◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【ヘイトスピーチ】沖縄の極左活動家は、1970年頃の革マル派だった!


ゴチャゴチャと、うるさい世の中ですね。

ヘイトスピーチのことですけどね。



【沖縄の実情は、1970年安保闘争さながらだ】


日本のマスコミは、まったく報道しないが、沖縄では、相変わらず、基地前でヘイトスピーチをしているようだ。

おそらく、そのような状態だとは思っていたが・・。


◆【沖縄・辺野古移設】緊急取材!! 反基地活動家の正体とは!? 【ザ・ファクトFAST BREAK#02】



◆【沖縄・プロ市民の実態】直撃取材!「民意」を名乗る反基地運動にダマされるな!【ザ・ファクト FAST BREAK #04】



■まだ、未だに【革マル派】が生き残っているとは、驚いた。

(【革マル派】の正式名称は、[日本革命的共産主義者同盟・革命的マルクス主義派]らしいが、長ったらしい(笑)。【極左暴力集団】でいい)

正確には【生き残っている】とは思っていたが、公安に睨まれて居る連中なので、地下活動をしているとばかり思っていた。

未だに、こんなに、表だって活動しているとは、驚いた。


■私が20歳の頃は、こういう連中と対峙していたのだ。

ヘイトスピーチなんてものじゃない。彼等がやっていたのは【暴力闘争】だ。

ヘルメットして、顔半分をタオルで隠して、角材やバットで殴り掛かって来ていた連中だ。

酷い者は、火炎瓶を投げつけて来る【危険な輩】だ。



■ネット上で、ゴタクを並べる者は、こうした者達と闘ってみたらいい。

どれだけ自分が、平和な位置に居るかが解るだろう。

私達の世代は、多かれ少なかれ、こうした連中と関わらざるを得なかった。

なにせ、同級生、隣の席の男達が、そうした事をやっていたのだから。


■一緒に机を並べて勉強していた者が、京大に入ってからおかしくなった者もいる。

父親が憲兵だった事で、父親が厳し過ぎたのか?真反対の事をやり始めた。

彼とは、何度も口論したが、どこまで行っても平行線。

(こいつとは話しても無駄だ)と覚り、距離を取らざるを得なかった。


■こうした者達(革マル派)は、はっきり言うが、考え方・行動に置いても(暴)と変らない。いや、もっと始末が悪い。

(暴)の場合は、警察に捕まる事を嫌う。

だが、【革マル派】のような暴力思想集団は、警察に捕まる事など、何とも思っては居なかった。

ネコを被っているが、ネコの面の下にはトラが居る。そうした連中だった。

・・いや、過去形ではなかった。現在進行形だ。


あの頃の【武闘集団、革命戦士】達が、まだ生き残っているとは・・。

日本がおかしくなるはずだ。

沖縄県民も、怖くて外にも出られないだろう・・。

先日の名護市長選挙は、こうした【武闘集団、革命戦士】達が居る中での選挙だったのか。




【沖縄の皆様へ】

■だけどもね、沖縄の皆さん。

甘ったれるんじゃないよ!

・・って、言いたい処だけど、気持ちはよく解かりますよ。

私も、そうした渦中に放り出されましたのでね。

誰も助けてくれず、独りで、または数人で、大勢の暴力組織の者達と向き合わなければならなかったのだから、彼等の怖さは解っています。


■でもね、【脅しに屈しては、自らの命を捧げるようなもの】ですよ。

同じ【命を捧げる】のなら、【邪・悪】なものに捧げるより、【正・善】なるものに捧げた方が、道が開けますよ。

あなた達に必要なものが、【真実】であり、【勇気】です。

もしも、あなた達が、今のままだったら・・、近未来には、もっと酷い連中がやって来るかも知れませんよ。

ですから、お願いですから、厳しいとは思いますが、試練に負けないで下さいね。



【ザリガニ型人生観】というものがあります。

ザリガニは、危機を察知すると後退します。

ですから、ザリガニを捕まえるには、ザリガニの後に網を置いて、前方から笹竹で突ついただけで、自分で勝手に網に入ってくれます。

【危機⇒後退】が、ザリガニにとっては、最善だと思っているのかも知れませんね。

それゆえに、そのザリガニは生命の危機にすら陥ります。

そのザリガニにとって、真なる安全は、前方に進む事なのですけどね。

同じことは、人間社会でも言えるかと思いますよ。


■私は、気の弱いくせに正義感だけは強くて、暴力にだけは屈したく無かったのですよ。

ですから、強靱な身体にする為に、毎日毎日鍛えました。

今では、そうした筋肉は無くなって居ますが(汗)、なぜだか?腕力と握力だけは残っています。ですから迂闊に喧嘩も出来ません(笑)

