◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク    
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆今、日本人に大切なことは「光はここにあり」を知り、「Think Big & Be Positive」だ

私は、「幸福実現党を応援」と称しているが、書いている内容は、あくまでも個人的見解に過ぎない

「=」では無く、あくまでも私的な意見を書いている

「幸福実現党」の政策を知られたいのなら、公式HPをお勧めする
 

■昨晩は、「金八先生」を見ていた

私にとったら、【最初で最後】だから(笑)

武田鉄矢氏演ずる「金八先生」の名前は知って居たが、以前は全くTVには興味が無かったので見ていない

かと言って、世間の出来事に無関心では無い

むしろ、並の人よりは多くの情報を持っていたつもりだ

別にTV見なくても、大手新聞記者が生々しいこと教えてくれることもあったし(笑)

情報源には事欠かなかった

ただし、どの情報が「より正確か」を見極めないと情報過多で混乱してしまう


■最近でこそTVを見るようになったが、相も変わらず「安上がり番組」のオンパレードだ
 
何が面白いのか知らないが、パチパチ手を叩く姿は・・オモチャと重なって仕方がない

傍では、妻もケラケラ笑っているので、「どこが可笑しいのか?」と聞くと黙ってしまう

別に叱るわけでも無い、私には理解不能なのだ

「どこの部分が可笑しいのか」と聞いているのだが、「ハッ」と我に戻ったかの如くだ
 
私には、どう見ても、TVに洗脳されているようにしか見えない


笑うこと自体は良いことだ、笑えれば笑ったらいい

だが、可笑しくも無い場面で笑っている事には、不思議で仕方がない

同じことは、同世代の友人・知人は全員言っている


■「視覚文化」の怖さは何度も書いたので、「視覚文化は一種の洗脳文化だ」とだけ述べて置く

洗脳されている人から見れば、普通の人がおかしく見えるし、洗脳されているように見える

気が狂っている人は、必ず、正常な者に対して「アンタはキチガイだ」と言うのと同じだ

価値観が逆転している場合、光は闇に見える

思いやりや優しさには裏がある・・という被害妄想さえ出て来るようだ

私は、被害者意識の強い人に何人も接して来たが、殆どは、殻に閉じこもって出て来ない

殻の中なら安心なのだろうか?

光と接すると、(潜在意識下で)焼け焦がれてしまうと思っているのだろうか?


■そして、情報過多も考えものだが、情報不足の人達は、限られた情報内で判断している

TVの「安上がり番組」、新聞の「談合的記事」、週刊雑誌の「売れるなら何でもいい記事」・・

とてもとても、見られたものでは無いが、一般ではそれが受け入れられている?

人は、放って置くと怠惰に流されやすい

「いくつになっても勉強」、「何事からも学ぶ」という姿勢が大切だ


■10年前は私的HPを持っていた、以下はその中から持って来た

①【考える人になって!】〔2001年1月〕読売新聞投稿掲載

テレビ、雑誌、ゲームと視覚文化が日常生活に根づいてしまったように思えます。

目から入る情報は、耳より数倍の力があると言われています。

そのせいか、考える力を失った人々が増えているような気がしてなりません。

自分では考えているつもりでも、様々な情報という刺激に反応、感応しているだけではないでしょうか。

「考える」とは原因探求、結果予測を、処理する力です。

刺激的な情報に反応するだけなら、動物の方が優れているでしょう。

人間として成長したいならば、疑問を持ち、悩み苦しみの中から解決策を思考する心を持つべき。

真に考える事のできる人は、感情的な行動はしないでしょう。

他人にも思いを寄せることが出来るでしょう。

思いやりとは、自分の言動が他人に及ぼす影響を考える事から始まると思います。

他人を思いやれる人が増えれば、社会は良くなると確信し、私も努力して参ります。


②【若者に健全な未来を】〔2001年4月〕

最近、話を聴かない若者達が話題になっています。

しかし、経験の相違などで、大人の話を理解できないのが、普通の若者像ではないでしょうか。

私自身の若い頃は、スピーチ程度の内容は丸覚えする位の集中力で聴いていました。

だけど、歳月を経てみると、どんなに地位や肩書きのある人の話でも、何故か覚えていないのです。

裏返して言えば、話し手が心の琴線に触れ、感銘を受ける話をしていないとも言えるでしょう。

人は、師と仰ぐ人の生き様や言葉や信条に感動し、影響されながら成長して行きます。

身近な師は両親であり、学校の先生でしょう。

極論ではありますが、非常識という単語は、若者のために在るのかも知れません。

幕末の維新の志士達は、当時にしては非常識な人達であったかもしれないし、

学生運動の世代は、傍目には非常識そのものでもあったようにも思えます。

暴力や非社会的な行動は許されませんが、若者の行動パワー全てを否定してはならないと思います。

今の世の中、大人も若者も、何を求め、何を師と仰ぐか解らないまま、彷徨っている感じです。

社会の行動規範が希薄になっている現在、もう一度原点に戻って、

人生の意味と目的を見据えるべき時が来ているのではないかと感じています。


③【「希望」は心のカンフル剤】[2001年5月]

