◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

久し振りに、私事雑感

今、TVではチリの落盤事故の救出で沸き立っている
2人目の救出場面を見たが、あれこそが人間の本来の姿だと思った
国家間の垣根を越えて、世界各国が固唾を呑んで救出を待っている、喜んでいる

美しい人間愛に満ちている

人間は素晴らしい

愛には、人種や国家の垣根など無い


◆歳とったせいか、涙もろくなってしまった
16歳で涙と決別したつもりだったが、信仰の道に入るなり、異質の涙が度々襲う

若い頃までの涙は、「悔し涙」、「惜別の涙」のようなものだった
だから封じ込めた、2度と泣かないと誓って30年経った


◆私は、15年前に「幸福の科学」の信者となったが
それまでの私は、TVは見ない、新聞も1~3ページまでの大見出しと社説しか見ない、広告や3面記事は見ない人間だった
それでも、店に来る客がいろいろ教えて解説までしてくれるので(笑)、社会情報には事欠いていなかった

お客の中には、「幸福の科学」の信者さんが居たが、他宗教の人間も沢山いた
私なりの価値判断で、おかしな宗教と思える人達とは形だけしか接しなかったし、悪しき勧誘には私なりの論法で言い返していた
悪いが、その人達には全戦全勝だった、論法では負けなかった


◆だが、当時の私は「幸福の科学」のことは、まったく知らなかった
『幸福の科学知ってるでしょう?』、「知らないね」
『大川隆法って聞いたことあるでしょう?』、「聞いたことないよ」
そんな程度のものだった

15年前、「幸福の科学」の信者さんに連れられて、お義理で「御法話拝聴」に付いて行った
信頼しているお客へのリップサービス程度の気持ちだった

少しばかり遅れて行ったので、ドアを開けるなり信者の皆さんが合掌・手を合わせてる
(うわ~、宗教そのものじゃないかよ)が、第一印象だった
(ここまで来たので仕方ないか・・)と入った・・遅れたので前列しか空いていなかった

隣の人が手を伸ばして経文を見せてくれる
仕方なく一緒にボソボソと小声で読んでいると、「この愛の星、地球を、お守りください」という一節に出逢った
(へぇ~、大きな教えなんだな・・)と思った瞬間、なぜだか?ボロボロと涙が出始めた・・


◆別に、洗脳されたわけじゃない(笑)、ヘッドギアなど付けてはいない(爆)
もともと私は、宗教に対しては疑り深い人間なので、そう簡単には信じない
若い頃から檀家元である坊さんに質問攻めにして困らせていた(答えが返って来なかった)
とうとう、法事が終わるなり、そそくさと逃げられてしまっていたものだ(笑)

そんな私が、ほんの一節を見て、涙がボロボロと止まらない
涙は16歳の時に決別したはずだ
私は「涙を流す=恥ずかしいこと」と思っていた
何だ?この涙は?と思いながら、最前列に座っていたので、流れた涙を拭い誤魔化した
そして、しばらく誰にも語らなかった


◆私にもプライドがあるので誰にも語らなかったが、そこに集っている人達を見て、器の小さな自分を感じ取っていた
(あの涙は何だ?)と思いながらも、(この人達には負ける、とても敵わない)と、内心で思っていた

あれほど、檀家の坊さんには避けられるほど疑問をぶつけ、邪(よこしま)な宗教勧誘には逆に説教していた自分なのに・・
私の思い上がったプライドは、ブチ砕かれてしまった

とにかく、涙の正体を知りたいのと、初めて覚えた劣等感・敗北感の原因を知りたく、「幸福の科学」の本を買い集めて読み漁った
そして、
お寺のお坊さんに尋ねても、帰って来なかった答えが、そこにあった
若い頃からの、もの凄い量の疑問のすべての答えが、そこにあった

【人生の師】の居ない私だったが、探し求めていた【師】に巡り逢えたかのように心が震えたものだ

その後、自分から入信した
先人達とのレベル差は、誰からも言われなかったが、自分自信で感じ取っていた
だけども正直に言うが、当初は追い付けるとは思っていなかったし、ましてや追い越すなど考えもしなかった

