◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク    
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【過去記事移動】貧乏神を追い出そう + 2015年15号台風話


【追加文:2015.08.26.】

1週間程度前、『もう、ええじゃろう』とのイメージが湧きました。

「はい、そうですか」とは行きませんよね(笑)

だけども、安全地帯だった山口県にも、何等かの危険が迫って来ているような気がしてなりませんでした。

例えば、台風・半島難民です。

どちらも避け切れないかも知れない現実です。


■そして、今回の15号台風は、私が九州のいじめ相談を受けている地域を通る気がしてなりませんでした。
(6年前にも、同じようなことがあったからです)

だけども、沖縄からその九州地域を通るとなると、山口県も10年振りの直撃は免れません。

ですから、家族や客達には「10年振りに台風来るかも。用心しろよ」と話していましたが、ブログには書きませんでした。

書くと、外れたら恥ずかしいから。・・な~んて事はありません(笑)

ますます現実味を帯びそうな気がするので、書きませんでした。

わざわざ(意識して)不幸を呼び寄せる真似は、絶対に致しません。


■私がブログに書く話は、近未来に起こり得る話を予測して書いています。

「今のままではこうした事になるかも・・」と、今の意識と、未来を変える為に書いて来ました。

私なりの予防策です。

その為に、ここ数日は、6年前の過去記事を持って来ていました。

6年前の話と現在を比較して、何が変わったか、何が変わらなかったのかを見て頂く為でした


今の処、半島難民は避けられたようですが、【起こり得る近未来】だと心の準備だけは必要かと思います。


■15号台風に関しては、夜中の2時過ぎは熊本に上陸寸前でしたし、進路予想図も山口県はド真ん中でした。

ですが、今までのように「台風来るな!右行け!左に回れ!」のような気力が出て来ません。

「自然に任せる」と、そのまま眠ってしまいました。


■ですが、やはり気になり(笑)、7時過ぎにTVを見ると、九州の該当地域の真上を通っていました(驚)

しかも、直進(北東)から北へと、進路を変えていました。

まるで、わざわざ、その該当地域を通ったかの如くでした。

T1515.png

■それから間もなく、下関あたりを通過表示が表れていました。

TV画面にも、『下関市10数万全世帯、30万市民全員に避難勧告』が出ていました

「あ~あ、下関やられちゃったよ」と思いながら、私は外の様子を確かめながらシャッターを降ろして家に閉じこもっていました。


■下関では100ミリ/hとかの話が出ていましたが、私の地域は大雨はありませんが、瞬間最大風速40mだったそうです。

だけども、20年前に瞬間最大風速70m級(940hp)の風を経験しているので、40mが軽く思えるのが怖いですね(汗)

おそらく、その瞬間最大風速40mも、ほんとうに瞬間だったかと思います。

家の中にいたせいか、殆ど台風気配は感じられませんでした。

娘も、『何ともなかったよ』と連絡して来たようです。


■総じて、怪我人と家屋被害は出たようですが、大きな被災にならなくて良かったです。

ただ、【安倍総理と麻生副総理のお膝元】を通ったことに、何等かの意味があるのかも知れませんね。

・・と、言葉を濁して置きます(笑)






 
 【過去記事移動】 過去、このブログに書いている中で、今でも使えそうな話を移動します。 - 2008年1月22日のブログより。



巨大UFOが出現した。


【テキサス州で巨大UFO目撃相次ぐ(スポニチ)】

異例の、AP通信が配信したことに意義がある。

ここまで至っても、必死で否定している人が居るが、説得力は無い 。

UFOは居る。

今回のテキサスでのUFOは母船だろう。

目的は地球見学だから心配無用(笑)




先日、面白い話を聞いた。

貧乏神の話だ。

面白いと言っている場合では無いかも知れないが、私はメモを取らないから、忘れないうちに、ここにメモして置く(笑)

メモだけでは面白く無いので、自己解釈も拡大解釈も認めよう(笑)


はて?神の名が付いて居るのに・・よくもまあ、うっとうしい名(笑)だと思って居たら、正確には妖怪だそうだ。

それなら納得が行く

昔の人は、信心深かったので、この妖怪が見えた人達が多かったのだろう。

曲がりなりにも人間の姿をしているので、貧乏神という名が付いたようだ。


■好む場所は、

空気の澱んで居る場所。

陽の当らないジメジメと湿気の多い場所。

ホコリまみれの場所。

つまり、掃除や整理整頓が出来ていない家と云うことだ。

・・書いていて嫌になる(笑)


■だから昔の人は、畳や家具の天下干し、年末の大掃除などをして、貧乏神を追い出して居たようだ。

昔の人の方が解っているではないか!

性格は、【もったいない、捨てられない】が特徴らしく、ボロボロしぶウチワさえも捨てずに持っている(笑)

ゴミ同然のものを大事に残している人は要注意だ。

・・我が家にも居るわなぁ(泣)


■この貧乏神さん、確信犯的な悪玉は少なく、善玉が多いらしい。

そうなると厄介ではある。

善玉は、妖怪と云えども悪霊退散の祈りや念が効かない。

だから、追い出すしか無い。

追い出すには、大掃除に限る(笑)

大掃除と云っても、家中を掃除するだけでは無い。

心の大掃除が必要なのだ。


■貧乏神が住み着いている人の特徴は、【無い無い】を連発するそうだ。

どんなものがあるか考えてみた。

* お金がない・・これは言うまでも無い(笑)

* 時間がない

* 余裕がない

* 暇が無い

* 解らない

* 知らない

* 出来ない

* 信じない

* 懲りない

* 答え(られ)ない

* 治らない

まだまだ有るだろうが、否定詞のようなものが多いようだ。

そりゃそうだ。【無い】そのものが否定詞だった(笑)


■概して云えば、知恵、智慧の部分にあたるかと思う。

忙しい、忙しい、時間が無いと言う人は多い。

時間は人類平等に1日24時間与えて頂いている。

使い方が下手なだけだ(笑)

私は、忙しい忙しいと連発する人には、
「おお忙しいよなぁ、TVも見なければならんし、パチンコにも行かねばならんし、時にはゴルフもするしなぁ、そりゃあ、忙しいかろうて」と皮肉ったりする(笑)

不思議なことに、そこまで言うと、喧嘩にはならないものだ(笑)

