◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆くどくど、ぐちぐちと雑感


ようやく、秋の気配が感じられるようになりました。

子供の頃は、虫の音色が楽しみでしたが、今聞くと、同じ音色でも、もの悲しくて・・。

台風シーズンでもあるし、秋はあまり好きではありませんね。

-----------------------------------------------------------

■ニュースを見る限りでは、安倍内閣は、良い外交をされていますね。

今のように、ドンドン他国と良好な関係を築くことが、日本の外交に欠けていました。

民主党政権時には、逆に、友好関係を壊していましたから、当り前の事なのに凄く新鮮に映ってしまいます。


シリア問題が複雑化していますが、どちらもどちらです。

どちらも、やってはならない一線を越えてしまいました。

私には、シリア内戦は、日本の幕末期の【どちらに正義があるのか分からない】時期と重なって見えてしまいます。


■今の日本も同じです。

右に舵を切れば良いのか、左に舵を切れば良いのか分からない(右翼・左翼の意味ではありません)人達が、政治家にも増えていますね。

そして国民不在の、議論を為しているように思えてなりません。

政治家が選択肢を間違ったら、その責任は政治家自身が取らなければならないはずです。

政治家の失策で、国民にツケが回って来るようでは困ります。

-----------------------------------------------------------

■1980年代後半だったと思いますが、【バブル叩き】に付いて、知らない人と電車内で議論した事を思い出しました。
(議論した事は憶えていますが、どういう内容だったか忘れていました)

30代後半だった私が、「バブル叩きは間違っている」、「消費税は不景気を呼ぶ」と、60代の人と真剣になって語り合っていました。

そうした私の考えは、多くの大人達と接する事で得られた様々な考えから、私なりに取捨選択したものでした。

「君みたいな人が政治家になれば良いのにな」と、驚くような言葉を頂きましたが、どうやらその方は政治家だったようです(汗)

