◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【ドラマ:斉藤さん2を見て】昔と現代の「いじめ」は全く違う。「根性論は通用しない」。いじめ遊びの最終目標は、標的の子を「不登校」にさせること。


消費税増税の為に、60人の【有識者】が集って意見を述べておられるようなので、それ等を書こうと思いましたが、次回に回します。


いささか【出来レース】とも思えるような、60人の有識者さん達だけの意見だけでは、かなり無理があると思いますけどね。


私が知っている【消費増税はしてはいけない】と言っている経済学者やジャーナリストは皆無ですし、大きく偏っていまね。


結果が見えているような有識者会議です。





■先週、〔斉藤さん2〕というドラマを観ました。今回は【いじめ問題】でした。
私は2000年より13年間、いじめと関わって来た者でして、いろんな疑問点が出て来ました。


ひょっとしたら原作者は女性ではないか?と思い、検索して見ましたら「○○ゆうあ」さんで、よく解りませんが、限りなく女性に近く思えます。
詳しく探して確認する気も無いので、ごめんなさい。


ドラマですので結果オーライにはなりましたが、原作者様には申し訳ありませんが、もう少し【いじめ現場の実態と対処】を知って頂きたくあります。





現在の「いじめ」には、【いじめの四重構造】というものがあります。下記の相関図は、私が作ったものです。




いじめ構造図



■〔斉藤さん2〕では・・


被害者:斉藤(じゅんいち)
加害主犯(積極的にいじめをする者):玉井(やまと)
加害主犯の積極的補佐(主犯の取り巻き達、はやしたて面白がる者):山内(たくみ)他、男子児童全員。
加害主犯の消極的補佐(見て見ぬ振りをする子達):立花(ちか)、はりま(まゆ)他、女子児童全員。

ここまでが、いわゆる、【いじめの四重構造】に入ります。 ドラマにあったように、殆どの場合は1対多数です。


ここまで来たら
①の被害者から見たら、②③④の全員が加害者のように感じてしまいます。


そして、
⑤担任教師(小杉先生)、校長先生も、【いじめ問題の関係者】でもあります。


ほんとうは、【いじめの早期解決は】、この先生方に力さえあれば、短期間で、早い場合は、即日~3日で解決致します。


いじめが社会問題化になってしまったのも、⑤の【教師の力】が落ちているからとも言えるでしょう。




■現在の「いじめ」と向き合う時、絶対にやってはならない事】があります。
例えばドラマで言えば・・


①小杉先生が、いじめ」を認識していながらも、積極的に解決しようとせずに、【子供達を見守っていました】


この【子供達を見守る】という言葉は美しい響きですが、実際の現場に於いては【いじめの放置・放任】と変わりません。
(酷い先生の場合【いじめの容認】をして、自ら加害者側に立つ先生も居ます)


小杉先生の、クラスの男子達からひとりぼっちにされている被害者の子に、加害者達と交換条件的な「一緒に遊んでやれ」も、いけません。


先生に言われた子供達は、その通りにしますが、やる事は【いじめ遊び】になりがちですし、ドラマでもそうなっていました。


まずここで、【先生の対処】が間違っています。


先生は「一緒に遊んでやれ」では無く、子供達の遊び時間を割いてでも、
「この中には、いじめられている子、いじめをしている者達が居る」
「いじめている者は、手を挙げろ!前に出ろ!」のような対処をしなければいけません。


