◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆雑感私感と人の縁。


安倍総理の8日間にも及ぶ訪米。

今こそ本当の日米関係を構築して頂きたい。




首相官邸屋上に不審なドローン、大丈夫か?日本】

以前、TVでドローンが宅配する場面を見た。

TVでは便利さだけを強調していたが、私には陰陽両面が見えた。

妻に話していたが、「この宅配物が危険物だったら、どうするのか?」との疑問と不安が拭えなかった。

もちろん私は、新技術の普及を否定するものではないので、「水を差してはいけない」と黙して語らなかった。

だが、ドローンの良い面が世に出る前に、悪い面が先に出てしまった。

まだ、こうした(悪い)事も出来ると書いたら、真似する人達が居るので書かないし語らない。

日本中の空を網で覆うわけにはいかないので、【厳格な法整備】が急務だ。




【大川隆法さんを知らない、知ろうとしない日本人が悪い!・・とのこと】

2週間くらい前、[ペリリュー島で戦った中川州男大佐の霊言本]の話を書いた。

本の話題ではないが、70代男性(Wさん)と口論になった(汗)。

『株やれ、株やれ』で、ウルサイ!(笑)。

Wさん『あんたが株やったら儲かるぞ』

私「年間1千万円確実に儲かる?」

Wさん『そんなに儲かるかい!でも平均5円の配当があるんだぞ』

私「5円って?1日?1ヶ月?」

Wさん『バカ言うな!1年だ』

私「1年間で5円?日経平均が2万円近いので、2万円の株券で年間5円?バカバカしい」

Wさん『だから株の売買で儲けるんだ。明日から(日経平均株価は)下がるぞ』

私「いや、私は上がると思う。とにかく2万円台の大台には乗って欲しいしね」

Wさん『いいや(2万円台には)乗らん。これからドンドン下がる」

そうして、日経平均株価が2万円台に乗る!乗らない!で、口論に(笑)


■で、本は持って帰られて、読まれて、数日前に持って来られた。

◆パラオ・ペリリューの戦い、守備隊長の霊言 「憎しみでは戦えない」(The Liberty Web より)
http://the-liberty.com/article.php?item_id=9450


Wさん『お~い、来たぞ』

私(また来た)・・本音です(汗)

Wさん『本、読んだぞ。凄い話じゃないか』

私「だから読んでねって言ったんだよ」

Wさん『話の中身も凄いが、この大川隆法さんって、何者なんだ?

「前にも何度も言ったじゃないの(笑)。You Tube の映像見せたじゃないの。お釈迦様だよ。いや、もっと凄い人だよ」

Wさん『解かる解かる。だけども、こんな凄い人が、どうして世間に知られてないんだ?

私「それが今の日本、日本人なんだよ。知ろうとしないだよね

Wさん『それは日本人が悪い!』

・・「あなたもそうだったじゃないの」の言葉を飲み込んだ(笑)。


■私は若い頃から万単位の人と出逢い、接して来たので、こういう場面には慣れている。

言葉を妙に捉えられては困るが、ある程度の心の動きは読める。

霊能力では無い。心理学者が用いるプロファイリングのようなものだ。

私にとっては、経験を積み重ねた統計学のようなものだ。

もちろんその中には、理屈では説明が付かない閃きもあるが、殆どは【目を、表情を、態度・行動を、声の変化を見聞きしている】。

だから、Wさんが[ペリリュー島の中川州男大佐の霊言本]に興味がある事は解っていた。

だが、『それは日本人が悪い!』と、までは(笑)


■ちなみにこの日は、外に出なくてはならず、「ごめん、Wさん。もう出掛けなくてはならないから」と言うと、『おお、行ってらっしゃい』・・??

無口な妻とでは話にもならないだろう・・と思っていた。

帰るなり妻に、「あれからどうした?」と聞くと、『もう、株の話ばかりで。1時間もよ』と言う(笑)

「なんだ・・お前でもいいのか」

『そうみたい。でも、もう嫌!』とのこと(笑)

「お前で済むのなら、今度からお前が相手しろ(笑)」

『やっ!』(笑)

『でもWさん、株やれって言うけど、本人はやってないようよ

・・んっ?

