多くは、[幸福の科学]に
入信して会場に入っている。日本では考えられないことだ。


そして、当日の説法は、編集もないライヴとして、ほぼ1日中インド国営放送で流されている。


(ちなみに国連大使の演説は拒否されている事だけ見ても、総裁の信用性は絶大なるものだ)



■またアフリカに於いても、3千万の人達が総裁の説法に涙して勇気をもらって居る。


こうした世界約100ヶ国から真剣に魂の親として憧れの存在である方の教えが、ウソや妄信であれば、世界に広まるはずも無い。





■そうは言っても、日本でも信者数の数倍は、〔幸福の科学〕の本に共感し、人生の糧にしている。


今や聖書に継ぐ、いや書籍の総合計数から言えば聖書に匹敵するほど全世界に知られて、心の書にされている。


身近なところでも、私の友人・同級生の8割は、〔幸福の科学〕の本が飾ってある。ただ飾るだけではなく、読んで欲しいのだが(笑)


もちろん私が配ったものだが、彼等・彼女等は捨てずに持っている。


家に行けば本棚に並べてあるが(笑)、彼等は、一読して捨てるような本では無いと解かるからだ。

私は、そういう豊富な人生経験を積んだ友人・知人に恵まれた事に感謝する。




今は読まなくても、本人が読まなくても、家に大切に置いてくれているだけでも有り難い。

そうした会社の社長達から、娘が、息子が「〔幸福の科学〕の本を読みたいと言っているから、持って来てくれないか」と言われた事も何度かある。


その子供さん達は、社長達の自宅に置いてある本を読み、共感を覚えてくれた人達だ。


信者になっていなくても、そういう人達は、確実に増えている。


日本が、そうした人達に満たされれば、「家庭崩壊」も、「いじめ」も無くなる世の中に必ずなる。





■ここのところ政治と離れた話をしているので、面白くもないとは思いますが、私なりに大切な話をしているつもりです。


ガサついた世の中で生きているので、しばし、本来の心を取り戻すべく、こうした【心の話】を書くこともあるので、ご勘弁下さい。 m(._.)m





↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ          人気ブログランキングへ          

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [人ありてこそ我あり(自分記)] | 2012.12.27(Thu) PageTop

◆【奇跡を起こす「祈りの力」】あなたは、医者から「99パーセント助かりません」と宣告された時、「もう終わりだ」と思うだろうか、それとも「1%もあれば充分だ」と思うだろうか。



選挙と重なり、6日遅れの先週の「たかじんの何でも言って委員会」を観た。


名前は忘れたが右翼の人が、至極まっとうな事を言って居たが、1つだけ危険なものがある。


ロシアとの「日露安全保障条約」はいけない「日露通商条約」程度に抑えて置くべきだ。


理由は、冷戦構造は終っていても、アメリカは日本がロシアと手を握る事を怖れ、嫌っているからだ。


それこそ、本格的な「日米安保」の破綻となりかねない。


それを指摘しない司会者や常連者達には疑問を感じるが、提案そのものは面白いし、当ブログでも「日露通商条約」の必要性は指摘して来た。





日本海を隔てた旧満州国と、ゴビ砂漠の地下には、日本へ向けたミサイルが少なくとも200発米国へ向けた大陸間弾道弾300発が隠されている。


アメリカとロシアも核ミサイルは持っているが、もう何十年も実験をしていないので、実際に使えるかどうかは解らない。

だからこそ、それぞれ何万発も持っていた核ミサイルを、数千発まで削減しようとなった。


それは良い事だが、かつてのソ連の核兵器技術者が、ソ連崩壊後には、イランや中国に移り、核兵器開発の手助けをしている。


つまり、核兵器を持つ国家としては、今では中国が世界一だと言う事だ。


そして、イラン、パキスタン、中国、北朝鮮は軍事同盟を結んでいる。


もっとも、今の北朝鮮は、実質は中国領北朝鮮になっているので、韓国のお隣まで中国の支配が及んでいると思っていなければならない。


日本人は、その事を肝に命じて置かなければならない。





■ゴビ砂漠の地下に核ミサイル基地があるのは、かつてその地で核実験が為されて来た事で、噂にはなっていた。


今夏、幸福の科学の遠隔透視で、当地に実際にある事が解っている。


◆中国の「秘密核基地」と「宇宙人交流基地」を遠隔透視 - すでに日本の主要都市に照準は定められていた!


このミサイルの脅威から、日本や世界を護る事が出来るのは、アメリカでもロシアでもない。

無理だ。

だからと言って日本でも無い。


日本を中心として世界約100ヶ国に信者を持つ〔幸福の科学/幸福実現党〕以外には無い。


だからこそ、親中マスコミは必死で、日本国民の目から〔幸福実現党〕を隠し、ありもしない〔幸福の科学〕の悪記事を書いている。

その悪記事を書いたマスコミが全面敗訴していても、おそらく国民は知らないだろう。


そして悪評だけが一人歩きする現状の日本には、天上界からの怒りは凄まじい。


【99%の確率で、日本を海の底に沈める】と言われている。


残り、1%が希望だ。


その1%希望こそが〔幸福の科学/幸福実現党〕だと、断言して置く。



ちなみに、1%と、自分で書きながら、今回の選挙結果と似ているので苦笑いしている(笑)

だが、これを100%にすべく、私は、このブログを通して語り掛けている。


本気で信じて頂きたいのだが、私達〔幸福の科学〕の信者が希望を失えば、確実に日本は無くなる。


だから、例え1%であろうと、0.1%であろうと、希望は捨てない、失わない。





■昨晩は、ビートたけしの番組も観ていたが、「超能力」だの、「宇宙人」だのと超常現象】として騒いで居たが、私から観たら何でも無い事だ。

あんなものは【超常現象】でも何でも無い。


私でも「スプーン曲げ」程度の事くらい簡単に出来る。・・実際に妻の目の前で曲げて見せたら、「元に戻しなさい」と叱られたが(笑)

だけども手品でもマジックでも無い。腕力だ・・は冗談(笑)


すべての物質は、分子・原子・・もっと細かく進んで素粒子から出来ている。


素粒子密度が濃いと物質になる。

物質と言っても、固体・液体・気体の三体を取る。


固体をさらに濃くしたものが結晶体と呼ばれ、多くは宝飾品として使われている。


だから、その固体を形成している分子量を変えれば、スプーン程度なら簡単に曲がる。


解りやすく言えば、一番弱い部分の分子密度を、さらに弱く(薄く)させて、液体化の状態にさせれば良いことだ。


これは、【念いの力】で出来る事だ。


昨日、久々に試みたが、かなりな精神集中力を要する。その精神集中力を高めるには、全身の体力が要る。

若い頃と比較にならないほど体力が弱った私には、後がキツかった(笑)

慣れない事をするものでは無い・・と、あらためて身の程を知った(汗)


■この程度の事でも、「そんな事が出来るものか」と思う人には絶対に出来ない。


「本当に出来るのかな?」と疑問を持つ人にも、絶対に出来ない。


「絶対に出来る」と思う人にしか出来ない。


それはまた、【1%希望を100%にする事】と同じ事だ。


「99%無理だ」と思う人達には、絶対に無理だ。


「1%の可能性を絶対に確信する」人にしか出来ない。


だからこそ〔幸福の科学/幸福実現党〕しか無いと言っている。




■例えば、一般の人達は、医者から「99%助からない」と言われたら、殆どの人達はそれを信じて、葬式の準備を始めるかも知れない。


だが、「残りの1%の可能性を無限大に高める」と思い、信じる事が出来る人には、奇跡的な事が起きる事も少なくない。


私自身も、何度も経験して来た。


「助かる確率は5%くらいです」と言われた従弟5%)、義父(5%)、同級生(0%)、知人(0%)が、【祈りの力】で奇跡的回復している。


■医者から「もう残念ながら助けようがありません」と言われた人の多くは、その医者の言葉を信じるだろう。


だが私は違う。


医療現場に居た事もあるので医者の言う事が絶対では無い事を知っているせいもあるだろうが、それでも絶対に助ける】という強い思いがある。


そうした思いは、念いとなり、上記の4人以外にも、医者が不思議に思う奇跡的な事が起きている。それ等の話は、このブログに書いている。


それ等は、すべて真実だ。私の家族や身内は、この奇跡的な事実を知っている。





■だが、私は、「ここが潮時」と思った時は、いとも簡単にアッサリと切り替える。


16歳の時、父親が心筋梗塞で倒れたが、奇跡的に10日間も生きながらえた。


当時の医療では、父親の心筋梗塞は即死か数時間しか持たない重いものだったが、私の「父さん!死ぬな!生きろ!」の念いが強い間は生きていた。


・・だが、父親の苦しむ(しゃっくりが止まらず、もだえ苦しむ)姿を見るに耐え切れず(もういい。父を楽にして欲しい)と思ったトタンに亡くなった。


当時、高校生の私は、この末期医療現場で、天使のような羽根を生やした幻のようなものを見ている。

その時には、それが何だか解らず居たし、それどころでは無かった。


今から思えば、〔父のお迎え〕だったのだろうが、私の念いが、それを引き留めて居たのかも知れない。・・と、思う。


父は亡くなった後も、私が「オヤジ!聞きたい事がある!化けてでも出て来い!」と、布団の中で大声で泣いて居たので、毎日のように夢に出ていた。


今思えば、私の念いで天国に還るに還れず、私の傍に居たのだろうと思う。

父には、悪い事をしたと思っている。





23歳の時、事業転換を決心して、その7年前に父親が必死の思いで購入した機械を全部、廃棄した。


さすがに目の前で、磁石クレーンで釣り上げられて、トラックにガシャーン!と木っ端微塵に落される場面を見ていると、涙が次々と溢れて止まらなかった。。




くしくもそれは、昨日の〔純と愛〕のドラマそのものだった。


だから〔純〕の気持ちは痛いほど解る・・が、私は【その先】を見ての事なので、〔純〕のように落込みはしない。


だが、【悲しみは同じ】だ。・・とだけは、言って置きたい。


予告では、ドラマは明日から大変な様子だが、私は、その荒れた姿こそを嘆く。


【過去は過去、過ぎ去った過去は、良き想い出として残せばいい】と考えるのが私だ。


〔純〕と比べて冷徹かも知れないが、【愛の本質】の中には、経営者としての愛もある。その中には基本的な愛とは違い、厳しさも内包している。


もちろん、そうした事は〔幸福の科学〕に入信して学んだ事だが、私は学ぶ前より実践して来た方が先だった。


ゆえに、〔幸福の科学〕に入信して以来、自分が為して来た事の善悪・正邪等を見詰め直して来た。


若い人達にはすべてが新鮮だと思うが、私はもちろん新鮮な事は多いのだが、それと同じ位、過去の点検作業をする事で納得する事が多かった。


あれは正しかった、あれは間違っていたと、まるで「正誤表」を渡されたように思う事も少なくなかった(汗)


