◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク    
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆日本人はムー大陸の子孫、そして、天皇はその最高位である神官/幸福の科学:大川隆法総裁、ギネスブック世界記録認定

↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ 人気ブログランキングへ ブログランキング
にほんブログ村


■ホリエもんの「朝まで生テレビ」での発言には、驚いた

数年前の「金さえあれば買えないものは無い」ような発言以来、更正したかと思っていた

だが、性根は変わっていなかったようだ・・どうしようもない



■いつも、「そこまで・・」を取り上げて申し訳ないと思うが、今日はまた見過ごせない事があった

またまた勝谷氏だが、税収不足を補うには「宗教税」を言われていた

それも、わざわざ週刊誌を取り出して、「幸福の科学」を名指しだ

建前では宗教界全体と言っているが、あからさまに意図的なものだ


2年前、民主党県連の者が「政権取ったら、お前達から宗教税取ってやるからな」と言っていた

私は、 「それなら、献金税、パーティー税、組合税も取ろうぜ」

「私達は神仏を通して、後世の為に教えや建物を残している、どれもこれも私物化したものは無い」

「あなた達は、献金を何に使うのか?」

「あなた達の言うことは、天皇家、皇室からも、皇族税を取るって意味と同じだぞ」

・・黙ってしまった

それが、民主党の本音だろうし、小沢氏の中にもその意識があったことは確認済みだ


■勝谷氏へ

あなたは、お近くの「幸福の科学」に行かれて、
施設なり、教えなり、しっかりと見聞きされて発言される事を、お勧めします


一部の週刊誌記事に書かれている事は、やがて一方的な完全な嘘である事が解りますよ
 
そんな時、コラムニストのあなたは一体、どう為されるのでしょうね

ちなみに、あの人の事は、昨年、マスコミ発表をして、全部公開しています

そして、私的生活は自由です、何等も束縛していません

おかしな宗教だったら、閉じ込めて、外に出さないとは思われませんか?

昔の武家では、家から謀反者が出たら、良くて幽門・座敷牢ですよね

そんなこともせず、自由にさせています

その謀反者の話を一方的に信じるとは・・

長州の件にしても、無責任な言葉には、こちらで勝手に捕捉させて頂きました

コラムニストのあなたなら、もっと裏付けを取って発言されるべきだと思いますよ


ちなみに、あなたに対して、こういうブログもあります
これが嘘なら抗議されないと、あなたは誤解されたままになってしまいますよ



■「宗教」というものは、今すぐには解らなくても、中世のキリスト教会のように後世の為に、教えを残すための建物を建てたり、

「幸福実現党」のように世の中への政治への指針として出たりもする

それは、決して、一宗一派のものでは無く、本当に危機の時代に差し掛かったらだ

その危機を受け止めながらも、回避させようと懸命なのだ


■確かに、一部の国では「宗教税」を取っている国もある

だけども、その国々は、すでに唯物論国家と変わらなくなって来ている

さらには、イスラム教圏があれだけ伸びた理由のひとつに、宗教差別があったからだ

信教の自由をうたいながら、イスラム教徒は税金はタダ、他宗教は重税・・当然、イスラム教徒が増える

そのように、信じる宗教によって、税金を変えている国もあったが、そういう国は滅びに向かっている


■そんな中で、「幸福の科学」の大川隆法総裁の年間著作数が、【ギネスブック】に乗ることになった

年間において最も多く書籍(52冊)を出版した著者として、ギネス・ワールド・レコード社より世界記録認定を受けた

もっと、60冊以上の新刊が出ているはずなのだが??