『ボケ対策の為と、インターネットに興味が出たらしく、今は、株は練習してるようよ』

「なんだ、証券会社がやっている模擬投資か。練習か。それで俺を(笑)」

この続きはまた(笑)




【中学時代の恩師】

■Wさんと同じ歳の中学時代の恩師が消えた。

昨年末まで、このブログで度々取り上げた人だ。

脳梗塞の上、認知症が入っているので、ここ数年は困った人になっていた。


■以前、交通事故を起こした時、『お前に頼みがある』と言って来られた。

『東京から、ワシが本当に交通事故を起こしたかどうかの確認が来るから、お前の所へ指定していた』との事。

勝手に指名されても迷惑なのだが(笑)


そして、本当に東京から電話が入った。

だが私は、本当の事しか語らない。

「先生が事故を起こしたかどうかは知りません。だけどもあの頃は、足を痛そうに引き摺っていたのは見ています」

東京の人は『それだけで十分です』との事。


■この時、恩師は『(電話の相手は)講道館の関係者だ』と言っていた。

それ以前にも、恩師に宛てた手紙の事で講道館から電話が来た事もある。

だから当ブログも講道館関係者が見られていると思っているので、ワザと講道館関係者の恩師の実情を書いた。

それ以外に、恩師をどうすることも出来なかった。

息子から、「先生どこへ行っても、『わりゃあ!おんどりゃあ!』って喧嘩しまくってるよ」と、聞いたからだ。


■だから私にステッキ棒で殴り掛って来た時、ステッキ棒を目の前でグルグル回しながら『突くぞ!』と言う恩師に対して、最後の決断をした。

恩師が突いて来たら取り押さえて、警察を呼ぶつもりだった。

『わりゃあ!何か企んでやがるな!』と(笑)、気付かれたが。

そのままでは、本人も他人も危険だ。

だから当ブログで、講道館関係者に向けて、事の詳細を書いた。


■それから間もなく、恩師の姿が消えた。

家の中はカラッポで誰もいない。

その少し前に、施設の人のような人達と、娘さんを見掛けたので、「ああ、これで安心だな」と思っていた。

その時は、病院通いと思っていたが、そうでは無いようだ。

どこかの施設に入れられたとしか思えない。


■今月に入ってからだったと思うが、同級生が「おい、○○、死んだって本当か?親父から聞いた」と訪ねて来た。

大笑いした。

「亡くなってはいないと思うぞ。喪中の札も貼ってないしな(笑)」

『最近は、そういう事しない家があるからな』

「大丈夫さ。何かあれば解かるさ」と、その場は帰した。


その翌日、恩師の家の前に人だかり。

「もしや」と駆け付けたら、娘さんと何かの業者達だった。

娘さんに「先生元気なのですか?」と聞くと、元気は元気だそうだ。

「今は娘さんの家に?」と聞いても首を横に振られる。

病院か施設に入っているようだが、『教えられない』とのこと。

娘さんの気持ちは解かるが、それが恩師の人生の晩年とは、何ともはや・・。


■私が中1の時の担任で、中3の時、この娘さんが産まれた。

縁は深い。

だが私は、恩師の人生の殆どは知らない。

自分のことは全く語らない人だからだ。


一度だけ、この恩師を[幸福の科学]へ連れて行ったことがある。

帰り道は、娘の運転する車の中で、子供のように大はしゃぎだった。

この時の恩師は[幸福の科学]をベタ褒めだった。

それが本来の恩師の姿なのだろう。




【手塚治虫さん】

■私が幼稚園の頃、近所の家で月刊誌に載っていた[鉄腕アトム]を見た。

以来、半世紀(笑)、ずっと手塚治虫氏のファンだ。

集めた本だけでも1000冊を超えていた。

亡くなるまで、亡くなった後でも[手塚治虫ファンクラブ]に入っていた。

お陰で、生原稿や、それ以前のメモ原稿も見せて頂いたし、生の大きなポジフィルム?も持っている。

作品になる前、どれだけ沢山の資料を読み、集め、細かなストーリーにして行った事だろうか。

凡人の私には「凄い!」としか言えない。


当時のスタッフ達の話では、どうやら手塚治虫氏は霊能力者だったらしい。

『そうとしか思えない』話がワンサカあるし、漫画の中身も他の人の追随を許さない。


例えば、登場人物だけをとっても個性を持たせてある。

[アトム]、[ブラックジャック]、[どろろと百鬼丸]等々、それぞれに特徴と個性が与えられている。

また、[ヒゲおやじ]のように、様々なものに俳優のように出している。


なかなか真似が出来るものでは無い。

また、ストーリーにもいろんな個性があり、幼児向け、少年向け、青年向けと、まったく異なる。


■手塚治虫氏が亡くなった時、どこかの誰かが『手塚の脳を見てみたい』と言っていた。

見ても同じだと思うが(笑)


