◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【日本危うし!】幸福実現党なくして日本の未来は語れない。幸福実現党あればこそ日本の再生・発展向上が可能になる。


いよいよ、衆議院選挙公示日になった。


これから、ほんとうに情け無い政治ショーが始まるかと思うと、一人の日本国民として本当に【幸福実現党】に議席を取って頂きたく思う。




■3年半前の幸福実現党立党時には、国民の皆様も驚かれただろう。(たかが、宗教政党に何が出来る)と思われ、呆れた人達も多いと思う。


私も、1日2度の辻立ちで叫んで居たので、目の前を通る人達の反応が手に取るように解っている。


だが一方では、「あなたの言われる通りだ。素晴らしい」と言われる人も数多く居られた。


とくに選挙の行方が会社経営に直結する、中小零細企業や商店主達からの応援の声は、道行く人々の反応とは、明らかに違っていた。


道行く人達からも、「応援するぞ」とか、「詳しい話を聞かせてくれ」という人達の声は投票数には反映されなかったが、10倍は居た。


それから3年半経つが、世の中が、当時私達が言って居た通りになっている。





■一昨日、親族の会社会長宅に行った時、「○ちゃん(私)の言ってた通りになったな」が、第一声だった。


この会長の家には滅多に行けない程忙しい人だし、「ワシは、(約束していない者とは、どんな人でも)3時半以降は逢わない」と言われていた。


だが、「○ちゃんだけは特別だぞ」、「もっと(頻繁に)来んかい」と言ってもらえる事が嬉しい。


この会長とは、幸福実現党が立党する以前から「○ちゃん、ふたりで△△党を創ろうじゃないか」と言われるほどの間柄だ。


以来、幸福実現党を応援して頂いている。


当時、私が久々に訪問する気になったのが、中国危機が迫る中、「中国依存は危険だ」と伝えたく行ったのだが、すでに言わなくても知って居られた。


意気投合し、冗談半分で「ふたりで△△党を創ろうじゃないか」になった訳だが、この会長が本気になれば県内の政治形態は変わるかも知れない。


現時点では「親戚や子供達には、あんた達(幸福実現党)の事は伝えて居るぞ」に留まっているが、県内全域に幅広く人脈を持つ人だ。


「さすがにワシも、未議席の幸福実現党に、会社内外で応援してくれとは言えん」と言われるのも、もっともな事だ。


県内の自民党後援会長の中には幸福の科学の信者さんも居る。幸福の科学の信者と解っていても、後援会長を求められるようだ。


それだけ自民党と幸福実現党は近いものがあるが、やがて幸福実現党が議席を持てば、立場の逆転の可能性だって秘めている。


そうなった方が、本当の国民のためなのだが。。


安倍氏は、自民党の中では優秀な方だ。国防観もはっきり持って居られる。

だが、正直言うと打たれ弱い。。そこを必ず左翼マスコミが狙って来る。





■最近、幸福の科学では、「周恩来の予言」が緊急収録されたようだ。


周恩来は、この霊言で、習近平や李克強による中華帝国主義を進めている、中国の中心指導霊であることが明らかにした。


周恩来の主張は、「中国の考え=地球的正義になる時代が来る」と言う事らしい。


・オバマの4年間でアメリカに追い付くよう、習近平は急いでいる (→4年後に共和党政府になったときには手遅れ)


・北朝鮮のミサイルは、日本やアメリカの反応を見るために、中国が命令してやらせている。


・安倍政権が出来たとしても、マスコミによって1年以内に打ち落とされる (→安倍政権への過度の期待は出来ない)


・2020年(8年後)に軍事力でアメリカを抜くので、日米安保堅持はもう時代遅れになる (→自主防衛を早くしないと間に合わない)


など、本当に「日本、危うし」といえる内容らしい。




幸福の科学:大川総裁のコメントも、


・中国は、アメリカも日本も知らない秘密兵器を開発している。アメリカの軍事力を恐れていないのはそれが原因  (→映画「神秘の法」とそっくり)


