◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆教師・公務員は、まずは自衛隊で働こう~小選挙区制は改正しよう

クライストチャーチの被災者・犠牲者の皆様へ、慎んで哀悼の意を捧げます

日本のご家族には、お国柄の違いで、精神的憔悴は計り知れないものがあると思います

 どうか、ご自身のお身体も大切になさって下さい


被災者やご家族には、申し訳ない言葉になるやも知れませんが・・
私自身は、今回の災害で各国からの救助隊の姿を見て、あれこそが人間本来の姿だと感じ入っています

人と人、国家と国家が争う姿は見たくありません

オリンピックのように、競争しながらも、協力して助け合い・支え合いながら、お互いを向上させる

それが、私が理想としている姿でもあります

世界には、戦争という厳しい現実があります
 
助け合うことの大切さを解っているつもりでも、こうした場面を見ることで、改めて人間の偉大さを思い知ります
 
200人の犠牲者は残念ですが、これからの世界人類への良い教訓となればと願い、祈っています


---------------------------------------------
私の立てたものでは無いが、せっかくネット調査されているので、関心のあるものを紹介している
お好きにどうぞ




■「TVタックル」で義家議員が、「先生になる前に1年間、自衛隊に行け」と言ってた

大賛成だ

・・と言うより、私は、とっくの昔から、同じ、いいやそれ以上(笑)の事を言っている

教員はもちろん、公務員になるなら男女問わず一定期間(例えば男子は2年間、女子は1年間)
自衛隊に行って鍛えた方が良いと、もう10年以上言っている
 
同じ公務員だから人件費の上昇には繋がらない(多少、初期設備投資は必要になるだろうが)

山口県にも、いくつかの自衛隊基地がある

自衛隊員、元自衛隊員の同級生・知人も多い

自衛隊員を辞めて自営業を興した人達も数多く知っている

その人達には、プロ根性がある

日本国の為にと命を張る訓練受けて来たら、何事に対しても姿勢が違うのは当然だろう

そうすると日教組のような団体は自然消滅になるかな(笑)


■ただ少しだけ問題なのが、必ず、落ちこぼれが出る

落ちこぼれたら、付いて行けないのなら、自らその道は不適格なのだと受け入れたら良いのだが・・

自衛隊は、歯を食いしばって頑張る事が求められる職業だ
 
私の友人の元自衛隊員が言うには、入隊初期の頃は自殺者も出ているとの事

自衛隊訓練は遊びでは無い

必ず、そういう問題が起きると思える
今の日本では、一度起きると、即、中止になることだろう

だが、教師の精神疾患、自殺者の割合は、公務員の中では高い方だと思える
 
教師になる前に、世間の厳しさを味わうことは無意味では無いと思う


■義家議員が言ってたように、今の若者は喧嘩を知らない、喧嘩のやり方を知らない
 
だから、〔いじめ問題〕が起きる

本当は義家議員からは〔いじめ問題〕を期待していたのだが、義家流教育改革論だった

簡単に言えば、〔先生が強く尊敬に値する人物となること〕という意味だろう
 
そのための自衛隊訓練なのだろう

そこには、私達の時代の教育に戻ろうとしている姿勢が垣間見える

強くて、怖くて、尊敬される教師像だ

強い先生は大勢、というより強い先生ばかりだったような気がするが(笑)

だが、私は、どの先生も尊敬していたし、怖くと思ったことは無い


■余談になるが

私の弟が中3の時、国語の先生に叱られて、こう言われたらしい
「○○!お前の兄貴も悪かったが、お前の方がもっと悪い」

確かに弟はやんちゃ坊主で、
「おばさん!○○ちゃん、今日も校長室前で座らされてたよ」と、いとこからご注進があったようだ(笑)

私は、そういう事は無い・・つもりだった(笑)

小学生の時、両手にバケツ持って教室の後で【苦学】していた事は、書きながら思いだしたが(笑)

中2の時、「オレ、今日の朝礼サボル」と言ったら、同調する者が何人か居た
2階の校舎から朝礼を見て、ギョッとした・・他のクラスと目立つほど列が凹んでいる(笑)

担任が青スジ立てて駆け上がって来た、「そこに隠れている者達!出て来い!」
そっと立ち上がると、「なんだ!○○!委員長のお前が居るとは、首謀者は誰だ!」

「・・ボクです」

担任は唖然として(笑)、お咎めも無く?そのまま引き返した
その日も、何事も無かったかのようだった

ただし、(自分達は悪いことしてしまった)という自責の念は残っている
だから同じ過ちは、2度と繰り返さない

ま、この程度の?可愛い?悪さを書いたら、キリが無いので、やめておく(汗)


