◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

学校自身の自浄能力は?


【いじめ相談】

■前回イジメ問題を書き込んだ後のことだ。

県内の知人女性からネットで相談を受けた。

その時点では、子供が不登校気味だとのことだった。

完全不登校では無い、月に3~4日休む程度のものだった。

理由は、信頼していた担任教師の体罰と暴言だが、体罰は本で頬を叩き、口調は強く激しく、説教が長い。

1時間以上の説教を、少なくとも3~4度受けていた(これは教師も認めていた)。


■ご両親は穏やかな人達で、もちろん子供を叩いたことも無い家庭だ。

ゆえに、この担任教師の言動は、児童にとってはどんどん恐怖になって行った。

ところが、担任教師には自覚は無いのだ。

ましてや、自分のクラスの児童が、自分に対して恐怖で学校へ来れなくなったなど、思いも寄らなかったことだろう。




【母親と学校側との話し合いは平行線。そして・・】

■担任教師、教頭とご両親とで最初の話し合いが持たれた。

ご両親の訴えに対して、担任教師は【覚えが無い】とばかり答えた。

教頭に至っては、【児童の性格や家庭に問題があるのでは】と言う。

馬鹿か!とは言わない(笑)


■どうせ、そのような対応だろう、その路線だろうとと予測して居た。

じつは、この時点で同席するつもりだったのだが、学校側は秘密裏に事を運びたいのが見て取れたので、事後対応の様子を見た。

校長が出席しないのは、さほどの問題とは捉えて居なかったのだろう。


その直後、担任教師の児童への追求・説得は1時間半以上にも及んだ。

担任教師は必要な話し合いだと主張するが、どう見ても【監禁拷問】に近いものだ。

児童は、「また長い時間叱られた。問題が大きくなるから話し合いしない方が良かったよ」と、母親に涙で訴えた。


その頃から、児童の体に異変が起きた。

精神不安定から来る腹痛・下痢などは以前からあったが、心の領域から来る身体的症状の重い病気に陥った。

最低でも数年、こじらせれば一生付き合わなければならない。

仏教で言う「色心不二」が発現したのだ(色とは身体・肉体を言う)


■心と体は連動して居る。

心が不健康になれば身体も不健康になり、身体が不健康になれば心も不健康になるということだ。

その報を知った私は、その日は本当に、笑顔の無い日となってしまった。

児童の将来を考えると、つらかった、くやしくてくやしくて・・。

あの時、無理矢理にでも話し合いの場に出向いていたらと、後悔が襲う。。


担任教師の恫喝に寄って、学校へ行くのが怖くなり、病気になったのに。。

もし!【病気だったから、学校へ来なくなった】と、学校側が問題のすり替えをしたら、絶対に許さないつもりだった




【問題のすり替え】

■とうとう、ご両親と児童は考え考えたあげく、転校することにした。

お母さんが、転校の打診をすると、学校の執拗な引き留めに逢う。

何が理由かと、問い掛けてくる有様だ。

なにも解っちゃいない!


ここまでの学校側の対応は、不誠実極まりないものだった。

ご両親は、当然ながら子供を守るために転校を選んだ。

今は学校の許諾を得ずとも、教育委員会へ届け出すだけでも良い。

ご両親は、市教育委員会に転校理由を詳細に書かれ、児童は転校した。

児童は、すぐに転校し、新しい学校に伸び伸びと通っている。

児童は転校、そして明るい学校生活を送っていると聞いたので、この問題には終止符を打つつもりだった。


ところがである。

なんと!担任教師が【児童は病気で転校した】と、子供達に【これは内緒だよ】と語っていた。

校長、教頭を含めた学校側としての見方であろうが、絶対に認められない発言だ。

子供達に【これは内緒だよ】と言うのは、【この話を広めてくれよ】と同義語だ。

誤解の噂は、あっというまに広まった。




【学校への質問文】

こと、ここに至り、とうとう私の公憤は爆発した。

相談を受けた人の、上の名前しか知らない状態だったが、書き込まれた僅かな情報を元に、学校名、教師名等を調べ出した。

お母さんに確認のために連絡すると、「驚きました・・まるで探偵みたい」とまで言われてしまった(汗)


