◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【団塊の世代から若者諸君へ】団塊の世代は向上心の塊/若者諸君。


 
 【過去記事移動】 過去、このブログに書いている中で、今でも使えそうな話を移動します。 - 2006年8月11日のブログより。

  過去記事の分類整理中です。過去に書いていた内容が、今でも通じるものを再UPしています。
  ブログ記録でもあるので、記事内容は変えていません。 変えないで「追記」で示します。
  古いレイアウト(行間、大きさ、色分け、仕切り、等)だけは、今の私に沿った形にしています。



私は、団塊の世代の真っ只中の人間だ。

団塊の世代という言葉は、一般には何を連想させるのだろうか?

横繋がりの集団で、塊の如く? 


そうではない!バラバラの個性派ばかりだ(笑)

だが、ひとたび集まれば、見も知らぬ者どうしでも、時代を共有するものを持っている。

それは、ヒマワリのように花弁はバラバラでも、核になる部分で繋がっている。


■現代の若者像は(あくまで私見だが)、何人かのグループでまとまっては居ても、グループと共有出来るものがあるのだろうか?

アニメ系とスポーツ系では、接点すら見付からないような気がしてならない。

まるで、アジサイのような、小さな花弁が集った、集合体のように見えてしまう。


私達は、ドン欲と言っていい程、学び取る、掴み取る姿勢が強かったと思う。

学校の勉強という意味では無い。いろんな事に置いてである。

政府や世間が、このあたりが着地点で、ここまでが限界点だろうと予想していた事を、ことごとく覆したようだ(笑)

【団塊の世代は、いつも限界点の先に、着地した】と、書かれたものを読んだ事がある。(堺屋太一さんの言葉です)

確かにそうだろうと思う。


もちろん学業に置いても、大幅に世間の予想を覆したらしい。

50人以上のスシ詰め学級だったので、学力の低下が懸念された。

だが、予想は外れ、大幅に平均的学力は向上したらしい。

政府関係者などが、懸念されると喜ばせ、期待されると裏切った(笑)。

ことごとく予想を覆して来たようだ。


それぞれの個性は、横を見るのでは無く、上を見て居た。

世代の上の人から、ある時は学び取り、ある時は技術を盗み取る。

向上心の塊、それが団塊の世代の特徴でもある。


■上司を尊び、部下を育てる。縦型社会の中では中核を為した。

だけども、時代は遷り、デフレ不況の嵐が吹き始めた時に、リストラの対象になったのが、団塊の世代でもあったのだ。

この頃の団塊の世代は、総じて自信を失って居た。

向上心の塊集団が、自信を失ったのだから、その影響力は大きかった。


■やがてデフレは、さらに深刻化する事態になった。
 
徐々に自信を取り戻すに連れ、デフレ不況も沈静化して来た。

数年後には、団塊の世代の定年退職が始まる。

何度も言うが、向上心の塊の我々だ。

座して流されることは無い。

新たな源流にさえも成りかねない、パワーと知識経験を備えている。


さて、政治機関を含め日本という社会は、この世代の人間を、ゴミとして扱うのか、宝として慈しむのか?




団塊世代ほど、世間や官僚予測を裏切って来た世代はない(笑)

不安視されれば驚く程の成果を残し、期待されればガッカリさせて来た(笑)

そんな私達を、堺屋太一氏は的確に捉えて、寄稿されていた。

以下は、堺屋太一氏(当時69歳、小渕・森内閣で経済企画長官)の寄稿文。

------------------------------------------------------------------

【団塊世代】

◆2005年が明けた。あと2年、2007年からは団塊世代が60歳代に入る。

60歳を定年と考える古風な人々は、「2007年からの3年間に300万人以上の団塊世代が定年を迎え、日本の経済と企業経営に深刻な影響を与える」と憂慮する。

典型的な官僚的予測。
すべての仕組みを不変と判断し、中身の数字だけをいじくって、将来を弾き出す手法である。

こうした官僚的予測は、大抵外れる。実態の変化に応じて世間の仕組みと人間の仕方も変わるからだ。


◆特に、団塊の世代に関しての、官僚や識者の予測は、見事なほど外れて来た。

団塊の世代は、中学では60人学級のスシ詰め教室で学んだ。

文部官僚は、「それでは学力がつかない」と主張したが、その頃こそ日本の中学生の学力は高かった。


学力低下や学級崩壊は、40人学級になった1990年代からの現象だ。


◆団塊の世代が高校、大学を卒業する頃には、「こんなに新卒が多いのでは就職難になる」と言われた。

だが現実には、60年代末から70年初頭は、高度経済成長で人手不足だった。


◆団塊の世代が40代になると、「窓際族が増えて企業経営が難しい」と言われた。

事実はその逆になり、企業利益史上最高のバブル景気になった。


◆そしてようやく官僚達が、
「日本経済は、40代中年のパワーと忠誠心で、断然強い。土地も株も上がり続ける」と言い出した途端に景気は悪化し、日本は長いトンネルに入った。