私も政治家家系に産まれましたので、市議程度だったら成ろうと思えば成れたのですけどね。

当時の私には、政治の世界はDark&Dirtyに見えていたので、一番入りたくない分野でしたが、私なりの持論や信念は持っていました。



■同じ頃、山口県内では、ほぼ全域をカバーしている会社と身近な関係にあり、次期社長になる人に、「こうするべきだ」と意見した事があります。

その人からは、「お前は、甘い甘い」と醜評されましたが、やがて私の言った通りになりました。

その次期社長になる人は、会社を傾けた心労で亡くなられました。今は業績は持ち直して、優良企業になっています。

そして業務形態は、25年前に私が提案したそのものになっています。

当時の私に先見性があったのではありません。あちこちの支店長と話して居たので、「こうするべきだ」の意見が一致していたのです。

そこには、現場と管理職との考え方の違いがありました。

残念ながら、管理職には私の意見は通りませんでしたが、現場の考え方の方が理に適っていたという見本のようなものでしたね。


■同じように、政治と省庁官僚が見えなくもありません。


財務省官僚の人達は優秀な人達でしょうが、明治維新期に例えれば、倒幕側と幕府側の、どちらに居られるのでしょうかね。


■江戸末期の幕府には、もちろん優秀な人材も居ましたが、井伊直弼が大老になった頃から、自滅への道を歩み始めました。

安政の大獄で、徳川幕府は権力を失いたくないだけの理由で、日本に必要な有能な人材を多数抹殺しました。

その時の大老:井伊直弼は、財務省の影の総理と言われていた人に生まれ変わって居ます。

定年退職したものの、【消費増税】という負の置き土産がありますので、未だに影響力があるものと思います。

-----------------------------------------------------------

私には、今の日本も、シリア状勢も、この頃と重なって見えてしまいます。

安政の大獄時の長州は、朝敵とされ、2度の長州征伐を受けました。

やがて薩長同盟により、逆の立場(官軍)になり、幕府は弱り大政奉還(今では政権返上)となります。

この時に、【長州と幕府のどちらに正義があったのか】は、「勝てば官軍」の時代でしたから、殆どの人達には分からなかった事と思います。

ただ、時代の先見に長けていたのは、長州だろうと思っています。徳川幕府は自己地位保存に視点が行っていましたのでね。

そうした視点(どちらに正義があるか)から見たら、今の日本政府や省庁官僚は、本当に「官軍」側に居るのかな・・と、思ってしまいます。

-----------------------------------------------------------

■シリア状勢にしても、独裁政権ではありますがアサド大統領に全権があった時には、経済的にも発展しています。

だけども、国民に向けて化学兵器の使用となると頂けません。その時点でのアメリカの軍事介入は正義でしたので、即座にするべきでした。

アメリカが、ロシアと中国に配慮した結果、イスラム過激派が参入して来たので、こちらにも正義が見えなくなりました。


最初は、独裁政権から自由を求めての戦いだったものが、いつのまにか権力争いになってしまいました。完全に内戦状態です。


シリア介入は、今から国連で議論されるでしょうが、【国連は、方向性を示すだけのもの】なので、実効力はありません。

【化学兵器の廃棄とイスラム過激派の排除】を同時にすることが理想ですが、難しくなりました。

-----------------------------------------------------------

このアメリカの姿勢こそ、変化しつつあるアメリカの姿を現わしています。

ベトナム、アフガン、イラクへと軍事介入し、失敗ばかりを言われて来ましたので慎重になり、他国の意見を聞き始めたので、本来のアメリカでは無くなりました。

それはまた、日米同盟を組んでいる日本とて同じ事になりかねません。

【同盟】とは、仲間ではありません。
兄弟関係のようなものです。時には兄弟喧嘩をしても、お互いに助け合うのが兄弟です。


兄であるアメリカが弱っている時こそ、弟の日本が頑張らないと、兄弟の縁(日米同盟)すら危うい関係になってしまいます。


■アメリカは、世界の警察の名の下、非人道的な事もして来ました。

敗戦を認めた日本に、核爆弾を落とす必要はありませんでした。異種の核爆弾投下で人体実験と言われても仕方がないほどです。

さらには必ず紛争になる〔イスラエル国家〕を創った事で、アメリカは天罰を受ける運命にありました。

