◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【日本の神々が怒っている】国のトップは常に「神の意志がどこにあるか」を知って置かなければ、国民をミス・リードしかねない。


善悪・正邪が逆転すると、善が悪に、悪が善に見えてしまう、思えてしまう。

また、安易な妥協は、神々にそむくものとなり得る。


【日本の先人達の善行を、悪行に変えるな!】

無かった事を、『有った事』とされる。

為してもいない事を、『やった』とされる。

【日本の善行を、悪行にされ続けて来た】こと対して、日本人は正義の怒り・義憤を持つべきです。


◆【党声明】「戦後70年談話」を受けて(幸福実現党)
幸福実現党は、本日、安倍晋三首相が発出した「戦後70年談話」の撤回を求めます。
https://youtu.be/f3svKdtJZ1s





【かつて、殆どの戦争体験者は、戦争に参加した自慢話をしていた】

■マスコミは、【戦争体験者・口伝者達がいなくなる】ことを危機のように煽っていますが、それが本当で、正しい事でしょうか?

マスコミの言う[戦争体験者・口伝者]とは、戦争の悲惨さを語る人達のみです。


■ちなみに私は戦後生まれの団塊世代ですが、仕事の過程で沢山の戦争体験者の言葉を聴いて来ました。

ほぼ100%の人達の話は、戦争に参加した自慢話でした。

唯一、ある労組の人から天皇陛下を侮蔑する言葉を聴いたのみです。

圧倒的に、比較にならない程、10000対1の感じで自慢話を聞かされていました。


なぜ、彼等先人達は、【悲惨さよりも自慢話】をしていたのでしょうね。

自慢出来るだけの事をして来たからでしょうが!

それも、行く先々の全員ですよ!

万単位の人達が、わざわざ【嘘】を語るはずも無いことです!

私は、そうした先人達を誇らしく思っています。


■私は、戦争の是非を言っているのではありません。

戦争に出た人達が、悲惨さよりも、誇らしげに自慢していた事実を語っています。

今も、そうした人達が生きて居られるはずですが、なぜ?マスコミは、【悲惨さ】を語る人達のみを、紹介するのでしょうかね?




【共産・社会主義者達に、思想の侵略・占領されてしまった日本】

■そうした誇らしき人達が、第一線から退き始めた頃から、日本は変わり始めました。

私達団塊世代の中の、極く一部の安保反対者(マルクス共産主義者)達の声が大きくなり始めたのです。


■私自身は、そうした彼等と対峙していたので、直接そうした声も聴いては居ました。

だけども、すでに平和国家として機能していた日本に、彼等の声が届くとは考えられませんでした。

迂闊でした。

彼等は、日本人の思想を変えることから始めたのです。

米ソ冷戦の最中に、日本国民を冷戦に向けさせて置き、その間隙をぬって平等思想を広めました。

労組、マスコミに入り込み、社会環境を変えてしまいました。

日教組に入り込み、教育環境を変えてしまいました。


彼等は、日本人の中に無神論・唯物論を植え付けたのです!



