◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【奇跡を起こす「祈りの力」2】幸運・不運も自分次第の面があり、自助努力と自己管理は欠かせない。


■つい先日、神戸市宝塚に住んでいる従弟が亡くなった。

夜中の2時頃、心臓発作を起こして、6ヶ所の病院をタライ回しにされた後、大阪の川西で受け入れてもらった時は、すでに手遅れだったようだ。


緊急患者受入拒否をする病院も、やむを得ないのだろうが、身内の者としては至極残念だ。

タライ回しと言う事は、救急車からの要請を受けて待機状態にありながら、患者の様態を見て断わったと言う事だろう。


運・不運をあまり言いたくない私だが、不運としか思えない。

それもまた、彼の運命・天命だと思うしかない。





■私自身も7年半前、上半身のどこだか解らないズキズキする痛みに3日間我慢していた。

とにかくどこが痛いのか、胸なのか背中なのか肩なのか、まったく場所が解らない。


そして普通の痛みは波があり、痛みが強かったり消えたりするものだが、まったく波が無い。24時間ずっと痛いままだ。


とうとう土曜日になり、(このままとても月曜日までは我慢出来ない)と思い、行き付けの医者に行ったが、所見は何とも無いと言う。


「もしかしたら心筋梗塞ではないか?」と言うと、医者も心臓専門では無いので、土曜日でも開いている専門医を紹介してくれた。


大病院出の心臓専門医に、エコー検査等調べてもらっても、何とも無いと言う。


ここで素直に帰っていたら、おそらく私はこの世には居ないだろう(笑)


医者に『何ともありませんよ』と言われても、私は「それでも絶対におかしい」と言って引き下がらなかった。


『そこまで言うのならば・・』と、大病院への紹介状を持たされて、病院の救急へ行き診察を受けた。


診察したのは婦人科医だったようだが、『ちょと待って下さい』と待たされて、しばらくしてもう一人の医者が来た。


『ここか・・』とか言って、さらに待たされて、もう一人の医者が来て、エコー画面を見ている。


そして点滴に小さな注射をしてもらったトタン、全身から痛みが無くなった。(あとで聞いたら、モルヒネだったとの事)


(ああ良かった、大した事無かったのか)と思う反面、目の前には医師が3人、看護師達がゾロゾロ・・計約10人(笑)


(何が始まるのか)と思っていたら、主治医になる医者が『○○さん、心筋梗塞です。緊急手術をします』と言う。





縁とはほんとうに不思議なもので、この時の主治医は私の高校時代の友人の息子だった。


その主治医が『○○さん、ほんとうに運が良かったですよ。専門の僕等でさえ見付けにくい場所が詰まっています』


『運良く、宿直医の婦人科の先生が見付けてくれたのですよ』と、何度も『運が良かったですよ』を繰り返す。


とにかく、とっても痛い経験をしたが(笑)、単に運が良かっただけだろうか?


私は、その病院出の開業医からは、『何とも無いから帰りなさい』と言われても、「絶対におかしい。普通では無い」と言い張ったのだ。

だからこそ緊急病院に行き、3人の医師が詰まっている箇所を見付けてくれた。


私は常々、運と言えども、偶然の産物では無く、自分で引き寄せるものだと思っている。


私の心筋梗塞の大きな原因は、心労はもちろん(苦笑)、外商をやめてデスクワークに終始した事で、体重が20㎏増えたせいだと思っている。


その僅か1年前には、私の血液検査結果を見た医者が「すべて真ん中。こんな人見た事ない。私より遥かにいい」と言われていた程だ。


その時、他人のドス黒い血液と違って、自分だけ鮮明な色をしていた事を聞くと、それだけ血液の循環が良い証拠だそうだ。


それが、たった1年で、命さえ失いかねない病気になってしまった。


原因は解っている。高カロリー食品と極端な運動不足・・つまり、不摂生(汗)