社会が混迷の中、「未来は明るい」と思える人がどれだけいるのでしょうか。

不幸の予言者とも言うべき「見通しは暗い」という人は非常に多いです。

確かに現実を見れば、楽観的な考え方は許されません。

しかし、どんな闇夜の中にあっても、やがては陽は昇るでしょう。

必ず夜は明け、朝がやって来ると確信している人の傍にいると、妙に心が落ち着くものです。

逆に、不幸を嘆く人に同調すると、自分まで惨めになったような気がします。

明るく楽しい人と接するだけで、元気になる自分自身を観ても、

同じ事が、個人だけではなく社会全体に言えるのではないかと思います。

終戦後の激動期と比べて、明らかに違うのは未来に対する意欲ではないでしょうか。
 
「日本を立ち直らせる」という国民の潜在意識が活力となり、奇跡的な復活を成し遂げました。

現在は、国民の意識が未来に向いていないように思えてなりません。

過去の失敗から学び反省する事は、飛躍するための条件と思えば良いでしょう。

「今は辛い、しかし、必ず立ち直る」という意志が社会を変えて行きます。

絶望や失望の対極にあるものは希望です。

希望こそが、やがて来る夜明けの導入剤でしょう。

希望が確信に変わるとき、新時代の幕が開かれると信じてやみません。


④【子供を変えたゆとり教育】[2001年7月]

「努力勤勉?古い古い。今はゆとりの時代だよ、おじさん。努力しても結果は同じ歯車になるんだよ。」

「僕らの人生は楽しければ最高さ。」

先頃聞いた、この若者の言葉をどう思われますでしょうか。

もちろん、一部の者達の考え方ではありましょうが、今の世相を反映しているように思えてなりません。

ゆとり教育は、確実に若者の意識に入り込んで、努力の意味さえ知らない子供が増えています。

安易な優しさは、結果の平等を招く事になりかねません。

努力する子もしない子も同じ結果を招くようでは、真の成育にはならないでしょう。

機会の平等はあっても、努力に応じた結果は必要だと感じます。


■このブログを書きながら思い出して持って来た

10年振りに読み直したが(笑)、今でも通用するような話に思える

と、言うことは、この10年間、日本は殆ど変わっていないと言うことになるかも知れない


2年前「幸福実現党」は、 「民主政権になったら、存亡の危機が来る」と、しつこく警告して来た

殆どの人は、(何、馬鹿なことを言ってる)のように思っていただろう

国民の過半数は、マスコミに誘導、或いは洗脳されて、民主党を選んでしまった






社会主義者の弟は、「絶対に民主党でなければ日本がツブれる」と、威勢良く言っていた

それから2年後、法事で親族が集まった時は、一人隅っこでTVを見ていた


この弟は、以前、「何をやっても、どんなに頑張っても兄貴に敵わない」と言っていた

兄の私に対して、嫉妬心丸出しだった

確かに弟は努力家だ、私よりは努力していた

だが、同じ時間働いても、働き方がある

時間の使い方が下手なのは、見ていて解るし、聞き入れないのなら、どうしようもない



■20歳の時、私は赤十字病院でアルバイトしていたことがある
 
少し年下の相棒と二人で、1時間シフトで8時間、8回とも全部仕事内容が違う

最初は困った、1時間で終わらない・・それぞれオーバーしてしまう
昼休み時間抜きで、やっと全てをこなしていた

考えた

どうやったら時間内で収まるか

仕事時間短縮をするには、どうしたらいいのか・・考えた
 

そして、自分達だけでは無理だと解った
 
当時は、エレベーター職員が居たので、頼み込んで協力してもらった(笑)

7階あっても、作業車が必要な階は2つか3つと解ったからだ

1階、1階に作業車を降ろして、エレベーターを待つことをやめて、7階から始めた

持てるものだけ持って、階段を飛び降りた(笑)・・(当時、8段階段は4段抜きの2回跳び(笑))

エレベーター職員に、作業車が必要な階に押し出してもらった

相棒との連携プレーも考えた

個々の仕事を、個々でやっていたのでは、時間の無駄だと解ったからだ
 

こうした工夫で、1時間シフトが、半分の30分で終わっていた
 
・・書きながら、若くないと出来ないな・・と、つくづく思う(笑)

