◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク    
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【雑感】自分の考えていることを、全国の誰かが同じことを考えている。


【フランチャイズ組織の提案】

■私が仕事を持ったのが、半世紀前の16歳だった。

仕事自体は、いろいろ変遷しながら現在に至っている。


■28歳の時、1年前に立ち上げられた[山口県○○組合]に参加要請されて、『各市に1件募ってる』との事で加入した。

(ある業界の黎明期であり、世間一般に広まる前の話)

10数名の中で20代は私一人(笑)、他の人達は壮年・熟年期だった。

親子ほど違う(笑)

だが、私の考え方とは全く異なる[ただの懇親会]だったので、「ライバル業者と仲良くなる必要は無い!」と言い切って(汗)、脱退した。


■これが、もっと前向きな人達の集まりだったら、私はやめてはいなかった。

当時の私の提案は、「一括仕入。一括配送。属地フォロー体制」だった。

要するに[フランチャイズ組織体制]を提案していたのだ。

今では[フランチャイズ・チェーン]と聞いても『何のこと?』と言う人は少ないと思うが、40年前では無理だった(笑)

[個々の意思が強い人達の集まり]では当然の帰結だが(笑)

なんのことはない。

「お互いに、お互いを攻めないようにしよう」という懇親会だった。

それでは既成大型店が有利になるだけで、私のような新参者は雁字搦めにされてしまう。

なので、「正々堂々と遠慮無く攻めさせて頂く」意思表示をして(汗)、数年で脱退した。


■その後、数年で自然消滅したようだ。

当たり前だろう(笑)

『オラがトップ!』の連中が集まって、何が出来る。

組合そのものが手枷足枷になるだけだ。

だが私は、脱退はしたが、この時の人脈や後に出て来る業者達と共に、○○ブームの一環を担った、創った。

言葉悪く言えば、世間様を○○ブームに乗せさせたのだ(汗)

もちろん私は何もしていない。

私の周辺の関係者が、そうした○○ブームを創るのを、じっくりと観察していた。


■今ではブームは去り、一部に形だけが残っている。

『それが常識』と言う人達をはために見ながら、(それって、私達業界が創ったんだけど・・)の言葉を呑み込んでいる。

せっかく根付いて信じられている『常識』の正体を暴露する必要もないので業種は言えないが、『世間常識』の中には、こうして作られたものもある。

(例えば、バレンタイン・チョコのようなもの)

もちろん悪習だったら、とっくに排斥しているが、『喜びを与える慣習』なのでわざわざ壊す必要も無いだろう。




支離滅裂でごめんなさい。上記と以下の話は、業種が異なりますので混同しないで下さいね。 m(._.)m

【レンタル普及で、音楽業界全体が不況、消滅危機に】

[レンタル・ビデオ]と言えば、その名は今では普通になっている。

総称で[レンタル・ビデオ]と言われているが、DVD・CD・本・等々を指している。

全国チェーンの[ツタヤ(蔦屋)]は有名だ。


■私は、おそらく日本で最初の[レコード・レンタル]を発案した一人だと思う。

もちろん発案者は全国各地にいただろう。

◆レンタルCD
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%ABCD


■私は、ここに載っている「黎紅堂(れいこうどう)」が誕生する5年前に、[レコード・レンタル]を発案し、広島で開業計画を立てていた。

おそらく1975年前後だったと思うが、正確には憶えていない。

ただ、私が断念した数年後に、『東京の大学生が[レコード・レンタル]を始めたら儲かった』と、耳にした。

上記のウィキでは、『神奈川県川崎市の中古レコード店』となっているが・・、年月が本当なら、こちらの方が早いかも知れない。

ただ、私が広島での[レコード・レンタル]を断念した5年後に、「黎紅堂」が誕生したのは覚えている。


私が言いたいのは、誰の案が早いのかでは無く、同じ発想は、ひとりだけでは無いことだ。

全国各地に同じ発想者が居る

他にも何度も似たような事を経験して居るので、【単なる偶然の一致】とは思えなかった。

中学時代の化学教師が『特許を申請しても、数日違いで他の人に先を越されてばかり』と言っていた言葉を思い出す。
(この先生・・バケもの(笑)、希塩酸を素手で触ってた)


■こうした事が不思議でしかたなかったが、[幸福の科学]にはその答えが有った。


要するに、あちこちに同じインスピレーションが降りているって事だ。

あとは実行するか、しないかの違いだ。


私が計画断念した理由は、大きく分けてふたつ。

そのひとつは、母親からの猛攻撃(笑)

もうひとつある。

それは、レコード・レンタルが主流になると、レコードが売れなくなると思ったからだ。

友人のレコード店主は、『そんな事は絶対にない』と言っていた。

『買う人と借りる人は違う。買う人は買う』が、友人の主張だった。

確かにそうだと思う。

だがそれは、【レコードがアナログ時代】の考え方であり、1980年初頭にCD(コンパクト・ディスク)が出て以来、様相が変わって来た。


レンタルも、[レコード・レンタル]から[ビデオ・レンタル]へと変わっていた。

さらに、[CDレンタル]が為されるようになって以来、音楽市場は激変する。

40年ものレコード販売から、CDに切り替えが出来ない店が続出した。

無理やり大借金をしてCD店舗に切り替えた店も、経営難に陥り倒産続出。

県内でも、大手老舗店舗が廃業か縮小となった。


■メーカーはメーカーで『小売業者は期待出来ない』として、レンタル店中心の販売方式に変えてしまった。

それに寄って小売業者の廃業が加速した。

その結果、CDメーカー自身が衰退するという悪循環に陥った。


■この頃、私は、あるメーカーに訊いた。

「最近のCDは、専門店だけでは無く、スーパーやコンビニ、いろんな所で販売されているが、メーカーの位置付けとしてのCDは何か?」

『雑貨です』

「雑貨!?」

『はい、今は雑貨です』

「CDって、文化事業として再販制度が組み込まれていますよね。それでも雑貨なのですか?」

『今は本と同じ扱いです。1週間で消える週刊誌にも再販制度があるように・・、それと同じです』

これには正直、ガクゼンとした。大好きな音楽が雑貨だなんて・・。


小売販売店は、この時のメーカーの言葉の重みを知るべきだった。

だがCD売上増で、殆どの店が、友人の言っていた『買う者は買う』のままだった。

そのCD売上増は、CDの珍しさとライバル店の廃業がもたらした一時期のものだと気付かなかったようだ。

店の顧客を見れば解かる。

レコード時代のように学生達は居なくなっていた。買わなくなっていた。

学生達は、何人かで1枚のCDを買って、ダビングしていたようだ(笑)


