◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆雑感ふたつ。


雨降りだが暖かい。

大好きな春が近付いている。




【久し振りのボランティア活動】

■なかなか[いじ守]の活動に参加出来ないが、今日は市内のポスター貼りとの事で時間を付けて参加した。

1時間ちょっとだけだったが、予想外の数を貼らせて頂けた。

こまめに普段からやれば出来るだろうに(汗)


■で、お決まりの不思議な話(笑)

嫌なことに雨降りなので、(参加を断ろうかな)と思っていたが、他の人も都合悪く二人だけなので(笑)、参加する事にした。

そしたら島根県の客から「今から(店に)行きます」との電話。

20年来の常連さんなので待って居たら、久し振りに大量の商品を買って頂いた。

「安心して出掛けろ」と天のはからいか?、たった1人の買い物で現店舗の売上規模にすると2日分に相当する。

20年近くも、こうした事は珍しくなく、本当に不思議でしかたない。



■お客が帰られて、集合時間少し前に行ったら、すでに相棒が待っていた。

二人で適当なコースを通り、思いつくまま車を止めて「お願い」をすると、全部OKで、はかどった。

感謝。


■「今日はもう、この位で良いだろう。あとは私がやって置くよ」と切り上げた帰り際、相棒が『あの時間帯だけ雨がやんでたな』と言う。

言われて気付いたが、雨降りの中のポスター貼りを覚悟していたのだが、不思議に、その時間帯だけ雨がやんでいた。

これまた私にとっては珍しくも無い事だが、久し振りの外でのボランティアなので、すっかり忘れていた。

滅多に参加出来ない私でも、未だにこうして応援頂けるのかと思うと、感謝と勇気が湧いて来る。




【EUとギリシャの関係を見て・・】

EUとギリシャの経済関係を見ると、私と弟の関係を思い起こす。

何度も書いて弟には申し訳ないが、それも双方の失敗の経験として誰かの役に立つのなら、失敗が失敗で終わらないと思う。


■今のギリシャを見ていると、『金が足らない。金貸せ、金貸せ』の弟とそっくりだ。

何度も何度も『貸せ、貸せ』と迫って来る。

断ると、『死ぬ』と脅す。

弟にとっての私は父親代わりなので甘えていたのだと思うし、弟もそう言っていた。


貸せと言うからには、返すアテが無いといけない。

その返すアテが無いにも関わらず、『貸せ』と言うのは『くれ』と言っている事と同じだ。

最初から返す気が無い場合は、詐欺と同じだ。

[貸せ貸せ詐欺]だ(笑)

ただ弟の場合は、返せる見込みが無いのは解っていたので、正確には[貸せ貸せ詐欺]では無い。

『貸してくれなければ、一家心中する』と脅すのは、困るが(笑)


■弟がその言葉を口走った時は、私は激しく叱った。

「何て事を言うか!兄貴が金を貸してくれないから死ぬか!俺のせいにするのか!自分の過ちを人のせいにするな!いい加減にせい!」

「お前の『貸せ』は、返すアテの無い『貸せ』じゃないか!金を借りに来たのなら、一度でも返してから言え!」

等々、私が大声で怒鳴る事は滅多に無いので、泣き叫んで居た弟は黙る。


■そうした関係が続いていた頃、弟が来る直前には、なぜか?私は頭痛が走っていた。(私は頭痛持ちでは無い)

