◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【私事雑感】ここ数日の我が家での出来事続き+α


いろんな相談に明け暮れて居たので、前回のブログで書いた恩師の言動まで気が回らずに、わけが解らなかった。


今朝、最近の出来事を、いろいろ思い出しながら仕事をしていると、フッと繋がった。


ドラマ〔相棒〕の杉下警部ではないが、「すべて繋がりました」だ。


よくもまあ、仕掛けてくれたものだ(笑)





■恩師は15年くらい前に病気をされて、若い頃の面影もなくなっている。


物忘れもあるので、「言った、言ってない」で喧嘩になった時もある。


最近では、私の方が諦めて(笑)、辻褄の合わない事でも受け流している。


だが、ここ最近の様子は、何かおかしい。


そして、東京からの事故確認電話以来、機嫌が良い?


その前にあった事を思い出していたら、「なるほどな、そうだったのか」と気が付いた。


■以前から店に来ては、「お前は、ああだった。こうだった」とか言われる。


どうやら先生の目には、私は順風満風の人生のように見えているようだ。先生の中には、スーパースターの私が居るようだ(汗)


だから時折、先生の知らない私の話をしていた。


そういう事が度重なり、「お前が言う事は、ワシにはよく解からんから、手紙で解るように書いてくれ」と言われた。


先生の中には【外見の私と中学時代の私】が居るのであって、【先生の知らない私】の話とでは、合致しなくて混乱されているようだ(笑)


■そこまで言われるのならと、簡単に綴ったつもりだが、難しかったようだ。


その時、「お前の手紙を東京に行った時、みんなに見てもらったぞ」と、言われた事を思い出した。


別に誰に見てもらっても構わないので、気に掛けても居なかった。(礼儀としては、私文書を了解無しに他人に見せるのは良くないと思うのだが・・)


私の書いた手紙を見た人達が、どういう反応を示したのかは解らないが、私は、解る人だけ解ってくれれば良いと思っていた。





■この先生(担任)に習ったのは、中1の1年間だけだが、よくもまあ自分でさえ忘れている事を憶えてもらっている。


だけどもこの時の私は、小5から続いていたノイローゼの真っ只中だったのだ。いろんな恐怖の虜になっていた。


だから、勉強にしても半分も力は出していなかったし、基礎体力は高校生レベルだったが、校庭に立つのが恐怖で運動部は長続きしなかった。


それでも人並み以上の成績を残していたので、当時の教師や同級生達の殆どは、私のことを覚えてくれているし、私も覚えている。


■そんな私のイメージが、未だに先生の中にあるのだろう。


「お前の打つテニスの音は、ビシッという、誰にも出せん音だった」


「喧嘩はしないお前だが、本気で喧嘩したら、お前が一番強かったと思うぞ」


「ワシが教えて来た子の中では、お前が一番文武両道の持ち主だった」


「ワシの女房も、テストの採点の手伝いをしながら、お前の名を見る度に、この子ってほんといい子よねって、いつも褒めてたぞ」


褒め殺しだ(笑)


確かに基礎体力が人並み外れていたのは本当だが、ノイローゼで無かったら、どんな生徒になっていたのかと自分でも期待してしまう(笑)


ま、「たら、れば」を言えば切りがない(汗)


ただ、恐怖心の虜になっていたので、全力疾走をせずに手抜き学生だったとは思う。


■だけども、テストの採点を家に持ち帰って、しかも奥さんに手伝ってもらって良いのだろうか(笑)。そういうウルサクない時代だったのだろう。


だけども、保健体育のテストだから・・決して褒められたものでは無かった筈(汗)


しかも先生の奥さんは、私が中3の時に嫁に来られた人で、私とは何も接点も接触も無かった筈だが?


