◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【愛と克己心】いつの世も、「無理だ、出来ない」と、思わない人が、歴史を変えて来た。


60歳を過ぎると「頑固者」のイメージが強くなる。


もちろん私は例外だ。若い頃から「頑固者」だ(笑)


ただし、【自らの信念を貫く】と言う意味での頑なさを指している。




■子供の頃から書いていた「気付きノート」、「疑問ノート」は、何十冊にも及ぶほどになっていたが、今は残っていない。


昔のポピュラー音楽番組「9500万人のポピュラーリクエスト」など、1963年から1967年の最終回まで、毎週順位の記録もしていた。


子供の落書き程度にしか思っていなかったのか、おそらく母が風呂の焚き付けにしてしまったのだろう(笑)


・・・


・・と、ここまで書いたら「(燃やしたのは)弟だ」と声なき声が、イメージと共に聞えて(湧いて)来た?


・・・

・・・





気を取直して・・

■「9500万人のポピュラーリクエスト」は、SONY製のリール式テープレコーダーにラジオから録音して、ノートに記録していたもの。


今、その「記録ノート」が残っていれば、60年代音楽ファンにとっては貴重なものだと思う。


当時はテープそのものが高価で、1つのテープに何百回も上書き録音していたので、最終回だけ残っている(笑)


この最終回番組を同世代の人に聞かせると、とても喜んで頂ける。ダビングのお願いもされるが、私はすべて断わって来ている。


音楽番組としてはAMラジオからの鈍い音質なので聞くに値しないが、番組の中にビートルズから星加ルミさんへ宛てたメッセージが残されているからだ。


「これをCD化したら売れるよ」という人は多いが、私は頑固者だ(笑)

海賊版のような真似は絶対にしない。本気で作るなら手順を追って作る。50年前なので(笑)、おそらく東京文化放送にも残っていないと思う。


ビートルズからのメッセージは星加ルミさんは大切に持っているだろうが、一般の者には、メッセージそのものには意味は無い。


それが「9500万人のポピュラーリクエスト」という音楽番組の中であり、当時の雰囲気がありありと伺えるからこそ面白い。





■東京文化放送は、ネットワークの山口放送で聞けたが、東京文化放送も直接聞く事が出来た。

その為には、いろいろ工夫して試みた。


微弱な電波を拾うために、銅線を10m位張ってみたら、かなり取得レベルが上がったので、さらに上げる為にはと考えたのが、電線だ(笑)


家庭に来ている100vマイナス(復路)端末とラジオの受信部を繋いでみたら、結果は大成功で、東京にある局も鮮明に聞えて来た。


だけども同時に、お隣の国の放送局が入るし取得レベルが高い(笑)


ほんの僅かでもバリコン(ボリゥムコンデンサ)が動いたら、ノイズだらけか他国の放送局が入る(笑)




■今の若い人達は、必要も無い事なので考えもしないだろうが、私達の世代は、すべてが、そういうところから始めなければならなかった。


おそらく息子達は、家庭用100v電源をアンテナ代わりに使うなど思いもしないだろう。


必要ないからだ。


だけども、そういう基礎知識を知っているのと知らないのでは、歳月を経るにつれ差が出て来る。


だいたい、「家庭用100v電源に導線差し込んだら感電するじゃないか」と思う人も居るだろうし、今はそれで良いと思っている。


家庭用交流電気にもプラス(往路)とマイナス(復路)があるので、マイナス(復路)だけに触っても感電はしない。


私は、そのマイナス(復路)を利用してアンテナ代わりにしていたのだ。(そうは言っても、危険なので真似はしないで下さい)





■今の若い人達は、電気というものをどのように考えているのだろうか?


ここのところ、発電ばかり取り上げられて問題になっているが、電気には送電もある。(発送電分離を言われているが、難しいだろう)


息子の部屋に入ると、タコ足どころか、ダンゴ状態(笑)になっている電源を見るに付け、【100v電源でも火災を起こす】事も知らないのでは?と思う。


電気は発電・送電の他に、【上手に利用する】事が大切。(節電という意味では無い)


電気の【大切さと怖さ】を知って置かないと、息子のようなダンゴ配線(笑)を平気でしてしまうだろう。





■それはまた、パソコン世代の特長かと思う。


「【I=E/R】のそれぞれの言葉の意味と関連を簡単に説明しろ」と言っても、身近な若い人達は答えられない。

I、E、Rが何であるかも知らない。


だけども、パソコンは上手い。


今は殆ど無いが、10年前までは結構若い人達と接する事が多かった。

いろんな話の中で、理数系の基礎的知識がどれほどあるかを知りたくて、時々、聞いていた。


「分子記号を10以上、答えろ」


「解(根)の公式を言ってみろ、出来たらy=aX2+bX+Cから導き出せ」と聞いても、誰一人答える事が出来なかった。

(いや、私の娘だけはスラスラ答えた(笑))


