◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【雑感】能動型と受動型。


【記憶するより、理解する】

■店舗移転をし(まだ完全では無いが・・)、いろいろ見えて来るものがある。

インフルエンザから1週間振りに復帰した息子。

共同経営者の友人から、毎朝の開店時の[機器起ち上げの手順]を習っていた。

以前にも、この手順を教えて置いてくれて居るのだが、徹底する為だ。

女性従業員に、何度教えても出来ないらしく、息子に任せる為だ。

だが息子もまた、私と共に以前にも教わっているのだが、憶えていない。


■結局、[起ち上げ時エラー]が出て、あれこれしていたが、私には原因は解かっているが、息子達が【どうするのか】を黙って見ていた。

原因は単純だ。電源を入れる手順として①②③としなければならないのを、この順番通りにしていなかった。

こうした単純な事でも[起ち上げ時エラー]が起こる。


■このような場合、単に手順として①②③を憶えるよりは、【どうして①②③なのか】をl理解した方が良い。

例えば、水道には[元栓]がある。

手順とすれば、①元栓 ⇒ ②水道コックだ。

これを逆にしてしまうと、②水道コックを開けたまま①元栓を開けば、一気に水はドバーと出てしまう。

水浸しだ(笑)


電子機器も同じこと。

特にデータを扱う機器類は、水道だったら水浸しになるように、順序良く通電しないと、一気に大電流・大量情報が来ると、機器自体が遮断する。

これが、[起ち上げ時エラー]になる原因だ。


■私は、息子達が②①③と電源を入れているのを、黙して見ていた(笑)

【敢えて失敗させて置く】のも、早く憶える為と、何度も間違え無い為には、必要だからだ。

そして、しばらくは【間違い探し】をさせて置く(笑)

自分達で気付くのが一番良いからだ。

見ていて歯がゆくあるが(笑)




【能動型と受動型】

■妻と息子は、典型的な[指示待ち人間(使用人型)]だ。

そんな息子を、[指示する側(経営者型)]にしなければならない。

過去、何度も教え込んで来たが、家族でやっている間は【甘え】があり、身に付いていない。

私の弟もそうだった。


例えば、[10のミッションと順序]を伝える。

『解かった』と返事をする。

「ほんとうに解かっているか?」と念を押す。

『解かってる』と返事をする。

「じゃあ、順番に言ってみろ」と言えば、答えられない(笑)

せいぜい、3~4言えれば良い方だ。


■これは、私の[伝え方]の問題もあるかと思うが、それより大切な事がある。

私の伝える事が記憶出来ないのなら、メモを取れば良い事だ。

メモもしないで記録もしなければ、記憶も出来ないのでは、仕事が上達するはずも無い。


これは、息子や弟達に限ったことではない。

例えば、アルバイト達に「今日は、これをこうして置いてくれ」と指示して店を出ていたが、大抵は3通りのタイプに別れる。

(このくらいは出来ているだろう)と、[予想通りの者]、[予想外に仕上げている者]、[予想外に出来ていない者]が居る。

[予想外に仕上げている者]には体育会系の者が多かったし、若い頃の私自身もそうだった。

彼等に「驚いたな。これだけやれば疲れただろう」と聞けば、『はい、さすがにヘトヘトになりました』と言う。

ところが、[予想外に出来ていない者]には、そういう事が無い。

会社にとって、どちらが有益な人材かは言うまでもない。


■そうした彼等の現在を見れば、一目瞭然だ。大きな開きがある。

これは[格差]では無く、[努力の結果]であり、一律平等視するには無理がある。



■[予想外に出来ていない者]には、【考える習慣の無い者達】が多く、[仕事の段取り]が理解出来ないタイプに多い。

また、体育会系の者のように【極限まで頑張る】こともしない。出来ない。


■私が若い頃は、30人程度の女工員達を雇っていたが、出来る人と出来ない人は当然居る。

だから[時間制賃金]では無く、[生産額に応じた賃金]にしていた。

今、政府は【能力制賃金】を提唱しているようだが、私は半世紀前から(笑)、そうした能力制で雇用して居た。




【弟子力は、能動的に】

■昨年末の[幸福の科学総裁の御法話の質疑応答]で、【弟子力】の話をされていた。

お優しい総裁からは、「弟子力は教えていないので、できないのは当然なのです」のような言葉を頂いた。

この言葉を、そのまま納得して受け入れた人は、意外と多いのでは無いだろうか?


