◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【教育・国防強化の壁】財務省は防衛省に充分な予算を。教育・国防に於いては、「談話の踏襲」や「棚上げ」は、危険な方向だ。


選挙!ってなったら、戦略か戦術か知らないが【言わなければならない事を、引っ込めたり、うやむやにする】のが、賢いのだろうか?


口当たりの良い事ばかりを並べて、とにかく票を稼げば良いのだろうか?


〔幸福実現党〕のような、馬鹿真面目な政党は、馬鹿を見るだけなのだろうか・・





◆◆◆ アベノミクスは、じつは中途半端な幸福実現党ミクスだ ◆◆◆


■民主党政権の悪夢の時代は、3年半でも、とてつもなく長く感じられた。


自民党政権になって、特に安倍総理になって、少しは安心して政治を見られるようにもなった。


だが、ほんとうは、安倍総理は「経済には弱い」という弱点がある。それゆえに、かなり勉強をされては居るとは聞いている。


〔アベノミクス〕だの言われていても、その中身は、4年前から幸福実現党が言って来ている事に過ぎない。


だけども、大事な第3の矢の成長戦略に関しては、かなり違う。相変わらずの官僚的な側面がある。


だから、第3の矢が本当に飛ぶのかどうかは解らない。





◆◆◆ 安倍自民党の教育・国防策に立ち塞がる壁 ◆◆◆


そのひとつは、公明党の存在だろう。今の自民党にとっての公明党は、痛し痒しだろう。


◆防衛関係費400億円増に圧縮 定員増に財務省が難色(msn産経:2013.1.26.)


今年1月、防衛省は自衛隊の定員充足率を高める為に、陸海空で1万8千人の増員を求めた。


だが、財務省は大幅増を認めず、僅かに300人弱の増員。


◆この背景には、公明党の斉藤幹事長代行が、甘利経済再生担当相との会談で、
「(防衛予算が)突出して伸びる事に付いては、国民としっかり議論すべきではないか」と指摘した事があり、
公明党が防衛費抑止に絡んでいたことは明らかだ。


与党内のこうした意見が「財務省の厳しい査定に影響した」(防衛省幹部)とみられている。


自衛隊の南西諸島対応などに戦線が広がっている以上、自衛隊の早急な増員は急務であり、防衛予算が「突出して伸びること」に何の問題は無い。


◆中国の侵略を手招きしている「国賊集団」が与党内部に居る事に、安倍首相は早く気付くべきだ。




■財務省の体質は、江戸末期の幕府と同じで「今が良ければいい」だ。


◆防衛大綱見直し、装備目標の扱い焦点。財務省、予算増の長期化懸念。自民は能力強化提言。(日経web:2013.05.31.)



◆中長期の防衛計画を妨げる財務省。


現在運用されている「防衛計画の大綱」は、10年程度先を見据えた日本の安全保障政策の基本方針。


政府は年内に新たな大綱をまとめる予定。


防衛省の約10年間の整備目標を定めた別表に対して、財務省は「複数年度に渡る硬直的な『お買い物リスト』はおかしい」として、
防衛省に別表の廃止も含めた見直しを迫っている。


防衛省は、財務省の要求に対して反発の姿勢を示しているが、当然の事だ。


国防計画整備は、中長期的な計画の下に進めるものであり、公共事業のような単年度単位で出来るものでは無い。


「国家を守るための10年計画」が、どうして「硬直的な『お買い物リスト』」なのだろうか?


おかしいのは財務官僚の発想であり、単年度予算】単位の考え方だ。


驚くべき事に、昨年の野田政権末期には、財務省主導で作成された概算要求では、前年度より防衛予算が削減されていた。


日本が今、どんな安全保障環境に置かれて居るのか、「日本最高峰のエリート」である財務官僚達は、全くの知らぬ存ぜぬだ。


ただただ、防衛予算を締め上げる事だけに執心しているのが現状だ。


今こそ、国家理念を打ち立てよ!


◆このような財務官僚の暴走がどうしてまかり通るのかというと、「国家理念」が無いからだ。


国家がどちらに向かって進めば良いのか、政治家達も分かっていない。


だからこそ、「省益」優先の官僚達に振り回されている。


危機の時代において、各省の「省益」の積み上げで、国が正しい方向に向くわけがない。


◆「国家理念」とは、企業に例えるならば、「経営理念」に相当する。


「経営理念」無くして大企業は成り立たないし、国家であればなおさらだ。


政治家がしっかりと方向性を指し示し、それに沿って各省が動く事が重要だ。


(◆参照:財務省、亡国の予算権力[HRPニュース・ファイル〕)





