◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【種々雑感】ポール・マッカートニー氏とビートルズの話を少々。


今は、まとまった話が書けない(もともとか:汗)

なので、話が繋がらないが(汗)、ご勘弁 m(._.)m




【大阪の住民投票】

■今時点(2015.05.17-17:30)では大阪の住民投票の結果は出ていないが、否決となって欲しい。

もちろん、無駄な二重行政はやめるべきだと思う。

ただそれが、地域分権強化となり、道州制をも睨むことに繋がりかねないのが困る。

さらには【都】の、言葉の問題だ。

地域分権強化と道州制が無いのなら、大阪府で納得はする。


■追伸

これをUPしようとしたら、【大阪都構想、廃案】のニュースが出ていた。

もの凄い接戦だったようだが、ギリギリ反対派が勝利した。

とりあえず私の懸念は消えたが、大阪が繁栄する事には大賛成だ。

経済も心身共に。




【中国地方】

■一見すると、[中国の地方]に見えるかも(笑)

以前は何とも思っていなかったが、これだけ日中関係が緊迫化すると、『中国地方も、中国のものだ!』と言われかねない(笑)

すでに沖縄や九州は『中国大陸からの大陸棚で、中国のものだ!』と言われているし。

【言ったもの勝ち】では困る!


■この際、日本の中国地方の名を変えるか、中国の呼び方を変えるべきではないだろうか。

紛らわしいし(笑)


■戦後から[中華人民共和国]を略して[中国]と呼んでいる。

戦前の呼び名は[支那(しな)]だった。

英語で[China]と書くので、[支那(しな)]と呼んだ方が、国際的にも通じやすい。


■日本だって、[じゃぱにぃず]ではない(笑)

英語圏の人達が、そう呼んでいるだけだ。

[にっぽん、にほん]のどちらでも良いが、漢字で書けば【日本】だ。




【公務員は、同じ公務員の自衛隊を経験したらいかがか?】

自民党が、[教員免許の国家免許化]を提言している。

◆自民 教員免許の「国家免許化」提言(NHK News Web より)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150512/k10010076821000.html

良いことだ、やればいい。


■もっと言えば、教員や公務員になりたかったら、一定期間、自衛隊で働いたらどうだろう?

理由は、同じ公務員であるので、特別な予算を組まなくても済むからだ。

本音を言えば(笑)、あまりにも一般・民間人の考え方と違う人達が多いので、少し心身から鍛えてから成った方が良い。


■私の親戚の教員や県庁公務員の中には、平然として嘘を吐くし、約束した事を守らなくても平気な人達が居る。

教員である人の子育てを、私が私の妻がしていた時もある。

5時まで保育だが(笑)

僅かな時間でも、幼稚園から小学生までとなると、累積したら大変な時間だ。


それでも、私との約束を守らない。

さらには我が子が[いじめ]を受けていても話さない。必死で隠していた。そして親子で泣いていた(ようだ)。

それが教員ならば、県庁の大物ならば、「なさけない!」としか言いようがない。


■そうした公務員体質にはウンザリだ。

だからこそ民間人に混じって働くか、自衛隊で鍛えたら良いと勝手に思う。

突飛な話ではないと思うが・・。




【ヒットチャート独占のビートルズ】

■1965年初頭から洋楽を聴き始めた。

最初に買ったレコードは、[アイドルを探せ:シルヴィ・バルタン(フランス)]、[砂に消えた涙:ミーナ(イタリア)]と、
Silvi-1.jpg  Mina-1.jpg 

ブーベの恋人:サントラ(イタリア)]、[太陽はひとりぼっち:サントラ(イタリア)]の4枚。

よく見れば(見なくても:笑)、イタリアとフランスだけだ。


その次に買ったものが、[ダイアモンドヘッド:ベンチャーズ(アメリカ)]だった。
Ventures-1.jpg 

[テケテケテケテケ・・]という奇妙な音に聞き惚れて以来、ベンチャーズ・ファン化した(笑)


当時は、[9500万人のポピュラーリクエスト]という、文化放送の番組が全国で流れていた。

ベスト21に新しい曲が入る度に、アーティスト名もタイトルも何度も聴かないと分からない。

だから、当時、勉強用に買ってもらっていたソニーのテープレコーダーに録音していた(笑)

次第に面白くなり、ヒットチャートを付け始めた(笑)
9500-1965-06.jpg 
(1965年6月のミュージックライフより)



だが、おもしろくない!

