◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【信仰心は未来を見る力】何を信じて、何と縁を持つかで未来が変わり、この世の生き方で還る場所が違う。


 
 【過去記事移動】 過去、このブログに書いている中で、今でも使えそうな話を移動します。 - 2005年6月16日のブログより。



【見えない存在、解からない事への恐怖】

子供の頃から敏感な性質(タチ)の私は、見えない存在に恐怖していた。

目に見えるわけでは無い、声を聞くわけでも無い。

だけども皮膚の防御壁が弱いのか(笑)・・熱として感じ取るのだ。



■本や雑誌を触れただけで、善い本は熱く、悪しき本はヒンヤリと感じる。

目隠し状態で妻と実験をしたことがあるが、正答率は100%だった。



それはネット上に見る文字からでも同じだ。

どんなに美辞麗句が並べてあっても、寒気がする時がある。

最近は慣れてしまったのか、滅多に感じることも無くなったが(笑)



■私は、このように理屈では説明の付かない疑問を、数多く持っていたものだ。

見えないけど、何かが確かに居る。

この恐怖は、味わった人で無いと解らないと思う。

それが何であるのか知ったのが、宗教を学び始めてからだった。



■宗教は救いを求めて入る弱い者だと一般に思われている面もあるが、それは一面では確かにキッカケとしてあるのは間違いない。

だけども私の場合はまったく違う。

幼い頃より持っていた、数多くの疑問の答えがそこにあったからだ。



■私が感じ取っていたものは、悪しき邪霊であったり、天使の愛だった。

それを熱感として受け取っていたようだ。





【良縁・悪縁は、生き様を示している】

悪しき邪霊を、悪霊と言う。

現代は、この悪霊の影響を受けている人が非常に多い。

影響を受けていながらも、当人には全く解らないようだから始末が悪い。


カッと怒りの心が湧いて来た時は阿修羅界と通じ、異性に執着する人は色情霊とも同通してしまう。

ガツガツと食欲、物欲、金銭欲と満たされない人は餓鬼畜・生霊を呼び寄せてしまう。



通常は、悪霊は憑いたり離れたりしているものらしい。

それはそうだろう。

いつもいつも怒ったり嘆いたりしているわけではないのが私達でもある。

そんな時には、悪霊とは距離がある。



だけども距離があっても、縁が付いている人にはロープで繋がっているようなものだ。

道が付いてしまっている人は、エレベータに乗ったように一瞬で影響下に入る。




だから、【何と縁を持つか】の大切さがそこにある。

だけども悪霊そのものも、自分自身がそうであることを知らない存在なのだ。

生きているやら死んでいるのやらさえ知らずに、迷っている。

人間として生きている間に、迷いの人生を送り続けていた人の未来の姿でもある。



■だからこそ僅かながらでも救いのチャンスもある。

反省によって迷いが取れ、真実に目覚めた時に、自らの魂から光を放つ。


天国と通じる瞬間でもある。



悪霊の親玉格の、悪魔は手強いものがある。

悪魔と呼ばれる者は、迷ってはいないからだ。

霊界の確信犯、それが悪魔の実態でもある。



現在只今生きている人達の中にも、確信犯的な行為をしている人が居る。

悪い事と知らないで悪いことをする人達は、まだ救いようもあるが、悪い事と知っていて悪いことをする確信犯的な人は、悪魔の候補者でもある。


「ごめんなさい」が素直に言えるかどうかが分かれ目になる。





【チャイナ・リスクが始まった】

この際だから、私見を少々書いてみたい。

現在、中国との関係があやしくなって来た。


■中国や朝鮮に言わせれば、日本は過去の侵略国家として罪を負う国。

土下座外交と揶揄されるように、ここまで日本は謝り続けて来た。

本当に彼等が言うように、日本は悪魔の国なのだろうか?


断じて、そうではない!


ヒトラーは地獄の最深部に落ちて今尚苦しんで居る。

スターリンに至っては、まさしく悪魔と化して居る。



■ところが、日本の昭和天皇はどうだろう?

