◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【政治利用曲?】[戦争を知らない子供たち]から半世紀経ったが、[真実・真理を知ろうとしない大人達]になってやしないかな?


【政治利用される半世紀前のヒット曲】

■最近TVCMで、杉田二郎が[戦争を知らない子供たち]を唄っている。

ジローズ時代のオリジナルヒットは、以下のもの。

◆戦争を知らない子供たち(You Tube より)
https://youtu.be/5v1-df1PPpA

①戦争が終わって僕らは生まれた、戦争を知らずに僕らは育った、大人になって歩き始める、平和の歌を口ずさみながら

②若過ぎるからと許されないなら、髪の毛が長いと許されないなら、今の私に残っているのは、涙をこらえて唄うことだけさ

③青空が好きで花びらが好きで、いつでも笑顔の素敵な人なら、誰でも一緒に歩いて行こうよ、綺麗な夕陽の輝く小道を

※歌詞一部を記載しています。不適切でしたら削除致しますので、ご連絡下さいますよう、お願い致します。


■作詞の北山修氏の歌詞は、当時は[ド素人歌詞]と言われていたが、私は北山修氏の歌詞は好きだった。

確かに「青臭かった」が、下手な恋愛歌や反戦歌より余程マシだった。

この歌は、北山修氏らしからぬ反戦歌めいたもので、勝手に一人歩きしたのだろう。

歌詞の③こそが、北山修の歌詞だ。

これを見ると、当時は、ありのままを伝えただけで深い意味は無かったと思う。


やがて、この歌が(ベトナム)反戦歌の仲間入りに。

他のドギツイ反戦歌と違い、青臭さのある歌詞を利用して【純粋に平和を願う歌】として利用する人達がいた。

日教組と、その類だ。




【かつての「戦争を知らない子供たち」は、今は「真実・真理を知ろうとしない大人たち」になった】

北山修氏はどう思っているのか知らないが、杉田二郎氏には言いたい事があり、ブログに書くことにした。

◆団塊のジジイが「戦争を知らない子供たち」を歌う「通販生活」のCMが気持ち悪い
http://otowota.com/archives/2015/%e6%88%a6%e4%ba%89%e3%82%92%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%81%9f%e3%81%a1-%e9%80%9a%e8%b2%a9%e7%94%9f%e6%b4%bb-cm/


杉田二郎氏。

同世代の私達を巻き込まないでもらいたい!

それが偽らざる気持ちだ。


■あなたのTVCMは、この若者達が言うように見るに耐えない、聴くに耐えない。

ドローンとした顔と伸びない声で、歌を細切れにして唄う姿は、プロとしての自覚があるのだろうか?

その調子で【反戦歌】を唄わないで頂きたい!

上記の若者達ばかりでなく、私も家族も気持ちが悪い。


■この歌は、半世紀前の私達世代の[記憶遺産]で充分だ。

とっくの昔に、歌としての役目は終わっている。

そうした半世紀前の遺産が、今なお使われるのには困惑する。

迷惑だ!




【平和を唱えただけで、平和な世界になるのか?】

①戦争が終わって僕らは生まれた、戦争を知らずに僕らは育った、大人になって歩き始める、平和の歌を口ずさみながら

この歌を、中東で唄えるかな?

中東で『僕達は戦争を知りません』って唄ってごらんよ。


■[平和の歌]が何なのか知らないが、大人になって歩き始めて【何を掴んだのかな?】

その掴んだものは光り輝くものかな?

夢や希望をもたらせるものかな?

間違っても、暗黒思想を掴まないこと。


私も戦争は嫌いだ。

嫌いでも、「僕達は戦争を知りません」とは言えない。言わない。

知らなかったら、知れば良い。

たったそれだけのことだ。



②若過ぎるからと許されないなら、髪の毛が長いと許されないなら、今の私に残っているのは、涙をこらえて唄うことだけさ


■言って置くが、私は若過ぎる内から世間の風雨に晒された。

人生のドン底を味わったよ。

だけども誰一人として、若過ぎるとは言わなかったし、聞かなかった。

そんな私には、この部分だけは世間に甘えた歌詞としか思えない。


当時の長髪族の殆どは大学生。そして芸能界。

社会に出たら通用しない。

[いちご白書をもう一度:就職が決まって髪を切ってきた時、もう若くないさと、君に言い訳したね]とあるように、一部の者達の流行に過ぎない。


私は流行に流されるのが嫌いで、ずっと[7:3分け]だ(笑)

