◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【雑感】10%でブームを創ろう。


昨年の今頃、店舗移転の話が来た。

「この際だから」と、私なりの最後の勝負に出た。


この時の[日本政策金融公庫]の貸出担当は、私を同席させず、息子とのみで融資相談をしていた。

私は相談席には入らせてもらえない(笑)

結局、息子は融資は受けられず、予定変更して現在に至っている。


私も一応は経営者なので、この時の最初の応対を見ただけで、おおよその見当は付く。

真に貸す気があるのなら詳しい調査をするはずだが、それもしない。

私や友人の話も聴かないので、最初から貸す気は無いと思っていたが、息子の経験の為に(各種提出書類作成を)頑張らせた。

「最初から貸す気は無いけど、一応形だけ整えて置こう」との様子が見え見えで、傍から見ていれば良く分かる。

そして、事業計画書等々、いろんな書類を出させて1ヶ月以上の審査期間を設けて置きながら、ボツだ。

その為に、1ヶ月間の無駄な時間を要してしまった。


■融資不可通知が届いた後、こうした事を含めて、担当者の「貸し出しノウハウを上げること」を提案した。

「最初から、貸すつもりは無かったでしょう?」

「息子の現在の実力だけでは無く、なぜ?私や現場の話を聴こうとしなかったのか?」

「結局、書類審査だけだった。それなら最初の申込時に断るべきではないか?」

「私には、『1ヶ月も掛けて融資相談に乗っています』という、あなたのアリバイ作りに見えてしまう」

「無駄な1ヶ月を要した。あなたは、この1ヶ月の重みが解っているのか?」

・・等々を述べたが(汗)、終始無言のまま一言も発せられなかった。

【苦情には無言対応が一番】を実践されていた(笑)


■私はその時、「来年度は2倍の売上にして見せますよ」「事業は10年以上は続けますからね」と断言している(汗)

そしたら『頑張ってください』と、やっと小さな声が聞こえた。

こうしたやりとりの一部は、1年前のブログに書いている。


■それから1年。今年1月から新規営業を初めて10ヶ月。

10月末に、『お父さん!10月までで、これだけになった!』と嬉しそうに知らせて来た。

「凄いな。よく頑張ったな」

「そうだ!昨年の今頃だったなぁ、国金に申し込んで断られたのは・・」

「あの時お父さんは、来年度は2倍の売上にして見せますって言ったしなぁ(汗)」

『2倍どころじゃない。すでに3倍だから、4倍近くまで行けるんじゃないかな』

『このまま安定して行けたら良いね』

「ばか言うな。お父さんは、この程度で良いとは全然思っていないぞ」

「最初から昨年の10倍目標にしているから、まだ半分にも達していない」

「お前の目標は低いんじゃい!ハッタリに見られるほど大きな目標を持たないと、現状維持が精一杯になってしまうぞ!」

・・と、頑張っても叱られる息子(汗)

でも、慣れっこになっているようだしなぁ(笑)

とりあえず、昨年[日本政策金融公庫]に放言した公約は、果たしたかな(笑)


■元々の分母が小さくなっていたので、私にとっては3~4倍は当たり前。

5倍の水準が続けば、昨年最後の勝負と思っていたが、もう一段高い処を狙う。

決して不可能な話では無い。

[ある水準]を満たせば、後は楽だ。

その後、例え私が居なくなっても、安定収入に繋がるだろう。

さらにその後をどうするかは息子次第だ。

好きにしたら良い(笑)




