◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【価値観の相違】が戦いになってはいけない。まずは善悪の視点から見詰めるべきだと思う。


橋本市長さん。


考え方の違いはありますが、個人的には、あなたに対しては好感を持っています。

だけども、あくまでも個人的見解ですが、[大阪府知事]を任期途中で辞任、[大阪市長]も任期途中で辞任と続けば、良い印象は受けません。


■そして私自身は、あなたの掲げる【大阪都構想、道州制】に対しては、あなた達が結党される前から、自民党案として出ていた頃から【反対】です。

大阪の富(とみ)が、地方に行っている現状は解かりますが、地方の私達から見れば、地方が大阪を支えているのですよ。

地方の私達が、大阪から物品を購入して来たからこそ、大阪に富が集積されています。

その富を、国税等の税金として納めるのは当然の責務です。


■それを、【大阪で得た富は大阪だけのもの】との考えの基での、【大阪都構想、道州制】に対しては異を唱えています。

それを、あなたは押し通したく、【民意を問う】形で、辞任されました。

再選されても、何かある事に辞任・再選挙では、困ります。

誠に残念な選択です。

--------------------------------------------------------------

山口県でも、県知事が病気の為、辞任されました。

やむを得ない事ですが、再出馬はありません。

辞任は辞任です。

私的には、病気で辞められた山口県知事の最大の功績は、[維新の会]に属していた人を、【打ち負かせたこと】だと思っています。

その人は、今回も再度【脱原発】を訴えて、無所属で出馬されるようですが、主婦層中心の【脱原発】を思う山口県民は、減り続けています。

--------------------------------------------------------------

■東京都知事選でも、【脱原発】が争点になっていますが、【原発は国策】ですので、地方選の争点になってはならないはずです。

そして、その【脱原発】を推進して来たドイツでは、自然エネルギーのパイオニアだった大手のプロコン社が、破産申請致しました。

◆独風力発電大手プロコン社が破産申請 脱原発政策の愚が明らかに

こうした事から見ても、ドイツや日本のような国には、まだまだ【原発が必要】だと、示されたようなものです。



(以下が、昨日書いて置いた本文です(汗))



【余談】

■最近、当ブログに外国からの訪問者が増えている。

前回アメリカに向けて書いたのは、かなりな数のアメリカからの訪問者が居られるからだ。

だから、単に、独り事のように書いている訳では無い。


■以前も、【中国のレーザー照射】に付いて書いた時は、「中国からのアクセス数には驚いた」と、ブログに書いたトタンに、激減した。

おそらく今は、アメリカ経由で見ている人達も居るかと思う。




【喧嘩に必要なものが、理性だった】

■私は、喧嘩は嫌いだ。だからと言って「しなかった」わけでは無い。

目の前で喧嘩をしていた者達が居た時には、見るに見かねて止めに入って居た。

正直、とっても怖いものだ。

相手が怖いのではない。自分自身の理性がフッ飛んでしまう事が、怖い。

自分が怪我する事より、相手を怪我させてしまう事を怖れてしまう。


だから、殴り合いの喧嘩は、小学時代でやめた。

中学時代は、すでに大人に近い体格になっていたので、他人の喧嘩を制止しても、絶対に殴ることはしなかった。出来なかった。

今では、「小学生の時は喧嘩していた」と言っても、知らない人は誰も信用してくれないが(笑)


■逆に、世話好きで鼻っ柱の高い友人Aは、「一度も殴り合いの喧嘩をした事がない」と聞いて、「嘘言うなよ」と笑い飛ばしても、どうやら本当らしい。

人は、見掛けでは分からないものだ(笑)


■また、友人Bは、小・中学で[番長]を張っていたが、彼の場合は違う。

自分の学校の者が、他校の者にやられたと知ったら、仲間を引連れて殴り込んでいた(笑)

県下でも有名暴力校だった頃の(汗)[番長]だから、Bの名前は知られてた。

だから、友人Aが高校の時は、『俺はBの友達だ、と言ったら、誰も(喧嘩を)仕掛けて来なかった』と言っていた。

それはその通りだろう(笑)