20歳の時は、丸坊主にアゴヒゲだったし(笑)

さすがに外に出ると、いささか目線を感じるので、すぐに伸ばしたけど(笑)


そんな私から見たら、[髪の毛が長いと許されないなら]なんてのは、社会に甘えているとしか思えなかったよ。

私の身辺の長髪族の殆どは、次男・三男達だったし。

そんな甘えん坊が、【戦争を知らない】と息巻いていたのじゃないかな。


半世紀経っても【戦争を知らない】ってのは、恥ずかしいことだ!

表に【平和】を掲げて、裏から不幸を呼び込むな!




【経験話:ある日突然、みんなの土地が強欲な人に奪われた】

■30年位前、痛い経験をした。ご近所トラブルだ。

ある日突然、近所の人が『この土地は私のもの』と宣言した。

とんでもない!その土地は先祖代々からの共有地だった。

だが、いくら説得しても話にならない。勝手にブロック塀を築き始めた。

まったく対話にならないので、私は裁判に訴える準備を始めた。

法廷に出たら、その土地は公共地・共有地である事が立証できるし、沢山の証人もいる。


ところが、母親が『近所トラブルは恥ずかしい』と泣き騒ぎ、私は何も出来なかった。

結局、共有道路は、その人に取られてしまった。

その人は、なんと!共有道路を自分の土地として登記してしまった。

泣いた人達は沢山いたが、全員が泣き寝入りだ。

私は泣き寝入りするつもりは微塵もなかったのだが、母親が暴れるので、どうしようもなかった。


母親の言い分は、『ご近所だから、話したら解かってもらえる』だった。

おそらく他の人も、そう思っていたのだろう。

よもや、先祖代々からの誰のものでもない共有道路を、取り込んで奪われるとは、思ってもいなかったようだ。

みなさん甘かった。

ブロック塀で囲まれて、大型車や消防車が通らない幅になってしまった。


■それも、私の父親が築いた工場の入口だ。

ブロック塀で塞がれては、自分の工場にも入れなくなる(笑)

それでも、『ご近所だから、話したら解かってもらえる』だ。


■結局、話しても無駄で解かってもらえなかった。

工場の入口をブロック塀で塞がれないように頼むのが、精一杯だった。

それから20年程度、チクチク嫌味を言われながら(笑)、工場を維持した。


10年前、その人の家を買い取った。余分な土地まで(笑)

すでに私有地として登記されているので、どうしようもなかった。


■なんのことはない。

平和裏に話し合いをしようとしていた私達は、泣きをみただけだ。

ご近所とはいえ、非道な真似をする家なので、裁判沙汰にしておけば勝てたのだ。


■この構図は、日本と中国の関係に似ている。

書きながら気付いた(汗)


■【平和】を叫んでいるだけでは、本当の平和は来ない。

先日のユネスコ記憶遺産にしても、そうだ。

反論すべき時には、断固として反論すべきだが、『登録しないで欲しい』とお願いした程度では、結果はどうなった?

後世の日本にとっての大打撃だろうが!


■もちろん、私が相手の土地を買い取ったように、逆転もあるだろう。

その間の日本人は、泣いて待たなければならない。

後手後手対策は、国民を不幸にしてしまう。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [4] | Category [社会問題] | 2015.10.21(Wed) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


No title

まったく、同感。
他人に横取りされた共有地には、
頭にくる。
しかし、親族が何もせず見ざる言わざる聞かざる
で、面倒をさけた結果、自分の土地を、
削り取られるのは、もっと腹が立つ。
そういっても、後の祭り。

戦うときに、戦わないとあとあと公開する。

2015.10.22(Thu) 09:11 | 英 [URL] | 編集 | ▲PageTop

Re: No title

工場の入口を塞がれては困りますからね。
徹底的に裁判で戦うつもりでした。

そうした私の考えが、相手に聞こえたのかも知れません。
工場の前を塞ぐのだけはやめました。

その人にとっては、横長に5坪の利用価値のない土地なのですけどね。
わざわざ世間を困らせたくてやったとしか思えません。

やがて空き家になって放置状態になり、私が買い取りました。
店舗のための駐車場にしました。
だけども10年前より土地価格が下がっているので売れません(笑)

