◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

◆【なぜ?いけないのか?】家庭や学校に理性を育てる教育を取り戻せ。理性を持つことにより善悪が分かるようになる。


◆なぜ道徳を教科化する必要があるのか


■上記の題を見て、以下のような事を思い出しました。

・なぜ?いじめはいけないのか?
・なぜ?人は、他人を傷付けてはいけないのか?
・なぜ?人殺しはいけないのか?


今だったら
・なぜ?育児放棄がいけないのか?
・なぜ?児童虐待がいけないのか?


私は、この質問に、まともに答えてくれた教師達を知りません。

殆どの教師達は、質問に答えず、話題をはぐらかせてしまいます。

教師達は【答えを知らない】のです。

「ならぬものは、ならぬ」の如く、「いけないから、いけない」では答えになってはいません。


その答えは、正しき宗教の教えの中にあります。

ですから、宗教を否定する学校教育現場の教師が答えられるはずもありません。

戦前の[修身教育]は宗教教育に近いものでした。【善悪】をしっかりと教えられていました。

戦後の教育界から[修身教育]は消え、[道徳教育]すら形式だけのものになり、【善悪】を教える教師達が激減しています。

現在の教師達が教えるものは【勝負、損得】です。だけどもそれらは、動物へ教える事も出来るものです。

動物に教える事が出来ないものが【善悪】です。

自然界の「弱肉強食の世界」の中にいる動物達に、「なぜ?他者を傷付けて、殺してはいけないのか?」と聞いても答える事は出来ないでしょう。

人間だけが、この「弱肉強食の世界」から離れた特別な存在です。


■その特別な存在であるはずの人間の中にも、動物と同じ、動物以下の考えや行動をする人達がいます。

【善悪】を教えてもらえず、【勝負、損得】で育った人達です。

残念ながら、今の学校教育は、【人間への教育では無く、動物教育と変わらない】ものになっています。

だからこそ、上記の質問にも答えられないのですよ。


■「いじめ問題」をテーマにした番組は見て来ましたが、根本的な【なぜ?いじめはいけないのか?】の議論が交わされた番組は知りません。

とうとう私は、ある番組の司会者へ手紙を出した事もあります。



◆(再掲)何故、いじめはいけないのか、いじめられても死んではいけないのか・・教育現場の再考を請う。


■○○放送 「○○」番組 ○○○○様

突然の手紙を出しますこと、お許しください。私、山口県に住む○○○○と申します。

殆どTVを見ない生活をしていますが、先月、「イジメ問題」を興味深く見せて頂きました。

そして、正直に申し上げますが、落胆致しました。もちろん実りも収穫も無かったわけではありません。

大人が本気で立ち上がったという事実は、イジメられている子にとっては、励みになることでしょう。


■あの場で語られなく、議論にもならなかったことがあります。
だけども、とても大切なことなのです。

【なぜ?イジメてはいけないのか?】

【なぜ?イジメられても死んではいけないのか?】

抜けていました。

というより、答えることが出来る人がどれだけいらっしゃったのでしょうか。


(中略)


【なぜ?イジメてはいけないのか?】

討論で、○○様は修身教育が必要だと言われました。
だけども多くの人の言葉にかき消されましたね。

その通りだと思いますし、もっと言えば、正しい宗教観が必要だと考えます。

近所の曹洞宗の寺が幼稚園を経営していました。子供達が楽しそうに歌って帰って居ます。

♪ ののさま(観音さま)は、口ではなんにも言わぬけど、ボクのしたこと知っている♪

人間には良心があります。誰にもです。

多くの悪は、誰も見ていないと思えるから悪いことができます。


イジメにしても同様なことが言えます。

そこに、「ボクのしたこと知っている」という考えが身に付いていれば、必ずブレーキが掛かります。

事実、このお寺の卒園児は行儀良く、地域では模範生も多く排出していました。


■私がネット相談員をして居た頃、こんな話もしていた記憶があります。

あなたがね、そうやって人をイジメたり、万引したりしていても、心が穏やかになりますか?
心の片隅に罪悪感が残って居るでしょう?