だが、私達が喧嘩好きだったか?と言うと、決してそんな事はない。

普段は、おとなしい者達だ。

だが、「仲間がやられている」と知ったら、3者3様のやり方で止めに入っていた。Bは特別格だったが(笑)


■このように、私達の世代の者達は、むやみやたらな喧嘩はしなかった。

なぜならば、上にも書いたように、自分が怪我をするよりも、相手を怪我させてしまうことが怖かったからだ。

それは【限度】を知っていたからだ。【これ以上やったら危険だ】と、喧嘩しながら体得していたからだと思う。

もちろんBも同じだ。彼の場合は、限度の割合が違っていたが(笑)。それでも後腐れが無いようにしていたので、【その時限り】で終っていた。

[いじめ問題]にも見られるように、ネチネチ粘着タイプが多い今とは違う。アッサリとしたものだった。



Bは、30代になったら見違えるほどの男になっていた。

近所や彼を知る人達の評判は良い。

『優しくて、親孝行で、とっても善い人』は、そうだとは思う。彼の内面にある肝っ玉の大きさが、Bをそうさせたのだろう。

誰が見ても、性格的には私と正反対だと思うのだが、不思議に私とBとは仲が良い。

特別に友情めいたようなものも無いのだが、おそらく、【お互いに、相手を認めている】からだと思っている。


■他の友人達も同じだ。

善いところも、悪いところもひっくるめて、お互いに相手を認め合っている。

そうとしか考えられない。

そんな私達は、普段はバラバラの生活をしていても、イザと言う時には、何を置いても駆け付ける。

私の車が有ると、『おい、ちょっと寄ってみたぞ』と来るし、私も行っている。

そうした適度の距離を保ちながらも、友人関係が続いているのが、私達の世代の特長かも知れない。




【世代間相違】

■そんな私達を、傍で見ている息子には、【不思議な関係】に見えるようだ。

『お父さんの友達って、いったい何人いるの?』と言うが、私にも分からない。考えた事も、数えた事もない(汗)

分かるのは、昔の知人達は選挙の度に減っていることだ。(昨年の選挙では、3千人の人達に電話をしたが、知らない内に他界していた者も出始めた)

だが私の場合は、今も現役で働いているので、新しい仲間達も増えている。

歳取って、かつての仲間が減ることはやむを得ない事だが、人間嫌いでなければ、人間好きならば、増やす事は何歳になっても出来ると思う。

--------------------------------------------------------------

■息子達の友人達は、10人くらいのグループで遊んでいたので、そんな私達の関係が奇異に見えるのだろう。

逆に、私も、奇異に見えていたが(笑)


■ある日、天気も良いのに、私の家に集まって遊ぶ、息子と彼等に、「君達は、友達か?遊び仲間か?」と聞いたら、誰も返事をしなかった。

「そろそろ考える頃だぞ。結婚したら今のようには行かないぞ」

私から見たら、いつまで経っても小中学の延長のような感じに見えていたからだが、私の思わぬ言葉に彼等は考え込んだようだ。

そして、『親父さんの言う通りだ』となったようで、常にツルんで遊ばなくなった。

毎週、毎週集まっていたのだが、今は年に数回、集まっているようだ。


そんな私の一面を知っている息子は、『黙っている時のお父さんって、もの凄い威圧感がある』と言う(汗)

それではいけない。そんな事では、私も、まだまだ半人前だ(汗)・・反省。




【酒に酔う恐怖】

■また、私は酒は飲まない。

飲めばウワバミ家系だったので、全員が酔い潰れても、一人で酔い潰れた者達を見ていた(笑)

だが、ある時、壁を背にして飲んで居たら、フッと眠気に襲われて、すぐに目を醒ました。

・・と思っていたら、時計を見ると30分経っていた。

場所も動いていないので、壁を背にして眠ってしまったのだろうが、私はそれが怖かった。

たった30分でも、自分の意識に【空白の時間がある】事が怖かった。


■それ以来、どんな人にも、[酒は飲めない人間]として扱ってもらった(笑)