■私は20年前の、この【店内から学生が消えた】現象に対して、危機警告を発していたが、誰一人として訊く耳もたずで信じてもらえなかった。

全員が『たかが学生くらいのことで』と思っていたらしい。

その学生が社会人になって、本格的な購買者になるのだが。。

頭で解っていても、『社会人になったら戻って来る』と思っていたようだ。

だが、その学生が社会人になっても戻って来なかった。


そこに、追い打ちを掛けるように登場したのが[You Tube]だ。

当然私は危機感を持った。

だが、殆どのCD・DVD店は、新品・中古を問わず、『あんなの、たいしたことない』で終わり。

実際に終わったのは、店の方だった。




【アナログとデジタル】

以下の2点は、先程CDとLPから取り込んでみました。

どちらも劣化は避けられませんが、【音の比較】は出来ましたので、聴いてみて下さい。

なにせ、初めてのことですので(汗)、思わぬ手間を取りました(笑)

いつまでも残して置くつもりはありませんので、
CDとLPの音の違いを知って下さいね。







■私が、文化遺産として残して置きたかった音楽媒体は、貧弱なデジタル音源となってしまった。

最近、レコードがリバイバルしているが、1980年代の音源の多くはデジタル音源なので、正確にはアナログレコードとは言えない。

そして、アナログ音源の持つ能力を引き出す装置も貧弱化しているので、多くの人達はアナログ音源の凄さを知らないと思う。


■『大きなスピーカー買ったよ』と言う若い人達のモノを見せてもらったら、超小型スピーカーだったりするし(笑)

音響技術も進歩しているが、スピーカーに関しては半世紀前と変わらない。

だが若い人達は、そうは思っていない。

半世紀前のスピーカーより、現行スピーカーの方が遥かに進んで居ると信じて疑わない。

妙な処での[信仰心]は要らない(笑)


■例えば私は、ウーハーに50cmスピーカーを用いていたが、若い人達は(技術の進歩で)5cmスピーカーで同じ低音が出ると思っている。

だが、どんなに立派な5cmスピーカーでも、10Hz~30Hzの低音は出ない。

これは、スピーカーの構造上の問題だ。

それこそ、スピーカーの概念を変えるモノが出て来ない限り、無理だ。

その前に、『そんな音(10Hz~30Hzの低音)要らない』と言われるだろうが(汗)


そこにこそ、私が心配している【訊く耳の劣化】がある。

私達は、耳には聴こえない音(10Hzの低音、20万Hzの高音)まで求めていた。

もちろん、この帯域の音はCDには入っていない。(CD帯域は20Hz~2万Hzで、これ以下も、これ以上の音域は出ない)

だから『必要ない』と為るだろう。


私は20年前に、そうした若者文化を知った時から、アナログとデジタルを考えている。

私の世代の殆どは、アナログ世代だが(笑)

私個人は両者にまたがって居るので、比較してみると面白いものだ。




【レコードの一括読み取りは出来るか?】

現在の日本で、以下のものを作ることが出来ますでしょうか?


① レコードの清掃機器

レコードには、チリ・ホコリ・手垢など、いろんなゴミや汚れが附着しています。

半世紀前(笑)には、今の食器乾燥機(笑)のような、レコードを立てて回転させて、毛ブラシで洗浄する機器がありました。

あれだけでも凄かったのですが、もっと高度な洗浄機器を作ることが出来そうな気がしてなりません。

例えば、以前の機器に加えて、特殊洗浄液でアカを落とし高水圧でゴミを飛ばし、(トイレの手洗いのような)高風圧で乾かすことが出来る機器です。

私は、吹き飛ばすのではなく、吸引しようと、業務用掃除機を用いて自作しましたが、上手くは行ったのですが図体がデカ過ぎます(笑)


■また、こうしたノーマル技術では無く、レーザーや超音波で【チリを破壊する機器】も考えています。

技術的には可能だと思います。


・・もしやと思って[レコード洗浄機]で検索してみたら、すでに出来てました(汗)

◆超音波レコード洗浄機
http://www4.kcn.ne.jp/~tafcorp/tyo_onpa_re.html

いや、まいったなぁ(汗)

素直に【凄い!】ですね。

詳しく見ていませんので、後ほどゆっくりと見ます。


エルプ社のレーザーターンテーブルが出来た頃から考えているのが、【一括読み取り】です。
http://www.laserturntable.co.jp/turntable/

レーザーターンテーブルは、アナログ波形をアナログのまま読み取りますので、音の良さは絶品です。

【使い勝手】の面での評価は分かれていますが。。


私は、「レコード面をスキャナー読み込み出来ないか?」を、考えています。

「3Dスキャナー方式で、溝全体を読み取れないか?」と、考えます。

需要と供給バランスが悪いので、本格的なモノは難しいと思いますが。。


40年間のアナログレコードの音源は膨大なものですが、その極く一部しかCD化されていません。

『CDは100年保つ』との謳い文句でしたが、30年経った今、音源が刻まれているレーベル面の剥げ落ち等で、全く聴けなくなったCDも出て来ています。

対してアナログレコードは、1960年代の物でも保存方法(夏の温度、ナナメ立てかけによる歪み)さえ間違えなければ、ビクともしていません。

「脆弱なCDより、アナログレコードの方が100年保つのでは?」って、思うくらいです。

100年経っても、聴く人がいるかどうかですがね(笑)