【平和ボケ】の言葉は聞かれた人も多いかと思います。

すでに、この頃の彼等は【日本人の思想を変える】ことに成功していたのです。

日本人に【無神論・唯物論】を定着させる事に、大成功しました。


■マスコミに入った者達は、情報操作をすることで、視聴者誘導を始めました。

日本人のマスコミが嘘を報道するはずはない』との信頼を盾に取り、見事に裏切って来ました。

自分達マスコミの都合の良い報道をして、国民目線をマスコミは絶対間違いないにしたのです。

白を黒に。黒を白に。

嘘を本当のように仕向け続けて来ましたし、今なおそうです。


■その後の日本は、日本人は、マスコミ報道を基準にするようになりました。

そうしてマスコミは、嘘でも本当にしてしまう、真実でも嘘にしてしまうを持ちました。

ですから、前述の戦争に参加した自慢話】をする人達の声は無視され、【戦争の悲惨さを語る人達】のみを報道し続けて来ました。



■ちなみに、仏神の天国界では【嘘は罪】ですが、仏神に刃向かう地獄の勢力は【嘘は平気で吐くこと】です。

すべての価値観が逆転しています。

ですから、死後の自分がどこに行くかは、【正直に生きたか。嘘・偽りの中で生きたか】を、自分自身に問えばわかります。


嘘や偏向報道操作をして、自らが仕向けた方向に向かわせる手法は、悪魔の手法です。

それに従う日本人に対して、日本を護っている神々の怒りは、爆発寸前に達しています。

[幸福の科学]は、そうした日本の神々の【現在只今の考えを聴き取れる、唯一無二の宗教】です。

ですから、『攻められて滅ぶ恥をかくなら、その前に我等が終わらせる』と決意された日本の神々の声は聴いては居ります。

日本各地の噴火や、異常気象は、それゆえです。


原因は科学者達には解からないはずです。

だが、私達は【日本を護持している神々の警告】だと知っています。

すでに何度も警告が為されて来ました。

だが、それ等が【日本を護持している神々の警告】とはツユも思わず、のうのうと生きている日本人に、【最終警告】が為されました。


それでも![幸福の科学/幸福実現党]は諦めず、真に日本を護る為に活動しています。

[幸福の科学/幸福実現党]の終わりは、日本のみならず、世界の終わりです。

私達が終わらせようとしているのでは、断じて!ありませんよ!


ひとつは、地球(意識)が限界に達しているのです。

【もうこれ以上、不愉快な生物を住まわせたく無い】と、身震いしたり、海水温度の変化になって現れています。

地球の回転を支える、地軸を安定させる【地磁気】の減少が続いています。


■1999年もそうでした。1998年秋から【地磁気減少】が続いていました。

そのまま行けば、【ポールシフト(地軸移動・極移動)】という大惨事・・というより文明の終焉を迎えていました。

この時、地球(意識)をなだめて、我慢してもらったのが[幸福の科学]です。

断じて、嘘・偽りではありません!


今また、地球(意識)が1999年に起こそうとしていた【ポールシフト(地軸移動・極移動)】の準備を始めました。

ポールシフトが起きれば、一瞬にして世界は終わります。

ノアの箱船伝説は、このポールシフト時の話です。




【日本の神々と日本人は、欧米に侵略支配を受けて奴隷国になっていたアジア民族を解放させた】

■また、日本には日本を護る神々が天上界に居られます。

世界の国の殆どに、その地の民族神が居られます。

地上の人間が実際に信仰している宗教とは関係なく、存在されています。


日本で言えば日本神道の神々です。

先の太平洋戦争は、地上の人間の意志では無く、【日本神道の神々の意志】だったのです。

【欧米に侵略支配を受けて、奴隷国になっているアジア民族を解放させる】との、強い意志でした。

天上界の神々に信仰心が強かった日本だったから、そうした使命が降りたのです。


■そうした【日本神道の神々の意志】を受け取った人達が、【アジアの民族解放】の為に立ち上がり、戦ったのです。

ですから、断じて、侵略戦争では、ありません!

実際、日本は侵略はしていません!

侵略していたのは、欧米諸国です。

戦後の現中国です。

※ 現中国は、満州族、チベット族、内モンゴル族、東トルキスタンという、他民族の国に攻め入り、現在まで占領支配し続けています。

陸地をほぼ制した現中国の向かう先は、【海】です。

【海に面した島国】です。

台湾・沖縄はもちろん、フィリピンやベトナムなども、取り込むつもりです。

その先に【日本本土】があるのは、語るべくもないでしょう。




【日本を護る神々の力を増して、日本を護れ!】

昨日の【安部総理の70年談話】は、そうした先人達を陥れ、日本を護持されている神々を冒涜するものです!

神々の怒りが伝わって来ますよ!

【もう、護らんでもいい!】ってね!


■私は私なりに、山口県を護って来た・・つもりです。

ここ10年間、山口県に台風来ましたか?

大水害、起きましたか?