・・これらを総じて【反省】と言う、点検作業だと教えて頂いた。





■まるで、やみくもに突っ走る暴走族のような私の半生だったが(汗)、進むべき指針を示して下さる方、灯台がある事で、私の人生観が360度変わった。


180度では?と思う人も居るかと思うが、それでは意味が無い。


この3次元世界で生きているからには、どうしても【現実】との戦いになる。


そして、【現実】に負け、現実逃避に至る人達も少なくない。


逆に、【現実】に勝ちながらも、【真なる生き様】を知らない人達も多い。


だから、180度回って【現実の裏にある真実】を知る事で、人生観が変わる。


だけども、そのままでは、真実を知ったままでは、自己満足・自己完結に過ぎない。


さらに180度回って現実世界に戻り、【真実を知った人生】で、その後を歩む事が出来れば、もう別人だ。


グルッと360度回れば、元の位置と同じに思われるかも知れないが、全く違う。


その間に【知識と経験を合わせた知恵】を獲得している。


私は、自分自身の経験から、その事を秤に例えて、このブログの初期に書いている


◆成長する秤(はかり)




日本中に跋扈している【唯物論・無神論】は、大間違いだ。


そして、それ等の答えは、すべて〔幸福の科学〕には用意されている。


前述の〔ビートたけし〕の番組の【超常現象】は、〔幸福の科学〕では【超常現象】でも何でも無い。

普通の事であり、当り前のことだ。


仏も神も居るし、悪魔も居る。


地球は、宇宙人の坩堝であり、地球人自体が宇宙人から成り立っている。


また数多くの宇宙人が連れて来たペットや食料動物が、地球上に棲息している。


エリア51の地下深くには、アメリカと宇宙人が秘密基地内で宇宙人技術を獲得している。


中国ゴビ砂漠も同じ。凶暴性の強い宇宙人が技術関与している。




【超能力】に関しても、〔大川総裁〕のスーパー霊能力とは、比べようも無い。

〔大川総裁〕こそが、地球創世以来最高最大の【スーパー超能力】だ。


その力は本来は【秘技】たるものだが、日本人に、あまりにも【唯物論・無神論者】が多いので、最近はわざわざ公開されている。


この大いなる慈悲も解らない人達には、もっともっと仏の存在を身近に感じ取って頂きたく思う。


霊言は、自分の霊格より上の霊人からは出せない。

それは青森あたりの巫女や霊媒師ならば、よく解っていると思う。




世界中の、天上界からのすべての霊人から、霊言を引き出せると言うことは、それこそが、とてつもない人だとの証明でもあるのだが。。





今、自らが【国師】と宣言されているが、実際はそんなちっちゃな存在の方では無い。


【人類の親】が、今、日本に降りて、子供達である私達の光の灯台となられている。




◆安倍新総理(守護霊)が「神風が起きた。幸福実現党に感謝」


top_main_pic_20121223191903.jpg 



■選挙前から〔幸福実現党〕の政策を丸ごとパクリ、自民党の政策にしている安倍氏に対して、少しばかり違和感を感じていた。


最近になり、〔幸福実現党〕の発した言葉そのものを、安倍氏が使われている事に、

(もしかしたら、安倍氏は、そっと〔幸福実現党〕の応援をされているのではないだろうか・・)と、思うようになった。


【大胆な金融緩和】という語句も、3年前から〔幸福実現党〕が言い続けて来た言葉だ。


パクられ、真似られるのなら、少しでも表現を変えれば良いだろうに、そっくりそのまま使われている事に気が付いた。


ここまで、語句まで、そのまま言われているのは、「〔幸福実現党〕はこんなに良い政策を出している政党だ」と、間接的な応援のように思えて来た。


安倍氏に限らず、潜在意識である守護霊と実体の意識とは、時間的・感覚的なズレがある。霊格に寄っても違って来る。


特に政治家ほどズレ(潜在意識と実体意識の違い)が大きいのは珍しい(笑)


だが、安倍氏に限っては、潜在意識と実体意識が、そう違わない。

安倍氏の過去世は〔大友家持〕だそうだが、霊格としては高い人なのだろう。


〔幸福実現党〕も早く世に出て、日本や世界を根底から立て直し、全世界平和を実現し、未来産業を育てたいのだが、安倍守護霊は、自分達はその前段階を行なうと言っている。


安倍守護霊に言わせると、〔幸福実現党〕のスピードが早過ぎて、一般の人達には見えないとの事。


これは、多くの天上界の神々からも指摘されているので、大きな反省材料だ。


■事実、私が、簡単に簡単に伝えていても、「アンタの言う事は難しくて、ワシには、ようワカラン」と言われる事も少なくない。


このブログでも、出来るだけ解りやすいようにと、極力、専門語は省いて、出来るだけ口語体で書いている。


私は、社長業をして来たので商業文を基礎にして、口語体で語り、ブッキリ語にして書いている。

そして、なるべく、1行1節で治まるようにしている。


もうすぐ600回になるが、〔幸福実現党〕が世に出たら、やめようと思いつつ、まだやめられない(笑)

次の参議院選まで、700回は書かなければならないのかな(笑)




↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ          人気ブログランキングへ          

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [未別] | 2012.12.23(Sun) PageTop

◆【金融緩和と銀行の責任】市場にお金が回る為には、銀行の積極的な貸し出しが不可欠だ。そのひとつとして「多重債務を1つにまとめる」方策を、早急に示して頂きたい。


【大胆な金融緩和】も、幸福実現党の発した言葉だった。


過去3年間も、【インフレターゲットを定め、目標3%、実質2%の経済成長】も、幸福実現党が言って来た。


今、やっと、日銀が重い腰を上げた。


おそらく、【選挙前の街頭演説での大川名誉総裁の言葉】も日銀関係者には届いていると思う。


今、安倍氏が「デフレ脱却」を公言し、幸福実現党が掲げた金融政策を行おうとしている事は、日本経済にとっては景気回復への光となるだろう。





■安倍自民党も、本格的な景気回復へのネックになると思える事には触れていない事がある。


そのひとつが多重債務問題】だ。


そして、銀行の貸し渋りと高利金融機関】の関係だ。


それは、幸福実現党が3年前から指摘していて、政策に於いても【資金繰りに困った中小零細企業への徹底した融資】を打ち出している。


先の見込みがありながらも、当面の資金繰りで前に進めない企業ならば、立ち直るまでの資金繰り応援をすると言う事だ。


今の日本の銀行は、ゆうちょ銀行はもちろん、多くの民間銀行は【絶対安全】な所にしか融資はしない。

企業・商業融資するよりは、安全な国債を買っている。


そして、銀行の2次機関というか、ダミー機関と言うべきかのような、高利金融に貸し出している。


銀行が【お金の卸屋】と化している現状にメスを入れないと、本格的な経済回復には、ほど遠い。


この【多重債務問題】が、多くの中小零細企業を苦しめている現状を知らなければ、本格的な経済景気回復には、かなりな時間を要するだろう。





デフレに入り、銀行は、【何を基準として貸し出すか】が解らなくなっている。


日本の銀行は、【晴れの日には日傘を貸すが、雨の日には傘も貸さない】という、【リスクを避けて、絶対安全を取る】という奇妙な性質を持っている。


だから、経済がインフレ期には、【土地】を担保にして、【保障人】を付ける事で、融資していた。


だが、その土地の価格信用力が無くなり、保証人の信用力が低下し始めると、貸し出し停止、貸し剥がし(強引な返済)をするようになっている。


そして、安全な国債を買って、15%前後で貸し出す高利金融機関に貸し出している。


資金繰りに困った中小零細企業は、この高利金融機関に頼るしかない。


それも、銀行で借りれば5%程度で多額に借りられていたものを、12~15%の高金利で少額で借りざるを得なくなっている。


だから、複数の所から借りて、返済に追われているのが中小零細企業の実態だ。


この【多重債務】を【まとめて】、銀行が貸し出すシステム創りや法整備をしないと、日本を支えている中小零細企業の景気回復には繋がらない。


今の安倍自民党の姿勢を見ていると、この大事な部分が見えて来ない。


日銀から降りた【お金】で、銀行が国債を勝って居たのでは、お金は市場に流れない。


簡単に言えば【銀行は国債を買わずに、ドンドン市場に流せ】と言う事だ。





ゆうちょ銀行も、民間銀行も、【民間企業貸し出し】を怖れて、自分達の中でお金が流通している状態にしている。


それは市場経済とは言わない。それでは市場にお金は流れて来ない。


要するに、日本の銀行には、欧米のような【本物の貸し出しノウハウ】が無いのだ。

土地ばかりに貸して来たツケが、今のデフレ不況の元凶になっている。


【お金は、市場に流れてこそ、お金の役目を為す】のだ。


安倍自民党は、その基本中の基本が為されていない現状にも、大手術をするくらいの覚悟を持って、為して頂きたい。


とにかく、1日も早く【多重債務者】を無くして頂きたい。


民間銀行に【まとめ貸付】が出来るような法整備を即座に進めて頂きたい。


それなくして、本格的な経済回復は無いと、断言して置く。





■余談になるが・・今、NHKの「純と愛」を見ているが、純という主人公が2つのホテルに関係している状態を興味深く見ている。


元経営者の私から見たら、ストーリーとは違う方向になるかも知れないが、〔おじいのホテル〕は、残念ながらアウトだ。


正確には〔おじいのホテル〕のバランスシート、赤字続きの理由、債務額と返済可能率、立地条件等、もろもろを見なければ最終判断出来ないが、

ホテルの規模と家族のみの従業員数は、あまりにもバランスが悪過ぎる。


外観からのホテルの規模では、1ヶ月の電気料金だけでも数千万円掛かると思う。それに見合う客が来ているとは思えない。


家族経営の民宿では無いのだから、「続ければ続けるほど赤字が増える状態」になっているのは、一目瞭然だ。


これを、主人公の根性で立て直すには、無理がある。


主人公:純の気持ちは解るが、それが【執着心】となっていれば、絶対に良い方向には向かないのが一般的だ。


ゆえに残念だが、この〔おじいのホテル〕の再建は厳しい。


経営とは、そんな夢物語のような甘いものでは無い。


ドラマだから、どこから〔白馬の王子様〕が出て来るのか知らないが、一般経営者の視点から見たら、もう、立て直しの時期は過ぎている。


父親の言う通り、ホテル等の資産を売却して債務を無くして、それぞれの子供達も新たな道を探した方がいい。


それが、会社経営に携わる者としての責任だ。





■同じくTVを見ていて腹立たしいのが、原発廃棄ありき】の「活断層問題」だ。
 

そもそも、日本国全体に断層がある事は、自分の土地を掘って見ただけでも解るだろう。
幾重にも断層がある。


それが、地震で動けば【活断層】で、動かなかったら違うという発想こそ、おかしい。間違っている。


しかも、何万年前、何十年前に動いた兆候があるから【危険な活断層】としていること自体に問題がある。


こういう調査機関の人達は、理論づくめで、もっともらしい事を言っているが、最初から【結論ありき】の姿勢が見え見えだ。


それこそ税金の無駄遣いなので、即刻、解散して頂きたい。


私には、日本の国力を落す人達にしか見えない人達だ。


それをまた、NHKは、毎日毎日、執拗に報道しなければならない理由でもあるのだろうか?


