◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【自分記:第7回】未知なる恐怖心との戦いの中、もしかして?


 
 【過去記事移動】 過去、このブログに書いている中で、今でも使えそうな話を移動します。 - 2013年12月4日のブログより。



石破氏のブログ発言には困ったものだ。

なぜ?わざわざブログに書く必要があったのか?

責任政党の幹事長を任されている事を忘れてもらっては困る。

強固な岩盤でも、蟻の一穴から崩れることもある。

前回の安倍政権がそうだった。

石破氏は、国民を引っ張る器で無い事が証明されたようなものだ。

氏が総理で無くて良かったと、ほんとうに思う。


それにも増して、国会前でデモ?をしている方々。

あなた方が、日本国家のことを思っての行動なら、ぜ?日本国旗の1つも立てないのか?

全員で、日本国旗を振りながら、正統デモをされたらいかがかな。

見ていて、不思議でならない光景だ。




【意外な発見?】

昨晩、【御法話ビデオ】を観ながら、フッと思い付いたことがあった。


昨日書いた私自身の話を、心の中で復唱していたのだが、もしも、この時期、ノイローゼ状態になっていなかったら】へと、思いが向いた。


私は何故か?小5の頃から、後に暴力団組織に入った者達ばかりから、嫌がらせを受けていた。



小学生時代の学校はサラリーマン家庭が多く、普通の者達ばかりで、番長のTとは仲が良く、いろんな面で気が合っていた。

もちろんTだけでは無い、殆どの級友達とは仲が良かった。




ただ一人だけ、Sという男が、私に様々な嫌がらせをして居た。(中卒後、私の小学校から唯一、暴力団組織に入った男だ)

毎日毎日、あまりにも執拗だったので、私はSには完敗だと思っていた。


今年になって、近所の恩師と話していた時、「Sには勝てなかったなぁ」と言うと、『でもお前は、負けもしなかっただろう?』と、先生が言う。

「ええっ?」

「そう言えば・・勝てなかった事ばかり記憶に残っているけど、負けてもいなかった・・」


先生は『そうだろうが。お前だったらそのはずだ。お前だったら、あのSに勝てなくても負けなかったはずだ』と言われて驚いた。

言われてみれば、確かにそうだった。

勝っても居ないが、負けても居なかった。



だけども、その先生は中1の担任で、小学時代の私は知らないはずだ。

中1の時、私の担任だった時の事を、私より知っていて驚く事がある。


「あの男はこういう奴で、あいつはこうした奴で・・」と、鋭い分析眼を持っている先生だと、今頃になって気が付いた。

さすがは講道館で山下8段を鍛えた人だと、思い知らされる事も多い。



■その先生が、『だけどもなぁ、お前がワシが担任の時にノイローゼだと?』

『ワシは、全然気付かなかったぞ。お前、何か勘違いしてるんじゃないか』とまで言われる。

いろんな恐怖心の話をしても、『わからんな。お前からは、そんな雰囲気はまったく感じなかったぞ』の繰り返し(笑)



■確かに私は、自分の苦しみを他人に言うタイプではないので、口に出さなかったから、誰も気付かなかったのかも知れない。

だけども大人だったら、雰囲気で分かるはずだ。


それが元講道館講師の先生にも分からないのなら、私は、とてつもない「能面男(笑)」を演じていたことになる。

毎日、あれだけの恐怖の中に居ながら、その気配を、他人に嗅ぎ取らせないものを持っていたことになるのだが・・。




【暴力校】

それはともかく、私が行った中学校は、私の小学時代と正反対で、
当時の県下一の【暴力校】だった

小学3校が集まる学校だが、他校の者達には【荒くれ者】が多かった。

職業差別的な言葉は慎まなければならないが、漁師の子供達が多かったので、私は異次元世界に来たような異様さを憶えたものだ。



■ただ私は、【未知なる恐怖】は憶えても、人間に対しての恐怖心は無い。

もしかしたらだが・・、

そんな私の性質を見越しての、守護霊や天上界からの【ノイローゼにさせて、おとなしくさせて置く】と言う、お計らいだったのかも知れない(汗)