「そうそう、だから忙しいんだ(笑)」と、笑いながら返事が来ることが多い。


■特に。

神仏を、信じない、興味がない、関心がないという・・信仰心がない人要注意だ。

確信犯的な悪玉の貧乏神に毒されていると思える事が多々ある。

少なくとも私の知る限りの人達はそうだ。

そういう人達と接すると、光が入り難いのを感じる。


人生を幸福に生きているのなら問題ないが、まるで、鍋釜を被った如く殻に閉じ籠もって人生を嘆いている。

光が入らない。

一生懸命生きている人も多いが、信仰心がないばかりに・・、悪玉の貧乏神が宿ってる場合が多いように思える。


■さて、困ったことに、善玉の貧乏神さんは、泣いている子供に【アメ玉を与えて虫歯にさせてしまう】ような傾向があるらしい。

お人好しなのだ。お人好し過ぎるのだ。

慈悲魔と似たようなものなのだ。

そうなると、私の中にもあるかも知れない。
お人好しだから。(どこかで反論の声が聞こえるような・・、たぶん空耳だろう(笑))


■慈悲深い人が過度になると、慈悲魔と呼ばれるように【魔】の呼称が付いてしまう。

同じように、この善玉の貧乏神さんを放って置くと、疫病神に変身するそうだ。

そうなるともう善玉では無くなる。やっかいな妖怪になってしまうのだ。

神さまの呼称など、とんでも無い存在となってしまう。



■さらに、疫病神から死神へと変身するようだ。

貧乏神 → 疫病神 → 死神と、変化するようだ。

それは困る(笑)、マジで困ることになる。


■疫病神に変化した時点で、すでに善玉では無くなっている。

悪玉だ、人格?変化を起している。

神の名が付いているように、厄いをもたらす存在と化して居ても、この疫病神さんと云う妖怪も、人間に対して良かれと行動して居るのだ。


■よく考えてみると、そういうタイプの人間だって、身近に居ないだろうか(笑)

絶対に居るはずだ(笑)

本人は必死で頑張って居るのに、結果的には他の人の足を引っ張って居る。

何をやっても、失敗へ失敗方向へと行ってしまう。

だが、本人には悪気は無い。

疫病神だ(笑)


■本当は笑い事では無い。

善意の被害を受ける側は、たまったものでは無いのだ。

死神に変化されてしまうと、もう大変だ。


だからこそ、貧乏神の時点で、退散願わなくてはならない。

昔の人達は、これをやって来た。

今の人達は、出来ない。
 
だから、疫病神に取り憑かれ、死神に取り憑かれて居る人は、多い。

貧乏神の時点で、お暇(いとま)願おう。


そのためには、整理整頓と掃除にかぎる。

家の中だけでは無い。

頭の中と、身体の中も同じようにすることだ。


・・書きながら、苦笑いしている私だが(汗)

人ごとのように書いて置こう(笑)


ビンボー神さん

バイバイ ~ ~

もう来ないでね ~ ~(笑)




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連記事
スポンサーサイト
Theme [心と身体] Genre [心と身体]
Trackback [0] | Comment [3] | Category [私事雑感] | 2015.08.26(Wed) PageTop

◆【過去記事移動】北朝鮮が侵攻する日+α


 
  【過去記事移動】 過去、このブログに書いている中で、今でも使えそうな話を移動します。 - 2009年8月12日編集(書いたのは7月)



北朝鮮に不法侵入で捕まった米国人救出に、元大統領のクリントン氏が訪問して連れ戻した。

良かった良かった。・・などと、単純な話では無い。

あの話題には、私が懸念している危険性がいくつも含まれている。



■まず、日本国民は真剣に考えて頂きたいのだが、北朝鮮という国は、日本に【不法侵入し、拉致して来た国】であるということだ。

自分達がやって来たことは知らぬ存ぜぬ、さらには軍事訓練だったと開き直る。

一方では、自分の国に来た者は侵入者として、米国との交渉武器にする。



■ちなみに、私は人の顔よりは目を見るタイプだ。

あのTVに写っていた将軍様は、完全に別人の目をしていた。

笑顔も全然違う、別人顔だ。

クリントン氏は、いったい誰と交渉したのだろう?

何を交渉したのだろう?

クリントン氏や関係者が、影武者将軍だと気付かない筈は無い。



■あたかも平和的外交で救出したように見せかけて居るが、あの国は見返りがなければ話にならない国だと、米国も承知のはず。

答えは、おのずと知れて来る。

もう、米国の手に負えない国になったということを示している。

米国は、北朝鮮の核ミサイルを怖れていることが、あからさまになった事件でもある。

米国は極東アジアの紛争には、米国人の犠牲者を出したくないのだろう。



■さらに、オバマ大統領は「ノーベル平和賞」を狙っている。

そしたらどうなる。

米国は、極東アジアの紛争には不干渉の姿勢を保つだろう。


やがて、日本、韓国、台湾の親米国は、「自分の国は自分で守れ」となって来る。

いや、実際に、現在只今そうなっているのだが・・。



今朝のTVを見ていても、将軍様自身に触れる話題を出したマスコミは皆無だった。

気付かない筈は無いのだが、敢えて触れようとしないのが見て取れる。


今回、【国防を論議しない】民主党から、それらのマスコミから議員候補が大勢出馬するようだ。

民主党政権下では、国難は覚悟しなければならない・・。



韓国でも異変が起きている。

前大統領の自殺により、国民感情が大揺れに揺れている。

現大統領に批判の矛先が向いている。

その批判の矛先を日本に向けて来るだろう。

今こそ韓国国民は、一致団結していなければならない時期なのに、非常に危険な兆候だ。



韓国も日本も、どの方向を向けば良いのか解らなくなっている。

さらには日本人の危機意識は、あまりにも薄過ぎる。

遠く離れた地球の裏側の話ではない。

お隣の国から、軍事的脅威を放たれている。


知識と技術はある。

お金もある。

人材もある。

無いのは、現政治関係者に「国民を絶対に守る!」という強いリーダーシップを持つ人達だ。

明治維新のように、新しい未来ビジョンを持つ人達だ。



当時の幕府や譜代大名では日本は守れなかった。

自国のためよりも、自分達の事ばかりに考えが向いていたからだ!

今の自民党や民主党と似ている。


あの世紀の大革命ともいえる明治維新は、外様大名と志士達の力で為された。

彼等は、新しい世の中の未来ビジョンを持っていた。

だからこそ、今の日本がある。



■日本を取り巻く環境は、厳しいものになっている。

国難が迫っている。

民主党政権では、絶対に、国難には立ち向かえない!

