◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

◆【消費税は、本来の租税とは違うものだ!(再掲載)】消費増税は、消費を抑制し、売上を減らし、結局は総税収は減益となりかねないし、不景気経済をも呼び込んでしまう。


【2009年11月4日の再掲載】


私は、本来は工業技術系に進みたかったのだが、進路変更を余儀なくされた。
町工場を受け継ぐことになった。


だが、進学校へ行ったのでソロバンも簿記も出来なかった。
だから、少しばかり大学で学んで来た。


その証拠だ(笑)
教科書



(すでに捨ててしまったが、捨てる前に記録として残して置いた)


経年劣化でボロボロになったのではない、使い込んだと理解して欲しい(笑)

会社経営をしていて、経営経済的には素人では無いことを知って頂きたく、余談から入った。





【消費税について】


■国家の予算は、税金が収入源であることは言うまでもない。


本来は、収入の範囲内で予算配分が為されるべきだが、近年、【福祉行政】が拡大している。


福祉が拡大すれば、当然、支出は増える。




■4年前、〔幸福実現党〕が掲げていた、【消費税ゼロ政策】は、なかなか理解は難しいと思う。
それが本当に理解出来る人は、経営経済学者でもノーベル賞候補になる程度の人でないと無理だろう。
シュンペーター、ハイエク、ケインズ、ドラッガーあたりが理解出来ないと難しいと思う。


4年前だったら、こうした【消費税ゼロ政策】も可能だったが、民主党の無茶苦茶政策に寄って、現状の5%をやむを得なくなった。




■その仕組みを、【河の流れ】や【献血】で説明してみたい。




【インフレ経済・デフレ経済の違いと、その時の金融対策】




インフレは、河に水が溢れている状態。


勢いよく流れている時が好況、トロトロ流れている時が不況


その水量を調節するのがダムであり、金融(政府と日銀)の役割。




デフレは、河に水が少ない状態。


それでも勢いよく流れている場合もある、これがデフレ時の好況


これを勘違いして、水が少ない状態で、勢いよく流れているからと、インフレ対策と同じくダムの栓を閉めてしまったらどうなるだろう?


家庭に届いている水道の水はチョロチョロ状態なのに、
ますます酷くなる、断水状態に陥ってしまう。


だが、それを実際にやっていたのが、数年前の政府と日銀だ。


勢いが良いからと云っても、水量を見なければならないのを、見なかった。


だから、家庭に水が流れにくくなって、水のチョロチョロ状態が酷くなった。


それが不況の大きな原因となってしまった。




本来は、リーマンショックなど問題では無かった。


受けた傷は、かすり傷のようなものだった。悪名高い定額給付金より少なかったのだ。


だが、マスコミはこぞって、それを大袈裟に伝えて、国民に不安感を与えてしまった。





消費税と名前が付くまでは、売上税として検討されていた。


売上に対して税を課すのは抵抗も多いのではと、消費税となった。


ところが、売上税であろうと、消費税であろうと、租税本来の徴収方法が間違っている。


租税というのは、たわわに実った樹の実から頂くのが本筋だ。


果実が沢山成って、その果実の一部を頂くのが、租税の本来の姿だ




■その代表例として、仁徳天皇の「煙突の煙」の話は有名だ。(当時は天皇が政治をしていた、政教一致だった)


ある日、夕刻になっても民家から煙が立ち上らないのを気にやまれた天皇は、「きっと、民は暮らしが貧しくて釜戸の火も熾せない状態なのだろうな・・」と推察された。


そして、「しばらく租税(当時は米や野菜など)を取るのをやめよう」と、民人の為に租税徴収を停止された。


この後しばらくは、仁徳天皇家の生活も大変な事態となっていたのだ。


ボロ衣を纏い、雨漏りだらけの傾きかけたボロ家のまま、寒さにも堪え忍ぶ生活が続いた。


そうして3年経った頃、民家からモクモクと煙が立ち昇るのを見られて、「民もこうして夕食の支度も出来るようになった・・そろそろ租税を頂いてもいいだろう」


これが、本来の税と政治の在り方だ。


仁徳天皇の没後、多くの人々によって、あの世界に名だたる前方後円墳が民人の感謝を込めて作られた。





■話を戻すが、
このように、税は、国民から頂くものであり、国民から預かって、国民の為に使うものだ。


献血と似たようなものだ。


有効に使って欲しい。




本来の租税は、果実から頂く【所得税、法人税】だ。


ところが消費税は違う。
樹が成長する前の過程で、芽や葉を摘み取るようなものだ。


誰かれ構わず、幼い子供達からも無理矢理に献血を強要するようなものだ。


それでも足りないと、病人から血液を抜くようになったらどうなる?