天国の高天原に還って、元気に頑張って居られる。

悪魔の国のトップであったら、天国に還れるわけはないが、還って居られる。

これらをどのように解釈されるかは、各々の判断に任せたいと思う



■中国の批判はしたくは無いが、中国の歴史と国民性を知らなければ、現在何が起きているのかの判断が難しいかと思う。

中国という国は王朝が変わる度に、その前の王朝の批判を繰返して来た国だ。

ここが決定的に日本と違う点でもある。


アメリカとの戦争に敗れた日本は、アメリカとは凄い奴らだ。

見習え、追い付けとの精神で復活を果たした。



国家単位では見えなくとも、個人に置き換えて見れば理解が出来るかと思う。

お前の両親は悪い人だ、他人を踏ん付けて金持ちになった人だ。

だからお前は、小遣いをワシらに差し出せ。

親の償いを、お前が小遣いを出すことで許してやろう。

・・正論じみた脅迫だ。イジメと似ている。



■このように、個人に置き換えたら解るけど、大きな単位になってくると見えなくなって来る。

イジメに対しては毅然とした態度が有効だ。


謝るべき点は謝った。

果たすべき責任は果たした。

それは日中条約に示され、既に解決している(安部さんの言葉より)



中国は大国ゆえに、現政権を維持する手法として、他国や前政権の批判しなければ統制が取れない国でもある。

生き残る為に、意図的に批判の矛先を変えて来た歴史は今でも変わらない。

憎むではなく、争そうでもなく、中国の置かれている立場を理解することが肝要でもあるかと思う。


相手を理解すると言うことは、弱腰とは違う。

飴玉を与え続けることが愛ではない。


真の良き隣人になるためには、相手を理解することからだ。

それは、個々に置いても、国家に置いても同じことだと思う次第。




【追記:2014年5月】

中国の脅威は、ここ数年のように言われ・思われたりしていますが、上記の通り[幸福の科学]では、10年以上前から、今の中国危機を訴えて来ました。

当時は、どんどん日本の企業が中国進出していました。

どんなに[チャイナ・リスク]を訴えても、誰も信じてもらえず、歯がゆい思いをしていました。



■現実に、あちこちで紛争状態になっている今、やっと日本人は中国の危険性を感じているようですが、本当の中国危機は、これからです。

[幸福の科学]は、常に、早め早めに情報を出して来ましたが、【目に見えないと解からない】のは、どうしてなのでしょうね。

それは、まるで、目に見える事しか信じない唯物論と同じように見えてしまいます。



[幸福の科学/幸福実現党]は、10先、20年先の未来を見ながら発信していますので、現時点では解かりにくいものもあるかと思います。

だけども、情報収集能力も国力の一部ですので、[日本版NSC]は、とっくの昔から、この日本にあると思って下さい。

まさに、世界一の[国家安全保障会議:NSC(National Security Council)です。





1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [1] | Category [信仰と社会] | 2017.04.10(Mon) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


・・・

あれこれ雑感の質が、どこかの誰かさんとはえらく違う(笑)
第一部二部は降魔の剣を振り下ろし
第三部は思いっきり飛翔し
第四部は、さすがにさんちゃん節、恐れ入りました。
ご尊敬申し上げる次第でございます。
これからも雑感を期待しておりますよ。