現役高校生であっても、その状態に、私は本当に驚いた。


「ゆとり教育」の弊害なんてものじゃない。何かが間違っている。


現に、男連中が答えられなくても、娘は答えている。


当時は、勉強に関心が無い若者達が増えていると感じたものだ。





■私の母が「Y(私)の机は触られん。ちょっと何か借りてもすぐに気付かれて叱られる」(笑)、と言っていたことがある。


そうなのだ、私は【整理整頓好き】で、1番目の引き出しには何があり、右から順に何が並べてあり、下から順に何が並べてあるのか憶えていた。


だから、2番目の引き出しにあるはずの物が、1番目にあれば、すぐに気付く(笑)


そういう几帳面さでは、超が付く一流だったかも知れない(笑)


私は、そのようにしなさいと、幼い頃から躾を受けて来た人間なのだ。




この【整理整頓】を馬鹿にしてはいけない。


一見すると、神経質とか、馬鹿真面目のようなタイプに見えるかも知れないが、そうでは無い。


【整理整頓】は、発展思考や向上心のある者でないと、やらないし、出来ない。


無駄な事を【忘れる】為にも、【整理整頓】は欠かせない。


日常の身の回りの整理整頓の訓練をしていると、いつも【同じ所にある】ので、探す時間が省けるし、考える必要も無い。


無駄な時間の節約になるし、無駄な事に頭を使わなくても済む。


【使った物は、使い終えたら元の場所に戻す】という原状復帰が大原則だ。


これが出来ないと、仕事能力は落ちるし、出来る人とは差が開く一方になる。


原状復帰という僅かな労力を惜しむ為、後から「どこに置いたか解らない」と探す。


結局は多大な時間の犠牲を払う事になる。


仕事の遅い人や出来ない人の多くは、ここ(整理整頓)が出来ていない人が多い。




仕事は、【段取り】から始まって【整理整頓】で終わる。


この【段取り】の中には、情報収集・分析とスピードがある。


その為に、目に付いた時点、思い付いた時点での【メモ】が不可欠になる。


私の若い頃の「気付きノート」、「疑問ノート」、「記録ノート」は、今になって思うと、まさにそうだった。


頭の良し悪しだけを見たら、私達の世代より今の若い人達の方が遥かに上だと思う。


だけどもそれが活かされていない。


中学レベルの「【I=E/R】のそれぞれの言葉の意味と関連を簡単に説明しろ」


「分子記号を10以上、答えろ」


「解(根)の公式を言ってみろ、出来たらy=aX2+bX+Cから導き出せ」と、問われて解らなかったら、それでお終いにするか、しないかだ。


私達の頃は、答えられない事には「ノートにメモ」をしていた。そして、答を探していた。


「解らない」と答えた時には、次に同じ質問を受けた場合には答えられるようにしていた。


【同じ失敗(間違い)を繰り返さない】・・それが【恥ずかしい事】だと思っていたからだ。


ここが、今の若い人達と大きく違うと思う。


賢い人は、頭の良し悪しでは無く、同じ失敗(間違い)を何度も繰り返さないものだ。





■世の中が便利になると、【物が増え、整理整頓】が難しくなる。


だがそれでも、せめて【分野別だけでも仕分け】はして置いた方がいい。


私は、足の踏み場の無いほどの家や人達も見て来たが、概して仕事能力が遅い。競争社会に於いては、ほぼ、淘汰される側に居る人達だ。


時間効率が悪く、時間の使い方が苦手。もっと言えば、時間に使われている。


基本中の基本の【整理整頓】が出来ないからだ。





この【物理的な整理整頓】を心掛けていると、次第に【心の整理整頓】も出来るようになる。


【要る情報、要らない情報を整理整頓】する事で、要らない情報を忘れる事が出来るようになる。


余計な事を心に溜め込む事が無くなるので、心の負担が軽くなる。


心の負担(ストレス)が軽くなれば、身体の負担も軽くなり、病気も治る。


そういうサイクルを持つ人は、やがて世に羽ばたける人となるだろう。





冒頭での、「弟だ」の意味を考えている。。残念だが、そうかも知れない。。


弟は1番風呂に入りたい為に、いつも風呂焚きをしていた。私がやろうとすると文句を言う(笑)