調査期間が違うのだろうか

そんなに一人が出せるはずが無いと思われる方は、おそらく「幸福の科学」をご存知無い方だろう

ゴーストライターが浮かぶような人は、是非とも支部に来て頂きたい

「幸福の科学」の大川隆法総裁という方は、これまで1400回近い説法をされている

同じ中身の説法は無い

だから、その説法が、そのまま教典になっている


■『世界宗教入門』の中で、言われているが・・

【過去、1400回近い説法をして参りましたけれども、説法がすべて経典となって出され続けています】

【この20数年間、こういう事が出来るのは、仏陀以外に、居ないという事を知って頂きたいのです】

【教えがすべて、『経典』となって遺って行く。そういう事が出来た人は、かつて、仏陀しかいないのです】


ギネスブック認定も、まさしく仏陀の証明のひとつと言えると思う


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

その書籍中の、【天照大神の霊言より】

私もそうですが、日本神道の神々は、現政権に対して肯定的ではありません。

それは、明治天皇も、現在の天皇も、心は同じです。



神を敬う心というものが無く、金銭と物質にまみれた、

この世の生きやすさのみを考えて来た人達が、この国の政治の頂点に立ったという事を

 
非常に災いを呼ぶ現象であると考えております。


現天皇家も、菅内閣については、非常な嫌悪感を持っています。

その前の鳩山内閣、小沢幹事長に対しても、非常な悔しさで、

本当に血を吐くような怒りを覚えながら、彼らの内閣を任命しております。


私は菅内閣など、一日も早く、この地上から姿を消してもらいたいと思っております。


我が国民(くにたみ)が「神の国」に住みたいのか、「悪魔の国」に住みたいのか、私はそれを問います。

この国民が「マルクスの仲間であるような人の国に住みたい」という選択をするのか。


それとも、昔からの伝統的な神々を大切にし、祖先を大切にし、家族を大切にしていくような、
そういう麗しい日本というものを引き継ごうとしているのか。


この選択は単に技術的な政治の選択というようなことではなく、もっと大きなな意味を持っています。

ですから、「われらも、”最終手段”は持っている」という事を、知ってもらわねばなりません。


このままでは、この国に災いが起きます。

われらは、われらを認めない者たちを許しません。



■最近の宮崎県は何かおかしい・・

火山爆発した霧島周辺を含む高千穂の国は、日本神道の神々発祥の地だ

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


ハッピー・ナッツさんの2010年3月の記事より、無断拝借御免

■日本列島の歴史自体は結構古く、現在の形がほぼ出来上がったのは、今からおよそ3万年ぐらい前の事でした。

日本の文化程度が急速に高まって来たのは、約15000年ほど前にムー大陸が沈下し、
ムーの住民の中の約数百人が、海路現在の九州地方に上陸した時以来です。

日本の先住民族の人達から見ると、
近代的な科学の原理に通じていたムーの人々は、まさしく神の降臨に近かったと言えます。

そして、この頃の伝承が、後の日本の神話の土台となったのです。


■さて、現在に至る日本文化の最初の土台を創ったのは、今からほぼ2800年ほど前に地上に降りた高級霊達でした。

紀元前830年頃、まず、天御中主命(あめのみなかぬしのみこと)が、現在の九州は高千穂峰に出生。

8次元最上段階の如来が、日本の国創りのために肉体を持ったのです。

これは、釈迦出誕の200年前、孔子生誕の300年前、ソクラテス降下の300数十年前の事でした。


■天御中主命は、現在の宮崎県を中心とした南九州に、一大勢力圏を築いた政治家であり、しかも、宗教家でもありました。

もちろん、彼以前にも、国王的な方達は居りましたし、それは、連綿と続いては居たのですが、

神の言葉を伝える者が国を治めるという姿勢を、はっきりと打ち出したのは、天御中主命からなのです。

その意味において、天御中主命は、
日本の宗教的中心であり、政治的にも中心である事が多かった、天皇の草分け的存在だったと言えるでしょう。


■天御中主命は、巨大な霊能者でもあり、とくに、ひとたび彼が口を開いて発した言葉は、必ず成就することで有名でした。

ですから、誰もが、その神秘力に打たれたのです。

御中主の考えは、いわゆる光一元の思想であり、「善のみ真理、光のみ真理」と常々断言し、

その言葉の創化力によって、実際にそのとおりの光明の世界が周りに出現しました。


■御中主がつくった南九州政府は、高千穂国と呼ばれていました。

ここの第2代の国王に選ばれたのが、高御産巣日神(たかみむすひのかみ)です。

このときの権限委譲は、父子相続ではありませんでした。いわゆる禅譲に近かったと言えます。

すなわち、御中主の臣下のなかで、最も霊能力に優れ、徳の高かった高御産巣日命に位が譲られたのです。


■そして、次に出て来た3代目の国王が、神産巣日神(かむむすひのかみ)です。

この方も、霊言能力に優れており、
すでに、ひと足早く霊天上界に還った天御中主命から直接通信を受けて、国政の指針として居りました。


■紀元前765年、現在の大分県のあたりに伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が生まれました。

