◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク    
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【おもいの持続ゆえか?】本を読むために眼が必要と思うと眼が治り、音楽を聴くためには耳が必要と思うと耳も回復。


今のところTVドラマの[花燃ゆ]は、ホームドラマだ。

だが、なんとなくだが、[吉田松陰、杉文]の生きる姿勢と、[幸福の科学/幸福実現党]の姿がダブって見えてしまう。

今だから、[吉田松陰、杉文]の言う事は正しいと思う人達は多い事だろう。

だが、その時点で正しいと思った人は、ドラマの通り。

少ない。

私には、当時の[吉田松陰、杉文]と、現在の[幸福の科学/幸福実現党]が重なって見える。

そうした【未来を見据える人達】が居る事だけは、確かだ。




【音楽好き、良質の音好きだった私の若い頃】

■私は、高2の春から[ポピユラー音楽]を聴くようになった。

当時のステレオ(アンサンブルステレオ装置)は、据置型で10万円(今の100万円)。

アンサンブルステレオ 

父親に頼み込んで電器店に言ったが、「買ってくれ」とは言えなかった。

「これでいいよ」と買ってもらったのが、8000円のポータブルステレオ。それでも現在価格にすれば10倍の8万円だ。

ポータブルステレオ 

画像は[一喜一憂 : 家電販売店の本音]さんより頂きました。(無断拝借御免)
http://yonedenblog.blog.fc2.com/blog-entry-457.html


当時の中高生の多くは、こうしたポータブルステレオでレコードを聴いていた。

私が買ってもらったものは、この商品よりもう少し高級品だが、構造はそんなに変わらない。


■ちなみに、この頃の電器機器好きの多くは自分で修理していた。

修理以前に、自作もしていた。

私も、真空管時代は、自分で設計図を作りステレオアンプを作っていた。

当時は『スピーカーが作れたら一人前』と言われていたので挑戦したが、音が出るには出たのだが、音楽とは呼べない(汗)

【音が苦】だ(笑)




【音楽を通して、多種多様な文化に触れて来た】

■そんな調子で、音楽を聴き始めて以来50年。

決して回顧主義者では無いのだが、音楽に関しては疑問が多い。

若い人達の音楽が音楽に聴こえないのは仕方ない。

時代の流れもあるだろう。


■だが私には、音楽に関しては、時代と共に劣化しているような気がしてならない。

クラシックの時代が辞典とすると、辞書
 ⇒ 専門書 ⇒ 書籍 ⇒ 月刊誌 ⇒ 週刊誌 ⇒ 日刊紙と、変化しているような気がしてならない。

私の世代前後の音楽好きな者達は、殆んど全員が同じ事を言う。。


■また、2000年頃から言われていたが、今の日本のポップス音楽は行き着く処まで行ってしまった感じだ。

どんなにヒット曲でも、その息の短いこと。

無理もない。シンガー・ソングライターとして一人で何役もこなして創っているのだから。

かつては、それぞれのパートに専門家(作詞家、作曲家、編曲家、演奏家、歌手、等)が居た。

それ等を一人でやっていれば、余程の才能ある人でないと、創り続ける事は難しいと思う・・のだが。


さらには、【分野の狭さ】も気に掛かっている。

私の若き頃は、各企業の音楽ハンター達が世界中を飛び回って音楽を集めていた。

1950年代頃は、ラテン系音楽(マンボ、ルンバ、タンゴ、等)、ハワイ音楽ダンス音楽(チャチャチャ、等)の【リズムもの】が多かった。

1960年代に入ると、それこそ世界中の音楽の大輸入だ。

カントリー(アメリカ)、デキシー(アメリカ)、シャンソン(フランス)、カンツォーネ(イタリア)等から、

やがて、ビートルズに代表されるロック音楽(英米中心)と、ベンチャーズに代表されるエレキギター音楽が大流行。

この頃から、北欧エレキギター音楽欧米映画音楽、等がヒットチャートに出始めた。


■ヒットチャートに出て来た国で憶えているだけでも・・。

西欧圏(イギリス、フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、ベルギー、オーストリア、スイス、等)

北欧圏(オランダ、デンマーク、フィンランド、スウェーデン、ノルウェー)

東欧圏(ロシア、ハンガリー、ポーランド、ルーマニア、チェコスロバキア、ブルガリア)

中東(トルコ)

アジア・オセアニア(インド、マレーシア、ベトナム、カンボジア、インドネシア、フィリピン、台湾、オーストラリア。・・なぜか中韓は無い?)

