◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク    
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【地獄の解消】幸福の科学は、いろんな形を持っているので、なかなか解りにくいかと思うが、簡単に言えば、「この世と、あの世の地獄の解消」。


幸福の科学〕の使命とは何か。


意外と、これを解っていない信者さん達も居る。

(真理)勉強不足なのかも知れないが、それだけとは限らない気がする。


◆〔幸福の科学〕の使命とは、【地獄の解消】だ。


(以下は、難しい話と思われたら、後半に飛ばして下さい)





■現在の地球が出来る前は、地球系霊団と呼ばれる魂達は金星に住み〔エル・ミオーネ〕という光の大指導霊の元、大調和を成し遂げた。


IQレベルで云えば200以上の、7億7千万の優秀な魂群となった。


〔エル・ミオーネ〕は、もうそれ以上は金星では望めないので、エル・カンターレ〕と名前を変え、この地球に移住を決めた。


その頃の原始地球は類人猿達の住む星だったので、金星人(の魂群)に指導者としての魂修行の場を設けた。




ちなみに、進歩と調和は、縦と横のベクトルの関係にある。


男性が進歩的なベクトルを持つ場合、女性は調和的なベクトルを持ち、縦横が均衡してこそ丸い円になる。


現代のように女性が男性と同じく発展を求めれば、調和型の男性が増えて来る。


それが草食系男子と呼ばれる男が増えた理由だ。




■地球では、金星よりダイナミックな魂修行をさせる為、進歩・発展と調和を目差す仕組み作りが為された。


金星からの現地球系霊団の他に、外惑星からの移住を進めた。


射手座から〔アモール(後のイエス・キリスト)〕を、白鳥座からは〔セラビム(孔子)〕を、蟹座から〔モーリヤ(モーゼ)〕を招来した。


この頃の地球上には、恐竜などの巨大生物が徘徊していたので、地上に慣れない移住民(魂)の生命の危険があった。


そこで、マゼラン星雲から呼び寄せたのが、自我・自己顕示欲、戦闘性が強くて、高度な科学力を持っていた種族だった。


いわゆる〔爬虫類型宇宙人:レプタリアン〕の先祖にあたる。


彼等の魂の指導者が〔エンリル〕であり、天上界には居るが、裏側の世界と呼ばれる特殊な場所に住んでいる。


彼等のイメージが現代に残っているものが、〔天狗、仙人、鬼、妖怪〕であり、【荒神、祟り神】の性質を持つので、裏側の世界に封じ込まれた。




■また、この後、第2次移民団として、オリオン座から〔アケメーネ、オルゴン、カントロン〕達がやって来た。


アケメーネはインドでは人類の始祖と呼ばれている〔マヌ〕という大霊。


オルゴンは、〔マイトレーヤ如来〕と呼ばれ、古代ラムディア大陸時代に活躍した大霊。


そしてカントロンは、〔クート・フーミー〕と呼ばれる大霊であり、近年では〔アルキメデス、ニュートン〕として産まれている。




■さらに、第3次移民団として、ペガサス星から〔セオリヤ(ゼウス)〕、〔サマトリヤ(ゾロアスター)、マニ〕を招来した。


エルカンターレの元、アモール、セラビム、モーリヤ、エンリル、アケメーネ、オルゴン、カントロン、セオリヤ、サマトリヤ、


この十体の大指導霊の元、地球の指導体制が出来た。


それが、現代までの地球を護り、進化・発展させて来た大霊達だ。





また、今から1億2千年前に、マゼラン星雲から来たエンリルの部下のルシュフェルという天使が地上に降りた。


地上名をサタンと言う。


彼は、出世欲、名誉欲、地位欲、物質欲、肉欲の、欲欲欲で生涯を過し、天国に還る事が出来なかった。


この時、彼は、しっかりと【心の反省】をすれば良かったのだが、彼はそうしなかった。


天国界に逆らい、天国(4次元界以上)と、この3次元世界の挟間に住み着いて【地獄界】と呼ばれるものを創った。


そこで、実際に、今現在もルシファーと名乗って地獄の帝王に居座っている大悪魔だ。




■その大悪魔の元に、悪魔群が勢揃いして、魔王から小悪魔、悪霊などの地獄霊まで住み着く【地獄界】になっている。


天国からはみ出した世界に、自分達の住みやすい場所を作るのは勝手だが、そうは行かなくなった。