■もちろん、直接的な【弟子力】の話は頂いてはいない。

だが私は、数多くの【法語】の中から、それを探し出すタイプだ。

ここにも、【受動的と能動的な違いがある】と思っている。


■私が[幸福の科学]に縁を得たのは20年近く前だが、最初の10年は[自己鍛錬の時期]と位置付けていた。

【学び即実践】と教えられているように、そのままをやって来た。


■まずは学びからなので、入信直後には支部に有る本だけでは無く、市内の本屋さんを回って購入していた。

それだけでは無く、月刊誌から何もかも、残っているバックナンバー全種を取り寄せた。

当時の過去の御法話はカセットテープなので、これも残されているもの全種を頂いていた。

ま、それだけの金銭的余裕のある時期でもあったのだが。。


■とにかく夢中で取り込んだので、どの御法話での話かはゴチャゴチャになって解らないが、エキスだけは沢山頂いた。

【学び即実践】は私の信条でもあるので、近所・近隣、家族・親戚はもちろん、店舗内のレジカウンターに書籍を置いて、お客様にも差し上げた。


『タダでもらっては悪い』と、お金を払う人もいたが有り難く頂戴した。

新刊が出る度に、そうした人達に持って行くと、書籍代金を下さる。

売りに行っているのでは無いが(汗)、そうした人達には経営者が多く、10人は居られた。

中には、『娘が[幸福の科学]に興味があるようだから、5冊程度見繕ってくれ』と言われた人も居る。


■そうした人達が、直ぐに信者さんに成られるわけでは無いが、私はそれでも構わない。

[人それぞれ]だから、とにかく【縁】だけはと思い、片っ端から付けて行ったものだ(笑)


■そうした人達が市内だけでも数え切れない程だが、私から去ることも殆んど無い。

[幸福の科学]に入信を決めたからには、私から去って行く人達が居ると覚悟はしていたが、意外とそうでも無かった。

離れて行った人達の殆どは、他宗の人達だ。

むしろ、新たな縁が出来た人の数の方が圧倒的に多い。

『あいつのことだから』と諦めているのか知らないが(笑)

[幸福の科学]に入信直後、ある友人達からは『お前が宗教創るなら分かるが、お前が宗教に入るとはな』と、大袈裟な男達も居た(笑)

だがその男達も、今では信者になっている。


こうした事は、教わったわけではない。

【盗んだ】のだ(笑)

[大川総裁の姿]を見て、自己流解釈かとは思っても、「善ければ天国、悪ければ地獄」と自分に言い聞かせて進んで来た。

どこまでも自己責任だ。

ただし、[幸福の科学]の路線から外れては元も子もないので、その点は常に意識して、仲間達と照合し合っていたし、今もしている。




【学習や仕事は、自己責任で盗み取る】

■私が結婚直後の、妻の家でのこと。

義母と娘3人が、先生の評価をしていた。

『あの先生はどうだっただの、この先生はああだっただの』と話している。

先生の好き嫌いや、教え方が良いとか悪いとかで、成績が変わるらしい?