それらを忘れていないってことは、あなた自身の負荷になっているのですよ。

その負荷は、やがてあなた自身に戻って来ますよ、必ずね。

やがて、あなたは、あなたの良心に苛まれる時がやって来ますよ。


毒矢を射れば、毒矢が帰って来ます。

今は何ともなくても、その受けた毒矢はジワジワとあなたを蝕みます。

ガン細胞のように、あなた自身を蝕んでしまいますよ。


■「因果応報」という仏教の教えなのですけどね、何千年経っても、この原理は今なお生きています。

「因果応報」とは、善い種を巻けば、善い芽が出て、美しい花が咲き、善い実がなるということです。

悪い種を巻けば、当然悪い芽が出て、毒々しい花が咲き、毒の実がなるということです。


あなたがもし、悪い種を巻いたと思ったら、早く早く摘み取ることです。

あなたの中に毒の実がならない為にね。


人生のみならず、この世のあらゆるものに作用があれば、必ず、反作用があります。

壁を押しても、動きませんよね。

それは、あなたが壁を押すという作用に対して、壁が同じ力の反作用を出しているからです。

あなたの作用が強ければ壁は壊れますが、反作用のオツリは何等かの形で帰って来ます。

内心で「うまく行ったシメシメ」と思っても、一時の腹いせに、鬱憤晴らしに他人をイジメてもね。

誰も見て居なくても、あなたが、あなた自身が、あなたの良心が見ています。

【たとえ人の目は誤魔化せても、自分自身は絶対に誤魔化せません】等々です。


意外だったのが、「その話、もっと詳しく教えてください」、という人が、とても多かったことです。

悪いことしてはいけないと誰もが知っています。

だけども、バレなきゃいいじゃないかの考え方が、今の悪しき世の中を形成してます。

今こそ「天知る、地知る」の教えが必要です。

そして、

なぜ、あなたという存在があり

なぜ、我慢して


なぜ、辛抱して


なぜ、努力して


なぜ、頑張って

なぜ、大きくなって家庭を持って働かなくてはならないのか

子供達に納得出来る回答が求められます。


(中略)


■話はそれますが、水は三体という形を取ります。液体(水)、気体(水蒸気)、固体(氷)です。

この水の一生は、「転生輪廻」を表して居るようにさえ思うことがあります。

天から降って来た水は、ある者は山の頂に、あるものは平野に、ある者は海原に・・。

それぞれが使命?を持っているが如く、流れて行きます。

山の頂に降りた水は大変な努力が待ってます。

伏流水となって日の目を見るまでに大変な時間が掛かる者も居ます。

飲み水と使われ、人間や動物の体内までも駆け回ります。

そうしながらも、支流から本流へ、そして海原へと向かいます。

やがて、熱せられ・・水蒸気となって天に昇ります。

志半ばで、海原にたどり着かないまま、天に向かう者も居ます。

氷となって、天に昇ることさえ出来ないものも居ます。

このように、水を細かに観察すると、非常に人間の一生に似ています。

どの水が幸せなのか考えてみますと、やはり、いきなり大海原に出てすぐに天に帰るよりは、
少しでも、いろんな経験を積んだ水の方が良いと思ってしまいます。



山の頂より伏流水で流れた水は、不純物も無く、清楚です。

だけども、その間の苦労は、並大抵では無いでしょう。そう思います。


(中略)


「考える」って、何でしょう?

「これは何ですか?」と、私がポケットからボールペンを取り出します。

即座に「ボールペン!」という答えが帰って来るでしょう。でも、それは考えているのでは無く、反応しているだけです。

この反応型人間が多くなっているのが、今の日本です。

「理性」でなく「知性・感性」で捉えているからです。

同じく、「これは何ですか?」と盲目の人に聞いたら、

「どういう形をしていますか?」 「どんな用途に使われますか?」、いろいろ聞かれるでしょうね。

これが、考えて居るのです。


人間にあって、動物にないものが理性です。理性を失えば、それは動物と変わりません。

そして、今の世の中は、大人の動物的競争社会が招いた歪みが、子供達の心に影を落としています。


(中略)