・・国民を失ってしまう。


未来ビジョンの無い政党は、その場しのぎの政策に終始する。

どうしても自転車操業化してしまう。



■すでに、自民、民主の二大政党の時代では無い。

もうひとつ、新人だが素人集団では無く、大きなビジョンと現実政策を持つ幸福実現党が居る。


【幸福実現党】小田正鏡氏による応援演説 2009年7月25日(1)


【幸福実現党】小田正鏡氏による応援演説 2009年7月25日(2)


【幸福実現党】小田正鏡氏による応援演説 2009年7月25日(3)



■ある造船所に行った。

社長は不在で息子さんが応対された。

以前から気になっていた事があるので、そっと聞いてみた。

日本の今の造船技術で空母は造れるかと・・。

答えはアッサリしたものだった。

『簡単に造れる』との事。



「そうか、造船技術は落ちていなかったか」と、少しは安心した。

さらに彼は、『国産ステルス機も可能だ』と言う。
(これは2015年の今、実現しようとしている)

空母を造る能力も維持しているのだから、当然、国産機も可能だろう。



■私は、決して好戦的な人間じゃない。

戦いは嫌いだ。

子供の頃は喧嘩はしたが、我慢に我慢をした上で、我慢の限界を超えた時、反撃していた。

殴り合う必要は無かった。

たった一発の反撃で相手は降参。

猫なで声に変身した男も居たが、今は暴力組織で頑張っているようだ。



■話を戻すが、ステルス機の攪乱塗料の発明者は日本人だ。

ブルーレイの発見者も日本人だが、今はアメリカに住んでいる。

昨年のノーベル賞の3人の日本人のうちのひとりは、アメリカに住んで、アメリカで研究開発に携わっている。

優秀な頭脳が、どんどん国外に出ている。

いくら輸出大国だからと云って、そんな人達まで輸出するとは、なんとも恥ずかしい限りだ。

日本に帰って頂けるシステムを作る必要があるかと思う。



■これをインドはやっている。

海外技術を学んだ人達を、[愛国心]で呼び戻している。

素晴らしいことだ。


すでに日本は、数学力ではインドには敵わない。

2桁掛算が暗算で出来る若者にお目に掛かったことは無い。

[ゆとり教育]のもたらせた弊害は大きい、大き過ぎる。

元の位置まで戻すのに、何年掛かるかと思うと気が重くなる。



■ドクター中松さんが、[幸福実現党]に入られたようだ。

こういう人達に賛同して頂けるのは有難い。

ミサイルは電波誘導しているので、妨害電波や攪乱電波は論じられて来たが、リターンさせるとは面白い。

不可能な話では無い。

これは、プロジェクトを組んで、すぐにでもやるべきだ。


撃ったミサイルが戻って来れば、核ミサイルは撃てなくなるだろう(笑)

こういう突飛とも思えるようなアイデアマンが、各分野に居るのが[幸福実現党]でもある。



[追記:2015年8月23日]

■現安倍政権は、この6年前から[幸福実現党]が訴えて来た経済政策を模して、例えば大胆な金融緩和(血流を良くする)を為しました。

それ自体(血流を良くする)は良かったのですが、一方では消費増税という、国民の血液を抜くことをしています。

これを人体に当てはめれば、健康・病気を問わず誰からも血液を抜き、その代わりにカフェインドリンクを出すようなものです。

一時期は、カフェインドリンクで元気になったように思いますが、貧血状態を促進されては、体力は落ちる一方です。

やらねばならぬことは、貧血状態(デフレ)を治し、回復(緩やかなインフレ)から、健康体(経済成長)へと繋げることです。

安倍政権は、経済路線そのものが、論理矛盾しています。



■私は6年前から、もっと前から、空母・ステルス機の国産化を望んでいました。

空母は大艦隊が必要になるので、軽空母で充分です。


そして、ミサイル防衛です。

瞬時に、ミサイル誘導電波を把握出来れば、同じ電波で乗っ取ってしまえば良いことです。

人間の心の電波に同調したモノが入るように(笑)

その仕組みが解かるのは、意外と宗教かも・・です。


日本が、このような武器を持つ事は、危険ではありません。

持つ事で、日本のみならずアジアの安全が担保されます。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [政治・経済] | 2015.08.25(Tue) PageTop

◆【過去記事移動】中国の民主化を望む。


 
  【過去記事移動】 過去、このブログに書いている中で、今でも使えそうな話を移動します。 - 2009年8月12日編集(書いたのは5月)


【追加文:2015年8月23日】

6年前の選挙時に書いていたものですが、この時の日本はのんびりとしたもので、危機感のカケラもありませんでした。

当時の議員達は、「憲法改正」などと声を出しただけで更迭・辞任に追い込まれていたのです。


大衆は、亡国党の民主党を選ぶ有り様。

6年後の今、幸福実現党が如何に正しい道を示して来たかが、少しずつでもお解かり頂けたかと思います。




幸福実現党は日本を護るために立党した】

幸福実現党が、急遽、慌てて立党した理由は、日本に向けて北朝鮮の核ミサイル発射の可能性が、現実味を帯びて来たからでした。


下記の映像は、そのシュミレーションですが限りなく本物に近いものです。

私達には、世界でも希なる特殊な霊査能力を持たれる指導者がいらっしゃいます。

前世はお釈迦様でした。


ですから、このシュミレーションは絶対に阻止してみせます!

私達が議席を得るとか、お金がどうのだとか、関係ありません!

日本人の命が掛かっているのです!


その為に!日本全国で声を上げています。

必ず!北の暴挙阻止に繋がると信じて行動しています。


議席などは次回でも次次回でも挑戦し続けますが、もしも私達が、この世から消えたら、このシュミレーションは現実以上のものになるでしょう。


【注:下記の映像は、現実報道ではありません。模擬放送です】





 
  【過去記事移動】 過去、このブログに書いている中で、今でも使えそうな話を移動します。 - 2009年8月12日編集(書いたのは5月)



毎日政治の話で申し訳ないです。


■10年後か20年後の安定時期になったら、政党も創るのだろうと思っていたら、なんと!いきなり!政党を創ると聞かされた!

理由は、10年も待てない程、北朝鮮の状況が悪化しているとの事だ。

本当に、核ミサイルが飛んで来る!

だが、自民党も民主党も、北朝鮮問題を選挙の争点にはしていない!

逃げている!