かなりなレベル差を感じながらも、子供の頃から求めていたものに出逢えた事の方が大きかった


◆私は、若い頃から時折、人の背後に銀白色のオーラが見える時があった
狂気に暴れている人、心境の悪い人の肩、腰、脇腹に黒い物体が見える時があった

最初は目の錯覚だと思っていたが、物理学的にみても変だ?
銀白色のオーラは背景が暗ければ、解りやすいと思うだろうが、そうでは無いのだ
背景が、光が燦々と満ちている時ほど解りやすい

逆もそうだ
光が燦々と満ちている時には解らない
薄暗い時ならハッキリ解る

だから、どう考えても、納得がいかない
それを、お寺のお坊さんに尋ねても、明確な答えはもらえなかった

その答えも「幸福の科学」にはあった
光り輝くものはオーラと呼ばれるもので、黒い物体は悪霊の憑依だとのこと
信じられない人には信じられないと思うが、私には、至極納得の行くものだった


◆では、「幸福の科学」の信者さんが全員私のような人間かと言えば、そうではない
いろんな人達がいる
むしろ、私のようなタイプは珍しいようだ

じつは、お義理で最初に行った時の「御法話拝聴」では、驚いたことがあった
大川先生と呼ばれる人は、1時間も話しているのに、手元には何も無い、持っていない
しかも内容は濃い
これだけの話が出来るなると、その何百倍の蓄積が無いと無理だ
30代で、こんな人が居たのかと驚愕した


◆夢中になって聞いていると、TVの中の大川総裁の背後から金色の光が見え始めた
それこそ、洗脳されてるのじゃないかと後を振り返っても(笑)、皆さんメモを取られたりして真剣に聞かれている
真面目な学校より質が良いし、真剣だ

私を含めて、「宗教=洗脳」と思われる人も多いが、まったく無縁の所だと気付かされた
そこは、本物の学びの場だった

お話しが終わって、「どうでしたか?」と感想を聞かれた
だけども私は、話の後半は、その金色の光が気になって、話に集中出来なかったのだ 
だから、「あのTV、なにか仕掛けがしてあるのですか?」と、単刀直入に聞いた(笑)

テーブルの皆さん方は、私が何を言っているのか解らない顔をされていたのが印象的だった
「大川先生の背後からの金色の光が眩しくて・・」と言うなり
『えっ!○○さん!見えるのですか!それはオーラですよ!』と言われ、皆さんが一斉に振り向かれた

そんな馬鹿なと思った私は、反論した
「だってアレ、TVですよ、ビデオでしょう?オーラのはず無いじゃないですか」
「しかも、小さくなったり大きくなったり、画面からはみ出したりですよ、見づらいなんてものじゃないですよ」

『それがオーラなのです、ビデオでもオーラは出ているのです』
『大きくなったり小さくなったりするのは、先生の心と同調して変化しているのです』と言われたが、
オーラは物理学的には生体エネルギーと思っていた私には、いきなり信じることには無理があった


◆『このペンダントからも、書籍からも光が出ているのですよ』と言われたので、そっと手をかざしてみた
「ほんとうですね、熱いですね」と言ったものだから、さあ大変(笑)
『○○さん!感じるのですか!私は光が出ていると言っただけなのに、熱いと感じられるのですか?』
質問するつもりが、逆に質問されていた(笑)、どうやら、私のような新参者は珍しいようだった

帰ってから、本当に書籍から光が出ているのかと妻と実験をした
結構、疑り深いのだ(笑)
だから納得出来ないものには、得心するまで実験もするし、質問もする

妻を背後に置いて、私には見えないようにして、いろんな書籍の上に手を置いた
『これは?』、「違う」・・『これは?』、「ああこれはそうだ」
そんな馬鹿げたことをしたが、100発100中だ、妻も驚いていた


◆私の「幸福の科学」への興味は、そんな馬鹿げたことから始まったが(笑)
それはあくまでも確認手段であり、【人生の師】に出逢えたという喜びの方が先だった

だから私は、悩んで苦しんで、それを治したいとかで信者になったのでは無い
その程度で信仰を持つのなら、とっくの昔に入っていただろう

私は、御利益団体だったら、断じて信者にはなってはいない

この団体は、本物だ

そう、確信したのだ


◆隠していた涙の件を話した時も、拍手をもらって、とまどった
その涙を【法雨】というようで、真理の法に触れた時、魂が喜び涙となって現われると聞いた
それで納得した

悔し涙では無かったのだ

(魂の)喜びの涙だったのだ


◆あれから15年経った
私も、ずいぶんと変わった

大内家の子孫である私だ
一族の歴史を唯一?、受け継ぎ聞かされていた私だが、一族を歴史を葬りさろうとしていた

有能だが、不誠実な一族が大嫌いだったからだ
政治家始め、そうそうたる地位の人達でありながら、自己保身の強い人達ばかりだったからだ
都合の良い時は擦り寄って来て、悪くなると他人顔
父親への恩を、仇で返した人達もいた