先生に、「誰かの間違いではないか?」と聞くと、間違いなくお前だと言われる。


「たぶん、お前が気付いていない処で見ていたのだろうよ。そういう女房だった」(奥さんは40代で他界されている)


だけども、保健体育のテストねぇ・・見て欲しくなかったなぁ(笑)


■そうした、一見のんびりとした私が、やがて、無理矢理に全力疾走をせざるを得なくなる状況になった。


そのあたりの事を先生は知らない。


エリートのスーパースターだったとばかり思っていたら、そうでは無く、先生の知らないところで過酷な日々を過ごして来た経験話を聞かされても、
いきなり信じる事も出来ず、同じ人間には思えなかったのかも知れない(笑)


■だから「詳しく手紙を書いてくれ」と言われ、書いたのだが、知らないまま東京の人達に回覧したようだ(汗)。確かにそうした話は聞いていた。


すっかり忘れていたが、その中から、「電話してみる」と言う人が居たとも聞いていた事を思い出した。


「何を電話して来るんだよ」程度にしか思っていなかったので、気にも掛けて居なかった。


そして先日、電話が掛って来た。


先生がバイク事故した事での確認だとのこと?


・・何の事だか解らなかったが、「どんな会話をしたか」だの、「どんな様子だったか」だのと、しきりに先生が気にする?


「普通に会話しただけだ」と答えたが、それから数日後からは、すこぶる上機嫌?


それが前回の話。


これ等を繋ぎ合わせて、なんとなく解った(笑)。おそらく間違い無いだろう。


■たぶん、私の書いた手紙を東京の誰かが見て、どんな感想を持ったのか知らないが、バイク事故の話を口実に、私という人間を図ったのだろう。


一人の山口県人の身の上話を書いたものを見て、電話で直接話して、「人となり」を知りたかったのかも知れない。


だから、保険屋を名乗る人が機嫌良く電話を切られたのだろう。OKサインでも出たのだろうか(笑)


だから、先生もご機嫌になり、私の知らない相手に名刺を渡すなど不可解な言葉になったのだろう。


そう考えれば、「国体1位になった理由も解った」の意味も、すべて辻褄が合う。


■だけども、人の手紙を回し読んで、どんな人間か確かめる電話をして来るとは・・世の中オソロシイ(笑)


山口県民は真面目ですよ。それが取り柄ですよ。


だから、こんな回りくどい事されては悩んでしまう(笑)


先生が来たら、問い詰めて、とっちめてやろうと手ぐすね引いて待っているのに、来ないなぁ(笑)


今は、おそらく、私とこの先生の関係のような、何十年も人間的繋がりを大事にしている人達は、少ないと思う。


単に仲良しクラブでは無く、本気で意見がブツかった場合は、口論や喧嘩にもなる(笑)


だが、長引かない。「この前はごめん」で、お終い。




自分で習っていても、覚えていない大切な事が、証拠として(笑)私の要点整理ノートに書かれていた。


「韓国併合:強制的併合」の部分だ。



中2ノート-2013-04-22 


これを教えてくれたのはY先生だが、Y先生は教科書無視して黒板に授業時間一杯使って書きまくって居た。


私は、その書かれたものを書き写すだけで精一杯で、家に帰ってから、こうして要点と思えるものを抽出して居た。


その先生に、「この、韓国併合:強制的併合は、当時の文科省や先生方の考えなのか。それともY先生の独自の考えなのか」を聞いた。


「Y先生はなぁ・・」と、この件に関しては、保健体育と社会を兼務していた先生も、答えにくいようだ。


おそらく、Y先生の性格からして独自の考えなのだろうが、先生が生徒に、こうした間違いを教えてはいけないじゃないか!


当時の教科書も何も残っていないので確認のしようも無いが、父親達から聞かされている話とは違う。


私は父親達から、
韓国併合は強制的併合では無く、朝鮮王朝から請われての併合だった】と聞かされている。


父は軍曹であり、子供の私達には戦争の怖さを語っていた。だが、ウソは絶対に言わない人だ。



先生は、「おそらく、お前の言う事が本当だろうよ」と言われていた。


なんとも歯切れが悪い(笑)


