◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆日々の雑感


海外に出たら、威勢の良い言葉が聞かれる安倍総理。日本国内でも、景気の良い話しをして下さいね。

安倍総理は国連で、名前は出されませんでしたが、暗黙に中国の軍拡を批判されました。

拍手です!その姿勢を忘れないで下さいね。

-----------------------------------------------------------

■ここのところ2度に渡って、JR北海道社長の甘さを見て思い出したので、JR北海道社長世代の[新人類世代]の話をしました。

もちろん私達の世代も、その上の世代にも、言い逃れ出来ないような事もありましたが、あそこまで無責任な体質ではありませんでした。

一昨日の民放報道の中での、JR北海道の年代別新入社員です。
20代:2000人
30代:1750人
40代: 550人
50代:2600人

60代は発表されてはいませんでしたが、おそらく1万前後だと思います。


■私が言っていたように[新人類世代(今の55歳~45歳)]から、3K(きつい、汚い、危険)な仕事を嫌う若者が激減しているようです。

もちろんこの数字は、JRが民営化された時のもので、徹底した合理化が行なわれた結果の数字ではありますが・・。

【合理化】を押し進めば、どうしても絶対不可欠の人数すら足りなくなります。

そこに、豊かに育ち、苦労を嫌う人達が入って来たのですから今の結果は、当然と言えば当然でもあります。

ですから、[新人類世代]の20倍前後居た[団塊世代(65歳前後)]が定年したら、どうなるかの予測はとっくに付いていた筈です。

-----------------------------------------------------------

山陽新幹線が着工された頃から囁かれていたのが、【架橋が長くは保たないぞ】でした。

コンクリートに混ぜる砂が足らないので、【海の砂】を(洗っては居ましたが)鉄道架橋や各所のトンネルに使用していました。

酷い業者は洗いもしていないで、そのまま混ぜていたと聞いた事もあります。当時のビルもそうです。

ですから、鉄筋が錆びて朽ちるのは、素人の私でも分かります。それが今、形となってあちこちでほころびを見せ始めました。

この頃の大掛りな【手抜き】を、国交省が知らないはずはありません。

山陽新幹線もまだまだ、そう簡単には崩れるものではありませんが、塩混砂で、あちこちで架橋の表面が崩れ始めています。

予兆は始まっているので、いち早く【リニア】に変えてしまった方が、私としては安心ですよ。


■こうした海の砂の使用は、おそらく国交省や地域も知っていたと思いますが、私は、そういう【いい加減さ】が大嫌いでした。

さらに、手抜き思考の強い人達が出て来た時、正直言って、日本の未来そのものが不安に思えたものです。

やがて【デフレ不況】となり、約20年間も抜け出せないままですが、日本人が【安物買いの銭失い】を、し始めたからだとも思っています。


高級品から低価格商品へと変わり、高級サービスが行き届かなくなってしまいました。

お金はもちろん、人も、物も、特殊技術も、いろんな先人達が培ったノウハウさえも、世の中に流通しなくなりました。

ズサンで、いい加減な、デフレの20年だったと思います。

その弊害は、少しでも早く取り除くべきです。

-----------------------------------------------------------

■「朝まで生テレビ」という番組で、[ブラック企業]特番をしていました。年代間による考え方の違いがハッキリと出ていましたね。

30代と思えるNPOの男性が言う事は解りますし、60代の企業家の考え方も解ります。

一番解っていなかったのは、司会者だったかも。(この人は、見た限りでは、経済は苦手のような気がします)


