◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク    
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【幸福の科学に入信して2】リバティ担当になり、熱き法友達との出逢いと奇跡。仏法僧の有難さを知る。


羽生結弦選手。金メダル、おめでとう!

そして、感動をありがとう!




【キャッチボール型から、スピーカー型へ】

■2001年。[リバティ担当]に。

まだまだ、信者さんの中でも浸透していない頃でした。

「リバティ担当って何するの?」と、訳も分からないまま引き受けました。

だけども当時の[リバ担]は哀れなもので(笑)、振り向いてももらえません(汗)

職員さんに「どうしたら良いのか」聞くと、『大きな声を出す方の、勝ちですよ』との事(笑)

要するに【スピーカーのような自分】に成らなければ、いけなかったのですよ。

個と個のような【キャッチボール型】なら平気な私ですが、【スピーカー型】の自分に成る必要があると感じました。


■その為には慣れるのが一番だと思い、数ヶ所の相談場で試みたのがアドバイス側に立つ自分でもありました。

他人様の悩みにアドバイスするのは、本当に勇気と責任感が要ります。

ですから、[幸福の科学]の書籍を見ながら、同時に自分も勉強しながらアドバイスすると云う、同時並行でしたね。




【内から外へ、小乗から大乗への転換期に関われた喜び】

■2002年。『地域ブロック』ごとに、自分達の手でリバティを作るという試みが為されました。

[The Liberty]は、男性好みの社会啓蒙的な月刊誌だったので、女性信者さんには、馴染めなかった事もあるかと思います。

本部から数名のリバティ編集部(里村さん、小澤さん、松根さん)の方々が、[The Liberty]の重要性を伝えながら、指導に来られていました。

正直私は、(編集部の方々が自分達で作った方が楽だろうにな)と思っていましたが、一方では社会啓蒙の武器である事も承知していました。

その頃から、【内から外へ】と転換する機運を察していました。

私は、その転換期に関われた事が、新しい[The Liberty]を創る時代に関われた事が、嬉しく思っています。




【岡山リバティ集会での奇跡】

■[中国地方版]を作る順番が来て、[リバ担]の私は、中国5県の支部で行なわれる[リバティ集会]に集っていました。

だけども、岡山での[リバティ集会]には、法友に「腰が痛くて行けそうも無い」と、断りを入れる有り様でした。

だけども、法友は『どうしても』と言います。

腰が痛いのは本当で、5分立って居るだけで足にシビレが来る[椎間板ヘルニア:ギックリ腰]を、20年来患って居ました。

(どうしたものかな・・)と考えていたら倉敷の知人の顔が浮かび、法友に「倉敷に寄ってくれるなら行く」と、岡山の[リバティ集会]に参加しました。


岡山での[リバティ集会]は、それまで感じた事も無いような、もの凄い熱気溢れるものでした。

(その後も毎月、各県で集会が行なわれましたが、岡山での[リバティ集会]は、その立ち上げでした)

その頃の[The Liberty]の記事の半分は、会員さん達が集めて作ったものでした。

おかげで、月刊誌を作ると云うことは、どれだけ大変な事か、身に染みて解かりましたね。


帰りは約束通り、法友に倉敷に寄ってもらって、知人に献本をして、車に乗りました。

・・が?あれ?

「今、自然に、車に乗ったよね?」と気付き、車を降りて、乗り直しました。

驚きです!

20年来患らっていた【痛み】が、消えて無くなっていたのです。

レントゲン写真は[椎間板ヘルニア]のままですが、痛みだけが、突然、消えてしまいました。


■思えば、岡山での凄まじいばかりの熱気を受けて、治ったのでしょう。

いつも「腰が痛い」と言って居たのが(汗)、その日を境にピタリと痛みが止みました。

もちろん法友もビックリです(笑)


■北九州の針灸治療院に行った時、『あなた、真っ直ぐ立ってご覧』と言われましたが、本人は真っ直ぐ立っているつもりです(汗)

『これは酷い。いったい何年放ったらかしてたんだ。ここまで来る必要は無いから、近くの医者なり治療院で治療しなさい』と、怒られた程です(汗)