■だけども、本当の敵というか危険な国は中国だ。

軍事費は、1位アメリカ、2位中国・・・7位が日本だ。

だが日本は、爆撃ミサイル、空母、核兵器などの攻撃する武器は持っていない。


■中国からは、東風21号、巨波1号が日本に向けられている。

発射されれば、3000万人は死ぬだろう。

日本が中国に対して交渉事に弱いのは、3000万人の命が担保にされているからだ。


中国も北朝鮮も、もはや単なる共産主義国家では無い。

独裁政権下の全体主義国家に変容しつつある。

北朝鮮は中国の子分に過ぎない。

親分が10数年後に世界を狙っているので、子分は手始めに半島の軍事統一だ。

絵空事では無い。ちょっと詳しい人は知っている。




■どうすればよいのだろう。

それは、中国を民主化することだ。

それしか他に手だては無い。

中国が民主化になれば、後ろ盾を失う北朝鮮は自然崩壊するだろう。

問題は時間だ。


■北京オリンピックに行った人で本屋に行った人は、知っているかもしれないが、幸福の科学の「常勝思考」が、中国でベストセラーになっている。

この中には、民主化への希望となる指針も入っている。

宗教の無い国の中国共産党が、日本でベストセラーを続けている宗教の本を求めて来たのだ。

それが、幸福の科学の本だった。

全部出したいとの意向だったようだが、正確に翻訳しないといけないので、まずは1冊からだった。

現在は、
「勇気の法」
「釈迦の本心」
「常勝思考」
「永遠の生命の世界」
「幸福になれない症候群」
「仕事と愛」、
他にマンガが数点と進んでいるようだ

イスラム圏民族はじめ、毎日のように起きる暴動を治めるための鎮静剤目的かも知れないが、中国共産党自らが出版したいと言って来た。

印税もらえるのかな(笑)

・・は、2の次、3の次。

読んだ人達には、必ず!心に灯が灯る。

それだけが、一縷の望みだ。


平和な民主主義国家になって欲しい。

世界は、あなた達を滅ぼそうとはしていない、必要としている。

同じ地球の仲間だ。

戦いで滅ぶよりは、共に繁栄を求めよう。




中国、北朝鮮の一党独裁制、日本の古い体質の政治形態。

よく似ている。

どちらが先に、新しい希望を見い出すのだろうか。



[追記:2015年8月23日]

これ等の出版本は、習近平体制になって、回収・撤収されました。


私は10年前(2005年頃)から、「北京五輪・上海万博以降の中国は危険だ!」と、訴え続けて来ました。

9割の人達は、信用してもらえませんでした。

『バカバカしい』だの、『今時、そんな事あるものか』だのと、鼻でせせら笑う人達が殆どでした。

それから10年後の今は、どうでしょう?

中国は安全な国になったでしょうか?




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連記事
Trackback [0] | Comment [2] | Category [社会問題] | 2015.08.23(Sun) PageTop

◆【日本人の貸借対照表は?】家賃を払わない日本人。


いきなり、『何のことだ?』と思われたことでしょうね(笑)


【人間の心は電波を出している。どこに繋がるかは心の波長次第】


■私達人類は、偶然の産物ではありません。

単に物質が集まったものではありません。

私達の肉体は、仏や神々から【預かっている】のですね。


■そして、10次元意識体の地球表面に住まわせて頂いています。

そうした神々から預かっている身体、住まわせてもらっている地球に、感謝という家賃を払っていますか?と、言いたいのです。

日々これが出来れば、その【感謝の思い】と通じる先があります。


■私達の人体からは、微弱な電波が出ています。

脳から出たものは[脳波]で捉えることが出来ます。

心臓から出たものは[心電図]で捉えることが出来ます。

つまり、私達の人体は電波の発信源でもあるのです。


■電波自体は微弱なものですので、現時点では機器に頼らなければ測定出来ません。

だけども私達人間は、機器に頼らずとも【送受信(交信)手段】を持っているのですよ。

【見えない世界との交信手段】です。

それが私達が発する【念い】と同通する世界です。

【波長同通】とは、TV電波等の波長と同じで、送受信波長が合えば、通じてしまうのです。


■この通じる先が、どこかです。

【他人の幸せ】を考えているような人から出ている波長は精妙なもので、天国と通じます。

【他人の不幸】を考えている人は、粗悪な波長で地獄界と通じます。


困るのが、この時どちらからも、自分とは違う感覚の【インスピレーション、霊からの言葉】を受け取ったりする事です。

単純に霊好きな人は、地獄霊からのメッセージを、天国からのメッセージと勘違いしてしまいがちです。

その時必要なのは、【正しさの物差し】です。

これが無ければ、どこから来たのか解かりません。


■この【正しさの物差し】こそが、【感謝の心】であったり、【祝福の心】であったりの、【他者の喜びを分かち合える心境】です。

そこに、慢心や、ひがみや、憎悪がひしめいていたならば、天上界からのメッセージでは絶対にありません。

そうした地獄霊からのメッセージを間違えて、天国からのメッセージと勘違いする人達もいます。


■勘違いのみならず、悪しきモノに魂奥深くにまで入り込まれた人達は、この世のすべての価値観が逆転してしまいます。

かつての私の家族の中にも、そうした体現者がいました。

なにせ、いきなり豹変して『わりゃあ!おんどりゃあ!』ですからね(笑)