・2008年のオバマ当選、2009年の民主党の政権交代の誤りのツケは大きい。とのこと。





■上記の話は、以下の事を書いていた後に寄せられたものだ。




北朝鮮が、再度、人工衛星と称したミサイル(実験)をする模様だ。


背後には中国が居るので、中国が北朝鮮を利用して、次期政権を担う日本と韓国の政権の出方を見ようとしていると思って居た方が良い。


今回の野田政権の動きは速いが、【落下部品の破壊】目的のみに限定せざるを得ない現状に対して、憤りを感じる。




ここまで書いて、お客と話していた間に、上記の話が入って来て居た。

私は、発射実験の背後に中国が居るだろうと確信していたが、どうやらその通りのようだ。




■そのお客は、若い男性で、始めて見た顔だった。


別に政治の話など毛頭するつもりも無かったのだが、【日本の技術】に触れて来たので、いろんな話になってしまった。


私自身も、この山口県内では、今では私しか知らない特殊技術を持っている。

日本国内での産業を中国に奪われ、95%が倒産や廃業に追込まれた。


日本には、すでに必要の無くなった産業でもあり、過去の古い技術でもあるのだが。。 完全に近い程、日本は失ってしまった。


すべての物事には【基礎・基本】がある。

その【基礎・基本】を失った産業技術が、再び甦る事は無いだろう。





だが、【原子力発電技術】となると、そうは行かない。


【脱原発】を、お題目のように唱える政党・政治家は多いが、日本解体論者か(原発は必要だ)と思っていながらも、政治受けするための偽者だ。


ましてや【卒原発】を言う、なんとか政党は、話にもならない。


今、【原発】に関しては、日本の技術は世界一だ。その世界一の技術が失われてしまう。


すでに、韓国や中国に渡っている原発技術者は大勢居る。


そして日本には、原発技術の後継者も居なくなる。それを喜ぶのは、日本の国民だろうか?




■飯田哲也という人が、「山口県民の為に命を捧げる」と威勢を巻いて、山口県知事に立候補し落選した。


本気で「山口県民の為に」だったら、その後も山口県内で頑張れば良いものを、今度は滋賀県知事と、なにやら画策している。


飯田氏掲げる【脱原発、クリーンエネルギー】は、4年前のオバマ氏が掲げていた政策でもあったのだが、今回の選挙では、完全に消えてしまった。


つまり、4年前のオバマ氏の【クリーンエネルギー政策】は、頓挫し、失敗に終わった事を示している。


これだけ明確で、解りやすい話も無い。


だが、日本では、今なお、【脱原発】だの【卒原発】だのと言いながら、【未知数のクリーンエネルギー政策】を掲げる政党・政治家が居る。


アメリカ・オバマ政権の失敗に学べよ!・・と、申し上げたい。





■今、一時代を築いたマイクロソフト社のビル・ゲイツ氏は、高性能原子力発電の開発に力を注いでいる。


それはまた、【クリーンエネルギー】なるものが近未来のエネルギーにはなり得ないと言う事を示しているし、原子力発電だと言う事を意味している。


今、世界で最も最先端を行っている原発が、【もんじゅ型原発】だ。

(【トリウム型原発】も研究されているが、実用化は、もっと先の事になるだろう)


そうした【もんじゅ型原発】のような世界最先端技術を持つ日本から、原発技術が失われれば、取り返しのつかない事になってしまう。


日本の原発は、【世界一、安全な原発】なのだと、知って頂きたい。


むしろ、韓国や中国で、これから作られる原発の方が、遥かに危険だ。


アメリカもドイツも、今後は原子力発電へと舵を切る。


中国、韓国、東南アジア諸国、欧米が原子力発電の必要性を認めているのに、なぜに?日本だけが【脱原発】なのか、【卒原発】なのか。


日本にも、原子力発電は、絶対に不可欠なのだ。


国民の皆様も、マスコミ論調に騙されないで頂きたい。


福島原発事故で亡くなった人はゼロだ。

だが、風評被害等で自殺した人達は、数知れない。


マスコミは、この自殺した人達の責任を取れ!