そして、学校へ「7つの確認事項」と称して、実名を記しメールを出した。

別に、確認も何もあったものでは無く、文中には別の意味を含ませていた。



■学校側が、秘密裏に秘密裏にと事を運ばれようとしていても、お母さんのネット相談により、このことは全国の人が知っている。

私にしても、県内の諸機関・組織や、もっと多くの人に知って頂くことも可能だが、それが目的では無い。

事は、児童の一生に関わる問題だと、ご認識頂きたい。

真に児童の為を願うなら、病気を口外するなどあり得ない話。

ましてや「この事は内緒だぞ」とは、学校の対応に不信を抱かざるを得ない。

お話の機会を持って頂けるのでしたら、学校や教師の自宅にも伺う。


私が求めていることは、病気の発症原因は、担任教師から受ける恐怖が引き金になったこと。

そのことに対する担任教師自覚と責任。

そして誠意ある心からの謝罪と、真なる反省。

教師である前に、ひとりの人間として、心の解る人となって頂きたい。

・・のような文面を送った




【学校関係者達が謝罪に】

翌日から事態は急転回を迎えた。

私のメールに驚いたのか、教育委員会などから指導があったのかは解らないが、担任教師、教頭、校長が揃ってお詫びに来た。


事前に知らせを受けていたので、今度は私も同席した。

学校側は、見知らぬ男が居るので驚いたようなので、まずは、突然のメール送付の非礼を詫び、自己紹介をした。

学校側はお詫び一色ではあったが、それぞれ三者三様だった。


お母さんの切実な訴えに、担任教師は涙を流して反省の弁ばかりだった。

傍で見ていても、嘘では無い、真実の反省の言葉だった。

すべての道理が解ったようだ。

『なぜ!気付かなかったのか!自分が情けない。教師を辞めたい』の言葉は本物だった。

教頭、校長は、それぞれの立場から詫びては居たが、最初は形式にしか聞こえなか


■そこで私は、大切なもうひとつの質問をした。

冒頭に述べた、本で頬を叩いた体罰の件だ。

「先生、男の子は少々叱られてもここまでに成ることは少ないのですが・・」

「もしかして先生、手を挙げるとか、何か体罰的なことをされなかったでしょうか?」

「もし、そういうことがあれば、今回の件も納得が行くのですが」

担任教師は考え込んだ。ジェスチャーでは無い。

教頭、校長を見ると顔が青ざめている。


■それはそうだろう。

見知らぬ男が、とんでもない質問をして来たのだから。

ことは体罰事件まで発展すると、大変なことになると思ったのかも知れない。

私は、担任教師が本で頬を叩いたのは、母親から聞いていたのだが、子供の言うことで証拠も無く、この日まで何も言えなかったらしい。

この日は、外部の私が質問したので、学校側は何も言えなかったようだ。

下手に「そんなことはありません」など言うと、他に何が出てくるやも知れない(笑)

教頭、校長は沈黙・・。

担任教師は、首をひねり首をひねり考えている。

母親は、「子供が創作で話をすると思われますか?」と問い掛けたが、『すみません、覚えていません』の返事だった。

だけども、それで充分だった。

私は、学校と喧嘩をしに行ったのでは無い。

気付いて頂きたかっただ。




【涙の謝罪で解決】

■私は、僭越とは思いながらも提案した。

先生の本当の気持ちは良く解りました。それだけのお気持ちがおありなら、子供さんに謝罪文を書かれることは、可能ですか?」

『はいっ!書きます!』、即答されたのには少々驚いた。

そこには、深い反省をされた一人の教師の姿があった。

「それから先生。大事なことを忘れていらっしゃるように思いますので、日記を付けられてはいかがでしょう」

『すみません、覚えていません』への精一杯の反撃ではあったのだが(汗)、校長が大きく頷いていたのには驚いた。


■会談は、担任教師は、子供への謝罪文、日記を付ける。

校長は、児童の家を1件1件廻って、学校としての非礼を詫びることとなった。

校長の言葉は、校長自身が決意し発した言葉だ。

はっきり言ってこれには驚いた。

校長は、失礼ながら、事実経緯を知らなかったように思えていた。

会談で、ことの重大さに驚き、お詫びや態度も途中から変わった。

土下座せんばかりに床に頭が着きそうな程、お詫びされている。

私は、担任教師の涙の顔が、いたたまれなかった。


■だから、「皆んなが傷ついたままでのジ・エンドでは、あまりにも悲しすぎます」

「いつか、先生や子供達が再会した時に、語り合える仲になられるよう、誤解やわだかまりは今日で終止符を打てたら良いですね」と、

現実の悲しさを超えた、未来を語った。


担任教師の顔に笑顔が戻った。

嬉しかった。


■校長は、帰り際に、わざわざ私のところまで来て、【必ず良い学校にします】と言われた。

この言葉で救われた思いがした。

紆余曲折はあったけれども、最も大切なのは子供達の未来だ。 

その未来を担う子供達を預かる学校である。

子供の個性を尊重し、大きく未来に羽ばたかせて欲しいものだ。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
関連記事
スポンサーサイト