それが今も国家として残っているのは、新たな使命(中国の野望を砕く事)とで、過去の罪の清算の機会を与えられたからだろうと思っています。

ですから、もし、このままアメリカが、新たな使命を放棄した場合、アメリカは衰退から衰退を起こし、驚くべき天罰が待ち受けているかも知れません。

アメリカは、正義の名の下に、世界の警察を続ける事です。日本もオンブにダッコではいけませんけどね。

-----------------------------------------------------------

私が知り得た戦前・戦中世代の人達には、殆ど【敗戦意識はありません】でした。「あと一歩だった」とまで言う人達も居たほどです。

それが時代が経つに連れ、新しい日本人の中から【新人類世代】と呼ばれる世代の子供達が出て来ました。

私達は[団塊世代]と呼ばれますが、私達の目から見ても【新人類世代】は、異色に見えたものです。

[戦前・戦中世代]が日本を護り、私達[団塊世代]が働き蟻のように働いて今の日本の基礎を創りました。

その後に登場したのが【新人類世代】と呼ばれる人達です。日本の高度発展期を横臥した人達です。

[戦前・戦中世代]、[団塊世代]と比べたら、物質的には非常に恵まれた環境(1億総中流意識と呼ばれていた頃)に居た世代です。

その人達が今、日本の中核になっています。


■私達[団塊世代]は、すでに定年ですが、【心残りがある】と思っている者達は、とっても多いです。

何が心残りなのかと言うと、私達が築き上げた技術等々を、【新人類世代】に受け渡せて居ないのですよ。

豊かな時代】に育った人達なので、妙な形の無い自信を持って居り、【3K:きつい、汚い、危険】な仕事を嫌った世代です。

日本人の良いところ(努力、忍耐、寛容さ)に、遠い処に居た人達でもありました。

もちろん全部が全部と言うわけではありません。敢えて色分けすれば、それぞれ、そういう世代だと言う事です。


■それは、政治から官僚まではもちろんですが、先日のJR北海道のズサンさを見て、(新人類世代:3K世代の悪い面が出た)と、痛感しました。

JR北海道社長の言葉は、【新人類世代】の特徴的なものでした。

世の中に揉まれて、そうしたタガの緩さや、手抜き仕事は、修整されたものとばかり思って居たのですが、昔のままに見えました。

かつての部下が上司になっている現状では難しいと思いますが、私達[団塊世代]を現場に呼び戻し、徹底した技術継承をさせて頂きたいものです。

パソコンが使えない[団塊世代]ですが(笑)、礼儀作法から始まって、伝え切れて居ないものが沢山ありますからね。

-----------------------------------------------------------

■参考ながら、○○世代を調べていたら、あるブログに辿り着きました。

駆け出しのトリックスター日記:なんとか世代というのをまとめてみた。(2009年1月15日) 無断借用致しますが、御免下さい。


キネマ世代(1936-45)---青春真っ盛りの頃映画が誕生
◆団塊の世代(1947-49)---第一次ベビーブーム、堺屋太一命名
ポスト団塊の世代(1950-53)---子が少ない
しらけ世代(1950-57)---学生運動の終結によるシラケ
断層世代(1955-64)---団塊と新人類の間、特徴ない
◆新人類(1958-65)---筑紫哲也命名、オタク世代
JJ世代(1959-69?)---女性自身から出たJJに影響を受けた
ハナコ世代(1959-64)---hanakoの影響、男女平等、遊び、仕事、習い事
バブル世代(1965-70)---バブル期に青春を謳歌、ばなな世代(吉本ばなな)
団塊ジュニア(1971-74)---いちご世代、15歳で消費対象として注目
氷河期世代(1971-81)---失われた10年、就職氷河期、僕
ポスト団塊ジュニア(1975-81)---僕、1976はナナロク世代
プリクラ世代(1977-83)---僕、モバイル好き、ストリート系、個性大事
コギャル世代(1978-82)---ルーズソックス、プリクラ
ミニマムライフ世代(1980-89)---巣ごもり、貯蓄、内向き
プレッシャー世代(1982-86)---傾く日本の中でのプレッシャーに強い
新人類ジュニア(1987-93)---平成生まれ含む、ゆとり教育第一世代
ゆとり世代(1987-02)---ゆとり教育、ケータイ、ネット、大量消費
デジタルネイティブ(1990- )---生まれた時からデジタル世代、NHKでも特集