驚いて、最初は二重人格者かと思っていたくらいです。


その違いは、【目と表情、言葉、行動の違い】となって現れますのでね。

やがて、「ははあ、やられたな」と解かるようになりました。


昨日は、そうした2人が、『亡くなってた』と知らせが来ました。

悲しみはありませんが、縁あった人ゆえ「無事に・・」と、ついつい思ってしまいます。

あまり思いを向け過ぎると『おい、来たぞ』と(笑)、なりかねませんので、本当は、こうした事を書くことも危険と言えば危険なのですね。

程度ものではありますが、【回向の心】は大切です。

その心自体が供養になりますのでね。




【あの世と、この世の違い】

■私達は[縦・横・高さ]の3次元世界に住んでいます。

でも、この3次元世界が全てでは無いのですね。


■私達は、生まれる前は4次元以上の低次元~高次元に住んでいた存在です。

4次元-5次元-6次元-7次元-8次元-9次元-10次元以上、と意識レベルの違いによって、住み分けがされています。

天使は、7次元以上に住む世界の住人(魂)です。

悪魔は、4次元と地上世界の3次元の隙間に巣食って、地獄という世界を作っている存在です。

本来は、広大な天国とは比較になるほどのものでは無いのですが、次元世界と隣接しているために、非常に影響を受けやすくなっています。


■そして地獄界は、神仏を尊敬しなくなった、信じなくなった人が、死後、必ず立ち寄る場所です。

立ち寄る程度なら良いのですが、そこから抜け出せない魂が沢山います。


なぜなら、天国は天国の存在を信じていた信仰者の還る場所であり、
生前に天国を否定していたら、還る場所が無いのです。

天国を否定していた無神論者・唯物論者は、地獄に堕ちるか、この3次元に幽霊として留まるかのどちらかです。

そして今、そうした【天国に還れない魂】が増え続けています。


■ちなみに私の従兄は、無神論者・唯物論者ではありませんでしたが、【刹那的に生きた】ために、死後7年目に連絡をして来ました。

夢の中で、『ありがとう!』の言葉から始まりました。

もの凄く良い笑顔で語り掛けて来ました。

従兄の話の中に『弟に伝えてくれ』がありまして、それを伝えた処、『解かった』と従弟は言いますが、私には何のことだか解かりません。

何度訊いても、『兄貴とワシの約束だ』と言って、教えてくれません。

でもそれが、【夢の中の話が本当だった】ことを証明してくれているようなものです。


■ただ思うのが、「7年間も、どこに行っていたのだろう?」です。

察しは付きますけどね。

見ていないので断言出来ませんが、おそらく【そこ】でしょうね。


そして今、政治的なブログを書き始めた私に【インスピレーション】が降りる時がありますが、もしかしたら天国に還った従兄かも知れません。

なんたって従兄は、政治家になろうと思えば成れた程の実力を持っていましたからね。

その従兄の魂は、天国に還った時の服装から見て、おそらく6次元あたりだと思います。


■ま、こういう不思議な話もありましたが、私にとっては普通のことなのですね。

最近あちこちから同級生や知人の訃報に接しますが、「そうか、還ったか・・、無事に還っているのだろうか・・」と、思ってしまいます。

残念ながら、殆どの者は、無事に還っているとは思えないのですよ。

この3次元世界の少し上の暗闇に【隔離・入院】している気がしてなりません。

あまり彼等を気にし過ぎると、『おい、ちょっと』と来られそうな気がしますしね(笑)


■そうした者達は、生前に無神論者・唯物論者を標榜して、救いようが無かった者達であり、あちらで猛反省するしかありません。

私の従兄には縁(よすが)を与えていましたので、7年で済みました。

縁(よすが)を遮り続けた者達は、何年掛かるのでしょうね。

想像が付きません。


■こうした話を、戯言とか、妄想と思われるのは勝手です。

でも、ほんの少しでも『そうした世界もあるのかな』程度は思われていた方が、やがて来る時のためだと思いますよ。




【自分自身を護るためのノイローゼ?】

■2年前の自分記を見ていて、「こんな事書いていたのか!」と言う部分を見付けました。

「もしかしたら、小5からの7年間のノイローゼは、自分自身を護るためのものだったのかも知れない」と、書いていた部分です。

これは、私の考え方ではありません。

書きながら受けたシンスピレーションを、そのまま書いたものと思えます。


■その言葉に触れ(自分で書いたのに(笑))、あらためて考えましたが、やはりそう(自分自身を護るため)だったのだろうと思います。

あの頃の私がノイローゼ状態で無かったら・・を、想像して見ました。

喧嘩番長より強かった私は、彼の手伝いをしていたかも(笑)

それでなくても、やがて(暴)に入った連中とは、やり合ってたし・・(汗)

昨日その事を同級生と話していたら、彼も憶えていましたね。

中1の時、私のテニスラケットの網をズタズタに切り裂いていた3年生キャプテンだった男も、やがて(暴)に入り現役だとか(笑)


■よくよく振り返って見れば、私にイチャモン付けて来ていた者達全員が、後に(暴)に入っていた現実・・。

当時ノイローゼ状態だったから、彼等と距離を置けましたが、そうでなかったら・・(汗)

そう思えば、すごく納得出来ますね(汗)

やはり、あの時期はノイローゼ状態で正解でした。


また、一時期、それほど極端に神経質な時期があったからこそ、他人様の心のヒダのようなものが解かるのかも知れませんね。




【もう、ええじゃろう】

■先日の安部総理談話の後、「やはりな」とは思っていましたが、残念に思っていました。

そしたら、心のどこからか【もう、ええじゃろう】と浮かんで来たのですよ。

・ワシ等は、お前が「山口県を護りたい」と念っているから、応じて来た。

・もう、ええじゃろう・・です。

この意味が何であるかは解かりません。

想像は付きますが書きません。


【桜島噴火】

■また、桜島噴火は、川内原発反対運動していた人達への警告のようにも思えてしまいます。

「それほどまで反対するなら、噴火や台風にも、どれだけ頑丈に出来ているのか証明してやろう」のような。

そんな気がしてなりません。





1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連記事
Theme [心と身体] Genre [心と身体]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [信仰と我が人生] | 2015.08.21(Fri) PageTop

◆【日本の神々が怒っている】国のトップは常に「神の意志がどこにあるか」を知って置かなければ、国民をミス・リードしかねない。


善悪・正邪が逆転すると、善が悪に、悪が善に見えてしまう、思えてしまう。

また、安易な妥協は、神々にそむくものとなり得る。


【日本の先人達の善行を、悪行に変えるな!】

無かった事を、『有った事』とされる。

為してもいない事を、『やった』とされる。

【日本の善行を、悪行にされ続けて来た】こと対して、日本人は正義の怒り・義憤を持つべきです。


◆【党声明】「戦後70年談話」を受けて(幸福実現党)
幸福実現党は、本日、安倍晋三首相が発出した「戦後70年談話」の撤回を求めます。
https://youtu.be/f3svKdtJZ1s





【かつて、殆どの戦争体験者は、戦争に参加した自慢話をしていた】

■マスコミは、【戦争体験者・口伝者達がいなくなる】ことを危機のように煽っていますが、それが本当で、正しい事でしょうか?