【余談】

■こうした事を考えているだけで、やがていつかは実現すると、実体験を踏まえて書いている。

上記のようなモノは、私の頭の中では完成している。

だが、実際に作るとなると、難しい。

技術だけでは無く、商品化には需要と供給のバランスが求められるからだ。

要は、40年間のアナログレコードの音源が、文化財として後世の人達にも受け入れられるものかどうかだ。

それはまた、音楽を文化と見るか、雑貨(笑)と見るかだが。

『CDは雑貨です!』・・あの言葉、効いたなぁ(笑)




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連記事
スポンサーサイト
Theme [独り言] Genre [ブログ]
Trackback [0] | Comment [3] | Category [雑感] | 2015.10.30(Fri) PageTop

◆【政治利用曲?】[戦争を知らない子供たち]から半世紀経ったが、[真実・真理を知ろうとしない大人達]になってやしないかな?


【政治利用される半世紀前のヒット曲】

■最近TVCMで、杉田二郎が[戦争を知らない子供たち]を唄っている。

ジローズ時代のオリジナルヒットは、以下のもの。

◆戦争を知らない子供たち(You Tube より)
https://youtu.be/5v1-df1PPpA

①戦争が終わって僕らは生まれた、戦争を知らずに僕らは育った、大人になって歩き始める、平和の歌を口ずさみながら

②若過ぎるからと許されないなら、髪の毛が長いと許されないなら、今の私に残っているのは、涙をこらえて唄うことだけさ

③青空が好きで花びらが好きで、いつでも笑顔の素敵な人なら、誰でも一緒に歩いて行こうよ、綺麗な夕陽の輝く小道を

※歌詞一部を記載しています。不適切でしたら削除致しますので、ご連絡下さいますよう、お願い致します。


■作詞の北山修氏の歌詞は、当時は[ド素人歌詞]と言われていたが、私は北山修氏の歌詞は好きだった。

確かに「青臭かった」が、下手な恋愛歌や反戦歌より余程マシだった。

この歌は、北山修氏らしからぬ反戦歌めいたもので、勝手に一人歩きしたのだろう。

歌詞の③こそが、北山修の歌詞だ。

これを見ると、当時は、ありのままを伝えただけで深い意味は無かったと思う。


やがて、この歌が(ベトナム)反戦歌の仲間入りに。

他のドギツイ反戦歌と違い、青臭さのある歌詞を利用して【純粋に平和を願う歌】として利用する人達がいた。

日教組と、その類だ。




【かつての「戦争を知らない子供たち」は、今は「真実・真理を知ろうとしない大人たち」になった】

北山修氏はどう思っているのか知らないが、杉田二郎氏には言いたい事があり、ブログに書くことにした。

◆団塊のジジイが「戦争を知らない子供たち」を歌う「通販生活」のCMが気持ち悪い
http://otowota.com/archives/2015/%e6%88%a6%e4%ba%89%e3%82%92%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%81%9f%e3%81%a1-%e9%80%9a%e8%b2%a9%e7%94%9f%e6%b4%bb-cm/


杉田二郎氏。

同世代の私達を巻き込まないでもらいたい!

それが偽らざる気持ちだ。


■あなたのTVCMは、この若者達が言うように見るに耐えない、聴くに耐えない。

ドローンとした顔と伸びない声で、歌を細切れにして唄う姿は、プロとしての自覚があるのだろうか?

その調子で【反戦歌】を唄わないで頂きたい!

上記の若者達ばかりでなく、私も家族も気持ちが悪い。


■この歌は、半世紀前の私達世代の[記憶遺産]で充分だ。

とっくの昔に、歌としての役目は終わっている。

そうした半世紀前の遺産が、今なお使われるのには困惑する。

迷惑だ!




【平和を唱えただけで、平和な世界になるのか?】

①戦争が終わって僕らは生まれた、戦争を知らずに僕らは育った、大人になって歩き始める、平和の歌を口ずさみながら

この歌を、中東で唄えるかな?

中東で『僕達は戦争を知りません』って唄ってごらんよ。


■[平和の歌]が何なのか知らないが、大人になって歩き始めて【何を掴んだのかな?】

その掴んだものは光り輝くものかな?

夢や希望をもたらせるものかな?

間違っても、暗黒思想を掴まないこと。


私も戦争は嫌いだ。

嫌いでも、「僕達は戦争を知りません」とは言えない。言わない。

知らなかったら、知れば良い。

たったそれだけのことだ。



②若過ぎるからと許されないなら、髪の毛が長いと許されないなら、今の私に残っているのは、涙をこらえて唄うことだけさ


■言って置くが、私は若過ぎる内から世間の風雨に晒された。

人生のドン底を味わったよ。

だけども誰一人として、若過ぎるとは言わなかったし、聞かなかった。

そんな私には、この部分だけは世間に甘えた歌詞としか思えない。


当時の長髪族の殆どは大学生。そして芸能界。

社会に出たら通用しない。

[いちご白書をもう一度:就職が決まって髪を切ってきた時、もう若くないさと、君に言い訳したね]とあるように、一部の者達の流行に過ぎない。


私は流行に流されるのが嫌いで、ずっと[7:3分け]だ(笑)

20歳の時は、丸坊主にアゴヒゲだったし(笑)

さすがに外に出ると、いささか目線を感じるので、すぐに伸ばしたけど(笑)


そんな私から見たら、[髪の毛が長いと許されないなら]なんてのは、社会に甘えているとしか思えなかったよ。

私の身辺の長髪族の殆どは、次男・三男達だったし。

そんな甘えん坊が、【戦争を知らない】と息巻いていたのじゃないかな。


半世紀経っても【戦争を知らない】ってのは、恥ずかしいことだ!

表に【平和】を掲げて、裏から不幸を呼び込むな!