防府市に起きた大水害は特別です。
あれは、私が護ることを放棄した地でした。

ある事で、あの地に関わりたく無くて、私の心が逃げていました。
そしたら、1ヶ月後に、あの大水害でした。

もちろん私が起こしたのではありませんよ。
私の心が離れてしまって、護り切れなかった油断でした。


偶然かも知れませんし、そう思いたいですよ。

でも、10年も台風被災が無ければ、偶然とは思えないのです。

私の念いに対して、[幸福の科学霊団]の応援はもちろんですが、下関のパワースポット神社の神様に応援頂いている気がしてなりません。


そうした神々が、今の日本人に【警告】をされ続けています。

【日本人魂を取り戻せ!】と、言われ続けています。

それゆえに、このブログを書き始めました。

だけども、もう、限界点に達しました。


それでも、日本を護りたい気持は捨てません。

ただ、これからの日本や山口県には、護り切れない場所が出るかも知れません。

侵略国家の触手は、とっくに日本国内に伸びていますのでね。

とうとう、パワー・バランスになってしまいました。


日本が不利なのは、完全唯物論国家と、ほぼ唯物論国家(日本)の争いだからです。

どちらも同じだからです。


ですから、日本が【信仰ある国と国民】に変われば、日本を護っておられる神々のパワーが増します。

本来の日本の民族神のパワーは世界一ですが、今は、その力が殆ど出せない状態です。


出来るだけ[幸福の科学]の教えを学んで頂きたくありますが、無理なら【近い教え】を学んで下さい。

【あの世と、霊】を正確に教えることが出来る宗教です。


それも無理なら、せめて私達[幸福の科学/幸福実現党]の行く手を阻まないで下さいね。

なるべく、応援側に回って下さいね。 m(._.)m



(追記に、数日前に書いていた冗談話を載せます。歴史の真実から見た謝罪を、皮肉的に書いています)
(私的な冗談話であり、幸福の科学とは一切関係ありません)




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


以下は、ネットで見掛けた詩篇に、私が加筆したものです。

安部総理の70年談話前の、
私個人の【冗談話】です。(幸福の科学とは無関係です)


最初の出典が不明なので、御三人様のブログ記事から引用・加筆させて頂きました。

◆アジアの人々に対する、日本の反省と謝罪(土佐のくじらさん:2013.05.23.)
http://blog.goo.ne.jp/orbakuchan/e/39fd86540cc81fd7df37c72b126f609d

◆アジアの方々に対する 日本の反省と謝罪のことば(大川隆法ネット後援会(幸福実現友の会)さん:2015.06.28.)
http://ameblo.jp/oramorre/entry-12044262552.html

◆謝罪すべきは、日本の弱さ(理想国家日本の条件 自立国家日本さん:2015.07.01.)
http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/e540fef9f1ce667a4fb986c6399a8981