公人的な立場の人なので、断言しづらいのだろうが、それはまた【教育現場の荒廃】を物語っている。


このような先生の立場の人達こそが、【日韓国併合は強制的併合では無い】と声を挙げなければならない筈なのに、押し黙っている。


子供達に、ウソの歴史を教えていたのなら、こうして聞かれた時には、真実を語るべきだろうに。


ほんとうに、なさけなく思う。




安倍総理や自民党にしても、【河野談話の修整はしない】と言われているようだが、それが日本国民をどれだけ貶めるものか・・


解っていても出来ないのは、外交分野と絡めるからだろう。


外交分野と切り離して、日韓相互の【歴史認識】の間違いを、とことん話し合って頂きたいものだ。




安倍総理の言い分は、おそらく、「1965年の日韓基本条約で、すべて戦後処理が為されている」と、強調されたいのだろう。


その時に、日本が韓国に支払った賠償金は北朝鮮分まで含まれたものだ。


そして、その条約を締結したのが、当時の朴大統領であり、今の朴氏の父上だ。


私から見たら、父が韓国国民に隠し続けて来た事実を、娘が隠蔽しようとしている姿に映って仕方がないのだが・・




それはまた、良識ある日本人なら、多くの人達が思っていると思う。


相手を思うがゆえに、大切にするがゆえに、本当の事が言えないのだ。


いつのまにか、日本人の中にそうした思いを持つ者が増えて来た。個人間では、そうした事もあって良いと思う。




だが国家間に於いては、勇気を持って真実を語らなければならない時もある。


過去に間違った話をしたならば、「間違っていた」と謝り、真実を述べるべきだろう。


日韓の歴史認識は、強引な性格を持つ韓国の人達と、謙譲の美徳を持つ日本人では、今に至れば相容れないかとは思う。


だからこそ、【寛容な教えが説かれている宗教】が必要になる。


そうした宗教心があればこそ、こうした問題は外交分野と切り離して向合う事が出来る。




■どこぞの知事が「宗教で喧嘩ばかりしている」と発言されたが、確かにそれも一理はあるが、宗教の根本が解っていない発言だ。


ましてや、自分と他国の比較差を自慢してはいけないだろうに・・


日本人の謙譲の美徳や恥の文化が、失われつつあるようだ。





                 ↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ          
関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [人ありてこそ我あり(自分記)] | 2013.05.11(Sat) PageTop

Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆吹田晃氏が亡くなった。。お世話になりました。ご冥福を祈ります。 Jun 21, 2017
【冗談話】安倍総理の70年談話前に各国に謝罪する。(2015年8月の下書き) Jun 21, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト全編】 1963年~1967年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト①】 1963年~1964年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト②】 1965年~1967年(画像による順位表) Jun 07, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう May 31, 2017
◆【他人が作れないレシピを考える】まずは一から出発・再出発できる有り難さ、白紙に描く喜びを知ろう。 May 13, 2017
◆【超音波と衝撃波】NHKは地上の原発の安全性を立証したことになる(再掲載) May 12, 2017
◆【草と忍者(続き)】現代の草と忍者は暗闇世界の使者。光の世界の拡散を妨げることで己の居場所の確保をしている。 May 11, 2017
◆【異常気象は天意の証】無神論者・唯物論者が、日本と世界を滅ぼす(再掲載) May 10, 2017
◆【素晴らしい国:日本】欧米やアメリカ大使館の御方へ。安倍総理の靖国神社参拝は、どこの国でも、ごく、当り前の事ですよ。 May 09, 2017
◆【善い話・怖い話(笑):悪霊退散!台風迂回!】ここ数日の奇妙な出来事(再掲載) May 08, 2017
◆インド、ネパールで、日本に産まれた〔再誕の仏陀〕が説法。インドでは5万人集会で大騒ぎ!(再掲載) May 07, 2017
◆【危機を防ごう】マヤの予言危機を回避しよう(再掲載) May 06, 2017
◆この世の救済も大事だが、【魂の鎮魂】も、とても大切なことだ May 05, 2017
◆【ニーズよりシーズ】逆境をバネにして善き種を蒔け。 May 04, 2017
◆【団塊の世代から若者諸君へ】団塊の世代は向上心の塊/若者諸君。 May 03, 2017
◆【雑談の中に真理あり】会話こそ我が人生。 May 02, 2017
◆【知る機会を失うことなかれ】親から子へ、子から孫へ。 May 01, 2017
◆【さまざまな人生模様】素晴らしい二人の体育教師 Apr 28, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m