北米(アメリカ、カナダ)

中南米(メキシコ、ブラジル、キューバ、ペルー、アルゼンチン、チリ)

等々、もの凄い数の国々から音楽が入って来ていた。

だから私達の世代は、ほんとうに【多種多彩な音楽】に触れて来た。


■今は、どうだろう?

ポピュラー音楽=日本の音楽になってはいないだろうか。

そうで無いことを望みたいのだが、かつてのように多国の音楽が耳に入る事は無くなった。

映画音楽やムード音楽・軽音楽がヒットチャートに出る事も無い。

その意味では、日本人の音楽の幅が狭くなって来ている気がする。。




【難聴(可聴帯域が狭くなっていた)が、回復し始めた】

■こうして音楽好きな私だが、しばらく好きな音楽を聴くことも無かった。

今、新しい環境で音楽を聴きながら仕事をしているが、ふと気付いたら難聴気味だった両耳が治っている?

難聴と言っても1万ヘルツ以上の高帯域のシンバル音が聞こえず、シ音の音が聞き取りづらいのだが、仕事や生活にも支障をきたしていた。

テレビを観ながら「今、何と言った?」と妻に聴くことも多く、電話の音声も機器によっては聞き取りづらい。

次第に大音量で聴くようになり、『大きな音で、ウルサイよ』と家族から言われるようになった(笑)


だが、耳鼻科で診断を受けたが、『異常なし』。

耳鼻科は8000ヘルツまでしか測定しないので、1万ヘルツ以上は『生活上問題なし』とされる。

『シンバル音が聴こえないのは、生活上問題ない』とされる。

私にとっては大問題なのだが(笑)


■音楽を聴く者にとっては、たかがシンバルでは無い。されどシンバルだ。

シンバルの音で、リズムや音のタイミングを取っている大事な音だ。

それが聴こえないのは、何とも味気ない(笑)


■だが、やがていつか【必ず治る】と、いつも思っていた。

その理由は、私の【眼】だ。

30代までは視力は良かったが、切手収集しながら細かな文字を見ていたら、40代前半から眼鏡が必要な程の近視になってしまった。

運転免許にも、【要眼鏡】と書かれてあった。


■[幸福の科学]に入信し、[天之御中主の霊言]の【眼鏡が必要だったら産まれた時から眼鏡を付けているはず】を読んで納得、大笑い。

折しも[天之御中主神社]の境内敷地内で仕事をしていて、毎日拝んでいた。

その頃、総裁先生からも【眼は最も治りやすい所】との説法を聞きそれを素直に信じていたら、いつのまにか視力が回復していた。

友人達には老眼で、『裸眼では新聞が読めない』と言う者は多いが、私には新聞の文字程度は楽々見える。・・までに回復している。

回復している事に気付いたのは、運転免許更新の時、『眼鏡なしでも良いですよ』と言われた時からだ。

正直、「いつのまに?」と我ながら驚いたが、それ以後20年近く眼鏡は不要のままだ。

さらには回復も早い。


■最近はTVを観ているが、見終わったしばらくは視界不良(笑)

だがそれも、30分程度もあれば回復する。

そうした事を繰り返している内に、視力はドンドン良くなって行く?

今では新聞文字どころか、もっと小さな文字も見えるし、10km先の山頂に立っている鉄塔も見える。

『そんな馬鹿な事があるものか!』と言う近所の創価学会の人が居たが、見えるものは見えるのだから仕方ない(笑)

「嘘だと思うなら」と双眼鏡を貸して「大きな鉄塔の右に小さな鉄塔・・」と、実際に言い当てると、信じられないような顔をして驚いていた。


だから、耳も治るだろうと、10年間も待ち続けた(笑)

信じ続けたのだ。

おそらく多くの人は、この10年間が待てないのでは?と思う。

1ヶ月、数ヶ月は信じても、1年や2年は信じても、10年以上も【絶対に治る】と信じられるだろうか?


■私に『奇跡が多過ぎる』と思う人達も居るかと思うが、すべて本当の事であり、何ひとつ嘘は書いてはいない。

だからと言って、特別な能力があるわけでも無い。

あるとしたら、【信じ続ける能力、持続力】かも知れない。

簡単には諦めないのだ(笑)

もちろん良い意味でだが(汗)

そう思っている。


■先日、以下のような【本日の格言】が届いた。

偽善ではなく、ほんとうに自分を捨てられる人がいたならば、それは霊的な人であり、仏や神に愛されている人です。

あるいは、自分の気持ちのなかに仏や神と同通するものがある人です。

そうでなければ、そういう生き方はできないはずです。

『神秘の法』より




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ

関連記事
スポンサーサイト

Theme [心と身体] Genre [心と身体]
Trackback [0] | Comment [6] | Category [信仰と我が人生] | 2015.03.01(Sun) PageTop