当時は、全身性皮膚疾患があったので、「医者から止められている」と言えば(止められていなかったが(笑))、誰もが納得してくれた。

そして、ほんとうに飲めなくなってしまった(笑)、体が受け付けなくなった。


■そんな話を友人達に言えば、「それが(記憶を失っている時間)、心地良いんだぞ」と言うが、私には真似が出来ない。

おそらくそれは、我を失う母親を見て来た事で、(自分は決してそうあってはいけない)と、思う心があったと思う。

もちろん私が、何かの影響を受けて暴れた事は無い。

だが、心は冷静でも、悪に対しては闘う時には闘うし、潰す時は潰す。




【善悪・正邪・真偽と、勝負・損得との価値観の相違】

■そんな私の判断基準は【善悪・正邪・真偽】だが、[いじめ問題]や、巷に見るのは【勝負・損得】が多い。

だが、私にとっては、勝ち負けなど関係ない。善なるものは推し進め、悪なるものは押し留めるだけだ。

そうして[いじめ問題]も、【善悪の視点】から考えてもらうことで、解決して来た。

だから、この歳で(汗)、聞き分けの無い学校や教育委員会には乗り込んで行って、関係者全員の謝罪を頂いて来た。


その場で見たものは、【勝負や損得勘定】をしている教員達の姿だった。

だからこそ私は【善悪の視点】から、涙が流れるまで話し、考えてもらった。

ただし、悔し涙では無い、反省の涙だ。

そうして涙された先生方は、全員が立ち直って立派になられている。

まさに、【万人に仏性あり】を垣間見る瞬間だった。




【国家の価値観の相違には、真なる発展と愛ある調和を】

国家に置いても【善悪・正邪・真偽】の視点が抜けたら、動物並の【勝負・損得勘定】になってしまいかねない。

日本は【善悪・正邪・真偽】、中国・韓国は【勝負・損得】の視点から見ているように思えてならない。

見ている視点が違うので、どこまで行っても平行線だ。


■善良なアメリカ人達に【嘘】を言い、フランスのマンガ祭でも【嘘】の本を出す韓国は、何の視点から見て行動しているのか、よくよく考えて頂きたい。

すべての中に【嘘】がある限り、韓国がやっている事は【勝負・損得勘定】だ。

だから、人間としての【善悪・正邪・真偽】の視点から、見詰め直して頂きたい。

今のままでは、現時点では、アメリカやフランスに【嘘】で目を眩ませても、いつまでも通用しない。

やがて必ず、目を開ける。

その時、彼等に何が見えるか、よくよく考えて頂きたい。


韓国自身が汚名を着る時代が、必ず来る。

その汚名、汚れたものを取り除くのは、早ければ早い方が良い。

時が経てば経つほど、染み込んで、汚れを取るのに時間が掛かる。

あなた達は今、そうして自らの衣装に【嘘】という汚れを塗り付けていると、知られた方がいい。

----------------------------------------------------------------

■また、神仏否定の中国共産党は、人々の【恨みのエネルギー】を、弾圧で交わしたり、他国に向けようとしないで、真摯に向き合って頂きたい。

あなた達に不足しているのが、【愛ある調和の心】だ。

だから、人々の【恨みのエネルギー】に神仏の光を招き入れ、風通しの良い、光溢れる【調和のエネルギー】に変えて頂きたい。

長年、あなた達は【進歩・発展】を求めて来たがゆえに、【調和】が痩せ細っている。

人間に置き換えれば、【背は高いが、痩せ細っている人間】のような感じだ。身長と体重のバランスが非常に悪い。

本来は、健全な【進歩と調和】が形成されていれば、丸い球体になるはずだが、今の中国は、いびつな卵のような形状だ。

卵は、[コロンブスの卵]のように割らないと、必ず倒れてしまう。

そうした楕円形国家が、さらなる発展する為には、【調和のベクトル】を持たないといけない。

----------------------------------------------------------------

それはまた、アメリカにも言える。

やはり、長年【進歩・発展】を求めて来たがゆえに、【調和】が痩せ細っている。

中国ほどでは無いが、【背は高く、痩せ細っている人間】のような感じだ。


だが、私の見る限り、1950~1960年頃のアメリカは、健康な体の、球体国家に近かった。

次第に【調和】が無くなり、楕円形の卵型国家になって行った。

今は、その反動で、【調和】を重視されている感じだ。

それはそれで自然な事だが、急ぎ過ぎると風船のように破裂してしまいかねない。

アメリカは、国内秩序を保ちながら、【世界の調和】に力を向けたら、もっと大きな健全な球体国家になると思う。