彼は、24歳の時に、伊邪那美命(いざなみのみこと)と知り合い、結婚をします。

そして、このふたりの正常な夫婦の営みの結果生まれたのが、後に天照大神と呼ばれる女性です。

その2歳下の弟として生まれたのが、須佐之男命です。


■天照大神は、母の伊邪那美によく似て、とても穏やかで、おとなしい性格でしたが、

それに反して、須佐之男命は、たいへん荒々しい性格を持って居りました。

天照大神は、日本神道系では、最高神、あるいは、主宰神のように言われて居ります。

というのは、
天照大神は、女性でありながらも、初めての女帝の地位、すなわち、高千穂国の女王となったことに起因しているのです。

天御中主命から数えて5代目ぐらいの国王にあたります。


■天照大神が初めて女王となったのは、高天原の8次元如来界から、天御中主命の神示が下ったからです。

「我が国を、美しく、麗しき国となすために、女性に統治させるときが来た。

伊邪那岐命という高徳の人がおられるから捜し出せ。

その娘が、我が国を取り仕切る方である」と命令されました。

このように、神代の時代は、天上界からの神示を受けて、次期政権担当者が選ばれたのです。

しかも、国王の地位も終身制ではなく、
その人の心に邪神や欲心が出てきた場合には、天上界から神示が下って交代させられました。

祭政一致とよく言いますが、当時は、霊能者の数も多く、また、人々から大変な尊敬を受けていたのです。

普通は、最高の霊能者が統治者となり、神示を仰ぎつつ、国政を取り仕切っておりました。


■天照大神は、決して王族ではなく、一豪族、伊邪那岐命の娘だったにすぎませんが、神示によって女王に迎え入れられます。

彼女は、非常に気品のあるおおらかな女性で、物腰もやわらかで、それでいて人々を畏怖させるような神々しい威厳がありました。

在位は20年ぐらいでしたが、その間、国威は上がり、朝貢して来る人が跡を絶たなかったようです。

その弟の須佐之男命は、先述したように、姉と対照的で、たいへん荒々しい武人でした。

政治的には姉と意見が合わず、彼女をよく困らせたりもしました。


■この頃、天照大神は、須佐之男命の乱行の鎮まりを祈願して、天之岩戸に隠れていたのですが、

この時、80日ぶりに岩戸から出て、弟といったんは和解しております。

しかし、やがて、須佐之男命は新羅(朝鮮)まで遠征し、これを機に、高千穂国から追放されるのです。


■初めての女王として、天照大神のように霊格の高い女性が出て来た事は、我が国の国民性に少なからず影響を与えたようです。

特に、天照大神の女性らしいおおらかさ、繊細さ、穏やかさ、優雅さ、美しさなどの特質は、後々まで、大和心として伝わって行きます。


■卑弥呼が九州に生まれた頃は、
西洋では、イエスが亡くなり、弟子たちも亡くなり、その後、原始キリスト教会がようやく盛んになってきた時代です。

すなわち、紀元200年を少し過ぎた頃です。

卑弥呼の時代には、天照大神の高千穂国は弱小国になっておりました。

そして、九州の阿蘇が見える有明海に臨む地域に、中国の歴史では邪馬台国と呼ばれている国、

当時、我が国では大和国(やまとのくに)と言われていた一大勢力があって、九州30余国を制圧していたのです。

この大和国は、後に、大和朝廷へと発展して行きます。


■卑弥呼は当て字で、本当は、日向(ひむか)と呼ばれていました。

卑弥呼は、やはり優れた霊能者であり、天上界の天照大神から神示を受けて政(祭)を執り行っておりました。

ですから、当時の大和国の主宰神だったのは、実際には、7~8年前に出ていた天照大神なのです。


■卑弥呼の政治の特徴は3点ありました。(卑弥呼は、生まれ変わって現天皇家にいらっしゃる)

