◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク    
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆福島は【もはや危険地帯ではない!住民には健康被害は起きない】

私は、生粋の山口県人だ

おぼえていないが、子供の頃から「東京は嫌いだ」と言っていたようだ

みんな東京に憧れていた時代に「嫌い」と言っていたのだから、「変った子だね」と言われていた(笑)

TVで見る・・人人人の中では、息が詰まりそうだと思ったことは憶えている



■私は15年前に「幸福の科学」に入信した

本部や全国各地からゲストが来られる度に言われていたのが、【ここ(山口県)は維新の地】という言葉だった

「幸福の科学」の教えや集われている人々は素晴らしく、文句の付けようも無かったが・・

ゲストの多くが「維新の地」と言われる事には、正直な処、「維新の安売りするな」 と言いたかった(笑)

「維新は、あなた達が軽々しく言われるようなものでは無い」と、素直に受け入れられない私がいた

そして今、今こそ、【新らしき維新の時】が到来している

今回も、山口県は、立役者になれるだろうか



また、東北震災と原発で大変な福島県・・

若い頃は、そういう名前の県がある程度にしか思っていなかった

ある時、同級生の家に行き、奥さんが福島県人だと紹介された

学生結婚だったが、『世が世なれば、山口県には嫁には行かせられないのだがな』と言われたとの事?

本当に恥ずかしい話だが、私には、その意味が解らなかった

「どういう事だ?」と聞くと、『会津藩の白虎隊だよ』と言う?

「だから、何だって言うんだ?」と、本当に解らなかった


もちろん歴史は知っている

普通に知っているどころか、詳しく知っている

だが、100年以上経っても、未だに長州藩を恨み続けている人達が居るとは、信じられなかった



この秋には、山口国体があるが、福島県の方々も来られるだろう

以前、恩師の体育教師達が福島国体の時、差別待遇を受けて散々な目に逢ったと嘆いていた

『山口県から来たと言えなかった』、『生徒達にも辛い目に逢わせてしまった』と言っていた

『ああされた、こうされた』と、福島県人から受けた仕打ちを随分と聞かされたものだ

私には、その事さえも信じられなかった

なので、心の中では(・・ほんとかいな)と、話半分で本気で聞いていなかった

とうとう、『ウソじゃないぞ!』と烈火の如く怒る恩師を見て、言葉が出なかった



■そして、3年前、転勤族で福島県に住む人から、ある深刻な相談を受けた

その時、『会津には、まだまだ山口県への積年の恨みがある』と聞かされた

同級生、体育教師の恩師、そしてこの人の言葉から、福島県会津藩の人達の恨み心を知った


今回の地震では、その福島県に、山口県警や医療チーム等が出向している

帰って来た彼等からは、「悲惨だった」以外、何も聞こえて来ない

歴史の流れとして、お互いに敵として戦った事もあるが、そろそろ終止符を打って頂きたいと願っている

山口国体に来られても、礼を尽くし、拍手を持って迎えるつもりだ



福島原発事故には、ほんとうに心が痛む

震災後、TV・新聞ではニュースが流れない日が無い

だが、【もはや危険地帯ではない!福島の住民には健康被害は起きない】




Liberty Web でも、かなり詳細に触れられているので、じっくりと目を通して頂きたい



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

■別の方の意見だ

【正論】より、「低レベル放射能それほど危険か」 元駐タイ大使・岡崎久彦  2011.6.22 03:19(無断転載御免)