我、大いなる反省の余地あり。\(__ ) ハンセイ





■また一方では、私は、前回書いたように、医者が見捨てた人達の運命をも変えて来た。


医者が「もう助かりません」と言った人達が、憶えているだでも5人は奇跡的に回復している。


他にも、うつ病程度の人なら、普通に会話するだけで10人以上は回復している。




■私の友人・知人には、脱サラから会社を創って成功した者が、全国には多数居る。

その中の一人に、創業時から20年来の付き合いだった者が同じ市内いる。


その店には殆ど毎日のように顔を見せて居た程だったが、ある事情で行けなくなった。


ほぼ1年間顔を見せなかったが、1年振りに行って・・驚いた。

そのたった1年の間に、彼は離婚・癌・重い喘息になり、激ヤセしていた。


癌手術をして、1週間に1~2度酷い喘息の呼吸困難で救急搬送されている状態に陥っていた。
本当に驚いた。


以来私は、以前のように毎日顔を見せて、たあいもない日常会話をした。

・・だけなのだが、彼の具合はグングン良くなり、3ヶ月程度で喘息は完治、癌の再発も無い。
もちろん毎日、病気平癒の祈りは欠かさなかった)


半年後には、逆に私が圧倒されるくらい元気になった。今も元気だ。

(元気になった彼は、逆に今の私を支えてくれている)




■私は〔幸福の科学〕に入信して、医者とは違う視点での、喘息やうつ病等の霊的原因を学んで居たので、その霊的原因を取り除くべく事を為して来た。


ある時、知人の信者さんの咳が酷いので、どうしたのか?と聞くと、喘息で1年以上苦しんでいると言う。


私は、その人に喘息の霊的原因を伝え納得して頂き、一緒に〔お祈り〕をした。


1ヶ月後に出逢った時、その後調子は?と聞いたら、なんと、その日に治ったとの事。


これには、数々の奇跡を経験している私も、さすがに驚いた。


友人の酷い喘息が治ったので、この人も絶対に治ると思っては居たが、まさか速効とは思ってもいなかったので、良い意味で驚かされた。






2012-12-27-3-1.jpg 
2012-12-27-2-1_20121228002715.jpg 

  

2012-12-27-4-1.jpg 

月刊「The Liberty 1995年8月号より」



■ここに書いて善いものかどうか悩みながら思い切って書くが、拒食症・過食症の霊的原因は霊障だ。

上表の②(悪霊の憑依を受けて・・)にあたる。


だから、その霊障の原因(悪霊の憑依)をとり除けばいい。私は、そうした人達を何人と治している。


医者に行けば、対症療法として、吐き気には吐き気止め、食欲不振には食欲増進剤、睡眠障害には睡眠導入剤・精神安定剤、等々が処方されるだろう。


それで治る人は、それで良い。


だが、半年、1年と治らない人には、本格的な根治療法が必要だ。


拒食症・過食症等の霊障の場合は、当人の心がまっ暗闇の状態なので、外から、内から、と、灯りを点せば必ず治る。


【自灯明】と言って、出来るなら心の内から灯す事が出来れば、それが最も良いのだが、多くの場合は無理だ。


だから外から灯しながら、自家発電が出来る状態を待つ。


自家発電が出来るようになれば、心の闇に巣くうモノは逃げ出してしまう。




■うつ病もそうだ。

頑張って、頑張って、頑張って・・、もうこれ以上無理だと言うところまで頑張るので、心の中の光エネルギーがカラッポ状態になっている。


見た目には何とも無いので、他人から「頑張って」と励まされるが、当人にとっては『こんなに頑張っても、まだ頑張らなければいけないのか』と思う。


そして、光エネルギーがカラッポ状態でも無理矢理動かそうとするので、光と逆の闇のエネルギーで動くようになる。

そうすると、すべての事が逆転し、光が闇に、闇が光に見えて来る。


マイナスエネルギーで動くようになった心の中は【絶望感】で満たされる。

「死」という言葉を簡単に発するようになる。




■医者では、うつ病の人には「抗うつ剤」を処方されるが、この「抗うつ剤」を簡単に言うと「考え事をさせない薬」だ。

だから車の運転は危険だ。


ちなみに私も、30代の頃、子供が朝まで起きているので(笑)、精神的不安定状態になり、精神科で軽い精神安定剤をもらっていた事がある。


ある時、医者が変わり、処方薬も変わったが、何等の説明も無いので同じ薬だろうと疑いもしなかった。


病院食堂で食事後、その薬を飲んで帰り際、大変な事になった。


交差点に差し掛かり赤信号で停止したのは良いが、眠くて眠くて、目が開けられない。


あたり一面に響くラッパ音(笑)で目が醒めたら、大渋滞だ(汗) そこから家に帰るまでの5分程度の距離が、とっても長かった。


家に着くなり、玄関先で倒れて翌朝までグッスリ(笑)