【経験話:ある日突然、みんなの土地が強欲な人に奪われた】

■30年位前、痛い経験をした。ご近所トラブルだ。

ある日突然、近所の人が『この土地は私のもの』と宣言した。

とんでもない!その土地は先祖代々からの共有地だった。

だが、いくら説得しても話にならない。勝手にブロック塀を築き始めた。

まったく対話にならないので、私は裁判に訴える準備を始めた。

法廷に出たら、その土地は公共地・共有地である事が立証できるし、沢山の証人もいる。


ところが、母親が『近所トラブルは恥ずかしい』と泣き騒ぎ、私は何も出来なかった。

結局、共有道路は、その人に取られてしまった。

その人は、なんと!共有道路を自分の土地として登記してしまった。

泣いた人達は沢山いたが、全員が泣き寝入りだ。

私は泣き寝入りするつもりは微塵もなかったのだが、母親が暴れるので、どうしようもなかった。


母親の言い分は、『ご近所だから、話したら解かってもらえる』だった。

おそらく他の人も、そう思っていたのだろう。

よもや、先祖代々からの誰のものでもない共有道路を、取り込んで奪われるとは、思ってもいなかったようだ。

みなさん甘かった。

ブロック塀で囲まれて、大型車や消防車が通らない幅になってしまった。


■それも、私の父親が築いた工場の入口だ。

ブロック塀で塞がれては、自分の工場にも入れなくなる(笑)

それでも、『ご近所だから、話したら解かってもらえる』だ。


■結局、話しても無駄で解かってもらえなかった。

工場の入口をブロック塀で塞がれないように頼むのが、精一杯だった。

それから20年程度、チクチク嫌味を言われながら(笑)、工場を維持した。


10年前、その人の家を買い取った。余分な土地まで(笑)

すでに私有地として登記されているので、どうしようもなかった。


■なんのことはない。

平和裏に話し合いをしようとしていた私達は、泣きをみただけだ。

ご近所とはいえ、非道な真似をする家なので、裁判沙汰にしておけば勝てたのだ。


■この構図は、日本と中国の関係に似ている。

書きながら気付いた(汗)


■【平和】を叫んでいるだけでは、本当の平和は来ない。

先日のユネスコ記憶遺産にしても、そうだ。

反論すべき時には、断固として反論すべきだが、『登録しないで欲しい』とお願いした程度では、結果はどうなった?

後世の日本にとっての大打撃だろうが!


■もちろん、私が相手の土地を買い取ったように、逆転もあるだろう。

その間の日本人は、泣いて待たなければならない。

後手後手対策は、国民を不幸にしてしまう。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連記事
Trackback [0] | Comment [4] | Category [社会問題] | 2015.10.21(Wed) PageTop

◆【マイナンバーの愚】最初は分散管理でも、やがては一元化管理に向かってしまう。


【最初は安全発車運転、やがて暴走(笑)】

【マイナンバーの愚】は何度も書いて来たのですが、多くの人達は『なんとなく嫌だ』と思っている人達が多いですね。

今のところの発車時点では、大きな問題は起こらないでしょう。

情報漏洩や詐欺は別ですよ。


■当面の政府は、[社会保障と税の一体改革の一環]の謳い文句でしょう。

【便利さ】を訴えて、国民の理解と安心を得ようとするでしょう。

やがて【銀行が絡んで来る】でしょう。

そうして少しずつ、増えると思います。




【すでに大きな落とし穴がある】

■当面の[マイナンバーカード]では、

基本情報:[氏名(本名と通名)、性別、本籍、住所、電話番号]等の、住民基本台帳に基いたものになります。

これだけです。

何等の問題ありませんよね?


では、【あなたの住民基本台帳を、勤務先企業が管理する】としたら、どうでしょう?

もともと管理している市役所ではありません。

これからは、勤務先の会社も管理します。

じつは、ここに最初の落とし穴があります。


■市役所に行って[自分の住民基本台帳]を見ることはあるでしょう。

でも、自分以外の[他人の住民基本台帳]を見ることは無いでしょう?

ところが、[マイナンバー制]は違います。

雇用者のマイナンバー(基本情報)を、雇い主の会社が厳重管理しなければなりません。

その理由は、当面は【社会保険等の照合】です。


■今までは、社会保険は社会保険番号で、雇用保険は労働保険番号で、個々の会社が管理していました。

これ等に[マイナンバー]を付与しなければなりません。

問題ありませんよね?


■でも、良く見てください。

会社は【社員のマイナンバーを厳重管理する】ことが、義務化されたのです。

なぜならば、社員のマイナンバーには、当面は基本情報:[氏名(本名と通名)、性別、本籍、住所、電話番号]等が入っているからです。

簡単に言えば、会社が住民基本台帳を持つことになるのです。




【本名と通名を使う人、二重国籍者には、恐怖のマイナンバー制となるかも?】

基本情報:[氏名(本名と通名)、性別、本籍、住所、電話番号]って、問題ありませんよね?

でも、人に寄っては、氏名に[本名と通名]が有る人達が居るのです。

今までは【通名のみ】で通っていた人達に、【ふたつの名が有る】ことが、会社に解かってしまいます。

この【本名と通名の、ふたつの名】が有る人達は、
本名がバレて国籍まで解かってしまいます。

だけども、この段階では、会社が内秘にしていたら、今までと変わりません。


■問題は、次のステップの【銀行と繋げる】時です。

銀行にも、顧客とマイナンバーカードの照合義務が発生します。


この時から、銀行へのマイナンバーカードの氏名は、本名登録となります。

一般生活で【仮名や通名】を使うのは構いませんが、銀行や公的機関では【本名登録】となります。


■ですから、[マイナンバー制]で最初に困る人達が【本名と通名を持つ人達や二重国籍の人達】です。

すでに彼等は、マイナンバー制廃止を必死で訴えています。

『日本国籍を取得しよう』と必死なようですが、簡単ではありません。

二重国籍者は、22歳になる前までにどちらかの国籍を選択しなければなりません。(日本国籍法)

