◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

◆やしきたかじんの「そこまで言って委員会」正月編の、勝谷誠彦氏の発言について捕捉する



本日1/9の、やしきたかじんの「そこまで言って委員会」正月編を見ていた


飛行機内での会話で、
やしき氏が「なんで?フグしか無い長州が明治維新の立役者になったか不思議だ」と言っていた

それに答えていたのが、勝谷氏だ




勝谷誠彦様

あなたのご認識は少々間違っていますので、2点ほど捕捉訂正させて頂きます

①まず、私は、明治維新の引き金になった、毛利長州候は素晴らしい人だと思っています
 
その素晴らしさとは、「才ある者に託す」という素晴らしさです


その毛利は、もともとは安芸(広島)の小藩であり、

西国を制圧していたのは「大内氏」です
 
大内氏の全盛時は、今の福岡県、中国5県、兵庫県、淡路島から紀伊半島沿岸部に及んでいました

当時、海軍が強かった大内氏に、陸軍力があったならば、戦国史は変わっていたことでしょう




見逃してならないのが、大内氏は軍事家というより、【尊皇家】だったということです

400年前の動乱期には、京都から大量の公家を匿っていました

他の戦国大名と明らかに違っていたのが、天下統一の動乱よりも、【和】を重んじました


だからこそ、今の山口市に【西の京都】を創ろうとしていました


大内氏の真の狙いは、【遷都】にあったのです


大内氏は、役割は違いますが、天皇より、征夷大将軍と同格の称号位を得ています

名前は忘れましたが、それは【天皇・公家】を護る者としての最高位の称号位です

だからこそ、天下統一よりも、尊皇に赴きを置いていたのです


私は、大内氏の公家方末裔子孫として、大内一族の語り部として選ばれた者として、その事を断じて置きます
 



大内氏は、本気で【西の京都】を創ろうとして居ました

・その名残が、京都を真似た五重塔であり、幾多の文化財に残されています

・備前:岡山の放浪坊主だった雪舟を見い出し、中国で学ばせました

・鹿児島から上がって来た「フランシスコ・ザビエル」に、大名としては異例のキリスト教の布教を認め、
教会まで建てた寛容な一族でした
 



その大内の所轄領を狙っていたのが、大内の家臣であった毛利元就です


毛利元就は、我孫子氏に滅亡寸前に追い込まれ、大内に助けを求めて来た人物です

そのまま大内の家臣となり、大内のスキを狙って所轄領を奪おうと目論んでいた野心家でした


毛利元就の動きを察知した陶・内藤氏の、「毛利討つべし」の進言は聞き入れられず、
大内氏は陶・内藤氏に滅ぼされました
すぐに毛利元就の進軍で、毛利のものになりましたが・・


ですから、長州の歴史は毛利ではありません、大内氏です

大内氏の【尊皇・和国】の信念です




ですから、勝谷誠彦様

長州の歴史が毛利などと間違えないでください

間違った事をTVで言わないでください




■武家としての大内氏は滅びましたが、当時の京都公家は、萩市の近くの川上村に逃げ延びました


その京都公家の中に、大内氏の正妻が居て、大内の子供を身籠もっていました


その子供の名を「環丸(たまきまる)」と言います
(幼少時に教えられたものなので「環麻呂(たまきまろ)」だったかも知れません)


