◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【因果応報、悪因悪果】脅迫者と20年振りの再会。だが、相手は・・。


 
 【過去ブログより移動】 過去、このブログに書いている中で、今でも使えそうな話を移動します。 - 2007年2月11日のブログより。



【1年上の者から、ナイフで脅され、お金を取られた】

中2の時、隣の学校区域を中1のAと歩いていた。

路地からふたりの中学生B、Cが出て来て、いきなりナイフを突き付けられた。

私もAも走りは早い方だったので、(おい、逃げるぞ)と、目でサインを送った。

いきなりダッシュして走ったら逃げ切れると思ったのだが・・。


Aはビビっていたのか・・、ナイフを背中に突き付けられながら、ふたりに連れられて行く。

私も仕方なく、最後尾を付いて行った。


おかしなものだ。

脅されている側の私が、一番後を歩いている(笑)


■それは偶然では無く、わざと遅れて付いて行ったのだ。

私のポケットには、お年玉1.000円が入っているサイフがあるからだ(笑)

そして、最後尾を歩きながら、停めてあった衛生車の中に隠した。


そして、狭い路地の奥の空き地で、身体検査を受けた。

Aは金を持っていない、私も無い(笑)

すると、『どこかで50円でいいから借りて来い、それまではこいつを預かって置く』だ。

たった1.000円、50円だと思うかも知れないが、当時とは金銭価値が違う。

20倍にすれば、今と同じ価値になるだろう。


やむを得ん。

そこから1㎞離れた親戚に借りに行く事にした。

Bが監視で付いてくる。

懐にはナイフを隠しながら(笑)

Bは隣の区の中3だと言う。


大柄な中2の私と、小柄な中3では、1対1では、相手がナイフを持っていても勝てる。

だが、人質を取られていては、何も出来ない。


■歩きながら話した。

「お前、どうしてこんなことするんだ。ナイフかざして、怖いじゃないか」

『すまん、俺達もつらいんだよ、○○組に上納しなくちゃならんので』

・・ふむ、根っから悪い奴らでもなさそうだな。


本当に上納かどうかもあやしいものだが、とりあえず親戚のD家に着いた。

『お前、Dと親戚なのか?』

聞けば、私の親戚Dの同級生だと言う。

「どうする?」

『・・とりあえず、借りて来てくれるか』

伯母に頼んで、50円を借りて引き返した。


BとCが相談を始めた。

『おい、こいつ、Dの親戚だぞ、どうする?』と。

BとCの態度が脅迫から一変したが、50円はそのまま取られた(笑)

ただし、『すまんが、もらうな』という言葉に変わっていた。

本当に必要だったのかと思ったりするが、実態は解らないままだ。


■そして、無事放免。

だが!直後にサイフを隠していた衛生車が走り出した(笑)

Aと走って追いかけたが、車には敵わない(爆)

当時の衛生車は、市役所の下請け個人業者が多かったので、ンバーを記憶して、市の衛生課に電話するやらで、やっと、たどり着いた。

強面(こわもて)のおじさんに、サイフを隠していた事情を話すと、『確かに、サイフが置いてあったが、中身を言え!』

「1000円札が1枚と100円が・・、そして野球のプロマイドが入っています」


おじさんは中身を確認する。

『間違いないようだな、それにしても、お前、機転が利くな、まだ中学性だろ?』

『咄嗟にサイフ隠して、ワシの家まで調べるなんて、大した奴だ』

誉められてしまった(笑)

サイフ取られまい、取り戻そうと必死だっただけなのだが(汗)


今でも思うのが、私がお金を借りに行っている1時間程度・・。

脅されていたAは、どういう気持ちだったのだろう・・と。

あの場で殴り合えば、必ず誰かが怪我をする。

仕方のない選択だったと思っている。


■・・が、

その話を父親に話すと、大笑いされながら言われた。

『そういう時は、Dの叔父さんに言えよ』

『大人は中学生なんかに負けはしないからな』

『ま、50円で済んで良かったな、お前もなかなかやるじゃないか』


当時の私には、銀白色のナイフを隠し持っている奴に、大人が勝てると思えなかったのだ。

だから、言えなかったのだが。

考えてみれば、伯父とて戦争をくぐりぬけた軍人だから、父の言う通りだろう(汗)