Comment

Private

 


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2015.03.02(Mon) 20:00 | [] | 編集 | ▲PageTop

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2015.03.02(Mon) 23:35 | [] | 編集 | ▲PageTop

No title

緊急の件、了解です。

方が付いて何よりです。

昨晩気付いていたのですが、返事が遅くなりまして、ごめんなさい m(._.)m

2015.03.03(Tue) 20:06 | phoenix [URL] | 編集 | ▲PageTop

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2015.03.04(Wed) 06:55 | [] | 編集 | ▲PageTop

No title

昨日、その事を知人に確認に行きました。

簡潔に申しますと【事件性】の有無で、動くか動かないを決めます。

やはり、よほどの事が無い限り、無理なようです。



かつて私も、緊急性の高いものに付いては相談に行きました。
(そのお陰で、命を救えた事もあります)

だけども誰が見ても、緊急性が高くて、高度な判断が出来る人でないと、難しいです。
特に、個人情報保護法が出来て以来、非常にやりづらくなりました。
多くの公職達は、これを用いて【動かない理由】を付けて言い訳にしているのは、ご存知の通りです。

あなたの場合も、おそらく向き合ってもらえないと思えます。
残念ですけどね。

私は、いじめ問題でも経験して来ましたが・・。
ネットいじめの場合、その大半は(相手の特定を)やろうと思えば出来るのですよ。
だけども今は、そうは行きません。
動いてくれません。

先日の少年事件だって、ライン履歴等から即日に解かっていたはずです。
少年事件ゆえか、あそこまで慎重なのかと、逆に驚きます。

2015.03.04(Wed) 13:00 | phoenix [URL] | 編集 | ▲PageTop

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2015.03.04(Wed) 13:44 | [] | 編集 | ▲PageTop

 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【日本の過去・現在・未来】見えない処で貢献して来た幸福実現党以外、日本の再起は望めない Oct 19, 2017
【知らせない自由?】マスコミの黙殺権は、左翼貧乏思想の現れ Oct 16, 2017
【選挙妨害】幸福実現党v s 創価学会の場外乱闘! 学会による選挙妨害? + α Oct 13, 2017
【NEVERまとめより】もし幸福実現党が政権を取ったらどうなるか?その衝撃の未来がやばすぎる件 Oct 10, 2017
【比較検証】自民党は幸福実現党の政策を次々と採用!? Oct 09, 2017
【衆議院議員選挙公示間近】政党の政策から見たら、あれっ? Oct 08, 2017
【幸福実現党の先見性】8年前の幸福実現党後援会用パンフレットを再確認 Oct 02, 2017
◆【幸福実現党こそが真の未来を築く】国難(選挙)は、2009年から幸福実現党が言い続けて来た言葉だ! Sep 29, 2017
◆【不正選挙?疑問の残った開票現場!】4年後に再検証させて頂く為に、事実を正確に書き記す Sep 29, 2017
◆【疑問の残った開票現場!】4年後に再検証させて頂く為に、事実を正確に書き記す Sep 29, 2017
【神様が来た!】戦後最も危険な時期に来られたのは、地域を護る意味があるのだろう Sep 26, 2017
北朝鮮危機に本気で向き合う幸福実現党に、フランス国営放送が取材に!そして放送! Sep 16, 2017
◆【あなたは、ご存知だろうか?】中国(習近平)、幸福の科学/幸福実現党、マスコミは、何を考え、何をして来て、何をしていて、何をしようとしているのか?【過去記事移動】 Sep 16, 2017
【なにだぁ?これは!】北「日本を核爆弾で海にぶちこむべき」と非難 Sep 15, 2017
【ショック!】外国の人から「日本は2度目の無条件降伏をするのか?」と、言われた! Sep 10, 2017
【お知らせ:山口県民の方々へ】大川隆法総裁の特別大講演会『人類の選択』が FM山口で放送されます。 Aug 31, 2017
◆【白龍?】空の雲を見ていると、いろんな形に変わるのが面白くて好きだ。だが、天候との関係は如何に? Aug 07, 2017
迷走台風5号は、日本国民への神々からの警告か? Aug 06, 2017
大川隆法総裁 講演「人類の選択」 Aug 03, 2017
◆【いじめを無くそう】人は感性(勝負)→知性(損得)→理性(善悪)→悟性(神仏への愛)と成長する Jul 29, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m