◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【若さに秘めたる可能性】七海ひろこさんは、1000万人のマネジメント力を持つ人。


【余談】

ここ1ヶ月間で、米国からの訪問者様が700人超えで、ビックリです。

以前から Googlebot で、記事閲覧もしくは取得されているのは知ってはいましたが・・。

アクセス数と、3ヶ所のブログランキングの数、まったく合ってないし(笑)

もともと見て頂くために書いているので、悪用されないのなら構いませんけどね。

しばらく落ち着いていたのですが、前回、七海ひろこさんの話を書いたら、また始まってますね。

誰が見られるのでしょう?それだけが気になります(笑)


■また、コメント欄に、長~い世界の裏社会話を書き込まれた(貼り付けられた)人が居られます。

その程度のことなら知ってますので、ご安心ください。

先日、知人にそうした話をしたら、『胃が痛くなった、胃薬飲んだ』そうですけどね(笑)

・・何人目かなぁ(笑)




【1000万人のマネジメント力】


また、七海ひろこさん。

可愛さだけで都知事選を戦っているわけではありません。

幸福実現党には、各部門の精鋭が揃っていますのでね。

やがて来る自民党衰退の受け皿以上の存在だと、思って頂いて結構です。

ですから、若き女史が都知事になっても、「大丈夫だ」と申し上げて置きますね。



■そもそも、この女史。

世界の幸福の科学信者のマネジメントをして来た人です。

大人でも出来ないことを、やって来た人です。

七海ひろこ-2016-07-21-1 



■昨日、70代の馴染みの男性が来られて、この若き女史を見ただけで、『こんな若い女に何ができる!』と、初っから小馬鹿にしていました。

こういう人達が居られるので、前話で私自身の話を書いて居たのです。

この人は、私のことをご存知ですのでね。20代そこそこの若造が、大人も出来なかった事を成し遂げた事実を知ってます。

「あなたも、ただ今現在、この場で、信じられない奇跡の中に居るんだよ」と、ちょっとだけ私自身の話をしました。


そして、この若き女史のマネジメント力を語っただけで、驚き & 絶句。

1000万人のマネジメント力、時代を見る先見性、無私成る心での人心掌握力、等々を熱く語りました。

それでなくても暑いのに(笑)


そして最後に、「若いからこそ出来る」ことを伝えると、『その通りだ!政治家は若くなくてはな!』と、来た時とは逆になってしまわれました。



以下、最近の関連記事

◆【東京都知事選】マスコミが選んだ主要候補者3人が”論外”だと話題に。正しい選択肢とは(NAVERまとめ)
http://matome.naver.jp/odai/2146909242088213701


◆美人候補のハグは・・・戦略ですか?幸福実現党 七海ひろこ候補┃最年少区議の選挙現場レポート
(選挙ドツトコムより)
http://go2senkyo.com/articles/2016/07/22/23444.html

◆七海語録は面白い(笑)七海ひろこが高知で言った、絶妙なアイサツとは(高知のなかまさんブログより)

http://blog.goo.ne.jp/rokochifukyosho/e/cf9dd16331c231b6fd6e50a4ded0d8bd

◆七海ひろこ、グーグル検索で注目されるも、マスコミは公職選挙法違反を実践中!(幸福実現党の政策を応援するブログさんより)
http://ameblo.jp/ayh777/entry-12180783060.html




【若者たちへのバトン】

明治維新を起こした人達は、その殆どが若者でした。

若かったから、御老体達の声を無視して(笑)、大改革が為せました。

それだけ私は、若者に期待をしていますし、昔からそうでした。


以下は、15年前に書いた新聞投書文です。

〔2001年4月〕若者に健全な未来を

最近、話を聴かない若者達が話題になっています。

しかし、経験の相違などで、大人の話を理解できないのが、普通の若者像ではないでしょうか。

私自身の若い頃は、スピーチ程度の内容は丸覚えする位の集中力で訊いていました。

しかしながら、歳月を経てみると、どんなに地位や肩書きのある人の話でも、何故か覚えていないのです。

裏返して言えば、話し手が心の琴線に触れ、感銘を受ける話をしていないとも言えるでしょう。


人は、師と仰ぐ人の生き様や言葉や信条に感動し、影響されながら成長してゆきます。

身近な師は両親であり、学校の先生でしょう。


極論ではありますが、非常識という単語は、若者のために在るのかも知れません。

幕末の維新の志士達は、当時にしては非常識な人達であったかもしれません。

学生運動の世代は、傍目には非常識そのものでもあったようにも思えます。

暴力や非社会的な行動は許されませんが、若者の行動パワー全てを否定してはならないと思います。


大人を含め、今、若者は何を求め、何を師と仰ぐか解らないまま、さまよっている状態ではないでしょうか。

社会の行動規範が希薄になっている現在、もう一度原点に戻って、人生の意味と目的を見据えるべき時が来ているのではないかと感じています。


[2001年5月]「希望」は心のカンフル剤

社会が混迷の中、未来が明るいと思える人がどれだけいるのでしょうか。

不幸の予言者とも言うべき「見通しは暗い」という人は非常に多いように思えます。


確かに、世の中の現実を見れば、楽観的な考え方だけでもいけません。

しかし、どんな闇夜の中にあっても、やがては陽は昇るでしょう。


必ず夜は明け、朝がやって来ると確信している人の傍にいると、妙に心が落ち着くものです。

不幸を嘆く人に同調すると、自分まで惨めになったような気がします。

明るく楽しい人と接するだけで、元気になる自分自身を見ても、同じ事が個人だけではなく社会全体に言えるのではないかと思います。


終戦後の激動期と比べて、明らかに違うのは未来に対する意欲ではないでしょうか。

「日本を立ち直らせる」という国民の潜在意識が活力となり、奇跡的な復活を成し遂げました。

現在は、国民の意識が未来に向いていないように思えてなりません。

過去の失敗から学び反省する事は、飛躍するための条件と思えば良いでしょう。

「今は辛い、しかし、必ず立ち直る」という意志が社会を変えて行きます。


絶望や失望の対極にあるものは希望です。

希望こそが、やがて来る夜明けの導入剤でしょう。

希望が確信に変わるとき、新時代の幕が開かれると信じてやみません。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [2] | Category [政治・経済] | 2016.07.23(Sat) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


No title

これも、ちょこっと勝手に転載御免。(笑)
<(_ _)>

2016.07.23(Sat) 19:28 | 英 [URL] | 編集 | ▲PageTop

No title

了解です。

・・そんな記事、ありました?(マジで)

今、七海さんの「ニコ生」待機中(笑)
「ニコ生」って、初めてですので、現場視察中です(笑)

2016.07.23(Sat) 20:18 | phoenix [URL] | 編集 | ▲PageTop

 最近の記事
 全記事表示リンク
 検索フォーム
 QRコード
QR
 カテゴリ
 最新トラックバック
 メールフォーム
返事は遅くなるかも知れませんが、管理人に用件がある場合のみ、こちらをお使い下さい。

名前:
メール:
件名:
本文: