◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【雑感】自分の考えていることを、全国の誰かが同じことを考えている。


【フランチャイズ組織の提案】

■私が仕事を持ったのが、半世紀前の16歳だった。

仕事自体は、いろいろ変遷しながら現在に至っている。


■28歳の時、1年前に立ち上げられた[山口県○○組合]に参加要請されて、『各市に1件募ってる』との事で加入した。

(ある業界の黎明期であり、世間一般に広まる前の話)

10数名の中で20代は私一人(笑)、他の人達は壮年・熟年期だった。

親子ほど違う(笑)

だが、私の考え方とは全く異なる[ただの懇親会]だったので、「ライバル業者と仲良くなる必要は無い!」と言い切って(汗)、脱退した。


■これが、もっと前向きな人達の集まりだったら、私はやめてはいなかった。

当時の私の提案は、「一括仕入。一括配送。属地フォロー体制」だった。

要するに[フランチャイズ組織体制]を提案していたのだ。

今では[フランチャイズ・チェーン]と聞いても『何のこと?』と言う人は少ないと思うが、40年前では無理だった(笑)

[個々の意思が強い人達の集まり]では当然の帰結だが(笑)

なんのことはない。

「お互いに、お互いを攻めないようにしよう」という懇親会だった。

それでは既成大型店が有利になるだけで、私のような新参者は雁字搦めにされてしまう。

なので、「正々堂々と遠慮無く攻めさせて頂く」意思表示をして(汗)、数年で脱退した。


■その後、数年で自然消滅したようだ。

当たり前だろう(笑)

『オラがトップ!』の連中が集まって、何が出来る。

組合そのものが手枷足枷になるだけだ。

だが私は、脱退はしたが、この時の人脈や後に出て来る業者達と共に、○○ブームの一環を担った、創った。

言葉悪く言えば、世間様を○○ブームに乗せさせたのだ(汗)

もちろん私は何もしていない。

私の周辺の関係者が、そうした○○ブームを創るのを、じっくりと観察していた。


■今ではブームは去り、一部に形だけが残っている。

『それが常識』と言う人達をはために見ながら、(それって、私達業界が創ったんだけど・・)の言葉を呑み込んでいる。

せっかく根付いて信じられている『常識』の正体を暴露する必要もないので業種は言えないが、『世間常識』の中には、こうして作られたものもある。

(例えば、バレンタイン・チョコのようなもの)

もちろん悪習だったら、とっくに排斥しているが、『喜びを与える慣習』なのでわざわざ壊す必要も無いだろう。




支離滅裂でごめんなさい。上記と以下の話は、業種が異なりますので混同しないで下さいね。 m(._.)m

【レンタル普及で、音楽業界全体が不況、消滅危機に】

[レンタル・ビデオ]と言えば、その名は今では普通になっている。

総称で[レンタル・ビデオ]と言われているが、DVD・CD・本・等々を指している。

全国チェーンの[ツタヤ(蔦屋)]は有名だ。


■私は、おそらく日本で最初の[レコード・レンタル]を発案した一人だと思う。

もちろん発案者は全国各地にいただろう。

◆レンタルCD
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%ABCD


■私は、ここに載っている「黎紅堂(れいこうどう)」が誕生する5年前に、[レコード・レンタル]を発案し、広島で開業計画を立てていた。

おそらく1975年前後だったと思うが、正確には憶えていない。

ただ、私が断念した数年後に、『東京の大学生が[レコード・レンタル]を始めたら儲かった』と、耳にした。

上記のウィキでは、『神奈川県川崎市の中古レコード店』となっているが・・、年月が本当なら、こちらの方が早いかも知れない。

ただ、私が広島での[レコード・レンタル]を断念した5年後に、「黎紅堂」が誕生したのは覚えている。


私が言いたいのは、誰の案が早いのかでは無く、同じ発想は、ひとりだけでは無いことだ。

全国各地に同じ発想者が居る

他にも何度も似たような事を経験して居るので、【単なる偶然の一致】とは思えなかった。

中学時代の化学教師が『特許を申請しても、数日違いで他の人に先を越されてばかり』と言っていた言葉を思い出す。
(この先生・・バケもの(笑)、希塩酸を素手で触ってた)


■こうした事が不思議でしかたなかったが、[幸福の科学]にはその答えが有った。


要するに、あちこちに同じインスピレーションが降りているって事だ。

あとは実行するか、しないかの違いだ。


私が計画断念した理由は、大きく分けてふたつ。

そのひとつは、母親からの猛攻撃(笑)