どちらにせよ、その「環(たまき)」から、「玉木一族」の名で、川上村で200年間を過ごしました


その間、屋号としての姓が与えられ、今でも山口県を支えている人達も少なくありません
 



■天皇家と同じく、すべて親族結婚で、それは昭和の戦前まで続き、私の祖父と祖母は、いとこ同士です


400年間他者の血は入れず、大内と京都公家の血筋を守り抜きました


ご多分にもれず、天才が産まれることもあれば、俗に言われる白子(しらこ)も親族に居ました



■今から200年前の文化の時代、山陽側で干拓が始まり、「玉木一族」は山陽と山陰に別れて、川上村を去りました


山陰側に残った一族の中で、明治維新期の「玉木文之進」が「初代松下村塾」を創りました


その甥が、あの「吉田松蔭」、「乃木希典」です


私は、僅かながらでも、その人達の血を引く者ではありますが、それよりも、大内時代からの【志】を受け継ぐ者です




■②次に、明治維新期の長州が他藩と違っていた理由は、大内氏から連綿として続いていた【尊皇】があったからです


決して、【徳川への恨み】とかが蓄積したものではありません


そんな了見の狭い【積年の恨み心】では、何事も成し遂げる事は出来ません


とんでもない間違いですのでね


ここは、是非、山口県民に対して、訂正して欲しい部分です




■【恨み心】どころか、他藩の良いところをドン欲に吸収して行ったのですよ


「吉田松蔭」などは、かつての仇である毛利長州候に仕え、師弟を育て、外国にまで学ぼうとしていた人物です



【恨み心】や【憎しみ】などの混じり気があったら、本気で日本の改革は無理です


あの薩長連合ひとつを見ても、お解りと思いますが、そんな些細な拘りよりも、常に【大局観】を持っていたのですよ


そんな大切なことを、いとも平然と述べるあなた達に対して、


マスコミ的発想をお止め頂けるよう、お願いします




■安倍晋三氏は、私をご存知無いと思いますが、私は父上の代から氏を知っています
政策秘書さんとも話をさせてもらいました


書いて良いものかどうか迷いますが、安倍氏は「幸福の科学」の正心館に訪問されています
「スゴかった・・」を繰り返されていたと、聞かされています


安倍氏だけではありません
3年前までは、私達「幸福の科学」の政治に関心を持つ者達は、自民党と親睦会を持っていました


当時は、「みんなの党」の渡辺氏も来られています






麻生総理に、サブプライム余波を受けての世界恐慌を止める為に、「IMFに10兆円」を提案したのは、「幸福実現党」の支持母体であるところの「幸福の科学」です




安倍氏のご病気は、マスコミや内々に漂う悪しき影響からのものでした


言葉を濁さずに言えば、霊的悪影響を受けて、心から肉体へとダメージを受けてしまわれたのです 


今の安倍氏には、そういうものは取り憑いていませんが、地位ある人、特に国を動かす人ほど
影響下に入りやすいことを知って置かないと悩乱状態に陥ってしまいます




■明治維新期の日本は、「世界の不思議」とされていますが、その時代背景の長州版は前述しました


もっと具体的に言えば、霊格の高い魂群が、一同に、この日本に降りて来て居たからです


天使・菩薩クラスの魂が、世の中を変える為に、ゴッソリと出て来て居ました



その中でも、木戸孝允、山縣有朋は高次元の人です・・今、幸福の科学で育っています


高杉晋作は、一度地獄に堕ちましたが、今また天国からこの地に出て来ています




■ちなみに
小沢一郎氏の過去世は、伊達政宗であり、インドのお釈迦様時代は王様でした

元総理の小泉氏は伊東一刀斎麻生氏は真田昌幸、のように殆どの総理大臣が戦国武将ですが、安倍氏だけは違います、万葉集の大伴家持です




今、この日本に、明治維新期以上の高貴な魂群が降りて来ています


そういう強烈なリーダー魂群が降りないと、未来が変わらないからです


今では、あの高杉晋作も、「幸福実現党」に居ます


だけども、彼より強力な魂群が、今、「幸福実現党」に集っています


やがて、散らばっている者達も集まって来るでしょう




■半端な時代じゃないのはお解りでしょうが、
やしき氏、勝谷氏の「自民党に渇を入れるために、一度は民主党を応援した」の言葉には、嘆かわしく思います


政治は、実験の場ではありません


確かに、「一度は民主党にやらせてみるか」という、そういう面はありました


だからこそ、新しい選択として「幸福実現党」が立ったのですよ


それを、あなた達マスコミが徹底的に無視を決め込んだ結果、どんな世の中になっているでしょう?


2年前、「幸福実現党」が言っていた通りの世の中になっているでしょう


2年前の「幸福実現党のCMです」
 




■一度、舵取りを誤ってしまったものを、元の位置まで戻すのは大変なのですよ


「自民党にお糾を据えるために・・」という人達は多いですが・・


【堕ちるのは早いが、登るのは簡単では無い】ことを知って置かなければならないことでした


■私の先祖の大内氏がそうであった(危機感不足)ように


国民が政治実験をしていては、危機の時代には滅んでしまいます


TVで語るからには、もっともっと認識力を高め、責任あるご発言をお願い致します





↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ 人気ブログランキングへ ブログランキング
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [未別] | 2011.01.09(Sun) PageTop

Comment

Private

 


 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【日本の過去・現在・未来】見えない処で貢献して来た幸福実現党以外、日本の再起は望めない Oct 19, 2017
【知らせない自由?】マスコミの黙殺権は、左翼貧乏思想の現れ Oct 16, 2017
【選挙妨害】幸福実現党v s 創価学会の場外乱闘! 学会による選挙妨害? + α Oct 13, 2017
【NEVERまとめより】もし幸福実現党が政権を取ったらどうなるか?その衝撃の未来がやばすぎる件 Oct 10, 2017
【比較検証】自民党は幸福実現党の政策を次々と採用!? Oct 09, 2017
【衆議院議員選挙公示間近】政党の政策から見たら、あれっ? Oct 08, 2017
【幸福実現党の先見性】8年前の幸福実現党後援会用パンフレットを再確認 Oct 02, 2017
◆【幸福実現党こそが真の未来を築く】国難(選挙)は、2009年から幸福実現党が言い続けて来た言葉だ! Sep 29, 2017
◆【不正選挙?疑問の残った開票現場!】4年後に再検証させて頂く為に、事実を正確に書き記す Sep 29, 2017
◆【疑問の残った開票現場!】4年後に再検証させて頂く為に、事実を正確に書き記す Sep 29, 2017
【神様が来た!】戦後最も危険な時期に来られたのは、地域を護る意味があるのだろう Sep 26, 2017
北朝鮮危機に本気で向き合う幸福実現党に、フランス国営放送が取材に!そして放送! Sep 16, 2017
◆【あなたは、ご存知だろうか?】中国(習近平)、幸福の科学/幸福実現党、マスコミは、何を考え、何をして来て、何をしていて、何をしようとしているのか?【過去記事移動】 Sep 16, 2017
【なにだぁ?これは!】北「日本を核爆弾で海にぶちこむべき」と非難 Sep 15, 2017
【ショック!】外国の人から「日本は2度目の無条件降伏をするのか?」と、言われた! Sep 10, 2017
【お知らせ:山口県民の方々へ】大川隆法総裁の特別大講演会『人類の選択』が FM山口で放送されます。 Aug 31, 2017
◆【白龍?】空の雲を見ていると、いろんな形に変わるのが面白くて好きだ。だが、天候との関係は如何に? Aug 07, 2017
迷走台風5号は、日本国民への神々からの警告か? Aug 06, 2017
大川隆法総裁 講演「人類の選択」 Aug 03, 2017
◆【いじめを無くそう】人は感性(勝負)→知性(損得)→理性(善悪)→悟性(神仏への愛)と成長する Jul 29, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。