◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【いじめ問題解決は、教師の胆力】今は、労働者教師が多くなり、教師としての責任放棄、問題逃避、自己保身の精神的幼児型教員が目立つ。


また、一昨日、「いじめ」の相談を受けた。


解決に導くには、簡単だが、簡単ではない。


禅問答のようだが(笑)、本来ならば、3日で解決出来る相談内容だ。





■相談者さんの守秘義務があるので、詳細なことは書けないが、「○○先生ですか?」と電話が入ったので、一瞬とまどってしまった。
生まれてこの方、「先生」などと呼ばれたのは初めてだ(汗)


それはともかく、相談内容は、私にとっては幾多の同じ相談を受けたものであり、早い時には即日解決という事もあった。


本来ならば長い期間を要するものでは無いのだが、今回は解らない。
加害者5人の親が、「自分の子供は絶対に悪い事をする子ではない!」と、非を認めないからだ。




■私は相談を受けて解決に向合う為には、


・最低限でも【加害者本人の(心からの)謝罪】


・そして【加害者の親からの(心からの)謝罪】を求めて来た。


・「いじめ」の内容に寄っては、学校からの謝罪】も求めて来た。


学校から、よく尋ねられるのが「加害者の親の謝罪が必要なのか」、「加害生徒だけではいけないのか」だ。
これは、良心的な校長であれ、悪質な校長であれ、よく聞かれる言葉だ。




■ある学校では、積極的に「いじめ」問題に取り組んで居られた。
11人の生徒の暴力行為を見逃さず、生徒達に謝罪をさせて居られた。


だが、それでは済まなかった。今度は先生達の目に見えない所で恐喝行為を始めた。


なぜに?こういう事になるのか?・・現場の先生達の多くは解って居られない。





■3年前、山口県教育庁主催の「不登校フォーラム」があり、私も参加した。


第1部の発表講演でも、「?」と思う事は多かったが、「不登校児童生徒」に取り組む姿勢が感じられた。


この1部でも、「いじめ」に関わる人間としては、【不登校の原因】が分類されていた事だが、気にくわないというか、気に入らなかった。


不登校の理由は、「いじめ」、「暴力」、「仲間はずれ」等の5項目に分けて発表されていたが、その5項目すべてが「いじめ」に寄るものだったからだ。


そして、【その多くの原因が、家庭の躾にある】と結論付けていた。
どうやらそのあたりが、学校の見解らしい。


発表講演なので質問の機会は無かったが、私としては【その全部が「いじめ」ですよ】と、言いたかった。




■【確かに家庭の躾は、「いじめ」に繋がり、不登校の原因になる】が、「いじめ」が起きている場所は学校内が殆どだ。


ゆえに、家庭の躾を論文発表する前に、【自らの指導力】こそ研究発表されたらいい。


今の教育界は、指導力不足の教師達が、家庭の躾に責任転嫁をしている。


「いじめ」が起きている場所が学校内なのだから、【学校安全配慮義務】が科せられていると知り、責任を持って対処しなければならないはずだ。




■この時の第2部での、パネルディスカッションは酷いものだった。
校長(男性)、カウンセラー(男性)、PTA会長(女性)、民生委員(女性)の4人で為されたが、【不登校の原因は、すべて家庭教育に問題がある】だ。


校長が家庭の躾を語り、カウンセラーがサポートする。
PTA会長(女性)は自己体験としての家庭の躾を語り、民生委員(女性)は相談を受けた側として家庭の躾を語る。
とんでも無い事だ!


全員が【不登校の原因は、すべて家庭に問題がある】としていたので、私はワナワナと震え出し(笑)、質問のチャンスを伺っていた。
(一緒に行った人からは、「絶対に質問すると思っていた」と言われたが・・(汗))




■「質問はありますか?」と聞かれたので、即座に手を挙げたら、NHK山口放送局と、KRY山口放送が、マイクとカメラを持って、私を映し始めた。


私は、まず、「現在、山口県内には何人のソーシャルワーカーが居られますか?」と質問した。
これは、その事自体も知りたかったのだが、とんでもなく酷い事を言うカウンセラーに対しての嫌みでもあった。


(私の質問がキッカケになったのか?どうかは知らないが、翌年度から山口市に「ソーシャルワーカー」が置かれた)


次に、「私は、『いじめ』相談・解決に関わる者であり、当然、不登校の理由は『いじめ』であります」


「その児童生徒達が不登校になり、学校に行けなくなっている大きな原因に、加害者からの【報復行為】があります」


「学校関係者様は、この【報復行為】に対しての【御認識と対処法】をお持ちでしたら、伺わせて頂きたいと存じます」




司会の校長が「報復ですか?」と聞き返すので、「そうです。ほ・う・ふ・く、です」と、大きな声で言ったら、
NHK山口放送局と、KRY山口放送は、目の前のマイクとカメラを持って逃げた。撮影中止だ(笑)


別に、おかしな質問ではないと思うのだが?