もうひとつある。

それは、レコード・レンタルが主流になると、レコードが売れなくなると思ったからだ。

友人のレコード店主は、『そんな事は絶対にない』と言っていた。

『買う人と借りる人は違う。買う人は買う』が、友人の主張だった。

確かにそうだと思う。

だがそれは、【レコードがアナログ時代】の考え方であり、1980年初頭にCD(コンパクト・ディスク)が出て以来、様相が変わって来た。


レンタルも、[レコード・レンタル]から[ビデオ・レンタル]へと変わっていた。

さらに、[CDレンタル]が為されるようになって以来、音楽市場は激変する。

40年ものレコード販売から、CDに切り替えが出来ない店が続出した。

無理やり大借金をしてCD店舗に切り替えた店も、経営難に陥り倒産続出。

県内でも、大手老舗店舗が廃業か縮小となった。


■メーカーはメーカーで『小売業者は期待出来ない』として、レンタル店中心の販売方式に変えてしまった。

それに寄って小売業者の廃業が加速した。

その結果、CDメーカー自身が衰退するという悪循環に陥った。


■この頃、私は、あるメーカーに訊いた。

「最近のCDは、専門店だけでは無く、スーパーやコンビニ、いろんな所で販売されているが、メーカーの位置付けとしてのCDは何か?」

『雑貨です』

「雑貨!?」

『はい、今は雑貨です』

「CDって、文化事業として再販制度が組み込まれていますよね。それでも雑貨なのですか?」

『今は本と同じ扱いです。1週間で消える週刊誌にも再販制度があるように・・、それと同じです』

これには正直、ガクゼンとした。大好きな音楽が雑貨だなんて・・。


小売販売店は、この時のメーカーの言葉の重みを知るべきだった。

だがCD売上増で、殆どの店が、友人の言っていた『買う者は買う』のままだった。

そのCD売上増は、CDの珍しさとライバル店の廃業がもたらした一時期のものだと気付かなかったようだ。

店の顧客を見れば解かる。

レコード時代のように学生達は居なくなっていた。買わなくなっていた。

学生達は、何人かで1枚のCDを買って、ダビングしていたようだ(笑)


■私は20年前の、この【店内から学生が消えた】現象に対して、危機警告を発していたが、誰一人として訊く耳もたずで信じてもらえなかった。

全員が『たかが学生くらいのことで』と思っていたらしい。

その学生が社会人になって、本格的な購買者になるのだが。。

頭で解っていても、『社会人になったら戻って来る』と思っていたようだ。

だが、その学生が社会人になっても戻って来なかった。


そこに、追い打ちを掛けるように登場したのが[You Tube]だ。

当然私は危機感を持った。

だが、殆どのCD・DVD店は、新品・中古を問わず、『あんなの、たいしたことない』で終わり。

実際に終わったのは、店の方だった。




【アナログとデジタル】

以下の2点は、先程CDとLPから取り込んでみました。

どちらも劣化は避けられませんが、【音の比較】は出来ましたので、聴いてみて下さい。

なにせ、初めてのことですので(汗)、思わぬ手間を取りました(笑)

いつまでも残して置くつもりはありませんので、
CDとLPの音の違いを知って下さいね。







■私が、文化遺産として残して置きたかった音楽媒体は、貧弱なデジタル音源となってしまった。

最近、レコードがリバイバルしているが、1980年代の音源の多くはデジタル音源なので、正確にはアナログレコードとは言えない。

そして、アナログ音源の持つ能力を引き出す装置も貧弱化しているので、多くの人達はアナログ音源の凄さを知らないと思う。


■『大きなスピーカー買ったよ』と言う若い人達のモノを見せてもらったら、超小型スピーカーだったりするし(笑)

音響技術も進歩しているが、スピーカーに関しては半世紀前と変わらない。

だが若い人達は、そうは思っていない。

半世紀前のスピーカーより、現行スピーカーの方が遥かに進んで居ると信じて疑わない。

妙な処での[信仰心]は要らない(笑)


■例えば私は、ウーハーに50cmスピーカーを用いていたが、若い人達は(技術の進歩で)5cmスピーカーで同じ低音が出ると思っている。

だが、どんなに立派な5cmスピーカーでも、10Hz~30Hzの低音は出ない。

これは、スピーカーの構造上の問題だ。

それこそ、スピーカーの概念を変えるモノが出て来ない限り、無理だ。

その前に、『そんな音(10Hz~30Hzの低音)要らない』と言われるだろうが(汗)


そこにこそ、私が心配している【訊く耳の劣化】がある。

私達は、耳には聴こえない音(10Hzの低音、20万Hzの高音)まで求めていた。

もちろん、この帯域の音はCDには入っていない。(CD帯域は20Hz~2万Hzで、これ以下も、これ以上の音域は出ない)

だから『必要ない』と為るだろう。


私は20年前に、そうした若者文化を知った時から、アナログとデジタルを考えている。

私の世代の殆どは、アナログ世代だが(笑)

私個人は両者にまたがって居るので、比較してみると面白いものだ。




【レコードの一括読み取りは出来るか?】

現在の日本で、以下のものを作ることが出来ますでしょうか?