■私にとっては、とても考えられない会話だった。

「僕は、先生が誰であれ、まったく成績に変化は無いけど?」と、話に加わった。

トタンにシーンとなり(汗)、その話題は終わった事がある。


個性の違いか?男女の違いか?解からないが、こうした事は意外と多い。

[幸福の科学]の学びでも同じこと。

[学校教材と法語]の違いはあっても、同じこと。

学ぶ姿勢が有れば、先生が代わっても、支部長が代わっても、同じこと。

受動態では無く、能動態であれば、変わらない。

やる気が出たり、引っ込んだりはしない。同じだ。


そういう意味での【弟子力】は、すでにあちこちに説かれて居る。

あのお言葉を聞いて、『ホッとした』人も居られるかも知れない。

それはそれで良いかと思うが、受動的だ。

仕事で言えば、[指示待ち人間]かも知れない。


一般的に能動的な人達は、単に仕事を教わるだけでは無く、細かな処まで盗み取ろうとする。

善い意味での[ドン欲]だ。

『与えられた仕事だけをすれば良い』と思い、習慣化している人達には、もしかしたら[盗み取る]が、解からないかも知れない。

だが、その違いは大きい。




【余談:祈りと修法】

■息子が「寒気がしてフラフラする」と言って居た頃、私は寒空の下で5時間ブッ続けで仕事をしていた。

耳が引き千切れそうな冷たさだったが、翌日朝には広告が入るので、どうしても朝まで間に合わせなければならなかった。

体が芯まで冷たくなり、手の感覚がなくなる。


(このままでは倒れてしまう)と感じた私は、心の中で祈った。

「私のやろうとしている事が間違っていないのなら、お力添いを下さい」と、必死で祈った。

すると、体がポカポカ暖かくなり始めて、寒さを感じなくなった。

感謝の想いが出て来ると、さらにポカポカと暖かくなり、そのまま外気に触れながら仕事が出来た。

心臓に不安を抱える私だが、自信が付いた。



■そうして、「あと一息」と言う頃の、夜中の12時近い頃。

友人が『息子さんがトイレで倒れた!』と、知らせて来た。

行って見ると、真っ青な顔で、大汗・油汗をかいている。


(これはイカン)と思った私は、友人に見られても構わず[悪撃修法]をしたら、息子からモワーと猛烈な熱気が押し寄せて来た。

(効いたか!)と、2度目をやっても、もの凄い熱気だ。

息子に、「もの凄い手応えだが、効いたか?」と言うと、『かなり効いた』と言う。


■そのまま救急病院に車を走らせ、深夜の診察を受けた。

名前を呼ばれて診察室に入ると、『あれ、○○さんだ!』と。

名札を見て知り合いと解かり、「◎◎さんじゃないの!・・今、ここ?」と、私を診察しようとされる(笑)

「違う違う、息子のほうだよ」と経緯を話し、体温を測ったら37.8度。

僅か20分前後で、大幅に熱が下がっていた。

(もしかしたら)と思うのが、20分前にした[悪撃修法]だ。



つい先程、その時の話を友人にしたら、拒みもせず、頷きながら納得していた。

現実に目の前で見ていたから拒みようが無いとは思うが、彼もまた[幸福の科学]の奇跡の体験者でもある。

15年前、とっくに死んでいてもおかしくない状況から抜け出した男だ。

悲惨極まりない状態から、元気になった。

そして逆に今は、私を助けてくれている。


■息子はインフルエンザだったが、元気になった。

だが、朝の職場は、私以外の者達は『コンコン、ゴホゴホ』(笑)

全員がインフルエンザに罹っていたが、不思議に私だけが罹らなかったし、珍しいことでもない。

私は病気は山ほどして来たが(汗)、外からの攻撃性のものには強く、殆どが自分の内部から創ったものだった。

その意味では、念が強いのかも知れないので、気を付けなければならないと自重している。


さぁて・・と、まだまだこれからだ。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ

関連記事
スポンサーサイト

Theme [心と身体] Genre [心と身体]
Trackback [0] | Comment [2] | Category [私事雑感] | 2015.01.16(Fri) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


No title

弟子力
弟子力については、
智慧の法講義でも同じ様な事を言われてたきがする。
つまり、支部で、
支部長は、冬でも、アイスでもおでんでも
両方売れるように・・・・・。
という内容だったが、
これを、支部長だけの話と思っていたら
とんでもない。
実は、普通の会員でも、
おでんとかアイスを冬でも夏でも売れないように
工夫しないとだめでしょうね。

2015.01.16(Fri) 08:40 | 英 [URL] | 編集 | ▲PageTop

No title

返事が遅くなって、ごめんなさい。 m(._.)m

私はまだ、恥ずかしながら、【智慧の法】を頂いても読めず、【智慧の法講義】も拝聴出来て居りません(汗)
もうしばらくは、そうした状況の中に居ますが、今はこの世的な仕事の区切りの時ですので。

暖かくなる頃には、新芽が出るかと(笑)