なんたって、いつも1位にビートルズが居るのだ!(笑)


■ちなみに1964年の[ワシントン広場の夜は更けて:ヴィレッジ・ストンパーズ]は、10週連続1位だった。

私が聴き始めた時は、[アイドルを探せ:シルヴィ・バルタン]が3週間連続1位だったと記憶している。


その次から、ビートルズがトップを独占状態。

[ロックンロール・ミュージック]は10週連続1位、[ヘルプ]は8週連続。
Beatls-4.jpg 

他にも連続1位を続けた曲が、[涙の乗車券]、[ミスター・ムーンライト]、[恋する二人]、[エイト・デイス・ア・ウィーク]・・、とキリがない(笑)
Beatles-3.jpg Beatls-5.jpg 


1年間で、ビートルズ以外に1位になったのは、僅かだ。

当時、ベンチャーズファンの私には、ビートルズが憎らしくて(笑)


だけども嫌でも曲が耳に入るので、憶えてしまう(笑)

結局、ファンとまでは行かなくても、ほぼビートルズのシングル曲は憶えてしまった。

後にCDが発売後、ビートルズ全部のCDを買った。(この頃の私は、レコード・CD収集家と化していた:汗)


■ある時、店頭で[アビイロード]のCDを見付けたので、即、買ったが、『追加注文は出来ない』との事。

なんでも、東芝EMIの勇み足だったようで、1週間で日本中の店頭から消えたらしい。

その間違い発売CDは、10万円近い値が付いた(驚き)
Beatls-1.jpg 


■その後も発売される全てのビートルズCDを買い続けたが、聴くわけではない(汗)

聴くのはレコードであり、CDはただ集めて楽しんでいただけだった。

殆んど1回聴いただけのCDが並んでいた(汗)

15年前あたりに、集めた[完揃]のビートルズCDをヤフオクに30万円の値で出したが、即決で売れた。
Beatls-2.jpg 

あの時買って頂いた方、こうした経緯があります。ありがとうございました m(._.)m




【ポール・マッカートニー氏とジョン・レノン氏】

■先日、ポール・マッカートニー氏が来日公演をして、TVマスコミは『ビートルズ以来、50年振りの武道館公演』とばかり、大きく報道していた。

その言葉は嘘では無いが、正確でもない。

(私達は、こういう風にしてTVマスコミに誤魔化されているのか)と思った(笑)


■正確には、ポール・マッカートニー氏の【武道館公演が50年振り】であり、氏自身は何度も来日している。

ただ、なんと言うか・・、なんと言ったら良いのか(笑)

あの、1980年の来日の問題が尾を引いているようだ。

詳細はこちらで。

◆ポール・マッカートニーを逮捕した男…伝説のGメン「最後の手記」(1)あんなに胸クソの悪い事件はなかった。(Asagi+plusより)
http://www.asagei.com/35629

◆ポール・マッカートニー 日本公演キャンセルの“ホント?”な理由(Asagi+plusより)
http://www.asagei.com/23306


■私は、ビートルズの中では、ポール・マッカートニー氏のファンだ。

氏こそが、ビートルズのメロディメーカーだと思っている。

亡くなったジョン・レノン氏、ジョージ・ハリスン氏も嫌いでは無いが、マッカートニー氏にだけはビートルズを感じていた。


■上記のように、マッカートニー氏は薬物使用で、日本国から閉めだされていた時期があった。

さらには、公演中止の常習ハンだ(笑)

なんでも、『日本での42公演のうち、19公演が中止、3公演が延期だった』そうだから。

こうした具体的な事までは知らなかったが、「マッカートニー氏=日本公演中止」というイメージが強く残っている。


ここまで書いたのは、次の話をしたいからだ。

ポール・マッカートニーが本誌だけに明かした“来日秘話”(dot.より)
http://dot.asahi.com/wa/2013101600007.html

この中でも語られているが、氏が英国に帰った時、『日本で酷い仕打ちを受けたのでは?』と尋ねる記者に、「そんなことは無い!」と語って居た。

「日本で逮捕されたのは驚いたが、9日間の間に多くの友達が出来た」

「日本は、皆さんが思っているような国ではない。英国並の紳士国だった」

「勾留中は、みんなで[イエスタデイ]を合唱したりで、何もつらくは無かった」

「日本は良い国だ!素晴らしい国だった!」

・・等々を語り、騒ぎ立てる英国の記者達を唖然とさせた。


私は、そこには嘘も綺麗事もない、マッカートニー氏の真実の声を聴いた。

そう、それが日本という国であり、日本人だ。

決して、ただ単に有名人だからと言って差別化・優遇するのでは無く、他の罪人(つみびと)達と一緒の待遇を受けた。

ご本人は、無頓着なところが垣間見えるが(笑)


■ただ、誰も知らない内に帰国となったのは、あまりにも有名人がゆえの超法規的措置だったのかも知れない。

確かに日本に降り立っていたのに、『来ていなかった』ことにされたようだ(笑)

その後のマッカートニー氏は、10年程度は日本に入れなかった。

問題児な人だ(笑)