■それほどのものだったのですが、ほんとうにピタリと痛みは無くなりました。

それから10年以上経ちますが、腰の変形はそのままでも、痛みは有りません。

私なりに岡山まで頑張って行った事への、[ご褒美]かも知れませんね。

有り難いことです。




【投稿記事が載ることになり、超ド緊張】

■その後も、[いい旅発見、山口]の記事作りに、県内の[リバ担]達が集まり、何度もリバティ編集部の松根さんが来られて居ました。

(よほど山口県に縁ある方かと(笑))


■山口県各地の写真、名産品、偉人、等々を分担して調べたものを集めて、[瓦そば]を作って居た時に、一報が入りました。

『みなさ~ん!今、リバティ編集部から連絡がありました!』

『○○さん(私)の記事が、載る事に決定しました!』

会場は拍手喝采です。『おめでとう!』、『良かったね!』の称賛の嵐の中で、私一人が固まっていました(汗)

まさか、自分の記事が採用されるとは思っても居ませんでした。

大喜びして下さっている法友達に囲まれながら、私は【超ド緊張状態】です(汗)

その時の私の脳裏に浮かんで居たのは、(自分の記事を、総裁先生が見られる)との思いで、緊張、緊張、ド緊張です。

おそらく笑顔も不自然になっていたかと(汗)

翌日は、(まあこれも、恩返しだ)と、ある意味開き直ったようになりましたが、掲載される喜びよりも、もの凄く緊張しましたね。


■まもなく[The Liberty]が発刊され、日本各地の同病の人達から、『同じ病気で苦しんでいる。どうやって治したのか』と、問い合わせが来ました。

だけども、その時の私の中には、答えは無かったのです。

放って置いたら自然治癒したのですからね。説明のしようがありません。


「病気と闘っている間は治らず、病気の自分を丸ごと受け入れたら治りました」

「病気の自分を忘れていたら、自然治癒しました」

「病気と闘い疲れて、『もういいや、俺はよく頑張ったよ。治らないのなら、このまま死ぬまで付き合うさ』と、自分自身に言い聞かせました」

「もしかしたら、毎日毎日、薬を塗ることで、今日も病気、今日も病気と、病気の自分の確認をしていたのかも知れない」などと、伝えました。


自分でそう言いながらも、【仏法真理】を照らし合わせた処に、答えがありました。

私は、[幸福の科学]の教えで説かれている、【病気の自分を愛せない、許せない】、【病気と闘い続けている自分】に気付いたのです。

[幸福の科学]に入信した時には、すでに病も治って居たのですが、かつて、そうした自分が居た事を、【仏法真理】で知りました。

そうした話を伝えると、『そうですか、私も病気と闘っているようですね。そうですか、なるほどね』と、言われた人達も居られました。


■下関支部での体験発表では、頭は真っ白になり、何を言ったのか憶えていません(汗)

だけども、聞いている人達の顔を見る余裕はありましたので、「え~と、里村さんに用意していた話を全部話して頂いたので」と、冗談から入りました。

その後、里村さんと顔を合わせた時、「すみません。私が喋り過ぎて」と言われて驚き、「あれは冗談ですよ。私が慣れていないだけです」と。

里村さんの、人の心を気遣う、真面目な人柄が解かりましたね。




【信仰心篤い人達に囲まれて、感涙】

■広島での[リバティ集会]でも、顔見知りになった人達が沢山集まられていました。

その時の来賓の方が言われたのが、

『総裁先生は、発刊される本を、1文字1文字、見て居られます』

『この間も、お傍を通った時に、今月のリバティをチェックされて居られました』

『広告を見られながら、(ツブれるなよ、ツブれるなよ)と、小さく囁かれて居られました』

と聞くなり、私は胸が一杯になり、会場のあちこちからも、すすり泣きが聞こえて来ました。


私が入信して、初めて見た光景でした。

(デフレ不況の最中で、みんな一生懸命なんだな)と、知ったものです。


■総裁先生が、すべての記事をチェックされている事は、松根さん達からも聞かされて知っていましたが・・。

まさかの、広告欄の広告主に向けて、囁かれながら思いを向けられている事を知った時、胸が熱くなり、涙が流れましたね。

それはまた、会場に居た全員が、同じだったと思います。

ほんとうに、信仰心篤い人達ばかりでした。




【役以上の縁と奇跡を頂き、報恩の思いが湧き出す】

■私は、[書店担当]、[リバティ担当]等を通して、役以上の縁と奇跡を頂きました。

特に、[リバティ担当]で数多くの信仰篤き法友達と出逢いました。

2014-02-15-1.jpg 
(福山での集会時の休憩時間の1コマ)


