◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【文字(記事)と画(映像)①】マスコミのペンは誰の為のもの?


しばらく[いじめ相談]から離れていたので、約1年振りに復帰して、戸惑っています。

学校長は、『いろいろと相談したいので(当地まで)来て欲しい』と言われました。

旅費を出して頂ければ駆け付けつけますが、ボランティアの私は、この費用の出先に縛られてしまいます。

まず学校負担に出来ないでしょうが、何等かの形で学校が旅費を出せば、学校を攻めにくいでしょうしね(笑)

なので、いつも自己負担でしたが、やはり(時間と金にも)限界があります。

出来れば、相手の学校の方から来て欲しいですね。

いいや・・わざわざ来られた学校を、攻めることは出来ないかも(笑)


■こちらの話です。

◆(一財)いじめから子供を守ろうNW:保護者掲示板
http://otona.mamoro.org/?c=post&a=index&id=208

ま、こんなことやってます。

【いっそのこと】と、誰もが思いつかない視点からをも選択肢に入れてます。

『そんな事、(普通は)実行しないだろう』と思われることを、実行するのが私で(汗)


それにしても、たった1年ですが[いじめ現場]を離れて平穏に暮らしていましたので、現場に戻った時の圧迫感が(笑)

ずっと続けられて居られる人達、「凄いな」って思いますね。




【今の世の中、楽しいか?】

■昨日お客に言われました。

『アンタ、今の世の中、楽しいか』と。

もちろん「楽しいねぇ」と、即答しました(笑)

『どこが楽しいんじゃあ!』と怒鳴られました(汗)


この人の言いたいことは解かっています。

ですから、【なにゆえに楽しいか】を、じっくりと伝えました。


■「例えば、江戸時代の人が今を見たら【すごい時代だ】と腰抜かすよ(笑)」

それには否定されません(笑)

「だから・・」と、私が何を持って、生きている喜びを楽しみにしているかを話しました。

『アンタの考えには付いて行けん』と言われながら、しっかり定期的に来られます(笑)

私の話が嫌だったら来なかったら良いだけですがね(笑)。


■同様に、「世の中、ずいぶんと暮らしやすくなりましたね」・・って書くと、『何が!』って言われそうです(笑)

TVやYou Tubeを見る度に、そう思います。


私の青春時代は(有ったのですよ!これでも:笑)、今、東京や沖縄で反対デモをしている人達と対峙していました。

昨日の東京での反対デモには、積極的に若者が加わっている事を重視し報道が為されていました。

その傍には、共産党の志位委員長と、社民党の福島元党首。

世の中、変わりましたね。


■長らく共産党は反国家思想を持つので「アカ」と呼ばれ、[国家公安委員会]の監視下にありました。

それが今では、【法の下の平等】を盾に、ムチャクチャなことをしています。

ある公安の人から『ワシ等は民主党政権になって何もできん』、『アンタ等が代わりをやってくれている事に感謝している』と、お聴きしました。

・・アンタ等とは、幸福実現党のことです。自民党ではありません。


沖縄の現状・惨状は、1970年代でしたら、とっくに取り締まられています。

・・はずですが、あれだけの事をしても、無事に活動出来るのはなぜでしょう?

日本を破滅の道に誘っている人達が【護られています】。

いつのまに日本は、そうなってしまったのでしょうか?

おかしな国になってしまいました。




【不思議!?、沖縄は全国では珍しく人口が増えている】

■自然増ではありません。

移住者が増えているのです。

左翼運動家達が『危険だ』と騒いでいる地に、なぜか?移住者が増え、全体人口が増えています。

理由は言うまでもないでしょう。

本土からの左翼活動家達が引っ越しているのです。


現在沖縄の人達は、そうした過激な人達に、脅え続けながらの生活を強いられています。

見るとは見ずに見張られていますので、自由な発言も出来ません。

まるで中国のようです。







【私達は、安保闘争をして来た】

私達の時は、【1970年安保闘争】の真っ只中でした。

彼等と正反対の考えを持つ私は、彼等の集会に連れて行かれました。

10人程度いました。

「こいつら、好き勝手なこと言やがる」と、私には彼等の言葉が耳に入りません。


■そしてその場で私は、彼等に猛反発をしました(汗)

「俺は商売人の息子だぞ。お前等の言うマルクス主義など間違ってる!」

「お前等、平等平等を唱えるなら、俺のところへ明日のパンを持って来いや!」


■・・ガアガア言いますが(笑)、彼等は、私が空手部より破壊力を持っている事を知っていたので、手を出しては来ません。

私も、(もしもの場合)その場に居た連中くらい倒せると計算していたので、黙ってその場に居ました。

そうした、同年代同士でも、【緊迫した状態】に置かれる事がありました。


そうした連中が、火炎瓶を投げたり、角材を振り回して【暴力闘争】をしていました。

そして公安や機動警察隊と衝突して、殆どが逃げていました。

その生き残りが、政治家や大臣にもなりました。


そうした人達が今、自由・平等の名の下に、1960・1970年と同じことをしています。

だが、捕まりません?