・・は、冗談ですが、若い頃には無茶をしましてね。

祭りの時、道路を10人以上で横一線に並んで、人々を左右にかき分けながら歩いて来る人達がいました。

もちろん普通の人達ではありません。今、あなた達を困らせている人達と似たような人達です。

私は、そうした人達に屈する事が嫌いなので、1対多で向き合った事がありました(汗)。

そのまま進めば、ボコボコにされていたかも知れません(汗)

だから、クルリと向きを変えて、彼等の先頭を歩きましたよ(笑)


これは、【無謀】と言います。愚の骨頂です(汗)

正義感が名を変えて、知恵の無いプライドに変って居ただけです。


■だけどもですね。私達から上の歳の人達には、そうした【悪には屈しない】という日本人が居たのも確かです。

ですから私は、ほんの少しですが、【神風特攻隊、回天】の人達の気持ちも解るのですよ。

彼等は、【テロリストとは違います】。【崇高な想いを持った人達】です。

今の日本人から失われた心を持つ人達でした。

彼等のプライドは、私のような貧弱なものでは無く、【大儀】がありました。

強かったですよ、そして、とっても優しかったです。


正直、今の沖縄は戦場です。

それも、かつての【革マル派】となれば、その凄まじさは容易に想像出来ます。

だから、那覇空港にUFOが沢山現われたでしょう!


◆那覇上空に謎の光(沖縄タイムス:2014.01.24.)


UFOが現われる所は、戦場、災害地が多いです。

そして私も、このような小さな光では無く、満月の大きさのUFOを目撃しています。

こうした時期に現われるUFOは、【その地がどうなっているのか】と、見守っているのですよ。

【我々が付いて居るから、心配するな】と、わざわざ姿を現わして、応援しているのですよ。

こうしたUFOを怖れなくてはならないのは、【革マル派】達ですよ。

ですから、彼等に負けないで下さいね。


■それにしても、明らかに彼等は【やり過ぎ】ですので、警察の出番のはずですが、なぜか?捕まえて居ませんね?

【被害届け】を出していますか?

アメリカ軍も、遠慮しないで【被害届け】を出して下さいよ。

それでも警察が動かないのなら、日本国民に訴えて下さい。




【目立ちたくない自分から脱却したくて、ネットに上がった。そして行動した】

■そして、[いじめ]にも見受けられるように、我が身はネット上の安全地帯に置いて、他者への批判をする人達も増えている。

まさに、現代日本の一端を垣間見る事も少なくない。


■私は、誘われて[Face Book]に入って気付いたが、そうした人達の多くは[自分は何処の何者か]の個人情報は出していない。

その割りには、何百人もの人達と繋がっている。

見ていて、それで良いのだろうか、と思ってしまう。

ま、目的は人それぞれだから、と思っているが、釈然としない(笑)


■私も、このブログでは個人情報は出していないが、解かる人には解かるようにはしている。書いている。

だから探り当てられて(笑)、突然、電話が掛かったりしているが、それはそれで結構なことだ。善い人ならばだが。


■本来は【目立ちたくない】自分だったはずだが、数ヶ所の[相談掲示板]で12年間もやって来たので、変わってしまった(汗)