余った時間は、私が創った自由時間だ、勉強していた(これ本当)

相棒は太宰治にかぶれて、難しい本を読んでいた
 
傍目には、どちらも同じ努力家に見えていたことだろう

だが、勉強している中身が全く違う

当時の私は、太宰治が何者か知らなかったが、相棒の変化で「良いものでは無い」程度は解った

先輩として、チーフとして、何度も「止めろ」とアドバイスしたが、彼は聞き入れなかった
 
三島由紀夫が割腹した頃の話だ

全学連が闊歩していた頃の話だ

アルバイトの私にも「あなた達の行く場所には【危険思想の持ち主】が居るので、毒されないように」と、言われていた頃の話だ(笑)

・・若い私には、何が【危険思想】で、誰が【持ち主】なのかも解らなかったし、興味も無かった
 

何年か後、その相棒は、フータローとなって、のたれ死んだと、風の便りに聞いた
 
太宰治という人物が、書物を通して、彼の人生を変えてしまった・・

怖いことだ


■弟も、それに近い

私の知らないところで、当時の【危険思想の持ち主:共産社会主義者】になって居たようだ
 
間違ったものに、いくら時間を費やしても、努力しても・・ 間違った結果を産むだけだ
 
「幸福の科学」の教えに、【同じ水を飲んでも、牛は乳を創り、蛇は毒を創る】というものがある
 
同じ時間を費やしても、善い種を蒔くのと、悪しき種を蒔くのでは、実った結果が違う

 
だから、弟の「何をやっても、どんなに頑張っても兄貴に敵わない」は、間違いだ

蒔いている種が違っていたのだ

その種が花になり、毒々しいものだったら、人は寄って来ない
 
「もらう」事が当たり前と思っていたら、「いつまでももらえるわけでは無い」事を知らなければならない


病院でのエレベーター職員て対しても、「手伝ってもらうのが当たり前」と相棒は言っていた

私はそうは思わない

なので、若いなりに気配りをしていたつもりだ

何もプレゼントするでも無いが(笑)、コミュニケーションだけは大切にしていた

「何事も信頼関係あってこそだ」と、誰に教わったわけでは無かったが、そう思い実践していた

この点では、いつも相棒とは大議論になっていた(笑)

相棒と弟に共通するものがある

「人間嫌い」だ


■私は、個人的経験から従業員達には

「人を好きになれ、人から好かれる自分になれ」

「モノを売ろうとするな、まずは自分を買ってもらえ」

「短期間で諦めるな、もっと長い目で見ろ」・・のように教えて来た

それにすべて逆らったのが、弟であり、生きていたならば相棒も同じだったかも知れない


そんな私は、順風満風時に「幸福の科学」の教えに出逢った

断じて、俗に言われているような「宗教に入るものは・・」では無い
 
これは素晴らしいと思い、これは正しいと信じたからだ

そして、それは間違いでは無かったと、確信して訴える
 

■先日のインド・ブッダガヤで、お世話された人からの転送メールだ

昨日、インドより帰国しました。

ブッダガヤ、霊鷲山、マハボディ寺院等、様々な仏跡地を見学させて頂き、時空を超えた感動が込み上げて来ました。

しかし一番の感動は、現在進行形でエル・カンターレの法に触れて、入会される方々の姿でした。

ブッダガヤ精舎起工式の前日に、同行した3人のガイドが入会されました。

3人はそれぞれ、イスラム教徒、ヒンドゥー教徒、シーク教徒です。

【ヒンドゥー教徒のSさんの話】-----------------------------

インドは、カースト制度により差別が激しく、各宗教とも戒律や締付けが厳しく、将来に対する希望が描きづらい状況です。

しかし、マスターの御説法で「全ての人間は、念いと行いで成功できる」と言われたのを聞いて、前世のカルマで諦めていた人も自分の力で成功出来るんだ!と激しい衝撃を受けました。

また、マスターが、色々な方の顔を見ながら説法する姿で拝見し、人を区別されていない、本当に皆を平等に愛していると感じました。

時折響く大きな声の奥には、この教えは本当に人々を幸せにするので、多くの人に聞いてほしいという愛を感じました。

------------------------------------------

入会された3名は、口を揃えて、『Happy Scienceは平等で公平な教えだ』

そして、『差別社会のインドで、かつて同じこと説いたのは仏陀だけだった。と言われてました。

インドで感じたことは、

「この教えは世界に通用する!イスラム教にも、ヒンドゥーにも通用する!」

この確信に尽きます。

今まで頭では理解していましたが、今回その凄さを目の当たりにしました。

「あらゆる階層を超え、あらゆる宗教を超え、全ての魂を救う教え」

世界は、総裁先生のお姿と、Happy Scienceに感動しています。

“光はここにあり”

この事実を、一人一人に伝えし、Think Bigで、Be Positiveで頑張ります!