だからこそ私は、私に託された一族の隠された歴史を終わらせるつもりだった
一切の情報を与えず、40年近くも黙秘していた

家から古文書が出て来る、鎧兜が残されている
理由を教えてくれと、親族から頼まれても沈黙を貫いた


私自身は、幼い頃から一族の長老達に「相手が困った時には助け合え」と教え込まれて来た人間だ

だが、その長老達の子供達は「相手が困った時、自分が損になるなら助けない」人達ばかりだった
自分のことしか考えない人達ばかりだったのだ

それが嫌だった
そういう人達は、先祖の名誉も何も捨ててもらって、普通の人になればいい
そう思っていた


だが、「幸福の科学」に出逢って、次第に考え方が変わり始めた
彼等も、そういう家系に産まれたからには、何等かの意味があるはずだと・・考えが変わり始めた
今は、意図的に距離を置いていた一族とも、50年前の状態に復活させようとしている


◆先日、郵便局に勤務していた友人が来て、いろんな話をしていた
郵便局の保険外交業務員の人間はオソロシイものだ(笑)

あそこは、あちらと兄弟で・・とか、地域の住民情報が、頭の中にインプットされている(笑)
「お前、今からでも、興信所の商売始めたらどうだ?」と言うと、苦笑いしている

「ところで、お前、その広い人脈を駆使しても、俺の親族を知ってるか?」
『○家だろうが』
「それは義理の親戚だ、俺の本当の名前は○家で、○家、○家、○家、○家・・みんな親族だ」
『じゃあ、Aも、Bも、Cも・・お前の親戚なのか!』
「ほんとよく知ってるな、その通りだよ・・だから俺、本来は政治家家系なんだよな・・」

彼は、急に黙り込んでしまって、驚きを超えたものが表情に出ていた
『お見それしました・・』と冗談混じりに言っていたが、冗談の表情では無く、キツネに包まれたように緊張顔だった
私の語る政治や宗教を小馬鹿にしていた彼の中には、親族の顔が渦巻いて居たことだろう


◆このブログにしても、祖父・祖母の親族にあたる「玉木分之進」が創った「松下村塾」の名を使わせてもらっている
決して、付け刃的に名付けたものでは無い
それだけの事は教え込まれて来た
厳しく(笑)

玉木分之進の甥の「吉田松蔭」と「乃木希典」は、私の幼き頃から手本とされた人物だ
天国の「吉田松蔭」には叱られるかも知れないが
多少、血が繋がっているので、勝手に名前を使わせてもらっている(笑)


今日は、話が政治と関係ないものになってしまった
もっとも政治嫌いの私が、政治ブログを書くことの方が、おかしいのだ(笑)


早く、平和な世の中になって欲しい



↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ 人気ブログランキングへ ブログランキング
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [7] | Category [未別] | 2010.10.13(Wed) PageTop

Comment

Private

 


はじめまして、お邪魔します

いつも、こっそりとブログを読ませていただいています。

政治に興味のなかった私にも
とても分かりやすい解説で、興味深く読んでいます。
“幸福の科学”と言うと
どうしても、あの小川知子の豹変した姿しか
思い浮かびませんでした。
このブログに遊びに来るまでは私にとって
オウムと同等のイメージしかありませんでした。
(ごめんなさい)
このブログの中でPHENIXさんの人柄を知るうちに
どうやら、幸福の科学に対する認識が間違っていたように感じています。
広く温かい心で日本を案じていて下さる方が
いらっしゃることを知り、嬉しく思っています。
子どもたちの時代も平和が続くことを願っています。

2010.10.14(Thu) 08:46 | 風 [URL] | 編集 | ▲PageTop

はじめまして
ご訪問ありがとうございますm(._.)m

昨日は、チリの炭坑落盤の救済を見ていました
全世界の注目の中での奇跡的な脱出には、涙涙でしてね・・ついつい、ブログの話の内容が変わってしまいました ^^

ご指摘のフライデー事件の頃は、私は何も知らない人間でした(入ってから知りました)
確かに、マスコミが流す一部の映像だけを見れば、私でも、悪印象を持つだろうなと思いますよ ^^

