◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【国師、来山】かつての維新の地:この山口に、国師と過去世で長州ゆかりの人達が、訪問された。

昨日3月17日は、〔幸福の科学:大川総裁〕が山口に入られた。

信者の言葉では【御巡錫(じゅんしゃく)】という。




信者と云えども、(妨害等があるので)総裁の行動予定は知らされて居ない。


私の勘では、前日に○○から○○に入って、【松下村塾】を見学された後に、【翌日に山口御巡錫】というパターンを予想していた。


家族でピタリと当てたのは私一人だった。


私は、「絶対に【松下村塾】を見学される」と言ったが、他の者は「まさか、あんな遠い所まで行かれないよ」と言う意見だった。


だが私は【間違いなく、絶対に行かれる】と思っていたし、その通りだった。





総裁は【山口県】の話になると【近くて遠い所】という表現をされる。


2年前だったか、下関に入られた。

通常の【支部御巡錫】での御法話は、各地の信者さん達への労いや励ましを含めて、誰にでも解りやすく親しみ易く語られている。


だが、この下関支部での御法話だけは違った。

【支部御巡錫】での御法話とは思えないほど、総裁の言葉からは滅多に聞くことが無いほどの厳しい内容だった。


予想外の御法話内容に、下関の信者はもちろん、山口県の信者は驚き、また震い立ったものだ。


後から聞いた話では、この時の御法話の為に、天上界の吉田松蔭を指導霊として招かれて居たとの事で、大いに納得が行った(笑)




■今回の御法話タイトルを見ても、(・・また厳しい話をされるのかな)と多くの信者が思っていた(汗)


おそらく総裁は、そういう信者の出す【念】を感じ取られたのだろう。


前回の下関支部とは逆の、【和ごんだ話】に持って行かれた。


普通は紹介される事もない同行者を、総裁自らが紹介されたので、本会場はもちろん、県内会場も、暖かさに包まれた中での御法話だった。


詳しい内容は書けないが、「吉田松蔭」に纏わる話が多く、【強固な意志が人を動かし、世の中を変える】ような事を話されている。




私自身も、祖父母が玉木文之進と近い縁族にあたるので、私も吉田松蔭とは血繋がりになるようだ。


玉木文之進の事は、親戚の玉木から耳タコになる程聞かされていたので、【とっても怖い人物】だとは知っていた(笑)


よもや、吉田松蔭と血縁があるとは知らなかったが、幸福の科学の【吉田松蔭の霊言メッセージ公案】では、メタメタに叱られていた(汗)


「全力を出していない」
だの、「私の至誠の教えを実践しろ」だの、褒め言葉のひとつも無く、気合いを入れられてばかりだった事を思い出す(笑)




■NHKの八重の桜での吉田松蔭(寅次郎)は、好人物に脚色が為されて居るが、最後の場面での姿こそが、本物の吉田松蔭(寅次郎)だ。


私の伝え聞いている吉田松蔭(寅次郎)は【ジョークが苦手】で、ほんとうに【真一文字の一直線の人】だったと教えられている。




それは、昨日の総裁の言葉の節々からも伺えた。


なんでも、【倒したい相手に、「あなたを打ち倒したいから、武器・弾薬が欲しい」】と言ったそうだ(笑)


総裁も、「異才なのか、ノー天気なのか解らない人ですね(笑)」と、会場を笑いに誘われていた。





私は異才にも、ノー天気にもほど遠いが、総裁の話される吉田松蔭像に耳を傾けながら、自分にも似た所が多いことを改めて知った。


・・そのひとつは、時々、自分が人間であるという事を忘れている事だ(笑)


もちろん気が変になっているわけでは無い。普通の人と比べて【時間の観念がおかしい】のだ(汗)



■誰もが1日先や1日前の事だったら、予測する事も、思い出す事も出来ると思う。


だが私の場合、幼い頃からの事を思い出そうとすると、頭の中にTV映像のように浮かぶ。コマ送りも早くも遅くも出来る。


だから友人達からは、「お前は、よくそんな事まで覚えているな」と言われるが、普段は完全に忘れてしまっている。


ただ、【何かのキーワードひとつ】で、次々と記憶のタンスが開くような感じで、いろんな事を思い出す事もある。




■未来も同じ。


むしろ未来への想いの方が強い。


若い頃(主に小中学生時代)に、こうした物が出来たらいいな・・と、考えて居た物の殆どは、現実に出来たり、開発途上にあったりしている。


例えば車だったら、【水で走る車、タイヤの無い車、ブツから無い車、目的地へ自動で走る車】等を考えていた。


道路に引かれた特殊線の上を1m浮上して、目的地を設定しただけで自動的に進む。割り込む車や急停止する車ともブツからない。


大人になってからは夢見る余裕も無くなってしまったが、こんな事を夢見る事が、ほんとうに楽しかった子供時代だった。


その後、水で走る車は、水素自動車が発明された。


タイヤの無い車はまだだが、【反重力装置】が開発されれば可能となるだろう。


ブツから無い車は、最近になって【レーザー・ストップ装置】で可能になり掛けている。


一例に過ぎないが、こうした事はほんとうに沢山思い付いて居た。だが当時書き記していたノートは、すべて風呂の捲きになったようだ(笑)