何か法律が変わったのでしょうかね?

それこそ【法の支配下】に置かなければならない人達が、殆ど野放しになっています。


■彼等の殆どは、弱い弱い人間です。

公安や警察が本気になれば、必死で逃げて隠れていました。

そうした危険な人達をも、現行法下では、まるで彼等を護っているようにも見えてしまいます。




【言いたいこと言って、やりたいことやって、国民に迷惑を掛けている人達が、法に護られている?】

第4の権力と言われて久しいマスコミには、(ペンの)権力は存在しないのかな?

自民党若手議員達が、「マスコミへの圧力」を発したと大々的に報道されています。

マスコミに【報道しない自由】を駆使された私は(笑)、解からないでもありませんが、やはり言葉の責任は重いと考えます。

そうした中で、民主党政権時の恐怖を語られている人達もいます。

◆「書いた記者を外せ」と本紙に“圧力”…4年半前の民主党の「おごりっぷり」(Yahoo!ニュース、産経新聞より:2015-06-30)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150630-00000087-san-pol


言われたマスコミから、やれ暴走だの、何だのと騒がれていますが、言った人の気持は解かります。

それを公人になった人が発して良いかは、良くはありませんが、個人の責任です。

それを言うなら、元総理大臣達が集まって記者会見した内容に付いても、同じでしょう。

【影響力】を考えるのなら、後者の人達の方が大きいですよ。彼等にも発言の責任が発生します。


■現在は、言いたいこと言って、やりたいことやって、国民に迷惑を掛けている人達が、法に護られています。

まことに不思議です。


マスコミは【報道の自由】を強調していますが、【自由には責任が伴います】。

・かつてマスコミが絶賛し、持ち上げた[オウム教]は、何をしましたか?

・持ち上げ、祭り上げた人達が、その後犯罪者になった時、どうしましたか?
そうした人達、いっぱい居ますよね。

・マスコミ主導で・先導で創られた民主党政権は、日本をどうしましたか?


それ等の報道責任は、マスコミには一切無いのでしょうかね?

マスコミは、自らの【不見識】を問うべきではありませんかね。




【憲法前文解釈変更は、合憲か違憲か】

[幸福実現党]の初代党首に[饗庭直道]という人がいます。

私が尊敬している人物のひとりです。


■彼が、母校の大学に訪れて【憲法前文解釈変更】で、【集団的自衛権】を含めた自主防衛権の問題を恩師に提案しました。

恩師は、『これは面白い』と、『私の教え子が面白い話を持って来た』と、大学生達に【憲法前文解釈変更】の意見を聴いたようです。

結果は知りません(汗)

だが、憲法学者が【憲法前文解釈変更】には、興味を示されていた事は事実です。

それだけでも
【憲法前文解釈変更】が、巷で叫ばれている【違憲では無い】ことが解かるのではないでしょうかね。


◆日本国憲法前文(Wikipediaより)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E5%89%8D%E6%96%87

------------------------------------------------------------

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。

そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。

これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基づくものである。

われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。

われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。

われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

------------------------------------------------------------

この憲法前文は、非常に曖昧に作られていて、【解釈次第】では、日本国憲法そのものをも排除しかねないものです。

【日本国憲法そのものが違憲だ】と言われている理由のひとつがここにあります。


■例えば平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した】とあります。

だが、【平和を愛さない諸国民(他国)】だったら、どうするのか?・・に対しての、答えはありません!

現実の日本は、そうした【平和を愛さない他国】の脅威に晒されています。

だから、現状に合った前文解釈をすれば、
平和を愛さない諸国民(他国)の公正と信義は信頼できず、われらの安全と生存を保持しようと決意した】と読むことも出来ます。

これだけで、自衛隊の存在は合法となり得ます。


■もっと前には、

そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。

これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基づくものである。
われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

・・とあります。

【人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基づくもの】である・・これは議会制民主主義が前提になっているのです。

【われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する】とあるので、議会制民主主義が前提なっていない制度は排除する】とも読めます。


■【前文】は大切ものです、骨子です。

その前文が、あやふやに作られているのです。

なので、前文の解釈次第では、自衛隊の存在も、集団的自衛権も、違憲とはならないはずです。

先の憲法学者も、そのような解釈変更もあり得ることは承知されていますが、なぜか?黙しておられます。


■その教授に師事していたのが竹田恒泰氏ですが、彼はこれらのことも、[幸福実現党]に関しても、一切何も語られていません。

彼はほんとうに、保守派なのでしょうかね?

マスコミ迎合主義者になっては居られないでしょうか?

