◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【極寒の日本】空気も寒いし経済も寒いが、日本人の心は寒くはないか?


只今、店舗の移転中。

・・と言うことで、言いたいこと一杯あるけど、暇を見て(笑)




【道はひとつならず、また遠回りするも良し】

■まず、移転費用と新規事業のための借入は【不可】だった。

だから、その時の為のコースから始める。

私にとっては、前提条件が変わっただけだ。

私は、この場合はこのステップで、別の場合は別のステップでと、常に幾通りの想定はしている。

ひとつの道が閉ざされても、少々遠回りになっても【目標点】には行く。


---------------------------------------------------------

【お金は使われ方次第で、良貨にも悪貨にもなる】

■ただ、驚いたのが、今回の息子の借入を、傍で見ながら感じたものが、私が50年間見て来たものと、【何等も変わっていない銀行の姿】だ。

例えば以前は、【お金が不要】の時に、[国金(現:日本政策金融公庫)]から、申し込んでも居ないのに【借入申込書】を送って来ていた(笑)

銀行は銀行で、支店長自らの訪問で【借りてくれ】と、頻繁に来られていた。

その理由は、無借金経営で、銀行預金があったからだと思う。


■「不要でも借りて置け」との先輩達からのアドバイスもあって、借りては居たが、そのままま定期預金にして居た(笑)

銀行等への【借入実績】を作って置く為だ。

当時の銀行や国金は、大きく分けて借入実績(返済の滞りがないか)】、【担保抵当】、【信用できる保証人】を見て居た。

それをクリアした企業には、貸出しをして居た。


---------------------------------------------------------

■父親の時も同じだ。

銀行が付き纏って「借りてくれ」と言って居るのを、中学生だった私も、目の前で何度も見て居た。

父親は、今の額にして1億円以上の額を、【容易に(無担保、保証人のみでOK)】銀行から借りて居た。

残念ながら、機械や工場が動き始める直前で亡くなった為、父親が目指していたものを目にする事は無かったが・・。


父親は、しばらくは、私の夢の中に出て来て居た。(笑)

無言で、穏やかに微笑んで居るだけだが、私にとっては、夢とは言えども心強い父親だった。

仕事が軌道に乗り始めた頃から、パタリと夢に出なくなり、その後50年間出て来ない(笑)

とっくに父親の歳は超しては居るのに、不思議に父親は父親だ。

1-3.jpg 

※ 父母の初公開(笑)、後ろに居るのは妹と思うので、おそらく父親が亡くなる2年前の頃で、写していたのは私かも知れない。
また、この写真のように普通の時の母親は、とても穏やかだった。


---------------------------------------------------------

■私としては、この頃の銀行が裏飯屋(笑)

何度も、【銀行が貸さなかったら良かったのに】と思ったものだ。

「借りてくれ、借りてくれ」と来るので、父親も乗せられたのだと思う。

そして、設備投資⇒稼働の直前で亡くなった。

だから、その銀行借入を返したのは、20代の私だ。

それも、父親の事業ではなく、全く新しい事業(今では普通に全家庭にあるもの)を始めたからだった。

父親が計画していた事業は採算が合わず、6年で見限り、やめた。


■これは、父親もだが、銀行貸付側にも問題がある・・と、私は今でも思っている。

なんたって、父親を焚き付けたのが銀行だったのは、私がこの目で見ているからだ(笑)

それも、当時の額で1千万、今なら1億円だ。

よくぞまあ、担保も取らずに貸したものだと思う。

おそらく、父親自体もそうだが、親戚・親族達に事業家や政治家達が沢山居たからだろうと勝手に思っている。


---------------------------------------------------------

それから約半世紀の今は逆だ(笑)

だが、銀行や国金(現:日本政策金融公庫)の考え方は、昔と何も変わっていない。
http://www.jfc.go.jp/

簡単に言えば、【絶対確実なところしか貸さない】と言う点だ(笑)