地獄界は、この3次元世界と隣接している為に、地獄の影響を受ける人々(魂)が増え始めたのだ。


「神は死んだ」と言ったニーチェも、自殺願望が強く暗い思念で小説を書いた太宰治も、今は地獄界で苦しんでいる。


いや、苦しんでいるだけでは無く、【自分と同じ考えを持つ人達】を、悪しき心の道に誘い、地獄界の仲間にしている。



■そうした【悪の循環】が繰り返されているのが、現在だ。


【信仰心】を失い、天上界の意志も解らず、自己保身に走り、他人を傷付け、堂々と【唯物論者、無神論者】を豪語する者達が増えた。


ちなみに、【唯物論者、無神論者】が、死して後、自然と天上界に還ることは無い。

その多くは地獄の思いと同通している為に、殆どは地獄界に堕ちている。


それはそうだろう。

【神仏は居ない、天国は無い】と確信している者が、神仏の居る天国に還られる訳が無い。


行き場が無くなった魂は、地獄の悪魔達に引きずり込まれる事になる。


また、生きている時から、地獄霊と縁や道が付いている者達は、真っ逆さまに地獄に堕ちている。





一方では、何も苦しみも無く、人々(魂)が調和して暮らしているのが天国だ。


だが、そこ(天国)に居ただけでは、ダイナミックな魂経験は出来ない。


それゆえに、この3次元世界が創られ、それぞれの魂が肉体というレンタカーに乗って、地上生活を送り、様々な経験をする。


私達が、この3次元世界に降りる理由は、天国での高みをもとめての【知恵の獲得】だ。


天国は、精神構造に応じた世界であり、【次元構造】がある。


高次元世界の魂と、低次元レベルの魂が接触する事は無い。


ところが、この3次元世界では、【玉石混淆】だ。そのように創られている。


つまり、この3次元世界は、天国では絶対に逢う事の出来ない高級大霊に出逢う事が出来る次元なのだ。




高級大霊が地上に降りて来る時は、必ず、地上が荒れている時代でもあり、場合に寄っては【消滅の危機】の時でもある。


現在の日本や世界の状況では、かつての文明は栄華盛衰の衰退期と見なされ、清算されて来た。


ソロバンで言う「御和算なり」であり、地上は海中に没し、極く一部の者達を残して、文明は消滅して来た。


どこか遠い星の話では無い。この地球上で起きて来た事だ。


今現在の地球の状況も、天上界から見たら「アウト」だ。


「新たな文明を創る為に、現文明を『御和算なり』にした方が良い」と言う天国の大霊達も居るようだが【地球は奇跡の時代を迎えた】





過去、このように地球は、何度も何度も「御和算なり」をして来た。


それが、【ノストラダムス】が伝えたかった本当の理由だ。

ノストラダムスの占星術に寄って、彼には地球の未来が見えていた。


1999年8月(太陽暦)の〔グランド・クロス(地球を中心として太陽系が十字に並ぶ日)〕に、【星が流れる】のが解っていた。


この【星が流れる】は、この地球に〔ポール・シフト(地球の回転地軸移動)〕が起きる事を意味する。


地球の回転軸は【地磁気で支えられている】。


もし、その地磁気を失えば、地球は【タライに浮かべたスイカ】の如くだ。


グルグル回って、次第に安定する。


その、グルグル回って次第に安定する状態が、地球上では、陸地が海になったり、海の底にある地が海上に浮き上がる。


ナスカの地上絵がある場所は、平坦な場所が隆起したからだ



■そういう変化は、東北震災どころの揺れでは無い。一夜にして、アジア大陸や、南北アメリカ大陸が海の底だ。


逆に、今、大西洋に没している元アトランティス大陸、太平洋に没した元ムー大陸が隆起して来る。


ちなみに、南極大陸の真下には元ミュートラム大陸があり、文明が栄えていた気温も温厚な場所だった。


このミュートラム文明も、今の地球文明の様相を帯び、「御和算なり」でポール・シフトが起きて地軸移動の結果、氷の下になっている。


だから、南極大陸を深く深く掘ったら、超古代文明が出て来る。


もちろん潜水技術があれば、太平洋の底にはムー大陸、大西洋の底にはアトランティス大陸、インド洋の底にはラムディア大陸がある。


かつては、それぞれ、現代地球文明以上のものを持っていたのだが、ポール・シフトで、一夜にして海の底に沈んだ。


他にも、沢山の文明が海の底に沈んでいる。