この時、相手国の[国籍離脱証明]が必要になります。

さらには、人格や思想などの厳しい条件があります。

簡単には日本帰化出来ないのです。


■まずは、こうした問題が起きます。

マイナンバー制の隠された狙い(他国籍の人のあぶり出し)と言われていますが、私はそうは思っていません。

その次には、日本人に負担が来るステップが準備されているからです。




【まずは、分散管理型を取り、ゆっくりと一元化に進む】

■[分散管理型]とは、今現在でも行われているものです。

社会保険は、社会保険番号

失業保険は、雇用保険番号。


銀行預金は、個々の銀行預金番号。

学校の学籍簿は、生徒の在籍番号。

レンタルビデオは、ビデオ店独自の管理番号。

・・等々、

私達は、あらゆる処で【個々の番号】を持っています。

それ等を知っていながらも不安を感じないのは、そのどれもが独立した個別管理だからです。

これが[分散管理]です。


■現時点での政府見解は、[分散管理]を示しています。

『ならば、安心だ!』と、思われないことです(笑)

その次があるのです。次の次があるのです。


やがて必ず、この[分散管理]は【一元管理】へと向かいます。

最初は、個々の分野の塊(かたまり)で[分散管理]にさせて置きます。


■例えとして、[あじさい]の花を思い浮かべて下さい。

あの[あじさい]の花の塊が[分散管理]のひとつです。

でも[茎や根っ子]では繋がっていますよね。

見掛けは[あじさい]の花のような形ですが、あじさいが茎や根っ子で繋がっているように、[分散管理]は必ず【一元管理】へと向かいます。

政府に、そのつもりはなくても、そうなります。

【銀行】を含めた民間に、[マイナンバー]を義務化した時点で、個々のバラバラの塊(かたまり)は、くっつき合いながら集合します。


■ましてや、『スーパーにマイナンバーを』と言う、恐ろしく無知な人達が居るのです。

信じられない言葉であり、【個人情報のダダ漏れ】に為ることが、理解出来ないのでしょうよ。

そうした人達に寄って、日本の[マイナンバー制]は始まりました。


財務省はじめ各省庁は楽になるかも知れませんが、国民の負担は増大し、自由はどんどん失われて行く事でしょう。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [政治・経済] | 2015.10.18(Sun) PageTop

◆【知人と顧客】人生の途上で巡りあった人達は偶然では無いので、一日一生の思いで接することと自覚した。


【フリーマーケット】

先程フリーマーケットから帰って来ました。

もう10年以上行ってなかったのですが、道を歩くだけで昔馴染みの人達が声を掛けて下さいます。

嬉しいですね。 ^ ^


■ある店に入ると、私の目的商品が山積みでした。

(・・これは凄い!久し振りの掘り出し物だぞと、夢中で漁っていました(汗)

ふと、後ろを見ると、見覚えのある人です。

「あんた!もしかして!?」

『今頃気が付いた(笑)。ワシは社長(まだ、こう呼ぶ人がいます)が入って来た時から気付いてたんだけどねぇ』

「いゃぁ、何年振りかな。10年なんてもんじゃ無いよね」

『随分になるなぁ。。それより社長、前みたいに全部持って帰れよ

「・・いや、今は、以前みたいに行かないんだよ」

『いいからいいから、金額は社長が決めていいから、全部持って帰れよ』

・・と言うことで、急遽、息子に電話して『OK』

店の中の私の分野の商品、ゴッソリ頂きました(汗)


■金額を提示すると、『それでは社長が困るだろう。そんなに要らん』で、妥当な処で落ち着きました。

それでも『無理しなくてもいいんだよ。商品持って帰って確かめてからで構わんから。全部持って帰って、お金は後で良いから』と言われます。

10年以上振りの再開なのに、信用貸しでも構わないと言うのです。

そうは行きませんので、「このあたりで行こう」と金額を決めました。


■その様子を見ていた店の人達は、終始笑い顔(汗)。

私が名刺を渡すと、真顔で驚かれました。

『社長さん!私、以前お世話になった○○の妻です。こちらは子供と母親です』

『夫は昨年亡くなりましたので、時々この人に店を手伝ってもらっています』

「えっ!○○さん、亡くなったの!?」

私は驚いたのですが、すでに、ご家族は落ち着かれていました。

そんなこんなで、ご主人や手伝い人と旧知の仲だと解かり、『社長さん!ウチの店も協力しますよ!』と言って下さいました。

嬉しい日でしたね。

たまには、こんなことでもないと(笑)


私が40代半ばまで、付き合って来た人達は会社経営者や自営業者でした。

その数は、万単位です。

40代半ばから小売店舗を構えて、20年経ちました。

その間に知り合ったお客もまた、インターネットを含めたら万単位です。

とてつも無い数の人達との縁を頂きました。


そして一時期離れていても、こうして再開することがあります。

昔培った縁は、未だに生きていました。

それが、とっても嬉しいです。


■ちなみに、『前みたいに全部持って帰れよ』の裏話は、以前の私はそうした事をしていたからです(汗)

探すのに時間が掛って面倒なので、いつも「まとめて全部買う」と言っていたからです。

ですから、【私の登場=全品買上】でした(笑)

それは店側にとっても、私にとっても、相互に利するものでした。

店側にしたら安くはなるけど、売れ残りゼロになるので安心して買い付けられます。

私は安く仕入れられます。

県内のあちこちの業者と、そうした関係を築いて来ました。


【仕入れを惜しまない】、【仕入れ業者との絆は強く】が、昔も今も私の基本です。


ですから、俗に言う「私が通った後は、ペンペン草も・・」です(笑)

半分冗談ですが、そのような噂も耳にすることも(汗)

でも、お客から見たら、それすらも【本気度】の目安になるようですよ。




【映画:UFO学園の秘密】

■お客と言えば、先日、こういう事もありました。

10/10日に映画を観ました。

だけども、会場設定に不満があり(笑)、「なんとかしなくては」と管理事務所に駆け込みました。

「上映中の映画、なんとかしてくれ!」と、声を出しながら事務所に飛び込みました(汗)


■そしたら、『店長(これまた今でもそう言われます)じゃないですか!?どうしました?』と言われます?