正直、その後遺症に、今でも悩んでいるのですよ・・ 当時の「小川知子」さんが代名詞のようになっていますのでね ^^

入信後、「フライデー事件」が一般の方の判断材料になっているのに驚いた私です、ですから、私なりに検証致しましたよ ^^

反省すべき点は多いかと思います、TVに映し出された「小川知子」さんの表情は、アウトです ^^
たとえそれをマスコミが利用しても、どちらもどちらです、利用する方も、利用される方も、第3者(見ている人)への配慮が欠けていました

仏教の八正道のうち、「正見(しょうけん)」という基本的な部分なのですけどね・・
「今、自分がやっていることは、他の人にはどのように映っているだろう」という部分です

抗議そのものは正当で、何等の違法的要素はありませんでしたが・・だけども、やり方だマズかったですね、下手でした ^^
それは、地元の高村議員も、私と同じ考えでしたね

また、マスコミは報道していませんが、以前、「オウム」と「幸福の科学」は、真っ向から対立していましてね
何度も「オウム」の危険性を訴えても、「どうせ宗教同志の対立」と思われて、警察すらも相手にしてもらえませんでした

「坂本弁護士」の件の時だって、拉致現場を信者さんが見ていたので報告しています
何度も「犯人はオウムだ」との声を上げましたが、現場には届きませんでした

もし、その時、世間に偏見が無かったら、「地下鉄サリン事件」は、未然に防げました
警察が強制捜査に入った時、ヘリコプターまで用意されていました、東京上空からサリンを散布するつもりだったようです
ですから、捜査協力として感謝状は頂いたようですが・・そんなものよりテロを未然に防ぎたかったです、今でも残念でなりません

それほど、あの「フライデー事件」は、大きなものでした
私達だけへのことではありません
大きな犠牲者を出してしまいました

さらには、宗教は「怖いもの」というイメージを与えてしまいました
本当に反省しなければならないことでした、この失った信用を取り戻すには、私達が本物の信仰者としての務めを果たすことだと思っています

じつは、「幸福実現党」は、10年先に立党する予定でした ^^
一部の自民党議員との懇談会でも、そのような段取りになっていました、それが、突然の立党になりまして、慌てたってものでは無かったです ^^

私達が、そんなムチャクチャなことをする時は、大きな大きな意味がある時です
その部分だけ信じて頂ければ、幸せます m(._.)m

今は、世間様からは、異様に見え、思えているかと思います
だけども、私達は、「フライデー事件」の反省の上に立っています、同じように見えていらっしゃる方も多いですが、「幸福の科学」は反省して変わりました

信頼回復の道は、早いか遅いか解りませんが・・一刻も早く、「愛に満ちた世界」の実現を目差して参りたいと願っています

ご訪問、コメント、ありがとうございました m(._.)m

2010.10.14(Thu) 16:04 | Phoenix [URL] | 編集 | ▲PageTop

感動しました。

幸福の科学との出会いがあって、人生観を変えた一人です。ブログは読ませて戴いておりますが、コメントは初めてです。

今回のエントリーには大変驚きました。実生活のお立場を隠さず、信仰のあり方を語られる勇気に感動しました。まったく及びませんが、私にも似たような経験やプロセスがありました。

異口同音と言えば差しさわりがありますが、殆ど差異のない切り口のブログが多い中で、自らの考えを自らの言葉で語られていることに、改めて気づかされました。過去のエントリーをもう一度見直して見たいと感じました。

これからも頑張ってください。

2010.10.15(Fri) 08:19 | 田舎のダンディ [URL] | 編集 | ▲PageTop

はじめまして m(._.)m

私は、とにかく変わり者でしてね(汗)
立身出世を望むタイプでは無いようです ^^
肩書きや地位には、あまり興味が無いのですよ

そして、「嘘」が嫌いで、「お世辞」が苦手な、とっても不器用な人間です ^^
そんな私でも、30年も営業経験を積んで来たのですよ ^^

20歳のアルバイト時に、「君なら安心して金庫のカギを任せられる」と言われたことがありましてね
その言葉が、とっても嬉しく、心に刻み込まれました
上司から、そのように見て頂いているのだと知り、(人の信頼を)裏切ってはいけないという思いが、私の原動力になりました
私の原点でもありますね