国民に真実伝えなかった政府

米有力シンクタンク、ヘリテージ財団が、東日本大震災への日本の対応ぶりをレビューして、
今後の米国への教訓とするために、報告書を発表した。


日本国内では、原発問題をめぐって、非難、弁護相交錯して泥仕合の様相を呈しているので、評価が定まるのはもっと先になろう。


その意味で、米国で早くもまとまった評価は参考になる。

日本の対応ぶりについては、まず称賛である。


「天災国日本は、『準備の文化』を示した。過去の災害の教訓を生かし、災害対策を準備してきたことが成果を生んだ。昨年9月の地震避難訓練には67万人が参加した。


そして実際の地震に対して、日本国民は、素晴らしい規律と耐え忍ぶ能力とを示し、暴動や大混乱などは生じなかった」と、米国も準備の文化を育てるべきだと言っている。


他方、日本の対処ぶりの中では情報の伝達に問題があったと指摘している。


政府が福島原発の状況につき、満足できる情報を提供できなかったので、
民の恐れと不安感を高め、世界のメディアの憶測や誤報を招いた」とし、

日本政府の対応の中で、最も問題だったのは、
低レベル放射能にどの程度リスクが有るかを、有効に伝えることができなかった事であった」と指摘している。


これについては、
「混乱が生じる理由の一つには、低レベル放射能についてはいまだ多くの科学的論争があることである」と、
慎重に留保しつつも、


「低レベル放射能の危険は一般に考えられているものよりはるかに少ないかもしれない」

「現在の基準が危険を過大視していることを示唆する科学的証拠もある」と述べている。

そして、災害の真っただ中で、
この問題の複雑さを説明するのは困難なことであろうと、再び留保しつつも、

米国は将来の同様な危機に際して、
低レベル放射能についての正確な情報の提供に努力すべきであると唱えている。

毒も薬になるホルミシス効果

回りくどい言い方はしているが、詰めて言えば、


あるレベル以下の放射能は危険でないということを、初めからはっきり国民に知らせられれば、


今回の日本のような混乱は避けられるだろう、と言っているのである。



時を同じくして、注目されるのは、2008年の米ミズーリ大学名誉教授のトーマス・D・ラッキー博士の論文である。

日本には、茂木弘道氏により紹介された。
 

これは、広島、長崎の被爆者8万6543人の健康状態の追跡調査の結果の学術報告である。


まず、長く原爆症で苦しんだ人々も含めて、
被爆者の両親から生まれた子供に遺伝子上の奇形児は1人も見つかっていない。


また、低レベル放射線を浴びた母親から生まれた子供たちの方が、
一般平均と比較した場合、死産、先天性異常、新生児死亡などの比率が低い。



がんについては、
平均的な被爆者の人々の白血病による死亡率は、市外の2つの町のグループの人々より低かった。


約20ミリシーベルトの被曝(ひばく)線量であった7400人のグループでは、がんの死亡率の著しい低下が見られた。


そして、その他の数値を挙げ、結論として、
低線量放射線は日本の原爆生存者の健康に生涯にわたり寄与したことを示している、と言っている。



さらに、日本の被爆生存者において、
ほとんどの臓器がんには予想されたホルミシス効果が認められると、報告している。


ホルミシス効果とは、生物に対して有害なものが微量である場合は、
逆に良い効果を表すという生理的刺激効果のこと、つまり、毒を薄めると薬となるということである。

60~100ミリシーベルトが健康に最適

東京大学の稲恭宏博士によると、
塩をどんぶり一杯食べれば人間は倒れるが、少量の塩がなくては生きていけない。


ラッキー博士の報告によれば、
がんについては、20ミリシーベルトが一番良い塩加減ということになるが、


博士は他の論文では、
60~100ミリシーベルトが人間の健康にとっても最適の数値であろうと言っている。


たしかに私の知人でも、
広島の被爆者で80歳過ぎても元気な人がいて、その親類の被爆者も皆元気で長生きだという。


そういえば、昔は皆、健康のためと言って、ラジウム温泉に入ったり、
放射能が出るといわれてカルルスせんべいなるものを食べたりしたことも記憶する。


素人考えでも、人類を含めてすべての生物は、宇宙から来る放射線を浴びている地球の中で発生し、


共存しつつ進化してきたのであるから、放射線があることを前提条件として生きているのであろう。



そして当然に、日光を浴びるごとにホルミシス効果の恩恵も受けてきたことは、
常識として納得できることである。

むしろ、放射線を全部遮断すると微生物が育たないということもあるという。



私は専門家でも何でもない。最近の米国の評論を紹介しているだけである。

ここでやめるべきであろう。これ以上を語ることは、素人として口数が多すぎる。(おかざき ひさひこ)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