あまりにも変なので、翌日もう一度精神科に行って様子を話したら、『ああ、それでは【うつ病では無かったのですね】、その薬は捨てて下さい』だ。


(俺はアンタの実験台じゃないぞ!)と、心の中では憤りつつも、相手は医者なのでおとなしく帰った(笑)


・・それほど、「抗うつ剤」という薬は、効き過ぎると危険な薬だ。


今は、かなり改善されているとは思うが、『必要ない事は考えさせない』という基本は変わらない。





今、【心とは何か】が解らなくなっている人達が多い。


そうした人達が、つまづいて、自力で立上がれる人なら良いのだが、立上がれない人達の中には【心の病】に陥っている人達も少なくない。


拒食症・過食症、うつ病しかり。喘息もそうだ。


その症状が医者で治るのなら良いのだが、医者が見放したらお終い。

・・のはずだが、私はそこから数人の人達の奇跡的な回復を目にしている。




■20年前の事だが、山口赤十字病院で拡張型心筋症という心臓移植をしなければ絶対に助からない、5年しか生きられない15歳の子供さんが居た。


その子供さんは18歳の時「これが人生最後」だと決心し、【青春に捧ぐ:講義】という大川総裁の話を聞きに東京へ行き、最前列で話を聞いた。


ところが、帰るなり、あり得ない事が起こり始めた。


拡張型心筋症が自然に縮小し始めて、自然治癒してしまった。


医者は何の薬が効いたのかと、検査に検査をするが解らない。


ついには誤診説まで出たようだが(笑)、どこからどう見ても拡張型心筋症である事は間違いなかった。


今、その女性も30代。私の元取引先で元気に働いている。





本物の宗教には【本物の愛】がある。


その愛が光となり、祈りによって相手の心に届く。


心に届けば灯りが差し始め、肉体の病変部にも光を送り、病気が治る事がある。私は、それを何度も何度も見て居る。


すでに私の中では、奇跡現象が必然の事のように思える事も少なくなくなっている。




無神論・唯物論者は、「たかが祈りで」と思うだろうが、それこそが自分達の無知・無明を示している。


本物の宗教の祈りは、「天国界との約束事」だ


病気の場合は、医療系霊団が、「祈り」の心を聞き届けている。


悪霊憑依の場合は、降魔系霊団が蹴散らしている。


それぞれの「祈りの分野の専門家霊団達」が、祈る人の心の純粋さや本気度を見ている。


その「祈り」の思いが天国に通じるほど純粋な場合、天国に居る霊人達が動き、この世に於いては奇跡的な事が起きる。


もちろん、いくら天国の専門家霊団と言えども、どうしようもない場合もあるが、その時の〔純粋な祈りの力〕は、天国の霊人達が預っている。


だから、いくら祈っても効かない場合は、その祈りの中に不純物が混じっていたり、【時】を見ている場合だってある。


天国の霊人達が【時】を見ている場合、最も適切な時に適えられる事もあるのだ。


だから、〔祈り〕が効かない場合、自分の信仰心の中にある〔純粋さ〕を確認しなければならない。

いつのまにか不純物が混じっている場合もあるからだ。


例えば、「これだけ祈ったのだから、適えてくれるはずだ」のような心には、【神様に仕事をさせる心】が潜んでいるので、棚上げになっている。


〔祈り〕とは、【神様との契約】であり、100%純粋なものでなければならない。


「こうこうこれだけの事をしたのだから、こうして下さい」のような不純物だらけの祈りでは、唯物論者と変わらない。


〔祈り〕とは、【ギブ&テイク】では無い。そうした心がある内は、絶対に天上界は動かない


◆祈願への疑問・・そして納得、すると奇跡が・・




■純粋な信仰者かどうかを見る時、こうした〔祈り〕で、どれだけ天上界が動いて頂けるかを見たら、よく解る。


もちろん金銭の多寡でも無い、すべてが〔純粋さ〕に尽きる。


私事で恐縮だが、私の母が3年間痴呆になり、家族中で付き添い世話をした。


ある時、隣市にある〔幸福の科学〕に行き(私は隣市に行った時は、拝礼だけでもして帰る事を習慣化していた)、支部長と雑談をしていた。


