◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク    
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【恥の文化を取り戻せ】間違った恥の意識が蔓延しているが、かつては己の行為を恥じる日本文化があった。+余談・雑談。


■今朝(5/31)のNHKニュース〔おはよう日本〕で、ヘイトスピーチ(乱暴な発言)を特集していた。


どうやら〔在特会〕の事らしいが、コリアンタウンでデモしながら、ヘイトスピーチをしている場面を流していた。


この〔在特会〕は、〔チャンネル桜〕と繋がりがあるのか?双方で同じ人達が出て来る。


私自身は、〔在特会〕も〔チャンネル桜〕も殆ど興味が無いが、〔在特会〕のヘイトスピーチには疑問を持っている。


言葉を大事にしない人達は、どんなに正論を言っても、受け入れ難いものがある。





日本の伝統的な文化は【恥の文化】とも言われている。


世間で普通に使われている「恥ずかしい」の意味とは、かなり異なる。


・他人様に迷惑を掛けては、恥ずかしい。
・規律を乱す行為は、恥ずかしい。
・弱い者いじめは、恥ずかしい。
・己の責任を他人に被せるのは、恥ずかしい。
・身内から犯罪者を出しては、恥ずかしい。
・・のような、【恥の文化】を持つ国だった。


今は、この本来の【恥】の意味が、自己的になっている気がする。


・笑われるのが、恥ずかしい。
・勉強が出来ないので、恥ずかしい。
・背が低いから、恥ずかしい。
・他人と同じ物が持てないから、恥ずかしい。
・流行に乗り遅れたら、恥ずかしい。


この程度なら、まだ良いが、もっと酷くなると


・嘘がバレたら、恥じだ。
・秘密・内緒事がバレたら、恥じだ。
・・のように、かなり自己保身的に使われるようになっている。




■日本人は、もう一度、【恥の文化】を見直す必要があると思っている。


【恥の文化】は武家文化でもあるが、大衆化しても善い意味で用いられていた。


私の子供の頃と比べて、特に目立つのが、【他人様に迷惑を掛けては、恥ずかしい】意識が薄れている事だ。


薄れている処か、面白がっている者達が増えている気がしてならない。





■橋下氏のトンデモ発言で、日本は急速に【非道徳で下等国家】と、世界から見なされつつある。


もちろん、本当の日本を知っているアジア諸国の大半は、親日意識は変らない。


問題は、100年前から黄色人種への偏見を持つ欧米だ。


自分達がやって来た人種的差別を見えなくする為に、これまで日本は欧米諸国から見えない偏見差別を受けて来た。


だけども先の太平洋戦争では、インドネシアが500年以上宗主国と戦っても歯が立たなかったのに、日本人は僅か数ヶ月で追払った。


そうして戦後、続々と独立した国は、必ず日本の影響を受けて来たし、日本に対して感謝と憧れは今も変らない。




そんな国と同じ事をしても、いや朝鮮国には日本並みのインフラや教育制度等を敷いても、反日的だ。


日本は台湾にも同じ事をしたが、台湾の人達は、好日だ。


中国と朝鮮半島だけが、【間違った歴史を作り】、自己正当化をしている。


この国々の人達は、非常に攻撃性が強いのが特長でもあるだろう。




■私は、20年前に、友人が中国人に結婚詐欺にあったので仲人に抗議に行ったら、脅された。


「私等、中国人は日本人と違って、【人を殺すことなど、なんとも思っちゃ居ない】からね。文句があるなら、アンタ等、殺すよ」と、包丁を持った。


薄々感じていたが、それが中国人の正体だと知った瞬間だった。


ま、相手はおばさん。殺人未遂で取り押さえて警察に引き渡しても良かったのだが、肝心の男がガタガタ震えて居るので、どうしようも無かった。




こうした攻撃的な人の弱点は、【攻撃を受けること】だ。


私は、その後も何人かの中国人と接して、良く解った。


こちらが大人しく聞いているとマクシ立てて来るが、「ちょっと君。いい加減にしろよ」と、本気モードになれば、慌てて逃げ去ってしまう。


以後はスレ違っても、相手は気付かぬ振りをしながら、自転車で走り去り、顔も合わそうとしない。





余談だが、面白い?事を思い出した。


■私は、8年前の8月20日に心筋梗塞で入院した。


なぜに日付を覚えているかというと、父親も同じ日に、同じ病気で入院したからだ(笑)


40年の歳月は、同じ病気でも生死を分けるほど医療は進歩していた。


特別室から一般病棟へ移った時、ふたりの夢を見た。





ひとりは、中学同級生Sで、夢の中で「助けてくれ」と言う?