事情を話したら、『別の処へ頼んで下さい』との事で、諦めました。

すでに、その[別の処]に駆け込んで、『今日は担当者が休み』だと聞いていたからです。


『驚きましたよ。いきなり店長が駆け込んで来るのだから』

「・・あの、・・あなたは?」(汗)

『店長の処に行っていた○○の職員ですよ』

「ああ!そうか!そうだったのですか。思い出しました、ごめんなさい」

「で、今はこちらの管理者さんですか?」

『そうなんですよ。で、店長。映画で何かトラブルでもあったのですか?』

「トラブルじゃないけど、設定に問題があるので、変えられるものなら変えようと思って来たのだけど、ダメみたいなので諦めます」


『・・あの・・店長。その何かの不都合は、私達の責任でしょうか?』

・・青ざめた真顔になって居られて、驚きました。


「こちらは貸出側ですので関係ないです。何等の責任はありませんから心配しないで下さい」

「余計な話を持ち込んで、ごめんなさいね」


「映画のすべての責任は私達にありますし、もっと言えば映像技術を持っている私の責任です」

『店長、詳しいですからね』

「私が最初から関与していない事が原因ですので、何等かの苦情が来たら、私に連絡するようにと伝えて下さい」

『あの・・何かの苦情が来そうなのですか』と、とっても不安顔にさせてしまいました(汗)

「大丈夫ですよ。何も無いと思いますよ」

「ただ私は、最高の映画を、最高の状態で観て頂きたいだけです」

「私の拘(こだわり)方が半端でない事は、ご存知でしょう(笑)」

『店長は専門家なので、よく分かりませんが、こちらに苦情が来ることはありませんよね』・・と、非常に気にされていました。

私が、そうさせてしまいました(汗)

「大丈夫です。心配掛けさせて、本当にごめんなさい」


「そうそう、今観て来たばかりだけど、かなり面白かったので、観られたら如何ですか?」

『私は仕事中なので、ここから出られないのですが、なんで?店長が幸福の科学さんと?

「私は、20年前から幸福の科学の信者ですよ」

「絶対におかしな処ではありませんので、暇な時、映画を観て下さいね」

『おかしな処とは、とんでもない!思ったこともないです』

『ただ、「幸福の科学です」と入られた時、なんで店長が?って、思ったのですよ。ビックリしましたよ』

『そうですか、店長さんが信者さんだったのですか。それなら時間がある時を見て、映画を観ましょう』

『店にもまた行きますからね』

・・って話になりました。


正直言って話は合わせていましたが、突然には思い出せませんでした(汗)

話しながら、思い出しましたけどね(汗)

(こんな所にも、知人が居るんだ・・)と、嬉しい悲鳴でしたね。

そうして思い掛けず話し込んでしまって、映画の不具合は諦めました。


不快に思われた方、ほんとうにごめんなさい。m(._.)m

私達も努力はしていますが、今回ばかりは映像に詳しい私が関わって居りませんでしたので、ピシッと決まった映像でお見せ出来ずに申し訳ありません。

もし、『もう一度、完全なものを見たい』とのご要望がありましたら、山口県内の各支部にお申し出下さいますか。 m(._.)m




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連記事
Theme [映画情報] Genre [映画]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [人ありてこそ我あり(自分記)] | 2015.10.17(Sat) PageTop

◆日本文化を知らないユネスコ記憶遺産のデタラメさ!


【余談】

当ブログは、私個人で書いていますが、堰を切ったように書いている場合は、結構書かされている(笑)時もありますね。

過去記事を見ながら、そう思います。

書く時は、(自分で考えたもの)と思っているのですけどね(笑)


■机の上を整理していたら、いろんなメモが出て来ます(笑)

殆どは、時間の経過と共に必要ないものなので、ゴミ箱行きですけどね。

思い浮かんだ言葉をメモしている中に、時折こんなメモがあります。

2015-10-15-2.jpg

書いた本人が、見て納得しています(笑)




【父親の写真アルバムより】

①昭和12年兵:甲種合格一同
昭和12年兵:甲種合格一同-2

②娯楽室前で
娯楽室前で-2

③父親アルバムより
父親アルバムより-2


この写真と、以下の[中国の証拠写真]と比較してみて下さい。

2015-10-15-1.jpg 

偽物と判ると思います。




【日本人にとっての斬首は神聖なものであり、見世物ではない!】


■江戸時代の日本人にとっての斬首は、【切腹介錯】と【打首処刑】がありました。

どちらも神聖なものとされ、介錯人も処刑人も【正装】で行われます。

この写真の説明にもあるように、【軽装】では行われません!


■また斬首は、【死に行く人を苦しめさせない為のもの】で、残忍に見えても実際は、死地に赴く人達への思いやりが含まれています。

切腹斬首は、武士としての誉れでもありました。

切腹と同時に、介錯人が『ごめん!』と切腹者を苦しめない為に斬首します。

そしてその場は、神聖なのですよ。


ですから、絶対に!このような【見世物】ではありません!

神聖さのカケラも無いですよ!


ちなみに、一部の超極悪人達が、市中引き回しや磔獄門の扱いを受けました。


■そうした江戸時代以前の武士道精神は、死は神聖なるものでありました。

その精神は、太平洋戦争に於いても生きています。


こうしたデタラメ写真をもって、ユネスコが公式なものとするならば、あまりにも日本文化を知らないと、断言せざるを得ません。


(もうすぐ電気工事で停電になりますので、今日はここまで m(._.)m)




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題] | 2015.10.15(Thu) PageTop

◆【中国がユネスコを政治利用!】中国の南京大虐殺ユネスコ記憶遺産登録に異義あり!