[人材]とは、人間という材料・資材ではありません。【人的財産】です。

[いじめ]も同じですが、社会も【宗教観の欠落】と不景気が重なって、人をモノとしか見る事が出来ない人達が増えています。


■5年前、ネットで知り合った女性が、同様の事を相談して来ました。

[ブラック企業]とは言えない有名で歴史有る上場企業で働いていました。ところが働く内容は、[ブラック企業]そのものでした。

畑違いの分野に手を出したので、雇われる側に、低賃金・長時間労働を強いていました。そして、業務閉鎖。

その部署で働いていた人達には、全員転勤命令。

そこまではよくある話ですが、①転勤先は告げられず、行ってみないと解らない。

②出向先と言っても、頭脳労働者達が、下請け企業の体力現場で働く様子。

③低賃金がさらに下がる④大企業の社宅はあっても、出向先まで1時間半掛かる。

それに不服なら【自主退職】を迫る。


■その時、私に相談が来ました。小さいながらも一応は経営者である私から見たら、これは退職させる為の手段に過ぎません。

ですから、このような転勤命令が適わない時には、辞めざるを得ません。

だけども[雇用契約]に書かれていない【自主退職】は受け入れられませんので、労働基準監督署に訴えまして、労働調停となった事があります。

会社は【辞めさせる為の転勤命令】ですから、【自主退職】と【会社都合退職】の争いになりました。

結果的には、帳簿上では【自主退職】で、内容的には【会社都合退職】となった事があります。


転勤した者の中から死者や鬱病が多発した事を見ても、「そんな会社は辞めなさい」とアドバイスした私の選択は間違って居なかったと思います。

まさに、倒産前の企業が取る方法そのものでした。企業は大きいのですが、その部門は無くなりました。

-----------------------------------------------------------

■では全部が全部、企業の責任かと問われると、私にはそうは思えません。

そこには[人材]という財産があります。

財産に値打ちがあるように、人材にも個々の値打ちがあります。

私は、その部門で働いている頭脳労働者達の働き振りに、疑問を抱いていました。

言葉は悪いですが、全員が「ただの働き蟻」としか思えないような働き振りでしたので、その部門が駄目になる事は早くから言っていました。

ですから私から見たら、大手企業と云えども、「どちらもどちら」です。

雇う側には「新規部門への賭け的な面」が見られ、雇われる側には「大手企業の名前が安心的な面」が伺えます。


■ちなみにその後、相談を受けた女性が就職に困っては電話して来ていましたが・・、
「中小企業へ面接してる?大手ばかりを見ていない?」と聞いた処、【中小企業って、考えても居ませんでした】との返事に、驚いた事があります。

若者達に大企業志向が強い事は知って居ましたが、まるで念頭にも無いのだと知って、日本に新しい【起業家】が育たない理由が解ります。

良い意味での【ハングリー精神】が無く、安定志向型が増えています。

ギリシャのような【公務員型】ばかりでは、日本の技術力を落とし、安心安全の保証力すらも落としてしまう事になります。


■デフレ不景気とはいえ、モノは溢れ、豊かで飽食の時代に育った人達には、自信過剰の人が目に付きます。

自信を持つ事は大切ですが、日本の企業が大手企業しか無いが如く思っている事そのものに、広い世間感覚と乖離した面も伺えます。


根底に【本物の宗教心が無い】からでもありますが、宗教の端っこを囓っただけで簡単に出来上ってしまい、全てを悟った如くの人達も居ます。

-----------------------------------------------------------

■私は、子供の頃から音楽好きで、持っているレコード・CDから計算すると、頭の中には10万曲以上のメロディーが入っている事になります。

ほんとうに「人間って、スゴイなあ」と思ってしまいます。

ただ・・
先日のTVで【ボーカロイド(Vocal & Android)】を紹介していましたが、まさかあんなものが(失礼)、世の中に受け入れられるとは、ビックリです。


■1980年頃だったか、[Yellow Magic Orchestra]というグループが、当時のシンセサイザーで、「タキオン」という言葉を作っていました。

当時の私は、こうした音楽には敏感で、先を先をと、流行が来る前に先乗りしていたものです。

細野晴臣・高橋幸宏・坂本龍一氏達は、私と同世代の人達ですが、鈴木茂、矢野顕子氏等と、沢山の一風変わった音楽を創っていました。

それぞれに個性ある人達ばかりでしたが、その人達の事を誰も知らない頃からアルバム買いをして集めていました。

やがてグループ名になった[Yellow Magic Orchestra]のアルバムは、発売時には誰も知りませんでした。

数年後から大ヒットして、世界的なアーティストになるわけですが、妙なシンセサイザーの音「タキオン」を聞いた後から、私は彼等から離れました。

とてもとても【音楽とは思えなかった】からでした(笑)


■この頃の私は、バロック音楽が大辞典だとすると、クラシックは辞書1950~1960年代は書籍1970年~1990年代は月刊誌
2000年以降の音楽は週刊誌だと言ってました(汗)