■内部被曝は、体内蓄積されて甲状腺ガン等になりやすいと言われている

だが、その因果関係は、まだまだ「だろう」の段階だ


何でも同じことだが

同じ物を体内に取り込んでも、そのまま排出する人も居れば、体内に残る人も居る


その違いは何か

じつは、サラリとした思いの人間なのか、ネバネバ粘着質の人なのかの違いにも寄るのだ

【心の念い】ひとつで、体内に入ってしまったものが、流れるか、留まって悪化するになる



子供達の尿検査で、放射性物質反応があったと言われている

これも、体内被曝したものが体外へ流れているからであり、体内に留まっているかどうかは不明だ

本当に調べるのなら、放射性物質が溜まりやすい組織検査が必要だろう




■最初に一部の福島県の人達の、山口県に対する憎悪などを書いたわけは

そういう感情を溜め込んでいると、異物だろうが、放射線だろうが、くっついて体内に残るからだ


内部被曝を受けても、サラリと流し出す力を人間は持っている


笑顔の耐えない人は何事もなく、憎悪満載の人はガンになる可能性を持つ



■私的な話になるが・・

今、内部被曝が問題になっているが、私は専門家では無いので、適性数値は解らない


様々な内部被爆過多と思える私でも、今では何事も無かったように健康に暮らしている


私は、25~40歳までは、胃腸を患い、脊髄を首・背・腰の3ヶ所損傷している

胃腸検査は、バリウム検査なので、被曝量の多い検査だ

さらには、頸椎ヘルニア、腰椎ヘルニアのレントゲン

歯の治療等も合わせると、毎週のようにレントゲン検査を受けていた


別々の病院で治療していたので、間違いなく医療基準以上の放射線は浴びていただろう



だが、薬害はあっても放射線障害は無かったことは、我が身の経験を持ってお伝えする



↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  人気ブログランキングへ ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [未別] | 2011.07.05(Tue) PageTop

Comment

Private

 


 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【日本の過去・現在・未来】見えない処で貢献して来た幸福実現党以外、日本の再起は望めない Oct 19, 2017
【知らせない自由?】マスコミの黙殺権は、左翼貧乏思想の現れ Oct 16, 2017
【選挙妨害】幸福実現党v s 創価学会の場外乱闘! 学会による選挙妨害? + α Oct 13, 2017
【NEVERまとめより】もし幸福実現党が政権を取ったらどうなるか?その衝撃の未来がやばすぎる件 Oct 10, 2017
【比較検証】自民党は幸福実現党の政策を次々と採用!? Oct 09, 2017
【衆議院議員選挙公示間近】政党の政策から見たら、あれっ? Oct 08, 2017
【幸福実現党の先見性】8年前の幸福実現党後援会用パンフレットを再確認 Oct 02, 2017
◆【幸福実現党こそが真の未来を築く】国難(選挙)は、2009年から幸福実現党が言い続けて来た言葉だ! Sep 29, 2017
◆【不正選挙?疑問の残った開票現場!】4年後に再検証させて頂く為に、事実を正確に書き記す Sep 29, 2017
◆【疑問の残った開票現場!】4年後に再検証させて頂く為に、事実を正確に書き記す Sep 29, 2017
【神様が来た!】戦後最も危険な時期に来られたのは、地域を護る意味があるのだろう Sep 26, 2017
北朝鮮危機に本気で向き合う幸福実現党に、フランス国営放送が取材に!そして放送! Sep 16, 2017
◆【あなたは、ご存知だろうか?】中国(習近平)、幸福の科学/幸福実現党、マスコミは、何を考え、何をして来て、何をしていて、何をしようとしているのか?【過去記事移動】 Sep 16, 2017
【なにだぁ?これは!】北「日本を核爆弾で海にぶちこむべき」と非難 Sep 15, 2017
【ショック!】外国の人から「日本は2度目の無条件降伏をするのか?」と、言われた! Sep 10, 2017
【お知らせ:山口県民の方々へ】大川隆法総裁の特別大講演会『人類の選択』が FM山口で放送されます。 Aug 31, 2017
◆【白龍?】空の雲を見ていると、いろんな形に変わるのが面白くて好きだ。だが、天候との関係は如何に? Aug 07, 2017
迷走台風5号は、日本国民への神々からの警告か? Aug 06, 2017
大川隆法総裁 講演「人類の選択」 Aug 03, 2017
◆【いじめを無くそう】人は感性(勝負)→知性(損得)→理性(善悪)→悟性(神仏への愛)と成長する Jul 29, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m