私には、安っぽい茶番劇に見えてしかたが無いのだが。。





【追記】


◆活断層に対する原子力規制委員会の暴走と地震学者の無能 Radiation Protection Information Center


エセ学者のウソを、次々と暴く「高田 純」教授の話こそ、マスコミは報道して頂きたい。


日本の為に、日本人の為に、真実を科学的見地から述べている方を、マスコミはワザと無視して、日本人を不安にさせる人達を画面に出している。


いつもの事だが、いい加減にしろよ。





↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ          人気ブログランキングへ          

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [政治・経済] | 2012.12.21(Fri) PageTop

◆【真の救国政党、未だし、こんな事で間に合うのか?】天照大神が、お怒りになるのも無理もない。



年末選挙が終わった。

民主党は大敗し、第3極は伸び悩み、幸福実現党は未議席のまま。


真の救国政党である幸福実現党の敗北で、日本も終った。・・とは思いたくない。


だが、「備えあれば憂いなし」の諺通り、「備えをしない日本人には、憂いが来る」・・と、本来ならば思っていた方がいい。





だが、形としては見えなくても、【幸福実現党】は存在する。

まるで神様のようだ(笑)


それは冗談だが、【空気のような存在】だと言った方が正確かも知れない。


普段、【空気の存在】に感謝して生きている人が、どのくらい居るだろう。

空気が無くなって、始めて、その存在の大切さに気付くようでは、遅過ぎる。


今の幸福実現党を見ていて、つくづく、そう思う。


私は、幸福実現党の敗北を極めて冷静に見ている。


議席獲得に至らなかった理由は、いくらでも語る事が出来るし、予想もしていた。





そのひとつは、支持母体である〔幸福の科学〕の信者さん自体の問題だ。


信者数以下の得票の現状を、大いに反省すべきだろう。


そんな事では、せっかく票を入れて下さった一般の方々に、申し訳ないだろう。。


それはまた、私自身に言い聞かせるものでもある。


■私の友人の中には、4年前、病気で死にそうな時に、【頼むから、お前の宗教に入れてくれ】と、涙を流しながら泣き付いた者が居る。


だが、私は、断わった。


私の目から見てだが、すでに寿命が終える段階に来ていたからだ。


だから、すべて自然体のままで、天の思し召しのままにしようと、そのままにするつもりで居た。


40年間も脳腫瘍で目も耳も不自由な中で暮らし、彼の世話をしていたご両親も、母親は亡くなり、父親は痴呆で病院暮らし。


彼が生きて行く為には、他人の助けが不可欠なのだ。


だからこそ私は、今まさに寿命が終えようとしている友人を、無理矢理この世に押し戻そうとは思わなかった。


■だが、その話を〔幸福の科学〕の人達に話すと、私はメチャメチャ叱られた(笑)


もうひとりの友人も「あいつを助けてやってくれ」と、彼らしくない程(笑)、必死で私に頼み込む。


「俺が運転するから、今すぐ、あいつの処へ行こう!」とまで言い出した。


私は、(そこまで、みんなが言うなら、もう一度、この世に引き留めるか・・)と、車で片道2時間掛かる病院に出向いた。


県内一の病院だが、驚くことに、彼の主治医は私の知人だった。


そっと病状を聞いたら、「もう助から無い。その事は彼には知らせて居ない」と言う。(そんなものだろうな)と思っていた私は驚きはしない。

(医者は、私が友人であり、独り身の彼の世話をして居ると知っていたからで、守秘義務違反では無い)


病室の友人の元に行き、彼の請うままに入会書を書いてもらった。一緒に行った友人も入会した。


その後、急激に病状は回復し始め、医者が「奇跡だ」と言うほど全快した。彼は死の淵から這い上がり、再度、悪化していた脳腫瘍も縮み始めた。


さらには、一緒に行ったもう一人の友人も、20年来の胃潰瘍が全快した。


だが、このふたりは信者には成ったが【信仰心】が無い。


自分達が、〔幸福の科学医療系霊団〕の神々の力で、病気が全快したとは思ってもいない。

医療が成功したと思っている。


その医療現場からは、すでに見放されていたとは思ってもいない。





■そうして元気になった友人の元には、彼のS会の高校同級生達が付きまとう。外食に誘われては奢らされている。


選挙時には、そうして付きまとう連中だが、彼はS会の者達に連れられて期日前投票に行き、その政党名を書かされたそうだ。


もちろん書いたのは、彼自身の意志なので、何等の問題は無い。


病気の彼を救ったのは〔幸福の科学〕の信者さん達の【祈り】だが、元気になった彼を期日前投票に連れて行ったのは、同級生のS会の者達だった。


彼等は、その投票後は一切来ないと言う。


S会の人達の中には、彼のような身障者に寄り添い投票所に連れて行く人達が居る事は、以前から知っては居たが、私にはそういう真似は出来ない。


■一例に過ぎないが、私はもちろん、こうした例は少なくないと思う。


本来は私が、彼のような者達を本物の信者に育てなければならないのだが、若い頃から脳腫瘍の彼の思考回路は10代の子供のままだ。


目も耳も不自由なので、大声で話さなくてはならないし、話した事も、すぐに忘れてしまう。そして、目の前の親切な者達に付いて行ってしまう。


病気の彼には、その奥には、どれだけ多くの人達の支えがあるのかも解らない。


彼が医者から【絶望宣告】を受けていたにも関わらず、奇跡的に元気になったのは、紛れもなく〔幸福の科学〕の信者さん達の【祈り】の力だった。


本来ならば帰天しているはずの彼を見ると、(何の為に生きて返されたのだろう)とは思う事もあるが、それもまた何かの意味があるのだろう。





■このように〔幸福の科学〕の信者さん達は【無我・利他】の思いが強く、政治に対しては、強い思いが出せない人達が多い。


S会ように、身障者を強引に期日前投票に連れて行く人など一人もいないだろう。しかも彼とて〔幸福の科学〕の信者なのだ。


そこまでする必要は無いが、見習うべきものはある。


はっきり言うと、〔幸福の科学〕の信者さん達は【積極性】に欠けている人達が多過ぎる。


もちろん私自身もそうだろう。

前述の身体不自由な友人の体調も考えずに、無理矢理、期日前投票に連れ出して居れば、こんな事を書かなくても済む。


だが私には出来ない。彼が外出後には、必ず寝込む事を知っているからだ。


それを知っていても、お構いなしのS会の者達は、彼を【一票】としてしか見ていないのだろうか。。


こと選挙に関しては、私を含めて、〔幸福の科学〕の信者さん達のワキの甘さは目に余るものがあるがやっている事は間違いなく正しい】事だ。


自民党や各政党の支持母体だけを比較しても、〔幸福の科学〕を支持母体にしている〔幸福実現党〕は、本来ならば日本一のはずだ。


それが、どうして選挙結果に反映しないのかの理由は解っている。


そのひとつは前述したが、もうひとつ大きなものがある。





■今回、私も、知人達にお願いしたが「あの政党(幸福実現党)って、まだ、あったのか?」と言う人達が、圧倒的に多かった。


〔幸福実現党〕の存在を知っている人達の多くは、そんな程度だろう。


さらには、〔幸福実現党〕の存在すら知らない人達の多い事。


そういう人達に、一人一人、政策・信条を語り伝えるのは、非常に困難だ。


そんな人達が言う。


「こんなに良い政策を持つ政党が、どうして?TVや新聞で報道されないのか?」と、お決り文句の如く聞かれる。


そこから語り始めなければならない現状では、今回のような結果になるのは解っていた。


■私は、その人達に、こう伝えていた。


「中国に民主化運動を起こして、ノーベル平和賞をもらった〔劉暁波〕という人が居ますよね。その人は、今、中国政府によって投獄中なのですよ


多くの人は、この事は知っている。TV・新聞でも流されたから。


「私達も同じ状態なのですよ」


「もちろん中国と違って、こうして自由に出歩き語れますが、TV・新聞等のマスコミ報道で、国民が知る権利を奪われて監禁状態と変らないのです


『確かに、TV・新聞では、あなた達の話を聞いた事も無いが、それはどうしてなのか?』と聞かれる。


大本営発表】なのですよ。当時、不都合な事実は発表されなかったでしょう?あれと同じなのですよ


「私達の存在を出来るだけ隠さないと、マスコミや既存政党達にとっては都合の悪い事になるからです。だから徹底的に隠しています」


そこまで言わせてもらった時に『もっと、あなた達の話を聞かせて欲しい』と言われる人達が出て来る。





今は、こうした人達に、一人一人、語り掛けて行くしか無いが、やがて必ず!風船にポタリポタリと落ちる水雫も大きくなって破裂する。


その日は、間違いなくやって来る。


問題なのが、その日が、【日本国にとって、間に合うかどうか】だ。


牙を向いて、用意周到に日本侵略を企てている国が近隣に居る状況下で、相手の国情を最も知っている政党を、国民の目に晒させないマスコミ。


愚かとしか思えない。


その国が、攻め込んで来た場合、真っ先に占領されるのがマスコミ媒体だと解っているはずだ。

もしかして、解っていないのか?

それとも?





マスコミはもちろん、日本国民も、そうした国から、〔自民党〕や他の政党が、本気で日本国を守れると思っているのだろうか?


日本を護る為の世界一の情報を持つ〔幸福実現党〕は、不必要なのか?