傍に妻がいる時も、「・・頭が痛くなって来た。また弟が来る」と妻に告げたら、その数分後には弟がやって来ていた。

頭痛持ちの弟が来るのが、なぜか?事前に解っていた。

弟の『兄貴に叱られても金が要る』の悲壮な念波を受信していたのかも知れないが、そんな事は思いもしなかった頃だ。

まだ[幸福の科学]も知らない頃の話だ。


■この私自身の甘さが、親戚一同を巻き込む事になる。

弟は、私から絞り尽くすと、矛先は親族に向いた。

親族達も、必死で弟を支えてくれた。

だが、弟の信用力では無い。

私が言うのも変だが、私の信用力があったらこそ、親族達も協力してくれたのだ。

弟の背後に居る私の信用と保証があったからこそ、弟は生き延びた。


だがそれも、一時の延命に過ぎず、根治治療には至らなかった。

根治治療をやれば出来たのだが、肝心要の弟が【自分のやり方以外の方法を拒む】。


■そして弟は、嘘に嘘を塗り固めて、身動き出来なくなってしまって、自殺直前まで行った。

一歩間違えれば、いや不思議な力が働かなければ、弟は確実に夜中の海に飛び込んでいた。

弟が飛び込む寸前に、「死ぬなよ。死んでも楽にはならないぞ」との私の声が聞こえたようだ。


■夜半に「弟が行方不明になった」と知らせが入った時、私の脳裏に「港に向かう弟の映像」が浮かんだ。

『たぶん、○○埠頭に向かっているから、そちらを探してごらん』と伝えて、私自身は【祈り】に入った。

その祈りが届いたのか、弟は寸前で我に帰り、『気が付くと目の前は真っ黒な海だった』そうだ。

弟は、そうした不思議な体験を自らしているのに、未だに一生懸命否定しようとしている(笑)



■これを大きな単位にすれば、EUとギリシャの関係とダブって見えてしまう。

ギリシャはEUに支援を求めるのなら、借りるのなら、返済計画を出すべきだろう。

EUは、ドイツ中心に支援支援。

ギリシャの態度を見ていると、『貸せ貸せ、または、くれくれ』の一方通行のようにも見える。

受け取る一方では【返済義務の無いODA】と同じだ。


■また、『支援が無ければEU脱退』を散ら付かせるのは、やめるべきだ。

それを言うなら、債務金を返してから言うべきだ。

そんな事よりも、もっと【自力再建の努力】をすべきだろう。

だが、公務員が多いと聞くギリシャは、自力再建は可能なのだろうか?

私的には、無理なような気がしてならない。


■返済や自力再建が無理な相手に、貸し続けなければならない状況は、私と弟の関係とそっくりだ。

どこかで線引の決断をしないと、どちらの為にもならない。


■ギリシャの場合、デフォルト(債務不履行)に陥るだろうが、今のままでは、いつかはその日が来る。

そして、どこからも信用されなくなる。

だから、ギリシャが信用を保つには、今現在できる努力を精一杯する事だ。

必死の努力姿勢を見せる事だ。

今だ。今こそ最大の努力が求められている。


私自身の痛い経験上から、言っている。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ

関連記事
スポンサーサイト

Theme [独り言] Genre [ブログ]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [雑感] | 2015.02.22(Sun) PageTop

Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆吹田晃氏が亡くなった。。お世話になりました。ご冥福を祈ります。 Jun 21, 2017
【冗談話】安倍総理の70年談話前に各国に謝罪する。(2015年8月の下書き) Jun 21, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト全編】 1963年~1967年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト①】 1963年~1964年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト②】 1965年~1967年(画像による順位表) Jun 07, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう May 31, 2017
◆【他人が作れないレシピを考える】まずは一から出発・再出発できる有り難さ、白紙に描く喜びを知ろう。 May 13, 2017
◆【超音波と衝撃波】NHKは地上の原発の安全性を立証したことになる(再掲載) May 12, 2017
◆【草と忍者(続き)】現代の草と忍者は暗闇世界の使者。光の世界の拡散を妨げることで己の居場所の確保をしている。 May 11, 2017
◆【異常気象は天意の証】無神論者・唯物論者が、日本と世界を滅ぼす(再掲載) May 10, 2017
◆【素晴らしい国:日本】欧米やアメリカ大使館の御方へ。安倍総理の靖国神社参拝は、どこの国でも、ごく、当り前の事ですよ。 May 09, 2017
◆【善い話・怖い話(笑):悪霊退散!台風迂回!】ここ数日の奇妙な出来事(再掲載) May 08, 2017
◆インド、ネパールで、日本に産まれた〔再誕の仏陀〕が説法。インドでは5万人集会で大騒ぎ!(再掲載) May 07, 2017
◆【危機を防ごう】マヤの予言危機を回避しよう(再掲載) May 06, 2017
◆この世の救済も大事だが、【魂の鎮魂】も、とても大切なことだ May 05, 2017
◆【ニーズよりシーズ】逆境をバネにして善き種を蒔け。 May 04, 2017
◆【団塊の世代から若者諸君へ】団塊の世代は向上心の塊/若者諸君。 May 03, 2017
◆【雑談の中に真理あり】会話こそ我が人生。 May 02, 2017
◆【知る機会を失うことなかれ】親から子へ、子から孫へ。 May 01, 2017
◆【さまざまな人生模様】素晴らしい二人の体育教師 Apr 28, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m