昨晩、急に、そんな思いが湧き出した。

今まで考えもしなかった事だ。




■もし、仮に・・、私が正常なままだったとすると私の中学時代はどんな風に変わって居たかと想像していた。

おそらく、中学校でも番長を張っていたTと親友でもあったので、とんでもない中学時代になっていたかも知れない。


「Tが、誰々と喧嘩して勝った」だの、「T達が、他校の奴等と喧嘩して勝った」だのと、耳に入っていた。

だが私は、(Tなら、さもありなん)とばかり、気にも掛けていなかった。

小学時代の親友Tは、私と同クラスになった事もなく、中学~高校に掛けては、まったく付き合いが無くなっていた。


※ちなみに、成人して、再会した時のTは、別人になっていた。優しい男に変身していた。

そこから私達の友情は、本当の意味で始まった。



もし、中学校時代の私が正常だったら、Tとは行動を共にしなくても、向って来る者には、容赦ない反撃をしていたのでは・・と思ったりする。

喧嘩は大嫌いだが、自分から仕掛ける事は絶対に無いが、向かって来る者には、黙って我慢はしていなかったと思う。



■それでなくても、中1の時にはテニス部のキャプテンに、知らない所でラケット網をナイフでズタズタに切り裂かれていたのだ。(この男も(暴)に入った)

とにかく、中学時代の私に嫌がらせをして来た者達の殆どが、(暴)に入っていた。(笑)



■もし私が、そうした者達と対峙すれば(していたと思う)、中学生活のみならず、後々まで関わらざるを得なくなっていただろう。

当時の私の中学校から(暴)へ行っていたのは、顔見知りだけでも10人は居たし、おそらく30~50人は居たと思う。


取引先が組長の実家とは知らずに、納品しながら雑談していたら、顔見知りの者達がゾロゾロ来て、「おまえ等、なんだ?」と険悪な雰囲気になった事もある。

あんな優しい人達の息子が、組長?・・信じられなかったが、ほんとうだった。

その組織に、私の同級生達がゾロゾロ居たのだ。(笑)



■そう考えれば、私の下手な正義感を使えないイローゼ状態にして置く事で、彼等との悪縁を断つ事が出来る。

(実際に、彼等(暴達)と市内で顔を合わせても、縁を持つ事は無かった)


もしかしたら、ほんとうに、天のお計らいだったのかも知れない。

そんな気がして来たので、忘れない内に(汗)、書き記す。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連記事
スポンサーサイト