例え話で語っているが、それが消費税だ。


消費増税をした為に、60兆円あった総税収が、今では総税収は、40兆円程度に落ち込んでいる。


20100730-2.jpg 





■日本人の潜在意識の中には、【節倹:節約倹約】がある。


特にお年寄り達は、消費すれば税をとられるのだから、消費=悪い事、消費税=浪費税に思えてしまう。


そして物を買わなくなる、老後の不安に回すタンス預金になってしまう。


そうして不景気経済が始まってしまう。





景気が悪くなれば、当然売上が減少する。


そうするとどうなるかを数字で説明しよう。 (解りやすくする為に簡単にしているので、誤差はご勘弁)



-------------------------------------------
■会社の業績を見るには、バランスシート(貸借対照表・損益計算書)を見れば解る。


会社の決算=売上(5000万円)仕入(3500万円)諸経費(1000万円)純利益(500万円)


この純利益(500万円)の中から、基本税【所得税、法人税、事業税など】を払う。


基本税率を40%として計算すると、


総税収=純利益(500万円)×0.4=200万円となる。



-------------------------------------------
次に、消費税5%が掛かったらどうだろう。


中小企業で幅広く使われている簡易課税方式で計算してみよう。 簡易課税方式消費税=売上×平均粗利(0.2)×消費税率(0.05)だ。

(ちなみに大企業等では、預かり消費税、仮払い消費税などに分けて計算している)


会社決算=売上(5250万円) -仕入(3675万円) -諸経費(1050万円) =純利益(525万円)となる。


そして
基本税=純利益(525万円)×0.4=210万円


消費税=売上(5250万円)×0.2×0.05≒
52.5万円


総税収=基本税(210万円)+消費税(52.5万円)=262.5万円となる。


確かに総税収は増えている、単純に見れば喜ばしいことだ。




だけども、そこには落とし穴がある。


現実的には売上が減って行く。売上が10%落ちたとしてみよう。
(比例的に仕入も減って行く)



会社決算=売上(4725万円) -仕入(3308万円) -諸経費(1050万円) 純利益(367万円)となる。


そうすると
基本税=純利益(367万円)×0.4≒147万円


消費税=売上(4725万円)×0.2×0.05≒47.3万円


総税収=基本税(147万円)+消費税(47.3万円)=194.3万円となる




消費税導入しても大きな税収増になっていない。


10%の売上減では、増税してもほぼ同額になってしまっている。


さらには、会社の純利益も落ちてしまっているので、これが次の消費を抑制してしまう。


この悪循環が始まったら不景気と呼ばれ事になる。



-------------------------------------------
■次に、売上が20%落ちたとしてみよう。
じつは、消費税導入後、売上10~20%減は、当り前のようになっていたのだ。


会社決算=売上(4200万円) -仕入(2940万円)〕 -諸経費(1050万円) =純利益(210万円)となる。


そうすると、
基本税=純利益(210万円)×0.4≒84万円


消費税=売上(4200万円)×0.2×0.05≒42万円


総税収=基本税(84万円)+消費税(42万円)=126万円となる。





よく見て頂きたい。


消費税導入前は、総税収は200万円だったのが、126万円に減って居る。


消費税を増やしたのに、逆に総税収は減って居る。


これが、【消費税導入したら税収が減る】の、簡単な説明になるかと思う。





何が原因かと言えば、【売上減】なのだ。


消費税がそうさせている。


減っているのは売上だけではない。


売れないから仕入も減るので、仕入業者の売上も減る。


その仕入業者が仕入ている先も、売上が減る。


経済全体が、売上減の悪循環、不景気に陥ることになる。





不景気に陥ったら、売上増が見込めないので、経費を削減するようになる。


人員削減始め、いろんな無駄を省こうとするようになる。


人員削減は経費削減で一番手っ取り早いのだが、結果的に企業の体力を落としてしまう事になる。


想定外の取り返しのつかなくなる場合も出て来る。


そうして倒産が増えて行くことになる。





不景気型経済でやらなければならないのは【景気回復、景気拡大】しか無のだが現政権は逆をやろうとしている。


不景気経済になれば、雇用対策として、福祉財政支出が増えて来る。


生活保護費なとが、その代表的なものだ。


働かなくても国家が面倒見てくれるという風潮が生まれると大変な事になる。


働けない事を理由にした怠け者が増えてしまう結果さえ招きかねない。




-------------------------------------------


■例えば、私の知人に身体障害者手帳の1級を持っている者が居る。 若い頃から脳腫瘍の彼は、目や耳が悪い。


裕福な家庭なのに、国から補助を受けるのは当然だと思っているフシが伺える。感謝のカケラも無い。


運転も出来ないのに500万円の外車、家には超大型TVが3台・・とっても豪華な生活だ。


それでも、国の福祉政策で、同年代が1ヶ月身を粉にして働いた給料と同じ程度の給付を受けている。


果たしてそれが本人の為になるのだろうか?