自民党総裁の安倍さん。


私は、個人的には地元のあなたに、そうした国から日本国家を護って頂きたいのですよ。


だからと言って、私達を、(あなたが思われているような)最前線部隊にしないで下さいよ。


私達に国論を変えさせて、自分達が、その後を整理して行くような考え方ではとてもとても、この日本は任せられませんよ。


私達は、日本国のみならず、3000年先の世界まで見ているのです。

それは、あなたも、石原氏もご存知のはず。





今回も、〔幸福実現党〕は世に出る事は出来ませんでしたが、この3年間で、私達は国論を随分と変えて来ましたよ。


【憲法9条改正】を強く言い続けました。

私達が本気で言うまでは、その言葉を出した人達は、マスコミ誘導世論に寄って、クビになっていましたよね。


【自分の国は、自分で守る】も、私達が言い出した言葉ですが、今では普通に使われています。


教育界でのいじめは【犯罪】」という言葉も、5年前から、私達が言い出した言葉です。

最初は強い拒否感がありましたが、今ではあちこちで「いじめは犯罪」だとの認識に立ち、判断が為されるようになりました。


【経済成長なくして、増税なし】も、そうです。私達が言い始めた言葉です。

もちろん、経済理論としては当然の事ですが、それを言う政治家も言論人も、ほんの数年前までは皆無でしたよ。


市場経済に、お金を流せ。日銀紙幣を印刷。民間紙幣の発行】
も、5年前から言っていますよ。


3年前の選挙では、【民主党の「コンクリートから人へ」は間違い。コンクリートが国民の命を守る】
とも、言いました。

その事が、東北震災で、明らかになったでしょう。


【消費増税】も、政治家やマスコミは知っていても、財務省が怖くて言えなかった【財務省の影の総理:勝栄二郎氏の退官花道増税】だと言ったのも私達でしたよ。

これらは、当ブログでも過去に書いている話ですからね。


日本に住む財務官僚を怖れる人達が、本気で日本支配を企てている国家と、戦えますか?


〔幸福実現党〕は今回の選挙でも、それ以前から、正々堂々と真正面から【日本に原発は、絶対に必要だ】と、言い続けていますよ。




■まだまだ、こんなものじゃ無いですが、今回の安倍自民党の政策の殆どは、年前から〔幸福実現党〕が言って居た政策そのものではないですか!


私自身が、山口県内で、この口で語っていたのですから、間違いなく憶えていますよ。


政策に著作権はありませんが、一言でも、事前に〔幸福実現党〕に、政策使用のお願いをされるのが、常識ある人間ではないですか?


それとも、未議席政党の政策は、勝手に盗んで使っても良いのが、政治界の常識なのでしょうか?


維新八策などと曰う政党も、〔幸福実現党〕の政策をパクって、自分達のものにしていますよね。

どちらの党も、政策使用料、払って下さいよ(笑)


〔幸福実現党〕の本物の力を認めながら、国民の目には一切晒さず、隠して隠して、隠し通す現状では、侵略国家に適いませんよ。





安倍自民党は、日本国を担う立場になられたのですから、戦陣を切って国論を変えて来た〔幸福実現党〕の描く未来を切り開いて下さいよ。


それも時間が限られていますよ。短期間で成し遂げられますか?


選挙では経済問題だけに的を絞って居られましたが、実情は違うでしょう?


【他国からの脅威】ですよね!


ですから、【憲法】を変えて下さいよ。男なら、今こそ変えて下さいよ。


9条のみならず、現状に適していない条項は、国民の為に変えて下さいよ。


それは、維新の石原氏も望んでいるはずです。


次の参議院選の事など考えている暇などありませんからね!


そして、本当に【国防軍】を作り、本格的な【核武装】までやって下さいよ。


そうしないと、日本国・日本人の命は守れませんよ。


「外交で話し合う」事が、出来るような相手ではありませんからね。


すでに日本に200発以上の核ミサイルを向けている国と、肝比べですよ。

出来ますか?


石破氏は「防衛オタク」じゃありませんよ。国家防衛に関しては素人に近いですよ。高村氏も、どちらかと言うとアメリカより中国寄りの人ですよね。


そういう人達と共に「やるぞ!」、「やるか!」の肝比べをしなくてはなりませんよ。




■【日米安保】の堅持は絶対ですが、【アメリカ共和党アジア担当顧問】に日本人として初めてなっているのが〔幸福実現党〕の饗庭氏ですよ。


つまり、あなた達〔自民党〕より、未議席政党の〔幸福実現党〕の方が、アメリカには信用されているのですよ。


外国では、〔幸福の科学/幸福実現党〕が、【中国並みの不当な扱いを受けている】事は、知られています。


それを知らないのは日本人だけです。




安倍自民党は、日本を、真の意味での【民主主義国家】にして下さい。


国民に目隠し報道するマスコミに対しては、電波法」を改正し、【日本人誰もが等しく知る権利】が為されるようにして下さいよ。


今のままでは、世界から【言論統制】だと批判されている中国と、何等、変りませんよ。


新聞は、もう、【定価制の再販制度】など必要無いでしょう。撤廃すべきですよ。

彼等も自由競争原理の元に置かれるべきです。


良い報道する所は残り、そうでは無い所は消えるのは、当り前です。


日本に不利益をもたらすマスコミは、この日本には必要ありません。



来年の夏には参議院選挙がありますが、この【参議院】の必要性も急いで検討されるべきです。


参議院として残すのなら、参議院議員を各県知事の兼務としても良いじゃないですか。

その人達が国会に集まらなくても、ネット会議は開けるでしょう。


参議院議員として、別枠で残すのは、もう必要ないでしょう。


とにかく、民主党政権によってムチャクチャにされた今、やらなければならない事が山積みですが、本当に【国民に希望】を持たせて下さいよ。


お願い致します。





↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ          人気ブログランキングへ          

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [政治・経済] | 2012.12.17(Mon) PageTop

◆【それでも地球は回っている!】真に正しいのは、【天上界:仏神の代弁者】の言葉なのか、【商業マスコミ&利権政治家】なのか!


■〔幸福実現党〕は、今回の選挙は、【救国選挙】と位置付けています。


昨日は、本来は、絶対に最前線に立たせてはならない人が出て来られ、日本人の魂の復活を呼び掛けられました。


私自身、恥ずかしくて、なさけ無くて、涙が止まりませんでした。


自分自身はもちろんですが、【日本人よ、恥じを知れ!】という、日本人の心に眠っている大和魂(サムライ・大和撫子)に訴え掛けられるものでした。


大和魂・サムライ精神を持つ男子は、居なくなったのでしょうか?


女子は、世界に誇る大和撫子と呼ばれる事が、恥ずかしいのでしょうか?


私は、そうは思いませんし、思いたくもありません。






5278_l.jpg 


天上界からの天照大神の激しい怒りは、私達信者を含めた日本国民全体に向けられたものです。


前回は、民主党基盤の強い東北の地に災害警告が為されていたにもかかわらず、東北地方の人の大半は、民主党政権を望まれました。


さらには、東北地方の地盤沈下は、大川総裁は20年以上前から、危機警告を為され続けて来られましたが、【聞く耳】を持っては頂けませんでした。


その結果・・何が起こったかは、お解りだと思います。


今回、天照大神は「これ以上日本に唯物論者が蔓延るようでは、日本全体を海の底に沈める」

「そして、再浮上させて、新しい日本から再出発させる」と、言われています。


それはまた、ノストラダムスの予言と重なるものです。


日本人が、それ(唯物論・無神論)を望むのなら、その通り(日本海没)になるかも知れませんが、私達は絶対に諦めません。


こうして厳しく叱られるのも、私は「神の愛」だと受け止めます。


私自身の中にも、「心配するからこそ厳しく言うし、強く語る。どうでも良いのなら何も言わない」というものがあります。


人間心で、天照大神様の真意を量る事は出来ませんが、そのように受け止めます。


ですから、たとえ「(天上界の意志は)99%は固まった。残された可能性は1%」だと言われても、いかなる場合でも、〔エル・カンターレ〕を信じ、付いて行きます。




 
3000年の歴史を持つ日本こそが、今、立ち上がるべき国家として、天上界が計画された【希望の国】であり、【未来世界をリードする国】です。


他にも大国はあります。彼等は、その時々でのピンチヒッターとしての大切な役割を担って来ました。


今、そうした大国は衰退し、かつてのローマ帝国以上の国家を目差す国の野望を打ち砕くべく計画されたのが、この日本、日本人です。


それは、かつて、インドの地にお釈迦様が誕生された時から、計画されていた事でもあります。


今、世界帝国を創ろうとしている国には、凶暴な宇宙人が入り、宇宙人の技術が使用され開発されています。


それはまた、アメリカ、ロシアとて同じですが、違うのは【凶暴性】です。


ですから、一党独裁国家に、凶暴な宇宙人の技術が入って居るので、かつての大国など何とも思っていません。


だけども、アメリカ、ロシアに入っている宇宙人も、かつては星同士で争って居たので、地球文明破壊に至るほどの宇宙戦争になる可能性もあります。


そうした事態にならないようにと計画されたのが、前述した、3000年国家の、この【日本】です。




今、この日本の地に降臨されている〔エル・カンターレ〕は、3大国に入っている宇宙人をも制する事が出来る巨大なエネルギー体です。


肉体に宿れば人間に見えますが、その本体は、【光の塊】であり、【光の源】です。


私達人類が住む地球から見たら、【太陽】です。


その太陽の存在を、日本国民に知らしめない為に、悪しき勢力が【雲】で覆い隠し、【曇り空】のままにしています。それが今の日本の実情です。


■〔幸福実現党〕は、その雲を追い払い、【雲の上には燦々と太陽が輝いている】のだと、訴え続けているのです。


ですから、日本国民の皆様は、お願いですから、いつまでも【曇り空が普通】なのだと、思われないで下さい


闇を追い払う光、その【光源】は、確かに、間違いなく、この日本国にあるのです。


闇は、絶対に、光に勝てません。

光は、絶対に、闇に負ける事はありません。


光を照射すれば、闇の部分は明るく灯ります。


だけども、闇を照射する事は出来ません。せいぜい覆い隠すのが精一杯です。





■この3次元(縦・横・高さ)世界では、4次元(縦・横・高さ・時間)以降の世界と違って、光源から放たれた光が届くまでに、時間を要する場合があります。


それは、4次元以降に存在する【時間】が無いからです。


もちろん時計の針が動くような時間軸はありますが、それは、2次元(縦・横)世界の映画や本のようなものであります。


映画や本を見ている時にも【時間】は存在していますが、何度でも元に戻って、最初から見る事が出来るような、【仮の時間】でもあります。


そうした【時間】を超越した高次元世界から、今、日本の地に〔エル・カンターレ〕として、【世界を覆っている闇に光を当てる】為に降りられています。




■選挙日までは、この頁をTOPのままにして置きますが、内容は書き換えるかも知れません。



◆【2012,12,12 動画第一弾】大川隆法・幸福実現党創立者 兼 党名誉総裁 経済産業省前街頭演説






◆【2012,12,12 動画第二弾】大川隆法・幸福実現党名誉総裁 渋谷街頭演説






◆【2012,12,12 動画第三弾】大川隆法・幸福実現党名誉総裁 新宿街頭演説






.◆大川隆法・幸福実現党創立者兼名誉総裁 名古屋駅前街宣














■まともな事を言い続けても、「極右政党」だの、「神様は政治に口出しするな」だの、無知識のままで「政教分離」を言う人達が居られます。


そうした人達は、どうか、【心のサングラス】を外して見て下さい。


眩しくて見えないのでサングラスが必要なのかも知れませんが、よくよくご覧になられれば、サングラスなど必要が無い事が、お解り頂けるはずです。




日本の文化は【恥の文化】と言われています。


それは、【人間として、あるべき姿を為していない「恥」】でもあります。





その事は、特に、マスコミに強く言いたい!
 

