◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

情報難民と呼ばれる方々の判断材料は、TV、新聞等に限られて、【国論】すら変えてしまう

私が昨年応援した「幸福実現党:村田純一」氏のブログを見た
夏祭り余興で招待され、
井上陽水の「夢の中へ」を唄われている

はっきり言って、昨年は突然のことだったのだろうが、こういう余裕は感じられなかった
もちろん今も、日本の近未来を憂える外憂内患で、真の余裕などありはしないのはブログを見ても伝わってくる
それは私も同じだ


◆一昨日、大切な親友達に招かれて久し振りに出掛けた
話ははずむが、驚いたことがある

いや・・驚いたというより、かなりなショックだった
同じく肩を並べて学んで居たのに、どこから学んだのか「社会主義思想」が貼り付いていた・・

彼等だけでは無い
同世代の連中に、驚くほど、根底に「社会主義思想」を持つ者が多い事に、最近になって気が付いた

戦後教育の中に、日教組による「社会主義思想」が植え付けられたと、目に、耳にしているが・・
それでも私自身は信じられなかった

もしかしたら、私自身の中にも入っているのだろうか?と確認するが、よく解らない
自民党議員の親族達に囲まれて育ったので、たぶん無いだろう
自営業でも、資本主義の考えの中に居たので、違うと思う


◆親友達に「中国の脅威」を伝えても、夢物語だと言う
「絶対に中国が攻めて来るはずは無い」と言う

過去の歴史、海外からの情報、そして戦後、中国が為して来たこと、今為していること
これらが解っていれば、「中国の脅威」は決して、夢物語では無いのが解るはずなのだが・・

東トルキスタンと習った国は、今では中国の属領:ウィグル自治区だ

その国から逃げて来た人の言葉だ・・
「東トルキスタンからの手紙」

昨年のウィグル自治区の暴動では、一夜にして、1万人の若者が消えた・・

モンゴルも、内モンゴルは中国の自治領化された

チベットは、国ごと、チベット族を追い出すか、虐げている

地震のあった四川省自治区も、かつては別の国だった

このように、この半世紀で、中国は陸地伝いの周辺国を次々に自治領にして来た

自治領とは名ばかりで、中国の奴隷国だ

四川省には、核ミサイル基地がある

ウィグル自治区では、水爆実験が行われて来た
(そこをシルクロードが通っている、西遊記の撮影での夏目雅子さんの白血病は、被爆が原因だと思える)

信仰厚いチベット民族には、ラマを追放して、雁字搦めにしている

--------------------------------------------------
◆私は、1970年から中国切手を集めていた
中国だけではない、思い出すだけでも・・

【東・東南アジア諸国】
香港、台湾、韓国、北朝鮮、フィリピン、シンガポール、カンボジア、ラオス、ベトナム、インドネシア
マレーシア、タイランド、インド

【中央・西アジア諸国】
スラエル、アラブ首長国連邦、イエメン

【オセアニア】
オーストラリア、ニュージーランド、パラオ、フィジー、マーシャル諸島

【ヨーロッパ】
イギリス、フランス、ロシア 、ポーランド、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、チェコスロバキア、サンマリノ、オーストリア、イタリア

【アフリカ】
南アフリカ共和国、南西アフリカ(SWA)、ケニア

【南北アメリカ大陸】
アメリカ、カナダ、コロンビア、ブラジル、パラグアイ、アルゼンチン、キューバ、ドミニカ共和国、セントビンセント・グレナディーン諸島

これらの国の切手を集めていた

最初は美術・芸術的嗜好で集めていたが、次第に、各国の状勢が解るようになった
例えば、北朝鮮、ベトナム、キューバの切手は、お世辞にも美麗とはほど遠く、印刷技術の後れが際立っていた

自国で使用されているかどうかも不明な、日本製のアラブ首長国連邦、イエメン等の外貨獲得手段としての切手発行だった
(今の日本が、この状態で、切手本来の趣旨から大きく外れている)

そして中国
1972年の「日中国交回復」までの切手は、お粗末なものだった
国交回復時に、日本の印刷機と技術を送った
以後の中国切手は、安くて質の良い切手に生まれ変わった

台湾、韓国、タイランドにしても、日本の大蔵省印刷局製のものが多かった
たまに独自発行したものは、目打ちも抜け切れず、粗雑なものだった


◆当時、これらの国々の切手を集めていて、社会主義圏、共産主義圏の印刷技術の後れが目に付いた
同時に、戦争めいたことが記念切手になっていることに気が付いた
まだ20代後半のことだった