中学時代は仲良かったが、(暴)組織に入ったので、私は距離を取った。


たまに合うと、無言で手を上げて「よっ!」、「オッス!」のような真似はしていたが、話す事はしなかったし、彼も近寄って来る事も無かった。


自慢にもならないが、当時は県下でも屈指の(暴)輩出校で(汗)、同級生達からも5~7人出ていたが、3人は亡くなっている。


その亡くなったひとりが、私の夢に出て来て「助けてくれ」と言ったのだ。


だがその時は、Sが、同じ年の5月に同じ病院の屋上から飛降りて亡くなって居た事すら知らなかった。


退院後知って、「バカヤロー!」と、思わず大声を出してしまった。


すると、あの時の夢は?と思うと、少しばかり背筋が・・(笑)


寒くはならないが(笑)、3ヶ月経ってもまだウロ付いているのかと、可哀想になるが、仕方がない。




■他の者はともかく、Sは(暴)に入るタイプでは無かったのだが、人生のどこかで道を間違えたたのだろう。


ずっと以前、県内の祭りで道路が満員の中、人混みが右と左に分かれて行く?


何かと思うと、前方から○○一家というバッジを付けた方々が(笑)、ヨコ一直線に並んで道を歩いて来る。


さて、どうしたものかと(笑)考えていると、右隅でSが「バカ!よけろ!」のジェスチャーをしている(笑)


なぜ、こうした方々に、わざわざ道を譲らねばならないのだろうか。


だけどもこのまま居たら、ハチ合わせで、ひょっとしたらひょっとする(笑) ひょっとしないでも、なるか(笑)


とにかく、前方を塞がれているので、私はクルリと向きを変え、信号交差点まで、皆様方の先陣を行った(笑)


交差点で「おい、ムチャするな」と、Sは言いながら去って行った事がある。




■その後に、病院待合いでSから聞いた話では、当時、「お前の知り合いか」、『中学の同級生です』。「仲が良かったのか」、『ええ、まあ・・』。
「大した真似してくれるじゃないか」、『すみません』。「強かったのか」、『Aを一撃で吹っ飛ばした奴で・・』。「Aをか」、『はあ』
・・のような話があったようだ(汗) で、なぜか?その後、彼のランクが上がったとのこと。・・なんて話、どうでも良かった(汗)




■どうしても思い出しながら書くので、脇道、寄り道が多い。(妻からは、日常生活でも同じだと言われるが(笑))


