◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【失敗を成功に】縁は縁を呼び、縁は人を救う。


あれから、もう10年になるのか・・。

私の友人Bが何度か家に寄ったようだが、いつも留守の時だ。

居留守を使ってるんじゃないぞ(笑)

留守を狙って来るなって(笑)




■中学校60周年記念同窓会のことだろうが・・。

・・10年前の50周年の時のことが思い浮かぶ。


■余談ながら、私の予感は、多くの予測を含めて、かなりの確率で当たってるのじゃないだろうか・・。

善くも悪くも・・。

外れた事を思い出そうとしても、なかなか思い出せない。

このまま行けば20年後にはと、予測していたことでも、その通りになっている。

それらのことは、別の機会に譲る。




前述の友人Bと共に、学校の世話をしているAが居る。

Aは能弁家、自信家、社交家であり、友人としては頼もしい存在だ。

県議に担ぎ出したいくらいだと本気で思っている。


今から10年前、区切りの50周年ということで記念誌を作ることになった。

当時の私は部外者であり、運営にも何も携わらなかった。会議にも招かれたが、出向かなかった。

協力を惜しむのでは無い、私にはもっと別にやらなければならない事があるからだ。

友人Aは、適当に理由を付けてくれて居たようだ。


総責任者は私の近くの寺の住職、各責任者に私の友人達の名が並んで居る。

10年前の当時、会議決定されたAの言葉に疑問と不安を持った。

名簿を中心とした記念誌は、関西の業者に任せると言う。

私は、市内の業者でも出来るのに何故だ?と聞くが、『名簿記念誌専門業者だからだ』と言う。

面識もない遠い業者に頼まずに、市内の業者にしろと言ったのだが、『専門業者だから手間が省ける』と言う。


この時、なぜか?一抹の不安を覚えた記憶が残っている。

やがて業者から、『住所の確認と、知人の住所を知っていたら教えてください』と、記念誌申込の振替用紙と共に送られて来た。

差出人は業者名だが、同窓会責任者の名前が連ねて送られて来たものだった。

疑う余地もないだろう、多くの人が申込んだ。


■経過はAに頻繁に聞いていたが、順調のようだった。

市内の大手の会社の広告も次々と頂けたようだ。

ある日、Aに、あと1ヶ月程度で出来上がると聞かされた。ラフ見本も届いた居た。


が、仕上がって支払うべき代金を、前払いしたと言う?

名簿調査費として、前金として半額以上は渡してあるのに関わらずだ。

「お前?払うべきで無い金を、なぜ?払った!」

私は、初めてAに詰め寄った。

考えてみれば、本当に初めてだった。


■Aは、業者が金が必要だから申し入れて来たので渡したと言う。

「おかしいぞ!それは。ほんとうに大丈夫なのか?」

・・何か、とてつもなく不安がよぎった。

『心配ない、あと1ヶ月すれば完成だ』

そう言うAの言葉は、耳元をかすめるだけだった。




■それから1週間程度経った朝。

Aの所へ寄ると、Aが見たことも無い表情をしている。顔色が青ざめている?

『吹いた・・』

「吹いた?何だ?そりゃ?」

『例の会社が倒産した。電話も通じん。連絡の取りようも無い』

とてもAから発せられる言葉とは思えない、力の無い、脅えたものだった。


私の嫌な予感は的中してしまったが、グズグズしては居られない。

Aに、事の子細を聞いた。

この時のAは混乱して居たのだろうと思うが・・。

『広告はワシ等の責任だが、個別に申込んだ者等の面倒までは見切れん』と、とてもAとは思えない言葉を発した。

「お前!何てことを言うか!」

Aに対して2度目の叱咤だった。

「俺も申込んで支払っているが、お前達の名が並んでいるのを信用しての事だぞ!」

「お前等、言い訳は許されんぞ!絶対に逃げられんぞ!」

・・普段は饒舌なAがひとことも無く、押し黙って居る。


■とにかく、早くなんとかしなくては・・。

その場で、その日1日、大阪の親戚、知人に電話を掛けまくった。

第一報の親戚からは、『戸が閉まって誰も居ない』と聞いて、絶望感が襲う。

その後も数時間、知っている限りの知人に電話を掛けまくった。とにかく必死だった。


やっと夕刻になって吉報が入った。

『債権者代表が解った。そこが、すべてのデータを管理しているようだ』とのこと。

やった!!