科学に関心があった私だが、幼い頃には【儒学、朱子学、軍学】も教え込まれていた。(・・ので、それ等が大嫌いになった(笑))


今頃になって、幼い頃に叩き込まれたものがチラチラと思い浮ぶ。





吉田松蔭は、玉木文之進に【山鹿流軍学(兵法)】を学んだ人だ。


だが、そんなものでは西洋に対抗出来ないと悟り、【西洋から日本を守る為に、西洋に渡航しようとした】


要するに、【倒したい相手に、「あなたを打ち倒したいから、武器・弾薬が欲しい」】と言った事と同じだ。


この発想が、頭が硬くなって、古い体質を持つ日本人には出来ないと思える・・もちろん私にも出来ないが(笑)


それほど、吉田松蔭は【異才】な人だったと思える。人の何倍もの【未来】が見えて居たものと察せられる。





幸福の科学の信者さん以外は信じられないと思うが、総裁が【山口県は、近くて遠い所】という言葉には、深い深い意味がある。


この際バラしてしまうが(笑)、明治維新期の長州勢のかなりな者達が、産まれ変わって幸福の科学に集って来ている。


吉田松蔭はじめ、木戸孝允(桂小五郎)、山縣有朋、伊藤博文、久坂玄瑞、高杉晋作、大村益次郎・・


今、パッと思い出すだけでも、これだけの人達が居る。


今回の【山口御巡錫】では、この中の内の4人が同行されていたようだ。


私が子供の頃から大好きな、土佐の坂本龍馬も居たらしい。


感無量だ!



■4年前の坂本龍馬の霊言メッセージ公案では、私の脳裏に次から次へと言葉が湧いて来た。


しばらくは、自分の考えなのかどうかも解らないので、メモ書きしたまま封印していた。


2年前だったか・・、机を整理していたら、その時の手帳が出て来たので、読み返して見ると、明らかに自分の考えでは無い事が解る。


だがそれを、他の人に公表する事には躊躇した。


【おんしはワシらの仲間がぜよ】の言葉があり、私の過去世は明治維新期に出て居たのかな?とも思うが・・


もしかしたら龍馬と何か縁があったかも知れない。



■今、幸福の科学に於いて、坂本龍馬と言えば・・それはもう大変だ(笑)。


そこに、吉田松蔭とも縁があると言ったら(笑)


・・ま、それは冗談だが、以前のブログに書いたものから抜き出して来た。


◆松陰の僅かながらでも血を受け継ぐ者として【軟弱】であるな!