もともと私は、小さな会社の経営者でしてね、大きくするチャンスは何度もありましたが、叶いませんでした ^^
ジバン・カバン・カンバンを引き継いで政治家にも成れましたが、ドロドロとした世界だと知っていましたのね、辞退しました ^^
今思えば、残念かも(笑)
だけども、その頃に政治屋になっていれば、信仰を持つことは無かったでしょうね ^^

私自身は、【神仏】を崇めることから育てられた人間です
山口県下関市の老僧神社に縁のある、日本神道系の人間かも知れません
そこの神様が母親の夢枕に現われて、「お前に我が子を授ける」と言われたそうです ^^
誕生日も、その神社の大祭と同じ日なのですよ?
そして、「天之御中主」の言葉が大好きですしね ^^

「幸福実現党」に関しては、私が20歳若くて、当時の人脈を活かされれば・・という思いが、時々湧いて来ますね ^^
あの頃、政治家になっていれば・・という思いは、どうしても消せません(笑)
それも叶わぬ夢になった今は、せめてこうして、マスコミが伝えない事実を書き続けて来ました

それも、最近、やめようかと本気で悩んでいました・・
私はジャーナリストではありませんので、特ダネ的なことは持ちませんしね ^^
毎日、ヌカにクギを打っているような感じで、虚しささえも覚え始めていました

昨日は、今日書いた話を書く予定でしたが、なぜだかな?ああいう話になってしまいました ^^
そしたら、おふたりから、ありがたいコメントを頂いて・・感謝感激です

やはり、続けるべきなのかな・・と思い直しているところです ^^
名前のわりには、大したブログではありませんが、これからもよろしくお願い致します m(._.)m

2010.10.15(Fri) 14:57 | Phoenix [URL] | 編集 | ▲PageTop

再度失礼いたします。

ご丁寧なお返事ありがとうございます。お邪魔かもしれませんが、再度コメントさせてください。

私は、Phoenixさん以上の年だと思いますが、幸福の科学に出会って、長年の疑問がどれほど氷解したか判りません。にもかかわらず、宗教的な純粋さが欠落しているのか、どんな類の人間や組織との関わりも特に拒むことなく過ごしてきました。

幸福の科学関係のブログへのコメントも、社会との接点の強い方のものに気まぐれに行う程度です。Phoenixさんとは逆かも知れませんが、政治やジャーナリスティックなものに興味を感じます。共通点は、長年自民党を支援してきたことでしょうか。

真偽は別として、かつて吉田松陰が旅したとき、今私が住んでいる処に、宿を取ったといわれています。しかし、憧れていても、あの峻厳な魂のひとかけらも持ち合わせていないのは、情けないというほかありません。

今は、霊言関係の書を読みながら、この世は何と思うように行かないものかと嘆息しつつ、外見は物知り顔に過ごしています。またお邪魔するかも知れません。よろしくお願いいたします。、

2010.10.15(Fri) 17:13 | 田舎のダンディ [URL] | 編集 | ▲PageTop

深謝

私のようなものに、に丁寧な返事をいただき、恐縮しています。

このブログに心ひかれる事

①教育(娘が中1)

②政治(家庭を持って、初めて、政治を知る必要が生じました)

③吉田松陰(修学旅行で行った松陰神社が何故か
落ち着く神社で、国家試験を受けるときまでの長い間お守りを大事にして、お礼参りにも行きました)

④お役所仕事の公務員(私もかつて、地方公務員として、お役所仕事を叩きこまれ、おかしいと思いつつも・・・何もできませんでした)

⑤尖閣諸島を含めた領土問題

⑥幸福の科学(遠藤周作はエッセイの中で、自分がカトリックであることをパンツのようなものと
書いていました。生まれたときから、カトリックで何の疑問も無く・・・・と。私にとっても生家の宗教は浄土真宗で何の疑問も無く・・・。京都に遊びに行くと後ろめたさから、お参りして帰る・・・ぐらいの感覚だったのですが、今少し、宗教に対する気持ちが変わりつつあります)

などなど、とても共感、同感ができる記事が多く
日々、更新を楽しみにしています。
文才もありませんので、気が効くコメントを書けないのが情けないですが、これからも読ませていただきたいと思っております。