マスコミの言う[戦争体験者・口伝者]とは、戦争の悲惨さを語る人達のみです。


■ちなみに私は戦後生まれの団塊世代ですが、仕事の過程で沢山の戦争体験者の言葉を聴いて来ました。

ほぼ100%の人達の話は、戦争に参加した自慢話でした。

唯一、ある労組の人から天皇陛下を侮蔑する言葉を聴いたのみです。

圧倒的に、比較にならない程、10000対1の感じで自慢話を聞かされていました。


なぜ、彼等先人達は、【悲惨さよりも自慢話】をしていたのでしょうね。

自慢出来るだけの事をして来たからでしょうが!

それも、行く先々の全員ですよ!

万単位の人達が、わざわざ【嘘】を語るはずも無いことです!

私は、そうした先人達を誇らしく思っています。


■私は、戦争の是非を言っているのではありません。

戦争に出た人達が、悲惨さよりも、誇らしげに自慢していた事実を語っています。

今も、そうした人達が生きて居られるはずですが、なぜ?マスコミは、【悲惨さ】を語る人達のみを、紹介するのでしょうかね?




【共産・社会主義者達に、思想の侵略・占領されてしまった日本】

■そうした誇らしき人達が、第一線から退き始めた頃から、日本は変わり始めました。

私達団塊世代の中の、極く一部の安保反対者(マルクス共産主義者)達の声が大きくなり始めたのです。


■私自身は、そうした彼等と対峙していたので、直接そうした声も聴いては居ました。

だけども、すでに平和国家として機能していた日本に、彼等の声が届くとは考えられませんでした。

迂闊でした。

彼等は、日本人の思想を変えることから始めたのです。

米ソ冷戦の最中に、日本国民を冷戦に向けさせて置き、その間隙をぬって平等思想を広めました。

労組、マスコミに入り込み、社会環境を変えてしまいました。

日教組に入り込み、教育環境を変えてしまいました。


彼等は、日本人の中に無神論・唯物論を植え付けたのです!



【平和ボケ】の言葉は聞かれた人も多いかと思います。

すでに、この頃の彼等は【日本人の思想を変える】ことに成功していたのです。

日本人に【無神論・唯物論】を定着させる事に、大成功しました。


■マスコミに入った者達は、情報操作をすることで、視聴者誘導を始めました。

日本人のマスコミが嘘を報道するはずはない』との信頼を盾に取り、見事に裏切って来ました。

自分達マスコミの都合の良い報道をして、国民目線をマスコミは絶対間違いないにしたのです。

白を黒に。黒を白に。

嘘を本当のように仕向け続けて来ましたし、今なおそうです。


■その後の日本は、日本人は、マスコミ報道を基準にするようになりました。

そうしてマスコミは、嘘でも本当にしてしまう、真実でも嘘にしてしまうを持ちました。

ですから、前述の戦争に参加した自慢話】をする人達の声は無視され、【戦争の悲惨さを語る人達】のみを報道し続けて来ました。



■ちなみに、仏神の天国界では【嘘は罪】ですが、仏神に刃向かう地獄の勢力は【嘘は平気で吐くこと】です。

すべての価値観が逆転しています。

ですから、死後の自分がどこに行くかは、【正直に生きたか。嘘・偽りの中で生きたか】を、自分自身に問えばわかります。


嘘や偏向報道操作をして、自らが仕向けた方向に向かわせる手法は、悪魔の手法です。

それに従う日本人に対して、日本を護っている神々の怒りは、爆発寸前に達しています。

[幸福の科学]は、そうした日本の神々の【現在只今の考えを聴き取れる、唯一無二の宗教】です。

ですから、『攻められて滅ぶ恥をかくなら、その前に我等が終わらせる』と決意された日本の神々の声は聴いては居ります。

日本各地の噴火や、異常気象は、それゆえです。


原因は科学者達には解からないはずです。

だが、私達は【日本を護持している神々の警告】だと知っています。

すでに何度も警告が為されて来ました。

だが、それ等が【日本を護持している神々の警告】とはツユも思わず、のうのうと生きている日本人に、【最終警告】が為されました。


それでも![幸福の科学/幸福実現党]は諦めず、真に日本を護る為に活動しています。

[幸福の科学/幸福実現党]の終わりは、日本のみならず、世界の終わりです。

私達が終わらせようとしているのでは、断じて!ありませんよ!


ひとつは、地球(意識)が限界に達しているのです。

【もうこれ以上、不愉快な生物を住まわせたく無い】と、身震いしたり、海水温度の変化になって現れています。

地球の回転を支える、地軸を安定させる【地磁気】の減少が続いています。


■1999年もそうでした。1998年秋から【地磁気減少】が続いていました。

そのまま行けば、【ポールシフト(地軸移動・極移動)】という大惨事・・というより文明の終焉を迎えていました。

この時、地球(意識)をなだめて、我慢してもらったのが[幸福の科学]です。

断じて、嘘・偽りではありません!


今また、地球(意識)が1999年に起こそうとしていた【ポールシフト(地軸移動・極移動)】の準備を始めました。

ポールシフトが起きれば、一瞬にして世界は終わります。

ノアの箱船伝説は、このポールシフト時の話です。




【日本の神々と日本人は、欧米に侵略支配を受けて奴隷国になっていたアジア民族を解放させた】

■また、日本には日本を護る神々が天上界に居られます。

世界の国の殆どに、その地の民族神が居られます。

地上の人間が実際に信仰している宗教とは関係なく、存在されています。


日本で言えば日本神道の神々です。

先の太平洋戦争は、地上の人間の意志では無く、【日本神道の神々の意志】だったのです。

【欧米に侵略支配を受けて、奴隷国になっているアジア民族を解放させる】との、強い意志でした。

天上界の神々に信仰心が強かった日本だったから、そうした使命が降りたのです。


■そうした【日本神道の神々の意志】を受け取った人達が、【アジアの民族解放】の為に立ち上がり、戦ったのです。

ですから、断じて、侵略戦争では、ありません!

実際、日本は侵略はしていません!

侵略していたのは、欧米諸国です。

戦後の現中国です。

※ 現中国は、満州族、チベット族、内モンゴル族、東トルキスタンという、他民族の国に攻め入り、現在まで占領支配し続けています。

陸地をほぼ制した現中国の向かう先は、【海】です。

【海に面した島国】です。

台湾・沖縄はもちろん、フィリピンやベトナムなども、取り込むつもりです。

その先に【日本本土】があるのは、語るべくもないでしょう。




【日本を護る神々の力を増して、日本を護れ!】

昨日の【安部総理の70年談話】は、そうした先人達を陥れ、日本を護持されている神々を冒涜するものです!