子供達に【善悪】を、ハッキリと伝える事からです。


要するに、小杉先生が単にだらしなかっただけです。「いじめの本質・対処」を知らない先生像の見本のようです。


新任先生ですから無理はない・・とは、言わせませんよ。
「不適格教師」とまでは言いませんが、もっともっと「社会勉強」をも、されるべき人です。




次には、ドラマの主人公の斉藤さんにも問題があります。小杉先生と同じく【子供達を見守る姿勢】です。


いじめられた子(じゅんいち)が、泣きながら母親に訴えた事は、素晴らしい事です。
大抵の子供は、【不登校寸前】になるまで我慢をしていますのでね。


もっともドラマでも、「学校へ行きたくない」と漏らしていましたので、実際の現場では相当に心を蝕まれて、【いじめの最終段階】に入っています。


そんな時点では、殆どの子供達は【加害者達と向き合う気力もありません】。エネルギーがカラッポ状態です。


すでに「不登校」が始まっていても、心の病に陥って病院通いになっていても、おかしくないのですよ。


だけども、ドラマでは、この両者が対決していました。 これは、やってはいけない【とんでもない事です!】


もちろん、【いじめに負けない、いじめと戦う強い意志】は大切ですよ。


しかしながら(ドラマの時間の関係かも知れませんが)、心の弱り切った子供に対しては早すぎますし【決闘】のような事は断じていけません。


【話し合い】は、子供の気持ちの整理が付いてからです。


また、その【子供同士の話し合い】の様子を見ている【だけ】の斉藤さん達が居ましたこれは【昔のいじめの対処法】です。


そうした「根性論」は、現代のいじめには通用しないのですよ。





■そもそも現代のいじめをする子供達の目標は、不登校にさせる:不登校ゲーム】ですのでね。


勝っても負けても、必ず【報復】が待っています。いじめを受けている子供達は、この【報復】を怖れて居るのですよ。


解りやすく言えば、「(暴)と戦え」と言って居るようなものですよ。
なので、このような事は絶対にさせてはいけません。


悪い方向へ向かえば、それこそ「誰も解ってくれない」と人間不信に陥り、自殺して世間に訴えようとする子も出て来ます。


とにかく、被害者の子供一人で、加害者達と向き合わせる親の姿勢は、間違っていますので、それだけは絶対に為されないように。


今は「子供の喧嘩に、親が、積極的に出る」時代なのですよ。




③特にドラマのように、加害者が【相手に石を投げる】場面を見て、黙って見ていてはダメです。明らかに間違っています。


その現場を我慢して見ているのでは無く、積極的に親が出て行く】べきです。


殴り・殴られの喧嘩になっても【制止すらしない親では、いけません】よ。昔のような喧嘩の限度を知っている子供達は、居ませんからね」





■ちなみに私の知人には、中2の子供さんがいじめを受けて、クラスの同級生達に抱え上げられて、3階の窓から落とされそうになっていました。


たまたまそこへ母親が通りかかり、【アンタ等!何やってるの!】と制止致しました。


母親が、「どうして、こんな酷いことするのよ!」叱ると・・


いじめ加害者達は口を揃えて【(3階から)落としたら、死ぬかどうか、試してみたかっただけだよ】と言います。


母親は、【じゃあ、アンタ達が自分で試しなさいよ。なんなら、おばさんが手伝ってあげようか?】と言うと、全員が泣き出したようです。


ほんの数秒。ほんの2~3秒、母親が制止するのが遅かったら、子供さんは3階から地面に落とされていた処でした。


窓から逆さにされた子供さんの目には、【地面が見えていた】そうです。


これは、すでに「いじめを超えた、殺人未遂という犯罪行為」です。それを普通の中学生達がしています。


その後の学校の処遇は、ここに延べるまでもありません。いわゆる【保身に走る学校】でしたので、なんとかして、うやむやにしようとしていました。


金品まで取られていますので、本来は【大津いじめ】より大きな事件ですが、母親の早期発見が功を奏し、子供さんは死なずに済みました。


いじめられている子供達の生死を分けるものは、【いじめの早期発見】です。





■ドラマでは、後から「あの現場を見ていたのよ」と言って、加害者を黙らせますが、本当は、その前に喧嘩の制止をさせるべきでした。


加害主犯の玉井(やまと)が、被害者に向かって【石を投げる状態】は、すでに【いじめの末期】状態です。


だけども、山内さんが何度も出て行って止めさせようとしても、斉藤さんは「ダメ!ダメ!」【子供達同士の事だから】と、制止します。


これは、斉藤さんが間違っています。 山内さんが取ろうとした行動が、今のいじめに対して取る行動です。


もう一度言いますが、今のいじめには【積極的に親が出る】事だと、知って置いて下さいね。


昔風の【根性論】では、現代のいじめには効き目はありません。


子供達は【他人に見付からない所で、報復する】だけです。それほど現代のいじめは悪質です。


根底に【善悪観】が欠けているからです。




また、今の学校の先生達教員は、苦情を言う親に対して「モンスター・ペアレンツ対処法」で、向き合う先生方が多いです。


だけども、理不尽な要求をする「モンスター・ペアレンツ」と、正当な要望をする「いじめ被害者」を、一緒くたにするのは、大間違いです。


学校の先生達教員には、【その苦情の正当性を見抜く力が求められます】が、殆どの場合、今の現状では無理です。


このドラマでの、校長も担任もそうでした。





■私自身、学校へ出向いても、「どう(解決)したら良いのか、教えて欲しい」と校長先生に言われた事が、3校あります。


全部とは言いませんが、多くの学校の先生達は、【いじめ対処法】を知らないのですよ。


ですから、学校教員への「いじめ学習教育」が必要です。


安倍総理の肝煎りの「いじめ防止法」が出来ましたが、まだまだ、あの程度の内容では、【いじめ解決には、ほど遠いですよ!】
もっと現場を見て、知って、法制化して下さいね!