青ざめて精気のないAの顔に赤みが差した。


■すぐさま債権者代表に電話で事情を話した。

債権処理は追ってお願いすると思うから、今は、とにかくフロッピーデータだけは早く返してくれとお願いした。

快く引受けて頂いた。本当にありがたかった。


翌々日には、フロッピーディスクが届いたが、なんと、私の会社にだった(笑)

このフロッピーデータで、本を作ってくれる会社を探したが、市内、市外の業者に見積もりを取ったが、

一番安いところでも100万以上の追加予算が必要になった


その後のAは、元通りのAに戻った。

私は役員でも無く、部外者であるので会議には出なかったが・・。

責任者全員で不足分の分担するように提案、実際に行ったようだ。




■総責任者の寺の住職には、今なお出逢う度に礼を言われるが、その度に、忘れてしまっているこの事を思い出してしまう(笑)

だけども、1年前にその住職に聞いて驚いたのだが・・。

なんと、学校卒業者に検察検事が居て、不審な目で動き、調べて回って居たとの事だった


もしも、記念誌を発行しなかったら、とんでもないことになって居た事だろう。

不可抗力とはいえ、総額数千万円の過失ということで、新聞沙汰は免れず、住職や世話人の名誉も地に落ちる。

とにかく無事で良かったと、当時の記念誌を手元に見ながら、今更ながら思う。


■友人Bも、その時の一員であり、事の子細を知っている。

彼も、私を隠れた功労者のように言ってくれるが、本当の功労者は、やはり、自分の時間を提供した当時の世話人達だ。

方法を誤ってしまったばかりに、大失態を招く寸前だったが、奉仕をしながらも、自腹で分担金を出して居る。

誰にでも出来ることでは無い。


さらには、彼等の知らない関西の私の知人達が動いてくれて居る。

私は、人の縁を大切にして生きて来た。

その縁が、彼等を大事から救ったかと思うと、「ありがとう」と感謝の思いが湧いて来る。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [人ありてこそ我あり(自分記)] | 2007.04.29(Sun) PageTop

Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【白龍?】空の雲を見ていると、いろんな形に変わるのが面白くて好きだ。だが、天候との関係は如何に? Aug 07, 2017
迷走台風15号は、日本国民への神々からの警告か? Aug 06, 2017
大川隆法総裁 講演「人類の選択」 Aug 03, 2017
◆【いじめを無くそう】人は感性(勝負)→知性(損得)→理性(善悪)→悟性(神仏への愛)と成長する Jul 29, 2017
音楽等の整理 Jul 24, 2017
◆吹田晃氏が亡くなった。。お世話になりました。ご冥福を祈ります。 Jun 21, 2017
【冗談話】安倍総理の70年談話前に各国に謝罪する。(2015年8月の下書き) Jun 21, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト全編】 1963年~1967年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト①】 1963年~1964年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト②】 1965年~1967年(画像による順位表) Jun 07, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう May 31, 2017
◆【他人が作れないレシピを考える】まずは一から出発・再出発できる有り難さ、白紙に描く喜びを知ろう。 May 13, 2017
◆【超音波と衝撃波】NHKは地上の原発の安全性を立証したことになる(再掲載) May 12, 2017
◆【草と忍者(続き)】現代の草と忍者は暗闇世界の使者。光の世界の拡散を妨げることで己の居場所の確保をしている。 May 11, 2017
◆【異常気象は天意の証】無神論者・唯物論者が、日本と世界を滅ぼす(再掲載) May 10, 2017
◆【素晴らしい国:日本】欧米やアメリカ大使館の御方へ。安倍総理の靖国神社参拝は、どこの国でも、ごく、当り前の事ですよ。 May 09, 2017
◆【善い話・怖い話(笑):悪霊退散!台風迂回!】ここ数日の奇妙な出来事(再掲載) May 08, 2017
◆インド、ネパールで、日本に産まれた〔再誕の仏陀〕が説法。インドでは5万人集会で大騒ぎ!(再掲載) May 07, 2017
◆【危機を防ごう】マヤの予言危機を回避しよう(再掲載) May 06, 2017
◆この世の救済も大事だが、【魂の鎮魂】も、とても大切なことだ May 05, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m