幸福実現党の理解者は、意外と社会責任層に多い。


前述の会社会長や数多くの社長達。そして後述した若者達だ。


現在の日本を支えて居る人達や、今後の日本を支える人達だ。


そうした人達とは対照的に、反日マスコミが流す情報を鵜呑みにして居るのが申し訳ないが主婦層だ。


「あげますよ」、「タダですよ」という悪魔の囁きが、どれだけ怖いものかを知って頂きたい。


脱・卒原発にしても【我が子を守るための思いが、逆に、我が子を悲惨極まりない未来を呼び寄せる】ことを、ほんとうに知って頂きたい。




■あるTV番組の中で、あの「キンさん、ギンさん」の子供さん達(と言っても90歳代だが)は、「日本の政治に女性が関わってはいけない」と、口を揃えて言われていた。


さすがに現在の民主主義制度下では、それは無理な話だが、ある意味、的を得ているし、自分達の為すべき事を知っている大和撫子だと思う。


だが、私も、「キンさん、ギンさん」の子供さん達も、決して女性差別しているわけでは無い。


本物の道、取るべき道、選ぶべき道の判断材料となる情報収集を怠らず、取捨選択し、【善なる道:王道】を掴み取って頂きたいからに他ならない。


「TVが言っていた」、「新聞に書いてあった」、「週刊誌が騒いでいた」程度の情報で判断していたら、大間違いの元になるからだ。


多くの人の判断力は、情報収集と分析力になるが、
それはまた【生活範囲圏】が、どのくらいの規模であるかが大きく関係して来る。


今の世の中では、家に居ながらでも、インターネットを通して、生活範囲が広がる。

それはまた、TV・新聞では得られない情報も得られる事にも繋がる。


マスコミの情報統制をくぐり抜けて、正確な情報を持つ人達も1票。

マスコミ信奉者も、等しく1票。

これでは、真の【多数決の原則】が、歪められたものになってしまう。


強い者(数の多いもの)が正しいとは限らない。

とくに今のような小選挙区制では、極端な場合、1票違いで当選した人の考えが、民意となってしまう。


本当の民意が、国政に反映されない状態の選挙制度に対しては、異を唱え、【憲法違反】に抵触していないかも、見直すべきだろう。


1票の格差違いも違憲であるが、もっと大切なものは、選挙制度そのものにもあると思う。





日本は一時期、アメリカの占領支配下に置かれた。だから、【中国の支配下になっても良い】と言う人達が居る。


とんでも無いことだ!


アメリカが日本人にして来た事は、たしかに「再び日本が、アメリカに向かって来ないように」との、ガチガチの平和憲法制定等もある。


確かに、いろんな面で従属的なものはあったが、私達は、それすらも乗り越えて来た世代だ。


一部の社会主義者を除いて
誰もが「アメリカに見習え。追い付け。追い越せ」の精神を持っていた。


そんな私達、戦後世代の子供達をアメリカは【助けてくれた】


栄養失調の子供には、学校給食を普及させた。


ジフテリア等の危険疾患に対しては、予防接種を普及させた。


このように、アメリカは未来を担う日本の子供達の育成には、惜しみない援助を与えて来た。


東北震災時の【トモダチ作戦】だけを見ても、他の国とは群を抜いて居た。





だが、中国は違う。


チベット民族も、東トルキスタン民族も、南モンゴル民族も、民族としては残っていない。


長い間一人っ子政策をして来た中国には、女子が不足している。(女子が産まれた家系は途絶えるので殺してしまう人達も居ると聞き及ぶ)