教職員に甘い法律をいくら作っても、いじめは無くなりませんよ。
その事に付いては、別の機会に語ります。





また、ドラマのように、加害者が被害者の振りをして来る】事も、よくある話です。


そういう場合の殆どは、親の力が強い立場の親子】の場合が多いです。そして、いわゆる「分からず屋さん達」ですね。


■現代のいじめの主犯格は、昔のような「悪ガキ」ではありません。


多くは、先生に信任の厚い子供達が、いじめの主犯です。


児童・生徒会長、学級委員長、運動部のレギュラー等です。


また、前述のように親が権力者の子供の場合も少なくありません。


私が関わった中でも、主犯が、市長の親戚、議員、医者、教員・教育委員会、土地地主、PTA会長、町内会長、等々の子供達が多かったですよ。





■とにかく現代のいじめている子供達の目標は【不登校にさせる:不登校ゲーム】だと、知って置いて下さいね。


いじめている子供達は、不登校になった子に対して、何等の罪悪感も持っていませんから・・
単純に、【学校へ来なくても、塾で勉強しているからいい】と思っています。


子供達にとっての今の学校は【勉強する所では無く、遊ぶ所】なのですよ。勉強は塾でやるのが当り前のように思っています。





ですから、本格的に、根底から、【塾に頼らない公教育】として、質を上げなければなりません。


一昨日の祭りには、〔いじめから子供を守ろうNW〕の井澤代表に来て頂きましたが、子供達に「九九は出来ますか?」と聞かれていました。



◆いじめから子供を守ろうネットワーク代表 井澤一明のブログ■in 山口



驚くことに、首を横に振る子もチラホラ居たのですよ!
私達団塊の世代は、小学2年で九九は全部憶えさせられて居ましたけどね。


今のインドでは、2ケタ暗算が普通です。
17×96って、すぐには答えられませんが、日本でもソロバンをしていた人は簡単に答えていましたよ。


電卓という便利なものが出来たので、子供達の基礎の基礎が疎かになっています。


これは、ハッキリ言って、学校教育の怠慢です。もちろん家庭での練習も大切ですが、基本は学校にあります。


学校は【遊ぶ所では無い】事を、教員達自らの力で取戻さないと、日本の子供の習熟度は、目に見えた形では上がらないでしょう。





いろんな教員・役員から聞く言葉は、「いじめの原因は家庭にある」です。


違います。原因は学校現場にあります。


もちろん、家庭での親自身の躾が為されていないので、その子供達がいじめに走る事は多いです。


だけども、その親を再教育する】ことは無理ですので、今の子供達をそうした親にさせない為にも、どうしても学校現場の教育向上が必須です。




 
↓ひとつだけでもポチっと押して応援いただけたら嬉しいです。m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ  
関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [いじめ問題(学校・教育問題)] | 2013.08.27(Tue) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【無から有へ】何も無い処から、生み出す・創りだす面白さ Apr 27, 2017
◆【礼、智、 信、義、勇、仁、徳】仏の智慧で世界を救い導け。正義を貫き、不義に妥協することなかれ。 Apr 26, 2017
◆【目は心の窓】個性さまざま、放ち放たれた言葉 Apr 25, 2017
◆【正論、必ずしも正義ならず】義憤としての冷静な怒り Apr 24, 2017
◆【知は力】失敗を反省し、繰り返さないことの大切さ Apr 23, 2017
◆【幸福の科学:緊急霊言】追い詰められた金正恩守護霊、トランプ氏に挑発メッセージ Apr 21, 2017
◆【病原菌の正体】新型インフルエンザに思う Apr 20, 2017
◆【反省と感謝】暴風雨人生から立ち直るには反省と感謝が絶対不可欠。常態化すれば上昇階段が現れるだろう。 Apr 19, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(3) Apr 18, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(2)。 Apr 17, 2017
