◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【素晴らしい国:日本】欧米やアメリカ大使館の御方へ。安倍総理の靖国神社参拝は、どこの国でも、ごく、当り前の事ですよ。


【安倍総理の靖国神社参拝に関して、欧米やアメリカ大使館の御方へ】


■日本の事情はご存知の上で、中国、韓国への配慮から「失望した」との発言をされた事だと思います。

日本語としては【とても強い言葉】ですので、【憂慮する】くらいにして頂いていたら幸せました。


■日本の諺には、【吐いた唾は呑めぬ、覆水盆に返らず】と言う、度口から出た言葉は戻らずに【勝手に仕事を始める】と言われるものがあります。

善なる言葉は善なる仕事を始めます。当然、逆の場合もあります。

日本人が言葉に慎重なのは、そうした文化を持つからかも知れません。


■私も日本人ですから、他人様に対して「失望した、絶望した」は、インパクトの強い言葉であり、一度たりとも使った事はありません。

私自身が大嫌いな日本語でもあります。


■また、失望(の思い)・絶望(の思い)は、悪魔が最も好む言葉(思い)と言われています。

これは日本文化からでは無く、欧州キリスト圏からの話でもあります。

私自身は、【その通りだ】と、経験値として心得て居ります。




■私は65歳の初老の男ですが、子供の頃から【アメリカが憧れ】でした。

私が、もの心付いた頃には、すでに日本国内には【敗戦意識】はありませんでした。

日本は敗戦しても、【アメリカを恨んではいません】でした。

それどころか、【アメリカを見習え、追い付け、追い越せ】が、無言の目標になって居ました。


毎日のように洪水のように入って来る、「アメリカ文化、ヨーロッパ文化」に憧れました。

音楽では、日本の歌謡曲よりも、欧米のヒットチャートに人気がありましたた。

私の頭の中には、おそらく10万曲程度のメロディーがインプットされていますが、半分以上は欧米の曲だと思います。

英語の意味も解らず、曲ごと丸憶えをしていました。

そうした時代に育った私には、【アメリカ】という国は、親か兄のような存在です。




戦後になって、中国・韓国が【反日】を掲げて居りますが戦後生まれの私は、1世代(戦中)、2世代(戦前)前の人達の話を聞いて育っています。

ですから、彼等(中国、韓国)の言うことの【間違い】は、数多くの人達から聞いて来ました。

--------------------------------------------------------------

例えば韓国は、当時の日本国総理の[伊藤博文]を暗殺した[安重根]を英雄化し、記念切手まで発行して居ります。

ここを、よくよく考えて頂きたいと思います。

当時の日本のTOPが、韓国現地に出向いて、指揮命令を下していたのです。

それも、すべては今の韓国の基礎を創り上げる為のものでした。

同じことは台湾にもして居りますが、台湾以上に積極的支援をしていたのが【朝鮮半島】でした。


その【朝鮮半島】で、今の韓国で、日本のTOPが暗殺されたのです。

その暗殺者は、今なお韓国の英雄ですよ。


これが、アメリカでしたら、どうされるでしょうか?

今のオバマ大統領が、韓国で、万一の事があったとしたら、どうされるでしょうか?

その犯罪者が【英雄】とされ、犯罪者の記念切手まで発行されて、アメリカは日本のように【沈黙を貫き、堪え忍ぶ】ことを為されるでしょうか?

日本人のように、ただただ風雪に耐えて、我慢・忍耐で、済まされるでしょうか?