■前述の国語の先生の時も、数回、授業中に立ち歩いただけだ(汗)

その先生に言われた言葉を思い出す

「○○!そんなに睨むな!もっとノートをとれ、ノートを」

ふと、周囲の者達のノートを見ると、ギッシリと書込んでいる・・私のノートは真っ白(笑)
 私は、1時間授業程度の内容は、集中する事で頭の中のノートに書込んでいた

記憶力と集中力は、人並み外れていたと思う
現に、残されているテストや通信簿では、国語は何も問題無いと思うのだが(笑)

その先生とも、仲が悪かったわけでは無く、卒業後も顔を合わせては談笑している

ある時、弟に言った意味を訊いてみた(笑)

・・新任時なので、怖かったそうだ

私ではなく、学校そのものが暴力校として有名だったので、常に恐怖心があったようだ

そういう暴力生徒は極く一部と知って、その暴力生徒も先生には逆らわないと解ったようだ

私達は皆、先生への畏敬の念は持っていた(ここが今と大きく違うと思える)


■大人になって、不思議に思うのが、中2の時の担任の態度だ
私達は叱られる覚悟を持っていた・・のに、叱らなかった

学年主任でもあり、後に校長まで登った人だ
いくらサボリ連中の中に委員長が居ても、その委員長が首謀者(言い出しっぺ)であっても(汗)
何も言わずに引き返すのはナッシングだろう
ひょっとして、学年主任の自分の立場を守りたかったのか?・・そう思ってしまう


また、中3の時の上記のように国語の先生の言葉にも驚いた

私達の学校が他校に怖れられているのは知っては居たが、そんなに私達が怖かったのか?
先生に逆らった者は一人として知らないのに?

確かに立ち歩きもしたが(汗)、怖かったから注意しなかったのか?

・・残念ながら、当時の私達の幼い認識では、先生達の心までは解らなかった

叱られないから構わないと思っていたのだが、違っていたようだ

怖くて注意出来なかったとしたら、当時からの先生方同士の触れ合いに疑問を感じる
確かに暴力校として有名だったが、先生方に対して暴力を放った者は居ないはずだ


時代は下って、息子の担任が言ったそうな

「一番来たく無い学校だったが、来てみると、話とは全然違っていた」と・・

あのなぁ・・って感じだが(笑)

私は、今でもその母校に誇りを持っている


確かに、小悪党は多かったが(社会に出て大悪党になっている者達も少なくないが・・)、
多くの者は、みんな【善悪】が解らず、イタズラをしていたに過ぎない

悪いことなら叱れば良かったのに、叱られたら悪いことと気付くのに・・
今、思い起こせば、そういうビシバシ叱る先生達の多かったこと(笑)

私の戯言など、本当に可愛いものだ

だから私は、校長室前に座ったことも無いし(笑)、叱られた記憶も乏しい

模範生徒かも(爆)
(冗談では無く、先生方からはそう言われていた)


■そんな私が、2年前「幸福実現党」の応援に駆け付けて、各所でスピーカーで訴えていた
 
多くの先輩、先人達から「お前の言っていた事は正しい、ワシは応援するぞ」と言われる反面・・

先生方からは、「あの、おとなしかったお前が、どうしたのかって話題になってるぞ」と(笑)
 
選挙中、ずいぶんと先生方から邪魔をされたのは事実だ
 
正直、嫌がらせの電話、訪問には参った

恩師と思って訊いていれば、言いたいこと言われ放題

少しでも反論すれば、逃げ去る

決して悪い人達では無く、私を思ってのことだろうが、迷惑極まりないものだった

教員が、そのレベルではどうしようもない・・と思ったものだ

はっきり言って、一般民間人の方が、よっぽど質がいい


■おそらく、先生方は、私の心の中が見えないのだろう

かつての国語教師達のように先入観のみで判断していると思える

はっきり言って、私は政治素人では無い
親族には市議も多いし、国会議員で大臣を務めた人も居る

市議程度なら、何度も成れる機会があった
ただ、成る気が全く無かっただけだ
今になって、ジバン、カバン、カンバンがある内に成って置けば良かったと思ったりする(笑)

40代には、見知らぬ人と電車の中で論議していたが、
「あなたのような人こそが市長になるべきだ」と言われたこともあった
電車を降りて、その人が県議会議員だったと知ったが(笑)