安倍総理が、突然【村山・河野談話の踏襲をする】と言われた時には愕然とした。


山口県人として【裏切られた思い】だ。


もちろん安倍総理自身の本音で無い事くらい分かるが・・
外圧・内圧に屈したのか、迎合したのか【その程度の内閣だったのか】の思いが強い。


1990年代以降の自民党は、長期政権を剥奪され、連立時代の到来と共に、【弱腰内閣】が持病のようになっている。


今の安倍内閣は政策的には大きく間違っては居ないが、国家の精神的支柱】と言える部分を曖昧にしてはいけなかった。大きな失策だ。


このままでは、日本は、精神的に、頸椎ヘルニア・椎間板ヘルニアのような脊椎損傷した国家・国民になってしまう。


■さらには、安倍総理の次の総理を思うと、背筋が凍る。


石破氏には日本国は任せられない。


もちろん民主党には任せるどころか、このまま減衰して行って欲しい。





■今回の参議院選で山口県から出馬される自民党の林芳正氏にしても、前回の山口市の公明党支持者の前では、【嘘を吐いていた】


「アベノミクスは公明党の政策のお陰です」と、拍手喝采を浴びていた。


林芳正氏も、選挙勝利の為には、『嘘も方便』として使う人】のようだ。


だが私は、どんなに肩書きある人でも、嘘】を言う人は信用しない。


今の自民党を含めた政治界が改めなくてはいけないのが、【嘘を吐かない】事だ。


【嘘も方便】を都合良く解釈してはいけない。


たとえ嘘で無い場合でも、白でも黒でも無い【灰色】にしてしまう体質が残っている限り、国民不信は付きまとう。


■安倍総理肝煎りの【教育と国防】は、民主党政権時とは比較にならないが、それすらも腰砕け寸前に思えてしまう。


教育問題では、絶対に【村山・河野談話の踏襲】をしてはならなかった。


断固として、「誤りがあったので訂正する」と言うべきだった。


安倍総理の、たったこの一言が、今後の日本の教育・国防面で、大きな課題を残してしまった。





■財務相を、家庭に置き換えれば、財布を握っている母親だ。父親や子供達への小遣いを振り分ける存在だろう。


ここが強権力を持てば、すべては母親の言いなりになってしまう。


父親に家を護るための必要経費を出さない母親は、家に鍵も無い状態にしているようなものだ。


つまり、すべての省を掌握出来るのが財務省だ。ここが腐っていては、国政は機能しない。


だから、防衛費はGDPの何%は止めて、防衛費を上げるべきだ。


財務省の懐が固いのなら、防衛費だけは財務省と切り離して別枠にしたら良い。


さらには、国民から防衛基金を募るとか、国防債を発行したら良い。


単純に見ても、日本の防衛費は他国と比べて、大幅に足らない。


航空母艦は無理でも、せめて原子力潜水艦を作るだけの予算は欲しい。


作るのが間に合わないのなら、アメリカから乗組員ごと買えばいい。(もちろん乗組員は雇用制で契約する)


■海の戦いは、ペリーの黒船から日露戦争に代表される【大砲艦隊】


太平洋戦争に代表される【航空母艦艦隊】


今後は、【原子力潜水艦艦隊】になると思う。


航空母艦は大きくて、常に周囲に巡洋艦などを配備しないと、簡単に潜水艦に撃沈されてしまう危険性を持つ。


だから、航行能力と攻撃力の強い原子力潜水艦が必要だと思う。


日本が原子力潜水艦を持つのと、無いのでは、抑止力は大きく違う。


私としては、最低でも10隻の原子力潜水艦を持ちたいものだ。




■また、数日前のTVでやっていたが、民間の零細企業が開発中の省エネ小型ロケットを、国家の事業としてやっても良い。


いろんな用途が考えられるので、他国に技術を奪われないうちに、安全圏に包囲しなくてはいけない。


開発者は、平和目的で開発中だが、使いようでは充分に軍事転用出来る。


だから絶対に、外国に技術を持ち去られ無いようにしなければならない。





  
               ↓ポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ          
関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [政治・経済] | 2013.06.23(Sun) PageTop

Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆吹田晃氏が亡くなった。。お世話になりました。ご冥福を祈ります。 Jun 21, 2017
【冗談話】安倍総理の70年談話前に各国に謝罪する。(2015年8月の下書き) Jun 21, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト全編】 1963年~1967年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト①】 1963年~1964年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト②】 1965年~1967年(画像による順位表) Jun 07, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう May 31, 2017
◆【他人が作れないレシピを考える】まずは一から出発・再出発できる有り難さ、白紙に描く喜びを知ろう。 May 13, 2017
◆【超音波と衝撃波】NHKは地上の原発の安全性を立証したことになる(再掲載) May 12, 2017
◆【草と忍者(続き)】現代の草と忍者は暗闇世界の使者。光の世界の拡散を妨げることで己の居場所の確保をしている。 May 11, 2017
◆【異常気象は天意の証】無神論者・唯物論者が、日本と世界を滅ぼす(再掲載) May 10, 2017
◆【素晴らしい国:日本】欧米やアメリカ大使館の御方へ。安倍総理の靖国神社参拝は、どこの国でも、ごく、当り前の事ですよ。 May 09, 2017
◆【善い話・怖い話(笑):悪霊退散!台風迂回!】ここ数日の奇妙な出来事(再掲載) May 08, 2017
◆インド、ネパールで、日本に産まれた〔再誕の仏陀〕が説法。インドでは5万人集会で大騒ぎ!(再掲載) May 07, 2017
◆【危機を防ごう】マヤの予言危機を回避しよう(再掲載) May 06, 2017
◆この世の救済も大事だが、【魂の鎮魂】も、とても大切なことだ May 05, 2017
◆【ニーズよりシーズ】逆境をバネにして善き種を蒔け。 May 04, 2017
◆【団塊の世代から若者諸君へ】団塊の世代は向上心の塊/若者諸君。 May 03, 2017
◆【雑談の中に真理あり】会話こそ我が人生。 May 02, 2017
◆【知る機会を失うことなかれ】親から子へ、子から孫へ。 May 01, 2017
◆【さまざまな人生模様】素晴らしい二人の体育教師 Apr 28, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m