日本人として情けない話ではありますが、【これも近隣諸国とのトラブル回避】という、日本人の中に【武士道精神】があったが故でした。

そのように、100年前から日本は【平和を願う民族】だったのですよ。

日本人の根底に【日本神道や仏教精神】が、あったからこそです。


その日本人の中に根付いている【日本神道や仏教精神】を、最も怖れたのは、他でもありません。

あなた方、欧米の戦勝国です。

だからこそ、あなた方は、日本人の中から【宗教心】を取り去るべく、100年後を見据えて、【日本の復興を阻む憲法】を作られました。


■そして、日本に【加工技術】を運び込み、アメリカの下請け国にするつもりが、予想外の日本の技術力で、思わぬ展開になってしまいました。

その予想外の日本の技術力と、思わぬ展開を作ったのが、私達戦後世代でもありました。


■アメリカにとっては大誤算になってしまいましたが、最初に述べたように、私達は【アメリカの凄さを認めていたのです】

だからこそ、そのアメリカに【追い付け、追い越せ】精神で、ここまでの日本を築いて参りました。


■ごく一部に、マルクス共産被れの者達が、自国の日本や沖縄で、【反日、反日】をやっては居りますが、ほんの一握りにしか過ぎません。

その中には、中国や朝鮮半島から支援を受けている団体も多々あります。

本当の良識ある日本人は、あのような【反日、反米】のような真似をするはずもありません。

彼等は、どこかの国や組織の息の掛かった者達です。

ですから当然、中国が【何を考えているか】は、ご存知と思います。

そういう事は、ご存知と知りつつ、多くの日本人に知って頂くために、こうして綴って居ります。




アメリカは、1950年代から【世界の警察】の役目を果たし、多くの軍事予算と、多くの自国民の犠牲者を出されました。

当然、我が日本も、その傘の下に居たわけです。


だけども、そうせざるを得ない仕組みを作られたのも、あなた方アメリカの先人達でもあります。

マッカーサ司令官の言葉には【日本の戦争行為は正当なものだった】との発言が残されています。

彼だけではありません。

【中国と朝鮮半島以外の国】の殆どが、そう思っています。




■安倍総理の靖国神社参拝には、欧州各国からも批判の声が上がっていますが、【批判される前に、その前提に何があるのか】を知って下さいね。

靖国神社には【A級戦犯を祀られているから、参拝することは許されない】と言われていますが、果たしてそうでしょうか?


【A級戦犯】の汚名は、当時の欧米の戦勝国が作り上げたものに他なりません。

言葉は選ばなければなりませんが・・、立場を変えたら、どうでしょうね?

もしも日本が勝って居たとしたら、ルーズベルト大統領やトルーマン大統領は、【A級戦犯】となりますよ。


ただし、サムライ魂を持つ日本国は、そうした扱いは致しません。

【A級戦犯】では無く、【A級ライバル】でしょうね。




日本の武道には【礼に始まり、礼に終る】という、サムライ精神があります。

中国で行なわれた高校サッカーのマレーシア戦での、中国の観客は100人程度だったと言われていますし、全員が「日本が負ける事を期待」していました。

「5対1」で日本の勝利になりましたが、本が得点する度に中国の観客は帰り、最後まで残っていた中国の観客は10人程度だったと言われて居ます。

その中国の【アンチ日本サポーター】に対して、日本の高校生選手は、【礼に始まり、礼に終る】を、味方の居ない中国サポーターの前で行ないました。

中国の観客10人に対して、【深々と、感謝の礼】を捧げたのです。

これこそが、日本人に受け継がれている【サムライ精神】です。

日本人にとっては【当り前のこと】なのですよ。


■それはまた、安倍総理の靖国神社参拝に対しても同じことです。

靖国神社参拝は、日本人にとっては【当り前のこと】です。


■日本には、【盆、正月、お彼岸】には、お墓参りする風習があります。

先祖に対して、畏敬の念を持つ国民性を持っているからこそそうした習慣や風習が残っているのですよ。

ですから日本人にとっては、この時期の、お墓参りは【当り前のこと】なのですよ。


うした日本国民が、総理と言えども、いいえ総理ならばこそ国民の代表として、日本国の英霊に対して参拝する事は【当り前のこと】です。

そうした、日本国内の行事・儀式に対して、他国から何等の問題視されるべきものでは無いはずです。

【他国の不幸を願ってのものでは無い】のですからね。




■アメリカ国は、建国して200年前後と記憶していますが、移植と同時に持込まれた[キリスト・ユダヤ教]以前の神々も、アメリカにも居られるのですよ。

アメリカが、軍事力を【世界の警察】に向けていたからこそ、民族神も黙していましたが、今はどうでしょう?