この頃までの日本切手は、間違いなく、ダントツで世界一だったと断言出来る
だから、海外からも印刷受注を受けていた

今は、日本切手の印刷は、海外に頼んでいると聞き及ぶ
まず、美しくない
そして商業主義が丸見えだ


◆数十ヶ国から始めた収集は、次第に減しながら、東アジアだけに絞った
中国切手の目覚ましい完成度に、惜しみない喜びを持っていた
もっともっと発展して欲しいと、本気で願っていた

だが・・
様子がおかしくなり始めた
いつのまにか、「日中国交回復」の文字は消えた

事情があって、これ以降、すべての切手を売却したが
中国切手だけは、購入時の20倍程度で売れたので、驚いたことがある


◆たかが切手と言えども、その中からいろいろなことが解る
文化や技術も解る
国家や人々の思想も解る
どの国とどの国が繋がっているかも解る

今、考えると
私は、切手という小さな紙を集めながらも、大きな世界を見ていたように思える


◆切手の話を書いたのは、私は若い頃から、この小さな島国だけからの目で見て来なかったからだ
少なくとも、小さな紙切れの中で世界中を飛び回っていた
それも、刻々と変化する国際情勢を踏まえながらだ

--------------------------------------------------
政治の話に戻る

◆友人達が楽観視している「中国の脅威」は本物だということは、ネットに通じている人達の大半は知っている

困るのが・・
中国と手を組んでいる大手マスコミの報道を信じ切って、「マスコミ信仰」に陥り、「情報難民」と化して居る人達だ

昨年の民主党の勝利は、大手マスコミが誘導したものだということは解っている

大手マスコミの世論誘導、もっと言えば洗脳で、「情報難民」の国民を間違った方向に導いた

私が、【大手マスコミは、真実をすべては伝えていない、利益誘導している】と言っても、信じてもらえない
大切な親友達だけに・・つらい


◆「中国が攻めて来るはずが無い」というのは、もう・・非現実的な状勢に差し掛かっている

時期が来れば解ってもらえると思うが・・
遅きに失したら、友人達の家族は、やがて北京語を話さなければ殺されるという現実が差し迫って来ている


中国外務省から流出した、2050年の中国国家予定図だ
20100827-1.jpg

china2050-3.jpg 


また、こちらは、たけしのTVタックルで放映されて物議を醸し出したものだ(これが中国の本音)
20100827-2.jpg 
オーストラリアを訪問した李鵬は、豪首相との首脳会談中に、
「日本など20年も経てば地球上から消えてなくなる 」と発言し、物議を醸した


アメリカ国防省はじめ、各国の軍事アナリストは、
2020年までには中国が第3次世界大戦を位置付けていると訴えている


それに対しても、日本国も、日本人も、知らないし、そんなことなどあり得ないと思っている

だが、その期待を、今年の4月に、見事に裏切っている

軍艦・潜水艦など10隻が、沖縄を堂々と通り、日本に向けて沖の鳥島沖で実践訓練している

近未来の中国の戦略図と、準備段階としての現時点での沖縄沖の中国軍の動きだ
中国艦隊の動き 

今のままでは確実に、10年以内に中国は、アジア征服に乗り出す・・
今の日本など、赤子の手をひねるようなものだ


だけども、一縷の望みがある
それは、中国にも世界の仲間になってもらうことだ

一党独裁、秘密主義、暴力肯定、言論統制・弾圧から、健全な民主主義国家へと転ずることだ
これしかない
これしか、中国の暴走を止めることは出来ない


◆小沢氏の民主代表は、例え情報難民の方々と言えども、反発を買うだろう
どちらが勝つかは解らないが
どちらにせよ、ずっと以前から言っているように、民主党は分裂するだろう

小沢氏には公明党が付き、みんなの党とも連立を組むかも知れない
菅氏の方は、バラバラだろう
民主党議員達は、超党派として模索模索となることだろう


◆そして、自民党!
あれだけ「菅談話」に対して正論から批判していたのに、妥協するとは
いつから自民党は、そんな弱気な党になった!
あなた達「自民党」が、そんな弱腰では、さらに自民党内にも分裂が起きてしまうことになる
それで良いのか?

とにかくこれで、
「菅談話」に真正面から異議を唱えているのは、少数政党や「幸福実現党」だけになってしまった

民主主義の最大の長所と、最大の欠点が「多数決の原理」だ
長所となって現われた時には、国民は幸福に向かう
だが、欠点となって現われた時には、国民は・・苦しみが待っている


◆社会・共産主義の特徴は【結果の平等】
自由・資本主義では【チャンスの平等】であり、【自助努力の精神】が求められる

国民の多くは、限られた情報しかもらえない状態の今は、戦時中の【言論・思想統制と同じだ】、【情報操作と同じだ】
それらの情報難民は、何で判断する?