仮に、〔幸福実現党〕が宗教政党で無かったら、私の親族達は会社を挙げて応援してくれるだろう
議席獲得も夢では無い

今、その宗教政党という固定概念を外して居る

個人的には賛同者も増えたが、まだまだ、会社までとはいかない
だが、必ずもう一度、親族の者を国会へ送り込みたいと思っている


■書こうと思っていた肝心なことを忘れていた
 
そろそろ、【小選挙区制】から、【中選挙区制】に戻すべきだと思う 

今の国会では、そういう基本的な論戦さえ為されて居ないことに疑問を覚える

1994年頃、やはり政治がゴタゴタしていた時に、【小選挙区制】に切り替えられた
 
私個人は、【小選挙区制】は大反対だったし、今もそうだ
 
【小選挙区制】では、劇場型や風潮支配型になりやすく、国政の大失政を招く危険性がある
 
今の民主党政権を見れば、お解りになるかと思う

【小選挙区制】では、僅かの票の差でも勝ちは勝ちだ、2位の意見が国政に反映されない


■風潮支配型の日本人気質には【小選挙区制】は合わない

そろそろ、かつての【中選挙区制】に戻すべきだ

1位の意見も、2位の意見も国会に送られるべきだと考える

もっと言えば、県単位でも良いと思っている

衆議院が山口県全体で8人通るのなら、8人で山口県の議席を争えばいい

名前の売れていない人には不利になるとは思うが、選挙は名前では無い、志だ

ついでに、この際、議席も削ればいい、【県単位制】にしたら出来るはずだ


■選挙制度とは別の話になるが、今、地域分権の風潮が強くなっているが、危険な風潮だ
 
日本の国家は、どこまでも中央集権国家でなくてはならない
 
もちろん地域を愛することは大事だが、国家あってこその地域だ

なんとか維新の会などを、目に耳にする度に嘆かわしくなる

地域が先で、国家が後のようなことは、断じてあってはならないことだ


確かに国家の政治が乱れると、地域が強くなる
 
幕末の長州もそうだった

だが、長州は、長州だけの事を考えての行動では無かった
未来国家を見据えての行動だった

今の地域分権や地域主権とは、まったく性質が異なる

目立った動きをしている各首長の目線が、どこを向いているかを見たらいい
彼等に、100年国家観を語らせてみたらいい
楽しみだ


↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ 人気ブログランキングへ ブログランキング
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [未別] | 2011.03.02(Wed) PageTop

Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆吹田晃氏が亡くなった。。お世話になりました。ご冥福を祈ります。 Jun 21, 2017
【冗談話】安倍総理の70年談話前に各国に謝罪する。(2015年8月の下書き) Jun 21, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト全編】 1963年~1967年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト①】 1963年~1964年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト②】 1965年~1967年(画像による順位表) Jun 07, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう May 31, 2017
◆【他人が作れないレシピを考える】まずは一から出発・再出発できる有り難さ、白紙に描く喜びを知ろう。 May 13, 2017
◆【超音波と衝撃波】NHKは地上の原発の安全性を立証したことになる(再掲載) May 12, 2017
◆【草と忍者(続き)】現代の草と忍者は暗闇世界の使者。光の世界の拡散を妨げることで己の居場所の確保をしている。 May 11, 2017
◆【異常気象は天意の証】無神論者・唯物論者が、日本と世界を滅ぼす(再掲載) May 10, 2017
◆【素晴らしい国:日本】欧米やアメリカ大使館の御方へ。安倍総理の靖国神社参拝は、どこの国でも、ごく、当り前の事ですよ。 May 09, 2017
◆【善い話・怖い話(笑):悪霊退散!台風迂回!】ここ数日の奇妙な出来事(再掲載) May 08, 2017
◆インド、ネパールで、日本に産まれた〔再誕の仏陀〕が説法。インドでは5万人集会で大騒ぎ!(再掲載) May 07, 2017
◆【危機を防ごう】マヤの予言危機を回避しよう(再掲載) May 06, 2017
◆この世の救済も大事だが、【魂の鎮魂】も、とても大切なことだ May 05, 2017
◆【ニーズよりシーズ】逆境をバネにして善き種を蒔け。 May 04, 2017
◆【団塊の世代から若者諸君へ】団塊の世代は向上心の塊/若者諸君。 May 03, 2017
◆【雑談の中に真理あり】会話こそ我が人生。 May 02, 2017
◆【知る機会を失うことなかれ】親から子へ、子から孫へ。 May 01, 2017
◆【さまざまな人生模様】素晴らしい二人の体育教師 Apr 28, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m