あなた達は、大救世主が世界を救おうとされている【邪魔】を、何年も、何十年も、ワザとしているではないか!


【邪魔】の文字の中には何がある!・・【邪】と【魔】があるだろう!


そのひとつひとつの語句を、よくよく鑑みて頂きたい。


あなた達の使命は、世界の救世主の邪魔をする事では無いはずだ!


邪なる者と戦うのが、本来のあなた達の使命のはずだ!


その【逆】をして居る、今のあなた方には【正義】は無くなったのだろうか。


今すぐ、本来のマスコミ正義を取戻し、日本人としての誇りを持って、日本国民が崖っ淵まで追込まれている現状に、ストップを掛けて頂きたい。


それが、本来のあなた方の良心のはずです。




■選挙公示後、〔幸福実現党〕の名を出さない、「読売」、「毎日」、「日経」に理由を聞いた。(朝日は聞くだけムダだと思い、聞いていない)


3年前と同じく「公職選挙法」を最初に言うが、結局は【報道しようがしまいが、我々の勝手だ】と言う処に落ち着く。


「日経」に至っては、【載せて欲しければ当選しろよ。そしたら載せてやるよ】と、高飛車な返事が帰って来た。(すべて録音してある)


正論のように聞こえるが【公示後】なのだ。等しく供託金を支払っているのだ。


ちなみに、この3社の3人に【民主主義とは何か】を聞いたが、回答はもらえなかった。


これが、公正中立を謳っているはずのマスコミの正体だ。





↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ          人気ブログランキングへ          

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [政治・経済] | 2012.12.13(Thu) PageTop

◆ここまで堕ちたのか!日本は!。どこまで堕ちるのか!日本は!・・恥ずかしくて、なさけ無くて、涙が止まらない。。



涙が止まらない。。



地球どころか、全宇宙のクリエイターである方に、こんな事までさせているようでは。。



クリエイターであり、地球の救世主を、最前線に立たせてどうする!



恥ずかしくて、なさけ無くて、涙が止まらない。。


ここまで堕ちたのか!日本は!。どこまで堕ちるのか!日本は!





◆【速報】衆院選 北朝鮮ミサイル発射で、大川隆法・幸福実現党名誉総裁が街頭演説 「10年後この国を日本と呼びたければ幸福実現党に一票入れなさい」










大川隆法・幸福実現党創立者兼名誉総裁 新宿西口街宣








■「いじめ問題」と同じく、子供の喧嘩に親が出る】時は、すでに【いじめが末期状態になっている時】だ。。


それも、ただの人間が訴えていると思ったら、大間違い。



私達人類の親が、子供を諭しに出て来られた。。



それだけ、人類は、存亡の危機にあるようだ。。 






↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ          人気ブログランキングへ          

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [信仰と我が人生] | 2012.12.12(Wed) PageTop

◆【覚悟の時が来た?】師走選挙は【日本(世界)の興隆か滅亡か】の大岐路に立つ選挙になる可能性が高くなった。白(信仰を取って幸福になる)か、黒(唯物論崇拝を続けて降伏する)か、はっきりさせる時が来たようだ。



寒い師走選挙がもたらすものは、【日本(世界)の興隆か滅亡か】の大岐路に立つ選挙になる可能性が高くなった。


今、〔幸福の科学〕では、天上界からの天照大神の神示が為されている。


天照大神からの神示は、これで3度目だったと記憶しているが、2度目の前回では、私達が最終判断をする前に・・】大警告を受けた。


私は、今回の内容はまだ知らないが、おおよその察しは付く。


おそらく【最終判断の時が来た】という事だろう。




■下は、雲の形で現われた、映画「神秘の法」にも出て居た、日本神道の神獣:ヤマタノオロチだ。


ヤマタノオロチ


先日、近畿地方で撮られた映像で、一切の加工はされていない。目も口も牙も鮮明に見えると思う。

必死で、日本神道系の神々は、神国日本を甦らせようとしているのだが。。その必死なる訴えを、どうか信じて頂きたい。


近畿地方に出て来た理由も、なぜ?だか、お解り頂けるだろうか。。


おそらく・・、その付近に、ライバルの中国赤龍が居るのだろう。



■この3年間、私なりに日本中の人達の為に、この稚拙なブログを書き始めた。


危機警告は危機警告として、それを打ち破る方法を必ず示して来た。


前回の天照大神は【日本人が生き残る可能性は、5%】だとも言われたが、私は、その【残された5%の可能性を100%に】すべく頑張ったつもりだ。


その間、本当に命懸けだった。7年間で4度も死の淵に追込まれたが、奇跡的に元気で居る。


■そして、この3年間で4度も中国人に家宅侵入も受けて来た。すべて夜中の2時頃だ。

なぜに、中国人と断定出来るのかと言うと、家の近くに2ヶ所の中国人の数世帯・大所帯の家があり、そこへ逃げ込んで居たからだ。

だが、彼等は巧妙で反対方向へ逃げ去るので、私の体力では追い掛けられない。

だから、この2ヶ所の家を見張っていたら、必ずそこへ逃げ込んだので、限りなく怪しいとしか言えず、とりあえず警察に連絡するに留まった。


警察からは「絶対に接触しないで下さい」と念を押されたが(笑)





■「いじめ問題」にしても、子供達の未来が気に掛かって仕方が無い。

若く未来ある子供達に希望を持って頂きたく、数百件の相談にも関わって来た。


彼等彼女等に湧き出した絶望の未来図を、希望の未来図にするべく、私なりに頑張って来たつもりだ。


私の子供達も、まだ青年層だ。

そんな子供達を、他国の奴隷に、絶対にしたく無い!のだ。




■・・だが、安心されたらいい。

おそらく日本が他国に占領支配を受ける事は無いだろう。その時には、この地球(文明)が終わる時だ。


1999年の「ノストラダムスの予言」は終わってはいない。実行時期が延期されているだけだ。


【太陽の国:日本】【月の国:中国】は、【陽と陰】の関係にある。

太陽が、月と共に、地球という惑星を形成している。




その太陽を否定する日本人


太陽の存在を気付かせないようにしている大マスコミ


太陽を乗っ取り、月の周りを回らそうとしている中国




これまでその危険性を、どれだけ言い続けて来ただろうか。。


日本人は今、白か黒か、の二者択一を天上界から迫られて居る。


もしも、天上界が0%だと判断された場合、一瞬にして・・終わる。


それもまた、天上界の御慈悲でもあるのだが・・


それでも私は、希望の5%の可能性を100%にしたい!





■余談になるが、一昨日、幼稚園と中学生時代の同窓生の家に行った。彼は、幼稚園時代の事を、ほんとうに良く覚えているが、私は殆ど記憶に無い。


何故だか知らないが、私を含めた5人は、お隣の校区内の幼稚園に行っていた。そこには100人以上の別の校区の者達が居た。


そんな中で、別の地区から来た私が、その幼稚園での、すべての大役を担っていた。

学芸会では主役、運動会では先頭で大太鼓、送辞・答辞・・それだけは覚えているが、どんな同級生がいたのか全く覚えていない。


私自身、記憶力は良い方だと思っているが、幼稚園時代の事は殆ど記憶に無い。


よく考えたら、幼稚園時代の写真も記録も、入園式・卒園式のアルバムも、何ひとつ無いのだ。皆無だ。

両親も、私の幼稚園時代の事は語らない。何かが、私の知らない処で、あったとしか思えない。


中学に入るなり、他地区の親から「あなたが○○さん!?」と、何人もの親から興味本位の目で見られたが、当時の私にはその理由も解らなかった。


おそらく、人目を人一倍気にする母親だから、大きな幼稚園で他地区から来た私が主役をしている事に、妙な【引け目】を感じて居たのだろう。

・・と、思っていた。40歳頃になるまでは。。


■大人になった私は、その幼稚園に納品に行った。当時の園長先生は私の事を憶えて居られて、30年振りの再開だ。

納品を済ませて、園長先生の家に招かれ、私は驚くべき事を知った。

その話は、園長先生と母親しか知らないと言われた。


私自身も、その話はこれまで一切、たとえ身内でも話した事は無いが、地球滅亡前(笑)までに、記して置きたくなった。

(もちろん私は、どんな事があっても地球滅亡をさせないつもりで居る)


幼稚園入園時の私の写真には、妙なモノが写って居たとの事。


私の背後の背景が見えなくなって居たり、背後に何か(神様のような者)が居たりと、写真修正が必要だったようだ。


それなら解る。幼稚園児の頃の私には、天使も幽霊も見えていた。だから、私の背後に何かが居て、心霊写真(笑)になっていても驚かない。


だが・・母親にとっては、かなりな驚愕だったと思う。


私が産まれる前に、両親が下関の老僧神社に「子授け」参りをした夜に、母親と親戚の長老の夢枕に、白髭の神様が現われたようだ。


「汝等に男の子を授ける。老僧の子なるぞ」とか言われたようだ。そして、その年に私が産まれた。


老僧神社の大祭日に合わせたのか、それとも母親のお腹の中が居心地が悪かったのか知らないが(笑)、500匁(約1800g)で産まれたようだ。


私は「神様の子」として親族会議になったようで、一族の長の証である【義】の文字が付けられたようだ。


そんな不思議な事がある中で、幼稚園での話。母親にとっては、どんな気持ちだったのだろう。。


私にとっては、厳しく厳しく、激しく激しい母親であったのだが、〔幸福の科学〕に入信後の2000年ミレミアム祭で、母親の本当の姿を見せてもらった。


それ以降、私の人生観も変わり、家庭はユートピアと化した。





■結局何が言いたいのかと言うと、【運命は、自分の意志で変えられる】と言う事。


【絶望を捨てて、希望を持てば、(予定されていた)運命さえもねじ曲げる事が出来る】


その大前提になるのが、自分は神様の子だという自覚であり、神様を信じる心である【信仰心】だ。


私は、自分が神様の子だと言われても、(そんなものかな・・)程度にしか思って居なかったが、確実に【信仰心】は持っていた。


幼い頃は、いつも神様が傍に居る気がしてならなかった。


だから私にとっては、神様が居るとか居ないとか、信じる信じない以前の問題だ。私にしたら、間違いなく100%居るのだ。天使もオバケも(笑)