神々の怒りが伝わって来ますよ!

【もう、護らんでもいい!】ってね!


■私は私なりに、山口県を護って来た・・つもりです。

ここ10年間、山口県に台風来ましたか?

大水害、起きましたか?


防府市に起きた大水害は特別です。
あれは、私が護ることを放棄した地でした。

ある事で、あの地に関わりたく無くて、私の心が逃げていました。
そしたら、1ヶ月後に、あの大水害でした。

もちろん私が起こしたのではありませんよ。
私の心が離れてしまって、護り切れなかった油断でした。


偶然かも知れませんし、そう思いたいですよ。

でも、10年も台風被災が無ければ、偶然とは思えないのです。

私の念いに対して、[幸福の科学霊団]の応援はもちろんですが、下関のパワースポット神社の神様に応援頂いている気がしてなりません。


そうした神々が、今の日本人に【警告】をされ続けています。

【日本人魂を取り戻せ!】と、言われ続けています。

それゆえに、このブログを書き始めました。

だけども、もう、限界点に達しました。


それでも、日本を護りたい気持は捨てません。

ただ、これからの日本や山口県には、護り切れない場所が出るかも知れません。

侵略国家の触手は、とっくに日本国内に伸びていますのでね。

とうとう、パワー・バランスになってしまいました。


日本が不利なのは、完全唯物論国家と、ほぼ唯物論国家(日本)の争いだからです。

どちらも同じだからです。


ですから、日本が【信仰ある国と国民】に変われば、日本を護っておられる神々のパワーが増します。

本来の日本の民族神のパワーは世界一ですが、今は、その力が殆ど出せない状態です。


出来るだけ[幸福の科学]の教えを学んで頂きたくありますが、無理なら【近い教え】を学んで下さい。

【あの世と、霊】を正確に教えることが出来る宗教です。


それも無理なら、せめて私達[幸福の科学/幸福実現党]の行く手を阻まないで下さいね。

なるべく、応援側に回って下さいね。 m(._.)m



(追記に、数日前に書いていた冗談話を載せます。歴史の真実から見た謝罪を、皮肉的に書いています)
(私的な冗談話であり、幸福の科学とは一切関係ありません)




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

» read more...
関連記事
Trackback [0] | Comment [4] | Category [政治・経済] | 2015.08.15(Sat) PageTop

◆【正義ある国に!】もうこれ以上、日本国民をミス・リードしないで下さい!


【日本人から失われつつある誇りを、取り戻せ!】

毎年のことですが、今の時期の日本は嫌いです。

日本のあちこちで、『戦争反対』が叫ばれるからです。


■もちろん私とて、戦争は嫌いです。

だが、嫌いと、否定は違います。

だからと言って、戦争肯定者でもありません。


■明治維新後の日本は戦争をして来ましたが、軍人や政治家を含めた多くの日本人は、戦争肯定者ではありません。

真実の近代史を見れば解かります。

日本は、日本やアジア諸国を、西欧侵略支配から解放する為に戦って来たのです。


■歴史は、勝者の都合の良い方へと描かれています。

だが、戦後70年の今、アジア諸国同士が衝突しかねません。

だからこそ、日本の誇りを失わせた自虐史観や嘘の歴史に付いては、正確なものを出すべきです。

間違いを正すべきです。


■私は、日本と、大和魂が大好きです。

日本人として産まれたことを誇りに思っています。

これからも日本人として生きる若者達、日本人として産まれて来る子供達に、日本人の誇りを残したくあります。

ですから政治は、もうこれ以上、ミス・リードしないで下さいよ!


■最近の安部総理の表情には、影があります。

そうとう、お疲れなのでしょう。

ですから、これを見て元気を出して下さいね。



マスコミの世論調査とは、大違いですよね。
しかも、5500件の回答ですよ。(マスコミは1000件程度)

もちろんこれは、関心ある人達が答えたものであり、無関心な人達に世論調査するマスコミとは、違うのは当たり前ですけどね。

あまりにも違い過ぎませんかね。




◆【人類に対する罪】原爆投下――アメリカの責任【THE FACT】
https://youtu.be/9BiFX93LVTQ



【正義ある国に!正義とは真の不戦とは、善を拡げ悪を押し止めることであり、悪を栄えさせる意味ではない!】

言うべきことは言う勇気こそが、日本を守ります。世界の勇気にもなります。


■数年前、広島に行き、平和公園前の墓碑を見ていました。

2015-08-09.jpg 

(ここで、こうした人達が亡くなられたのか・・)と、現実を真剣に受け止めていました。

そこへ、ドカドカと団体客がやって来ました。

若い女性達がドーム前で、はしゃぎながら、ピースサインで写真を撮っています。

(神聖な場所で、なんちゅうことを!)と思いながらも、(それだけ日本も平和を満喫してるんだよな)と、思い直しました。


■ただ、彼女達が笑顔でピースしながら撮っている場所は、神聖な場です。

先人達に感謝の思いと共に、『きゃあきゃあ』言って写しているなら良しとしましょう。


だけども、単なる観光の1ヶ所として写真を撮っているのなら、問題です。

写真のシャッター・タイミング次第では、何が写っているか解かりませんからね。


そんな事すら考えもせず、亡くなった人達への感謝の思いもない平和は、真の平和ではありません。




【今こそ、防衛戦争を侵略戦争に塗り替えた歴史を、正せ!】

日本の戦争は、防衛戦争でした。

アジア諸国を西欧支配から解放させた、アジア諸国民の防衛・解放でした。

断じて!侵略戦争ではありません!

侵略支配していた西欧列強から、アジアの解放を為したのです。

この事実を、曲げてはなりません!


戦後70年の今年、日本に正しい歴史が戻りますように。

日本国民から、創られた自虐史観が、消えて、なくなりますように。

日本の武士道精神、大和なでしこ魂が、よみがえりますように。

心から祈り、願って、やみません。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [政治・経済] | 2015.08.09(Sun) PageTop

◆【雑感】集団的自衛権、東京五輪エンブレム、70年談話。


【安保法制:集団的自衛権】

安倍総理の[たとえ話]は難しいですね。

かえって混乱を招いている気がします。

もっと簡潔に、臆することなく、隣国と中国に対しての国防的予防策と言われた方が解かりやすいと思うのですけどね。


■確かに名指ししたらしたで、反響も反発も大きいでしょうよ。

だったら、【事実】を突きつければいいでしょう。


それも躊躇があるなら、国連憲章を出せば良いのでは?