強大なハリケーン、猛烈な竜巻、豪雨災害等が、自然現象だとは、決して思われないで下さいね。

そこには、あなた方の行動を見守って来た、あなた方の民族神が存在しているのですよ。

そうした民族神の最大の武器こそが、【ハリケーン、竜巻、豪雨、地震、等の自然災害】です。

なぜに、あなた方を護るはずの民族神が、そうした自然災害で、己が地を、己が地人を、苦しめるのでしょうね。


もちろん同じことは、この日本にも言えますし、世界中がそうです。

すべてが、人心の【信仰心】なのですよ。

科学の進化と共に、逆比例して、人々から【信仰心】が失われています。

その最たる国が、中国と朝鮮半島です。


ですから、アメリカも、日本も、かつて無い自然災害に見まわれていますが、これはすべて【天上界や、民族神達からの警告】でもあります。

何の警告かと申しますと、【己が使命を果たせ】です。




■ご存知とは思いますが、ロシアには今年、巨大な隕石が落下しましたが、あの隕石が地上に落下する前に、UFOが隕石破壊をしています。

あのまま落下したら、ロシアが無くなっていました。


同じく中国にも、全長500mにも及ぶUFOが、空港上空に居座り続け、空港閉鎖を余儀なくされた事実もあります。

中国は、そうした事実は【ひた隠しにしています】が、あまりにも多くの人達が目撃していますので、鮮明な映像として捉えられて残されています。

アメリカも、UFOが、この地球に存在している事は、そろそろ発表される時です。


そして、この日本にも、世界最強のUFOは存在していますよ。

その大半が[幸福の科学]の応援団として飛来して来ていますけどね。

あのロシアの隕石破壊したのも、[幸福の科学]の応援団のUFOです。


あのまま放って置けば、ロシアの大地に大穴が空き、地球の自転や軌道も変ったかも知れませんからね。

衝突前に破壊しました。




■ですから、中国や北朝鮮が、いくら核ミサイルを持ったとしても、この日本には撃ち込めませんよ。

撃ったミサイルが、消えるか、戻って行きますよ。

ただし、それは、【日本人に信仰心あってこそ】なので、どうなるかは解りませんけどね。


■確実に言えるのは、たとえ一時期、中華大帝国が形成されても、永続することは100%無いと言うことです。

必ず、修整が入ります。

ですから中国が侵略戦争行為に出る前に、中国国内で平和な展開が為される事に、一縷の期待を持っています。




そうした世界平和を祈り、行動する国が日本のはずですが先の大戦で、アメリカの人達によって雁字搦めにされて、今の日本になっています。

ですから今、日本は、本来の姿に戻ろうとしているのですよ。

決して【他国への侵略】では無いのですよ。


その証拠と言っては変ですが、アメリカに原子爆弾を落とされた国にしては、あまりにも【穏やかな国】ではありませんか?