そうした中で、私は生きて来た。


だからこそ、他の者が仰天するほどの苦難・困難の問題が降り掛かって来ても、【これを、なんとかして乗り越えなければ】という思いしか出て来ない。


そしてそれが解決すると、頭の中の整理タンスに入れて忘れてしまう。

(時々、こうして書いているように、必要に応じてタンスの引き出しから、出すが(笑))


■・・今・・本当に、厳しい時代を通り越して、【善を取るか、悪を取るか、いったいどちらなのだ!】と、二者択一を求められている時代になってしまった。。


人間は放って置けば、善悪観】よりは、ランク下の損得勘定】勝負】でもの事を判断してしまう。


今、【損得勘定】や【勝負】では無く、人間本来の【善悪観】を問われている。


善なる道を選択する人が多ければ、地球的奇跡が起きるだろう。


もしも、悪なる道を選択する人が多かった場合、地球の浄化作用(ポールシフト等)が起きる事になるかも知れない。。





以下は、〔幸福実現党〕のニュース記事より(勝手に転載、御免)


◆「脱原発で国滅ぶ」 原発推進は幸福実現党だけ


8日付読売新聞に「『脱原発』で国滅ぶ。」と題する幸福実現党の意見広告が載った。


他の政党の殆どが「脱原発」「卒原発」を公約に掲げる中で、唯一「原発再稼働・推進」を明確に掲げる幸福実現党。


原発再稼働、推進に賛同する人の選択肢はここにしかない状況だ。


幸福実現党の意見広告の内容は、以下の通り、極めて論旨が明快だ。


・国民の生活と雇用を守り、日本の産業を守るためには、より安い電力の、より安定的な供給が必要。


・そのためには、ぜひとも原発の安全性を高め、安心できるエネルギー源として推進すべきだ。


・「脱原発」は、電気代の値上がりを招き、大不況の引き金になりかねない。


・また原発は潜在的な「核抑止力」として、中国・北朝鮮の核兵器の脅威から日本を守る役割を果たしている。




◆これに対して、他の政党の原発に関する公約はどうか(同日付東京新聞参照)。


・民主=2030年代に原発再稼働ゼロ


・未来の党=10年以内に完全廃炉となる「卒原発」へ。


・公明=可能な限り速やかに原発ゼロ


・みんな=20年代に原発ゼロに。


・社民=原発稼働は直ちにゼロ


・共産=原発即時ゼロ


・維新=脱原発依存体制の構築。


・自民=原発再稼働について3年以内に結論を出す。


維新も自民も、党内の政策としては決定していない。


これを見ると、どの政党も原発再稼働には消極的であり、脱原発に向かっている。


その中で、唯一、幸福実現党だけが「原発早期再稼働、原発推進」を公約として掲げている。


だが、不思議な事に、左翼系の朝日東京ばかりか、原発再稼働を社説で言っている読売日経までも、幸福実現党を、いまだ「諸派」扱いして、その公約すら載せないのはどういう事か。


わずかに産経が取り上げているだけだ。


◆一方、「卒原発」を掲げて大々的にスタートした日本未来の党が、12月4日、公式サイトで「『脱原発』に賛成ですか?」とアンケートを募った処「反対」が65%を超えた。


設問を「『原発推進』に賛成ですか?」と変えたところ、一時97%が「賛成」となり、即日アンケート中止に追い込まれた。


つまり、脱原発が国民の大半の意見」というのは、左翼マスコミや政治家達の思い込みに過ぎず良識ある多くの国民は原発再稼働しなければ日本は沈むと考えているのだ。


その原発推進派の受け皿は、今のところ幸福実現党にしかない。


その「受け皿」を報じないマスコミ自体が、民意を反映していない。


民意を反映しないマスコミが滅びるのは当然だが、結果、日本全体を滅ぼすのはやめてもらいたい。(仁)





■この笑い話のような、〔日本未来の党〕のアンケートの話は実話であり、今、ご本人達が一番驚いている事だろう。





↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ          人気ブログランキングへ          

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題] | 2012.12.10(Mon) PageTop

◆【脱・卒原発は、第3次世界大戦への道へと繋がる】原子力発電が無ければ、日本の存続は、国防的にも経済的にも、あり得ない。



12だったか・・いろんな政党がそれぞれの意見を述べているが【脱・卒原発】に関しては、【全部が同じだ】

もちろん、廃炉までの時間差はあるが、全部が同じ方向を向いている。

・・どういう事だろう?


世界は再び、原子力発電の必要を認め、日本の原子力技術を高評価しているのに、日本国内では【脱・卒原発】に、全部の政党が向いている。
 

今は、【幸福実現党】のみが、【原子力発電】の必要性を訴えている・・


〔幸福実現党〕の3つの約束として【防衛力】、【経済力】、【原子力】がある。
 

今日は、その中の【原子力】について、私なりの意見を書いてみたい。

(私は幸福実現党党員では無いので、必ずしも幸福実現党の思惑とは同じでは無いかも知れないが、参考にして頂きたい)





■【原子力(発電)】について。


●【脱・卒原発論者】


◆(中国共産党の思惑)


2020年までには、日本を中国領にする。(5年先の、2017年までと思っていた方がいい)


・だが、日本は、核武装国家に成るだけの【核技術と核物質】を持っている。


・日本の原発から出るプルトニウムからは、今の日本の技術では1ヶ月で核弾頭が出来るので、中国にとっては脅威だ。


・中国広しと言えども、北京を狙われたら、中国の野望は終わってしまう。


・だから、日本から原発を無くして、原発技術者を中国に連れて来い。日本には後継者を育てるな。


・日本の原発は、近々、日本占領支配をする為の障害になるので【脱原発騒ぎ】を起こして、日本国民に放射能恐怖を植え付けろ。


・福島原発事故を理由にして、日本の原発をゼロにしろ。


・親中メディアを使って、日本に【脱原発】の風潮を広げろ。


・日本の主婦層に放射能で未来の子供達の命が危険に晒される】と脅せば、子供可愛さに付いて来る。


そうして日本中に【脱原発ブーム】を創れ。それが日本侵略作戦の第1歩だ。


-------------------------------------------

◆(指示を受けた中国系潜入者、および社会主義思想者)


日本の原発は危険だ。活断層の上にある原発は即刻廃炉にすべきだ。


そうしないと、いつまた地震が起きて、原発事故が起きるか解らない。


危険な原発よりも、安全な【クリーンエネルギー】を利用すべきだ。


-------------------------------------------

◆(親中メディアの、嘘の報道を信じた日本の人達)


何が何でも日本各地の原発は止めないと危険。


爆発したら、放射能被害で、子供達の命が危ない。


あんなに日本中に活断層があるのに、原発なんて危なくて、止めさせなくてはいけない。





○【原発推進論者:政党としては幸福実現党しかいない


・今時点では、原子力発電に変わるエネルギー媒体は無い。


・4年前、米国オバマ氏が高々に謳い上げていた【クリーンエネルギー政策】は、失敗に終わった。だからオバマ氏は今回の選挙では一言も触れていない。


・中国は、日本が核武装国家に成るだけの【技術と物質】を持っている事を怖れている。


だから、日本から原発技術を急速に失わせようとしている。


日本での【脱原発デモ】を裏から扇動したのは、中国共産党(習近平)だと解っている。


・中国は、2013年(来年)には尖閣占領をして、軍事基地を作り、台湾を挟み撃ちにして、台湾を乗っ取るつもりでいる。


・同時に、中国系の県知事や市長を利用して、沖縄に圧力を掛けながら、米軍を追い出そうとしている。


・今のアメリカでは、台湾が併合されても、韓国が併合されても、何も手出しは出来ない。


・尖閣・台湾を占領された後に、【日本のシーレーン】を塞がれば、日本には物資の輸入も輸出も出来なくなる。


・石油も入らなくなり、日本の企業や家庭に送られる電気は激減してしまう。


・電力料金は上がり、電力不足で日本経済はガタガタになる。


・そうなれば、米軍は日本から出て行く。


・それは、日本が「第2次世界大戦:太平洋戦争」に踏み込まざるを得なくなった時と同じ状態になる。


・そうした状態になるようにと、中国が画策している。日本全面攻撃のチャンスを用意周到に準備している。


・そうした今のままでは、日本は、中国の支配下に置かれてしまう。




・だからこそ、日本から【原発】と【原発技術】を失ってはいけない。


・そもそも、原発を止めても原子炉は動いている。発電していないだけだ。危険性のみを言うなら、止めようが、発電しようが、変わらない。


むしろ、止めている場合の、日本国家の危険性の方が高くなる。





HNK始め親中メディアの虚偽報道・偏向報道。


放射能の危険性を【超過度】に報道して、国民に不安を植え付けている。


放射能単位を、シーベルトやベクトルに変えながら、実態が解らないようにしている。


初期の頃はシーベルトが使われていたが、温泉から出る放射線は20~30ミリシーベルト/時、だ。


この数値は、福島原発地域の【避難地区】に相当する。福島危険避難地域の数値は、温泉に入っているのと、何等、変わらない。


100ミリシーベルト/時。が、安全と危険の境目だが、それでも治療する事で治るレベルだ。

今回の福島では、この数値には届いていなく、安全だったはずだ。


その証拠に、2年近く経っても、放射線被害で亡くなった人はゼロだ。

これからも出ない。




かつての広島もそうだった。


放射線が怖いのは、短期間で半減する放射性ヨウ素のような物質だ。


福島県では、この危険な放射性ヨウ素は3ヶ月で消えた。


半減期の長い放射性セシウム等は、身体に入って来ても、体内に留まることは無い。

短期間で排尿と共に、体外に出てしまう。




そもそも我々団塊の世代は、
1950~1960年代には、大量の放射線被曝を受けている。


米国が行なったクリスマス島付近での核実験に寄る【原爆マグロ】は、お粗末なガイガーカウンターをすり抜けて、食卓に並んでいたと思える。


マグロのみでは無い。当時、肉の代わりだったクジラにも、相当なる放射性物質が含まれていたと思われる。


それを我々団塊の世代以上の人達は、大量に体内に取り込んでいる。




また、中国のゴビ砂漠で数十回にも及ぶ原水爆実験が行なわれたが、その中国製ストロンチウムを、我々は福島の1万倍にも及ぶ被爆をしている。


だが、それ等に寄る死者は皆無に近い。
 



広島に落された原爆でも、直接被爆を受けなかった人達は助かっている。


原爆放射能で、怖いのが【短期間の直接被爆】だ。


その証拠に、わずかの期間で広島は立直っている。


今の東北より、もっと酷い状態で、完全な焼け野が原だったのが、ほんの十数年で立ち直り、放射線被害も無い。


ただし、原爆投下時に直接被爆した人達や、半減期周期の短い放射性物質を体内被曝した人達は、気の毒だが・・手の施しようがない。


だが、そういう人達は、今回の福島には居ない。


それを、親中マスメディアは大袈裟に、もの凄く大袈裟にして報道していた。私は、最初から意図的なものを感じていたものだ。




ゆえに、今、【脱原発】議論など、論外そのものだ!