Theme [独り言] Genre [ブログ]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [自分記] | 2013.12.04(Wed) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【無から有へ】何も無い処から、生み出す・創りだす面白さ Apr 27, 2017
◆【礼、智、 信、義、勇、仁、徳】仏の智慧で世界を救い導け。正義を貫き、不義に妥協することなかれ。 Apr 26, 2017
◆【目は心の窓】個性さまざま、放ち放たれた言葉 Apr 25, 2017
◆【正論、必ずしも正義ならず】義憤としての冷静な怒り Apr 24, 2017
◆【知は力】失敗を反省し、繰り返さないことの大切さ Apr 23, 2017
◆【幸福の科学:緊急霊言】追い詰められた金正恩守護霊、トランプ氏に挑発メッセージ Apr 21, 2017
◆【病原菌の正体】新型インフルエンザに思う Apr 20, 2017
◆【反省と感謝】暴風雨人生から立ち直るには反省と感謝が絶対不可欠。常態化すれば上昇階段が現れるだろう。 Apr 19, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(3) Apr 18, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(2)。 Apr 17, 2017
◆【国民の生命を護ろう!】核・水爆・EMP・生物・化学兵器に、何等の抑止力を持たない日本国 Apr 16, 2017
◆【若き頃のバイタリティは素晴らしい】大学時と共産主義者との出逢い Apr 16, 2017
◆【北朝鮮危機】今こそ日本人の本物の信仰心の試される時 Apr 15, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々。 Apr 15, 2017
◆【雨・風・雷・台風】偶然にしては、あまりにも・・ Apr 14, 2017
◆【不思議な出来事】ネットで起きた実話、夢の中で見た真実、信じられないような話・・ Apr 14, 2017
◆【驚きと得心】本物の宗教に出逢えた喜びを、体験談として少しだけ Apr 13, 2017
◆【天国vs地獄は、信仰心vs無神論・唯物論】日本国家を救えるのは無神論者・唯物論者では無い。信仰心溢れる人達こそが日本を救い世界を導く Apr 12, 2017
◆【天国vs地獄】幸福の科学に出逢えて良かった!嘘偽りの無い本当の話 Apr 12, 2017
◆「幸福の科学」の教えには人類普遍の法則が説かれている Apr 12, 2017
◆【奇病】明るい心は光と、暗い心は闇と、波長は同通する Apr 11, 2017
◆【永遠なる魂と本物の真理】創価学会員の義叔母が亡くなった。晩年の義叔母は[幸福の科学の生命の法]を大絶賛し近所の人達に見せていた。 Apr 11, 2017
◆【人生の王道】人生の終末期に起きること Apr 11, 2017
◆【10年前の私的政治思考】選択の自由には責任が伴う(2008年:幸福実現党始動前のブログ) Apr 10, 2017
◆まずは、自らを高める Apr 10, 2017
◆【信仰心は未来を見る力】何を信じて、何と縁を持つかで未来が変わり、この世の生き方で還る場所が違う。 Apr 10, 2017
◆【未来は光か闇か】光は放射する事で闇を打ち消すが闇を放射して光を消す事は出来ない。光を取るのか?闇を取るのか? Apr 09, 2017
◆【愛のテーブル】愛は光。光の放射で闇は消えるが、闇を放射しても光は消えない。 Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【自殺は悪】自殺してはいけない本当の理由 Apr 09, 2017
◆無用の用 Apr 08, 2017
◆悪にも「為す悪と為さぬ悪」があります Apr 08, 2017
◆【自殺しないでください】天上界から見たら、自殺も他殺も同じです Apr 07, 2017
◆【My Life】仮面の母 Apr 07, 2017
◆【My Life】父の死 Apr 06, 2017
◆【病魔との戦い】大量の病気、絶対治らないと言われた病気まで、全部治った! Apr 05, 2017
◆【人生相談】うつ病の母との葛藤の中、自分も同じ病に Apr 04, 2017
◆【祈願(前)の奇跡】母の極度の痴呆が、瞬時に治った。 Apr 03, 2017
◆【自分記】神さまの子? Apr 03, 2017
◆【My Life】人ありてこそ我あり Apr 02, 2017
◆【祈願】への疑問。その仕組を知り得心。 Apr 02, 2017
◆【田布施システムは嘘!】血筋より志(こころざし)(過去記事移動 + 加筆) Apr 01, 2017
◆【国防はどうした!】北に核ミサイルを撃たせるな!半島情勢の今と今後は? Mar 22, 2017
◆【未熟な現代科学】知ってるつもりの現在の科学文明、そして未来。 Mar 15, 2017
◆【公教育の質を問う】学校、先生、PTAって? Mar 14, 2017
◆【真なる改革者は在野から】既存地位のある者の中から、真の改革者は生まれていない。 Mar 13, 2017
◆【日本は世界平和貢献国】東洋と西洋の文化の交わる地、日本を思う。 Mar 12, 2017
◆【苦と霊的人生観】苦を試練として受け止めよう Mar 11, 2017
◆【成長する秤(はかり)】苦しみの限界は、さらなる限界を乗越える事で、ステップアップする。 Mar 10, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m