■ノストラダムスは占星術に寄って、今の地球が見えていた。

この地球にポール・シフトが起きて、現大陸が海中に没する映像が、彼には解っていた。


だが、その事をストレートに書けば、それこそ国家騒乱罪(笑)で、予言書が世に出る事は無いと考え、あいまいな言葉にして本にした。


彼が言いたかったのは、【1999年7月(陰暦)のグランド・クロスの日に、ポール・シフトが起きて地球は回り、地上は海中に没す】と言う事だ。


【ただし、東の国(日本)より、太陽が昇る事があれば、我が予言は成就する】とある。


この太陽とは、言うまでもなく〔エル・カンターレ〕の事だ。


「我が予言は成就する」と言うのは、本当に未来子孫に伝えたい事が、叶えられた事を意味している。





エル・カンターレ〕は、大川隆法という肉体に宿る巨大な光の根源。


【この地上を、かつてのような「御和算なり」にさせない為に降りて来られている】


その最大の目的は、【この世の地獄、あの世の地獄の解消】だ。


その為の〔幸福の科学〕であり、政治では〔幸福実現党〕だ。





■私は入信前から、この〔ノストラダムス〕を研究していた。

彼の占星術は理に適っていた。


入信後まもなく、〔幸福の科学〕では、「ノストラダムスの予言を打ち砕こう」となり、【我が意を得た】ような高揚感を憶えた。


この1999年は、自分でも本当に頑張った年だと思っている。


その前年の秋、読売新聞の片隅に【地磁気が減少している】という記事を見付けた。


私は、(ついに、来るものが来た)と思い、素直に〔幸福の科学〕の方針に従って行動した。


そして、1999年の5月頃だったと思うが、大川総裁が「やるべき修正は、全部致しました」と、短い言葉で言われたのを聞きのがさなかった。


私は、その言葉で「地球は救われた、ポール・シフトは起きない」と確信した。


そして翌月6月に、やはり読売新聞に【地磁気が回復し始めた】と載っている記事を見て、安堵した。


この年、1999年8月のグランド・クロスの夜には、妻と「星が流れなくて、良かったな」と、いつまでも満天の星空を眺めていた。





このように現代文明は、いつ、天上界から「アウト」の宣言をされてもおかしくない状況だ。


その理由の大きなひとつが、【無神論者、唯物論者】が跋扈している事。


真理の欠片も知らない彼等が、本気で地球を救おうとしている人達を、害している。


【無神論者、唯物論者】が形を変えて、社会・共産主義思想になっている。


そういう人達が、政治家になり、国民を間違った方向に導いている。


それを見て、天上界が許すはずも無い。


あらゆる所で天変地異や異常気象の形で【警告】し続けている。





また、【無神論者、唯物論者】の典型であるマスコミは、自分の考えで行動していると思ったら大間違い。


悪魔と縁や道がついている人には、光は点さない。


日本のマスコミと教育界には、本当に、本物の悪魔が入っている。


「いじめ問題」等で、問題教師達と向き合われて来た方々には、お解りだと思う。


悪魔的な加害者、悪魔的な教師達と向き合われて、ご自身が参ってしまわれる人達も少なくない。


被害者の子供さんは言うに及ばずだ。

何も悪い事はしていないのに、悪口言われ、避けられ、我慢を強いられて、【不登校】に追い込まれている。


そして、加害者は反省するどころか「やった!ひとり落とした!」と、喜んでいる。


非常に悪魔的だ。と言うより、本当に悪魔の味方になっているのだが、本人達は気付いていない。


それは教師達とて同じ事。【隠蔽ありき】で解決策を模索するのは、悪魔の所業だ。


そういう教師には、悪魔の指導が付いている事を知って置かないと、その【狡猾さ】に負けて心が折れてしまう。


だからこそ今、教育界に巣くう悪魔を排除する為に、私も頑張っている。





マスコミにも巣くった悪魔が居るが、悪魔が最も嫌うのが【宗教】であり、なんとかして【宗教】を悪く言い、片隅に置こうとして居る。


かつての宗教は、これに屈して来たが、〔幸福の科学〕は天国に住む高級霊の代弁者だ。


間違った方向には、「間違っている」と言い続けて来たし、未来への指針も示し続けている。