だから、攻め込まれたと同時に、大量虐殺を受け、若い女子は中国人にされ若い男子は一生独身のまま奴隷生活が続いている。


そして、民族浄化政策のもと、完全滅亡させられる。


それが、これまで中国が歩んで来た道だ。


今後は、陸地から海洋へと出て行くが、同じ事をするのは必定だ。




■中国軍部の2013年の計画には①尖閣略奪。②尖閣に軍事基地建設。③尖閣諸島付近海域の海の採掘等が画策されている。


そして【台湾の無血併合をして、日本のシーレーンを塞ぐ】


アジア依存の日本の企業は、成り立たなくなる。


中国国内の日本企業は、すべて中国に奪い取られる。


中東からの原油も入らなくなる。


そうした【兵糧攻め】から入って来るのは目に見えている。


この時、日本が武力行使に及んでも遅い、遅過ぎる。

【核ミサイルを落すぞ】の、ツルの一声で、日本は沈没だろう。





今のままだったら、日本は、そのよう未来が待ち受けている。


だからこそ、何が何でも【尖閣防衛】から始めなければならない。


そして、もうすぐ発射される北朝鮮のミサイルなど、本来は日本領空に入った場合、【撃ち落とすべきだ】と考える。


憲法がどうのこうのと、四の五の言っている場合では無い。


【憲法序文の解釈を変えて】、日本に攻め込もうとしている危険国家に対しては【日本国憲法の適用外】とする事だ。


その程度の気概が無い政党ならば、日本は絶対に護れない。





■冒頭の会長が言っていた。


「○ちゃん、今の日本には、あんた等の言っている事が、解る人達が居るのだろうか」


「日本人としての誇りを持って、日本を護るという若者は、居るのだろうか」




私としては、【居る!】と答えたい。


幸福の科学の青年層には、勇気溢れた者達が沢山いる。


中国大使館前で大勢の警官に囲まれながらも、マイクも持たせてもらえず、地声で抗議声明をしていた姿を、ビデオではあるが見せてもらった。


日本には、【まだ、こういう若いサムライや大和なでしこ達が居る】と思ったら、感涙を押さえ切れなかった。


若い彼等の為にも、絶対に、中国支配を受けさせてはならない。


その為には、私の命など、未来の若者達の為に、くれてやる。

私は、いつでも死ぬ覚悟は出来ている。ただし、絶対に無駄死にはしない。




幸福実現党が政権取って日本が救われるのなら、山口県中に散っている親族や知人を説得し、幸福実現党の議席を取る。


サムライ魂の無い自民党には退いて頂く。安倍氏とて例外では無い。


今回の山口県は比例区のみなので、自民各候補の応援はするが、そうした決意は3年前から持っている。


もしも自民党の街宣カーが来たら、私の土地を提供するから演説をされたら良い。


そうすれば、3年前に私が語っていた事と、同じ事を語っていると、地域の住民は知る事になるだろう。


今は、私達が出来ない政策を(殆ど幸福実現党のパクリ政策だが)、確実に成し遂げてもらったら良い。





今回、幸福実現党は、3つの力をスローガンに上げている。


【防衛力】、【経済力】、【原子力】の3つだ。


言ってる事は、3年前と変わらないが、【原子力】が増えた(笑)


さらには「教育力」、「外交力」、「金融力」、「精神力」等々、多岐に渡るが、すべて日本の健全な未来には欠かせないものばかりだ。


今回の選挙で【原子力】を訴えている政党は、他には無いだろう。


口先だけでは無く、本当に原子力は、日本から無くしてはならないものだからだ。





↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ          人気ブログランキングへ          
関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題] | 2012.12.04(Tue) PageTop

Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆吹田晃氏が亡くなった。。お世話になりました。ご冥福を祈ります。 Jun 21, 2017
【冗談話】安倍総理の70年談話前に各国に謝罪する。(2015年8月の下書き) Jun 21, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト全編】 1963年~1967年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト①】 1963年~1964年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト②】 1965年~1967年(画像による順位表) Jun 07, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう May 31, 2017
◆【他人が作れないレシピを考える】まずは一から出発・再出発できる有り難さ、白紙に描く喜びを知ろう。 May 13, 2017
◆【超音波と衝撃波】NHKは地上の原発の安全性を立証したことになる(再掲載) May 12, 2017
◆【草と忍者(続き)】現代の草と忍者は暗闇世界の使者。光の世界の拡散を妨げることで己の居場所の確保をしている。 May 11, 2017
◆【異常気象は天意の証】無神論者・唯物論者が、日本と世界を滅ぼす(再掲載) May 10, 2017
◆【素晴らしい国:日本】欧米やアメリカ大使館の御方へ。安倍総理の靖国神社参拝は、どこの国でも、ごく、当り前の事ですよ。 May 09, 2017
◆【善い話・怖い話(笑):悪霊退散!台風迂回!】ここ数日の奇妙な出来事(再掲載) May 08, 2017
◆インド、ネパールで、日本に産まれた〔再誕の仏陀〕が説法。インドでは5万人集会で大騒ぎ!(再掲載) May 07, 2017
◆【危機を防ごう】マヤの予言危機を回避しよう(再掲載) May 06, 2017
◆この世の救済も大事だが、【魂の鎮魂】も、とても大切なことだ May 05, 2017
◆【ニーズよりシーズ】逆境をバネにして善き種を蒔け。 May 04, 2017
◆【団塊の世代から若者諸君へ】団塊の世代は向上心の塊/若者諸君。 May 03, 2017
◆【雑談の中に真理あり】会話こそ我が人生。 May 02, 2017
◆【知る機会を失うことなかれ】親から子へ、子から孫へ。 May 01, 2017
◆【さまざまな人生模様】素晴らしい二人の体育教師 Apr 28, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m