① レコードの清掃機器

レコードには、チリ・ホコリ・手垢など、いろんなゴミや汚れが附着しています。

半世紀前(笑)には、今の食器乾燥機(笑)のような、レコードを立てて回転させて、毛ブラシで洗浄する機器がありました。

あれだけでも凄かったのですが、もっと高度な洗浄機器を作ることが出来そうな気がしてなりません。

例えば、以前の機器に加えて、特殊洗浄液でアカを落とし高水圧でゴミを飛ばし、(トイレの手洗いのような)高風圧で乾かすことが出来る機器です。

私は、吹き飛ばすのではなく、吸引しようと、業務用掃除機を用いて自作しましたが、上手くは行ったのですが図体がデカ過ぎます(笑)


■また、こうしたノーマル技術では無く、レーザーや超音波で【チリを破壊する機器】も考えています。

技術的には可能だと思います。


・・もしやと思って[レコード洗浄機]で検索してみたら、すでに出来てました(汗)

◆超音波レコード洗浄機
http://www4.kcn.ne.jp/~tafcorp/tyo_onpa_re.html

いや、まいったなぁ(汗)

素直に【凄い!】ですね。

詳しく見ていませんので、後ほどゆっくりと見ます。


エルプ社のレーザーターンテーブルが出来た頃から考えているのが、【一括読み取り】です。
http://www.laserturntable.co.jp/turntable/

レーザーターンテーブルは、アナログ波形をアナログのまま読み取りますので、音の良さは絶品です。

【使い勝手】の面での評価は分かれていますが。。


私は、「レコード面をスキャナー読み込み出来ないか?」を、考えています。

「3Dスキャナー方式で、溝全体を読み取れないか?」と、考えます。

需要と供給バランスが悪いので、本格的なモノは難しいと思いますが。。


40年間のアナログレコードの音源は膨大なものですが、その極く一部しかCD化されていません。

『CDは100年保つ』との謳い文句でしたが、30年経った今、音源が刻まれているレーベル面の剥げ落ち等で、全く聴けなくなったCDも出て来ています。

対してアナログレコードは、1960年代の物でも保存方法(夏の温度、ナナメ立てかけによる歪み)さえ間違えなければ、ビクともしていません。

「脆弱なCDより、アナログレコードの方が100年保つのでは?」って、思うくらいです。

100年経っても、聴く人がいるかどうかですがね(笑)




【余談】

■こうした事を考えているだけで、やがていつかは実現すると、実体験を踏まえて書いている。

上記のようなモノは、私の頭の中では完成している。

だが、実際に作るとなると、難しい。

技術だけでは無く、商品化には需要と供給のバランスが求められるからだ。

要は、40年間のアナログレコードの音源が、文化財として後世の人達にも受け入れられるものかどうかだ。

それはまた、音楽を文化と見るか、雑貨(笑)と見るかだが。

『CDは雑貨です!』・・あの言葉、効いたなぁ(笑)




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連記事
スポンサーサイト

Theme [独り言] Genre [ブログ]
Trackback [0] | Comment [3] | Category [雑感] | 2015.10.30(Fri) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


音質

以前、自分も音には、うるさかったので、
いろいろオーディオ機器をそろえたことがある。
例えば、スピーカーなんぞは、
スーパーウーハーから高音まで、
スピーカー数は、7個かな。(笑)
従って、5センチのスピーカーで、
低音がでるなんてありえないということわかってるけど、
今の○○は、・・・・・。(笑)

で、やっぱり、CDだとどうしてもなあ。

アナログの音源の方が勝ってる。
今のところは。

2015.10.30(Fri) 09:20 | 英 [URL] | 編集 | ▲PageTop

No title

私が気になっているものに、【後世に、総裁先生の映像と声を残すことができるのか?】が、あります。

もちろん百年単位とかでは無く、千年単位ですけどね。

その頃の人は、声や姿を映像で見ることは出来るのか?ってね。

それを考えたら、直説金句を頂けている【今】が、どれだけ素晴らしいことか。

その頃には私達も転生していても、憶えてませんからね(笑)