2015.01.20(Tue) 18:38 | phoenix [URL] | 編集 | ▲PageTop

 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【礼、智、 信、義、勇、仁、徳】仏の智慧で世界を救い導け。正義を貫き、不義に妥協することなかれ。 Apr 26, 2017
◆【目は心の窓】個性さまざま、放ち放たれた言葉 Apr 25, 2017
◆【正論、必ずしも正義ならず】義憤としての冷静な怒り Apr 24, 2017
◆【知は力】失敗を反省し、繰り返さないことの大切さ Apr 23, 2017
◆【幸福の科学:緊急霊言】追い詰められた金正恩守護霊、トランプ氏に挑発メッセージ Apr 21, 2017
◆【病原菌の正体】新型インフルエンザに思う Apr 20, 2017
◆【反省と感謝】暴風雨人生から立ち直るには反省と感謝が絶対不可欠。常態化すれば上昇階段が現れるだろう。 Apr 19, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(3) Apr 18, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(2)。 Apr 17, 2017
◆【国民の生命を護ろう!】核・水爆・EMP・生物・化学兵器に、何等の抑止力を持たない日本国 Apr 16, 2017
◆【若き頃のバイタリティは素晴らしい】大学時と共産主義者との出逢い Apr 16, 2017
◆【北朝鮮危機】今こそ日本人の本物の信仰心の試される時 Apr 15, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々。 Apr 15, 2017
◆【雨・風・雷・台風】偶然にしては、あまりにも・・ Apr 14, 2017
◆【不思議な出来事】ネットで起きた実話、夢の中で見た真実、信じられないような話・・ Apr 14, 2017
◆【驚きと得心】本物の宗教に出逢えた喜びを、体験談として少しだけ Apr 13, 2017
◆【天国vs地獄は、信仰心vs無神論・唯物論】日本国家を救えるのは無神論者・唯物論者では無い。信仰心溢れる人達こそが日本を救い世界を導く Apr 12, 2017
◆【天国vs地獄】幸福の科学に出逢えて良かった!嘘偽りの無い本当の話 Apr 12, 2017
◆「幸福の科学」の教えには人類普遍の法則が説かれている Apr 12, 2017
◆【奇病】明るい心は光と、暗い心は闇と、波長は同通する Apr 11, 2017
◆【永遠なる魂と本物の真理】創価学会員の義叔母が亡くなった。晩年の義叔母は[幸福の科学の生命の法]を大絶賛し近所の人達に見せていた。 Apr 11, 2017
◆【人生の王道】人生の終末期に起きること Apr 11, 2017
◆【10年前の私的政治思考】選択の自由には責任が伴う(2008年:幸福実現党始動前のブログ) Apr 10, 2017
◆まずは、自らを高める Apr 10, 2017
◆【信仰心は未来を見る力】何を信じて、何と縁を持つかで未来が変わり、この世の生き方で還る場所が違う。 Apr 10, 2017
◆【未来は光か闇か】光は放射する事で闇を打ち消すが闇を放射して光を消す事は出来ない。光を取るのか?闇を取るのか? Apr 09, 2017
◆【愛のテーブル】愛は光。光の放射で闇は消えるが、闇を放射しても光は消えない。 Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【自殺は悪】自殺してはいけない本当の理由 Apr 09, 2017
◆無用の用 Apr 08, 2017
◆悪にも「為す悪と為さぬ悪」があります Apr 08, 2017
◆【自殺しないでください】天上界から見たら、自殺も他殺も同じです Apr 07, 2017
◆【My Life】仮面の母 Apr 07, 2017
◆【My Life】父の死 Apr 06, 2017
◆【病魔との戦い】大量の病気、絶対治らないと言われた病気まで、全部治った! Apr 05, 2017
◆【人生相談】うつ病の母との葛藤の中、自分も同じ病に Apr 04, 2017
◆【祈願(前)の奇跡】母の極度の痴呆が、瞬時に治った。 Apr 03, 2017
◆【自分記】神さまの子? Apr 03, 2017
◆【My Life】人ありてこそ我あり Apr 02, 2017
◆【祈願】への疑問。その仕組を知り得心。 Apr 02, 2017
◆【田布施システムは嘘!】血筋より志(こころざし)(過去記事移動 + 加筆) Apr 01, 2017
◆【国防はどうした!】北に核ミサイルを撃たせるな!半島情勢の今と今後は? Mar 22, 2017
◆【未熟な現代科学】知ってるつもりの現在の科学文明、そして未来。 Mar 15, 2017
◆【公教育の質を問う】学校、先生、PTAって? Mar 14, 2017
◆【真なる改革者は在野から】既存地位のある者の中から、真の改革者は生まれていない。 Mar 13, 2017
◆【日本は世界平和貢献国】東洋と西洋の文化の交わる地、日本を思う。 Mar 12, 2017
◆【苦と霊的人生観】苦を試練として受け止めよう Mar 11, 2017
◆【成長する秤(はかり)】苦しみの限界は、さらなる限界を乗越える事で、ステップアップする。 Mar 10, 2017
◆核ミサイルの脅威から逃れるには、先制攻撃態勢も必要だろう Mar 09, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m