2005.06.17(Fri) 07:26 | ぽち [URL] | 編集 | ▲PageTop

 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【礼、智、 信、義、勇、仁、徳】仏の智慧で世界を救い導け。正義を貫き、不義に妥協することなかれ。 Apr 26, 2017
◆【目は心の窓】個性さまざま、放ち放たれた言葉 Apr 25, 2017
◆【正論、必ずしも正義ならず】義憤としての冷静な怒り Apr 24, 2017
◆【知は力】失敗を反省し、繰り返さないことの大切さ Apr 23, 2017
◆【幸福の科学:緊急霊言】追い詰められた金正恩守護霊、トランプ氏に挑発メッセージ Apr 21, 2017
◆【病原菌の正体】新型インフルエンザに思う Apr 20, 2017
◆【反省と感謝】暴風雨人生から立ち直るには反省と感謝が絶対不可欠。常態化すれば上昇階段が現れるだろう。 Apr 19, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(3) Apr 18, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(2)。 Apr 17, 2017
◆【国民の生命を護ろう!】核・水爆・EMP・生物・化学兵器に、何等の抑止力を持たない日本国 Apr 16, 2017
◆【若き頃のバイタリティは素晴らしい】大学時と共産主義者との出逢い Apr 16, 2017
◆【北朝鮮危機】今こそ日本人の本物の信仰心の試される時 Apr 15, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々。 Apr 15, 2017
◆【雨・風・雷・台風】偶然にしては、あまりにも・・ Apr 14, 2017
◆【不思議な出来事】ネットで起きた実話、夢の中で見た真実、信じられないような話・・ Apr 14, 2017
◆【驚きと得心】本物の宗教に出逢えた喜びを、体験談として少しだけ Apr 13, 2017
◆【天国vs地獄は、信仰心vs無神論・唯物論】日本国家を救えるのは無神論者・唯物論者では無い。信仰心溢れる人達こそが日本を救い世界を導く Apr 12, 2017
◆【天国vs地獄】幸福の科学に出逢えて良かった!嘘偽りの無い本当の話 Apr 12, 2017
◆「幸福の科学」の教えには人類普遍の法則が説かれている Apr 12, 2017
◆【奇病】明るい心は光と、暗い心は闇と、波長は同通する Apr 11, 2017
◆【永遠なる魂と本物の真理】創価学会員の義叔母が亡くなった。晩年の義叔母は[幸福の科学の生命の法]を大絶賛し近所の人達に見せていた。 Apr 11, 2017
◆【人生の王道】人生の終末期に起きること Apr 11, 2017
◆【10年前の私的政治思考】選択の自由には責任が伴う(2008年:幸福実現党始動前のブログ) Apr 10, 2017
◆まずは、自らを高める Apr 10, 2017
◆【信仰心は未来を見る力】何を信じて、何と縁を持つかで未来が変わり、この世の生き方で還る場所が違う。 Apr 10, 2017
◆【未来は光か闇か】光は放射する事で闇を打ち消すが闇を放射して光を消す事は出来ない。光を取るのか?闇を取るのか? Apr 09, 2017
◆【愛のテーブル】愛は光。光の放射で闇は消えるが、闇を放射しても光は消えない。 Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【自殺は悪】自殺してはいけない本当の理由 Apr 09, 2017
◆無用の用 Apr 08, 2017
◆悪にも「為す悪と為さぬ悪」があります Apr 08, 2017
◆【自殺しないでください】天上界から見たら、自殺も他殺も同じです Apr 07, 2017
◆【My Life】仮面の母 Apr 07, 2017
◆【My Life】父の死 Apr 06, 2017
◆【病魔との戦い】大量の病気、絶対治らないと言われた病気まで、全部治った! Apr 05, 2017
◆【人生相談】うつ病の母との葛藤の中、自分も同じ病に Apr 04, 2017
◆【祈願(前)の奇跡】母の極度の痴呆が、瞬時に治った。 Apr 03, 2017
◆【自分記】神さまの子? Apr 03, 2017
◆【My Life】人ありてこそ我あり Apr 02, 2017
◆【祈願】への疑問。その仕組を知り得心。 Apr 02, 2017
◆【田布施システムは嘘!】血筋より志(こころざし)(過去記事移動 + 加筆) Apr 01, 2017
◆【国防はどうした!】北に核ミサイルを撃たせるな!半島情勢の今と今後は? Mar 22, 2017
◆【未熟な現代科学】知ってるつもりの現在の科学文明、そして未来。 Mar 15, 2017
◆【公教育の質を問う】学校、先生、PTAって? Mar 14, 2017
◆【真なる改革者は在野から】既存地位のある者の中から、真の改革者は生まれていない。 Mar 13, 2017
◆【日本は世界平和貢献国】東洋と西洋の文化の交わる地、日本を思う。 Mar 12, 2017
◆【苦と霊的人生観】苦を試練として受け止めよう Mar 11, 2017
◆【成長する秤(はかり)】苦しみの限界は、さらなる限界を乗越える事で、ステップアップする。 Mar 10, 2017
◆核ミサイルの脅威から逃れるには、先制攻撃態勢も必要だろう Mar 09, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m