それを言う政党は、【断じて】信用してはいけない。


有権者の皆様は、よくよくそれ等の政党の主張を見られたら良い。

そういう政党に限って、【国防】は、どこかに行っているはずだ。

 
【国防観無き、脱・卒原発】では、亡国に繋がってしまう。




もっとも、【幸福実現党】以外には、原発再稼働の必要性】を掲げている政党は、見当たらないのだが・・




隠れ国防論者であっても【政治受け】を狙って、嘘を吐いているか、ゴマかしている。


もちろん、反日政党の中には、反日勢力も居るし、積極的に「中国様」をしている人達も居る。





国民の皆様に、もう一度、お願いします。 m(._.)m


今、【脱・卒原発】を掲げ、【国防】を論じない政党は【危険】です。


今の日本に最も必要なものが【国防観】を持つ政党です。


その一つが【幸福実現党】でもありますが、HNK始め親中マスメディアにとっては【幸福実現党】の打ち出す政策は、迷惑極まりないもののようです。


だからこそ、幸福実現党】を【単なる政治団体】として、国民の皆様の前に、一切出しません。


このように、彼等マスコミは、幸福実現党】を、何年間も、全く存在もしていないが如く、完全無視をして来ました。

(もしも、幸福実現党がおかしな政党だったら、安倍自民党が幸福実現党の政策の殆どをパクったり、真似したりはしないはずです)

(さらには、幸福実現党の政策は、民主党にも、維新八策にもパクられているので、それが正しさの証明になるかと思います)


彼等マスコミが、本当に愛国者であれば、【幸福実現党】の主張を真っ先に取り上げる筈です。

そうしないのは、
彼等は愛国者では無い事を意味しています。


また、HNKの本局内には、中国国営放送の支社が入っています。こういう国は他にはありません。

すでに、HNKは日本の放送局では無く、まさにCNK(中国放送協会)と化しています。

それが今の日本の現実です。


■私は、このブログで、真実・本当の事を伝えています。


ネットに上がって居る方々には、私の語る事の意味もお解りだと思います。


だけども、大半の有権者は、こうした真実を知らないままです。


有害マスコミに扇動され、それを信じて投票される姿は、それこそ私には【レミングの集団自殺】のように見えてしまいます。


今回の選挙でも、前回同様のような【レミングの集団自殺】行動になれば、【日本危うし!】では済まなくなります。


ネットに上がれず、身近な情報しか持たない方々に、日本の置かれている真実を伝えて上げて下さいますよう、お願い申し上げます。




↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ          人気ブログランキングへ          

関連記事
Trackback [0] | Comment [1] | Category [政治・経済] | 2012.12.06(Thu) PageTop

◆【日本危うし!】幸福実現党なくして日本の未来は語れない。幸福実現党あればこそ日本の再生・発展向上が可能になる。


いよいよ、衆議院選挙公示日になった。


これから、ほんとうに情け無い政治ショーが始まるかと思うと、一人の日本国民として本当に【幸福実現党】に議席を取って頂きたく思う。




■3年半前の幸福実現党立党時には、国民の皆様も驚かれただろう。(たかが、宗教政党に何が出来る)と思われ、呆れた人達も多いと思う。


私も、1日2度の辻立ちで叫んで居たので、目の前を通る人達の反応が手に取るように解っている。


だが一方では、「あなたの言われる通りだ。素晴らしい」と言われる人も数多く居られた。


とくに選挙の行方が会社経営に直結する、中小零細企業や商店主達からの応援の声は、道行く人々の反応とは、明らかに違っていた。


道行く人達からも、「応援するぞ」とか、「詳しい話を聞かせてくれ」という人達の声は投票数には反映されなかったが、10倍は居た。


それから3年半経つが、世の中が、当時私達が言って居た通りになっている。





■一昨日、親族の会社会長宅に行った時、「○ちゃん(私)の言ってた通りになったな」が、第一声だった。


この会長の家には滅多に行けない程忙しい人だし、「ワシは、(約束していない者とは、どんな人でも)3時半以降は逢わない」と言われていた。


だが、「○ちゃんだけは特別だぞ」、「もっと(頻繁に)来んかい」と言ってもらえる事が嬉しい。


この会長とは、幸福実現党が立党する以前から「○ちゃん、ふたりで△△党を創ろうじゃないか」と言われるほどの間柄だ。


以来、幸福実現党を応援して頂いている。


当時、私が久々に訪問する気になったのが、中国危機が迫る中、「中国依存は危険だ」と伝えたく行ったのだが、すでに言わなくても知って居られた。


意気投合し、冗談半分で「ふたりで△△党を創ろうじゃないか」になった訳だが、この会長が本気になれば県内の政治形態は変わるかも知れない。


現時点では「親戚や子供達には、あんた達(幸福実現党)の事は伝えて居るぞ」に留まっているが、県内全域に幅広く人脈を持つ人だ。


「さすがにワシも、未議席の幸福実現党に、会社内外で応援してくれとは言えん」と言われるのも、もっともな事だ。


県内の自民党後援会長の中には幸福の科学の信者さんも居る。幸福の科学の信者と解っていても、後援会長を求められるようだ。


それだけ自民党と幸福実現党は近いものがあるが、やがて幸福実現党が議席を持てば、立場の逆転の可能性だって秘めている。


そうなった方が、本当の国民のためなのだが。。


安倍氏は、自民党の中では優秀な方だ。国防観もはっきり持って居られる。

だが、正直言うと打たれ弱い。。そこを必ず左翼マスコミが狙って来る。





■最近、幸福の科学では、「周恩来の予言」が緊急収録されたようだ。


周恩来は、この霊言で、習近平や李克強による中華帝国主義を進めている、中国の中心指導霊であることが明らかにした。


周恩来の主張は、「中国の考え=地球的正義になる時代が来る」と言う事らしい。


・オバマの4年間でアメリカに追い付くよう、習近平は急いでいる (→4年後に共和党政府になったときには手遅れ)


・北朝鮮のミサイルは、日本やアメリカの反応を見るために、中国が命令してやらせている。


・安倍政権が出来たとしても、マスコミによって1年以内に打ち落とされる (→安倍政権への過度の期待は出来ない)


・2020年(8年後)に軍事力でアメリカを抜くので、日米安保堅持はもう時代遅れになる (→自主防衛を早くしないと間に合わない)


など、本当に「日本、危うし」といえる内容らしい。




幸福の科学:大川総裁のコメントも、


・中国は、アメリカも日本も知らない秘密兵器を開発している。アメリカの軍事力を恐れていないのはそれが原因  (→映画「神秘の法」とそっくり)


・2008年のオバマ当選、2009年の民主党の政権交代の誤りのツケは大きい。とのこと。





■上記の話は、以下の事を書いていた後に寄せられたものだ。




北朝鮮が、再度、人工衛星と称したミサイル(実験)をする模様だ。


背後には中国が居るので、中国が北朝鮮を利用して、次期政権を担う日本と韓国の政権の出方を見ようとしていると思って居た方が良い。


今回の野田政権の動きは速いが、【落下部品の破壊】目的のみに限定せざるを得ない現状に対して、憤りを感じる。




ここまで書いて、お客と話していた間に、上記の話が入って来て居た。

私は、発射実験の背後に中国が居るだろうと確信していたが、どうやらその通りのようだ。




■そのお客は、若い男性で、始めて見た顔だった。


別に政治の話など毛頭するつもりも無かったのだが、【日本の技術】に触れて来たので、いろんな話になってしまった。


私自身も、この山口県内では、今では私しか知らない特殊技術を持っている。

日本国内での産業を中国に奪われ、95%が倒産や廃業に追込まれた。


日本には、すでに必要の無くなった産業でもあり、過去の古い技術でもあるのだが。。 完全に近い程、日本は失ってしまった。


すべての物事には【基礎・基本】がある。

その【基礎・基本】を失った産業技術が、再び甦る事は無いだろう。





だが、【原子力発電技術】となると、そうは行かない。


【脱原発】を、お題目のように唱える政党・政治家は多いが、日本解体論者か(原発は必要だ)と思っていながらも、政治受けするための偽者だ。


ましてや【卒原発】を言う、なんとか政党は、話にもならない。


今、【原発】に関しては、日本の技術は世界一だ。その世界一の技術が失われてしまう。


すでに、韓国や中国に渡っている原発技術者は大勢居る。


そして日本には、原発技術の後継者も居なくなる。それを喜ぶのは、日本の国民だろうか?




■飯田哲也という人が、「山口県民の為に命を捧げる」と威勢を巻いて、山口県知事に立候補し落選した。


本気で「山口県民の為に」だったら、その後も山口県内で頑張れば良いものを、今度は滋賀県知事と、なにやら画策している。


飯田氏掲げる【脱原発、クリーンエネルギー】は、4年前のオバマ氏が掲げていた政策でもあったのだが、今回の選挙では、完全に消えてしまった。


つまり、4年前のオバマ氏の【クリーンエネルギー政策】は、頓挫し、失敗に終わった事を示している。


これだけ明確で、解りやすい話も無い。


だが、日本では、今なお、【脱原発】だの【卒原発】だのと言いながら、【未知数のクリーンエネルギー政策】を掲げる政党・政治家が居る。


アメリカ・オバマ政権の失敗に学べよ!・・と、申し上げたい。





■今、一時代を築いたマイクロソフト社のビル・ゲイツ氏は、高性能原子力発電の開発に力を注いでいる。


それはまた、【クリーンエネルギー】なるものが近未来のエネルギーにはなり得ないと言う事を示しているし、原子力発電だと言う事を意味している。


今、世界で最も最先端を行っている原発が、【もんじゅ型原発】だ。

(【トリウム型原発】も研究されているが、実用化は、もっと先の事になるだろう)


そうした【もんじゅ型原発】のような世界最先端技術を持つ日本から、原発技術が失われれば、取り返しのつかない事になってしまう。


日本の原発は、【世界一、安全な原発】なのだと、知って頂きたい。


むしろ、韓国や中国で、これから作られる原発の方が、遥かに危険だ。


アメリカもドイツも、今後は原子力発電へと舵を切る。


中国、韓国、東南アジア諸国、欧米が原子力発電の必要性を認めているのに、なぜに?日本だけが【脱原発】なのか、【卒原発】なのか。


日本にも、原子力発電は、絶対に不可欠なのだ。


国民の皆様も、マスコミ論調に騙されないで頂きたい。


福島原発事故で亡くなった人はゼロだ。

だが、風評被害等で自殺した人達は、数知れない。


マスコミは、この自殺した人達の責任を取れ!