■ビートルズには、もうひとつ世界を騒がせた話がある。

当時、若かったジョン・レノン氏が英国で勲章を頂いた後、「僕達ビートルズは、キリストよりも有名かも知れない」と語った事で、おおごとになった。

世界各国で(日本では無かった)、ビートルズのレコードが燃やされた。

ジョン・レノン氏は「そういうつもりでは無かった」と語っていたが、ローマ法王に正式に赦されるまでは大変だった。

影響ある人の言葉とは、怖ろしいものだ。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ

関連記事
スポンサーサイト

Theme [独り言] Genre [ブログ]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [雑感] | 2015.05.18(Mon) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【礼、智、 信、義、勇、仁、徳】仏の智慧で世界を救い導け。正義を貫き、不義に妥協することなかれ。 Apr 26, 2017
◆【目は心の窓】個性さまざま、放ち放たれた言葉 Apr 25, 2017
◆【正論、必ずしも正義ならず】義憤としての冷静な怒り Apr 24, 2017
◆【知は力】失敗を反省し、繰り返さないことの大切さ Apr 23, 2017
◆【幸福の科学:緊急霊言】追い詰められた金正恩守護霊、トランプ氏に挑発メッセージ Apr 21, 2017
◆【病原菌の正体】新型インフルエンザに思う Apr 20, 2017
◆【反省と感謝】暴風雨人生から立ち直るには反省と感謝が絶対不可欠。常態化すれば上昇階段が現れるだろう。 Apr 19, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(3) Apr 18, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(2)。 Apr 17, 2017
◆【国民の生命を護ろう!】核・水爆・EMP・生物・化学兵器に、何等の抑止力を持たない日本国 Apr 16, 2017
◆【若き頃のバイタリティは素晴らしい】大学時と共産主義者との出逢い Apr 16, 2017
◆【北朝鮮危機】今こそ日本人の本物の信仰心の試される時 Apr 15, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々。 Apr 15, 2017
◆【雨・風・雷・台風】偶然にしては、あまりにも・・ Apr 14, 2017
◆【不思議な出来事】ネットで起きた実話、夢の中で見た真実、信じられないような話・・ Apr 14, 2017
◆【驚きと得心】本物の宗教に出逢えた喜びを、体験談として少しだけ Apr 13, 2017
◆【天国vs地獄は、信仰心vs無神論・唯物論】日本国家を救えるのは無神論者・唯物論者では無い。信仰心溢れる人達こそが日本を救い世界を導く Apr 12, 2017
◆【天国vs地獄】幸福の科学に出逢えて良かった!嘘偽りの無い本当の話 Apr 12, 2017
◆「幸福の科学」の教えには人類普遍の法則が説かれている Apr 12, 2017
◆【奇病】明るい心は光と、暗い心は闇と、波長は同通する Apr 11, 2017
◆【永遠なる魂と本物の真理】創価学会員の義叔母が亡くなった。晩年の義叔母は[幸福の科学の生命の法]を大絶賛し近所の人達に見せていた。 Apr 11, 2017
◆【人生の王道】人生の終末期に起きること Apr 11, 2017
◆【10年前の私的政治思考】選択の自由には責任が伴う(2008年:幸福実現党始動前のブログ) Apr 10, 2017
◆まずは、自らを高める Apr 10, 2017
◆【信仰心は未来を見る力】何を信じて、何と縁を持つかで未来が変わり、この世の生き方で還る場所が違う。 Apr 10, 2017
◆【未来は光か闇か】光は放射する事で闇を打ち消すが闇を放射して光を消す事は出来ない。光を取るのか?闇を取るのか? Apr 09, 2017
◆【愛のテーブル】愛は光。光の放射で闇は消えるが、闇を放射しても光は消えない。 Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【自殺は悪】自殺してはいけない本当の理由 Apr 09, 2017
◆無用の用 Apr 08, 2017
◆悪にも「為す悪と為さぬ悪」があります Apr 08, 2017
◆【自殺しないでください】天上界から見たら、自殺も他殺も同じです Apr 07, 2017
◆【My Life】仮面の母 Apr 07, 2017
◆【My Life】父の死 Apr 06, 2017
◆【病魔との戦い】大量の病気、絶対治らないと言われた病気まで、全部治った! Apr 05, 2017
◆【人生相談】うつ病の母との葛藤の中、自分も同じ病に Apr 04, 2017
◆【祈願(前)の奇跡】母の極度の痴呆が、瞬時に治った。 Apr 03, 2017
◆【自分記】神さまの子? Apr 03, 2017
◆【My Life】人ありてこそ我あり Apr 02, 2017
◆【祈願】への疑問。その仕組を知り得心。 Apr 02, 2017
◆【田布施システムは嘘!】血筋より志(こころざし)(過去記事移動 + 加筆) Apr 01, 2017
◆【国防はどうした!】北に核ミサイルを撃たせるな!半島情勢の今と今後は? Mar 22, 2017
◆【未熟な現代科学】知ってるつもりの現在の科学文明、そして未来。 Mar 15, 2017
◆【公教育の質を問う】学校、先生、PTAって? Mar 14, 2017
◆【真なる改革者は在野から】既存地位のある者の中から、真の改革者は生まれていない。 Mar 13, 2017
◆【日本は世界平和貢献国】東洋と西洋の文化の交わる地、日本を思う。 Mar 12, 2017
◆【苦と霊的人生観】苦を試練として受け止めよう Mar 11, 2017
◆【成長する秤(はかり)】苦しみの限界は、さらなる限界を乗越える事で、ステップアップする。 Mar 10, 2017
◆核ミサイルの脅威から逃れるには、先制攻撃態勢も必要だろう Mar 09, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m