・・最近、言論人まで信用出来なくなりました(汗)




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題] | 2015.07.04(Sat) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【無から有へ】何も無い処から、生み出す・創りだす面白さ Apr 27, 2017
◆【礼、智、 信、義、勇、仁、徳】仏の智慧で世界を救い導け。正義を貫き、不義に妥協することなかれ。 Apr 26, 2017
◆【目は心の窓】個性さまざま、放ち放たれた言葉 Apr 25, 2017
◆【正論、必ずしも正義ならず】義憤としての冷静な怒り Apr 24, 2017
◆【知は力】失敗を反省し、繰り返さないことの大切さ Apr 23, 2017
◆【幸福の科学:緊急霊言】追い詰められた金正恩守護霊、トランプ氏に挑発メッセージ Apr 21, 2017
◆【病原菌の正体】新型インフルエンザに思う Apr 20, 2017
◆【反省と感謝】暴風雨人生から立ち直るには反省と感謝が絶対不可欠。常態化すれば上昇階段が現れるだろう。 Apr 19, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(3) Apr 18, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(2)。 Apr 17, 2017
◆【国民の生命を護ろう!】核・水爆・EMP・生物・化学兵器に、何等の抑止力を持たない日本国 Apr 16, 2017
◆【若き頃のバイタリティは素晴らしい】大学時と共産主義者との出逢い Apr 16, 2017
◆【北朝鮮危機】今こそ日本人の本物の信仰心の試される時 Apr 15, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々。 Apr 15, 2017
◆【雨・風・雷・台風】偶然にしては、あまりにも・・ Apr 14, 2017
◆【不思議な出来事】ネットで起きた実話、夢の中で見た真実、信じられないような話・・ Apr 14, 2017
◆【驚きと得心】本物の宗教に出逢えた喜びを、体験談として少しだけ Apr 13, 2017
◆【天国vs地獄は、信仰心vs無神論・唯物論】日本国家を救えるのは無神論者・唯物論者では無い。信仰心溢れる人達こそが日本を救い世界を導く Apr 12, 2017
◆【天国vs地獄】幸福の科学に出逢えて良かった!嘘偽りの無い本当の話 Apr 12, 2017
◆「幸福の科学」の教えには人類普遍の法則が説かれている Apr 12, 2017
◆【奇病】明るい心は光と、暗い心は闇と、波長は同通する Apr 11, 2017
◆【永遠なる魂と本物の真理】創価学会員の義叔母が亡くなった。晩年の義叔母は[幸福の科学の生命の法]を大絶賛し近所の人達に見せていた。 Apr 11, 2017
◆【人生の王道】人生の終末期に起きること Apr 11, 2017
◆【10年前の私的政治思考】選択の自由には責任が伴う(2008年:幸福実現党始動前のブログ) Apr 10, 2017
◆まずは、自らを高める Apr 10, 2017
◆【信仰心は未来を見る力】何を信じて、何と縁を持つかで未来が変わり、この世の生き方で還る場所が違う。 Apr 10, 2017
◆【未来は光か闇か】光は放射する事で闇を打ち消すが闇を放射して光を消す事は出来ない。光を取るのか?闇を取るのか? Apr 09, 2017
◆【愛のテーブル】愛は光。光の放射で闇は消えるが、闇を放射しても光は消えない。 Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【自殺は悪】自殺してはいけない本当の理由 Apr 09, 2017
◆無用の用 Apr 08, 2017
◆悪にも「為す悪と為さぬ悪」があります Apr 08, 2017
◆【自殺しないでください】天上界から見たら、自殺も他殺も同じです Apr 07, 2017
◆【My Life】仮面の母 Apr 07, 2017
◆【My Life】父の死 Apr 06, 2017
◆【病魔との戦い】大量の病気、絶対治らないと言われた病気まで、全部治った! Apr 05, 2017
◆【人生相談】うつ病の母との葛藤の中、自分も同じ病に Apr 04, 2017
◆【祈願(前)の奇跡】母の極度の痴呆が、瞬時に治った。 Apr 03, 2017
◆【自分記】神さまの子? Apr 03, 2017
◆【My Life】人ありてこそ我あり Apr 02, 2017
◆【祈願】への疑問。その仕組を知り得心。 Apr 02, 2017
◆【田布施システムは嘘!】血筋より志(こころざし)(過去記事移動 + 加筆) Apr 01, 2017
◆【国防はどうした!】北に核ミサイルを撃たせるな!半島情勢の今と今後は? Mar 22, 2017
◆【未熟な現代科学】知ってるつもりの現在の科学文明、そして未来。 Mar 15, 2017
◆【公教育の質を問う】学校、先生、PTAって? Mar 14, 2017
◆【真なる改革者は在野から】既存地位のある者の中から、真の改革者は生まれていない。 Mar 13, 2017
◆【日本は世界平和貢献国】東洋と西洋の文化の交わる地、日本を思う。 Mar 12, 2017
◆【苦と霊的人生観】苦を試練として受け止めよう Mar 11, 2017
◆【成長する秤(はかり)】苦しみの限界は、さらなる限界を乗越える事で、ステップアップする。 Mar 10, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m