はっきり言って、父親の件を含めて、【先見性】が無さ過ぎる。


■昨日(12/17)、「断りの理由」を聞いたら、50年前のままだった。

書類のみで、全体像を全く見ていない。

呆れてモノが言えないが、言った(笑)


■以下の会話は、相手の許可を得て、載せている。

「これって、社会問題ではありませんか?」と、言ったトタンに無言になられた。

「若者がベンチャー企業を始めようとしているのに、あなたには、その全容が見えていないでは?」

「今件は、未来を担う息子を前面に出したが、バックに居る私達の存在を無視されては居られないか?」

「私としては相棒達の力をアテにしたくないので、息子に申し込ませたが、相棒達の実力は調べたら分かるはず。そこまで調査されたのか?」

「それどころか、あなたは私を追い出して、私の話を一切聞こうとされなかったではないか」

「この計画は、申し込み時に全体像を伝えている。恩人である相棒の命に関わるものなので、私も本気なったと伝えてあるはず」

「あなたは人の命を、どう思われているのか?」・・と、思わず口に出てしまい、すぐに取り消して謝った。
「ごめんなさい。その言葉は出してはいけなかった。申し訳ない」と。

「だが、それだけの準備と覚悟を持っての事だと、ご存知だったのか?」

等々を語り始めると無言になり、「聴いていますか?他の仕事されて居るのですか?」、と言うと『聴いています』と返事が来る。

最後に、「厳しい事を言いましたが、申し訳ございませんでした」

「私達は、確実に、もう10年は続けます」

「ですから、またお願いに行くかも知れませんが、その時は、よろしくお願いしますね」

・・と言ったトタンに、『よろしくお願い致します!』と元気な声になられた。


---------------------------------------------------------

■私が、この担当者に言いたかったのは、【書類審査だけでボツにするのでは無く、本気で現場に出向いて確認しなさい】だった

かつての銀行は、そうした事は怠らなかったが、今は違う。

殆どが【書類審査】だ。

こんな事では、貸出事業も何もあったものではない。

やがて銀行は、貸出ノウハウも解からなくなり(すでに解からないようだが・・)、統廃合が進むだけだろう。


■今回、融資を受けられていたら、3店舗合同事業になるはずだった。

それぞれのオーナーは、その程度の額なら出してくれるが、敢えて私は拒んだ。

あくまでも息子の為の事業なのだから、そう簡単には息子を甘やかせたくなかったからだ。

息子にとって、経営者が「お金を借りる」には、どういう苦労を供なうのかを知るには、良い機会だったと思う。

だから私は、「不可の時は、こうして進む」と、とっくに計画は練ってあるので、まずはその方向で進む。

そして、【わたし、失敗しないので】だ(笑)


---------------------------------------------------------

■このように、安倍政権が強く掛け声上げても、現場は何も変わってはいない。

第一の矢の、ジャブジャブのお金は、殆んど【市中には降りてはいない】

私は、これこそを問題視しているのだ。

たまたま、こういう機会になったので、久し振りに金融現場を見たが、20年前より劣化しているように思えた。

すでに、銀行も国金(現:日本政策金融公庫)も、見た目には官僚化している。

卓上で、現場を見ずして、書類のみを見て居る。

そんな事で、日本の景気が良くなるわけが無い。




【日本の異常気象は、今後の日本人としての価値が試されている】

■[爆弾低気圧]とは、1日で25hp下がるものを言うらしいが、現在、北海道付近にいる低気圧は、【倍以上の50hp以上】だ。

それも【選挙が終わったトタン】に発生した。

当然、偶然だろう(笑)

不順天候のせい、エルニーニョのせい、地球温暖化のせいだ(笑)

とは行かない。


今の異常気象は、地球神の【怒りの炎】だ。

海水が熱くなり、火山活動が活発になっているのも、日本人はもちろん全地球人に対しての【無言の警告】だ。

【警告】を受けて居る間は、まだ良い。

やりなおせるチャンスがある。


■私も似たような処がある。

(叱られている内は、まだ、自分の事を案じてくれている。叱られなくなったら、見放された)と、家族や親戚達も思っているらしい。

概ね、当たっているかも(汗)