国連には国際法としての国連憲章があります。

現在の国連加盟国は193ヶ国のようですが、国連に加盟しているからには、国連憲章を守らなければならないはずです。

特に日本のような先進国には、いくら戦勝国が作った組織でも、遂行義務があるでしょう。


この国連憲章には、集団的自衛権が存在します。

国連加盟国には、集団的自衛権が義務付けられています。

解かりやすく言えば、国連加盟国内で紛争が起きたら、「他の加盟国が集団で解決しよう」と言う事です。

・・正直、当然のことだと思っていたので、すっかり忘れていましたね。


■数日前、知人に、この話をしました。

「国連で、この国連憲章条約を守っていない国が、1ヶ国あるんだよね。どこだと思う?」

『当然、中国だろう』

・・あいやぁ(笑)

「日本」と言うつもりでしたが、中国もそうでした(汗)

中国は常任理事国でありながらも、国際法(国連憲章)の上に国内法を置いている国です。

だが、日本もまた、同じなのですよ。

日本もまた、何十年も、国連憲章条約の中の集団的自衛権を守って来なかったのです。

今やっと、先進国としての務めとしての集団的自衛権でもあると思います。


すっかり忘れていたのですが、青山繁晴氏が思い出させてくれました。

◆【青山繁晴】『安保法案』集団的自衛権を認めないと言うなら日米安保も国連も脱退しないといけなくなるぞ!
https://www.youtube.com/watch?v=HxSvNQ0aEZQ



■国連加盟国先進国としての当然の義務なのですが、『今まで見逃してもらったのだから、これからも』と言う人達も居るのでしょうね。

いつまでもそんな事言っていたら、日本の危機の時、国連加盟国から見放されてしまいかねませんよ。




【東京五輪エンブレム】

■最初に見た時、不気味に感じたのが第一印象でした。

例え盗作疑惑は逃れられても、デザインそのものが酷い!


一番に目立つのが、バーンと中央にある黒の壁

これって、[T]のタテ線と言うより、【壁】に見えるほど太いし目立ちます。

私には、【分断】に見えてしまいます。

日本は銀から越えられない、金には大きな壁がある・・と語っているような感じです。


黒色も縁起が悪いし。

腕に巻いている【喪章に見える】のは、私だけでしょうかね。


作者の本当の意志がどこにあるのか解かりませんが、盗作疑惑に加えて、不気味な配置・配色ですよ。

士気が下がるエンブレムです。

これを堂々と発表するとは、どうなってるんでしょうかね?


1964年の方が、よほどマシですよ。




【テレ東、報ステ、News23の、安保反対報道】

◆テレ東に出た“過激派”が、TBSでは一般人? 安保反対の謎(The New Standard :2015/07/28)
http://www.newstandard.jp.net/news/politics/extremists-in-tv-tokyo-is-described-as-an-ordinary-citizen-in-tbs/945


◆報ステ、News23による、粘り強い「安保反対」へのエールをご覧ください(The New Standard :2015/07/25 )
http://www.newstandard.jp.net/news/politics/citizens-are-acting-on-their-own-words-news-23-praises-antinational-security-legislation-demonstration/948


もう、こうした偏向報道にはウンザリですよ。

いつも、日の丸国旗を掲げているデモ隊は報道無視で、こうした
日の丸国旗すら掲げていない人達ばかりを写しだして報道しています。

日本のマスコミでは無くなったのでしょうかね?


まるで、どこかの国々の支配下にあるかの如くの報道姿勢です。




【70年談話】

安倍総理。

70年談話では、命がけで、日本国民の国益を守って下さいよ。

もう、【お詫びの談話】は必要ありません。

無かったものを、有ったような話にしないで下さいね。

未来を切り拓く、日本の誇りを取り戻す談話で、お願いしますね。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題] | 2015.08.03(Mon) PageTop
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【日本の過去・現在・未来】見えない処で貢献して来た幸福実現党以外、日本の再起は望めない Oct 19, 2017
【知らせない自由?】マスコミの黙殺権は、左翼貧乏思想の現れ Oct 16, 2017
【選挙妨害】幸福実現党v s 創価学会の場外乱闘! 学会による選挙妨害? + α Oct 13, 2017
【NEVERまとめより】もし幸福実現党が政権を取ったらどうなるか?その衝撃の未来がやばすぎる件 Oct 10, 2017
【比較検証】自民党は幸福実現党の政策を次々と採用!? Oct 09, 2017
【衆議院議員選挙公示間近】政党の政策から見たら、あれっ? Oct 08, 2017
【幸福実現党の先見性】8年前の幸福実現党後援会用パンフレットを再確認 Oct 02, 2017
◆【幸福実現党こそが真の未来を築く】国難(選挙)は、2009年から幸福実現党が言い続けて来た言葉だ! Sep 29, 2017
◆【不正選挙?疑問の残った開票現場!】4年後に再検証させて頂く為に、事実を正確に書き記す Sep 29, 2017
◆【疑問の残った開票現場!】4年後に再検証させて頂く為に、事実を正確に書き記す Sep 29, 2017
【神様が来た!】戦後最も危険な時期に来られたのは、地域を護る意味があるのだろう Sep 26, 2017
北朝鮮危機に本気で向き合う幸福実現党に、フランス国営放送が取材に!そして放送! Sep 16, 2017
◆【あなたは、ご存知だろうか?】中国(習近平)、幸福の科学/幸福実現党、マスコミは、何を考え、何をして来て、何をしていて、何をしようとしているのか?【過去記事移動】 Sep 16, 2017
【なにだぁ?これは!】北「日本を核爆弾で海にぶちこむべき」と非難 Sep 15, 2017
【ショック!】外国の人から「日本は2度目の無条件降伏をするのか?」と、言われた! Sep 10, 2017
【お知らせ:山口県民の方々へ】大川隆法総裁の特別大講演会『人類の選択』が FM山口で放送されます。 Aug 31, 2017
◆【白龍?】空の雲を見ていると、いろんな形に変わるのが面白くて好きだ。だが、天候との関係は如何に? Aug 07, 2017
迷走台風5号は、日本国民への神々からの警告か? Aug 06, 2017
大川隆法総裁 講演「人類の選択」 Aug 03, 2017
◆【いじめを無くそう】人は感性(勝負)→知性(損得)→理性(善悪)→悟性(神仏への愛)と成長する Jul 29, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m