確かに病気はつらいだろう 。


その為に本当は、弱った者が出て来た時の為に、身内という存在があるのだが・・


戦後の妙な福祉政策が、身内から国家へと転ずるようになってしまった。




だけども、福祉をすべて国家だけに甘んじていては、国家は成り立たなくなってしまう。


赤字国債は全部とは言わないが、福祉政策の誤りも含まれている。



生活保障というのは単に給付金を出すのでは無く、国民が安心して生活を営む事だと思う。


本物の弱者は絶対に救済しなければならないが、常に社会復帰出来る環境作りが大切だと思っている。




■経費削減は、人員削減、公共事業削減などから始まり、そのまま進めば、不景気の悪循環から、不景気の渦に飲まれてしまう事必然だ。


企業体力は落ちる、雇用確保が難しくなる、生活に行き詰まって公的援助を受けるようになる。


ますます行政の支出は増えて行く。


そして、消費税を大幅に上げようとする。


だが、不景気はますます拡大する、倒産企業が増える、失業者は増大する。


さらに税収は減る、赤字国債発行が増える。


悪循環に次ぐ悪循環になってしまうことになる。





そこで政権政党さまへの提言です。


国のバランスシート見ること出来ますか?
出来ませんよね、もともと作ってないのだから、家計簿的な幼稚な収支報告書だから・・



ですから、この際、複式簿記を導入しましょうよ。 そうしたらどこに無駄があるか、よく解りますよ。


あちこち引っかき回しても、消費税上げても、簡単に財源は出て来ませんよ。


景気を回復させて、向上させるしか無いのですよ。


とにかく、消費税上げたら、増税したら、取り返しが付かなくなりますからね。


増税は、中止してくださいね。


【租税】とは、たわわに実った果実から、その果実の一部を税金として取るのが本来の姿ですよ。


木樹が生長する過程で、芽を税金として摘み取ったら、大きな樹に成長しませんよ。


枯れてしまいますよ・・


病人に献血させるようなものですよ・・




                 ↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ          
関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [政治・経済] | 2013.06.15(Sat) PageTop

Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆吹田晃氏が亡くなった。。お世話になりました。ご冥福を祈ります。 Jun 21, 2017
【冗談話】安倍総理の70年談話前に各国に謝罪する。(2015年8月の下書き) Jun 21, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト全編】 1963年~1967年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト①】 1963年~1964年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト②】 1965年~1967年(画像による順位表) Jun 07, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう May 31, 2017
◆【他人が作れないレシピを考える】まずは一から出発・再出発できる有り難さ、白紙に描く喜びを知ろう。 May 13, 2017
◆【超音波と衝撃波】NHKは地上の原発の安全性を立証したことになる(再掲載) May 12, 2017
◆【草と忍者(続き)】現代の草と忍者は暗闇世界の使者。光の世界の拡散を妨げることで己の居場所の確保をしている。 May 11, 2017
◆【異常気象は天意の証】無神論者・唯物論者が、日本と世界を滅ぼす(再掲載) May 10, 2017
◆【素晴らしい国:日本】欧米やアメリカ大使館の御方へ。安倍総理の靖国神社参拝は、どこの国でも、ごく、当り前の事ですよ。 May 09, 2017
◆【善い話・怖い話(笑):悪霊退散!台風迂回!】ここ数日の奇妙な出来事(再掲載) May 08, 2017
◆インド、ネパールで、日本に産まれた〔再誕の仏陀〕が説法。インドでは5万人集会で大騒ぎ!(再掲載) May 07, 2017
◆【危機を防ごう】マヤの予言危機を回避しよう(再掲載) May 06, 2017
◆この世の救済も大事だが、【魂の鎮魂】も、とても大切なことだ May 05, 2017
◆【ニーズよりシーズ】逆境をバネにして善き種を蒔け。 May 04, 2017
◆【団塊の世代から若者諸君へ】団塊の世代は向上心の塊/若者諸君。 May 03, 2017
◆【雑談の中に真理あり】会話こそ我が人生。 May 02, 2017
◆【知る機会を失うことなかれ】親から子へ、子から孫へ。 May 01, 2017
◆【さまざまな人生模様】素晴らしい二人の体育教師 Apr 28, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。