◆【国民の生命を護ろう!】核・水爆・EMP・生物・化学兵器に、何等の抑止力を持たない日本国 Apr 16, 2017
◆【若き頃のバイタリティは素晴らしい】大学時と共産主義者との出逢い Apr 16, 2017
◆【北朝鮮危機】今こそ日本人の本物の信仰心の試される時 Apr 15, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々。 Apr 15, 2017
◆【雨・風・雷・台風】偶然にしては、あまりにも・・ Apr 14, 2017
◆【不思議な出来事】ネットで起きた実話、夢の中で見た真実、信じられないような話・・ Apr 14, 2017
◆【驚きと得心】本物の宗教に出逢えた喜びを、体験談として少しだけ Apr 13, 2017
◆【天国vs地獄は、信仰心vs無神論・唯物論】日本国家を救えるのは無神論者・唯物論者では無い。信仰心溢れる人達こそが日本を救い世界を導く Apr 12, 2017
◆【天国vs地獄】幸福の科学に出逢えて良かった!嘘偽りの無い本当の話 Apr 12, 2017
◆「幸福の科学」の教えには人類普遍の法則が説かれている Apr 12, 2017
◆【奇病】明るい心は光と、暗い心は闇と、波長は同通する Apr 11, 2017
◆【永遠なる魂と本物の真理】創価学会員の義叔母が亡くなった。晩年の義叔母は[幸福の科学の生命の法]を大絶賛し近所の人達に見せていた。 Apr 11, 2017
◆【人生の王道】人生の終末期に起きること Apr 11, 2017
◆【10年前の私的政治思考】選択の自由には責任が伴う(2008年:幸福実現党始動前のブログ) Apr 10, 2017
◆まずは、自らを高める Apr 10, 2017
◆【信仰心は未来を見る力】何を信じて、何と縁を持つかで未来が変わり、この世の生き方で還る場所が違う。 Apr 10, 2017
◆【未来は光か闇か】光は放射する事で闇を打ち消すが闇を放射して光を消す事は出来ない。光を取るのか?闇を取るのか? Apr 09, 2017
◆【愛のテーブル】愛は光。光の放射で闇は消えるが、闇を放射しても光は消えない。 Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【自殺は悪】自殺してはいけない本当の理由 Apr 09, 2017
◆無用の用 Apr 08, 2017
◆悪にも「為す悪と為さぬ悪」があります Apr 08, 2017
◆【自殺しないでください】天上界から見たら、自殺も他殺も同じです Apr 07, 2017
◆【My Life】仮面の母 Apr 07, 2017
◆【My Life】父の死 Apr 06, 2017
◆【病魔との戦い】大量の病気、絶対治らないと言われた病気まで、全部治った! Apr 05, 2017
◆【人生相談】うつ病の母との葛藤の中、自分も同じ病に Apr 04, 2017
◆【祈願(前)の奇跡】母の極度の痴呆が、瞬時に治った。 Apr 03, 2017
◆【自分記】神さまの子? Apr 03, 2017
◆【My Life】人ありてこそ我あり Apr 02, 2017
◆【祈願】への疑問。その仕組を知り得心。 Apr 02, 2017
◆【田布施システムは嘘!】血筋より志(こころざし)(過去記事移動 + 加筆) Apr 01, 2017
◆【国防はどうした!】北に核ミサイルを撃たせるな!半島情勢の今と今後は? Mar 22, 2017
◆【未熟な現代科学】知ってるつもりの現在の科学文明、そして未来。 Mar 15, 2017
◆【公教育の質を問う】学校、先生、PTAって? Mar 14, 2017
◆【真なる改革者は在野から】既存地位のある者の中から、真の改革者は生まれていない。 Mar 13, 2017
◆【日本は世界平和貢献国】東洋と西洋の文化の交わる地、日本を思う。 Mar 12, 2017
◆【苦と霊的人生観】苦を試練として受け止めよう Mar 11, 2017
◆【成長する秤(はかり)】苦しみの限界は、さらなる限界を乗越える事で、ステップアップする。 Mar 10, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m