幸福実現党の理解者は、意外と社会責任層に多い。


前述の会社会長や数多くの社長達。そして後述した若者達だ。


現在の日本を支えて居る人達や、今後の日本を支える人達だ。


そうした人達とは対照的に、反日マスコミが流す情報を鵜呑みにして居るのが申し訳ないが主婦層だ。


「あげますよ」、「タダですよ」という悪魔の囁きが、どれだけ怖いものかを知って頂きたい。


脱・卒原発にしても【我が子を守るための思いが、逆に、我が子を悲惨極まりない未来を呼び寄せる】ことを、ほんとうに知って頂きたい。




■あるTV番組の中で、あの「キンさん、ギンさん」の子供さん達(と言っても90歳代だが)は、「日本の政治に女性が関わってはいけない」と、口を揃えて言われていた。


さすがに現在の民主主義制度下では、それは無理な話だが、ある意味、的を得ているし、自分達の為すべき事を知っている大和撫子だと思う。


だが、私も、「キンさん、ギンさん」の子供さん達も、決して女性差別しているわけでは無い。


本物の道、取るべき道、選ぶべき道の判断材料となる情報収集を怠らず、取捨選択し、【善なる道:王道】を掴み取って頂きたいからに他ならない。


「TVが言っていた」、「新聞に書いてあった」、「週刊誌が騒いでいた」程度の情報で判断していたら、大間違いの元になるからだ。


多くの人の判断力は、情報収集と分析力になるが、
それはまた【生活範囲圏】が、どのくらいの規模であるかが大きく関係して来る。


今の世の中では、家に居ながらでも、インターネットを通して、生活範囲が広がる。

それはまた、TV・新聞では得られない情報も得られる事にも繋がる。


マスコミの情報統制をくぐり抜けて、正確な情報を持つ人達も1票。

マスコミ信奉者も、等しく1票。

これでは、真の【多数決の原則】が、歪められたものになってしまう。


強い者(数の多いもの)が正しいとは限らない。

とくに今のような小選挙区制では、極端な場合、1票違いで当選した人の考えが、民意となってしまう。


本当の民意が、国政に反映されない状態の選挙制度に対しては、異を唱え、【憲法違反】に抵触していないかも、見直すべきだろう。


1票の格差違いも違憲であるが、もっと大切なものは、選挙制度そのものにもあると思う。





日本は一時期、アメリカの占領支配下に置かれた。だから、【中国の支配下になっても良い】と言う人達が居る。


とんでも無いことだ!


アメリカが日本人にして来た事は、たしかに「再び日本が、アメリカに向かって来ないように」との、ガチガチの平和憲法制定等もある。


確かに、いろんな面で従属的なものはあったが、私達は、それすらも乗り越えて来た世代だ。


一部の社会主義者を除いて
誰もが「アメリカに見習え。追い付け。追い越せ」の精神を持っていた。


そんな私達、戦後世代の子供達をアメリカは【助けてくれた】


栄養失調の子供には、学校給食を普及させた。


ジフテリア等の危険疾患に対しては、予防接種を普及させた。


このように、アメリカは未来を担う日本の子供達の育成には、惜しみない援助を与えて来た。


東北震災時の【トモダチ作戦】だけを見ても、他の国とは群を抜いて居た。





だが、中国は違う。


チベット民族も、東トルキスタン民族も、南モンゴル民族も、民族としては残っていない。


長い間一人っ子政策をして来た中国には、女子が不足している。(女子が産まれた家系は途絶えるので殺してしまう人達も居ると聞き及ぶ)


だから、攻め込まれたと同時に、大量虐殺を受け、若い女子は中国人にされ若い男子は一生独身のまま奴隷生活が続いている。


そして、民族浄化政策のもと、完全滅亡させられる。


それが、これまで中国が歩んで来た道だ。


今後は、陸地から海洋へと出て行くが、同じ事をするのは必定だ。




■中国軍部の2013年の計画には①尖閣略奪。②尖閣に軍事基地建設。③尖閣諸島付近海域の海の採掘等が画策されている。


そして【台湾の無血併合をして、日本のシーレーンを塞ぐ】


アジア依存の日本の企業は、成り立たなくなる。


中国国内の日本企業は、すべて中国に奪い取られる。


中東からの原油も入らなくなる。


そうした【兵糧攻め】から入って来るのは目に見えている。


この時、日本が武力行使に及んでも遅い、遅過ぎる。

【核ミサイルを落すぞ】の、ツルの一声で、日本は沈没だろう。





今のままだったら、日本は、そのよう未来が待ち受けている。


だからこそ、何が何でも【尖閣防衛】から始めなければならない。


そして、もうすぐ発射される北朝鮮のミサイルなど、本来は日本領空に入った場合、【撃ち落とすべきだ】と考える。


憲法がどうのこうのと、四の五の言っている場合では無い。


【憲法序文の解釈を変えて】、日本に攻め込もうとしている危険国家に対しては【日本国憲法の適用外】とする事だ。


その程度の気概が無い政党ならば、日本は絶対に護れない。





■冒頭の会長が言っていた。


「○ちゃん、今の日本には、あんた等の言っている事が、解る人達が居るのだろうか」


「日本人としての誇りを持って、日本を護るという若者は、居るのだろうか」




私としては、【居る!】と答えたい。


幸福の科学の青年層には、勇気溢れた者達が沢山いる。


中国大使館前で大勢の警官に囲まれながらも、マイクも持たせてもらえず、地声で抗議声明をしていた姿を、ビデオではあるが見せてもらった。


日本には、【まだ、こういう若いサムライや大和なでしこ達が居る】と思ったら、感涙を押さえ切れなかった。


若い彼等の為にも、絶対に、中国支配を受けさせてはならない。


その為には、私の命など、未来の若者達の為に、くれてやる。

私は、いつでも死ぬ覚悟は出来ている。ただし、絶対に無駄死にはしない。




幸福実現党が政権取って日本が救われるのなら、山口県中に散っている親族や知人を説得し、幸福実現党の議席を取る。


サムライ魂の無い自民党には退いて頂く。安倍氏とて例外では無い。


今回の山口県は比例区のみなので、自民各候補の応援はするが、そうした決意は3年前から持っている。


もしも自民党の街宣カーが来たら、私の土地を提供するから演説をされたら良い。


そうすれば、3年前に私が語っていた事と、同じ事を語っていると、地域の住民は知る事になるだろう。


今は、私達が出来ない政策を(殆ど幸福実現党のパクリ政策だが)、確実に成し遂げてもらったら良い。





今回、幸福実現党は、3つの力をスローガンに上げている。


【防衛力】、【経済力】、【原子力】の3つだ。


言ってる事は、3年前と変わらないが、【原子力】が増えた(笑)


さらには「教育力」、「外交力」、「金融力」、「精神力」等々、多岐に渡るが、すべて日本の健全な未来には欠かせないものばかりだ。


今回の選挙で【原子力】を訴えている政党は、他には無いだろう。


口先だけでは無く、本当に原子力は、日本から無くしてはならないものだからだ。





↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ          人気ブログランキングへ          

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題] | 2012.12.04(Tue) PageTop
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【日本の過去・現在・未来】見えない処で貢献して来た幸福実現党以外、日本の再起は望めない Oct 19, 2017
【知らせない自由?】マスコミの黙殺権は、左翼貧乏思想の現れ Oct 16, 2017
【選挙妨害】幸福実現党v s 創価学会の場外乱闘! 学会による選挙妨害? + α Oct 13, 2017
【NEVERまとめより】もし幸福実現党が政権を取ったらどうなるか?その衝撃の未来がやばすぎる件 Oct 10, 2017
【比較検証】自民党は幸福実現党の政策を次々と採用!? Oct 09, 2017
【衆議院議員選挙公示間近】政党の政策から見たら、あれっ? Oct 08, 2017
【幸福実現党の先見性】8年前の幸福実現党後援会用パンフレットを再確認 Oct 02, 2017
◆【幸福実現党こそが真の未来を築く】国難(選挙)は、2009年から幸福実現党が言い続けて来た言葉だ! Sep 29, 2017
◆【不正選挙?疑問の残った開票現場!】4年後に再検証させて頂く為に、事実を正確に書き記す Sep 29, 2017
◆【疑問の残った開票現場!】4年後に再検証させて頂く為に、事実を正確に書き記す Sep 29, 2017
【神様が来た!】戦後最も危険な時期に来られたのは、地域を護る意味があるのだろう Sep 26, 2017
北朝鮮危機に本気で向き合う幸福実現党に、フランス国営放送が取材に!そして放送! Sep 16, 2017
◆【あなたは、ご存知だろうか?】中国(習近平)、幸福の科学/幸福実現党、マスコミは、何を考え、何をして来て、何をしていて、何をしようとしているのか?【過去記事移動】 Sep 16, 2017
【なにだぁ?これは!】北「日本を核爆弾で海にぶちこむべき」と非難 Sep 15, 2017
【ショック!】外国の人から「日本は2度目の無条件降伏をするのか?」と、言われた! Sep 10, 2017
【お知らせ:山口県民の方々へ】大川隆法総裁の特別大講演会『人類の選択』が FM山口で放送されます。 Aug 31, 2017
◆【白龍?】空の雲を見ていると、いろんな形に変わるのが面白くて好きだ。だが、天候との関係は如何に? Aug 07, 2017
迷走台風5号は、日本国民への神々からの警告か? Aug 06, 2017
大川隆法総裁 講演「人類の選択」 Aug 03, 2017
◆【いじめを無くそう】人は感性(勝負)→知性(損得)→理性(善悪)→悟性(神仏への愛)と成長する Jul 29, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m