私は、(暴)ながらSの事は好きだったし、Sもたぶん同じだったと思う。


ただ私の方が意図的に避けていたので、Sもまた、そうしていたと思える。


商売人と(暴)が接触するのは、信用に関わるので、私は一切接触しなかった。




■Sはともかく、私が吹っ飛ばしたというAは、誰が見てもヤッちゃんタイプだ。


吹っ飛ばしたのも、ウルサク付きまとってからかうので、とうとう「やかましい!」と、押しただけなのだが、机やイスをなぎ倒しながらガタガタ倒れた。


反撃して来るかと思ったら、「ワシが悪かった。そんなに怒るなよ」と肩もみをして来た。


この頃の体格差は、かなりあったので、2度と向かって来ることはなかった。


ただ、30代になった頃、家の前を通っていたので、呼び止めた。


「おい、お前、今何をしてるんだ」


『ワシか、ワシは(暴)だ』


「自分から(暴)って言うかよ、本当か」


『ああ、お前のとこで、不渡りになった手形や小切手が有ったら、買ってやるぞ』


これだ、こういう奴だ。相変わらずだ。


「悪いな、俺のとこ、不渡り物は無いし、例えあってもお前達の世話にはならんから、用事は無いな」


Aは、苦笑いしながら去って行った。


やがてAは殺人教唆で刑務所に入った。出所してからも、今なお現役のようだが、喫茶店であっても、お互い知らん振りだ。


同じ教室で学んだ者達でも、どうしてこんなに道が違ってしまったのかと思うと、今でも複雑な思いになる。


だからと言って、私が死んだSを天国に上げる事も、Aを更正させる事も出来ない。


時々でも、こうして思い出しては、彼等に光が入る日を祈ることしか出来ない。





■入院時に、もう一人、夢に出て来た人が、私より5歳程度年上だったが、今では県内でも、そこそこ有名になっている企業の社長だった。


もしかしたら、この社長と私の縁は深いのかも知れない。


私が30代の頃、原材料を分けてくれと頼みに来たのが最初だった。


「何に使うのか」と言えば、私の仕事と関係無い事を言うので、原材料を売っていた。


ところがある日、得意先でハチ合わせになり、私の仕事の真似をして低価格で売り込もうとしていた(笑)


しばらく喫茶店で話ながら、事の次第を聞いた。


そして、私の下請けになる事で合意し、奥さんや従業員達に、私が技術指導をしていた。


そんなある日、「ビルを買って、ふたりで一緒に仕事をしよう」と言う?


1個建の市営住宅に住む人から言われても、本気だとは思っていなかった。


ところが、本当に、ビルを買って、仕事を営むようになった。


どこからそんな資金が出たのかと聞けば、山陽新幹線のお陰で、数億のお金が入ったようだ。


最初は、年下の私が、あれこれと指導や相談に乗っていた。


売上が上がらないので、私の弟をくれと言う。だが、私と弟は、何から何まで大違い。


ある年の盆、弟が帰った時、そうした話をしたら、私の知らないところで、社長と弟ふたりで話を決めてしまっていた。


弟は真面目でよく働くので、私は、相談役的なことをしながら、その会社を大きくした。会社は運良く急成長した。




■弟からの話だが、この社長は不渡り手形類を(暴)に売り払っていた。


ある日、社長と弟が出掛けた時に、元取引先の奥さんと出会ったようだ。


奥さんは酷い剣幕で「この人殺し!あんたのせいで夫は自殺した。夫を返せ!」のように言われたようだが、社長には何の事だか解らなかったようだ。


「アンタ!(暴)に手形回したでしょう。お陰で私達エライ目に遭って、夫は自殺したのよ。アンタが殺したのよ!」と責められたらしい。


社長は『ワシが殺したと言われてもなぁ・・覚えがないのだが』と言って居たようだ。


不渡り手形類を僅かでも金に換えようと(暴)に渡すから、こういう事になる。


(暴)に売った手形類を、彼等が徹底的に締め上げるのは解り切った事だが、この時点では知っていなかったようだ。


罪深いことをしたものだ。




■市内の社長同士の集まりでは、言葉遣いや態度に問題があった人だが、「この足は何だ!」と叩きながら言えたのは、私だけだ(笑)


そこまでの仲だった。




■そんなある日、宗教に無縁と思っていたら「娘がお前のやっている〔幸福の科学〕に興味があるらしいから、5冊程度見繕ってくれ」と言う。


「社長?あんたは興味あるのか?」と聞いたが、積極的には無いと言うので、御生誕祭に連れて行った。


終るなり、紅潮した顔で「良かった、良い話だった」を繰返していた。




■それから間もなく、私が前述の心筋梗塞で入院した。


夢の中で、車イスに乗った社長が出て来て、『見舞いに来た』と言う。


私も夢うつつだったので、なぜ?社長が車イスで?と解らなかった。


『お前もワシの所へ入院したので、来てみた』と言う。どこの病院かと聞けば九州小倉の病院だと言う?


「ここは山口県の病院だよ」と言っても、小倉の病院だと言う?


「ところで社長、私は仰向けになって寝ているのに、社長は目の前に居るって言うの?」


『居るじゃないか、こうして。さっきからお客もゾロゾロと入って来てるぞ』


「なんだって!」っと思った私は、夢うつつながら〔幸福の科学〕の経文を詠み始めた。


すると、『おい、居るのか?お前の姿が見えなくなった。居るのか。おい』と社長が言う。


「ずっと同じ場所にいるよ。客は?」


『お前の姿が見えなくなった頃から、みんな出て行った』と言う。


朝暗い、うつらうつら状態の時で、自分では寝ていて夢だと思っているが、よく解らない。




そして退院後の9月。社長が九州小倉の病院で亡くなったと知った。


社員にも内緒だったようで、自宅静養と伝えていたようだ。


だから奥さんから「なんで九州の病院って知ってるの」と、しつこく聞かれた(笑)



あの夢は、何だったのだろう?