もっとも、そういう自分に変える手段として、自分を鍛える意味で[相談掲示板]に出たのだから、願いは適ったことになる。

そうしたネット縁だけで、三帰者、献本できたと言うことは、お互いに、住所等の個人情報まで教え合う【信頼関係】が築けたからだ。



■だが、[いじめ問題]に関しては守秘義務があるし、立場が違うので、何百人との接触はあるが、別枠にしている。

純粋に[いじめ問題]と戦っているのに、「宗教(勧誘)の隠れ蓑」のような誤解は受けたく無いので、真理に添った話はしても、献本等はしていない。

それが本筋だと思っている。


ちなみに山口県では、このような活動をしている。







↓ひとつだけでも、ポチッと押して応援頂ければ嬉しいです。 m(._.)m

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題] | 2014.01.26(Sun) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【無から有へ】何も無い処から、生み出す・創りだす面白さ Apr 27, 2017
◆【礼、智、 信、義、勇、仁、徳】仏の智慧で世界を救い導け。正義を貫き、不義に妥協することなかれ。 Apr 26, 2017
◆【目は心の窓】個性さまざま、放ち放たれた言葉 Apr 25, 2017
◆【正論、必ずしも正義ならず】義憤としての冷静な怒り Apr 24, 2017
◆【知は力】失敗を反省し、繰り返さないことの大切さ Apr 23, 2017
◆【幸福の科学:緊急霊言】追い詰められた金正恩守護霊、トランプ氏に挑発メッセージ Apr 21, 2017
◆【病原菌の正体】新型インフルエンザに思う Apr 20, 2017
◆【反省と感謝】暴風雨人生から立ち直るには反省と感謝が絶対不可欠。常態化すれば上昇階段が現れるだろう。 Apr 19, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(3) Apr 18, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(2)。 Apr 17, 2017
◆【国民の生命を護ろう!】核・水爆・EMP・生物・化学兵器に、何等の抑止力を持たない日本国 Apr 16, 2017
◆【若き頃のバイタリティは素晴らしい】大学時と共産主義者との出逢い Apr 16, 2017
◆【北朝鮮危機】今こそ日本人の本物の信仰心の試される時 Apr 15, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々。 Apr 15, 2017
◆【雨・風・雷・台風】偶然にしては、あまりにも・・ Apr 14, 2017
◆【不思議な出来事】ネットで起きた実話、夢の中で見た真実、信じられないような話・・ Apr 14, 2017
◆【驚きと得心】本物の宗教に出逢えた喜びを、体験談として少しだけ Apr 13, 2017
◆【天国vs地獄は、信仰心vs無神論・唯物論】日本国家を救えるのは無神論者・唯物論者では無い。信仰心溢れる人達こそが日本を救い世界を導く Apr 12, 2017
◆【天国vs地獄】幸福の科学に出逢えて良かった!嘘偽りの無い本当の話 Apr 12, 2017
◆「幸福の科学」の教えには人類普遍の法則が説かれている Apr 12, 2017
◆【奇病】明るい心は光と、暗い心は闇と、波長は同通する Apr 11, 2017
◆【永遠なる魂と本物の真理】創価学会員の義叔母が亡くなった。晩年の義叔母は[幸福の科学の生命の法]を大絶賛し近所の人達に見せていた。 Apr 11, 2017
◆【人生の王道】人生の終末期に起きること Apr 11, 2017
◆【10年前の私的政治思考】選択の自由には責任が伴う(2008年:幸福実現党始動前のブログ) Apr 10, 2017
◆まずは、自らを高める Apr 10, 2017
◆【信仰心は未来を見る力】何を信じて、何と縁を持つかで未来が変わり、この世の生き方で還る場所が違う。 Apr 10, 2017
◆【未来は光か闇か】光は放射する事で闇を打ち消すが闇を放射して光を消す事は出来ない。光を取るのか?闇を取るのか? Apr 09, 2017
◆【愛のテーブル】愛は光。光の放射で闇は消えるが、闇を放射しても光は消えない。 Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【自殺は悪】自殺してはいけない本当の理由 Apr 09, 2017
◆無用の用 Apr 08, 2017
◆悪にも「為す悪と為さぬ悪」があります Apr 08, 2017
◆【自殺しないでください】天上界から見たら、自殺も他殺も同じです Apr 07, 2017
◆【My Life】仮面の母 Apr 07, 2017
◆【My Life】父の死 Apr 06, 2017
◆【病魔との戦い】大量の病気、絶対治らないと言われた病気まで、全部治った! Apr 05, 2017
◆【人生相談】うつ病の母との葛藤の中、自分も同じ病に Apr 04, 2017
◆【祈願(前)の奇跡】母の極度の痴呆が、瞬時に治った。 Apr 03, 2017
◆【自分記】神さまの子? Apr 03, 2017
◆【My Life】人ありてこそ我あり Apr 02, 2017
◆【祈願】への疑問。その仕組を知り得心。 Apr 02, 2017
◆【田布施システムは嘘!】血筋より志(こころざし)(過去記事移動 + 加筆) Apr 01, 2017
◆【国防はどうした!】北に核ミサイルを撃たせるな!半島情勢の今と今後は? Mar 22, 2017
◆【未熟な現代科学】知ってるつもりの現在の科学文明、そして未来。 Mar 15, 2017
◆【公教育の質を問う】学校、先生、PTAって? Mar 14, 2017
◆【真なる改革者は在野から】既存地位のある者の中から、真の改革者は生まれていない。 Mar 13, 2017
◆【日本は世界平和貢献国】東洋と西洋の文化の交わる地、日本を思う。 Mar 12, 2017
◆【苦と霊的人生観】苦を試練として受け止めよう Mar 11, 2017
◆【成長する秤(はかり)】苦しみの限界は、さらなる限界を乗越える事で、ステップアップする。 Mar 10, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m