2010.10.17(Sun) 14:11 | 風 [URL] | 編集 | ▲PageTop

ありがとうございます

おふたりとも、ほんとうにありがとうございます m(._.)m

風さんへ
私は、どちらか言うと、政治より教育に関心があります
個人的にも全国から20人を超える「イジメ相談」を受け、半数は解決しました

そのイジメの主因となっている子供達の二重教育(学校と塾)は、ほんとうになんとかしたい思いです
自民党時代ならともかく、民主党政権では・・私は無力ですね
イジメ相談を受ける度に、とっても悔しい思いをしています

松蔭神社に行かれましたか ^^
静かですよね ^^
萩は、出来るだけ電線などを地下に通して、古風なイメージを残しています

公務員に対しての批判を書く時もありますが、公務員全体を否定しているわけではありませんのでね
お許しくださいね ^^


田舎のダンディさんへ
私は6年前と4年前に、心筋梗塞で倒れましてね ^^
検査段階で大動脈が寸前のところでアウトでした(今はステントが6個入っています ^^ )
死んでいてもおかしくないのに、不思議に生かされています
ですから、今は何をしても、それこそほんとうに命懸けなのですよ ^^
私個人の命など、とっくに無くなっていると思って、こうしたブログや相談に乗っています
今は、命ある限り、ひとりでもこの国の人達を助けたい思いなのですよ・・

松蔭先生が宿を取られたのですか
それはまた不思議なご縁ですね ^^


おふたりのおかげで、このブログが「ヌカにクギ」では無いことが解りました ^^
感謝申上げます

これからも、マスコミが書かない真実等を、いろんな角度から、書いて行きたいと思っています
その時々で、何を書くか解りませんが、よろしくお願い致します

ほんとうにありがとうございました m(._.)m

2010.10.18(Mon) 03:40 | Phoenix [URL] | 編集 | ▲PageTop

 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【日本の過去・現在・未来】見えない処で貢献して来た幸福実現党以外、日本の再起は望めない Oct 19, 2017
【知らせない自由?】マスコミの黙殺権は、左翼貧乏思想の現れ Oct 16, 2017
【選挙妨害】幸福実現党v s 創価学会の場外乱闘! 学会による選挙妨害? + α Oct 13, 2017
【NEVERまとめより】もし幸福実現党が政権を取ったらどうなるか?その衝撃の未来がやばすぎる件 Oct 10, 2017
【比較検証】自民党は幸福実現党の政策を次々と採用!? Oct 09, 2017
【衆議院議員選挙公示間近】政党の政策から見たら、あれっ? Oct 08, 2017
【幸福実現党の先見性】8年前の幸福実現党後援会用パンフレットを再確認 Oct 02, 2017
◆【幸福実現党こそが真の未来を築く】国難(選挙)は、2009年から幸福実現党が言い続けて来た言葉だ! Sep 29, 2017
◆【不正選挙?疑問の残った開票現場!】4年後に再検証させて頂く為に、事実を正確に書き記す Sep 29, 2017
◆【疑問の残った開票現場!】4年後に再検証させて頂く為に、事実を正確に書き記す Sep 29, 2017
【神様が来た!】戦後最も危険な時期に来られたのは、地域を護る意味があるのだろう Sep 26, 2017
北朝鮮危機に本気で向き合う幸福実現党に、フランス国営放送が取材に!そして放送! Sep 16, 2017
◆【あなたは、ご存知だろうか?】中国(習近平)、幸福の科学/幸福実現党、マスコミは、何を考え、何をして来て、何をしていて、何をしようとしているのか?【過去記事移動】 Sep 16, 2017
【なにだぁ?これは!】北「日本を核爆弾で海にぶちこむべき」と非難 Sep 15, 2017
【ショック!】外国の人から「日本は2度目の無条件降伏をするのか?」と、言われた! Sep 10, 2017
【お知らせ:山口県民の方々へ】大川隆法総裁の特別大講演会『人類の選択』が FM山口で放送されます。 Aug 31, 2017
◆【白龍?】空の雲を見ていると、いろんな形に変わるのが面白くて好きだ。だが、天候との関係は如何に? Aug 07, 2017
迷走台風5号は、日本国民への神々からの警告か? Aug 06, 2017
大川隆法総裁 講演「人類の選択」 Aug 03, 2017
◆【いじめを無くそう】人は感性(勝負)→知性(損得)→理性(善悪)→悟性(神仏への愛)と成長する Jul 29, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。