----------------------------------------------------------------

また、日本は?と言えば、中国とは逆だ。

戦後の平和と、長年のデフレで、【進歩・発展】が止まり、ダラリと横に長い、倒れた卵状態だ。

まるで寝そべった人間のようだ。

民主党政権が、のし掛かって、もう少しで潰れるところだった。


安倍政権は、寝そべった人間のような国家を起こそうとされているが、こちらは少し、ゆっくり過ぎる。

急いで欲しい。


長年寝そべったせいで、無駄に太って起こし難いのなら、余計な部分は削り取る。

具体的に言えば、国家でなくてもやれる事は、どんどん民間に降ろして、少しでも早く身軽になって、ジャンプが出来る状態にして頂きたい。

そうした事は、[幸福実現党]からも、このブログからでも言い続けている。


まずは、中国・韓国の【嘘】の原因を作った【河野・村山談話の撤回をして頂きたい】。

そうでないと、日本国民は、起きるに起上がる事が出来ない状態だ。

この日本が、世界の模範国家になるように、【善悪・正邪・真偽】の視点から、見詰めて頂きたい。

すべての物質の【最も安定した形状は、球体だ】と云う事を想起し、【如何にしたら球体国家】になれるかの努力を、お願いする次第。




↓ひとつだけでも、ポチッと押して応援頂ければ嬉しいです。 m(._.)m

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ

関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題] | 2014.02.03(Mon) PageTop

Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【白龍?】空の雲を見ていると、いろんな形に変わるのが面白くて好きだ。だが、天候との関係は如何に? Aug 07, 2017
迷走台風15号は、日本国民への神々からの警告か? Aug 06, 2017
大川隆法総裁 講演「人類の選択」 Aug 03, 2017
◆【いじめを無くそう】人は感性(勝負)→知性(損得)→理性(善悪)→悟性(神仏への愛)と成長する Jul 29, 2017
音楽等の整理 Jul 24, 2017
◆吹田晃氏が亡くなった。。お世話になりました。ご冥福を祈ります。 Jun 21, 2017
【冗談話】安倍総理の70年談話前に各国に謝罪する。(2015年8月の下書き) Jun 21, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト全編】 1963年~1967年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト①】 1963年~1964年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト②】 1965年~1967年(画像による順位表) Jun 07, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう May 31, 2017
◆【他人が作れないレシピを考える】まずは一から出発・再出発できる有り難さ、白紙に描く喜びを知ろう。 May 13, 2017
◆【超音波と衝撃波】NHKは地上の原発の安全性を立証したことになる(再掲載) May 12, 2017
◆【草と忍者(続き)】現代の草と忍者は暗闇世界の使者。光の世界の拡散を妨げることで己の居場所の確保をしている。 May 11, 2017
◆【異常気象は天意の証】無神論者・唯物論者が、日本と世界を滅ぼす(再掲載) May 10, 2017
◆【素晴らしい国:日本】欧米やアメリカ大使館の御方へ。安倍総理の靖国神社参拝は、どこの国でも、ごく、当り前の事ですよ。 May 09, 2017
◆【善い話・怖い話(笑):悪霊退散!台風迂回!】ここ数日の奇妙な出来事(再掲載) May 08, 2017
◆インド、ネパールで、日本に産まれた〔再誕の仏陀〕が説法。インドでは5万人集会で大騒ぎ!(再掲載) May 07, 2017
◆【危機を防ごう】マヤの予言危機を回避しよう(再掲載) May 06, 2017
◆この世の救済も大事だが、【魂の鎮魂】も、とても大切なことだ May 05, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m