この3次元世界を幸福に導く事で【地獄界と縁や道の付いている人達を、天国的な考え方にする事で、悪魔と同通しなくなる】


地獄へ行く人口が減れば、自然と地獄界もしぼんで消滅に至る。


だが、今は逆だ。

どんどん地獄人口が増えている。増えているだけでは無く、この世に出て来て、似た者同士に張り付いて、いろんな障害を起こしている。


前述した教育界の「いじめ問題」は、その典型例だ。


なぜに?悪魔や地獄霊が教育界を狙うのかと言えば、【健全な子供達の未来を奪う】こと。


本来、大人になって天使の活躍をするはずの子供達が、悪魔や地獄霊によって潰されている。


悪魔や地獄霊には、その子が大人になれば、天使の働きをするのが解るのだ。


だからこそ、大人になる前の子供の段階で、潰しに掛かっている。


それが、「いじめの真実だ」





〔幸福の科学〕は、日本で、いや世界で唯一と言える、本当に【地獄を解消出来る宗教団体】だ。


だからこそ、教育界のいじめと同じく、悪魔や地獄霊に寄って、光の灯台を遮り、行く先を阻む者達が居る。




今はそういう時代。

天使群と悪魔・地獄霊との戦いが始まっている。




だが、私達がどんなに頑張っても、【無神論者、唯物論者】を標榜する者達が減らなければ、日本は日本で無くなってしまう。




大陸や半島の脅威・侵略から世界を平和に出来るのは、天上界と繋がっている〔幸福の科学/幸福実現党〕無しでは、絶対に成し遂げられない。


これだけは、絶対に信じて頂きたい。


そうして信じて頂ける事から、たとえ入信されなくても唯物論や無神論と縁が切れ、やがて地獄霊との縁が切れる事に繋がる。


それが【地獄解消】への一端になるのだと、是非とも信じて頂きたい。




本当は、お願いする時は丁寧語で語るべきなのですし、私の本来の口調は丁寧語だと思っています。


長話の私ですから(汗)、このブログをブッ切り形に変えて何年も経ちますが、それは本来の私ではありません。


そのあたり、何卒、ご勘弁、ご了承の程、お願い申し上げます。 m(._.)m




(追記)ちょっと不思議な、我が家で実際に起きた本当の話。



↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ          人気ブログランキングへ          

■余談になるが、15年前に〔ノストラダムス戦慄の啓示〕というビデオを借りて観ていた。実写映画だったが、最後の場面は現在の状況と同じだった。


続けて2度観たが、翌日から、(いや、おそらく観ている時から)、奇妙な現象が起きた。


もちろん〔幸福の科学〕の映画なので、悪しきものでは無い。


当時、ビデオの真上の壁には、時計が掛けてあった。10年以上使用しても、1分も狂わない精巧な時計だった。


その時計が、ビデオを観ていた頃から、暴走し始めた(笑)


翌日は気付かなかったが、当時小学低学年だった息子の友達が時計を見て、「5時になったから帰る」と、家に帰ったら「4時半だった」そうだ(笑)


それを聞いて、よくよく時計を見ると、秒針の速度が異様に速くなっている。見ていて解る。


10年以上見て来たのだから、その速さは異常だったし、日に日に速度を増して行く(笑)


妻は「電池が切れ掛かったのよ」と言うが、それならば時間が遅れ始めるはずだ。


5日目あたりから、1時間に5分以上進み始めたので(笑)、時計としては役に立たなくなったので、外して降ろした。


どうして?こういう事になったのか?別の時計で、もう一度実験しようとしたが、妻から「やめて!時計を壊さないで!」と叱られた(笑)


妻も、なんやかやと言いながら、その異変を見て信じざるを得なかったのだろう。


外して降ろした時計は、その後も1時間に5分は進むが(笑)、それ以上進む事は無かった。


だが、そのビデオとテレビのある1m平米の空間だけがおかしくなっていた。 今でも(笑)・・と息子が言っている。(当時の私の部屋を息子に譲っている)




■この奇妙な現象は、私は磁場空間が狂ったのだと解釈している。


私の家の、この1m平米の空間だけが1日24時間では無い。時計時間にしたら1日26時間だ(笑)


そしてそれは、私にしたら不思議な事でも何でも無い事だ。驚きもしない。面白いが(笑)