◆2007年から先も、官僚的予測は外れるだろう。

団塊世代は、60歳代になっても働き続け、新しい産業と文化を興すに違いない。

「人生80年の時代」の今は、60歳代は老人ではない。

経験と体力とやる気のある優良な勤労者だ。

その半面、その多くは住宅ローンや子女教育の負担を済ませ、退職金や企業年金に恵まれる。

老親の介護が終り、相続財産を得る人も珍しくあるまい。

つまり、人生で最も恵まれた時期を迎えるわけだ。


◆そんな状況の人々が、大きな塊となって出現すれば、これまでにない新型の労働力が供給される。

たとえ給与は低くとも、好みの仕事と勤労形態を選ぶ。

これを、どれだけ上手に活用するかで企業の盛衰も決まるだろう。


◆同時に、60歳代の激増は、巨大な高齢者市場を生み出す。

団塊世代がこれまでも、その年齢に応じて「ハイティーン」、「ヤング」、「ニューファミリー」、「中年交際費族」などのブームを生んだ。

2007年からは、60歳代のいぶし銀文化の市場が大成長するに違いない。


◆日本の人口は2006年ごろから減少する。

だがこれも経済文化の衰退に直結するものではない。


◆15世紀にイタリアでは、人口が急減した。

その時期にこそ、ルネサンスに繋がる新文化が開いた。

人口の減少で生産性の低い業種が捨てられた結果、一人当たりの所得が伸び、文化に投じる資金が増えたからだ。


◆これからの日本が、大胆な規制撤廃と国際的な人事交流を進めるならば、

効率の高い分野に労働力が集中する一方、必要な数の外国人労働者の流入と安価な輸入品の増加で、日本の経済と文化は大いに発展するだろう。

60歳代人口の増加は、知価時代における繁栄の大きなチャンスである。


小渕内閣、森内閣で経済企画長官。堺屋太一。69歳。




【BBS会話】

政治家の長老となると、80歳代は多いよね。

だけども普通の人とは、意欲や迫力が違う。当然といえば当然だけどね。

それに似てると思ったら、解りやすいかも知れないね。


多くの人達が忘れているのが、【団塊の世代は戦後っ子】だということ。

「戦争を知らない子供たちさ~」なんだよね。

何も無い、貧乏極まりない中から、共に成長して来た。

皆が貧乏なのだから、貧乏が当たり前で、誰も苦にもしなかった。

個性的で、野性的で(笑)、ドン欲で、前向きな連中ばかり。

だけども一匹狼じゃない。

横の連携はもちろん、縦の系も心得ている。

意見衝突しても、喧嘩をしても、遺恨は残さない。

そんな連中が多かった。


■70年安保は、団塊の世代の学生運動だった。

私は、彼等と対立していた変わり者だよ。なんたって、学生集会ブッ壊したものね(笑)

今、彼等にその話をすると、「勘弁してくれ」と、遮えぎられるけどね(笑)

それはともかく、団塊の世代無しでは学生運動は無かったと思う。


■確かに、他の世代と比べて何かが違うよ。

人生の出発点がドン底だから、昇る事だけを見ていた連中かも知れない。

「常に前向き」という言葉が、一番似合う世代かも知れないね。

「昔は良かった」は、お年寄りによく聞かれる言葉だけど、くどい(笑)


■私達はね、比較論で語る事はあるけど、その中に進べき道を模索している。

「やる事はやった、後は何もする事はない」はね、私達の中には無い!

そのあたりを、見事に堺屋さんは分析しているね。

常にドン欲。現状に満足しない。善い意味でも悪い意味でもね(笑)


■同窓会に集って来た連中は、150人近く居たけど、男性の半分以上が企業主だったよ。サラリーマンでも役職の上の連中ばかり。

そんな連中が、今は不景気で元気が無いけど、底力は持っている。

やる気さえ起せば、とんでもないパワーを発揮する連中ばかり。

私なんて、隅っこに追いやられてカスんでしまうね(笑)

私にはね、こんな仲間達が居るんだよ。

下手な事してたら、叱咤激励どころか、それはもう(爆)


■現役でサッカーをする奴もいる。今年は韓国へ行ったと言ってたなぁ。。

私にはとうてい真似は出来ん(笑)。

この連中の全員がね、私達の本を読んでくれています。

しばらく彼らの事は頭から離れていたけど(汗)