社長と言っているが、実際は私が育てた会社だ。企業拡張に膨大な借金をしていた事も知っている。


だが、どうやら、社長が亡くなった後を見ると、借金を帳消しにする保険金が入ったものと思える。


今は息子が跡を継いで居るので滅多に行く事は無い。


その息子も、以前はキャチボールの相手をしたりしているので、私にだけは無理してでも合ってくれる。


以前、選挙候補を突然連れて行った時も、1階カウンターの者は、私の顔も知らなくて戸惑っていたが、わざわざ息子社長が降りて来てくれた。




そうした縁を辿れば、今の私でも、かなりな票を集められると思うが、10年間のブランクは大きい。


直接逢って話さないと、元のような親交は深められない。


だけども、私の名で県内企業に葉書を出すだけでも、少しは違うと思うのだが、どうも私の思惑と〔幸福実現党〕選挙方法にズレがある。


候補にしても、平日に来たら、いろんな企業を紹介すると伝えてあるのだが、日曜日の夜にしか来ない状態では何も出来ない。


だったら候補なしで、4年前やったような辻立ち街頭演説をすれば良いのに、それもしないという。


要するに、私はお手上げだ(笑)・・なんて事は無いが、外に出る暇もないので電話で頼んで居るが、直接顔を見なくては正確な反応が解らない。


仕事しなくて、企業回りをさせてもらえればなぁ(笑)





                 ↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ          
関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [人ありてこそ我あり(自分記)] | 2013.05.31(Fri) PageTop

Comment

Private

 


 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【知らせない自由?】マスコミの黙殺権は、左翼貧乏思想の現れ Oct 16, 2017
【選挙妨害】幸福実現党v s 創価学会の場外乱闘! 学会による選挙妨害? + α Oct 13, 2017
【NEVERまとめより】もし幸福実現党が政権を取ったらどうなるか?その衝撃の未来がやばすぎる件 Oct 10, 2017
【比較検証】自民党は幸福実現党の政策を次々と採用!? Oct 09, 2017
【衆議院議員選挙公示間近】政党の政策から見たら、あれっ? Oct 08, 2017
【幸福実現党の先見性】8年前の幸福実現党後援会用パンフレットを再確認 Oct 02, 2017
◆【幸福実現党こそが真の未来を築く】国難(選挙)は、2009年から幸福実現党が言い続けて来た言葉だ! Sep 29, 2017
◆【不正選挙?疑問の残った開票現場!】4年後に再検証させて頂く為に、事実を正確に書き記す Sep 29, 2017
◆【疑問の残った開票現場!】4年後に再検証させて頂く為に、事実を正確に書き記す Sep 29, 2017
【神様が来た!】戦後最も危険な時期に来られたのは、地域を護る意味があるのだろう Sep 26, 2017
北朝鮮危機に本気で向き合う幸福実現党に、フランス国営放送が取材に!そして放送! Sep 16, 2017
◆【あなたは、ご存知だろうか?】中国(習近平)、幸福の科学/幸福実現党、マスコミは、何を考え、何をして来て、何をしていて、何をしようとしているのか?【過去記事移動】 Sep 16, 2017
【なにだぁ?これは!】北「日本を核爆弾で海にぶちこむべき」と非難 Sep 15, 2017
【ショック!】外国の人から「日本は2度目の無条件降伏をするのか?」と、言われた! Sep 10, 2017
【お知らせ:山口県民の方々へ】大川隆法総裁の特別大講演会『人類の選択』が FM山口で放送されます。 Aug 31, 2017
◆【白龍?】空の雲を見ていると、いろんな形に変わるのが面白くて好きだ。だが、天候との関係は如何に? Aug 07, 2017
迷走台風5号は、日本国民への神々からの警告か? Aug 06, 2017
大川隆法総裁 講演「人類の選択」 Aug 03, 2017
◆【いじめを無くそう】人は感性(勝負)→知性(損得)→理性(善悪)→悟性(神仏への愛)と成長する Jul 29, 2017
音楽等の整理 Jul 24, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m