Theme [いじめ] Genre [学校・教育]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [いじめ問題(学校・教育問題)] | 2007.03.28(Wed) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【無から有へ】何も無い処から、生み出す・創りだす面白さ Apr 27, 2017
◆【礼、智、 信、義、勇、仁、徳】仏の智慧で世界を救い導け。正義を貫き、不義に妥協することなかれ。 Apr 26, 2017
◆【目は心の窓】個性さまざま、放ち放たれた言葉 Apr 25, 2017
◆【正論、必ずしも正義ならず】義憤としての冷静な怒り Apr 24, 2017
◆【知は力】失敗を反省し、繰り返さないことの大切さ Apr 23, 2017
◆【幸福の科学:緊急霊言】追い詰められた金正恩守護霊、トランプ氏に挑発メッセージ Apr 21, 2017
◆【病原菌の正体】新型インフルエンザに思う Apr 20, 2017
◆【反省と感謝】暴風雨人生から立ち直るには反省と感謝が絶対不可欠。常態化すれば上昇階段が現れるだろう。 Apr 19, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(3) Apr 18, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(2)。 Apr 17, 2017
◆【国民の生命を護ろう!】核・水爆・EMP・生物・化学兵器に、何等の抑止力を持たない日本国 Apr 16, 2017
◆【若き頃のバイタリティは素晴らしい】大学時と共産主義者との出逢い Apr 16, 2017
◆【北朝鮮危機】今こそ日本人の本物の信仰心の試される時 Apr 15, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々。 Apr 15, 2017
◆【雨・風・雷・台風】偶然にしては、あまりにも・・ Apr 14, 2017
◆【不思議な出来事】ネットで起きた実話、夢の中で見た真実、信じられないような話・・ Apr 14, 2017
◆【驚きと得心】本物の宗教に出逢えた喜びを、体験談として少しだけ Apr 13, 2017
◆【天国vs地獄は、信仰心vs無神論・唯物論】日本国家を救えるのは無神論者・唯物論者では無い。信仰心溢れる人達こそが日本を救い世界を導く Apr 12, 2017
◆【天国vs地獄】幸福の科学に出逢えて良かった!嘘偽りの無い本当の話 Apr 12, 2017
◆「幸福の科学」の教えには人類普遍の法則が説かれている Apr 12, 2017
◆【奇病】明るい心は光と、暗い心は闇と、波長は同通する Apr 11, 2017
◆【永遠なる魂と本物の真理】創価学会員の義叔母が亡くなった。晩年の義叔母は[幸福の科学の生命の法]を大絶賛し近所の人達に見せていた。 Apr 11, 2017
◆【人生の王道】人生の終末期に起きること Apr 11, 2017
◆【10年前の私的政治思考】選択の自由には責任が伴う(2008年:幸福実現党始動前のブログ) Apr 10, 2017
◆まずは、自らを高める Apr 10, 2017
◆【信仰心は未来を見る力】何を信じて、何と縁を持つかで未来が変わり、この世の生き方で還る場所が違う。 Apr 10, 2017
◆【未来は光か闇か】光は放射する事で闇を打ち消すが闇を放射して光を消す事は出来ない。光を取るのか?闇を取るのか? Apr 09, 2017
◆【愛のテーブル】愛は光。光の放射で闇は消えるが、闇を放射しても光は消えない。 Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【自殺は悪】自殺してはいけない本当の理由 Apr 09, 2017
◆無用の用 Apr 08, 2017
◆悪にも「為す悪と為さぬ悪」があります Apr 08, 2017
◆【自殺しないでください】天上界から見たら、自殺も他殺も同じです Apr 07, 2017
◆【My Life】仮面の母 Apr 07, 2017
◆【My Life】父の死 Apr 06, 2017
◆【病魔との戦い】大量の病気、絶対治らないと言われた病気まで、全部治った! Apr 05, 2017
◆【人生相談】うつ病の母との葛藤の中、自分も同じ病に Apr 04, 2017
◆【祈願(前)の奇跡】母の極度の痴呆が、瞬時に治った。 Apr 03, 2017
◆【自分記】神さまの子? Apr 03, 2017
◆【My Life】人ありてこそ我あり Apr 02, 2017
◆【祈願】への疑問。その仕組を知り得心。 Apr 02, 2017
◆【田布施システムは嘘!】血筋より志(こころざし)(過去記事移動 + 加筆) Apr 01, 2017
◆【国防はどうした!】北に核ミサイルを撃たせるな!半島情勢の今と今後は? Mar 22, 2017
◆【未熟な現代科学】知ってるつもりの現在の科学文明、そして未来。 Mar 15, 2017
◆【公教育の質を問う】学校、先生、PTAって? Mar 14, 2017
◆【真なる改革者は在野から】既存地位のある者の中から、真の改革者は生まれていない。 Mar 13, 2017
◆【日本は世界平和貢献国】東洋と西洋の文化の交わる地、日本を思う。 Mar 12, 2017
◆【苦と霊的人生観】苦を試練として受け止めよう Mar 11, 2017
◆【成長する秤(はかり)】苦しみの限界は、さらなる限界を乗越える事で、ステップアップする。 Mar 10, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m