とにかく私は、歳は違っても手塚治虫氏と共に歩んで来た人間だ。

今は天上界の高いところ(梵天界)に還られているので、話も聴けない(笑)

ま、必要とあらば、夢の中で教えてもらえるだろう。


■そんな手塚治虫氏が、いつも嘆いていた事が『私は、ダーク・エンドが描けない。どうしてもハッピー・エンドに思いが向いてしまう』だった。

もちろん、アン・ハッピー・エンドの話もある。

だが、そこで終わりでは無い。

必ずその先に、希望の光を見せている。

それが、手塚治虫氏の真骨頂だ。


良き人と出逢ったと、今でも感謝している。




【大型台風】

山口県は運の良い事に、ここ9年間は殆んど台風被災に遭っていない。

年3個平均の台風直撃地だったのだが、全部免れて来た。

9年前、私が心臓病で倒れて瀕死状態の時(笑)、山口県に台風が来た。

病院の窓から眺める河川は、氾濫寸前に見えた。


■自宅・店舗・工場等を持っているので、台風が来る度に大変だ。

店舗移転中に倒れて、身体中がチューブだらけの状態で(笑)、携帯電話で家族に指示していた。

仮店舗として自宅近くのボロ屋に移ったので、大型台風が来たらひとたまりも無い(汗)

だから祈った。

「直撃はやめてくれ!来るな!」と、9年間(笑)


一度や二度なら、する人も居るだろう。

だが、9年間も続けた人は居るだろうか?

今年から新店舗に移転したので、自宅も工場も台風の心配をしなくてもいい。

台風から護るべきもの(商品)が無くなった。

だから、今までのような強い思いで「直撃はやめてくれ!」と祈る事はしない。

瞬間的には「来るな!」と思うだろうが(笑)、私的な身勝手な思い(笑)はやめる。

自然に任せる。

今から9年間、山口県に直撃台風が来なければ、山口県は余程運が良い県だろう。




【余談】

■私は別に、[FC2]に拘ってるわけでも無いし、ブログそのものにも拘っては居りません。

拘っているのは、[1カラムブログ]です。

このフォームも無理やり2カラムを1カラムにしました。・・話が長いので(汗)