あなた達が作った【平和憲法】なるものが、そうさせているのではありませんよ。

もともと日本は、そういう素晴らしい国と人々なのですよ。




↓ひとつだけでも、ポチッと押して応援頂ければ嬉しいです。 m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [政治・経済] | 2013.12.27(Fri) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【無から有へ】何も無い処から、生み出す・創りだす面白さ Apr 27, 2017
◆【礼、智、 信、義、勇、仁、徳】仏の智慧で世界を救い導け。正義を貫き、不義に妥協することなかれ。 Apr 26, 2017
◆【目は心の窓】個性さまざま、放ち放たれた言葉 Apr 25, 2017
◆【正論、必ずしも正義ならず】義憤としての冷静な怒り Apr 24, 2017
◆【知は力】失敗を反省し、繰り返さないことの大切さ Apr 23, 2017
◆【幸福の科学:緊急霊言】追い詰められた金正恩守護霊、トランプ氏に挑発メッセージ Apr 21, 2017
◆【病原菌の正体】新型インフルエンザに思う Apr 20, 2017
◆【反省と感謝】暴風雨人生から立ち直るには反省と感謝が絶対不可欠。常態化すれば上昇階段が現れるだろう。 Apr 19, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(3) Apr 18, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(2)。 Apr 17, 2017
◆【国民の生命を護ろう!】核・水爆・EMP・生物・化学兵器に、何等の抑止力を持たない日本国 Apr 16, 2017
◆【若き頃のバイタリティは素晴らしい】大学時と共産主義者との出逢い Apr 16, 2017
◆【北朝鮮危機】今こそ日本人の本物の信仰心の試される時 Apr 15, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々。 Apr 15, 2017
◆【雨・風・雷・台風】偶然にしては、あまりにも・・ Apr 14, 2017
◆【不思議な出来事】ネットで起きた実話、夢の中で見た真実、信じられないような話・・ Apr 14, 2017
◆【驚きと得心】本物の宗教に出逢えた喜びを、体験談として少しだけ Apr 13, 2017
◆【天国vs地獄は、信仰心vs無神論・唯物論】日本国家を救えるのは無神論者・唯物論者では無い。信仰心溢れる人達こそが日本を救い世界を導く Apr 12, 2017
◆【天国vs地獄】幸福の科学に出逢えて良かった!嘘偽りの無い本当の話 Apr 12, 2017
◆「幸福の科学」の教えには人類普遍の法則が説かれている Apr 12, 2017
◆【奇病】明るい心は光と、暗い心は闇と、波長は同通する Apr 11, 2017
◆【永遠なる魂と本物の真理】創価学会員の義叔母が亡くなった。晩年の義叔母は[幸福の科学の生命の法]を大絶賛し近所の人達に見せていた。 Apr 11, 2017
◆【人生の王道】人生の終末期に起きること Apr 11, 2017
◆【10年前の私的政治思考】選択の自由には責任が伴う(2008年:幸福実現党始動前のブログ) Apr 10, 2017
◆まずは、自らを高める Apr 10, 2017
◆【信仰心は未来を見る力】何を信じて、何と縁を持つかで未来が変わり、この世の生き方で還る場所が違う。 Apr 10, 2017
◆【未来は光か闇か】光は放射する事で闇を打ち消すが闇を放射して光を消す事は出来ない。光を取るのか?闇を取るのか? Apr 09, 2017
◆【愛のテーブル】愛は光。光の放射で闇は消えるが、闇を放射しても光は消えない。 Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【自殺は悪】自殺してはいけない本当の理由 Apr 09, 2017
◆無用の用 Apr 08, 2017
◆悪にも「為す悪と為さぬ悪」があります Apr 08, 2017
◆【自殺しないでください】天上界から見たら、自殺も他殺も同じです Apr 07, 2017
◆【My Life】仮面の母 Apr 07, 2017
◆【My Life】父の死 Apr 06, 2017
◆【病魔との戦い】大量の病気、絶対治らないと言われた病気まで、全部治った! Apr 05, 2017
◆【人生相談】うつ病の母との葛藤の中、自分も同じ病に Apr 04, 2017
◆【祈願(前)の奇跡】母の極度の痴呆が、瞬時に治った。 Apr 03, 2017
◆【自分記】神さまの子? Apr 03, 2017
◆【My Life】人ありてこそ我あり Apr 02, 2017
◆【祈願】への疑問。その仕組を知り得心。 Apr 02, 2017
◆【田布施システムは嘘!】血筋より志(こころざし)(過去記事移動 + 加筆) Apr 01, 2017
◆【国防はどうした!】北に核ミサイルを撃たせるな!半島情勢の今と今後は? Mar 22, 2017
◆【未熟な現代科学】知ってるつもりの現在の科学文明、そして未来。 Mar 15, 2017
◆【公教育の質を問う】学校、先生、PTAって? Mar 14, 2017
◆【真なる改革者は在野から】既存地位のある者の中から、真の改革者は生まれていない。 Mar 13, 2017
◆【日本は世界平和貢献国】東洋と西洋の文化の交わる地、日本を思う。 Mar 12, 2017
◆【苦と霊的人生観】苦を試練として受け止めよう Mar 11, 2017
◆【成長する秤(はかり)】苦しみの限界は、さらなる限界を乗越える事で、ステップアップする。 Mar 10, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m