近所のみなさん、最初から「話し合いなど出来ない人」と解かっていたはずなのに。
愚痴だけ言って、行動には移しません(笑)

私が買い取った時も、事前にこの道路に関係する人達に「全員で買わないか?」と相談しました。
全員が『買わない』とのことで、不本意ながらも私の土地になってしまいました。

埼玉県に住んでいる人が、この土地建物の本当の持ち主(私の幼馴染み)でしてね。
私に売却話を持ちかけられて、買い取ったのです。

以前は、空き家になったその土地に、公明党が【無断で】ポスターを貼っていました。
幼馴染が交渉に帰って来た時、「あんたはS会か?いつもポスターが貼ってある」と言うと、『全然知らなかった』とのこと。
S会の人達って、空き地や空き家に【無断で】ポスターを貼るのだと、知りました。

ですから私が買い取った後は、幸福実現党のポスターがドカドカと(笑)

今では、私の町内のどこにも公明党はポスターを貼れません。
もちろん幸福実現党は、あちこちに(笑)
『嫌なやつが帰って来た』と、思われているかも(笑)

2015.10.22(Thu) 23:57 | phoenix [URL] | 編集 | ▲PageTop

なし

歌を批判するのは、どうでしょう?
もちろん自分は戦争を知らない大人です。
でも、自分の無知を恥じたことがあります。
おじいちゃん、おばあちゃんが戦争体験者で、話を聞いたことがあります。
でも、深い?ところ、最近の国際問題には口を出しません。
戦争をした時代には戦争をする理由があり、現代ではそれが戦争は悪である!!
僕の個人的な考えですが、争い事を避けたい親御さんの気持ちはわかってほしいです。
後に金で土地を奪ってやったwww
って言ってるようにしか聞こえないので、コメントしました。
解決している問題ならあれですが、それを戦争と繋ぎあわせるのは、何か違うと思います。
戦争を知っているからこそ、争い事の不毛さを知っていると、おじいちゃんとおばあちゃんを見て考えます。

2016.05.17(Tue) 01:42 | なし [URL] | 編集 | ▲PageTop

No title

あなたが言われるそのままを、【日教組先生】に教えてあげてくださいね。

歌には責任はありませんからね。

そういう理屈になるのですよ。

私が本文で言いたいのは、歌が悪いとかでは無く、【使われ方】です。
誤解なきように。



歌にも【生まれた目的と意味】が、あります。

使い方次第で、天国歌が地獄歌になります。

私は、50年間で10万曲以上の[メロディー]が、心の中に入っているかと思います。
ただし、歌詞は殆ど入っていません。

この[メロディー]に歌詞を付ける場合、使われる【言葉】が大事な意味を持ちます。
言葉の責任が発生します。


あなたの言葉は、無責任です。
おじいちゃん、おばあちゃんの言葉の意味を、【本当に理解】されていますでしょうか?

私の本文を良く良く見てください。

私だって、戦争は嫌いですよ!

.