さらに最近になると、もっとサイクルが短くて、誰もが作る事が出来る同人誌のようなものだとも。

【ボーカロイド(Vocal & Android)】が世の中に出回るのでしたら、もう私には、音楽とは、単なる音の波形としか思えなくなりそうです。


■Singer,Song & Lighter(作詞、作曲、歌手)の人達が増えていますが、私はそれはフォークソング以外には、無理があると思っています。

曲というものは、作詞家、作曲家、編曲家、歌手という、それぞれの専門家が作っていたからこそ、[Ever Green]と呼ばれる曲も残っています。

それを全部、一人がやれば、すべてに才能がある人など殆ど居なくて、せいぜい単発ヒットで終わってしまうでしょうね。


そこに、コンピュータロボット音楽の登場となると、【息継ぎなし】で【3オクターブ】でも為されれば、私には音楽とは呼べない次元のものです。

音楽の楽(楽しみ)が抜けて、単なる【音】になってしまいそうです。

音楽って、何なのでしょうね。



関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [雑感] | 2013.09.28(Sat) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【無から有へ】何も無い処から、生み出す・創りだす面白さ Apr 27, 2017
◆【礼、智、 信、義、勇、仁、徳】仏の智慧で世界を救い導け。正義を貫き、不義に妥協することなかれ。 Apr 26, 2017
◆【目は心の窓】個性さまざま、放ち放たれた言葉 Apr 25, 2017
◆【正論、必ずしも正義ならず】義憤としての冷静な怒り Apr 24, 2017
◆【知は力】失敗を反省し、繰り返さないことの大切さ Apr 23, 2017
◆【幸福の科学:緊急霊言】追い詰められた金正恩守護霊、トランプ氏に挑発メッセージ Apr 21, 2017
◆【病原菌の正体】新型インフルエンザに思う Apr 20, 2017
◆【反省と感謝】暴風雨人生から立ち直るには反省と感謝が絶対不可欠。常態化すれば上昇階段が現れるだろう。 Apr 19, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(3) Apr 18, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(2)。 Apr 17, 2017
◆【国民の生命を護ろう!】核・水爆・EMP・生物・化学兵器に、何等の抑止力を持たない日本国 Apr 16, 2017
◆【若き頃のバイタリティは素晴らしい】大学時と共産主義者との出逢い Apr 16, 2017
◆【北朝鮮危機】今こそ日本人の本物の信仰心の試される時 Apr 15, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々。 Apr 15, 2017
◆【雨・風・雷・台風】偶然にしては、あまりにも・・ Apr 14, 2017
◆【不思議な出来事】ネットで起きた実話、夢の中で見た真実、信じられないような話・・ Apr 14, 2017
◆【驚きと得心】本物の宗教に出逢えた喜びを、体験談として少しだけ Apr 13, 2017
◆【天国vs地獄は、信仰心vs無神論・唯物論】日本国家を救えるのは無神論者・唯物論者では無い。信仰心溢れる人達こそが日本を救い世界を導く Apr 12, 2017
◆【天国vs地獄】幸福の科学に出逢えて良かった!嘘偽りの無い本当の話 Apr 12, 2017
◆「幸福の科学」の教えには人類普遍の法則が説かれている Apr 12, 2017
◆【奇病】明るい心は光と、暗い心は闇と、波長は同通する Apr 11, 2017
◆【永遠なる魂と本物の真理】創価学会員の義叔母が亡くなった。晩年の義叔母は[幸福の科学の生命の法]を大絶賛し近所の人達に見せていた。 Apr 11, 2017
◆【人生の王道】人生の終末期に起きること Apr 11, 2017
◆【10年前の私的政治思考】選択の自由には責任が伴う(2008年:幸福実現党始動前のブログ) Apr 10, 2017
◆まずは、自らを高める Apr 10, 2017
◆【信仰心は未来を見る力】何を信じて、何と縁を持つかで未来が変わり、この世の生き方で還る場所が違う。 Apr 10, 2017
◆【未来は光か闇か】光は放射する事で闇を打ち消すが闇を放射して光を消す事は出来ない。光を取るのか?闇を取るのか? Apr 09, 2017
◆【愛のテーブル】愛は光。光の放射で闇は消えるが、闇を放射しても光は消えない。 Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【自殺は悪】自殺してはいけない本当の理由 Apr 09, 2017
◆無用の用 Apr 08, 2017
◆悪にも「為す悪と為さぬ悪」があります Apr 08, 2017
◆【自殺しないでください】天上界から見たら、自殺も他殺も同じです Apr 07, 2017
◆【My Life】仮面の母 Apr 07, 2017
◆【My Life】父の死 Apr 06, 2017
◆【病魔との戦い】大量の病気、絶対治らないと言われた病気まで、全部治った! Apr 05, 2017
◆【人生相談】うつ病の母との葛藤の中、自分も同じ病に Apr 04, 2017
◆【祈願(前)の奇跡】母の極度の痴呆が、瞬時に治った。 Apr 03, 2017
◆【自分記】神さまの子? Apr 03, 2017
◆【My Life】人ありてこそ我あり Apr 02, 2017
◆【祈願】への疑問。その仕組を知り得心。 Apr 02, 2017
◆【田布施システムは嘘!】血筋より志(こころざし)(過去記事移動 + 加筆) Apr 01, 2017
◆【国防はどうした!】北に核ミサイルを撃たせるな!半島情勢の今と今後は? Mar 22, 2017
◆【未熟な現代科学】知ってるつもりの現在の科学文明、そして未来。 Mar 15, 2017
◆【公教育の質を問う】学校、先生、PTAって? Mar 14, 2017
◆【真なる改革者は在野から】既存地位のある者の中から、真の改革者は生まれていない。 Mar 13, 2017
◆【日本は世界平和貢献国】東洋と西洋の文化の交わる地、日本を思う。 Mar 12, 2017
◆【苦と霊的人生観】苦を試練として受け止めよう Mar 11, 2017
◆【成長する秤(はかり)】苦しみの限界は、さらなる限界を乗越える事で、ステップアップする。 Mar 10, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m