ふと、「そうそう、支部長、じつは・・」と、母の現状を話した。

支部長は、『それならボケ封じ祈願を受けられたら良いですよ』と言われ、「そんなものがあるのですか、それ受けます」と言った。

長くなるので、後はこちらで。


◆母の極度の痴呆が、瞬時に治った


「祈願受ます!」と願っただけで、即、適えてもらえるような場合は、特別な場合だと思う。


私はそれも、その前に3年間の家族の母へのいたわりの愛があったからだと思っている。


【他力を願う前に、必ず自助努力をしている】からこそだと思っている。




■私が関係して居る人達の中で、医者から「助かりません」と見放された人・・憶えているだけでも5人程度。


うつ病で「死にたい」を連発していた人達・・10人以上。


拒食・過食症で、家に閉じこもって外に出なかった人達・・10人以上。


喘息発作で困っていた人達・・5人程度。


さらには、「いじめ不登校」で学校へ行けなかった児童・生徒を復学・・30人以上。




■こうしてあらためて書き出して見ると、とてつもない数だが、殆どが重症で医者から見放された人達が、【全快】している。


見知らぬ人とのインターネット相談では、12年間で、数万件の相談も受けて来た。


その中で、うつ病、拒食・過食症の人達と出逢い、信じて付いて来てくれた方々全員が治癒している。


だが、私は、そうした人達の中には、今でも住所も名前も知らない人達もいる。殆どが、メールのやりとりで、治って頂けた。


今思えば・・凄まじいばかりのパワーだったと自分でも思う。

今はもう無理だ・・とは思いたくは無いが、やはり気力・体力が、かなり違うので、今は「いじめ問題」に特化している。


「いじめ問題」に関しては、現実に学校交渉もして来たので、その数になっているが、アドバイスだけだったら、おそらく12年間で1000人を超している。

そして、年々増えて、悪質化しているのが解る。





それは、人々の心の中に、大切な大切な【宗教心】が失われているからだ。


本物の現代の仏陀をあざ笑う人達は、見ていてほんとうに気の毒だ。書かれている内容が理解不能なのだろう。

または見ても居なくて、単なる嫉妬心からかも知れない。。


2000万部を越している【太陽の法】さえも妄想だと言う人もいるが、それがその人にとっての理解度の限界点なのかも知れない。


もしも、【太陽の法】が妄想であれば、2000万部を購入した人達は、騙されている事になる。


そうした事を言う人は、全世界100ヶ国の人達に、それが妄想である事を証明しなければならないと思うが、出来る筈もない。


それが真実だからだ。


〔幸福の科学〕を、カルト教団レベルと同じだと思っているのなら、勉強不足だ。





今、日本発世界宗教が、世界中の宗教の空洞化した教えを埋めようとしている。


当の日本人が一番気付かないというか、世界で最も否定しているという、愚かな現実があるのが残念だ。。


言葉は悪いが、ミソク○だ。

(味噌もク○も同色をしているので、同じ物だと言う意味で、両者の分別が付かない事を指している)




■〔幸福の科学〕の総裁は、仏教の発祥地で【再誕の仏陀】として、絶大なる信用がある方だ。

2年前の仏教の発祥地ブッダガヤでの〔大川総裁〕の説法日には10万人の人達が集まった。


インド、ネパールで、日本に産まれた〔再誕の仏陀〕が説法、インドでは5万人集会で大騒ぎ。


■本会場には4万人しか入れないので、離れた別会場に3万人、その間に会場に入れない人達を合わせて10万人集まった。

このブッダガヤでは、過去、ダライ・ラマ僧が2万5千人集めたのが最高だった。

だが、[幸福の科学:大川総裁]の、たった1回の説法の為に、インド各地から大勢の人が集まった。


その人達の多くは、[幸福の科学]に
入信して会場に入っている。日本では考えられないことだ。


そして、当日の説法は、編集もないライヴとして、ほぼ1日中インド国営放送で流されている。


(ちなみに国連大使の演説は拒否されている事だけ見ても、総裁の信用性は絶大なるものだ)