【日本の反省。謝罪とお詫び】


【アジア諸国】

太平洋戦争に負けてしまったことに、深く謝罪する。

我らの弱さが、敗戦を招いてしまった。

申し訳ない。


もっと我等日本人が勇気を出して、欧米並の無慈悲さを持つべきだった。

日本は愛ある国ゆえに、それが出来なかったことに、お詫びと反省をする。

ほんとうに申し訳なかった。


■我等日本は、ペリーに寄って、強引に世界の荒海に引きずり出された。

ゆえに我等は、欧米に滅ぼされないようにと、明治維新政府を創った。


だが、間違っていた。

あのまま、鎖国日本にして置けば良かった。

鎖国は、国力が強いからこそ出来るのだ。

だから日本は、日本のことだけ考えて、鎖国を維持すべきだった。


深い反省とお詫びをしなければならない。




【朝鮮半島】

清国が朝鮮半島侵略した時、日本は無視するべきだった。

清国が朝鮮半島を欲しければ、黙して譲るべきだった。

だが、朝鮮王朝の求めに応じて、助けてしまった。

ほんとうに申し訳ない。


■清国の侵略で、朝鮮王朝は、上海に居た西欧列強に助けを求めた。

だが、西欧列強は『お前の国など要らない』と、嘲笑い、無視した。

さらに、西欧列強は『助かりたかったら、日本に併合してもらえよ』と、嘲笑った。

その声は、そのまま日本に届いた。


我々は、道を誤った。

朝鮮半島使者が、『清国の侵略から助けて欲しい。日本に併合してもらえれば生き延びられる』の言葉を、重大に受け止めてしまった。


隣国の滅亡危機なので、日本国の兵力が落ちることすら無視して、頼まれた通りに、朝鮮と日本を併合してしまった。


もちろん対等併合なので、日本から朝鮮半島へ多大な支援をした。

インフラ整備・医療・教育等、もろもろのものを日本と同じものにしてしまった。


これが、あなた達に『世界レベルになった』と勘違いをさせてしまった原因だ。

ほんとうに申し訳なく思う。



■『反日』を叫ばれる昨今、さかのぼってみれば、あの助けを求めて来た時、放って置けば良かったと、非常に反省している。

朝鮮王朝と半島は滅亡しても、清国の為すがままにさせて置くべきだった。

そうすれば、朝鮮半島は清国(後の台湾)になっていたので、『反日』を叫ばなくても済んだだろう。

助けてしまって、申し訳なく思う。


■また、太平洋戦争終結後も、我々は引き上げるべきではなかった。

我々が朝鮮半島から引き上げたために、朝鮮戦争が起きてしまった。

あの時、日本が朝鮮半島を放棄しなかったら、朝鮮民族が分断されるような悲劇は起きなかった。

あの分断悲劇は、我々日本が、朝鮮半島を放棄したからだ。

許して欲しい。 




【満州】

■満州の方々には、誠に申し訳ないことをした。

せっかく満州族の皇帝を擁立し、あなた方の国家を創って差し上げたのに、我々は、それを守りきることが出来なかった。

ソ連が連合国入りした際に、日ソ不可侵条約は破棄して、沿海州やモンゴル、シベリアや北樺太を制圧して置くべきだった。

そしてこれらの地に、満州をお手本にして、新たな国家を創るべきであった。


そうしていたら、あの時点で、ソ連は崩壊していただろう。

悪魔スターリンは、失脚していたはずだ。

その後の中共による、チベット、内モンゴル、ウイグルの悲劇も、世界の歴史には存在しなかっただろう。

中央アジアや東ヨーロッパの国々も、長年ソ連によって抑圧され、ゴルバチョフの降臨時まで、つらい思いをさせてしまった。


樺太や千島列島の方々も同様だ。

我々の力不足を、どうか許して欲しい。




【沖縄】

■沖縄のみなさん、本当にごめんなさい。

我々は、あなた方を守ることが出来なかった。 

尊い同胞を、沢山失ってしまった。
 
断腸の思いだ。


敵国を上陸させてしまったのは、返す返すも残念だ。

だからもう二度と、聖なる日の本の地に、敵を上陸させはしない。

約束する。




【台湾】

■台湾の皆様には、もはや謝罪の言葉が浮かばない。

ああ、我々は、なぜ、あなた方の地を放棄してしまったのだろう。

「見捨てた」と思われても、仕方のない判断だ。


あなた方と我々は、その時すでに同胞だったのだ。

我々の判断間違いだ。

やはり、引き上げるべきではなかった。

あの時、我々がいたら、二つの中国問題など、存在しなっかたのだから。



我々の失策で、共産党の台頭を許してしまった。

だが我々は、中国共産党とは戦ってはいない。

だから、なぜ今、中国共産党が戦勝国なのか、不明のままだ。



■中国国民党軍なら知っているはず。

日本に、【従軍】慰安婦など、居なかったことを。

我々日本軍が南京に入城した時、市民に【旗振って、大喜びで迎えられた】ことを。


残念ながら、あなた達国民党の真実より、共産党の嘘が侵略支配している。