そして、今の日本は嫉妬社会でもあります。

他の人の成功を賞賛出来ないばかりか、成功者を引きずり降ろしています。

一方では、ゆとり教育に端を発した平等は、人間の持っている「やる気」を失わさせてしまいす。

努力してもしなくても同じなら、努力する人間は居なくなります。

そこに怠惰という落とし穴が待ち受けています。
一端落ちたら、蟻地獄のように簡単には這い出せないものです。 

蟻地獄に落ちて、先に上がり掛けている人間の足を引っ張って落とす。

自分が助かりたいために。 蟻地獄から這い上がるために必要なことは、連携プレーです。

人の肩の上に人が乗る。さらにその人の肩の上に別の人が乗る。

そうやって、出た人がロープを垂らせば、全員が助かるのですが・・、個人主義の行き過ぎた弊害は、協調性さえも失わさせています。


【なぜ?イジメられても死んではいけないのか?】

「生きる権利も死ぬ権利もあるじゃないか!余計なお世話だ!」、どれだけ聞いた(見た)でしょうね。

彼等に言いました。

権利だけを主張してはいけない、権利には義務というものが伴う。

あなたが死ぬ権利を主調するのは自由だが、生きる義務もあるということを知ってくれ・・と。

「生きる義務があるのですか?」

その義務の意味をきちんと伝えた時、彼等の中に希望の火が灯りました。

現場の先生方は、生きる義務を、どんな伝え方をされるのでしょう?


また、相談場に居た頃、自殺願望者に問いました。

「あなたは他人を殺せますか?」

出来るはずもありません。

じゃあ?なぜ?自分を殺せるのでしょう?殺そうとするのでしょう?

もしかして、自分の体は自分だけのものと勘違いしているのじゃありませんか?

それは大きな間違いだと気付いてください。

そして、彼等、彼女達に語りました。

私達の体の中には魂というものがあります。魂が解りにくかったら、心と呼んでもいいでしょう。

私達は魂として存在して、肉体というレンタカーに乗って居るようなものです。

高級外車に乗っているもの、ダンブカーに乗っている者・・さまざまです。

あなたが自殺するということは、この借りているレンタカーを自分の手で壊すということです。

それは、他人が乗っている車を壊すのと、何等の違いはありません。

同じです。

自殺も他殺も、天上界から見たら同じです。


あなたが、車全体が自分だと思って壊したら、ボディは壊れ消滅したが、その肉体を運転していた自分が居ることに気付くことになります。

あなたは、魂としてのエネルギー体となっているのです。それが世に言う幽霊です。

自殺したあなたは、本来の寿命が来るまでは、お迎えが来ません。

天国にも地獄にも還れず、誰も気付かず、この世に残ることになります。

ひとりぽっちが嫌で自殺した筈なのに、さらに輪を掛けてひとりぽっちになるのです。


それも、残された家族親族の苦しむ姿を見ながらです。

生き地獄以上の地獄の生活が待ち受けています。


■そこで再度、お聞きします。

あなたは、それでも自殺の道を選ばれますか?

やっと、このあたりで、もっと詳しく教えてくださいという人達が出て来ます。

そして、自殺を思い止まった人、立ち直った人・・確実にいらっしゃいます。


イジメてはいけないというのも、他人の乗っている車を破壊し、中に乗っている人の運転を妨げるからです。

言っていることは同じです。

これらは宗教の役目ではありますが、古今東西、古来から言い伝えられていることでもあります。

これらを、きちんと子供時代に教えて居れば、イジメ自殺などは激減している筈です。

考えることの出来ない反応型人間社会は、今の日本に見事に花開いています。

残念なことですが、善悪、正邪、真偽、優劣、可否等の判断が出来なく、解らなくなっています。

そして、見えないもの以外は信じない。実証できないものは信用しない。

そのような構造が蔓延した結果が、今の日本でもあります。


だけども、人間とは尊大な存在です。

【見えないもの聞こえないものを信じることが出来るのが、人間です】

動物には真似が出来ません。

神や霊の存在を疑う日本人は、欧米から見たら、「私は、動物と同じ意識で行動する人間です」と言っているようなものです。

これが日本では当たり前になっています。

経済は発展しても、精神は子供と同じ、アダルトチルドレン国家です。

このバランスを拮抗させなければ、真に日本は大人の国家にはなれません。


■最初に問い掛けました
【なぜ?イジメてはいけないのか?】、【なぜ?イジメられても死んではいけないのか?】は、宗教抜きでは説得力がありません。

今こそ、正しい宗教観が求められています。

どうぞ、ご理解の程、お願い申し上げます。

敬具



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  
TheLiberty Web より  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【2013.11.10】