TV?・・テレビ局は情報操作で国民を欺いている
新聞?・・これまた同じ、もともとTVと発信場が同じなのだ
雑誌?・・売れれば良いので信頼出来るものは少ない・・が、以前と違って、こちらの方がTV・新聞より、世界の真実に近いものもある
インターネット?・・偽情報も錯乱しているが、現時点では、これが最も有効な手段だ
他にも、書物や講演などがある

どれが正しいかは、すべてを知っている者だったら判断出来る

だが
戦時体制のような不都合な情報操作を受けたままでの【情報難民】の多くは、TV・新聞の意のままだ
そして、その人達の数の方が圧倒的に多い


◆日本の大手マスコミ諸氏
もういいでしょう
あなた達が作った民主党政権は、とてもとても期待に応えることの出来るものでは無かったです

一度は、政権交代させて、もう一度、自民党に返り咲いてもらうつもりも、この状態です
さぞかし驚かれていることでしょう

だけども、このことは、「幸福実現党」だけは、1年前から解っていました

あれだけ、北朝鮮の脅威を、何の意味も無く、全国各地で叫んだとは思ってはいられないでしょう
だけども、当時の雰囲気は、国防の「コ」の字でも言おうものなら、あなた達から袋タタキの状態でした
議員なら辞職です

「幸福実現党」は、昨年、非常に危険な状態にあった、北の脅威をストップさせました
そのことで、一時期、融和政策に方向転換の模索を始めたのは、周知の事実です
惨敗したことで、再度、強攻策に戻りましたが・・

今年は、自分達は踏み台にされても、「国民の為に、何がなんでもネジレを起こす」ことが、最低限の目標でした
相変わらず議席は取るに至っていませんが、大儀は果たしています

もし、今回、ネジレを起こして居なければ、【売国法案】が国会を次々に通りますのでね
あなた達、ご自身のためにもなったかと思いますよ・・

これらを、まずは、ストップさせていますが、終わったわけではありません

中国の危険性は、他の誰よりも、あなた達の方がご存知のはず

もしもの場合、一番最初に拘束被害を受けるのが、放送・報道関係ですからね

正義感溢れた、本来のマスメディアとしての、命懸けのプロとしての良識を、願っています


↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ人気ブログランキングへブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [未別] | 2010.08.27(Fri) PageTop

Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆吹田晃氏が亡くなった。。お世話になりました。ご冥福を祈ります。 Jun 21, 2017
【冗談話】安倍総理の70年談話前に各国に謝罪する。(2015年8月の下書き) Jun 21, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト全編】 1963年~1967年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト①】 1963年~1964年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト②】 1965年~1967年(画像による順位表) Jun 07, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう May 31, 2017
◆【他人が作れないレシピを考える】まずは一から出発・再出発できる有り難さ、白紙に描く喜びを知ろう。 May 13, 2017
◆【超音波と衝撃波】NHKは地上の原発の安全性を立証したことになる(再掲載) May 12, 2017
◆【草と忍者(続き)】現代の草と忍者は暗闇世界の使者。光の世界の拡散を妨げることで己の居場所の確保をしている。 May 11, 2017
◆【異常気象は天意の証】無神論者・唯物論者が、日本と世界を滅ぼす(再掲載) May 10, 2017
◆【素晴らしい国:日本】欧米やアメリカ大使館の御方へ。安倍総理の靖国神社参拝は、どこの国でも、ごく、当り前の事ですよ。 May 09, 2017
◆【善い話・怖い話(笑):悪霊退散!台風迂回!】ここ数日の奇妙な出来事(再掲載) May 08, 2017
◆インド、ネパールで、日本に産まれた〔再誕の仏陀〕が説法。インドでは5万人集会で大騒ぎ!(再掲載) May 07, 2017
◆【危機を防ごう】マヤの予言危機を回避しよう(再掲載) May 06, 2017
◆この世の救済も大事だが、【魂の鎮魂】も、とても大切なことだ May 05, 2017
◆【ニーズよりシーズ】逆境をバネにして善き種を蒔け。 May 04, 2017
◆【団塊の世代から若者諸君へ】団塊の世代は向上心の塊/若者諸君。 May 03, 2017
◆【雑談の中に真理あり】会話こそ我が人生。 May 02, 2017
◆【知る機会を失うことなかれ】親から子へ、子から孫へ。 May 01, 2017
◆【さまざまな人生模様】素晴らしい二人の体育教師 Apr 28, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m