【余談:ありとあらゆる全てのものに[波長同通の法則]が働いている】

本日より、映画[UFO学園の秘密]が始まりました。

私も初めて見ましたが、正直言って「我が意を得たり」でした。

この映画の奥には、地球の現在までに至る経緯と、地球人類の【未来の選択】があるようです。

・なぜ?今?宇宙なのか?

・アメリカ・ロシア・中国と、宇宙人との関係は?

・裏宇宙って?

・人類との関係は?そもそも地球人類とは?

・宇宙人を味方にするには?

等々、現在地球上で起きている事象がなにゆえか?が、お解かり頂けるかと思います。

かつてSF(Science Fiction)と呼ばれていたものが、次第に現実化しています。

UFOや宇宙人に興味のない方でも、生きている人間が発する【波長】と同通して引き寄せるモノがあるのだと、ご覧頂けたらと思います。




【南京事件を世界記憶遺産登録とは歴史の捏造!これで日本人が大虐殺をした世界史になった!】

なぜ?そこまで中国がするのか?は、今回の映画を観られたら、お解かり頂けることでしょう。

それは裏事情であり、表事情はこうした現実となって現れます。

[幸福実現党]は従軍慰安婦登録を阻止しましたが(決定的な証拠と反論文書)、残念ながら南京大虐殺登録阻止には至りませんでした。


------------------------------------------------------------

【幸福実現党:マスコミリリース】

中国による「南京大虐殺」資料のユネスコ記憶遺産登録に抗議する(党声明)

本日、下記のマスコミリリースを発表いたしましたので、ご報告いたします。

-- 中国による「南京大虐殺」資料のユネスコ記憶遺産登録に抗議する(党声明) --
2015年10月10日 幸福実現党


このたび、中国が昨年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)記憶遺産に登録申請した「南京大虐殺」と「慰安婦」に関する資料が審査され、「慰安婦」資料の登録は見送られたものの、「南京大虐殺」資料の登録が決定しました。

虚構の歴史を後世に事実として伝えることになりかねず、断じて容認できません。

中国がユネスコを反日宣伝の場として政治利用するなか、わが党は登録阻止に力を尽くしてまいりました。

本年4月には、全国から寄せられた19万筆以上もの反対署名を安倍晋三首相宛てに提出し、政府に万全の対応を求めたほか、これまで4回にわたって反論文書を作成し、延べ100名を超える国内外の有識者の賛同を得て、パリのユネスコ記憶遺産事務局に申し入れを行ってきました。

こうした働きかけが奏功してか、「慰安婦」資料の登録が見送られたことを是としますが、「南京」資料の登録を認めたユネスコの不見識は看過できません。

反論文書で指摘してきたように、中国の申請内容は真正性を欠いており、歴史の捏造にほかなりません。

このたびのユネスコの決定は、中国の反日宣伝に加担したとの誹りは免れず、「人の心のなかに平和のとりでを築かねばならない」と謳うユネスコ憲章の理念にも反しています。

ユネスコに対して登録の撤回を求めるものです。

登録撤回に向け、日本政府には、ユネスコに対して分担金などの拠出停止も辞さない強い姿勢で臨むよう要請します。

「慰安婦」資料の次回登録を目指し、今後、中韓などが共同戦線を張るとの情報もみられますが、戦後70年を経て、わが国の名誉回復のために、政官民の連携強化によるオールジャパンでの取り組みを呼びかけるものです。

なお、歴史認識を巡って近隣国による反日攻勢に正当性を与え、わが国を守勢に立たせているのが、自虐史観に基づく河野・村山両談話の存在です。

先の「戦後70年談話」で安倍晋三首相が両談話の歴史認識を踏襲した以上、わが党こそが、両談話の白紙撤回はもとより、日本の誇りを取り戻す旗手たらんとする決意です。


【追加記事:リバティWebより-2015.10.11.】

◆ユネスコ記憶遺産 中国の「歴史ねつ造」追及 「南京」が記憶遺産に登録 安倍談話の実害明らかに(The Liberty Web より)
http://the-liberty.com/article.php?item_id=10291
10291_l.jpg 




【記憶遺産登録の背景には、安倍70年談話があった】

■[幸福実現党]の声明文にあるように、今回の中国の無謀な記憶遺産登録の背景には、安倍総理の【歴史認識を踏襲する】があります。

[幸福実現党]は、このような事態を想定して【村山・河野談話の破棄】を訴えて来ました。

多くの署名や賛同者も集めて、安倍総理に【村山・河野談話の破棄】を申し入れたが、聞き届けてもらえませんでした。

安倍総理の日和見的な政治姿勢には、同郷の者として恥じ入ります。

これで日本人は、【南京で30万人の人を殺した人種】となってしまいました。

私達日本人は、大虐殺のDNAを持つ国民にされたのです!



 
【安倍70年談話は出すべきではなかった!賞賛した知識人達は、この事態の責任を取るべく行動を!】

主語の無い【安倍70年談話】は、意味不明なものでした。

読めば読むほど、何が言いたいのか解らなくなるように作られていました。

【八方美人談話】であり、【悩乱談話】でした。

その姿勢が、今回の中国の動きとなったのは明白です。


■また、知識人や有識者と呼ばれる人達の中にも、【安倍70年談話】を賞賛していた人達も居られます。

賞賛・絶賛した人達は、今回の事態を重く受け止めて下さいね。

素人の私でも予測し得た事態ですので、プロのあなた方が予測出来ないはずがありません。

今後は【登録撤回】に向けての、お力を出して頂けますよう、お願い致します。


■また、【登録撤回】は、いろんな処でしがらみのある既成政党では無理でしょうね。

おそらく、それが出来るのは[幸福実現党]のみでは?

国民の皆様は、今件の事も、今件に関して[幸福実現党]が必死で動いていた事すら、ご存知ないものと思います。




【マスコミは、なぜ?事前報道をしなかったのか?議論番組を作らなかったのか?】

『知らなかった』とは、言えませんよ。

知っていたのに報道せず、知っていたのに議論番組も設けずにいたのは、なぜでしょうね?