司会のマイクは、右に左に2周したが、【誰も答えられない】。仕方なく、校長が答えていたが、質問内容とは全然違う。


この時私は、【学校は、「いじめ」がどんなものか解って居らず、児童生徒達が報復行為をする事すら、知らない】と、確信に近い残念なものがあった。


(閉会後、周南市と美祢市の教育委員会の人達が「あなたの言われる通りですよ」と、寄って来られ、その言葉で救われた)





それゆえに、前述のような、せっかく11人を掴まえて謝罪させたにもかかわらず、後から事態が大きくなっている。


そこには、加害生徒達からの【報復】が待ち受けていたからだ。


この時の学校は、生徒の謝罪のさせ方が、間違っていた。
11人全部を集めて、被害生徒に謝罪をさせていた。


そういう事をすると、加害生徒は、【1/11】しか、重みを感じない。
だからこそ、次には隠れた所で【報復行為】を始める。




■そういう事を考慮して、学校がやらなければならなかった事は、【1対1の謝罪】が基本であり、その謝り方まで見なければならなかった。


まずは加害生徒に対しては、心からの謝罪をさせる為に、【自分がどんなに悪い事をしたのか】を教えなければならない。


だから、ただ単に「ごめんなさい」では無く、
「自分は、こうこう、こういう事をして、被害者を苦しめました」と言わせた後に、「ごめんなさい」だ。


その間の11人は、口裏を合わせたり、悪の仲間意識を持たせない為に、それぞれ接触させないか、数人の教師が見張っている事だ。
そうしながら、ひとりひとり呼び出して、自分のした事を言わせた後に、謝罪をさせる。


出来たら、その状況が、加害者にも解るようにビデオカメラを向けて置く。


そうしたプレッシャーの元に置かなければ、暴力生徒達は反省などしない。
被害者への【報復行為】が待っているだけだ。


もちろん、そうしたビデオ撮影の是非は問われると思うが、今の「いじめ」は、そこまで加害者へプレッシャーを与えないと治まらない、と知るべきだ。


私が教師だったら、処分覚悟で、最低でもそこまでするだろう。





■【加害者の親からの(心からの)謝罪】を求める理由も、そこにある。


基本的に、加害生徒は【反省しない、出来ない】と、知って置くべきだ。
それが簡単に出来るのなら、最初から「いじめ」などしない。


だからこそ、【親が本気で謝っている姿を見た時】、自分が悪いことをしたのだと気付く。




■しかしながら、どんな親でも自分の子供は可愛いし、親そのものが【自己保身者】であることも少なくない。


そんな親に、学校は必死で説得しなければならないのだが、残念ながら、今の先生達には困難な壁に見えるようだ。


それは、最初から先生達が自身と信念が無いゆえに、負けている】からであり【説得力】に欠けているからだ。


他の誰のせいでも無い、教師の器量の問題だ。





■今回、相談を受けた人の担任の言葉には、驚かされた。


「私の力不足で、どうしようもありません。転校されるのなら、その方がいいと思います」だ。


昨日、被害者の両親と共に学校長と話し合ったが、この担任教師からの正確な報告は受けて居られなかった。


私は、校長先生に「自分の力不足。だから転校を奨励する」ような担任には、指導のお願いをした。




■今件は何のことはない。一にも二にも、担任の生徒指導力不足が原因だ。


だが、こうした臆病なサラリーマン先生、もっと言えば【単なる労働者としての先生】が、あまりにも多過ぎる。


【教師は聖職】の言葉など、いつのまにか消えてしまっている。




■校長先生は、良い人だが、御両親の話を聞かれて、加害者と加害者の親からの謝罪を求めたら、「ここが、難しいですね」と、悩んで居られた。


要するに、加害者の親に「あなたの子供さんの非は、こうこうこうしたもの」と、説得する自信が無いだけだ。


ならば、私が代りに言ってあげてもいいが(笑)、こればかりはそうはいかない。
もちろん問題がこじれた場合は、いくらでも出て行く。その程度の覚悟なくして、「いじめ相談」など乗れるものでは無い!