関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [雑感] | 2013.09.24(Tue) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【無から有へ】何も無い処から、生み出す・創りだす面白さ Apr 27, 2017
◆【礼、智、 信、義、勇、仁、徳】仏の智慧で世界を救い導け。正義を貫き、不義に妥協することなかれ。 Apr 26, 2017
◆【目は心の窓】個性さまざま、放ち放たれた言葉 Apr 25, 2017
◆【正論、必ずしも正義ならず】義憤としての冷静な怒り Apr 24, 2017
◆【知は力】失敗を反省し、繰り返さないことの大切さ Apr 23, 2017
◆【幸福の科学:緊急霊言】追い詰められた金正恩守護霊、トランプ氏に挑発メッセージ Apr 21, 2017
◆【病原菌の正体】新型インフルエンザに思う Apr 20, 2017
◆【反省と感謝】暴風雨人生から立ち直るには反省と感謝が絶対不可欠。常態化すれば上昇階段が現れるだろう。 Apr 19, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(3) Apr 18, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(2)。 Apr 17, 2017
◆【国民の生命を護ろう!】核・水爆・EMP・生物・化学兵器に、何等の抑止力を持たない日本国 Apr 16, 2017
◆【若き頃のバイタリティは素晴らしい】大学時と共産主義者との出逢い Apr 16, 2017
◆【北朝鮮危機】今こそ日本人の本物の信仰心の試される時 Apr 15, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々。 Apr 15, 2017
◆【雨・風・雷・台風】偶然にしては、あまりにも・・ Apr 14, 2017
◆【不思議な出来事】ネットで起きた実話、夢の中で見た真実、信じられないような話・・ Apr 14, 2017
◆【驚きと得心】本物の宗教に出逢えた喜びを、体験談として少しだけ Apr 13, 2017
◆【天国vs地獄は、信仰心vs無神論・唯物論】日本国家を救えるのは無神論者・唯物論者では無い。信仰心溢れる人達こそが日本を救い世界を導く Apr 12, 2017
◆【天国vs地獄】幸福の科学に出逢えて良かった!嘘偽りの無い本当の話 Apr 12, 2017
◆「幸福の科学」の教えには人類普遍の法則が説かれている Apr 12, 2017
◆【奇病】明るい心は光と、暗い心は闇と、波長は同通する Apr 11, 2017
◆【永遠なる魂と本物の真理】創価学会員の義叔母が亡くなった。晩年の義叔母は[幸福の科学の生命の法]を大絶賛し近所の人達に見せていた。 Apr 11, 2017
◆【人生の王道】人生の終末期に起きること Apr 11, 2017
◆【10年前の私的政治思考】選択の自由には責任が伴う(2008年:幸福実現党始動前のブログ) Apr 10, 2017
◆まずは、自らを高める Apr 10, 2017
◆【信仰心は未来を見る力】何を信じて、何と縁を持つかで未来が変わり、この世の生き方で還る場所が違う。 Apr 10, 2017
◆【未来は光か闇か】光は放射する事で闇を打ち消すが闇を放射して光を消す事は出来ない。光を取るのか?闇を取るのか? Apr 09, 2017
◆【愛のテーブル】愛は光。光の放射で闇は消えるが、闇を放射しても光は消えない。 Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【自殺は悪】自殺してはいけない本当の理由 Apr 09, 2017
◆無用の用 Apr 08, 2017
◆悪にも「為す悪と為さぬ悪」があります Apr 08, 2017
◆【自殺しないでください】天上界から見たら、自殺も他殺も同じです Apr 07, 2017
◆【My Life】仮面の母 Apr 07, 2017
◆【My Life】父の死 Apr 06, 2017
◆【病魔との戦い】大量の病気、絶対治らないと言われた病気まで、全部治った! Apr 05, 2017
◆【人生相談】うつ病の母との葛藤の中、自分も同じ病に Apr 04, 2017
◆【祈願(前)の奇跡】母の極度の痴呆が、瞬時に治った。 Apr 03, 2017
◆【自分記】神さまの子? Apr 03, 2017
◆【My Life】人ありてこそ我あり Apr 02, 2017
◆【祈願】への疑問。その仕組を知り得心。 Apr 02, 2017
◆【田布施システムは嘘!】血筋より志(こころざし)(過去記事移動 + 加筆) Apr 01, 2017
◆【国防はどうした!】北に核ミサイルを撃たせるな!半島情勢の今と今後は? Mar 22, 2017
◆【未熟な現代科学】知ってるつもりの現在の科学文明、そして未来。 Mar 15, 2017
◆【公教育の質を問う】学校、先生、PTAって? Mar 14, 2017
◆【真なる改革者は在野から】既存地位のある者の中から、真の改革者は生まれていない。 Mar 13, 2017
◆【日本は世界平和貢献国】東洋と西洋の文化の交わる地、日本を思う。 Mar 12, 2017
◆【苦と霊的人生観】苦を試練として受け止めよう Mar 11, 2017
◆【成長する秤(はかり)】苦しみの限界は、さらなる限界を乗越える事で、ステップアップする。 Mar 10, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m