■それにしても、この間、何時間のことだったか知らないが。

私自身は、まったくの恐怖心もなければ、いたって冷静なものだった。

落ち着いていた。

たとえ喧嘩になっても、まったく負ける気がしなかった。普段、鍛えられていたので(笑)


知らない男にいきなりナイフを喉元に突き付けられて、恐怖より、さて、どうしようと考えていた(笑)

そんなに強い筈はないのになぁって、今更思うのだが。




【因果応報、悪因悪果か?】

この続きがある。

それから20年経った頃、私は皮膚病で入院した。

雑居病棟だったから、神経科も一緒だ。

私の4人部屋のうち、3人が鬱病だった。

今から考えれば、ぞっとするが、当時は何とも思っていなかった。


■同室の患者は、妙に深刻な、今にも世の末のような顔をしている。

能面のように表情は固いが、それなりに話をしていたら、

あれ??

このふたり??

住所があそこで、私より1年上のいとこと同級生?

もしかして?

・・は、その通りだろう。


直接に聞きもしないし、相手もひょっとしたら気付いているかも知れないが、何日も部屋を同じくすると、おおまかな状況が解るものだ。

なんと、20年経って、あの恐喝犯(笑)と対面したのだ。

そして、ふたりとも重度の鬱病になって苦しんでいる。


「ザマア見ろ」と思う人は居るかも知れないが私の中では、とっくの昔に時効は成立している。

恨み心も何も無いが、記憶にだけは残っている。

想い出として。

過去は過去、現在は現在だ。


天気の良い日は病院周辺を一緒に歩いたりすると、面白い事に、能面のような顔から笑顔がこぼれる。

おかげで重度の鬱病の人が何を考え、どんな行動を取るかを知ったものだ。


■今は、時折、町中で顔を見かけるが、全快とは行かないまでも治っているようだ。

笑顔が出ている。


しかしながら、青春時の苦くも面白い経験は、20年の歳月を経て、その結果を見る事になった。

少なからず私にとって、青春時の加害者は、心の罰とも思える病に陥っていた。

ある意味、悪因悪果である。


見ていて可哀想だったが、彼等が巻いた悪しき種は、我が身に戻っていたのだ。

今でも、彼等が本当に、人生の再建が出来ることを願っている。





1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [人ありてこそ我あり(自分記)] | 2014.05.16(Fri) PageTop

Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【白龍?】空の雲を見ていると、いろんな形に変わるのが面白くて好きだ。だが、天候との関係は如何に? Aug 07, 2017
迷走台風15号は、日本国民への神々からの警告か? Aug 06, 2017
大川隆法総裁 講演「人類の選択」 Aug 03, 2017
◆【いじめを無くそう】人は感性(勝負)→知性(損得)→理性(善悪)→悟性(神仏への愛)と成長する Jul 29, 2017
音楽等の整理 Jul 24, 2017
◆吹田晃氏が亡くなった。。お世話になりました。ご冥福を祈ります。 Jun 21, 2017
【冗談話】安倍総理の70年談話前に各国に謝罪する。(2015年8月の下書き) Jun 21, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト全編】 1963年~1967年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト①】 1963年~1964年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト②】 1965年~1967年(画像による順位表) Jun 07, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう May 31, 2017
◆【他人が作れないレシピを考える】まずは一から出発・再出発できる有り難さ、白紙に描く喜びを知ろう。 May 13, 2017
◆【超音波と衝撃波】NHKは地上の原発の安全性を立証したことになる(再掲載) May 12, 2017
◆【草と忍者(続き)】現代の草と忍者は暗闇世界の使者。光の世界の拡散を妨げることで己の居場所の確保をしている。 May 11, 2017
◆【異常気象は天意の証】無神論者・唯物論者が、日本と世界を滅ぼす(再掲載) May 10, 2017
◆【素晴らしい国:日本】欧米やアメリカ大使館の御方へ。安倍総理の靖国神社参拝は、どこの国でも、ごく、当り前の事ですよ。 May 09, 2017
◆【善い話・怖い話(笑):悪霊退散!台風迂回!】ここ数日の奇妙な出来事(再掲載) May 08, 2017
◆インド、ネパールで、日本に産まれた〔再誕の仏陀〕が説法。インドでは5万人集会で大騒ぎ!(再掲載) May 07, 2017
◆【危機を防ごう】マヤの予言危機を回避しよう(再掲載) May 06, 2017
◆この世の救済も大事だが、【魂の鎮魂】も、とても大切なことだ May 05, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m