◆私事雑感、「人は、思ったような自分になる」、「個人であっても国であっても、運命は変えることが出来る」


この中から、【坂本龍馬・吉田松蔭の霊言メッセージ公案】で閃いた言葉を、1年以上経って、ブログ公開した。


私には、その言葉が、本物か偽物かの区別が付かなかったからだ。


---------------------------------

おんしゃあ、強い時の自分に疑問を持っちょるのう
教えちゃろう
それが本当のおんしぞ


おんしゃ
刀の斬れ味を知っちょる
じゃから本気で斬ろうとしちょらんがぜよ


ワシも同じじゃったがのう
おんしゃ、ほんにワシと同じじゃのう
ワシの仲間がぜよ


じゃがのう
今は人助けのために刀は抜かんといかんと思うきに
抜けや


おんしの剣は必殺剣ぞ
斬っちゃれ
悪たれ縁を斬っちゃれ


ほんによう鍛えて来たのう
正義感まっこと強いおんしじゃきにのう


おんしの剣は活人剣じゃきに
抜けや


わしが許す





1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

スポンサーサイト

Theme [独り言] Genre [ブログ]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [幸福の科学] | 2013.03.18(Mon) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【さまざまな人生模様】素晴らしい二人の体育教師 Apr 28, 2017
◆【無から有へ】何も無い処から、生み出す・創りだす面白さ Apr 27, 2017
◆【礼、智、 信、義、勇、仁、徳】仏の智慧で世界を救い導け。正義を貫き、不義に妥協することなかれ。 Apr 26, 2017
◆【目は心の窓】個性さまざま、放ち放たれた言葉 Apr 25, 2017
◆【正論、必ずしも正義ならず】義憤としての冷静な怒り Apr 24, 2017
◆【知は力】失敗を反省し、繰り返さないことの大切さ Apr 23, 2017
◆【幸福の科学:緊急霊言】追い詰められた金正恩守護霊、トランプ氏に挑発メッセージ Apr 21, 2017
◆【病原菌の正体】新型インフルエンザに思う Apr 20, 2017
◆【反省と感謝】暴風雨人生から立ち直るには反省と感謝が絶対不可欠。常態化すれば上昇階段が現れるだろう。 Apr 19, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(3) Apr 18, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(2)。 Apr 17, 2017
◆【国民の生命を護ろう!】核・水爆・EMP・生物・化学兵器に、何等の抑止力を持たない日本国 Apr 16, 2017
◆【若き頃のバイタリティは素晴らしい】大学時と共産主義者との出逢い Apr 16, 2017
◆【北朝鮮危機】今こそ日本人の本物の信仰心の試される時 Apr 15, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々。 Apr 15, 2017
◆【雨・風・雷・台風】偶然にしては、あまりにも・・ Apr 14, 2017
◆【不思議な出来事】ネットで起きた実話、夢の中で見た真実、信じられないような話・・ Apr 14, 2017
◆【驚きと得心】本物の宗教に出逢えた喜びを、体験談として少しだけ Apr 13, 2017
◆【天国vs地獄は、信仰心vs無神論・唯物論】日本国家を救えるのは無神論者・唯物論者では無い。信仰心溢れる人達こそが日本を救い世界を導く Apr 12, 2017
◆【天国vs地獄】幸福の科学に出逢えて良かった!嘘偽りの無い本当の話 Apr 12, 2017
◆「幸福の科学」の教えには人類普遍の法則が説かれている Apr 12, 2017
◆【奇病】明るい心は光と、暗い心は闇と、波長は同通する Apr 11, 2017
◆【永遠なる魂と本物の真理】創価学会員の義叔母が亡くなった。晩年の義叔母は[幸福の科学の生命の法]を大絶賛し近所の人達に見せていた。 Apr 11, 2017
◆【人生の王道】人生の終末期に起きること Apr 11, 2017
◆【10年前の私的政治思考】選択の自由には責任が伴う(2008年:幸福実現党始動前のブログ) Apr 10, 2017
◆まずは、自らを高める Apr 10, 2017
◆【信仰心は未来を見る力】何を信じて、何と縁を持つかで未来が変わり、この世の生き方で還る場所が違う。 Apr 10, 2017
◆【未来は光か闇か】光は放射する事で闇を打ち消すが闇を放射して光を消す事は出来ない。光を取るのか?闇を取るのか? Apr 09, 2017
◆【愛のテーブル】愛は光。光の放射で闇は消えるが、闇を放射しても光は消えない。 Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【自殺は悪】自殺してはいけない本当の理由 Apr 09, 2017
◆無用の用 Apr 08, 2017
◆悪にも「為す悪と為さぬ悪」があります Apr 08, 2017
◆【自殺しないでください】天上界から見たら、自殺も他殺も同じです Apr 07, 2017
◆【My Life】仮面の母 Apr 07, 2017
◆【My Life】父の死 Apr 06, 2017
◆【病魔との戦い】大量の病気、絶対治らないと言われた病気まで、全部治った! Apr 05, 2017
◆【人生相談】うつ病の母との葛藤の中、自分も同じ病に Apr 04, 2017
◆【祈願(前)の奇跡】母の極度の痴呆が、瞬時に治った。 Apr 03, 2017
◆【自分記】神さまの子? Apr 03, 2017
◆【My Life】人ありてこそ我あり Apr 02, 2017
◆【祈願】への疑問。その仕組を知り得心。 Apr 02, 2017
◆【田布施システムは嘘!】血筋より志(こころざし)(過去記事移動 + 加筆) Apr 01, 2017
◆【国防はどうした!】北に核ミサイルを撃たせるな!半島情勢の今と今後は? Mar 22, 2017
◆【未熟な現代科学】知ってるつもりの現在の科学文明、そして未来。 Mar 15, 2017
◆【公教育の質を問う】学校、先生、PTAって? Mar 14, 2017
◆【真なる改革者は在野から】既存地位のある者の中から、真の改革者は生まれていない。 Mar 13, 2017
◆【日本は世界平和貢献国】東洋と西洋の文化の交わる地、日本を思う。 Mar 12, 2017
◆【苦と霊的人生観】苦を試練として受け止めよう Mar 11, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m