先日も、妹と話していたが「俺もお前も、ちょっとした努力で大きな成果を得ていたよな」


「それに比べて、弟は3人きょうだいの中では一番の努力家だったのに、実りが悪かった」


「弟は、それを未だに、コンプレックスとして持ってるぞ」と話していた。




私は弟の長所も欠点も、親代りでもあったので、知っているつもりだ。


ただ、私が家に居なかった2年間で、私の代役をして来た弟は、元の私の知っている弟では無くなっていた。


親戚中に大迷惑を掛けた弟だが、それでも私は弟を信じていた。


弟の仕事能力の低さはすぐに解ったが、弟の子供達(私の甥・姪)が幼くて可哀想で、切るに切られなかった。


頑張り屋の弟なので、そのうちに、そのうちにが、結局は大変な事になってしまった。




要するに私は、【段取り】が悪く、【整理整頓】も出来ない弟に、会社を持たせてしまったのだ。


弟に任せた会社は、最初から最後までの17年間、赤字続き。


親戚中に大迷惑を掛けた弟だが、それでもまだ私は、弟を信じていた。




3年前、その期待は見事に裏切られ、弟は確信犯で、私や私達親戚を利用していたと知るに至った。


『兄貴、俺は、マルクス主義者だぞ。今まで騙されていただろう。ワハハハ』と笑う弟は、すでに私の知っている弟では無かった。


「お前が俺にコンプレックスを持っているのは解って居たが、いつからだ?」


『最初からだ!何をやっても兄貴には適わん。兄貴は何をしても成功する。俺は何をしても失敗ばかり』


『だから俺は、兄貴が嫌うマルクス主義者になった。今までずっと隠していたが、気付かなかっただろう。アハハハハ』


「お前、正気か?」


『これが俺の正体さ。気付かなかったのか?』


「ずっと変だな?とは思っていたが、お前が単に俺に反抗したり、ヤケクソになっているのかと思っていたが・・マルクスか・・確信犯だったのか・・」


「それで俺が疑問に思っていた事が、すべて解った。俺はお前に随分嘘を吐かれ、利用されて来たが・・そういう事か。マルクスなら当然だろうな」


「嘘は平気。約束は守らない。言い訳は盛り沢山。勝つ為には手段を選ばない。負けそうな時には徹底して逃げる」


「そして、金持ちから金を奪い取るのが使命のように思っている。それがマルクス主義者だ」




■「マルクス主義者の殆どは、嫉妬心から始まる。俺や親族を騙して小気味いいか?・・以前、自殺未遂したのは、お前の良心からだろう」


「とにかく、やる事為す事、すべて、俺と正反対なので、誰もが疑問に思っていたが、お前のその言葉を聞いたら、みんな何と思うだろうな」


「お前、大勢の親戚から金借りて、このまま返さず平気なのか?俺はマルクス主義者だから、親戚の金を奪い取るのが正義だと言えるのか?」


「だからな、マルクス主義のせいにするな!確かにそれもあるとは思うが、お前の本音は、ただただ現実から逃げたいだけだろう!」


「お前はマルクス主義者以前に、現実逃避者だ。お前こそ気付けよ!」


弟は何も言わずに、うつむいたままだった。




■私と弟は、特別、仲が良いわけでもないが、悪いわけでもない。


ただ私が反省すべきは、命令に近い強権発動をしていた事だと思っている。


失敗ばかりする弟に、「ああしろ、こうしろ」、「それはダメ、こうだ」のように指示していた事が、弟にとっては耐え難い屈辱だったのだろう。


若くして父を亡くした私達は、私がすべてに於いて父親代わりをして来た。


私は父の負債と真正面から向合い、新規事業を手掛けて工場を立て直した。


16歳から30歳頃までは、年中無休で、朝7時~夜中2時までが仕事や勉強時間だった。


もちろん、同級生達と遊ぶ暇など無い。同級生達がチャラチャラしている姿をわき目に、毎日毎日が必死の日々だった。




その間、ヤクザを連れて来る借金取りとの対応。関係ないヤクザまで借金取りに来る者達への対応。


新型機械の修理(機械に強い私にしか出来なかった)