【10%市場の原理】

同じことは[幸福の科学/幸福実現党]にも言える。

[ある水準]を満たすまでは、世間の理解度が増すまでは、絶対に現実に負けないことだ。


あまり聞き慣れないかと思うが、【10%市場の原理】と言われているものがある。

【ある商品が市場の10%を満たせば、その後は等比級数的に伸びて行く】と言うものだ。


過去の例では、TV・洗濯機・掃除機などの家庭電化製品が、そうだった。

CD、VHS、PC、携帯・・等々も、そうだ。

これ等は、真の原理とは言えないかも知れないが、目安にはなるだろう。


上の私の10倍目標も目安だが、日本国内1割シェア(占有)を目指している。

そこまで辿り着ければ、品質管理さえ怠らなければ安定から急上昇する。

それが所謂【ブーム】だ。

私はこれまでも、そうしたブームを創って来た者でもあるので、【10%市場の開拓】は常に念頭に置いてある。


今の日本の宗教で、この【10%市場】に辿り着けるのは[幸福の科学]以外には見当たらない。

だが、この【10%市場】挑戦の前に、大切なものがある。

それ相応の【実力】だ。

【高品質】、【耐久性】、【信頼度】を保ちながらの、【実力】でなければならない。

私は[幸福の科学]なら出来ると、信じている。


私が入信時に見た夢は、今から20年程度後のものだった。

その20年後の未来は、・・語らない(笑)が、もうすぐだ。




【お客との会話】

上記の仕事の話と関連するが、先日、お客とこのような会話があった。

■『お~い、来たぞ』と、時々来られるお客さん。

私はいつものようには作業机に居ず、台所で洗いものをしながら[You Tube]の時事談義を聴いていた。

『なんだ?こりゃ』

「こうしてニュースを取ってるんだよ。今、耳が空いてるからね」

『おお、そりゃいい考えだ。いつもこの調子か?』

「いつもだよ。今は目と手は使えないが、耳が空いてるから、こうして有効に時間を使わなくてはね」

『たまげたな』


■そして、作業机に戻り、各種機器のセッティングを始めた。

『あんた!何しちょるんか?』

「んっ?、あ、これ?今からする仕事だよ」

『あんた!いったいナンボの仕事をするんだ?』

「え~と・・、1・・2・・3・・4・・5、5つかな」

『それ同時にやるんか?』

「そうだけど、いつも目の前でやってるじゃん(笑)」

「他の作業を入れると・・、10かな・・、もう少しあるか」

『あんた、バケもんじゃ!』

「それ、よく言われる(笑)・・でも、足ついてるよ(笑)」

『ほんとうに、この仕事を同時にやれるのか?』

「いつもやってるじゃん(笑)、気が付かなかった?・・これをこうして、こちらをこうして・・、はい、これね」

『ほんまじゃのぅ・・。全部一緒に出来るんか?』

「出来るよ、ほら、こうして。目でふたつ、耳でひとつ、手でふたつ、同時に(笑)」

「今はWさんの話を訊いているから、耳の作業は出来ないけどね、いつもこの調子だよ」

『たまなげたなぁ、こりゃまた』

「で、この調子で12時間ブッ続けね(笑)、365日(笑)」

『あんた、やっぱりバケもんじゃ』

「ありがとね(笑)」


これは【同時並行作業】であり、目・耳・手足を別々にフル活用している。

この時使っていないのが脳】(笑)

深い思考はせず、体中を機械のようにしている。

思考はしているが、マイナス思考はエネルギーをごっそり取られるので、【心のエネルギーを充電する】ような事ばかりで、無心に近い状態だ。


■そうした時、時折、インスピレーションのようなものが降りて来るので、すぐさまメモるようにはしている。

だが、そのメモを殆ど使わないまま目の前に溜まっている(汗)

その理由は、最初は「自分の考え」と思っているからだ。

熟成期間(笑)を置いてみて、「これって?」と思うものだけ、「インスピレーションかも知れないな」と見ている(笑)

意外と慎重派なのだ(笑)


■話がそれた(汗)