私が怒る事は滅多にないが、叱る事はある。

そして叱らなくなった時は、諦めている事が多く、何にも言わない。何にもしない。

それが『見放された』と思うようだが、そうかも知れない。

弟も、『兄貴が叱っている間は大丈夫。叱らなくなった時が怖い』と言っていた(汗)

そして私が、まったく叱らなくなった頃に、自殺未遂をした。(奇跡的に助かった)

弟は『兄貴から見放された』と思ったようだし、私としても限界だった。


だからこそ言いたい。

【警告】を受けている、叱られている内が華だ。・・と。

何に対しての警告かは、【神々からの警告】だから、神々への信仰心だ。

それも本物の信仰心だ。

偽者の信仰心、適当な信仰心、間違った信仰心は、神々には通用しない。

今、そうした人達に、神々や地球神の怒りの矛先が向いている。


[幸福の科学]は、そうした神々の怒りを静めて、現代から未来へと橋渡しをしようとしているし、これまでもして来た。

[幸福の科学]には、現代が現代で終わらないようにと、現代から未来へ繋がるようにとの、役目がある。

それが[幸福の科学]の役目だから、そうしている。

信じる信じないは勝手だが、この30年間の[幸福の科学]が為して来た事を振り返って見れば、自ずと解かると思う次第。


1-1.jpg 
※ こちらは母親の父(私の祖父)が建てた神社での恒例祭。
100年近いが、今なお続いている。

このように私は、母親の信仰心と、父親の大きな包容力の中で育った。

父の歳は越したが、まだまだ父を超えた感じがしない。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ

関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題] | 2014.12.18(Thu) PageTop

Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【白龍?】空の雲を見ていると、いろんな形に変わるのが面白くて好きだ。だが、天候との関係は如何に? Aug 07, 2017
迷走台風15号は、日本国民への神々からの警告か? Aug 06, 2017
大川隆法総裁 講演「人類の選択」 Aug 03, 2017
◆【いじめを無くそう】人は感性(勝負)→知性(損得)→理性(善悪)→悟性(神仏への愛)と成長する Jul 29, 2017
音楽等の整理 Jul 24, 2017
◆吹田晃氏が亡くなった。。お世話になりました。ご冥福を祈ります。 Jun 21, 2017
【冗談話】安倍総理の70年談話前に各国に謝罪する。(2015年8月の下書き) Jun 21, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト全編】 1963年~1967年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト①】 1963年~1964年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト②】 1965年~1967年(画像による順位表) Jun 07, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう May 31, 2017
◆【他人が作れないレシピを考える】まずは一から出発・再出発できる有り難さ、白紙に描く喜びを知ろう。 May 13, 2017
◆【超音波と衝撃波】NHKは地上の原発の安全性を立証したことになる(再掲載) May 12, 2017
◆【草と忍者(続き)】現代の草と忍者は暗闇世界の使者。光の世界の拡散を妨げることで己の居場所の確保をしている。 May 11, 2017
◆【異常気象は天意の証】無神論者・唯物論者が、日本と世界を滅ぼす(再掲載) May 10, 2017
◆【素晴らしい国:日本】欧米やアメリカ大使館の御方へ。安倍総理の靖国神社参拝は、どこの国でも、ごく、当り前の事ですよ。 May 09, 2017
◆【善い話・怖い話(笑):悪霊退散!台風迂回!】ここ数日の奇妙な出来事(再掲載) May 08, 2017
◆インド、ネパールで、日本に産まれた〔再誕の仏陀〕が説法。インドでは5万人集会で大騒ぎ!(再掲載) May 07, 2017
◆【危機を防ごう】マヤの予言危機を回避しよう(再掲載) May 06, 2017
◆この世の救済も大事だが、【魂の鎮魂】も、とても大切なことだ May 05, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m