堺屋さんから素晴らしいメッセージをもらったので、彼らと共に、もう一度未来を楽しみたいと思います。

実際にね、『定年したら有機農園やバイオテクノロジーを研究したい』と、楽しみにしている人も居るんだよ。




【若者諸君】

あなた達に、立ち上がって頂きたい

あなた達はまだ、粘土のように頭が柔らかい 

練り直して、壺にも、器にも、花瓶にも、様々な形に変えられる 

今の自分を、変えられる 

勇気が湧き立つ

それが若者の証 



私達団塊世代は、あなた達にとっては、お荷物かも知れない 

とにかく、頭が硬い 

自己信念という殻が、粘土に焼きを入れている 

焼きが入ったら、壺は壺、花瓶は花瓶の形のまま 

あとは、壊れるだけ 

だけども、経験から得た知恵を持ち、残して来た

その知恵を利用して欲しい 



あなた達は、宗教、それも新しい宗教を嫌うだろう 

若い頃の私も、そうだった 

だから、あなた達には、正邪を見分ける力を持って欲しい 

何が正しくて、何が間違っているのか、見分けることが出来る力を持って欲しい 



ニーチェという人物は、「神は死んだ」と語った 

それゆえに、いまだに天国に還ることが出来ずに彷徨っている 

正しさを間違っていた 



本物の信仰は、焼きが入った壺や花瓶に、溶解液を垂らす 

固まった頭が、柔らかくなる 

それが、本物と偽物の違い 



私は、同世代の者達に期待して来た 

だが、個々の信念は、形となって固まっていた 

溶かして柔らかくしようともしない 

とても残念だ 



だが、あなた達なら、可能だ 

なにも、宗教に入れと言うのではない 

ただ、信仰心だけは持って置いて欲しい 



「神は死んだ」と言った者達は、やがて神の居ない場所に赴く 

たとえ善人として生きても、正しさを掴んでいなかったら、つらいことになる 



この日本を守っているのは、日本の神々だ 

日本人の信仰心が落ちると、その神々の力も落ちる 

戦後、日本の神々の力は落ち続けている 



もしも、他国に占領支配を受けたならば、日本の神々は解散する 

私達を守ってくれる神々が、変わる 

それは、神とは呼べない邪悪な魔物かも知れない 

神々の光を受られないまま、過ごすことになる 



だから、今こそ、信じて欲しい 

日本の力を 

あなた達が、本来持っている力を 



日本は、これからの世界を、リードして行かなければならない 

立ち塞がる壁を、突き破って欲しい 




必ず、出来る 

信仰心が増せば、日本の神々が力を増す 

その力は、神風となり、第2の元寇すらも吹き飛ばす力となる 



個々の力だけでは、足りない 

一宗教の力だけでも、足りない 

日本人の多くの人達の、日本を愛する思いが強ければ強いほど、目の前の壁は壊れて行く 



人間は、生きながら経験を重ね、知恵に変える 

だからこそ、平和な時間は、短い 

心のダイヤモンドを光らせる為に、砥石のように、厳しく辛い 

そこに、人間が生きる理由がある 



心のダイヤを光らせて欲しい 

その光こそが、日本を甦らせる 



老兵の私も、まだまだ、あなた達には負けたくない 

だが、やがては、あなた達は、私達を乗り越えて、輝いて欲しい 


出来るから 

必ず、出来るから 





1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [時事雑感] | 2017.05.03(Wed) PageTop

Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【他人が作れないレシピを考える】まずは一から出発・再出発できる有り難さ、白紙に描く喜びを知ろう。 May 13, 2017
◆【超音波と衝撃波】NHKは地上の原発の安全性を立証したことになる(再掲載) May 12, 2017
◆【草と忍者(続き)】現代の草と忍者は暗闇世界の使者。光の世界の拡散を妨げることで己の居場所の確保をしている。 May 11, 2017
◆【異常気象は天意の証】無神論者・唯物論者が、日本と世界を滅ぼす(再掲載) May 10, 2017
◆【素晴らしい国:日本】欧米やアメリカ大使館の御方へ。安倍総理の靖国神社参拝は、どこの国でも、ごく、当り前の事ですよ。 May 09, 2017
◆【善い話・怖い話(笑):悪霊退散!台風迂回!】ここ数日の奇妙な出来事(再掲載) May 08, 2017
◆インド、ネパールで、日本に産まれた〔再誕の仏陀〕が説法。インドでは5万人集会で大騒ぎ!(再掲載) May 07, 2017
◆【危機を防ごう】マヤの予言危機を回避しよう(再掲載) May 06, 2017
◆この世の救済も大事だが、【魂の鎮魂】も、とても大切なことだ May 05, 2017
◆【ニーズよりシーズ】逆境をバネにして善き種を蒔け。 May 04, 2017
◆【団塊の世代から若者諸君へ】団塊の世代は向上心の塊/若者諸君。 May 03, 2017
◆【雑談の中に真理あり】会話こそ我が人生。 May 02, 2017
◆【知る機会を失うことなかれ】親から子へ、子から孫へ。 May 01, 2017
◆【さまざまな人生模様】素晴らしい二人の体育教師 Apr 28, 2017
◆【無から有へ】何も無い処から、生み出す・創りだす面白さ Apr 27, 2017
◆【礼、智、 信、義、勇、仁、徳】仏の智慧で世界を救い導け。正義を貫き、不義に妥協することなかれ。 Apr 26, 2017
◆【目は心の窓】個性さまざま、放ち放たれた言葉 Apr 25, 2017
◆【正論、必ずしも正義ならず】義憤としての冷静な怒り Apr 24, 2017
◆【知は力】失敗を反省し、繰り返さないことの大切さ Apr 23, 2017
◆【幸福の科学:緊急霊言】追い詰められた金正恩守護霊、トランプ氏に挑発メッセージ Apr 21, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m