ノストラダムスは天上界の裏側世界の人なので、仙人的要素を持ち合わせている〔イタズラ好き〕な人だと思える。


おそらくその程度では、私が驚いたり腰を抜かす訳でも無い事を知っていて(笑)、時空間の変化の存在を私に見せてくれたのかも知れない。


人間誰しもが、1日24時間と思っていても、天上界から見れば、ほんの瞬きの時間に過ぎないようだ。


だから、いつでも1日26時間に(笑)、変える事が出来る事を、家族や息子の友人達に見せてくれたのかも知れない。


もしくは、時計の水晶発振周期を変えたのかも知れないが、それならば外した時計は、どんどん加速しているはずだ。


だが、降ろしたトタンに、普通になっている。


やはり、〔イタズラ〕で、その1m平米の空間の時間を変えられたとしか思えない。


もちろん、そんな事では私が驚きもしない事を知ってのことと思うが。。




■おそらく、【時空間さえも、ねじ曲がる】という事が理解不能の人には、何もしないと思う。


息子は「今でも変だよ」と言っているので、私の家に来られたら実体験出来るかも(笑)

ただ・・息子の部屋に入るには、野超え山超えの難題がある(笑)


だけども、いくら〔ノストラダムス〕の研究をしていたとしても、私は、あなた〔ノストラダムス〕に興味があった訳では無い。


あなた〔ノストラダムス〕の未来予言の中身に興味があったに過ぎない。


だから、こんなイタズラされては迷惑だ(笑)




■・・と言っても、これも【波長同通の法則】に当てはまる。


相手は悪霊・地獄霊では無いが、長年、興味を持っていると【縁】が付く。


私の半生は、この【波長同通の法則】に添って、自らの意思とは違う行動をする人達と向き合う日々だった。


地獄霊と縁や道が付いている人達が、どういう目をして、どういう表情をして、どういう行動を起こすかを見て来た。


まさに私の半生は、地獄霊との戦いの日々だったように思う。


そしてそれは、今も続いている。

関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [1] | Category [未別] | 2012.10.05(Fri) PageTop

Comment

Private

 


新幹線男。

勿論女神転生シリーズの外伝ですね。
当然女神転生シリーズの番外編ですね。
無論幸福の科学が女神転生シリーズに登場して欲しいですよ。
幸福の科学の大川隆法の妄想ですよ。

2012.12.25(Tue) 12:44 | 電車男。 [URL] | 編集 | ▲PageTop

 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
北朝鮮危機に本気で向き合う幸福実現党に、フランス国営放送が取材に!そして放送! Sep 16, 2017
◆【あなたは、ご存知だろうか?】中国(習近平)、幸福の科学/幸福実現党、マスコミは、何を考え、何をして来て、何をしていて、何をしようとしているのか?【過去記事移動】 Sep 16, 2017
【なにだぁ?これは!】北「日本を核爆弾で海にぶちこむべき」と非難 Sep 15, 2017
【ショック!】外国の人から「日本は2度目の無条件降伏をするのか?」と、言われた! Sep 10, 2017
【お知らせ:山口県民の方々へ】大川隆法総裁の特別大講演会『人類の選択』が FM山口で放送されます。 Aug 31, 2017
◆【白龍?】空の雲を見ていると、いろんな形に変わるのが面白くて好きだ。だが、天候との関係は如何に? Aug 07, 2017
迷走台風5号は、日本国民への神々からの警告か? Aug 06, 2017
大川隆法総裁 講演「人類の選択」 Aug 03, 2017
◆【いじめを無くそう】人は感性(勝負)→知性(損得)→理性(善悪)→悟性(神仏への愛)と成長する Jul 29, 2017
音楽等の整理 Jul 24, 2017
◆吹田晃氏が亡くなった。。お世話になりました。ご冥福を祈ります。 Jun 21, 2017
【冗談話】安倍総理の70年談話前に各国に謝罪する。(2015年8月の下書き) Jun 21, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト全編】 1963年~1967年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト①】 1963年~1964年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト②】 1965年~1967年(画像による順位表) Jun 07, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう May 31, 2017
◆【他人が作れないレシピを考える】まずは一から出発・再出発できる有り難さ、白紙に描く喜びを知ろう。 May 13, 2017
◆【超音波と衝撃波】NHKは地上の原発の安全性を立証したことになる(再掲載) May 12, 2017
◆【草と忍者(続き)】現代の草と忍者は暗闇世界の使者。光の世界の拡散を妨げることで己の居場所の確保をしている。 May 11, 2017
◆【異常気象は天意の証】無神論者・唯物論者が、日本と世界を滅ぼす(再掲載) May 10, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m