■またアフリカに於いても、3千万の人達が総裁の説法に涙して勇気をもらって居る。


こうした世界約100ヶ国から真剣に魂の親として憧れの存在である方の教えが、ウソや妄信であれば、世界に広まるはずも無い。





■そうは言っても、日本でも信者数の数倍は、〔幸福の科学〕の本に共感し、人生の糧にしている。


今や聖書に継ぐ、いや書籍の総合計数から言えば聖書に匹敵するほど全世界に知られて、心の書にされている。


身近なところでも、私の友人・同級生の8割は、〔幸福の科学〕の本が飾ってある。ただ飾るだけではなく、読んで欲しいのだが(笑)


もちろん私が配ったものだが、彼等・彼女等は捨てずに持っている。


家に行けば本棚に並べてあるが(笑)、彼等は、一読して捨てるような本では無いと解かるからだ。

私は、そういう豊富な人生経験を積んだ友人・知人に恵まれた事に感謝する。




今は読まなくても、本人が読まなくても、家に大切に置いてくれているだけでも有り難い。

そうした会社の社長達から、娘が、息子が「〔幸福の科学〕の本を読みたいと言っているから、持って来てくれないか」と言われた事も何度かある。


その子供さん達は、社長達の自宅に置いてある本を読み、共感を覚えてくれた人達だ。


信者になっていなくても、そういう人達は、確実に増えている。


日本が、そうした人達に満たされれば、「家庭崩壊」も、「いじめ」も無くなる世の中に必ずなる。





■ここのところ政治と離れた話をしているので、面白くもないとは思いますが、私なりに大切な話をしているつもりです。


ガサついた世の中で生きているので、しばし、本来の心を取り戻すべく、こうした【心の話】を書くこともあるので、ご勘弁下さい。 m(._.)m





↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ          人気ブログランキングへ          

関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [人ありてこそ我あり(自分記)] | 2012.12.27(Thu) PageTop

Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【白龍?】空の雲を見ていると、いろんな形に変わるのが面白くて好きだ。だが、天候との関係は如何に? Aug 07, 2017
迷走台風15号は、日本国民への神々からの警告か? Aug 06, 2017
大川隆法総裁 講演「人類の選択」 Aug 03, 2017
◆【いじめを無くそう】人は感性(勝負)→知性(損得)→理性(善悪)→悟性(神仏への愛)と成長する Jul 29, 2017
音楽等の整理 Jul 24, 2017
◆吹田晃氏が亡くなった。。お世話になりました。ご冥福を祈ります。 Jun 21, 2017
【冗談話】安倍総理の70年談話前に各国に謝罪する。(2015年8月の下書き) Jun 21, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト全編】 1963年~1967年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト①】 1963年~1964年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト②】 1965年~1967年(画像による順位表) Jun 07, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう May 31, 2017
◆【他人が作れないレシピを考える】まずは一から出発・再出発できる有り難さ、白紙に描く喜びを知ろう。 May 13, 2017
◆【超音波と衝撃波】NHKは地上の原発の安全性を立証したことになる(再掲載) May 12, 2017
◆【草と忍者(続き)】現代の草と忍者は暗闇世界の使者。光の世界の拡散を妨げることで己の居場所の確保をしている。 May 11, 2017
◆【異常気象は天意の証】無神論者・唯物論者が、日本と世界を滅ぼす(再掲載) May 10, 2017
◆【素晴らしい国:日本】欧米やアメリカ大使館の御方へ。安倍総理の靖国神社参拝は、どこの国でも、ごく、当り前の事ですよ。 May 09, 2017
◆【善い話・怖い話(笑):悪霊退散!台風迂回!】ここ数日の奇妙な出来事(再掲載) May 08, 2017
◆インド、ネパールで、日本に産まれた〔再誕の仏陀〕が説法。インドでは5万人集会で大騒ぎ!(再掲載) May 07, 2017
◆【危機を防ごう】マヤの予言危機を回避しよう(再掲載) May 06, 2017
◆この世の救済も大事だが、【魂の鎮魂】も、とても大切なことだ May 05, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m