ただ、やはり、【引かれるもの】はあるでしょうね。

2015.11.01(Sun) 17:27 | phoenix [URL] | 編集 | ▲PageTop

No title

確かに、おっしゃる通りです。

2015.11.02(Mon) 07:26 | 英 [URL] | 編集 | ▲PageTop

 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【無から有へ】何も無い処から、生み出す・創りだす面白さ Apr 27, 2017
◆【礼、智、 信、義、勇、仁、徳】仏の智慧で世界を救い導け。正義を貫き、不義に妥協することなかれ。 Apr 26, 2017
◆【目は心の窓】個性さまざま、放ち放たれた言葉 Apr 25, 2017
◆【正論、必ずしも正義ならず】義憤としての冷静な怒り Apr 24, 2017
◆【知は力】失敗を反省し、繰り返さないことの大切さ Apr 23, 2017
◆【幸福の科学:緊急霊言】追い詰められた金正恩守護霊、トランプ氏に挑発メッセージ Apr 21, 2017
◆【病原菌の正体】新型インフルエンザに思う Apr 20, 2017
◆【反省と感謝】暴風雨人生から立ち直るには反省と感謝が絶対不可欠。常態化すれば上昇階段が現れるだろう。 Apr 19, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(3) Apr 18, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(2)。 Apr 17, 2017
◆【国民の生命を護ろう!】核・水爆・EMP・生物・化学兵器に、何等の抑止力を持たない日本国 Apr 16, 2017
◆【若き頃のバイタリティは素晴らしい】大学時と共産主義者との出逢い Apr 16, 2017
◆【北朝鮮危機】今こそ日本人の本物の信仰心の試される時 Apr 15, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々。 Apr 15, 2017
◆【雨・風・雷・台風】偶然にしては、あまりにも・・ Apr 14, 2017
◆【不思議な出来事】ネットで起きた実話、夢の中で見た真実、信じられないような話・・ Apr 14, 2017
◆【驚きと得心】本物の宗教に出逢えた喜びを、体験談として少しだけ Apr 13, 2017
◆【天国vs地獄は、信仰心vs無神論・唯物論】日本国家を救えるのは無神論者・唯物論者では無い。信仰心溢れる人達こそが日本を救い世界を導く Apr 12, 2017
◆【天国vs地獄】幸福の科学に出逢えて良かった!嘘偽りの無い本当の話 Apr 12, 2017
◆「幸福の科学」の教えには人類普遍の法則が説かれている Apr 12, 2017
◆【奇病】明るい心は光と、暗い心は闇と、波長は同通する Apr 11, 2017
◆【永遠なる魂と本物の真理】創価学会員の義叔母が亡くなった。晩年の義叔母は[幸福の科学の生命の法]を大絶賛し近所の人達に見せていた。 Apr 11, 2017
◆【人生の王道】人生の終末期に起きること Apr 11, 2017
◆【10年前の私的政治思考】選択の自由には責任が伴う(2008年:幸福実現党始動前のブログ) Apr 10, 2017
◆まずは、自らを高める Apr 10, 2017
◆【信仰心は未来を見る力】何を信じて、何と縁を持つかで未来が変わり、この世の生き方で還る場所が違う。 Apr 10, 2017
◆【未来は光か闇か】光は放射する事で闇を打ち消すが闇を放射して光を消す事は出来ない。光を取るのか?闇を取るのか? Apr 09, 2017
◆【愛のテーブル】愛は光。光の放射で闇は消えるが、闇を放射しても光は消えない。 Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【自殺は悪】自殺してはいけない本当の理由 Apr 09, 2017
◆無用の用 Apr 08, 2017
◆悪にも「為す悪と為さぬ悪」があります Apr 08, 2017
◆【自殺しないでください】天上界から見たら、自殺も他殺も同じです Apr 07, 2017
◆【My Life】仮面の母 Apr 07, 2017
◆【My Life】父の死 Apr 06, 2017
◆【病魔との戦い】大量の病気、絶対治らないと言われた病気まで、全部治った! Apr 05, 2017
◆【人生相談】うつ病の母との葛藤の中、自分も同じ病に Apr 04, 2017
◆【祈願(前)の奇跡】母の極度の痴呆が、瞬時に治った。 Apr 03, 2017
◆【自分記】神さまの子? Apr 03, 2017
◆【My Life】人ありてこそ我あり Apr 02, 2017
◆【祈願】への疑問。その仕組を知り得心。 Apr 02, 2017
◆【田布施システムは嘘!】血筋より志(こころざし)(過去記事移動 + 加筆) Apr 01, 2017
◆【国防はどうした!】北に核ミサイルを撃たせるな!半島情勢の今と今後は? Mar 22, 2017
◆【未熟な現代科学】知ってるつもりの現在の科学文明、そして未来。 Mar 15, 2017
◆【公教育の質を問う】学校、先生、PTAって? Mar 14, 2017
◆【真なる改革者は在野から】既存地位のある者の中から、真の改革者は生まれていない。 Mar 13, 2017
◆【日本は世界平和貢献国】東洋と西洋の文化の交わる地、日本を思う。 Mar 12, 2017
◆【苦と霊的人生観】苦を試練として受け止めよう Mar 11, 2017
◆【成長する秤(はかり)】苦しみの限界は、さらなる限界を乗越える事で、ステップアップする。 Mar 10, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m