私も相談を受けた者ではあるが、何等の権利を持つ者では無い。調査権も無ければ、指示命令権も無い。


そうした中で、武器となるものは、【心】しか無い。心の解らない人達に、心で挑む事になるので、器量・力量の問題になる。


そんな中でも私は、40人近い不登校の生徒さんを復学させて来た。

1日で終ったものもあれば、3日で終ったものもある一方、半年、一年掛かる場合もあった。




大阪市の問題は特別であり、学校は最初から加害者と結託して、【事件隠し】を行なっていたと思える。


被害者を、あたかも加害者の如く見せ掛けて、学校全体がそのように持って行っていたフシが伺える。


ここまで、徹底的な自己保身に走る人の場合、何等かの後ろ盾があるかとしか思えない。


御両親の諦めない力で、すでに問題は明るみに出ているが、それでもまだ、校長と加害者は、【逃げ切り態勢】に入っている。


ここまでなると、もう、同じ人間とは思えない・・のが、正直なところだ。




↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ          人気ブログランキングへ          
関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [いじめ問題(学校・教育問題)] | 2013.01.29(Tue) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【無から有へ】何も無い処から、生み出す・創りだす面白さ Apr 27, 2017
◆【礼、智、 信、義、勇、仁、徳】仏の智慧で世界を救い導け。正義を貫き、不義に妥協することなかれ。 Apr 26, 2017
◆【目は心の窓】個性さまざま、放ち放たれた言葉 Apr 25, 2017
◆【正論、必ずしも正義ならず】義憤としての冷静な怒り Apr 24, 2017
◆【知は力】失敗を反省し、繰り返さないことの大切さ Apr 23, 2017
◆【幸福の科学:緊急霊言】追い詰められた金正恩守護霊、トランプ氏に挑発メッセージ Apr 21, 2017
◆【病原菌の正体】新型インフルエンザに思う Apr 20, 2017
◆【反省と感謝】暴風雨人生から立ち直るには反省と感謝が絶対不可欠。常態化すれば上昇階段が現れるだろう。 Apr 19, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(3) Apr 18, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(2)。 Apr 17, 2017
◆【国民の生命を護ろう!】核・水爆・EMP・生物・化学兵器に、何等の抑止力を持たない日本国 Apr 16, 2017
◆【若き頃のバイタリティは素晴らしい】大学時と共産主義者との出逢い Apr 16, 2017
◆【北朝鮮危機】今こそ日本人の本物の信仰心の試される時 Apr 15, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々。 Apr 15, 2017
◆【雨・風・雷・台風】偶然にしては、あまりにも・・ Apr 14, 2017
◆【不思議な出来事】ネットで起きた実話、夢の中で見た真実、信じられないような話・・ Apr 14, 2017
◆【驚きと得心】本物の宗教に出逢えた喜びを、体験談として少しだけ Apr 13, 2017
◆【天国vs地獄は、信仰心vs無神論・唯物論】日本国家を救えるのは無神論者・唯物論者では無い。信仰心溢れる人達こそが日本を救い世界を導く Apr 12, 2017
◆【天国vs地獄】幸福の科学に出逢えて良かった!嘘偽りの無い本当の話 Apr 12, 2017
◆「幸福の科学」の教えには人類普遍の法則が説かれている Apr 12, 2017
◆【奇病】明るい心は光と、暗い心は闇と、波長は同通する Apr 11, 2017
◆【永遠なる魂と本物の真理】創価学会員の義叔母が亡くなった。晩年の義叔母は[幸福の科学の生命の法]を大絶賛し近所の人達に見せていた。 Apr 11, 2017
◆【人生の王道】人生の終末期に起きること Apr 11, 2017
◆【10年前の私的政治思考】選択の自由には責任が伴う(2008年:幸福実現党始動前のブログ) Apr 10, 2017
◆まずは、自らを高める Apr 10, 2017
◆【信仰心は未来を見る力】何を信じて、何と縁を持つかで未来が変わり、この世の生き方で還る場所が違う。 Apr 10, 2017
◆【未来は光か闇か】光は放射する事で闇を打ち消すが闇を放射して光を消す事は出来ない。光を取るのか?闇を取るのか? Apr 09, 2017
◆【愛のテーブル】愛は光。光の放射で闇は消えるが、闇を放射しても光は消えない。 Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【自殺は悪】自殺してはいけない本当の理由 Apr 09, 2017
◆無用の用 Apr 08, 2017
◆悪にも「為す悪と為さぬ悪」があります Apr 08, 2017
◆【自殺しないでください】天上界から見たら、自殺も他殺も同じです Apr 07, 2017
◆【My Life】仮面の母 Apr 07, 2017
◆【My Life】父の死 Apr 06, 2017
◆【病魔との戦い】大量の病気、絶対治らないと言われた病気まで、全部治った! Apr 05, 2017
◆【人生相談】うつ病の母との葛藤の中、自分も同じ病に Apr 04, 2017
◆【祈願(前)の奇跡】母の極度の痴呆が、瞬時に治った。 Apr 03, 2017
◆【自分記】神さまの子? Apr 03, 2017
◆【My Life】人ありてこそ我あり Apr 02, 2017
◆【祈願】への疑問。その仕組を知り得心。 Apr 02, 2017
◆【田布施システムは嘘!】血筋より志(こころざし)(過去記事移動 + 加筆) Apr 01, 2017
◆【国防はどうした!】北に核ミサイルを撃たせるな!半島情勢の今と今後は? Mar 22, 2017
◆【未熟な現代科学】知ってるつもりの現在の科学文明、そして未来。 Mar 15, 2017
◆【公教育の質を問う】学校、先生、PTAって? Mar 14, 2017
◆【真なる改革者は在野から】既存地位のある者の中から、真の改革者は生まれていない。 Mar 13, 2017
◆【日本は世界平和貢献国】東洋と西洋の文化の交わる地、日本を思う。 Mar 12, 2017
◆【苦と霊的人生観】苦を試練として受け止めよう Mar 11, 2017
◆【成長する秤(はかり)】苦しみの限界は、さらなる限界を乗越える事で、ステップアップする。 Mar 10, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m