中国が為そうとしていた記憶遺産登録を、意図的に【国民目線から隠していた】としか思えません。

それはまた、マスコミ自体の信用力を、さらに落とすことになるでしょう。


■マスコミに登場する【言論人】も同じです。

私は、いろんな議論・討論番組で、この【中国が記憶遺産登録しようとしている】の言葉は、誰からも聞いたことがありません。

彼等もまた、なぜ?語らなかったのでしょうね?




【幸福実現党、ユネスコ記憶遺産への登録申請に反論文書を提出】

[幸福実現党]は、必死で反証していたのですが、その声が国民に届くこと無く終わりました。


◆幸福実現党が緊急反論 やはり、中国の資料は「大虐殺」「強制連行」を示していない - ユネスコ記憶遺産 中国の新しい申請書を入手! 戦後70年 日本の誇りを取り戻そう
http://the-liberty.com/article.php?item_id=10190


◆ユネスコ記憶遺産への登録申請に反論文書を提出・記者会見【抜粋版】
https://youtu.be/TDGd8hB1vjM


この反論文書の提出・記者会見で、【従軍慰安婦登録は見送りになった】と思えます。

だけども、中国が主張する【南京大虐殺】は、証拠資料の開示も無く登録されてしまいました。




【今回の件で、やがてユネスコは大恥をかくことになる】

■当時の南京市民は20万人だった処に、どうやったら30万人も殺せるのか?

日本軍の南京入城後は、南京の人口は25万人に増えている。

もし!日本軍が30万人大虐殺をしていたら、人口が増えるはずも無い!

単純計算すれば、当時の南京には55万の人口があったことになるのだが?


■さらには、30万人の死体をどう始末したのか?

死体の腐乱で、南京は廃墟と化したはずだ。

だが実際には、人口が増えている!

おかしいではないか!

ユネスコや日本政府は、その説明を中国から受けているのか?

密室会議で決められたら、【嘘でも事実にされてしまう!】という典型例だ!


■私の父親も、この時の南京には軍医として入っていた。

父親からは、『南京では、民間人に化けた中国兵と小さなイザコザがあった程度』と、聞かされている。

『ワシ等は、そうして負傷した中国兵をも治療した』とも言っていた。


実際に、その時の様子の写真があったのだが、無くなって居るのが残念だ。

その写真には、父親達と中国人達が一緒に並んで写っていた。

とてもとても、戦地とは思えない光景だった。

もしも鬼畜日本兵だったら、日本国軍人と中国民間人が並んで写るなど、あり得ないだろうが!


その風景のどこにも、腐乱死体は転がってはいなかった!

そうした証拠写真が、今になって役に立つだろうに、残念でならない。

ただし!私の脳裏には焼き付いている!


そうした写真は、今も日本の家庭のどこかに眠っていると思えます。

それらは、【南京大虐殺は無かった証明】に成り得るので、ご親族が南京居られた古い写真がありましたら、大切に保管して置いて下さいね。

[自民党]が、この【ユネスコ記憶遺産登録】と本気で向き合うとは思えませんので、[幸福実現党]が国民政党になるまで大切に持って置いて下さいね。


安倍総理!


自民党!

私達を、戦争犯罪者の子孫として何とする!

政権与党ならば、何としてでも【撤回】させよ!




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連記事
Trackback [0] | Comment [2] | Category [政治・経済] | 2015.10.10(Sat) PageTop
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【日本の過去・現在・未来】見えない処で貢献して来た幸福実現党以外、日本の再起は望めない Oct 19, 2017
【知らせない自由?】マスコミの黙殺権は、左翼貧乏思想の現れ Oct 16, 2017
【選挙妨害】幸福実現党v s 創価学会の場外乱闘! 学会による選挙妨害? + α Oct 13, 2017
【NEVERまとめより】もし幸福実現党が政権を取ったらどうなるか?その衝撃の未来がやばすぎる件 Oct 10, 2017
【比較検証】自民党は幸福実現党の政策を次々と採用!? Oct 09, 2017
【衆議院議員選挙公示間近】政党の政策から見たら、あれっ? Oct 08, 2017
【幸福実現党の先見性】8年前の幸福実現党後援会用パンフレットを再確認 Oct 02, 2017
◆【幸福実現党こそが真の未来を築く】国難(選挙)は、2009年から幸福実現党が言い続けて来た言葉だ! Sep 29, 2017
◆【不正選挙?疑問の残った開票現場!】4年後に再検証させて頂く為に、事実を正確に書き記す Sep 29, 2017
◆【疑問の残った開票現場!】4年後に再検証させて頂く為に、事実を正確に書き記す Sep 29, 2017
【神様が来た!】戦後最も危険な時期に来られたのは、地域を護る意味があるのだろう Sep 26, 2017
北朝鮮危機に本気で向き合う幸福実現党に、フランス国営放送が取材に!そして放送! Sep 16, 2017
◆【あなたは、ご存知だろうか?】中国(習近平)、幸福の科学/幸福実現党、マスコミは、何を考え、何をして来て、何をしていて、何をしようとしているのか?【過去記事移動】 Sep 16, 2017
【なにだぁ?これは!】北「日本を核爆弾で海にぶちこむべき」と非難 Sep 15, 2017
【ショック!】外国の人から「日本は2度目の無条件降伏をするのか?」と、言われた! Sep 10, 2017
【お知らせ:山口県民の方々へ】大川隆法総裁の特別大講演会『人類の選択』が FM山口で放送されます。 Aug 31, 2017
◆【白龍?】空の雲を見ていると、いろんな形に変わるのが面白くて好きだ。だが、天候との関係は如何に? Aug 07, 2017
迷走台風5号は、日本国民への神々からの警告か? Aug 06, 2017
大川隆法総裁 講演「人類の選択」 Aug 03, 2017
◆【いじめを無くそう】人は感性(勝負)→知性(損得)→理性(善悪)→悟性(神仏への愛)と成長する Jul 29, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m