それも我々日本の失策だ。

ほんとうに申し訳ない。



■あなた達の先祖こそが、中国本土人だ。

我々の不甲斐なさゆえ、母国を捨てさせてしまった。

ほんとうに申し訳なく思っている。


我々の過去の過ちを許して欲しい。

もう一度、友人として、未来を分かち合いたいと願っている。




【中国】

中国人民にも、謝らなければならない。

我々が台湾を放棄したことによって、中国人民が二つに割れる要因を、作り出してしまった。

本当に申し訳ない。

心からお詫び申し上げる。


■また、清国時代でも、朝鮮半島が欲しければ、何もせずにいれば良かった。

「いずれ清国との争いは避けられない」と準備はしていたが、朝鮮半島を助けなければ、【我々はもっと力強い国力を蓄積出来た】。


我々が甘かったのだ。

朝鮮半島は清国に譲り、次に日本に攻め込むだろう清国に対しての備えを強化するべきだった。

そうすれば、【日清戦争などせずに済んだだろう】

申し訳ない。




【米国】

我々は、あなた達が高性能レーダーで、動きを察知していることは知っていた。

あなた方には、戦争参加する口実が必要だとも、知っていた。

たから、宣戦布告直後に、ハワイを落とした。


ここで、申し訳なく思うのが、そこで一息吐いたことだ。

休まずに、西海岸を攻め落とすべきだった。

最初の段階で、西海岸を徹底的に叩いて置くべきだった。


あの時の貴国は、まだ戦争参加表明をしていなかったので、日本武士の心根を持つ我々には、米本土攻撃には躊躇してしまった。


少しばかりの余裕を見せたことが、間違いだった。

ゆえに、あなた方を大戦に引き込ませてしまった。

申し訳なく思う。



■あなた方は、【終戦後】に、広島・長崎に原爆投下をした。

3発目は東京に向かっていたようだが、すでに日本は降伏状態だったので、すべての原爆投下の必要は無かった。

善良な米国のことだから、おそらく、なにかの誤りだったのだろう。


だが私は、今でも原爆投下には納得していない。

私の被害妄想かも知れない。

申し訳ない。


■ついでだが、戦時中の日本にも、核兵器技術があったので、貴国に対して、落として爆発させて置くべきだった。

米国民間人の人命を尊重するがゆえに、躊躇してしまった。

我等日本人の、弱点だ。

躊躇なく、落とされる前に落としておけば、【戦争を終結させるための原爆投下だった】など、苦しい言い訳をさせずに済んだ。

何十年も、嘘を吐かせてしまった。

ほんとうに申し訳ない。




【本音】

米国には、台湾同様に、戦後は友人となった今、過去にはこだわらない。

ただ、戦後の日本人には、どこから持って来られたのか知らないが、【間違った教育、歴史観】が埋め込まれた。

それを取り除くことに、協力をして頂きたい。

冗談抜きで、心から、そう願っている。


日本が立ち直っても、世界は困らない。

むしろ、大歓迎だろう。

ご存知のはず。


もっと日本人の心の奥底に眠っている、サムライ魂を信じて頂きたい。

真剣に、そう願っている。

友人のために。

友人達のために。


関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [4] | Category [政治・経済] | 2015.08.15(Sat) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


No title

まったく、地上波では、

戦争体験者といえば、

戦争の悲惨さのみを語るだけで、

あとは、既定路線の、

反戦反原発。

まったく、うんざりです。

今、反戦反原発を言って、
得するのは、どこの国か。

以前、チャンネル桜で、

戦争体験者のインタビューのことをやっていて、

戦争体験者がTVで語るのは、

たいていTV向けで、あるということを知って、

愕然としました。

で、ちなみに、桜島の警戒レベル4になったのが、
安倍談話の翌日。

さらに、台風2個同時発生。

日本神道系に神々の怒りが、
もう、MAX状態。

そうそう、このブログを転載させてください。

2015.08.16(Sun) 11:08 | 英 [URL] | 編集 | ▲PageTop

No title

どうぞ転載してください。

私は、霊能力はありませんが、【神々の怒り】は伝わって来ました。

まさにMAX状態です。


ですから今の私に近付くのは危険かも(笑)

2015.08.16(Sun) 14:15 | phoenix [URL] | 編集 | ▲PageTop

No title

日本の反省。謝罪とお詫びの記事に感銘を受けました。
当ブログでも紹介させていただいても宜しいでしょうか?