『あんた!何しとるんか?』

「あ、これ?・・これはこうして、こうやると、ほらね」

『おおっ凄い、ほんと、たまげるなぁ』

「これ企業秘密だからね(笑)、よそで言わないでよ(笑)」

『言わん言わん。言っても他の者には真似出来んわ』

「たったこれだけの手間で、商品価値上がったでしょ?」

『上がった上がった、見違えるほどになった。すごい技術持ってるな』

「これは、日本でも私しか用いていないと思うよ。そもそも畑違いの技術を応用してるからね

「私はこれまで、いろんな仕事をして来て、やめて捨てたものは一杯あるけど、その中で応用出来るものを、こうしてる」

「だから、一過性の仕事でも無駄では無い。こうして使えるものがあるってことね」

「ついでだから、こちらはこうして、これはこうして・・、あ、全部企業秘密だからね(笑)」

『あんたにゃ付いて行けん。今日は、おっそろしいものを見た』

『この部屋の中、全部企業秘密だらけじゃないか』

「だね(笑)、だからこそ、私が生き残ってるんだよ」

『わかる、わかる・・こりゃまた・・すごいなんてものじゃ無い』


『ワシがあんたの処へ来るのは、ワシとあんたは正反対の性格だからだ』

「同じところもあるよ」

『いや、店の中でのあんたと、この部屋の中のあんたは違う、別人だ』

「そうかも知れないけど、どちらも私だよ」

『店のあんたは商売人、こっちは職人だ』

「そうか(笑)・・、普通は、こうした裏仕事は見せないもんね」

『だから、ワシはあんたに興味があるんだ』

・・と、話は続くが、このあたりまでに。


■このWさんが驚いた職人技は、同業者では私しか使えないと思う。

それは、異業種から持って来たものであり、廃れて無くなった業種からのものもある。

廃れた技術と思えても、別の業種では、こうした特異なものになってしまう。

そうした同業他社が真似出来ないものが、いくつもあるのが私の強みかも知れない。

すべては【応用力】だと思う。




【エピローグ】

■私の生ある内に、仕事も、[幸福の科学/幸福実現党]も、(実質)市場占有率10%に乗せたいものだ。

20年前から、それを願い続けている。

どちらも、あと一歩の処までは来ていると思う。


■私の場合は、現在の状態を続ければ、人を雇わないといけない。

今は私自身の気力と体力で賄っているが、私の持つ特殊技術を教えながら後継者を育てなければならない。

そうした道筋は、とっくの昔から私の心の中に図面が引かれてある。

だが、それを理解出来る人は[日本政策金融公庫]の貸出担当のように、皆無に近い。

だから、黙々とながらも実力をつけるしか無い。

日本の1割シェアを取ったら、あちらから貸してくれるだろう。

その頃には、借りる必要も無くなっているかも知れないが(笑)

そうした【夢】を実現すべく、努力している。


[幸福の科学/幸福実現党]も、まずは(実質)市場占有率10%を目指せばいい。

名目信者(党員)は数の内に入れずに、目指せばいい。

その数字が遠くに見えるか、近くに見えるかは、個々の思い次第だ。

近くに見え始めたら【ブーム】が起きる。

断言する。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
関連記事
スポンサーサイト

Theme [独り言] Genre [ブログ]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [雑感] | 2015.11.06(Fri) PageTop

Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆吹田晃氏が亡くなった。。お世話になりました。ご冥福を祈ります。 Jun 21, 2017
【冗談話】安倍総理の70年談話前に各国に謝罪する。(2015年8月の下書き) Jun 21, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト全編】 1963年~1967年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト①】 1963年~1964年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト②】 1965年~1967年(画像による順位表) Jun 07, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう May 31, 2017
◆【他人が作れないレシピを考える】まずは一から出発・再出発できる有り難さ、白紙に描く喜びを知ろう。 May 13, 2017
◆【超音波と衝撃波】NHKは地上の原発の安全性を立証したことになる(再掲載) May 12, 2017
◆【草と忍者(続き)】現代の草と忍者は暗闇世界の使者。光の世界の拡散を妨げることで己の居場所の確保をしている。 May 11, 2017
◆【異常気象は天意の証】無神論者・唯物論者が、日本と世界を滅ぼす(再掲載) May 10, 2017
◆【素晴らしい国:日本】欧米やアメリカ大使館の御方へ。安倍総理の靖国神社参拝は、どこの国でも、ごく、当り前の事ですよ。 May 09, 2017
◆【善い話・怖い話(笑):悪霊退散!台風迂回!】ここ数日の奇妙な出来事(再掲載) May 08, 2017
◆インド、ネパールで、日本に産まれた〔再誕の仏陀〕が説法。インドでは5万人集会で大騒ぎ!(再掲載) May 07, 2017
◆【危機を防ごう】マヤの予言危機を回避しよう(再掲載) May 06, 2017
◆この世の救済も大事だが、【魂の鎮魂】も、とても大切なことだ May 05, 2017
◆【ニーズよりシーズ】逆境をバネにして善き種を蒔け。 May 04, 2017
◆【団塊の世代から若者諸君へ】団塊の世代は向上心の塊/若者諸君。 May 03, 2017
◆【雑談の中に真理あり】会話こそ我が人生。 May 02, 2017
◆【知る機会を失うことなかれ】親から子へ、子から孫へ。 May 01, 2017
◆【さまざまな人生模様】素晴らしい二人の体育教師 Apr 28, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m