2016.05.17(Tue) 19:28 | phoenix [URL] | 編集 | ▲PageTop

 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【さまざまな人生模様】素晴らしい二人の体育教師 Apr 28, 2017
◆【無から有へ】何も無い処から、生み出す・創りだす面白さ Apr 27, 2017
◆【礼、智、 信、義、勇、仁、徳】仏の智慧で世界を救い導け。正義を貫き、不義に妥協することなかれ。 Apr 26, 2017
◆【目は心の窓】個性さまざま、放ち放たれた言葉 Apr 25, 2017
◆【正論、必ずしも正義ならず】義憤としての冷静な怒り Apr 24, 2017
◆【知は力】失敗を反省し、繰り返さないことの大切さ Apr 23, 2017
◆【幸福の科学:緊急霊言】追い詰められた金正恩守護霊、トランプ氏に挑発メッセージ Apr 21, 2017
◆【病原菌の正体】新型インフルエンザに思う Apr 20, 2017
◆【反省と感謝】暴風雨人生から立ち直るには反省と感謝が絶対不可欠。常態化すれば上昇階段が現れるだろう。 Apr 19, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(3) Apr 18, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(2)。 Apr 17, 2017
◆【国民の生命を護ろう!】核・水爆・EMP・生物・化学兵器に、何等の抑止力を持たない日本国 Apr 16, 2017
◆【若き頃のバイタリティは素晴らしい】大学時と共産主義者との出逢い Apr 16, 2017
◆【北朝鮮危機】今こそ日本人の本物の信仰心の試される時 Apr 15, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々。 Apr 15, 2017
◆【雨・風・雷・台風】偶然にしては、あまりにも・・ Apr 14, 2017
◆【不思議な出来事】ネットで起きた実話、夢の中で見た真実、信じられないような話・・ Apr 14, 2017
◆【驚きと得心】本物の宗教に出逢えた喜びを、体験談として少しだけ Apr 13, 2017
◆【天国vs地獄は、信仰心vs無神論・唯物論】日本国家を救えるのは無神論者・唯物論者では無い。信仰心溢れる人達こそが日本を救い世界を導く Apr 12, 2017
◆【天国vs地獄】幸福の科学に出逢えて良かった!嘘偽りの無い本当の話 Apr 12, 2017
◆「幸福の科学」の教えには人類普遍の法則が説かれている Apr 12, 2017
◆【奇病】明るい心は光と、暗い心は闇と、波長は同通する Apr 11, 2017
◆【永遠なる魂と本物の真理】創価学会員の義叔母が亡くなった。晩年の義叔母は[幸福の科学の生命の法]を大絶賛し近所の人達に見せていた。 Apr 11, 2017
◆【人生の王道】人生の終末期に起きること Apr 11, 2017
◆【10年前の私的政治思考】選択の自由には責任が伴う(2008年:幸福実現党始動前のブログ) Apr 10, 2017
◆まずは、自らを高める Apr 10, 2017
◆【信仰心は未来を見る力】何を信じて、何と縁を持つかで未来が変わり、この世の生き方で還る場所が違う。 Apr 10, 2017
◆【未来は光か闇か】光は放射する事で闇を打ち消すが闇を放射して光を消す事は出来ない。光を取るのか?闇を取るのか? Apr 09, 2017
◆【愛のテーブル】愛は光。光の放射で闇は消えるが、闇を放射しても光は消えない。 Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【自殺は悪】自殺してはいけない本当の理由 Apr 09, 2017
◆無用の用 Apr 08, 2017
◆悪にも「為す悪と為さぬ悪」があります Apr 08, 2017
◆【自殺しないでください】天上界から見たら、自殺も他殺も同じです Apr 07, 2017
◆【My Life】仮面の母 Apr 07, 2017
◆【My Life】父の死 Apr 06, 2017
◆【病魔との戦い】大量の病気、絶対治らないと言われた病気まで、全部治った! Apr 05, 2017
◆【人生相談】うつ病の母との葛藤の中、自分も同じ病に Apr 04, 2017
◆【祈願(前)の奇跡】母の極度の痴呆が、瞬時に治った。 Apr 03, 2017
◆【自分記】神さまの子? Apr 03, 2017
◆【My Life】人ありてこそ我あり Apr 02, 2017
◆【祈願】への疑問。その仕組を知り得心。 Apr 02, 2017
◆【田布施システムは嘘!】血筋より志(こころざし)(過去記事移動 + 加筆) Apr 01, 2017
◆【国防はどうした!】北に核ミサイルを撃たせるな!半島情勢の今と今後は? Mar 22, 2017
◆【未熟な現代科学】知ってるつもりの現在の科学文明、そして未来。 Mar 15, 2017
◆【公教育の質を問う】学校、先生、PTAって? Mar 14, 2017
◆【真なる改革者は在野から】既存地位のある者の中から、真の改革者は生まれていない。 Mar 13, 2017
◆【日本は世界平和貢献国】東洋と西洋の文化の交わる地、日本を思う。 Mar 12, 2017
◆【苦と霊的人生観】苦を試練として受け止めよう Mar 11, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m