2015.08.17(Mon) 07:31 | エスカレント [URL] | 編集 | ▲PageTop

No title

皮肉り過ぎて(汗)、妻子に『過激すぎる!』と叱られて(笑)、自粛していましたが、我慢できずに載せました。

史実としての嘘はありませんので、どうぞよろしくお願い致します。 m(._.)m

2015.08.17(Mon) 13:56 | phoenix [URL] | 編集 | ▲PageTop

 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【無から有へ】何も無い処から、生み出す・創りだす面白さ Apr 27, 2017
◆【礼、智、 信、義、勇、仁、徳】仏の智慧で世界を救い導け。正義を貫き、不義に妥協することなかれ。 Apr 26, 2017
◆【目は心の窓】個性さまざま、放ち放たれた言葉 Apr 25, 2017
◆【正論、必ずしも正義ならず】義憤としての冷静な怒り Apr 24, 2017
◆【知は力】失敗を反省し、繰り返さないことの大切さ Apr 23, 2017
◆【幸福の科学:緊急霊言】追い詰められた金正恩守護霊、トランプ氏に挑発メッセージ Apr 21, 2017
◆【病原菌の正体】新型インフルエンザに思う Apr 20, 2017
◆【反省と感謝】暴風雨人生から立ち直るには反省と感謝が絶対不可欠。常態化すれば上昇階段が現れるだろう。 Apr 19, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(3) Apr 18, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(2)。 Apr 17, 2017
◆【国民の生命を護ろう!】核・水爆・EMP・生物・化学兵器に、何等の抑止力を持たない日本国 Apr 16, 2017
◆【若き頃のバイタリティは素晴らしい】大学時と共産主義者との出逢い Apr 16, 2017
◆【北朝鮮危機】今こそ日本人の本物の信仰心の試される時 Apr 15, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々。 Apr 15, 2017
◆【雨・風・雷・台風】偶然にしては、あまりにも・・ Apr 14, 2017
◆【不思議な出来事】ネットで起きた実話、夢の中で見た真実、信じられないような話・・ Apr 14, 2017
◆【驚きと得心】本物の宗教に出逢えた喜びを、体験談として少しだけ Apr 13, 2017
◆【天国vs地獄は、信仰心vs無神論・唯物論】日本国家を救えるのは無神論者・唯物論者では無い。信仰心溢れる人達こそが日本を救い世界を導く Apr 12, 2017
◆【天国vs地獄】幸福の科学に出逢えて良かった!嘘偽りの無い本当の話 Apr 12, 2017
◆「幸福の科学」の教えには人類普遍の法則が説かれている Apr 12, 2017
◆【奇病】明るい心は光と、暗い心は闇と、波長は同通する Apr 11, 2017
◆【永遠なる魂と本物の真理】創価学会員の義叔母が亡くなった。晩年の義叔母は[幸福の科学の生命の法]を大絶賛し近所の人達に見せていた。 Apr 11, 2017
◆【人生の王道】人生の終末期に起きること Apr 11, 2017
◆【10年前の私的政治思考】選択の自由には責任が伴う(2008年:幸福実現党始動前のブログ) Apr 10, 2017
◆まずは、自らを高める Apr 10, 2017
◆【信仰心は未来を見る力】何を信じて、何と縁を持つかで未来が変わり、この世の生き方で還る場所が違う。 Apr 10, 2017
◆【未来は光か闇か】光は放射する事で闇を打ち消すが闇を放射して光を消す事は出来ない。光を取るのか?闇を取るのか? Apr 09, 2017
◆【愛のテーブル】愛は光。光の放射で闇は消えるが、闇を放射しても光は消えない。 Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【自殺は悪】自殺してはいけない本当の理由 Apr 09, 2017
◆無用の用 Apr 08, 2017
◆悪にも「為す悪と為さぬ悪」があります Apr 08, 2017
◆【自殺しないでください】天上界から見たら、自殺も他殺も同じです Apr 07, 2017
◆【My Life】仮面の母 Apr 07, 2017
◆【My Life】父の死 Apr 06, 2017
◆【病魔との戦い】大量の病気、絶対治らないと言われた病気まで、全部治った! Apr 05, 2017
◆【人生相談】うつ病の母との葛藤の中、自分も同じ病に Apr 04, 2017
◆【祈願(前)の奇跡】母の極度の痴呆が、瞬時に治った。 Apr 03, 2017
◆【自分記】神さまの子? Apr 03, 2017
◆【My Life】人ありてこそ我あり Apr 02, 2017
◆【祈願】への疑問。その仕組を知り得心。 Apr 02, 2017
◆【田布施システムは嘘!】血筋より志(こころざし)(過去記事移動 + 加筆) Apr 01, 2017
◆【国防はどうした!】北に核ミサイルを撃たせるな!半島情勢の今と今後は? Mar 22, 2017
◆【未熟な現代科学】知ってるつもりの現在の科学文明、そして未来。 Mar 15, 2017
◆【公教育の質を問う】学校、先生、PTAって? Mar 14, 2017
◆【真なる改革者は在野から】既存地位のある者の中から、真の改革者は生まれていない。 Mar 13, 2017
◆【日本は世界平和貢献国】東洋と西洋の文化の交わる地、日本を思う。 Mar 12, 2017
◆【苦と霊的人生観】苦を試練として受け止めよう Mar 11, 2017
◆【成長する秤(はかり)】苦しみの限界は、さらなる限界を乗越える事で、ステップアップする。 Mar 10, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m