・・どなたのメールが存じ上げないまま、転用させて頂いた事に、お許しを m(._.)m

Message of encouragement from Indian republic Buddha Gaya




この闇に沈んだ日本に求められるものは、【光】だ

漆黒の闇夜の海を航行するには、燈台の灯が求められる

「エル・カンターレ」は、燈台の光でもあり、人類の希望の光だ

ゆえに、 “光はここにあり”、“光はここにあり”、“光はここにありと、しつこく言わせて頂く

どうか、謙虚に受け止めて頂きたい


■同じ人間でも、努力精進し続けた者と、怠け者では、どうしても見識の差が出る

努力内容の違いでも、大きく道が分かれる

それは「立ち位置」の違いと見て頂きたい

寝そべっている者、座っている者、立っている者、屋上にいる者では、「視野」が違う


曲がりくねった川をボートで漕いで居る人に

「その先は谷だぞ、落ちてしまうぞ、次の分岐点で右に曲がれ」と、呼び掛けても

自分の見たものしか信じない人は、「何を馬鹿な」と、そのまま谷底に落ちてしまう事だろう

その人の目線では、平坦な川にしか見えていないかも知れないが、

山の頂やヘリコプターから見ている者にとっては、はっきりとどちらに行くべきかが見えているのだ

同じ人間でも、その違いはあることは、知って置かれた方がいい


素直な人間、謙虚な人間は、結果的には得をする
 
素直さとは、粘土のようなもの

どんな形にでもなれる

だが、一旦焼きを入れてしまうと、形は決まってしまう

後は、壊れるだけだ
 

ただひとつ、焼きが入って固まってしまったものにも、特別な溶解剤がある

それが、【真理という光】だ


↓ポチっと押して応援頂けたら嬉しいです 
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ 人気ブログランキングへ ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [未別] | 2011.03.28(Mon) PageTop

Comment

Private

 


 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【日本の過去・現在・未来】見えない処で貢献して来た幸福実現党以外、日本の再起は望めない Oct 19, 2017
【知らせない自由?】マスコミの黙殺権は、左翼貧乏思想の現れ Oct 16, 2017
【選挙妨害】幸福実現党v s 創価学会の場外乱闘! 学会による選挙妨害? + α Oct 13, 2017
【NEVERまとめより】もし幸福実現党が政権を取ったらどうなるか?その衝撃の未来がやばすぎる件 Oct 10, 2017
【比較検証】自民党は幸福実現党の政策を次々と採用!? Oct 09, 2017
【衆議院議員選挙公示間近】政党の政策から見たら、あれっ? Oct 08, 2017
【幸福実現党の先見性】8年前の幸福実現党後援会用パンフレットを再確認 Oct 02, 2017
◆【幸福実現党こそが真の未来を築く】国難(選挙)は、2009年から幸福実現党が言い続けて来た言葉だ! Sep 29, 2017
◆【不正選挙?疑問の残った開票現場!】4年後に再検証させて頂く為に、事実を正確に書き記す Sep 29, 2017
◆【疑問の残った開票現場!】4年後に再検証させて頂く為に、事実を正確に書き記す Sep 29, 2017
【神様が来た!】戦後最も危険な時期に来られたのは、地域を護る意味があるのだろう Sep 26, 2017
北朝鮮危機に本気で向き合う幸福実現党に、フランス国営放送が取材に!そして放送! Sep 16, 2017
◆【あなたは、ご存知だろうか?】中国(習近平)、幸福の科学/幸福実現党、マスコミは、何を考え、何をして来て、何をしていて、何をしようとしているのか?【過去記事移動】 Sep 16, 2017
【なにだぁ?これは!】北「日本を核爆弾で海にぶちこむべき」と非難 Sep 15, 2017
【ショック!】外国の人から「日本は2度目の無条件降伏をするのか?」と、言われた! Sep 10, 2017
【お知らせ:山口県民の方々へ】大川隆法総裁の特別大講演会『人類の選択』が FM山口で放送されます。 Aug 31, 2017
◆【白龍?】空の雲を見ていると、いろんな形に変わるのが面白くて好きだ。だが、天候との関係は如何に? Aug 07, 2017
迷走台風5号は、日本国民への神々からの警告か? Aug 06, 2017
大川隆法総裁 講演「人類の選択」 Aug 03, 2017
◆【いじめを無くそう】人は感性(勝負)→知性(損得)→理性(善悪)→悟性(神仏への愛)と成長する Jul 29, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m