毎晩のような経営存続への親族会議。


それが16歳の時の私の仕事だった。




母親は寝込んだままで、自殺を心配して親戚の祖母の姉が1年間泊まってくれていた。


当時、母親と中学生だった弟と妹、つまり家族全員が私の庇護の元で暮らしていた。




そうした数々の問題と向合い、借金取りも来なくなり、母親も立ち直り、工場も責任者を育てた事で、私の手を借りなくても動いていた。


そうした、大きな問題はすべて解決させた中で、私は2年間、松山で仕事の勉強をする為に、家を弟に任せて出掛けた。




だが、この2年間が、弟にとっては大きな心の負担となっていたようだ。


私が家に帰るなり、弟は入れ替わりに出て行った。


妹が「S兄ちゃん(弟)には、お兄ちゃん(私)の代りは出来なかったみたいよ。暴力団の同級生誘われて入るとこだったのよ」と言っていた。


弟は、さすがに暴力団には入らなかったが、名古屋の製陶会社に勤めていたはずだが、知らせも無くやめていて、2年間消息不明(笑)




今から思うと、おそらく、その間に「マルクス主義者」と接して居たものと思う。そして感化されたまま大人になったものと思われる。


だからこそ、すべての考え方の方向性が、私と正反対だったのだろう。


まるで一国二制度の香港みたいだ(笑)(そういえば、弟は香港好きだったな・・)




■弟は人間的には良い方だと思う。私と弟が並んでいたら、弟の方が善人に見えるかも知れない(汗)


だが、ふたりとも見掛けと中身が大違い(笑)・・そして、すべての考え方は正反対。


ま、墓参りする弟だから、完全マルクス主義者ではないと思うし、良心も持ち合わせている。


だけども道を誤っている。




たった2年間の「家族を護る」という重みを受け止める違いが、人生の道まで違えてしまった。


私と弟の違いは、「真正面から向合う」と「なんとかして逃げる」の違いだけだ。


だけどもその違いは大きい。


「逃避心」や「嫉妬心」が湧き出す限り、間違った道ばかりを選択してしまう。実際、弟がそうだった。


それぞれの対極にある「克己心」や「愛」が湧き出すよう自助努力しないと、選択する道、選択するものすべてが、闇の方向へと向かうだろう。




■そしてそれは弟だけでは無い。弟の話は例え話に過ぎない。


日本人全体が、【逃避心⇒克己心】、【嫉妬心⇒愛】に変わらないといけないと思う。




今朝の「純と愛」で聞いたが、マザー・テレサが「愛の反対は、憎しみではなく【無関心】だ」と言っていたようだし、その通りだ。


そしていつの世も、無理だと思わない人が、歴史を変えて来た】とも。




↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ          人気ブログランキングへ          
関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [未別] | 2013.01.10(Thu) PageTop

Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆吹田晃氏が亡くなった。。お世話になりました。ご冥福を祈ります。 Jun 21, 2017
【冗談話】安倍総理の70年談話前に各国に謝罪する。(2015年8月の下書き) Jun 21, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト全編】 1963年~1967年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト①】 1963年~1964年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト②】 1965年~1967年(画像による順位表) Jun 07, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう May 31, 2017
◆【他人が作れないレシピを考える】まずは一から出発・再出発できる有り難さ、白紙に描く喜びを知ろう。 May 13, 2017
◆【超音波と衝撃波】NHKは地上の原発の安全性を立証したことになる(再掲載) May 12, 2017
◆【草と忍者(続き)】現代の草と忍者は暗闇世界の使者。光の世界の拡散を妨げることで己の居場所の確保をしている。 May 11, 2017
◆【異常気象は天意の証】無神論者・唯物論者が、日本と世界を滅ぼす(再掲載) May 10, 2017
◆【素晴らしい国:日本】欧米やアメリカ大使館の御方へ。安倍総理の靖国神社参拝は、どこの国でも、ごく、当り前の事ですよ。 May 09, 2017
◆【善い話・怖い話(笑):悪霊退散!台風迂回!】ここ数日の奇妙な出来事(再掲載) May 08, 2017
◆インド、ネパールで、日本に産まれた〔再誕の仏陀〕が説法。インドでは5万人集会で大騒ぎ!(再掲載) May 07, 2017
◆【危機を防ごう】マヤの予言危機を回避しよう(再掲載) May 06, 2017
◆この世の救済も大事だが、【魂の鎮魂】も、とても大切なことだ May 05, 2017
◆【ニーズよりシーズ】逆境をバネにして善き種を蒔け。 May 04, 2017
◆【団塊の世代から若者諸君へ】団塊の世代は向上心の塊/若者諸君。 May 03, 2017
◆【雑談の中に真理あり】会話こそ我が人生。 May 02, 2017
◆【知る機会を失うことなかれ】親から子へ、子から孫へ。 May 01, 2017
◆【さまざまな人生模様】素晴らしい二人の体育教師 Apr 28, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m