■これだけ書く暇が無かったら、ブログをやめようかと思ったりもしますが、1週間も書かなくても毎日の訪問者様が居られます。

1週間の訪問者様に見て頂ける頁(話)も平均250頁(話)です。約1000頁(話)の中の250頁(話)ですので、1/4を見て頂けています。


ほんとうに有り難い事であり、継続する意欲にもなっています。


つたない話ばかりですが、これからも出来るだけ自分の話として書くつもりです。

ご訪問、感謝です。 m(._.)m




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ

関連記事
スポンサーサイト

Theme [独り言] Genre [ブログ]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [人ありてこそ我あり(自分記)] | 2015.04.24(Fri) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【さまざまな人生模様】素晴らしい二人の体育教師 Apr 28, 2017
◆【無から有へ】何も無い処から、生み出す・創りだす面白さ Apr 27, 2017
◆【礼、智、 信、義、勇、仁、徳】仏の智慧で世界を救い導け。正義を貫き、不義に妥協することなかれ。 Apr 26, 2017
◆【目は心の窓】個性さまざま、放ち放たれた言葉 Apr 25, 2017
◆【正論、必ずしも正義ならず】義憤としての冷静な怒り Apr 24, 2017
◆【知は力】失敗を反省し、繰り返さないことの大切さ Apr 23, 2017
◆【幸福の科学:緊急霊言】追い詰められた金正恩守護霊、トランプ氏に挑発メッセージ Apr 21, 2017
◆【病原菌の正体】新型インフルエンザに思う Apr 20, 2017
◆【反省と感謝】暴風雨人生から立ち直るには反省と感謝が絶対不可欠。常態化すれば上昇階段が現れるだろう。 Apr 19, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(3) Apr 18, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(2)。 Apr 17, 2017
◆【国民の生命を護ろう!】核・水爆・EMP・生物・化学兵器に、何等の抑止力を持たない日本国 Apr 16, 2017
◆【若き頃のバイタリティは素晴らしい】大学時と共産主義者との出逢い Apr 16, 2017
◆【北朝鮮危機】今こそ日本人の本物の信仰心の試される時 Apr 15, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々。 Apr 15, 2017
◆【雨・風・雷・台風】偶然にしては、あまりにも・・ Apr 14, 2017
◆【不思議な出来事】ネットで起きた実話、夢の中で見た真実、信じられないような話・・ Apr 14, 2017
◆【驚きと得心】本物の宗教に出逢えた喜びを、体験談として少しだけ Apr 13, 2017
◆【天国vs地獄は、信仰心vs無神論・唯物論】日本国家を救えるのは無神論者・唯物論者では無い。信仰心溢れる人達こそが日本を救い世界を導く Apr 12, 2017
◆【天国vs地獄】幸福の科学に出逢えて良かった!嘘偽りの無い本当の話 Apr 12, 2017
◆「幸福の科学」の教えには人類普遍の法則が説かれている Apr 12, 2017
◆【奇病】明るい心は光と、暗い心は闇と、波長は同通する Apr 11, 2017
◆【永遠なる魂と本物の真理】創価学会員の義叔母が亡くなった。晩年の義叔母は[幸福の科学の生命の法]を大絶賛し近所の人達に見せていた。 Apr 11, 2017
◆【人生の王道】人生の終末期に起きること Apr 11, 2017
◆【10年前の私的政治思考】選択の自由には責任が伴う(2008年:幸福実現党始動前のブログ) Apr 10, 2017
◆まずは、自らを高める Apr 10, 2017
◆【信仰心は未来を見る力】何を信じて、何と縁を持つかで未来が変わり、この世の生き方で還る場所が違う。 Apr 10, 2017
◆【未来は光か闇か】光は放射する事で闇を打ち消すが闇を放射して光を消す事は出来ない。光を取るのか?闇を取るのか? Apr 09, 2017
◆【愛のテーブル】愛は光。光の放射で闇は消えるが、闇を放射しても光は消えない。 Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【自殺は悪】自殺してはいけない本当の理由 Apr 09, 2017
◆無用の用 Apr 08, 2017
◆悪にも「為す悪と為さぬ悪」があります Apr 08, 2017
◆【自殺しないでください】天上界から見たら、自殺も他殺も同じです Apr 07, 2017
◆【My Life】仮面の母 Apr 07, 2017
◆【My Life】父の死 Apr 06, 2017
◆【病魔との戦い】大量の病気、絶対治らないと言われた病気まで、全部治った! Apr 05, 2017
◆【人生相談】うつ病の母との葛藤の中、自分も同じ病に Apr 04, 2017
◆【祈願(前)の奇跡】母の極度の痴呆が、瞬時に治った。 Apr 03, 2017
◆【自分記】神さまの子? Apr 03, 2017
◆【My Life】人ありてこそ我あり Apr 02, 2017
◆【祈願】への疑問。その仕組を知り得心。 Apr 02, 2017
◆【田布施システムは嘘!】血筋より志(こころざし)(過去記事移動 + 加筆) Apr 01, 2017
◆【国防はどうした!】北に核ミサイルを撃たせるな!半島情勢の今と今後は? Mar 22, 2017
◆【未熟な現代科学】知ってるつもりの現在の科学文明、そして未来。 Mar 15, 2017
◆【公教育の質を問う】学校、先生、PTAって? Mar 14, 2017
◆【真なる改革者は在野から】既存地位のある者の中から、真の改革者は生まれていない。 Mar 13, 2017
◆【日本は世界平和貢献国】東洋と西洋の文化の交わる地、日本を思う。 Mar 12, 2017
◆【苦と霊的人生観】苦を試練として受け止めよう Mar 11, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m