◆政府は法案の必要性を正々堂々と説明せよ 特定秘密保護法案に高まる不安
◆【まもなく公開】マスコミが報じない驚くほど安全な福島の今 「The Fact」第4回

◆本当は安全だった福島 規制委「20ミリシーベルト以下なら安全」と発表へ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  中国・韓国・北朝鮮関連ニュース(サーチナより):2013年11月■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【2013年11月10日】

【政治】 安倍首相の中朝批判から見る、日本の「敵づくり外交」=中国 
【社会】 江蘇省で電動ボートが爆発、2人死亡 当局は事件性否定=中国 
【社会】 土壌破壊…世界の化学肥料、35%が中国で利用=中国報道 

【2013年11月09日】
【社会】 米で華人が1万人規模デモ計画 「中国人皆殺し」発言に再反発 
【社会】 【中国BBS】台湾の友好国は日本…「わが国が発展すれば変わる」 
【社会】 【中国BBS】韓国が旭日旗めぐって日本に難癖…「理解不能」 
【社会】 【中国BBS】NHK杯女子SPで浅田真央がトップ…中国でも喜び 


↓ひとつだけでも、ポチッと押して応援頂ければ嬉しいです。 m(._.)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題] | 2013.11.11(Mon) PageTop

Comment

Private

 


 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【日本の過去・現在・未来】見えない処で貢献して来た幸福実現党以外、日本の再起は望めない Oct 19, 2017
【知らせない自由?】マスコミの黙殺権は、左翼貧乏思想の現れ Oct 16, 2017
【選挙妨害】幸福実現党v s 創価学会の場外乱闘! 学会による選挙妨害? + α Oct 13, 2017
【NEVERまとめより】もし幸福実現党が政権を取ったらどうなるか?その衝撃の未来がやばすぎる件 Oct 10, 2017
【比較検証】自民党は幸福実現党の政策を次々と採用!? Oct 09, 2017
【衆議院議員選挙公示間近】政党の政策から見たら、あれっ? Oct 08, 2017
【幸福実現党の先見性】8年前の幸福実現党後援会用パンフレットを再確認 Oct 02, 2017
◆【幸福実現党こそが真の未来を築く】国難(選挙)は、2009年から幸福実現党が言い続けて来た言葉だ! Sep 29, 2017
◆【不正選挙?疑問の残った開票現場!】4年後に再検証させて頂く為に、事実を正確に書き記す Sep 29, 2017
◆【疑問の残った開票現場!】4年後に再検証させて頂く為に、事実を正確に書き記す Sep 29, 2017
【神様が来た!】戦後最も危険な時期に来られたのは、地域を護る意味があるのだろう Sep 26, 2017
北朝鮮危機に本気で向き合う幸福実現党に、フランス国営放送が取材に!そして放送! Sep 16, 2017
◆【あなたは、ご存知だろうか?】中国(習近平)、幸福の科学/幸福実現党、マスコミは、何を考え、何をして来て、何をしていて、何をしようとしているのか?【過去記事移動】 Sep 16, 2017
【なにだぁ?これは!】北「日本を核爆弾で海にぶちこむべき」と非難 Sep 15, 2017
【ショック!】外国の人から「日本は2度目の無条件降伏をするのか?」と、言われた! Sep 10, 2017
【お知らせ:山口県民の方々へ】大川隆法総裁の特別大講演会『人類の選択』が FM山口で放送されます。 Aug 31, 2017
◆【白龍?】空の雲を見ていると、いろんな形に変わるのが面白くて好きだ。だが、天候との関係は如何に? Aug 07, 2017
迷走台風5号は、日本国民への神々からの警告か? Aug 06, 2017
大川隆法総裁 講演「人類の選択」 Aug 03, 2017
◆【いじめを無くそう】人は感性(勝負)→知性(損得)→理性(善悪)→悟性(神仏への愛)と成長する Jul 29, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。