■その後も、[The Liberty]には体験談を数回載せて頂いています。

その体験談には、信じられないような奇跡の話も書きました。

◆母の認知症が、祈願の決意した瞬間に治った話。

◆ドン底に沈んだ身内が自殺未遂寸前で、目が醒めた話。

◆従兄、義父、知人達に受けた祈願は、医者が「奇跡ですと言った」話。

投稿記事には書かなかったけど、他にも【奇跡】としか言いようが無い話は、こちらのブログで書いて来ました。

[奇跡]が感じられない人には申し訳ないと思いますが、私の入信後は、そうした【奇跡の連続】でした。

(守護霊が、「早く目を醒ませ!」と、相当頑張ってくれたのかも知れませんね ^ ^ )

ほんとうに、有り難く、感謝の思いに堪えません。

そのお返しになればと、私なりに出来る範囲で、こうしたブログを書いています。




↓ひとつだけでも、ポチッと押して応援頂ければ嬉しいです。 m(._.)m

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [信仰と我が人生] | 2014.02.15(Sat) PageTop

Comment

Private

 


 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【日本の過去・現在・未来】見えない処で貢献して来た幸福実現党以外、日本の再起は望めない Oct 19, 2017
【知らせない自由?】マスコミの黙殺権は、左翼貧乏思想の現れ Oct 16, 2017
【選挙妨害】幸福実現党v s 創価学会の場外乱闘! 学会による選挙妨害? + α Oct 13, 2017
【NEVERまとめより】もし幸福実現党が政権を取ったらどうなるか?その衝撃の未来がやばすぎる件 Oct 10, 2017
【比較検証】自民党は幸福実現党の政策を次々と採用!? Oct 09, 2017
【衆議院議員選挙公示間近】政党の政策から見たら、あれっ? Oct 08, 2017
【幸福実現党の先見性】8年前の幸福実現党後援会用パンフレットを再確認 Oct 02, 2017
◆【幸福実現党こそが真の未来を築く】国難(選挙)は、2009年から幸福実現党が言い続けて来た言葉だ! Sep 29, 2017
◆【不正選挙?疑問の残った開票現場!】4年後に再検証させて頂く為に、事実を正確に書き記す Sep 29, 2017
◆【疑問の残った開票現場!】4年後に再検証させて頂く為に、事実を正確に書き記す Sep 29, 2017
【神様が来た!】戦後最も危険な時期に来られたのは、地域を護る意味があるのだろう Sep 26, 2017
北朝鮮危機に本気で向き合う幸福実現党に、フランス国営放送が取材に!そして放送! Sep 16, 2017
◆【あなたは、ご存知だろうか?】中国(習近平)、幸福の科学/幸福実現党、マスコミは、何を考え、何をして来て、何をしていて、何をしようとしているのか?【過去記事移動】 Sep 16, 2017
【なにだぁ?これは!】北「日本を核爆弾で海にぶちこむべき」と非難 Sep 15, 2017
【ショック!】外国の人から「日本は2度目の無条件降伏をするのか?」と、言われた! Sep 10, 2017
【お知らせ:山口県民の方々へ】大川隆法総裁の特別大講演会『人類の選択』が FM山口で放送されます。 Aug 31, 2017
◆【白龍?】空の雲を見ていると、いろんな形に変わるのが面白くて好きだ。だが、天候との関係は如何に? Aug 07, 2017
迷走台風5号は、日本国民への神々からの警告か? Aug 06, 2017
大川隆法総裁 講演「人類の選択」 Aug 03, 2017
◆【いじめを無くそう】人は感性(勝負)→知性(損得)→理性(善悪)→悟性(神仏への愛)と成長する Jul 29, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m