1番目は、毎週1回、神降ろしをして、国政の判断をしたこと、

2番目は、女性を数多く政治にも登用したこと、

3番目には、春と秋には祭をやり始めたことです。

当時は、血統ということが重んじられていたので、血族結婚も多く、卑弥呼の事実上の夫は、彼女の弟でした。


■やがて、この系統から、大帯日子淤斯呂和気命(おほたらしひこおしろわけのみこと:景行天皇)が出、

その皇子が日本武尊(やまとたけるのみこと)であり、妻が弟橘媛(おとたちばなひめ)です。

だいたい、3世紀の終わり頃から4世紀の初めに掛けての事で、

この頃、九州の朝廷が東征して、現在の奈良地域を中心として、大和朝廷を築きました。

初代の天皇とされる神武天皇:神日本磐余彦命(かむやまといわれひこのみこと)は、

東征の英雄モデルがあったにせよ、現在、学問的には実在が疑われています。(注)

須佐之男命と日本武尊の英雄伝説が神武伝説形成にかなり影響していると思われます。

日本武尊は、如来界の方で、国づくりの高級霊の一柱でした。

過去世には、中国で漢王朝成立の立役者、韓信(紀元前3世紀~同2世紀)、

明治期の日本には、陸軍大将元帥、山県有朋(1838年~1922年)として生まれました。
 
(大川隆法『黄金の法』「太陽の昇る国」より)


(注)九州から畿内へと東征した神日本磐余彦命(かむやまといわれひこのみこと)は実在の人物であるが、
神武天皇としては即位していない。西郷隆盛の過去世でもある(西郷隆盛の霊言より)



↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ 人気ブログランキングへ ブログランキング
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [未別] | 2011.02.06(Sun) PageTop

Comment

Private

 


 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【日本の過去・現在・未来】見えない処で貢献して来た幸福実現党以外、日本の再起は望めない Oct 19, 2017
【知らせない自由?】マスコミの黙殺権は、左翼貧乏思想の現れ Oct 16, 2017
【選挙妨害】幸福実現党v s 創価学会の場外乱闘! 学会による選挙妨害? + α Oct 13, 2017
【NEVERまとめより】もし幸福実現党が政権を取ったらどうなるか?その衝撃の未来がやばすぎる件 Oct 10, 2017
【比較検証】自民党は幸福実現党の政策を次々と採用!? Oct 09, 2017
【衆議院議員選挙公示間近】政党の政策から見たら、あれっ? Oct 08, 2017
【幸福実現党の先見性】8年前の幸福実現党後援会用パンフレットを再確認 Oct 02, 2017
◆【幸福実現党こそが真の未来を築く】国難(選挙)は、2009年から幸福実現党が言い続けて来た言葉だ! Sep 29, 2017
◆【不正選挙?疑問の残った開票現場!】4年後に再検証させて頂く為に、事実を正確に書き記す Sep 29, 2017
◆【疑問の残った開票現場!】4年後に再検証させて頂く為に、事実を正確に書き記す Sep 29, 2017
【神様が来た!】戦後最も危険な時期に来られたのは、地域を護る意味があるのだろう Sep 26, 2017
北朝鮮危機に本気で向き合う幸福実現党に、フランス国営放送が取材に!そして放送! Sep 16, 2017
◆【あなたは、ご存知だろうか?】中国(習近平)、幸福の科学/幸福実現党、マスコミは、何を考え、何をして来て、何をしていて、何をしようとしているのか?【過去記事移動】 Sep 16, 2017
【なにだぁ?これは!】北「日本を核爆弾で海にぶちこむべき」と非難 Sep 15, 2017
【ショック!】外国の人から「日本は2度目の無条件降伏をするのか?」と、言われた! Sep 10, 2017
【お知らせ:山口県民の方々へ】大川隆法総裁の特別大講演会『人類の選択』が FM山口で放送されます。 Aug 31, 2017
◆【白龍?】空の雲を見ていると、いろんな形に変わるのが面白くて好きだ。だが、天候との関係は如何に? Aug 07, 2017
迷走台風5号は、日本国民への神々からの警告か? Aug 06, 2017
大川隆法総裁 講演「人類の選択」 Aug 03, 2017
◆【いじめを無くそう】人は感性(勝負)→知性(損得)→理性(善悪)→悟性(神仏への愛)と成長する Jul 29, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m